fc2ブログ

2016-02-20 21:03

10日前

 10日前、2月10日は雪でした。
 でもよもちゃんはお外に出かけました。 


24518818923_415c47d8b6_z.jpg

 
  おお、ようやっとちゃんと真冬らしくなったわね。

 24515168494_511f9209ff_z.jpg

  この冬はホントに暖冬で、一度のマイナス10℃以下になっていないし、雪も少なかったのよ。 

24515001624_294d1792fe_z.jpg
 

  でもこれで少し冬らしくなったわ。 

24778139489_25fa2c1488_z.jpg


  ウチはオンボロ借家出し、寒いのは困るんだけれど、でもヤッパリ季節相応の天気でないと気持ちが悪いわ。 

24778000759_d1567e6329_z.jpg


  それでなくても今年は年明けから、世界中の株価は下がるは、円は爆上げするわ。

24850159410_c5af8faec1_z.jpg  

  中国も新興国もEUも全部経済がグチャグチャで、中東の内戦は激化するばかり。

25027432142_645b1b2aab_z.jpg


  経済がそこそこ良いのは、日本とアメリカだけだものね。

24850015960_53b08e8626_z_20190115233206c6f.jpg


  ウワ~~!! なにこれ!? 

24850036810_bd107f4ef5_z.jpg


  これじゃ今日は哨戒活動を止めるしかないわね。 

25027453802_c4f476ef3e_z.jpg


  ま、たまにはそういう日だってあるわよ。 真冬の北海道なんだから仕方ないわ。

24778018679_fe6052a7b3_z.jpg


  それにしても同居人はノンキなモノね。 

24850056890_8d1e72fffc_z.jpg


  ワタシがこうして吹雪きの中を哨戒活動に出ようと言うのに、アイツはストーブに当たりながらネットしているんだわ。 

24518882993_310080e00c_z.jpg


 しょうがないわ。 あんな奴の事気にかけても。 

24515063334_56a2d88b23_z.jpg


  でも、チョッと腹立つわよね? 

24850075390_d3c37b1655_z.jpg


  自分は少し天気が悪いと家に引き籠ってぬくぬくしているのに、ワタシが少し昼寝してると「猫特権が~~!!」なんて言うんだから。 

25027490262_119105e442_z.jpg


  でもそれがネトウヨの本性なのよ。

25052474801_d1239b7d0d_z.jpg


  さあ、もうおうちへ入ろう。 

25052488581_9ddccd79bd_z.jpg 

  肉球が冷たくなったわ。 

25052492861_af51b1288b_z.jpg


  同居に~~ん!! 同居に~~ん!! ドアを開けてよ!! 帰ったわよ!!


 でもあれから直ぐ札幌は、異様に暖かくなってきました。 
 今日も昨日も一昨日も、昼間は0℃を超えています。 
 随分雪が融けました。

 寒かったのは水道管を凍結させた15~16日だけです。
 あれで冬は終わっちゃったのでしょうか?
 
 何だか不可解な冬です。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-02-20 14:29

法王庁の本性 国家と宗教

ローマ法王、トランプ氏批判 「キリスト教徒ではない」
2016年2月19日14時54分 

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は18日、メキシコ訪問からの帰路の機中会見で、米大統領選で共和党の候補指名争いをリードする不動産王ドナルド・トランプ氏について問われ、「橋ではなく壁を築くことばかり考える人は、キリスト教徒ではない」と述べた。これに対し、トランプ氏は「宗教指導者が他人の信仰を疑問視するとは恥ずべきことだ」と猛反発。両者の「舌戦」が大統領選にもたらす影響が注目されている。

トランプ氏は、不法移民対策としてメキシコ国境沿いに壁を建設することなどを主張する。これに対し、法王は17日、米国との国境の町でミサを行い、「移住を強いられるという悲劇は今日の世界的な現象だ」などと発言。命がけで国境を越えようとする移民らを受け入れるよう呼びかけた。

 北米のカトリック教徒がトランプ氏に投票できるかと記者に問われた法王は、「(投票の是非には)関わらないが、言えるのは、もし彼がそのように言ったのなら、キリスト教徒ではないということだ」と述べた。

 批判を受けたトランプ氏は18日、「過激派組織『イスラム国』(IS)がバチカンを襲撃すれば、法王は『トランプが米大統領になっていればよかった』と思うことになると断言できる。なぜなら、口ばかりで行動の伴わない政治家とは違い、(私が大統領になれば)ISは根絶されるからだ」とすぐさま反論した。


152

「移住を強いられるという悲劇は今日の世界的な現象だ」などと発言。命がけで国境を越えようとする移民らを受け入れるよう呼びかけた。

 何気に凄い発言ですよね。
 アメリカに国境を放棄しろと言っているのと同じです。

 「国境を放棄して、外国人に自由に入国させろ」と言うのは、国家主権を放棄しろと言っているのと同じです。

 しかも現在中南米は中東のような内戦状態と言うわけではありません。 中南米からアメリカへ不法入国を図っている人達は、純然たる経済難民です。

 南米からの不法移民を際限もなく受け入れたら、アメリカの経済の社会も崩壊してしまうでしょう。 だって中南米の人口はアメリカ合衆国の人口に匹敵するのです。 そこから際限もなく移民が入り込めば、アメリカの労働市場など簡単に崩壊するのです。
 
 メキシコとの国境に壁を築くと言うトランプ氏の案の現実性はともかく、現在のアメリカ人がこうした危機感を持っているからこそ、トランプ氏が大きな支持を集めるのです。

2016y02m20d_143903880
 
 それでもローマ法王がこのようなことを言うのは、直接的には中南米のカソリック教徒に迎合したいからでしょう。 法王自身もアルゼンチンの出身ですし。

 しかしそれだけとも言えません。

 そもそも法王庁は中世初頭から常に国家とは対立してきたのです。 法王庁は常にキリスト教が国家の上にあるべきと考えて世俗の国家の主権者である君主とは対立を続けたのです。

 ワタシは塩野七生さんの著書が大好きなのですが、塩野さんの著書の中で中世からルネサンスに掛けての話は、実は法王庁と世俗君主の抗争なのです。

 法王庁の理想は「国家の修道院化」つまりです。 全てのキリスト教国が法王庁の支配下、つまり聖職者の支配のもとに生きる社会を実現する事です。
 法王庁によればこれは「神の支配」する理想社会なのです。

160

 これってホメイニ時代のイランや、現在ISISが実現しようとしている事でしょう?

 でもヨーロッパでも10~12世紀ぐらいは、法王庁がこれを実現しようと本気で頑張っていたのです。
 そしてこれが実現しないまでも、法王庁は常に俗世での権力をできる限り極大化しようと、策動を続けました。 

 これに邪魔なのが国王や神聖ローマ帝国皇帝など世俗の君主です。 
 法王は何とか彼等からこの権力をもぎ取ろうと、彼等の弱体化に務めたのです。

161

 神聖ローマ帝国皇帝フリードリッヒ二世は、このような法王庁に正面から挑み、古代ローマ帝国のような法治主義による国家を実現しようとしました。
 だから法王庁はこれを何としても潰そうとしました。

 しかしフリードリッヒ二世の天才的な政治力と強大な軍事力の為に、法王庁側は守勢に回りました。

 けれどもフリードリッヒ二世の死後、法王庁は彼の息子達をすべて抹殺して、彼の帝国を破壊する事に成功しました。

 そしてそれ以降南イタリアは衰亡を続けて、現在もイタリアの極貧地域です。 フリードリッヒ二世がここを支配していた頃は、ヨーロッパの最先端地域で、最も豊な地域だったのに・・・・・。

166

 法王庁は軍事力は持っていないのですが、その権威により外国勢力を呼び込む事ができるのです。 イタリアに容喙したいフランスやスペイン等の勢力は、法王の要請と言う事で、大っぴらにイタリア半島に介入しする事ができるのです。 
 そしてその度にイタリアが戦場になります。

 法王庁はイタリア半島内での権力を維持するために、イタリア半島内に有力な世俗勢力が出てくると、こうやって潰してしまうのです。
 だからフランスやスペインなどの後進国が、着々と統一国家を作っていく中、イタリアの統一は遅れに遅れて、近代まで小国分裂をしたまま、外国勢力に翻弄される状況が続いたのです。

 だからマッキャベッリは「法王庁などアルプスの向こうへ行ってしまえ!」と言いました。

167

 こうした法王庁の権力はしかし近世以降急速に衰退し、相次ぐ市民革命で留めを刺されたように見えました。 

 だから宗教を国家の上に置くなんて、そんな中世みたいなことは「ローマ法王だって考えていないだろう。」と思われたのです。

 でもこうして平然とアメリカに国境を放棄しろと言う法王を見ていると、中身はグレゴリウス七世やウルバン二世と全く同じじゃないですか?

 でもこれは当然かも知れません。 だってカソリックの教えは別に中世と現在で根源が変わったわけではないのです。 唯法王庁が生き延びて維持できる限りの権力は維持するために、現実的な妥協をしているだけなのです。

169

 アメリカが崩壊したら、大変じゃないの?
 誰がイスラム原理主義やISISの防波堤になるの?

 イヤ、イスラム原理主義ばかりじゃないです。 中国や北朝鮮のような無神論の共産主義国家もまだ健在なのです。
 ハンガリーやポーランドのカソリック教徒達が、信仰の自由を取り戻す事ができたのは、アメリカが冷戦に勝って東欧の共産圏が崩壊したからではありませんか?
 
 でも考えたらアメリカはカソリックの国じゃないのです。
 アメリカだけなく現在移民が押し寄せている先進国の基本原理、政教分離や宗教の自由などと言う発想こそ、法王庁にとって最大の敵でしょう。
 だから法王庁にすれば、こんな国々は壊れてしまっても構わないのです。

 宗教を至上価値とすると言う点では、むしろISISやイランの保守派の方が、余程法王庁と相性が良いのです。 

2016y02m20d_150612182

 こういう法王庁の本性を見ると、何でフランス革命でトコトン教会を破壊したのかが、良くわかりました。
 法王庁って怖いんです。 
 
 今でも。

 そして法王庁だけでなく、宗教と国家との関係は、実は今も中世も根源的には変わっていないのです。
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2016-02-19 21:49

ヨーロッパへの幻滅 難民問題

 ああ何てこと。これはレフタゲドンだ。プログレッシヴなハートが大切に思う2つの事柄が互いに戦わされている。一方には、我々女性が自分のしたい格好をして自由にストリートを歩き回っても、性的に誘っているなどと見なされるべきではないという女性の権利。そしてもう一方には、女性や男性や子供たちは戦争や抑圧から逃れることができ、彼らは受け入れ国で寛容かつ考えの甘い現地の人々につけ込む寄生虫のように扱われるべきではないという人間の権利。
これはトリッキーだ。


088

 これは以前、都民さんがコメントで教えて下さった記事「左派はなぜケルンの集団性的暴行について語らないのか」のなかで紹介されていたガーディアン紙の記事の一部です。

 ワタシは英語ダメ子なので、このガーディアンの元記事は読んでいないのですが、しかしこの訳出部分を見て欧米のリベラリストと言うか、知識階級の知性なるモノにホトホト失望しました。

 トリッキー

 トリッキー(tricky)って英語の辞書によると「〈仕事・立場など〉手ぎわを要する,扱いにくい,きわどい.、取り扱いにくい、巧妙な」などの意味があります。

 なにがトリッキーなのでしょうか?

092

 ええ、ワタシだって女性ですから、女性の権利が尊重される事には全然反対はしません。 女性がどんな格好で歩きまわても安全は保障されるべきだと思ています。

 そして戦火に追われて故郷を捨てざるを得ない難民は大変気の毒だと思います。 だからできる限りの援助はするべきだと思います。

 しかしドイツ始めEU諸国が大歓迎した「難民」の皆様の故郷では、マトモな女性は人前に出る時はベールを被り、無暗に肌を晒すような事はしないのです。 
 彼等の文化では、ベールもかぶらず街をウロウロする女は、男を漁る淫乱女と認識されるのです。

093

 それだけではありません。
 難民様の故郷での宗教や倫理や人権に関する認識は、500年前とそう変わっていません。 500年前ならヨーロッパでも人権なんて概念はなく、異教徒は殺しても奴隷にしてもかまわない、それどころか異教徒と戦うのは正義だって信じていたでしょう?

 あれからヨーロッパは宗教戦争などやって、物凄い殺し合いの末に、宗教の自由などと言う概念を発明し、そして次第に宗教でなく法が支配する社会へと変わって行ったのです。

 しかし難民様の故郷はそれに付き合ったわけではありません。
 だから難民様の故郷では、宗教の自由とはイスラム教を信仰する事です。 キリスト教徒など他の宗教の人がイスラム教に改宗するのは自由ですが、しかしイスラム教徒徒が他の宗教に改宗するとなると、命懸けです。 実際に死刑にしちゃう国もあります。

 ISの戦闘員やイスラム原理主義の活動家だけではなく、普通の人達もそれを当然と思っているのです。

098

 そういう世界で生まれ育って成人した人間が、戦火で故郷を追われ、難民としてEUに入ったら、途端に欧米式のフェミニズムや人権を信奉するようになるんでしょうか?

 そもそも君達リベラリストは寛容にも、多文化主義とか言って、外国人皆それぞれ出身国の独自の文化を守り続ける事を認めたでしょう?

 だったら彼等が自民族の文化に従って、深夜ベールもかぶらず街を徘徊する女は皆淫乱症と認識して、痴漢や強姦をやりまくっても、文句を言う筋合いではないでしょう?

 違った文化の人を自国に入れて、その文化を認めるって、つまりはこういう事なんですから。

100

 それを「女性の権利」と「難民を助けるべき」と言う理念が戦っている、トリッキーだと言って狼狽するのは、つまりは君達リベラリストが人権を付与される側の人間を全く見ていなかったと言う事です。
 
 君達の頭の中には「女性の権利」「難民保護」「同性愛差別禁止」などなど、君達の仲間が作った人権の数々が、ギッシリ詰まっていたのでしょう。 

 君達にとっては結局人権って、自分の理解していない知識のコレクションに過ぎなったのです。
 
 数学や物理の公式や定理をどっさり暗記しても、実際に物理や数学の問題は全く解けないと言う人は結構います。 それはつまりそもそもその定理や公式の意味を理解してなかったからです。

 しかし君達の人権知識コレクションはそのレベルなのです。

111

 欧米には中東や北アフリカの社会や文化についての研究は盛んだし、一般人にも分かりやすい本は沢山出ているでしょう?
 だからこんな世界から大量の人間が、ヨーロッパに入ってくれば、様々なトラブルが起きる、ケルンの事件のような事件は必ず起きる、このように警告した人は沢山いたのです。

 ところがそれを「極右だ!!」「レイシスト!!」と罵倒して沈黙させたのは君達じゃないですか?
 そして難民を助ける方法についての現実的な議論を完全に封殺して、難民を助けるとはEUなど先進国が難民を受け入れる事に決めてしまったのです。

102

 君達リベラリストは一体何を考えていたんですか?

 ワタシはメルケルが「政治難民の受け入れに上限はない」と言った時、腰を抜かしました。 

 そ、それじゃメルケルはドイツに3000~4000万人の難民を受け入れる覚悟があるのか?

 だって中東や北アフリカからヨーロッパへの不法移民は、70年代から問題になっていました。 しかしその後トンドン深刻化して、この十年来ギリシャやイタリアは大変な苦労をしてきました。

 中東と北アフリカの総人口は3億3000万程度です。 そしてこの地域の人の1~3割程度は、ヨーロッパへの移民を望んでいると言われていました。

 しかしそのまま行けば不法移民ですから、強制送還の危険があります。 だから実際にこの危険を冒して地中海を渡る人は限られていたのです。 それでもギリシャやイタリアが危機的になるほどの人数ですが・・・・。
 
 そういう中でメルケルのあの発言があれば、ホントこの移民希望者が全部押し寄せるでしょう。 つまり軽く3000万人を超える人がドイツを目指すのです。

105
 
 それを礼賛したリベラリストの皆様は、一体どのぐらいの難民が来ると予想していたのでしょうか?
 
 「難民受け入れに上限はない」と言うのは、美しい言葉だけれど、本当にそれを実行する気があるなら、ちゃんと受け入れる準備をするためにも、人数の予想はするべきですよね?

 レストランやホテルは皆できるだけ沢山のお客に来て欲しいと思っていますが、しかし皆ホントにどの程度のお客が来るかは、いつも目算して商売をしているのです。

 だってお客の数を予想できなかったら、料理の材料の仕入れもできませんから。
 それを客の数を予想しないのなら、「お前、ホントに商売する気あるの?」と言われる話です。

109

 ところがあの難民騒動の中で、こうした難民受け入れの為の現実的な議論は全くなかったのです。 イヤ、議論をすることは許されなかったようですね。

 そしてたちまち百数十万人がEUに押し寄せ、その中の数千人が地中海で溺死し、そしてケルンの事件のような事件があちこちで起きているのです。

 これで敢無くスェーデン始め北欧諸国がギブアップし、スロベニア、クロアチア、オーストリアは国境を封鎖して、シュンゲン協定が危うくなっています。

 これだけでもドタバタ喜劇のような愚かしさです。

112

 でも難民が増えるのは、この春からです。

 冬の地中海は荒れるので、近代以前は商船は勿論、海賊も海軍も航海を控えたのです。 
 それなのに今は冬の間も難民は押し寄せているのです。 

 難民様の故郷は500年前と同じと言ったけど、この部分は訂正します。 難民様は500年前サラセンの海賊より遥かに勇敢です。
 女も子供もひるまず冬の地中海を超えて、キリスト教徒の世界へと進撃するですから。
 
 だったら春になればさらに増えます。

 メルケルが「難民受け入れいに上限はない」と宣言したのが去年の9月でそれから年末までに110万人がドイツに入りました。

 と、言う事は今年は300万人を超える難民がEUに入るでしょう。
 そして今年でオシマイではないのです。

129

 ところでリベラリストの皆様は絶対に難民差別など許さないでしょうから、こうしてEUに入った難民様にはいずれ選挙権を与えるのでしょう?

 そうするといずれヨーロッパでイスラム政党が生まれ、それが与党になる国が出てくるでしょう。
 そうなったらリベラリストの皆様の大切な「女性の権利」とはどうなるのでしょうか?

 「女性の権利」どころか、宗教の自由や政教分離などの民主主義国家の原則を守る事自体難しくなるのでは?
 イスラム教が国教になり、キリスト教の信仰を守る人々は、現在のエジプトのコプト教徒のように細々と生きるしかなくなるかもしれません。

134

 ヨーロッパ諸国はこの500年の苦労の末に現在の民主主義社会を作ったのです。
 民主主義社会と言うのは、人々が民主主義を大切にすることで成り立つのです。
 
 民主主義国家でも人々が民主主義を望まない政党に投票し、そのが与党になったために、民主主義じゃなくなったことがあったでしょう?

 ドイツはそれを一番痛感している国だったはずです。

 ところがその話を持ち出すのが大好きなリベラリスト達が、自分達で民主主義を望まない人達を大量に招き入れたのです。

131 

 彼等はこの結果を考えなかったのでしょうか?

 考えなかったのでしょうね。
 だって考えたら「差別」になります。

 中東や北アフリカの人は民主主義や女性の権利を尊重しないなんて言うのは差別だ!!

 それがリベラリスト諸君の考えなのです。 

 今のEUは常に現実より理念だけを喚き散らす人達が、社会のプライオリティーを取っているのでしょう。
 或いはヨーロッパの知的エリートの大多数は、このようなお粗末な人々だったのでしょう。
 
 だからこのざまなのです。

126

 ワタシは今回の難民騒動、ずうっと見ているのですが、ホントに不思議だったのです。

 何でEUのリベラリスト達があんなに難民受け入れに執着したのか?

 全ての難民をEUに受け入れる事など予算や雇用などの現実面から絶対不可能です。
 だったらより多くの難民をより公正に助ける為には、まずは難民キャンプの公衆衛生や食料配給や学校の整備などに力を尽くすべきでしょう?
 
 そして内戦状態のシリアやイラクに隣接して難民を大量に受け入れ入れる国々、ヨルダンやトルコやレバノンなどを支援して、これらの国々の経済が安定して、内戦がこれ以上広がらないようにするべきでしょう。

135

 実は日本政府は実際にこれをやって、これらの国々やUNHCRに多額の支援をしました。

 しかし欧米諸国は難民を受け入れない事で日本を嘲り続けたのです。

 そして今になって押し寄せる難民に驚愕して、難民キャンプやトルコへの支援などを決めたそうですが、しかし約束した金は1ユーロも出していません。
 この後に及んで尚トルコへの支援を惜しむぐらいなら、何で「受け入れに上限はない」なんて大見得を切ったのでしょうね?

 そして現実の支援は一切しないクセに、トルコに難民を受け入れる為に国境を開けとか、ギリシャに国境を守れとか、勝手放題なことを言っています。

 無意味な理念は依怙地に執着するのに、苦しむ人々を助ける為に必要な現実的手段へのお金はトコトン出し惜しむ。
 
 これがヨーロッパの本性でした。

136

 ワタシはドイツ始めヨーロッパの国々をずうっと尊敬してきたのですが、しかしこの難民騒動でその敬意がドンドン蒸発しています。 
 唯ひたすら幻滅するのみです。

 哀しいです。 
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2016-02-18 12:56

なぜ原発に反対するの? 日教組

 日教組は北海道の泊原発の再稼働に必死に反対しています。

060

「成績の良い子は原発賛成。放っておけない」と訴える先生も登場 小1から「怖さ」「避難」などをキーワード指定
2016.2.18 01:00

 原発再稼働が相次ぐ中、反対派の運動も激化しているが、政治的中立が求められる教育現場も例外ではないようだ。平成29年中の再稼働も視野に入る泊原発がある北海道では、小中学生に「原発について考えるきっかけを与える」との方針のもと、組織的、系統的に原発事故の恐怖やリスクをことさら強調するような“反原発授業”が実施されていた。(花房壮)

 今年の日教組教研集会では、北海道の男性小学校教諭が「反原発をめざした平和教育」と題する授業実践リポートを提出し、成果などを報告した。

 男性教諭が所属する支部では平成23年の東京電力福島第1原発事故以降、小学校と中学校で原発やエネルギーに関する授業を展開。そこでは「原発の仕組みやその危険性を知り、過去に世界で起きた原発事故の重大性について知ることで、原発についての知識を深め、正確な判断ができる力を育てる」ことが小中学校の共通目標に掲げられる。

 授業を通じて原発の基礎知識を学ばせることは理解できるが、ここで言う「正確な判断」とは、原発の再稼働や原発政策そのものへの反対意識を育むことではないか-との疑念が拭えない。

 実際の授業では複雑な原発の仕組みを児童にも理解させるため、5~10分程度の短い時間でキーワードを踏まえながら学習計画をたてるが、例えば小学校中学年では「チェルノブイリ」「健康被害」「怖さ」「避難状況」などの用語がキーワードに指定されている。

男性教諭は原発に関する授業の成果として「子供たちに考えるきっかけを与えられたことが一番の成果」とし、「教員自身が原発の怖さや事故の被害を学習し、反原発に関しての平和教育の大切さを共有できた意義は大変大きいと感じた」と総括した。

 リポートの最終項では、昨年8月に鹿児島県で川内原発が再稼働したことに言及した上で「反対住民も多くいるなかでの再稼働」と批判。また「福島事故の検証・反省が不十分であるにもかかわらず、『重要なベースロード電源』と位置づけたから再稼働するといった国民置き去りの状況」とも記しているが、地元の泊原発の再稼働への危機感が念頭にあるのは容易に想像が付く。

 リポートのタイトルに「反原発をめざした平和教育」と掲げるように、授業には子供たちを特定の結論に誘導する意図が透ける。もちろん、大惨事となったチェルノブイリ原発事故や東京電力福島第一原発事故を強調するまでもなく、国民の間に原発事故への恐怖心があるのも確かだ。だからといって、児童・生徒に恐怖心をことさら強調するような授業はいかがなものか。

 また気になったのは、今回の教研集会での原発授業をめぐる議論で、原発再稼働について賛成する児童・生徒への先生たちの“本音”だ。ある女性教諭はこう言い放った。

 「成績の良い子やリーダー的な生徒の中には原発再稼働に賛成する傾向がある。将来的に政治家や経済界を牽引する立場になっていくのだろうが、だからといって(再稼働賛成に)放っておくことはできない」

 再稼働賛成派の生徒を是が非でも反対に誘導しようとする思惑は露骨というほかない。

 エネルギー小国、日本の将来を考える上で避けては通れない原発問題。さまざまな角度から慎重に吟味すべきテーマのはずだが、一部の教室の中では、健全な議論を育む環境にはほど遠いようだ。


2016y02m18d_132626654

 しかし日教組は為に原発に反対しているのでしょうか?

 原発って元来エネルギーコストと安全性のバランスをどうとるかの問題で、技術とコストの問題です。
 政治問題ではないはずです。

 つまり原発の事故のリスクと、原発以外の発電所の事故のリスク。(昨年の鬼怒川の堤防決壊はメガソーラーによる事故でした) 
 原発を止める事によって、エネルギー源を海外に頼る事になるリスク。

 原発を止める事で電力料金はどうなるか?
 それが産業界や一般国民の生活にどのように影響するか?

 などが原発の問題なのです。

061

 しかしこれは普通に考えて子供が理解できるような話ではありません。 経済と技術に相応の興味がなければ、教師だって理解できない話ばかりなのでは?

 それを何で小学生に教える必要があるのでしょうか?
 
 勿論日本は民主主義国家ですから、国民全てに関わる重要な問題は、全ての国民が関心を持ち、最終判断を下す権利があります。

 けれどそうは言ってもわからない物はわからないのです。

 国民に重大な影響があると言うなら、日銀の金融政策だって同じですが、小中学生に教師が日銀の金融政策について教えますか?

065

 飛行機に乗っていて、飛行機が不具合を起こしたら、勿論乗客全ての生命に関わります。
 しかしそこで乗客が騒いでもどうしようもないのです。 
 
 「オレの命が懸ってるんだから、オレの言う通りにしろ!」などと言い出す乗客は、迷惑千万です。 乗客は乗務員の指示に従って事態が収まるのを冷静に待つしかないのです。

 ところが原発については、この迷惑千万な乗客が山のように湧いてきているのです。

 そもそも一体彼等は何の為に原発に反対しているのでしょうか?

 彼等の言う事を聞いていると、放射能や原発に対する迷信的な恐怖以外のモノを感じません。 
 
 これは今に始まった事ではなく、日本で最初に原発ができた時からそうだし、世界中でも同様のようです。

 反原発派って何とも意味不明な迷信的恐怖を煽っては、原発に反対しているのです。

2016y02m18d_123041352.jpg
 (恐れ入りますが、1000年後までオリンピックはできません)

 これはドイツの新聞に出た風刺画ですが、しかし福島第一原発事故直後に日本癌学会やフランス原子力機関などが、福島第一原発事故による放射線被害は、最悪の場合でも原発から半径30キロ以遠ではヨウ素剤の服用も心配ない程度と発表していたのです。
 
 そして未だに一件も放射線障害は出ていないのです。

 それなのに東京オリンピック招致が決まった2012年になってもなを執拗にこのような根拠不明の情報を出しては煽り続けるって、悪質にも程があります。

069

 反原発派はこんな事をやり続けて一体何をしたいのでしょうか?

 ヨーロッパや日本で反原発派が狂乱している間に、中国や韓国はドンドン原発を作っています。
 反原発派のヒステリーで、イギリスやドイツは原発技術を放棄しました。

 結果イギリスでは遂に中国の原発を建設すると言う事態になりました。

 現在使用中の原発が老朽化したので、中国技術で作りなおそうと言う事になったのです。 

 原発が老朽化したら廃炉にすれば良いじゃないか?

085

 でも原発の建設技術が亡くなれば廃炉にする技術もなくなるのです。 廃炉にする技術や事故処理の技術は、原発を建設する技術とセットで発展して、基本的に同じか同類の技術者が担当するんだから当然です。

 自国に原発技術がなくなれば、近隣諸国で原発事故が起きても、何がどうなっているかさへ理解できる人もいなくなります。
 だから自国の技術が亡くなると言うのは非常に怖い話です。

 こうした現実を全部無視して、ひたすら反原発を喚く人々は、結局中国の原発技術独占を応援したいのでしょうか?

2016y02m18d_132935468

 そもそもどうしても原発を廃止するにしても、それならばそれに代わる火力発電所の建設など、必要な事は沢山あるのです。
 現在は無理矢理老朽化した火力発電所を稼働させている状態なのです。

 本当に原発を廃止したいなら、まずこうした老朽発電所を再建して、事故の心配の少なくエネルギー効率も良い新しい発電所に建て替えるべきです。

 やみくもに再稼働反対なんて言っていては、そうした話しだって進まないのです。
 
 しかし反原発派はキチガイのように反原発を喚くばかりです。
 彼等は一体何をしたいのでしょうか?

081

 少し賢い子ならこんな愚かで迷信的な教師を見るだけで、「原発推進賛成!」と思うでしょう。
  1. 原発
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2016-02-16 22:01

アラブには春はない 

 「アラブの春」の結果は実に無残なモノでした。
 
 アラブの春は結局何をもたらしたのか? - 岡崎研究所
 
 ワタシは実は前々から「アラブの春」と言う言葉に凄く違和感を感じていました。
 
 だってアラブ世界に春はないのですから。

2016y02m16d_221120593

 春があるのは、温帯、亜寒帯、寒帯などのある国々だけです。 そう言う国々は春夏秋冬と言う四季があり、そして冬が寒く厳しいので人々は春を寿ぐのです。

 でもアラブ世界は殆ど極度の乾燥気候で、日本や欧米の感覚での四季はありません。

 だからこの「アラブの春」と言うのは、完全に欧米人の発想なのです。 「プラハの春」をそのままアラブに当てはめた発想です。

 つまりあれは実はアラブ世界の人々の意思など一切関係のない欧米リベラリストのお祭りだったのです。 アラブ諸国の気候も無私して「春だ、春だ。」とはしゃいでいた人々ですから、そもそも最初からアラブ世界がどういう世界かも考える意思などなかったのでしょう。

 何も考えずに、リベラリストの理想世界の中で、独裁者を倒せば民主主義が実現すると妄想していたのでしょう。

2016y02m16d_221308814

 だからこの記事にもこんな奇妙な文章が出てくるのです。

 このようにアラブの状況はかつてないほど悪い。しかし、アラブの春は、アラブの社会や国家の仕組みを変えることはできなかったが、そうした仕組みについての人々の理解を大きく変えた。人々はアラブ国家が腐っていることを知ったのだ。
 
 人々って誰ですか?
 
 アラブの人々じゃないですよね。
 だって地元の人々が、自分達の国家の社会構造を知らないわけはないでしょう?

 知らなかったのは、「春だ、春だ。」と大ハシャギして、独裁者を倒すのを応援した欧米のリベラリストでしょう?

163

 しかし「アラブの社会が腐っている」つまり欧米のリベラリストの気に入るような社会ではない事なんか、少しアラブ世界に興味を持って、この社会について書いた本の数冊も読んだ事のある人なら誰だってわかるでしょう?

 アラブ世界は皆多文化国家です。 リベラリストはこれが大好きなのですが、しかしこれは名前を変えれば部族国家です。
 つまり多くの民族や部族がそれぞれコミュニティーを作って、他の民族とは必要最低限の交渉しか持たないか、或いは敵対して抗争を続けてきたのです。

 民族や部族相互の連帯など殆どありません。
 そして民族差別、部族差別、宗教差別が当然の世界です。

181

 オスマン・トルコ帝国の皇帝は、こうした部族や民族の首長が皇帝に恭順する限り、その支配権を認め庇護しました。 そして民族同志の抗争が帝国の秩序維持に危険なら、仲介して抗争を抑えました。

 こうした構造だから皇帝は、帝国内の最大勢力よりやや強い軍事力さへあれば、数百年支配力を維持できたのです。 それぞれの民族が皇帝の支配に不服でも、皇帝支配下の民族同志には横のつながりはないので、それで十分なのです。

 しかしこれで取りあえず、民族抗争が激化して、大混乱とか内戦状態とかにはならずに、それぞれの民族もそれなりに平和に暮らせたのです。

182

 でもこれはオスマン帝国崩壊後、アラブ世界を植民地支配したイギリスやフランスだって同様です。 だからほんのチョッピリの軍隊を置けば、広大な地域を支配できたのです。

 そしてそれはまたこれらの地域が独立後、支配者となった独裁者達だって同じでしょう。

 国民が多くの部族、民族に分かれて国中国を作るこうした部族国家では、しかしこれが唯一合理的な統治法です。

 ちなみにアラブ世界の民族の確執の元も、サイクス・ピコ条約だけを原因と言うのは無理があります。

 元々数百年も同じ国家として、自由に民族が移動していた地域です。
 民族の居住地を定めて綺麗に国境を引くことなんかそもそも不可能です。 

 そもそもオスマン・トルコ帝国征服以前だって、それぞれの民族や首長が力ずくで領土を切り分けていたのですから。

192

 これは例えばフランスが中世中期には、ほぼ現在の国土を領有する統一国家となり、王権の拡張と言う形で、国家の形成を務めてきたのは大変な違いです。

 勿論絶海孤島と言う条件から、建国以来殆ど国境の変更のなかった日本などとは比べものにもなりません。

 このような状況で紀元前から部族同志の確執を続けたてきた国が、近代国家の体裁を作って独立しても、また民主主義革命をやっても、それでいきなり国民同志に民族を超えた連帯があるわけでもありません。 

 これで民主主義政権が運営できるわけもないのです。

186

 なぜなら民主主義とは人々が平等な立場で話し合い、そして多数決で物事を決める制度です。

 しかし日常生活で考えてもわかるのですが、話し合いが上手くいくのは、話し合いに参加する人々が、お互いに一定の信頼を持ち、一定のルールに従う意思がある場合だけです。

 多数決に至っては、少数派は絶対不利、多数派は絶対不利になるのです。

 これまで数百年確執を続けた民族同志で、こんな話し合いや多数決が無事に済むはずはありません。 
 
 一度揉め事が起きたら、常に不利を強いられる少数派は武力で独立を言いだし、それを多数派が武力弾圧を図り、そして他の民族や宗教勢力が入り乱れて、血みどろの内戦になるのです。
 
 ああ、これ今イラクやシリアでやってる事でしたね。

190

 こんな事になるぐらいなら、独裁政権の横暴を我慢した方が余程マシなのでは?
 
 腐敗や汚職が酷く、時には理不尽な弾圧にあっても、街中の人が全部空爆で住処を追われて難民となるより百倍幸せじゃないですか?

 だからオスマン・トルコ帝国だって600年も続いたのです。

 なるほど民主主義国家は素晴らしいです。 ワタシも日本の民主主義は命を懸けても守りたいと思っています。
 
 しかし人類史上、民主主義国家で生まれた独裁政権を倒したらまた、民主主義が回復した例は山のようにありますが、哀しいけれど民主主義国家でなかった国で、独裁者を倒したら直ぐに民主主義国家なったと言う例は全くありません。

195

 それにしてもこんな事は欧米の教養豊なリベラリストなら知識としては十二分に知っているはずです。
 しかし驚いた事に、彼等は現実を前に政治判断をする時には、知識も教養もドブに捨てて、痴呆のように「民主主義」とか「人権」と言った理念だけを唱えるのです。

 この愚かさはまるでカルトのようです。 そしてこれを狂信する事に懸けてはISにも引けを取らないのです。

 この欧米リベラリスト達の教条主義的な愚かさは、今回の難民危機で散々見せつけられました。
 
 思うにこの手の人々にとって「人権」とか「民主主義」とは、十字軍の頃の聖地奪還のようなスローガンに過ぎないのでしょう。

205
 
 聖ベルナールはこんな凄いヘイトスピーチをやって、十字軍遠征を扇動しました。

イスラム教徒は、諸悪が詰め込まれた壺である。悪魔の手によって作られた、われわれでも現実に眼にすることができる、悪の標本だ。
この者たちに対しては、対策は一つしかない。根絶、がそれである。
殺せ!殺せ!そしてもしも必要になったときは、彼らの刃にかかって死ぬのだ。なぜならそれこそが、キリストのために生きることになるのである。


 それで扇動された王侯貴族始め大勢の人々が、パレスチナへ行き敵味方共に膨大な死者を出した挙句、撤退に追い込まれました。

 その時聖ベルナールは「十字軍が失敗したのは、参加した王侯貴族や兵士達の信仰が足りなかったからだ。」と言い、自分の扇動で多くの人々を死なせた事を反省する事はありませんでした。

2016y02m16d_222044462

 しかしこの記事を読む限り、現在の欧米のリベラリストって聖ベルナルールと全く変わっていないのですね。

 彼等の無責任な扇動が、アラブ人々を大変な悲惨に追い込んだのですが、しかし懲りない連中は、難民カワイソウでまだその上塗りをやっているのです。
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2016-02-16 12:40

水道管凍結!

 今朝、起きたら台所の水道管が凍っていました。

166

 札幌は先週末まで、異様に暖かい日が続きました。 それで暫く水道管凍結の心配はなかったのです。

 しかし一昨日からまた気温が下がり始め、昨日は日中も-9℃と言う寒さでした。 勿論水道管凍結注意の予報が出ていました。

 それでワタシも寝る前に水道の水を少し出したままにしておきました。 凍結防止用のバルブが硬くてまわないのでそうしたのです。
 でも今年はこれで今まで全然問題ありませんでした。

165

 しかし夕べはあまりに寒かったのか、それとも水の出し方が少なすぎたのか、朝起きて水道の栓を回しても水が出ませんでした。

 そこで取りあえず水道管の床に一番近いところに、雑巾を巻きつけて、湯たんぽのお湯をかけて水道管を温めました。 
 こうやって雑巾が冷める頃に、また熱いお湯をかけて、20~30分温めれば、凍結が融けるはずです。

 しかし一時間弱頑張っても、水は出ませんでした。

174
 
 これでダメなら修理業者を呼ぶしかありません。 
 ワタシは半ば諦めて、ネットで業者を調べて料金を聞きました。

 1万円+消費税!

 ああ、ワタシはなんて不孝!!
 神様はワタシを助けてくれない!!
 神様はいつもワタシには冷酷で残忍だった!!

176

 ワタシイヤなことがあると直ぐそう思うのです。

 勿論、こんな事は考えてはイケナイのです。 
 水道管の凍結ぐらいで、神様を呪うなんて、トンデモナイ事です。

 でもこの10年来、こうしてイヤなことがある度に、大袈裟に泣き喚き、世を呪い、神を呪う事にしました。

 だってそうするとその後直ぐに立ち直れるのです。

2016y02m16d_125204492

 ワタシは若い時に難病なんか抱え込んでしまい、色々哀しい思いをしました。 でも長い事、そういう事で悲しんではいけない、「頑張らなくちゃ!!」と思い続けました。
 そしてこんな事でへこたれる自分はなんてダメな奴なんだと、自分を責めたのです。

 でもそれってダメなんですね。

 そんなことをしていると、自分への憎悪が募るばかりで、事態は全然良くならないのです。 更に悪い事には、自分への憎悪はいつの間にか社会や周りの人への憎悪に変質するのです。

193

 でも辛い時は、極些細なことでも「辛い、悲しい、不幸だ!!」と喚くようになってから、気持ちも明るくなったし、周りの人や社会へ憎悪するなんてこともなくなりました。
 
 他の人は知りませんが、ワタシは悲しい時は、どんな些細なことでも大袈裟に「悲しい! 辛い! 不幸だ!!」と自分自身に愚痴をこぼす方が立ち直りが早いのです。

208

 それで思ったのです。

 人間の頭の中には悲しさ辛さを処理する機能があるのです。 しかしその機能って、自分が「辛い」「悲しい」「不幸だ」と認識する事で、初めて働き始めるのではないかと?

 部屋が汚れていると注意されたら、否応なしに掃除を始めるでしょう?
 洗濯物がたまっていると言われたら、洗濯を始めるでしょう?

212

 でも「部屋は綺麗だ。」「洗濯物はほとんどない。」と頑張り続けたら、いつまでたっても掃除も洗濯もしないので、部屋は汚れつづけ洗濯物は溜まり続けるのです。

 だから辛い時や悲し時は、極つまらない事でも、大袈裟に独り言で「辛い、悲しい、自分は世界で一番不幸と」と言う事にしたのです。

 そうしたら大抵直ぐに立ち直ります。

 頭の中の洗濯機にスイッチが入って、直ぐに汚れ物を洗い始めるのですね。
 で、汚れ物はすぐになくなります。

214

 こうして一人愚劣な絶望を吐き出すと、ワタシはすぐに立ち直り、もう一度水が出ない原因を考えました。

2016y02m16d_125947990

 すると直ぐにわかりました。 ワタシが温めていたのは凍結防止用の水抜きバブルの管だったのですが、しかしここはもう完全に凍結は融けているのです。

 ではもう一本、この裏にある水道本体の管を温めるべきでは?

219
 
 こちらはガスレンジの台の裏にあるので、少し面倒ですがガスレンジと台を動かさなくてはなりません。
 しかしそれだって数分の作業です。

 で、水道本体の管を温めると・・・・・・。

 おお!! 見事水が出てきました。

223

 なんだかんだで一時間程の作業でした。 

 因みにこの時、温めたお蔭でこれまで硬くて回らなかった水抜き用バルブもまわるようになりました。 これからはちゃんとこれで水抜きができます。

225
 
 神様、有難う!!

 ワタシはホントは神様の事を悪く思ってなんかいません。 それどこかこうして毎日よもちゃんと二人で幸福に暮らせる事をいつも感謝しているのです。

 さっきイロイロ言ったのは、ただの愚痴だし、そもそも神様に言ったのではないのです。
 だからどうか、気になさらないで下さいね。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2016-02-15 13:44

キムチ悪い 韓国の日鮮同祖論

 先日もご隠居さんがエントリーし(ウリナラが大和を作ったニダ!本当ニダ!)ておられましたが、韓国では相変わらず「日本は韓国が作った云々」と言う俗説が幅を利かせているようです。

 韓国ではこの手の話はどうやら大韓民国建国の頃からあって、韓国メディアが繰り返し繰り返し報道して煽り続けているので、殆どの韓国人がそれを信じているようです。

 ワタシはしかしこれホントに不可解でキムチ悪いんですよね。

152

 そもそも日本と朝鮮の先祖が同じとか、皇室の先祖は実は朝鮮から来たとか言う日鮮同祖論と言うのは、実は日韓併合時に唱えられていた物です。

 日本と朝鮮は元々同じ祖先をもつ民族だから、もう一度一つになるべきだ。
 日本の天皇の先祖は朝鮮から来たのだから、朝鮮人も天皇を敬うべきだ。
 
 このように日韓併合を合理化できる説だからです。
 つまり日韓併合推進のプロパガンダだったのです。

 だから普通に考えたら、日本から独立した時点で、韓国側からはこのような日韓併合合理化のプロパガンダは、「事実無根」として全否定するはずなのです。

292

 ところがなぜか韓国は、日韓併合を世界史上最悪の植民地支配と罵りながら、なぜか今も日鮮同祖論に執着しているのです。
 韓国は世界に向かって、日本を戦犯国家などと罵りながら、しかし「日本は韓国が作った」つまり日本と韓国は同祖であることに執着しているのです。

 これってマジにキムチ悪いとしか言えないでしょう?
 何処の世界に凶悪犯を自分の親戚と言い募る人がいるでしょうか?

 アイツは凶悪犯ニダ!! 絶対に許せないニダ!! 
 でもアイツはウリの兄弟ニダ!!

 こんな話しをあちこちで言いふらす人間は狂っているとしか思えません。

362

 因みにこんなヘンなことをしている民族は他にありません。
 
 ウクライナとロシア、チェコとスロバキア、セルビアやモンテネグロとクロアチアやスロベニアなど、皆実は元々同じ民族であったことは疑いようにない事実だし、外国人からすればどこがどう違うのかもわからない程良く似た言語や文化を持っています。

 しかし独立した側は「自分達は彼等とは別の民族であり独自の文化を持つのだ。」と言い募るっているのです。

 自分達を大量餓死をさせた共産主義のロシア人なんかと一緒にされてたまるか!!!

 これがウクライナ人の気分です。
 
 これは普通に理解できます。 

365
 
 だからこうした事例と比べても、「日本はウリが作ったニダ」と言い続ける韓国は、ホントにキムチ悪いのです。

 そもそも日韓併合でも合理化するのではければ、こんな日鮮同祖論に執着する事に何の意味があるのでしょうか?

 想像するだにおぞましいのですが、まさか韓国人はもう一度日韓併合をしてほしいのでしょうか?

 日韓併合すれば、また日本の国家予算で韓国人の生活のレベルアップをしてもらえると期待しているのでは??

 もう背筋がゾクゾクするぐらいキムチ悪いです。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2016-02-14 13:51

多文化主義・ユダヤ人とナポレオン

 ワタシはこの頃寝る前に、チャンネルクララで延々とやっている「きちんと学ぼうユダヤと世界史」を見ているのですが、先日見たナポレオン戦争の所が大変面白かったので紹介します。

 なにが面白いかって?
 つまり近代民主主義国家と、多文化主義の関係です。

144

 フランスには元々、イベリア半島から来たユダヤ人がいました。 彼等は既に長くフランスに在住していて相当フランスに同化していました。

 しかしその後フランスがアルザス地方を領有すると、このアルザス地方にいたユダヤ人を抱え込む事になりました。

 けれども元々ドイツ語圏だったアルザスはフランスに比べるとユダヤ人差別も厳しく、ユダヤ人達はゲットーと言われる特定の居住区にしか居住を許されませんでした。
 彼等はそこでイーディッシュと言われるドイツ語圏・東欧ユダヤ人独特の言語を使って、自分達の文化を維持して暮らしていたのです。

 フランス国王はこうしたユダヤ人達に一定の権利を与えて保護すると共に、その財力や知力を利用していました。 
 
 フランス国王はカソリックの守護者としてローマ法王から戴冠していました。 そのカソリックはユダヤ人をキリストを殺した人類の敵として、迫害を奨励していました。

 だから国王がユダヤ人の庇護者と言うのもヘンな話なんですが、しかしそこは世俗の権力者である王は現実的なのです。 
 
 それで国王は「ユダヤ人を殺せ!」と喚く聖職者達を適当になだめて、ユダヤ人達を庇護し彼等を資金調達等に利用していたのです。
 
148

 しかしフランス革命で、国王はギロチンにかけられ、ユダヤ人はその庇護を失ったのです。

 これがフランス革命でのユダヤ人解放です。

 けれども国王の庇護を失ってもユダヤ人虐殺は起きませんでした。
 なぜならフランス革命では、国王と共に教会も力を失いました。 

 フランス革命時にはフランスの守護聖人聖マルティンの寺院が完全に破壊されて、道路にされるような事態まで起きています。 パリのノートルダム寺院も荒れ果てました。

 さすがにこのような野蛮な文化破壊のような行為は長く続かず、パリのノートルダム寺院も聖マルティンの寺院も再建されました。
 しかしその後もフランスでは宗教と政治の厳密な分離は今も続いています。

150

 つまりフランス革命で宗教が政治勢力の中心になる時代は終わったのです。
 そしてこれで宗教的理由でのユダヤ人迫害は終わりました。

 そしてユダヤ人もフランス国民としての権利を与えられました。

 しかしそうなるとフランス国民としての義務も負う事になりました。

 その一つが兵役です。 兵役の義務を負うからには、安息日の厳守などと言う、事はできません。
 義務教育ではフランス語を強制されます。

 そしてこの動画にあるように、フランス民法にそうようにフランス式の姓も強制されます。

151

 フランス革命以前、ゲットーにしか居住できず、金融業始め特定の職業しか就けないと言う時代なら、ユダヤ人が自分達の文化を守るのは簡単でした。 と、言うより否応なしにユダヤ社会に生きるしかなかったのです。

 しかしフランス革命で他のフランス人と同様な、自由と平等を得たからには、ユダヤ人はもうフランス国内で独自の社会を作って、独自の文化を守るなどと言う事は不可能になっていきます。

 勿論フランス革命で保障した宗教の自由で、ユダヤ教を信仰する権利は確保されました。 でも前記のように兵役の義務など、フランス人としての義務が、宗教に優先するのです。
 そしてユダヤ教の戒律はあくまで精神世界の話で、現実の社会ではフランスの法に従って生きるしかありません。

 勿論これはユダヤ人だけの話ではなく、例えばフランス最大マジョリティーであるカソリック教徒だって同じで、フランスの法や大統領の命令は、カソリックの教会の教えや法王に優先するのです。

 その意味では完全にユダヤ人は他のフランス人と完全に平等になりました。

 そして当然の帰結として現実に良きフランス国民となる事を期待され・・・・・と、言うか強制されていくのです。

【10月21日配信】きちんと学ぼう!ユダヤと世界史:ユダヤ陰謀論を叱る 第24回 「ナポレオンのユダヤ人解放」 内藤陽介 かしわもち【チャンネルくらら】


 しかしこれは見方を変えれば、ユダヤ人文化の破壊であり、民族抹殺政策です。
 だからこの動画でも言っているように、サヨク系の言論人はこれを非難しているそうです。

 でもそれじゃ聞くけど、宗教が法に優先するような文化を持つ民族を抱え込んで民主主義国家は運営できるの?
 独自の言語を守って、独自の社会を作って、そこに引き籠る少数民族と、他の民族が経済活動や社会活動を平等にできるの?

 ユダヤ人はたまたま商業・金融なんて経済の美味しいところを、独占してきたので経済的には平等どころか優越してきたのですが、これがアイヌ人のように狩猟採集などを民族文化にする人達なら、絶望的な貧困状態になるでしょう。

 宗教が法に優越するような社会、或いは民族の掟が法に優越するような社会が、国家の中にあると言うのは、つまり国中国ができてしまうと言う事です。

 そして民族を理由に法に従わない人達の存在を認めると言うのは、「法の下の平等」と言う民主主義の原則と根源的に矛盾します。

154

 そもそもフランス革命など一連の近代市民革命により生まれた民主主義社会とは、「法の支配」とは最高権力者から乞食や幼児まで、全ての人が等しく同じ法に従う事を原則にしているのです。

 そして法が全てに優先するのです。

 近代民主主義国家では宗教や民族と言うのはあくまで個人の内面の問題でしかない事を前提にしているのです。

 違法行為さへしなければどんな宗教を信じても構いません。 その宗教の戒律でどんなヘンなことをやっても自由です。
 でも兵役期間中は他の兵士と一緒に上官の命令に従って行動してね。

 どんな民族であっても国籍がフランス人ならフランス人としての権利を認めます。
 でもその代りフランスに忠誠を尽くしてね。

 宗教や民族を盾に法や国家への不服従を鮮明にするなら、これは国家への反逆を見做し、徹底的に処罰します。

 この原則を考えると、近代民主主義国家と多文化主義とは実は大変相性が悪いのです。
 少なくとも宗教や民族意識を国家の上位に置くような文化とは共存不能なのです。

157

 フランスやイギリスなどの近代民主主義国家=国民国家が他の形態の国家に比べて強力な力を持ち、オスマン・トルコ帝国やムガール帝国をドンドン侵略し植民地化しました。

 これはこれらの近代民主主義国家では、国民全てが一つの法に服し、一致団結して戦う事ができたからです。

 一方オスマン・トルコ帝国やムガール帝国のような典型的な多文化国家は、そもそも最初から国民は国民意識なんかないのです。
 
 だから第一次大戦中にそれに気づいたトルコの青年将校達は、他の民族の居住地は放棄して、トルコ人の居住地だけでトルコ共和国を作りました。
 そしてその後その居住地内に居住する少数民族には、強権的同化政策を続けました。

 これが現在のクルド問題になっているのですが、しかしその本質は実はナポレオンのユダヤ人政策と同じなのです。

159
 
 因みにヨーロッパにあった典型的な多民族国家オーストリア・ハンガリー帝国は、民主主義を求める人々によって崩壊しました。

 多文化共生国家の結末 

 歴史家はオーストリア・ハンガリー帝国は「全き善政」と評価していたのですが。
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2016-02-13 19:59

夕方の雪

 雪の降る夕方、よもちゃんはまたお外へ出ました。 


24699866080_b200c69482_z.jpg


  あらあんまり積もってないわねえ。 

24368537323_b61df3ebe6_z.jpg


  この冬はホントに暖冬だし、雪も少ないわ。

24627710339_0ac67fc372_z.jpg


  これだとパトロールも楽ちんよね。 

24995362095_2e749d4d01_z.jpg


  まあ、お隣の座敷犬がこっちを見て吠えてるわ! 

24368502173_4e7471495c_z.jpg


  面倒ねえ。 座敷犬のくせに番犬のつもりで、ワタシがお隣のお庭に入ると吠えるんだから。

24699839670_3662d72888_z.jpg


  良いわ、暫くこうして隠れていたら。  そしたらきっとご主人から「煩い!」って叱られるんだわ。

24995357135_67c2e07906_z.jpg


  ホラね。 叱られてるわ。 

24969051986_2a94bbd252_z_20190115235237c48.jpg
 

  ったくね。 座敷犬の分際で、猫に吠え付いたりしたから叱られるのよ。

24877358312_dae6029c47_z.jpg


  座敷犬は座敷犬の分を守って、一日中大人しく寝ていれば良いのよ。 

24902086691_9b4de4b558_z.jpg


  おお、夕闇が深くなっていく・・・・。 

24627764039_faf71c9b00_z.jpg


  進め!!  

24995398585_a957fe55f9_z.jpg


  それにしても日が長くなったわ。 

24902123091_7087d866a2_z.jpg


  まだ空が菫色じゃない。

24877376692_5cdcbece57_z.jpg
 

  これじゃ夜間哨戒活動にはまだ早すぎるわ。 

24368561423_29bd7d4b6f_z.jpg


  同居に~~ん!! 同居に~~ん!!
 ドアを開けてよ!! 帰ったのよ!!

 もう帰ったの? 随分早かったわね。 今さっき出たばかりじゃない? 

24364794164_8ee1babb3d_z.jpg


  良いから開けてよ!!
 同居人が心配するといけないから早く帰ったのよ。


 ホントに日が長くなりました。 
 
 雪祭も終わり、これでもう二月も半分終わったのです。
 冬の終わりも見えてきました。

 だからもう暫く頑張れば春になります。 
 よもちゃんもそう思っているからでしょうか?
 なんかこの頃たるんでいます。 
 真冬の寒さが緩むと、緊張も緩んでしまうのです。
 
  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-02-13 12:04

振り込め詐欺の撃退は簡単

 東京都は振り込め詐欺防止機器なるモノを御年寄に配るようです。

東京都 振り込め詐欺防止の機器 5万台追加へ
2月13日 7時34分

東京都は、振り込め詐欺の被害を防ぐため、電話の相手に警告のメッセージを発する機器を高齢者に無料で貸し出していますが、これまでに利用者から被害の報告はないことから、今後3年間でさらに5万台追加することを決めました。
東京都は、振り込め詐欺の被害を防ごうと、去年から、電話の相手に警告のメッセージを発して通話内容を自動で録音する機器を1万5000台用意し、高齢者に無料で貸し出しています。
都によりますと、これまでにおよそ1万2000人の利用者から被害の報告はないということで、都は犯人を撃退するのに高い効果があるとしています。このため、今後3年間でさらに5万台追加することを決めました。
都内で去年1年間に起きた振り込め詐欺など「特殊詐欺」の被害は1879件で、おととしより2割近く減ったものの、被害額は67億円余りと依然深刻な状態が続いています。都は新年度からは、機器を調達する市区町村に費用の半額を補助することにしていて、市区町村に効果を説明して導入を促すとともに、高齢者に積極的な利用を呼びかけることにしています。


 しかしこんな事はしなくても、振り込め詐欺を撃退するのは簡単です。

 当座の生活費以外のお金は、銀行預金にしないで、個人向け国債を買っておけばよいのです。

 個人向け国債は銀行でも郵便局でも簡単に買えます。

 国債は買って最初の一年は解約できませんが、その後はいつでも一万円単位で解約できます。

 但し解約を申し込んでから4営業日後に解約した分のお金が銀行に振り込まれる形になります。

 だから月曜に解約を申し込むと金曜まではお金を下ろせません。 火曜なら土日を挟むので次の週の月曜まで降ろせません。
 祭日等が入るとさらに遅れます。

 これは不便です。 でもこれだけ時間がかかると、振り込め詐欺に騙されてパニックを起こしても、落ち着く時間があるし、また詐欺師が「助けてくれ!」と名乗った親族等に連絡を付ける事もできます。

 現実の社会では「今直ぐ100万円寄越せ」などと言う話はまずあり得ないので、4営業日後にお金が入ればそれで十分なのです。
 
 だから老後資金など差し当たり緊急に使う予定のないお金は、国債にしておくのが一番安全なのです。

 因みに自分で解約しないとお金を下ろせませんから、泥棒やスキミングの被害も心配ありません。

 因みに国債の金利って、銀行の定期預金より遥かに高いです。 (10~20倍!!)
 
 国債は銀行預金などより遥かに安全な資産です。 だって銀行が潰れる事はありますが、日本が潰れる事はありません。 日本が潰れたら国債の価値もなくなりますが、銀行預金だって無価値になります。

 その上泥棒やスキミングや振り込め詐欺の心配もないのです。

 この最強の資産国債の金利がなぜか、銀行の定期預金より高い!!

 これって財務相の銀行優遇政策の結果なのです。
 45分から。

3/3【経済討論】補正予算成立と世界経済の行方[桜H28/2/6]


 それにしてもこうして多くの老人が、「振り込め詐欺」の被害に遭っているのに、振り込め詐欺撃退機器なんてヘンなモノを宣伝しても、「定期預金は止めて、国債にしましょう。」と言う簡単かつ確実な防止法を言わないって・・・・・。

 やはり異常では?
  1. 増税詐欺
  2. TB(0)
  3. CM(6)