FC2ブログ

2014-02-24 19:48

安倍は嫌いニダ!! WSJ

日本政府、円安依存やめ構造改革を=韓国企画財政相

【シドニー】韓国の玄オ錫(ヒョン・オソク)企画財政相は日本に対し、経済成長の促進を円安に頼るのではなく、構造改革を進めるよう呼びかけた。

 玄企画財政相は21日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への出席のため訪問した当地でウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューに応じ、「アベノミクス」への疑念が世界的に強まり始めていると指摘した。

 日本が強く注目しているのは円安で、それは長期的低迷の打開にほとんど寄与しないとの見方だ。

 玄企画財政相は「日本経済の構造改革が実施されない限り、日本経済の回復は持続可能からほど遠いと懸念している」と語った。

 円高抑制と景気浮揚を目指して日本で昨年始まった金融・財政両面の大型刺激策により、輸出企業の利益は拡大し、日本株も上昇した。

 だが円相場の下落はアジアで摩擦を生み、「近隣窮乏化」につながるとの不安をかき立てた。韓国ウォンは1月、円に対して5年ぶりの高値をつけた。自動車や電子製品などさまざまな市場で日本と競合する韓国の政府からは、不満の声が上がっている。
 韓国は近年、ウォンの急伸を抑えるため繰り返し為替市場に介入している。国際通貨基金(IMF)は先月、為替相場の動きを市場に任せ、変動を円滑にする目的のみの介入にとどめるよう韓国に求めた。

 しかし、韓国政府は円安を問題視している。

 玄企画財政相は「円の下落は特にアジア経済に深刻に影響する」とし、「今すぐにというわけではないが、悪影響が広がり、韓国の輸出に一段と響くようになるだろう」と話した。

 玄企画財政相は、日本が景気改善に向け実施すべきなのはむしろ構造改革だと主張した。安倍首相は雇用規制の緩和や外国との競争をより幅広く受け入れる方針を掲げている。だがこれまでのところ、金融緩和や財政出動に比べると小幅な前進しかみられていない。

 玄企画財政相は「韓国が選んだ積極的な市場開放と構造改革に、日本は目を向けるべきだ」と述べた。

 22日に開幕するG20財務相・中央銀行総裁会議では、為替相場も議題の1つに挙がっている。発展途上国は、米国が量的緩和策の縮小を急いで世界市場を混乱させることがないよう配慮する、との確約も求めている。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304775004579396810481206776.html

039

 世界の高級紙ウォール・ストリート・ジャーナルの記事ですが、しかし何だか凄く違和感があります。

 この記事の内容だけなら2013年の年明けから、韓国が喚き続けていたことですから、全然問題はありません。

 韓国経済は2012年末に安倍政権が成立して、円高が止まってから直ぐに悲鳴を上げ始めたのです。 そして今も上げ続けているのです。

 しかしね、世界の高級紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、つい先週(2月15日)社説で「日本は韓国に学べ」と言う記事を書いたばかりです。

 この中でWSJは「安倍首相が円安誘導で輸出競争力を維持しようとしているのに対し、韓国企業はウォン高にもかかわらず国際市場で競争力を高めている」と書いていたのです。

 それが一週間でこれですか?

だが円相場の下落はアジアで摩擦を生み、「近隣窮乏化」につながるとの不安をかき立てた。韓国ウォンは1月、円に対して5年ぶりの高値をつけた。自動車や電子製品などさまざまな市場で日本と競合する韓国の政府からは、不満の声が上がっている。

 だったら先週の社説は何だったのでしょうか?

2014y02m24d_182008020

 先週の社説を見た時、ワタシは凄く気持ちが悪くて、これについてエントリーしました。(日本は韓国に学べ? WSJ

 でそこでも書いたけれど、これはどう考えてもマトモな記事とは思えないのです。

 そしてあんまり気持ちが悪かったので、韓国経済通のご隠居さんにもこれに関する解説をお願いしました。(「日本は韓国に学べ」と米紙 経済政策に苦言

 ご隠居さんもこの記事には不信を持たれたようです。

 ちなみに高橋洋一氏もこの記事への感想を書いています。(WSJ「日本は韓国から学べ」論説に? 雑音は無視して明快な分析と対策を

2014y02m24d_182411168

 いずれにせよWSJはこの記事で、先週(2月15日)の「日本は韓国に学べ」と言う社説は嘘っぱちであると認めたわけです。

 つまり円安のお蔭で韓国企業苦しいニダ!!
 だからアベノミックス止めるニダ!!

 アベノミックスによる円安にも拘らず日本の輸出が増えないなんて言っても、とにかく韓国が悲鳴を上げているのだから、明らかに円安は日本企業にとって救いであり効果があったのです。
  
 しかし奇妙ですよね。

 先週の社説は「日本は韓国に学べ」で今週は「アベノミックス止めるニダ」です。
 
 何でアメリカの高級紙が日本の経済政策を論じるのに、韓国を引き合いに出す必要があるのでしょうか? 

 アベノミックスについて論じるなら、アメリカの新聞何だからアメリカ経済に対する影響でも書けばよいじゃありませんか?

 しかしなぜか韓国の立場に立って、日本経済を論じているのです。

2014y02m24d_182041523

 ところでWSJと言えば先週(2月19日)にこんな記事も書いています。

ナショナリスト本田悦朗氏がアベノミクスで目指す目標

【東京】本田悦朗氏。安倍晋三首相の経済再生計画で中心的な役割を担う顧問(内閣官房参与)だが、戦時中の話を熱く語るナショナリストでもある。

 本田氏はウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、第2次大戦中の神風特攻隊の「自己犠牲」について語りながら、涙ぐんだ。

 昨年12月の安倍首相による靖国神社参拝については、特攻隊員など戦争で死んだ数百万の兵士たちを追悼するために、首相が参拝したことを喜んでいるとし、「誰かがこれをしなければならなかった」と語った。その上で、「私は首相の勇気を高く評価する」と述べた。・・・・・


 この記事は日本のマスゴミも取り上げて騒いでいましたね。

 しかし何と言うか・・・・・高級官僚が外国人記者の前で特攻隊員の話をして涙ぐむとかって、ネトウヨのワタシが読んでも何か薄気味の悪い話です。

 これを欧米人が読めば日本と安倍政権に凄い違和感を持つでしょう。

 ところが高橋洋一氏によれば本田参与は「そんな事言ってない」のだそうです。

本田悦郎内閣官房参与が、ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで「日本が力強い経済を必要としているのは、賃金上昇と生活向上のほかに、より強力な軍隊を持って中国に対峙できるようにするためだ」と語った、と報じられた。

筆者は、彼を大蔵省時代からよく知っている。彼は海外勤務が長かったが、筆者はしばしば彼の勤務地に出向いたものだ。彼から話を聞いてみたが、「そういうことは言っていない」と言っていた。

 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38473

 「そんな事言ってない」って韓国マスゴミの専売特許だと思っていたら、なんとWSJもやるのですね。

2014y02m24d_182447651

 ワタシ達日本人は日本のマスゴミ以上にアメリカやイギリスの有力紙、こウォール・ストリート・ジャーナルやニューヨーク・タイムズなどの権威を盲信してきました。

 しかし歴史を学べば、これらの高級紙も戦前は中国の反日プロパガンダに協力したのです。

 そして今の慰安婦問題などを煽り続けいるのです。

 本来のジャーナリストならこのように議論の多い問題については、自ら真実を検証するのが筋ではありませんか? 
 ジャーナリストなら日本を非難する前に、その非難の元になった慰安婦強制連行の証拠を探すべきではありませんか?

 しかし彼等は米国公文書のような物さへもチェックする事なく慰安婦問題で日本を非難し続けて居ました。

 こういう事をし続けてきた自称高級紙が、どの程度信用できるのでしょうか?

 そしてそれを思えば、安倍政権に対するWSJの一連の報道だって、理解できます。

 彼等は安倍政権が嫌いなのです。 或は安倍政権を非難する事で利益が得られるのです。

2014y02m24d_182218853

 ウリは安倍嫌いニダ!!

 ウリはお金が欲しいニダ!!
 
 安倍の悪口を書いたら、褒めてくれるスポンサーが居るニダ!!

 世界の高級紙と雖もこんな基準で記事を書いているのです。 そしてそれを日本のマスゴミが大騒ぎで報道して「それ!! ウォール・ストリート・ジャーナル様が批判しておるぞよ!! 下民共、我等クォリティーペーパーの意見に従うのじゃ!! 安倍を退陣させるのじゃ!!」とやるわけです。

 でももうここまで露骨にやられたら、幾ら我々日本人がノンキでもこんな事を聞いていられません。

 もう良い加減に彼等の本性がわかりましたね。

 もうこんな連中の言う事を聞くのは止めましょうね。 止めないと日本はコイツ等のカモにされてしまいますから。

 
  1. 安倍
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-02-23 21:21

交渉に負ける

 この数日よもちゃんは食欲がありませんでした。 わたしの食べている物をイロイロ欲しがるのですが、しかしあげるても食べませんでした。
 そして一昨日・先一昨日は猫缶も殆ど食べませんでした。

2014y02m23d_201553850

 よもちゃんは年明けからどうも食欲にムラが出来て、元気に猫缶をバクバク食べる日もあるのですが、しかし全然食べない日が続く事もありました。
 こんな事は今までなかったのです。 よもちゃんはそれまではいつも元気に猫缶を食べて居ました。

2014y02m23d_201716084

 お腹が空いていないようには思えませんでした。 なぜならわたしが台所の方へ行くと、直ぐに飛んできて冷蔵庫の前に座るからです。
 でも猫缶をあげても全然食べないのです。

2014y02m23d_201749314

 それからわたしの食べ物をやたらに欲しがるようになりました。 それでハムとかお魚とかをせしめて喜んで食べるました。
 わたしはそれでよもちゃんは猫缶より美味しい物が欲しくて、時々ハンガーストライキをしているのではないか?と疑っていました。

2014y02m23d_201813211

 だからわたしは安易に妥協してはいけない、こういうネコシエーションはタフにやらなくてはイケナイと思って、よもちゃんに負けないように頑張りました。

2014y02m23d_201833720

 しかしよもちゃんは一昨日と先一昨日は猫缶も食べないし、その上わたしがあげたハムも殆ど食べませんでした。
 わたしは段々心配になって来ました。 

2014y02m23d_201855860

 本当は一度獣医さんへ連れて行った方が良いのでは?と思いました。 でもよもちゃんは獣医さんが大嫌いだし、今は自転車が使えないので、歩いて行くのは大変です。 タクシーだって余りに近すぎるので、頼むのは気が引けます。
 それに食欲にムラがある事を除けばよもちゃんは元気です。 
 いつも同じように甘えて、いつも同じようにやんちゃをします。

2014y02m23d_201922126

 そうやって昨日の朝になりました。 朝起きてみると台所のよもちゃんのお皿の猫缶は、全く手が付けられていませんでした。 夜中に食べてくれると思ったのに・・・・。
 そしてよもちゃんを見ると、何だかゲッソリと痩せたようです。
 
2014y02m23d_201947094

 猫は体が小さくて代謝が速いので、数日食べないとゲッソリ痩せるのです。
 わたしはいよいよ心配になりました。
 それでもとりあえずいつものように朝ごはんを食べて、ネットを立ち上げました。
 そしていつものように一番にご隠居さんのブログにアクセスしました。

2014y02m23d_202002857

 そうしたらミケちゃんの訃報が目に飛び込んで来ました。 
 ミケちゃんがこんなに早く逝っちゃうなんて!!
 チコ様が逝ってから、ミケちゃんはまた太り出して毛並もよくなっていたから、このまま元気になるのと思っていたのに・・・・・。
 ご隠居さんはどんなに悲しんでおられることか・・・・・。

2014y02m23d_202030114

 でもミケちゃんの訃報を見たら、わたしはご隠居さんの事よりもよもちゃんが心配になりました。
 とにかくよもちゃんに何か食べて貰わなくてはならない!!
 わたしは昼食を済ませたらよもちゃんに何か美味しい物を買ってこようと思いました。
 そしてネットを続けました。

2014y02m23d_202100111

 でも落ち着いてネットを続ける事が出来ませんでした。 とにかく何か買ってこなくちゃ!!
 わたしは結局早々にパソコンをシャットダウンして、近所のドラッグストアに出かけました。
 そして高給キャットフード(猫缶ではなくアルミパック入り)数個と猫用オヤツ一つを買いました。
 この猫用オヤツは魚の切り身のパック入りなのですが、以前妹がよもちゃんに持ってきてくれた事があります。 よもちゃんはそれをとても喜んで食べたのです。 だから買いました。 一つ98円もしたのに・・・・・。

 よもさん、食べて!!
 お願いだから食べて!!
 神様、どうかよもちゃんが食べて元気になりますように!!
 よもさん、ミケちゃんのところにいかないで!!

2014y02m23d_202114815

 わたしが家に帰って、よもちゃんに猫用オヤツを差し出すと、よもちゃんは直ぐに食べました。 そしてオヤツを完食して物足りなさそうな顔をしています。
 それで猫パックを開けると、よもちゃんはそれも直ぐに完食しました。
 まさか?と思ってもう一パック開けると、それも完食しました。

 それから暫くして、外で出たいと言い出しました。
 それで一緒に外に出ると、よもちゃんは元気に雪の中をラッセルして進みました。 
 そして道路まで出ると・・・・・



2014y02m23d_202131440

 同居人、雪捨て公園まで競争しようよ!!

 エッ!? 大丈夫?

2014y02m23d_202151867

 ソレ~~!!

 待って~~!!

2014y02m23d_202224341

 ここまでおいで~~!!


 これでわたしは少し安心したので、お昼ご飯を食べて、それからよもちゃんに留守番を頼んで散歩に出かけました。
 わたしがお散歩から帰ると、よもちゃんはまた一つ猫パックを食べました。 それから夕方にまた一つ食べました。
 そして夜寝る前にまた一つ食べました。

 幾らなんでも一日5つは食べ過ぎでしょう?
 でもよもちゃんは嘔吐するような事もなくご機嫌でした。
 
 つまりわたしは交渉に負けたのです。 よもちゃんはわたしに食事のグレードアップと言う要求を完璧に吞ませました。
 わたしはタフネコシエーターではありません。 
 今後のよもちゃんの食費の増加が幾ら心配でも、どうしようもありませんでした。 わたしよもちゃんにはどうしても勝てないのです。
  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-02-23 11:49

カモにされる

 昨日は素晴らしい快晴でした。 

176

 この冬は雪と吹雪が多く、陰気で暗い日が続きましたが、ようやく明るく晴れた日が増えてきたのです。
 それで午後から散歩に出かけました。 
 この間発寒川のマガモさんの写真を撮ってモデル料を払ってなかったので、それを払う必要もありました。

039

 モデル料の食パンを持って発寒川の河原に行って見ると、もう先客がいました。

043

 マガモさん達にパンを持ってくる人は沢山いるので、この河原のマガモさん達は全然人を怖がりません。

2014y02m23d_110557932

 ワタシは写真を撮りたかったので、近くに居た子供達にマガモさん達にパンをあげてくれるように頼みました。

2014y02m23d_110347904

 マガモさん達凄くアグレッシブです。

2014y02m23d_111128967

 丸々と太っているけど、鳥ですから空襲もするのです。

2014y02m23d_111240310

 パン、くれよ~~!! 腹減ってるんだから!!

2014y02m23d_110917356

 ナイスキャッチ!!

109

 オイ!! オマイ、モデル料どうした? 一昨日約束しただろう?

 そ、それはそちらの子供さん達に渡してあります。

 全くこちらがタジタジとなるほど、強気でパンを要求します。

059

 それにしても河原は雪は深くて、人間は歩くのも大変です。

053

 しかしマガモさん達は勿論平気です。 足ひれがカンジキになるし、体も軽いです。

2014y02m23d_110436925

 そして飛べますから。

051

 マガモさん達はだからこの雪に守られて、もう殆ど凍りついた川で冬が越せるのです。

044

 雄カモの皆さんは羽色が鮮やかです。 今は恋の季節です。 秋口から交際を始めたカップルが、雪解け頃に結婚するのです。
 だから今こそ男性美を見せなければなりません。

140

 パンがなくなるとマガモさん達はまた川の中に戻りました。 現金な物ですね。

191

 でもそれがわかっていてパンを持って来る人が幾らでもいるのです。 
 みんなカモにされているだけなのに・・・・・・
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-02-22 21:59

アメリカ様にひれ伏せ!! 衛藤晟一首相補佐官動画騒動

 衛藤晟一首相補佐官がネット上の動画で、安倍晋三首相の靖国神社参拝(昨年12月)に対する米国政府の「失望」表明について、「われわれの方がディサポインテッド(失望)だ。アメリカは同盟関係の日本をなんでこんなに大事にしないのか」と批判していたことが分かりました。米国をはじめ国際社会に広がる首相参拝批判への挑戦です。 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-02-20/2014022001_07_1.html

 2月20日の赤旗記事です。
 衛藤晟一首相補佐官が動画でアメリカを批判した事で、自称リベラルマスゴミが発狂しています。 バカ旗までが発狂しているのです。

 問題の動画は既に削除されていますが、この動画は元々衛藤首相補佐官が活動報告としてアップしたもののようです。衛藤首相補佐官はこれまでも活動報告の動画を時々アップしており、衛藤首相補佐官のHPから見られるようにしてたものの一つだったようです。

 その動画の中でアメリカを批判したので、赤旗までが発狂しているのです。

041

 首相補佐官がアメリカを批判したら、赤旗が発狂??

 そんなバナナ!!

 何で首相補佐官がアメリカを批判したらいけないのですか?
 
 日本はアメリカの同盟国ですが、属国でも奴隷でもありません。 アメリカの政策に文句があればいくらでも批判します。

 これまでの歴代内閣の閣僚や首相補佐官など、政府要職にあった人達がアメリカを批判した例は幾らでもあります。
 
 それで何か問題があったでしょうか?

 橋本元総理なんか唯の批判じゃなくて、アメリカでの講演で「アメリカ国債を売りたい誘惑に駆られる。」と言って、翌日NY株式市場を暴落させるような事までやりました。

 で、その事で自称リベラルメディアは何か文句を言いましたか? 

 日本の政府高官がアメリカを批判したらダメなら、日本はアメリカに対して全く交渉できなくなります。
 
 むしろ彼等は日本政府がアメリカに言うべきことを言わず、アメリカの言いなりになっていると、文句を言い続けてきたのです。

 ところが一度靖国問題になると、赤旗までが「アメリカ様を批判するとはケシカラン!!」と喚きだすのです。

177

米国をはじめ国際社会に広がる首相参拝批判への挑戦です。

 ?? 国際社会に広がる首相参拝批判?
 そんなモノあるんですか?

 首相の靖国参拝を問題にして騒いでいるのは、中國と韓国と北朝鮮だけです。

 アメリカもまた他の交戦国も今まで一度も騒いだ事はありません。(サンフランシスコ講和条約と歴史認識
 アメリカも他のサンフランシスコ講和条約加盟国も皆近代国家の理念による外交を行う国なので、条約でケリの付いた問題、まして死者の慰霊などと言う純然たる内政問題で他国を批判するような愚かしい事はしないのです。

163

 しかしその愚かしい事を始めたのは実は日本の自称リベラルマスゴミです。 

 90年代になって戦中戦後の事を知る人達が高齢化して現役を退き、この時代の記憶が薄れたのを良い事に、南京大虐殺、慰安婦強制連行、朝鮮人労働者強制連行など荒唐無稽なフィクションを宣伝し始めました。

 首相の靖国参拝問題捏造もその一つです。

 つまりサンフランシスコ講和条約加盟国間で完全にけりのついたA級戦犯問題を蒸し返しました。

 また戦後責任などと言うヘンテコリンな言葉も作りました。
 
 そして「ドイツを見習え」などと言う奇妙な事を言い出したのも彼等です。
 つまりドイツは謝罪したが、日本はしていないと言う説を捏造したのです。

174

 今にして思えば皆オカシナ話ばかりだったのですが、しかし90年当時は今のようにインターネットがありませんでした。
 だから新聞に書いてある事が少しオカシイと思っても、それについて少し調べると言うのは、一般国民には結構大変でした。

 例えばこの頃彼等が捏造した「サンフランシスコ講和条約11条で極東軍事裁判を受諾したのだから、日本は侵略戦争を認めた」と言う説だって、これが本当かどうかを調べるとなると大変です。

 今ならで「サンフランシスコ講和条約11条」で検索すれば、その11条が読めますが、ネットの無い時代はどうしようもありません。 専門の本を買って読むぐらしか方法がないのです。

 しかも本や雑誌の出版にも自称リベラルマスゴミは大きな力を持っているので、彼等の嘘に反論する本を探すのは結構大変でした。 

 だから戦後生まれの世代の殆どが、これらの自称リベラルマスゴミに見事に騙されたのです。 恥ずかしいけれどワタシも靖国参拝問題では完全に騙されたのです。

162

 それにしてもなぜ彼等はこんな捏造を続けたのでしょうか?
 
 捏造が慰安婦強制連行など捏造が本当にバレたら、新聞社としての信用を完璧に失うのに・・・・。

 しかしこの衛藤首相補佐官に対する批判始め、最近の彼等の発狂の根源を見ていて思います。

 戦後民主主義とは「日本は侵略戦争をした悪い国」と言う事が全てなのです。

 「日本は侵略戦争をした悪い国だから、それに関わる物全てを否定しなければならない、そうしないとまた同じ侵略戦争をして日本はまた破滅する。」このように子供達を洗脳するのが戦後教育の全てだったのです。

 これはカルトの洗脳と同じですから、これで完全に洗脳された人達には、どのような論理も通用しません。

 だから慰安婦強制連行のように合理的な証拠の一切ない物に関しても、彼等は「謝罪しろ」と言うのです。 
 
 彼等は日本が悪いと言わないと安心できないのです。 日本を肯定するような事を言う人を見ると不安で不安で堪らないのです。
 だってそんな事をしていたらまた「侵略戦争を始める」に違いないと信じているのですから。

175

 これはもう浅原彰晃から苦行を命じられたオウム信者と同じです。

 だからどんな嘘も捏造もお構いなし、尊師様に逆らう人間はポアしなければならないと信じているのです。

 勿論この状態で外交や防衛を現実的に考える事など絶対不可能なのです。 
 そもそもカルトにハマって理性を失った人間には、現実を見る事など絶対不可能なのです。

 このような人々にこのカルトの教祖であるアメリカ様を批判する事がどれほど恐ろしい事か?

 衛藤首相補佐官のアメリカ批判は彼等にとって、キリスト教徒がキリストに向かってキリスト教を批判するのと同様の驚天動地の出来事だったのです。

 だから戦後レジームからの脱却と言うはつまり日本がこの洗脳から覚める事です。
 
 このカルトから抜け出す事で、日本は初めて本当に主権を回復して、自分達の権利を守る事ができるのです。

 
 

 
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-02-22 19:01

久々の琴似

 一昨日は久しぶりの快晴だったので、琴似まで行って見ました。

154

 琴似は札幌でも最も古くから開けた地区なので、古い市場や商店が残っています。

177

 琴似共栄市場に行くと、いつものように店先に安い果物が山盛りになっていました。

156

 勿論市場の中にも一杯あります。 林檎が減って柑橘類が増えました。 ヤッパリ春が近いのです。

158

 野菜も品揃えも春を感じるようになりました。

169

 魚屋さんの店はスカスカになっていました。 もう大方売り切れてしまったようです。

164

 この店は一日売り切り分しか仕入れないから、少し時間が遅くなるとスッカリ品数が減るのです。

173

 ついこの間までは3時過ぎになると、夕暮れの気配が漂っていました。 だから明るい間は昼過ぎと言う感覚でした。

175

 しかしいつの間にか日が長くなって、時間の感覚が合わなくなりました。

160

 実はもう殆どの人が夕食の買い物を済ませている時間だったのです。

171

 林檎が冬の名残を惜しんでいました。

180

 市場を出ても空はまだ明るく輝いていました。

193

 日が暮れ始めたのは農試公園の方を回って帰る頃です。

195

 ゆっくりゆっくりと夕闇が迫ってきます。

204

 河原ではカモ達がパンを貰っていました。 こんな時間にワザワザ、カモ達にパンを持って来る人がいるのですね。

203

 これだからこのカモ達はいつもここにいるのです。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-02-21 13:19

サンフランシスコ講和条約と歴史認識

 安倍総理の靖国神社参拝やNHK会長や百田尚樹氏の発言について、マスゴミはまだ騒ぎ続けています。 これに関しては記事が山のように出ているので到底全部は確認しできないません。

 しかし大量に出ている記事を見ていると、とどのつまりはA級戦犯を祀った靖国神社を参拝したり、従軍慰安婦などの問題を否定するのは「サンフランシスコ講和条約の体制を批判する事になるからけしからんん」との事のようです。

安倍首相の靖国参拝に1951年のサンフランシスコ講和条約への反発が隠されているとしたら、日本の国益を大きく損なっている。
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014022102000107.html

これらの言動はサンフランシスコ講和条約が規定する戦後の国際秩序からの脱却を安倍政権が試みているから…。そんな疑いの目が注がれているのなら、米国も心穏やかではいられまい。
 菅官房長官はいずれも「個人の問題」として沈静化を図ろうとしたが、問われているのは、安倍首相と政権の歴史認識そのものだ。
危機感が政権には足りない。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014022102000107.html

 そして「歴史認識」を問題にしています。
 
 彼等はつまり百田氏のような歴史認識はサンフランシスコ講和条約違反であり、日本はこのような歴史認識を持つべきではない、日本はGHQ史観、つまり日本は侵略戦争をした悪い国だと言う史観を守るべきだと言うのです。

117

 しかしサンフランシスコ講和条約に日本の歴史認識を強制する条項なんかあるのでしょうか?

 勿論あると言っている人達もいます。 その人達の言い分はポツダム宣言とサンフランシスコ講和条約11条で東京裁判と極東軍事裁判を受諾したので「日本は侵略の歴史を認めた」と言いたいようです。

敗戦した枢軸側各国は、全体主義と領土的野望を清算して初めて、大戦後の国際秩序に組み入れられることを許容された。日本の場合、過ぐる大戦が侵略戦争であったことは、政府が受諾したポツダム宣言と降伏文書そして東京裁判に明らかであり、日本が独立を認められたサンフランシスコ講和条約11条にも、「極東国際軍事裁判所並びに国内外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判の受諾」との文言で、日本による東京裁判の受諾が明記されている
http://article9.jp/wordpress/?p=346

 ちなみにこれは宇都宮弁護士の元仲間のブログからの抜粋です。 しかし都知事選の前に参院選での宇都宮の選挙違反を巡って内ゲバ中のようですが。(宇都宮健児君、立候補はおやめなさいーその2

 ともあれこの手の人の一番シビアな意見でこれです。

121

 ポツダム宣言についてですが、日本はポツダム宣言の受諾で日本は無条件降伏して、アメリカに占領されて国家主権を失いました。 それをサンフランシスコ講和条約で主権を回復したので、サンフランシスコ講和条約締結でポツダム宣言はチャラです。
 
 だからポツダム宣言とサンフランシスコ講和条約の話が二重になるってあり得ないです。

 ではサンフランシスコ講和条約第11条には、「日本は侵略戦争をしたことを認める」とか「日本は連合国の決めた歴史認識を守る事」とかそんな事が書いてあるのでしょうか?

サンフランシスコ講和条約第11条
日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の“裁判を受諾”し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする。これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一又は二以上の政府の決定及び日本国の勧告に基く場合の外、行使することができない。極東国際軍事裁判所が刑を宣告した者については、この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国の勧告に基く場合の外、行使することができない。

 これってつまり日本は極東国際軍事裁判で有罪になった人を勝手に赦免するなって言っているだけでしょう?

 1952年、サンフランシスコ講和条約締結当時は、極東国際軍事裁判で禁固刑を受けた人達がまだ日本国内の刑務所に入れられたまままでした。 この人達を日本だけの一存で勝手に釈放するなって事です。

 そんで日本がこの人達をどうしても釈放したかったら、有罪判決を出した国や、極東国際軍事裁判に代表を出した国の過半数の同意を得なきゃダメだよ、と言っているだけです。

 これがどうして「太平洋戦争は日本の侵略戦争だった」と言う歴史認識を決めた事になるんでしょうか?

130

 何言ってんだ? 
 日本が侵略戦争をしたことを裁いた裁判を受諾したんだから、侵略戦争を受諾した事になるに決まってるじゃないか?

 エッ?
 そんなバナナ!!
 それじゃ例えばオマイの女房が突然離婚を言い出して裁判を起こしたとしよう。 それで相手の弁護士が優秀なのか、裁判官がオカシイのか、オマイがトンデモナイ極悪亭主だったことにされて、女房に慰謝料を支払って離婚しろって判決が出たらどうする。
 
 そんで腹が立つから控訴したいけど、でも裁判で女房の本性がわかってホトホト愛想が尽きたし、もうコイツと揉めるのは面倒だから慰謝料ドブへ捨てたと思って、控訴を諦めたらどうなる?

 普通はこれを「裁判を受諾した」或は「判決を受諾した」と言う事になるんじゃない?

 でこうなったら、オマイは一生この判決を出した裁判官や女房や、弁護士の腕で判決が変わる日本の司法制度を批判したらいけないのか?
 
 オマイは判決の後一生「自分は悪い夫で妻を虐待しました」とか反省しながら生きていかなくちゃならないのか?

 そんな馬鹿な話は聞いた事がないぞ。 裁判なんか判決で言い渡された事だけすればそれで終わりだぞ。 判決で言い渡された慰謝料を払って判決通り離婚すれば、これで全部終わりだ。

 「裁判を受諾する」でも「判決を受諾する」とか言葉の遊びはどうでも良んだ。 どっちにしても「控訴しない。判決に従う。」でだけで全部終わりなんだよ。
 裁判でも判決でも被告の精神までも束縛する事なんかできないんだよ!!

 これが近代裁判だよ。

133

 で、日本はサンフランシスコ講和条約締結後、4つの国会決議を行いました。

1952年6月9日参議院本会議にて「戦犯在所者の釈放等に関する決議」
1952年12月9日衆議院本会議にて「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」
1953年8月3日衆議院本会議にて「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」
1955年7月19日衆議院本会議にて「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」

 これらの国会決議を元に日本はサンフランシスコ講和条約11条に基づいて、刑を下した国や極東軍事裁判に代表を出した国の過半数の同意を得た上で当時収監中だったA・B・C級戦犯を全て釈放しました。

 そして更に極東国際軍事法廷で死刑判決を受けて既に処刑されていた人達の名誉も回復して、刑死者としてはなく通常の戦死者としてそれぞれの地位に応じて遺族年金を支払う事にしました。

 だから東条英機の遺族は陸軍大将としての遺族年金を支給される事になりました。

140

 ところで首相の靖国神社参拝は個人か公人か曖昧なままです。
 だから日本国政府の意思或は日本の意思と言えるかどうかは今一つハッキリしません。

 しかし遺族年金の支給は完全無欠な公的行為です。

 つまり日本国が国家意思として処刑されたA級戦犯達は、戦死者であり犯罪者ではないと認定しているのです。

 日本政府が彼等を日本を侵略戦争に導いた犯罪者だと認定していれば、遺族年金の支給なんかあり得ないのです。

 だから本来この意味は靖国参拝などより遥かに重大です。

 もしもサンフランシスコ講和条約が日本に「日本は侵略戦争をした」と言う歴史認識を強制する条約であれば、当然この時、アメリカ始めサンフランシスコ加盟国から猛烈な抗議が来るはずです。

 そしてこの時点でサンフランシスコ講和条約は崩壊していたはずです。

 ところがそんな事にはなりませんでした。
  
146

 日本国政が東条英機始め刑死したA級戦犯を戦死者と認定して、遺族達に遺族年金を支給しても、どの国からも全く抗議が来ないばかりか1954年には日本は国連に加盟する事ができ、完全に国際社会に復帰したのです。

 日本の国連加盟に尽力したのはA級戦犯重光葵でした。
 彼は極東国際軍事法廷でA級戦犯として有罪になり禁固刑を受けたのですが、サンフランシスコ講和条約の締結による上記の国会決議に従って釈放されて、更に公職復帰し、その後外務大臣になったのです。

 その彼が日本の国連加盟に尽力したので、国連本部で加盟受諾演説をしたのはこの重光葵だったのです。

 生きたA級戦犯が国連本部で演説しても抗議する国は一国もありませんでした。 日本は満場一致で国連加盟を果たしたのです。

 ここまで来れば誰が考えてもわかりますよね。
 つまり戦犯とか歴史認識の話なんかここで完全に終わっているのです。

 サンフランシスコ講和条約には、日本に歴史認識を強制するような条約ではないのです。 そんな話は完璧に嘘っぱちなのです。

147

 そもそも近代国家の条約には「歴史認識」のような精神論を相手に強制する物はありません。 これは法律でも同様です。

 「国家は人の心に踏み込まない」これがが近代国家です。

 この原則はウェストファリア条約以降、近代国家に確立しました。 ウェストファリア条約はドイツ30年戦争の末に締結されました。 このドイツ30年戦争は人口が3分の1(一説には人口が3分の1になった)になるような凄惨な宗教戦争でしたが、この時代ヨーロッパではどの国も同様な宗教戦争をやっていたのです。

 そして自国民同志が際限もない血みどろの殺し合いを延々と続けた末に出した結論は、「宗教のような人の心の問題に国家が介入すると、永遠に殺し合いを続けるしかない。 最後の一人になるまで殺し合うしかない。」と言う事でした。

 彼等は血みどろの宗教戦争の果てに「国家が人の心に踏み込む」事の恐怖を理解して、それを防ぐには「国家は人の心に踏み込まない」ことを条約や法律の原則にしなければなないと決めたのです。

 これが近代国家の原則になったのです。

149

 人の心に無暗に踏み込んではイケナイ。
 こんな事は国家とか権力でなくても、個人生活で考えればわかります。

 なるほど自分の信じる正義を他人にも受け入れて欲しいのは皆同じです。 しかしそんな事を他人に要求し続ければ人間関係は破綻します。。

 例え夫婦や兄弟や親子の間でも、踏み込んではイケナイ部分はあるのです。 

 しかし韓国や中国の言う日本への歴史認識の強制は、まさにこの日本人の心へ土足で踏み込む行為なのです。

 一旦条約で解決した昔の話を持ち出して際限もなく「歴史認識」を問い、謝罪と反省を強要する。

 DQNカップルの痴話喧嘩でもここまで愚かしい事はしないでしょう。

 昔の話を何度でも持ちだして「アンタ、あの時アタシを殴ったわね。 アンタ反省してないんでしょう? エッ昨日も謝ったって? でもあれ心がこもってなかったのよ。 だからちゃんと謝ってよ、 それよりちゃんと反省してよ!! 反省してよ!! 反省してよ!! 反省してよ!! 反省してよ!!」なんて言い続ける女とは別れるしかありませんから。

 しかし韓国などこれを祖父母の代までさかのぼってやり続けているのです。 もう別れるしかありません。

189

 自称リベラリストは今必死に「歴史認識」を問題化しようとしています。 このサンフランシスコ講和条約=日本侵略国家歴史認識説もその一つです。 さらに「日中韓で共通の歴史認識を」などと言っています。

 しかし彼等は自分の言ってることがわかっているのでしょうか?

 歴史認識と言うのは歴史の事実とは違います。

 歴史上の事実をどう解釈するかです。 そしてこれはそれぞれの個人の思想宗教信条によって違ってくるのです。

 つまり「日中韓共通の歴史認識を持つ」「サンフランシスコ講和条約で日本の侵略を認める」などの特定の歴史認識を強制する事は、個人の思想宗教信条の自由を侵害する事になるのです。

 これって自称リベラリスト皆さんの大好きな日本国憲法、東京裁判と共にアメリカ様が下賜された日本国憲法違反ではありませんか?
 念のために日本国憲法を貼って置きますね。

第19条 [思想及び良心の自由] 
 思想及び良心の自由は、これを侵(おか)してはならない

第20条 [信教の自由] 
① 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

② 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
③ 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
第21条 [集会・結社・表現の自由、通信の秘密] 

① 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
② 検閲(けんえつ)は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

第23条 [学問の自由] 
 学問の自由は、これを保障する


186

 さて日本の総理大臣や内閣は、これらの諸権利を日本国憲法で保障された我々日本国民が、日本国憲法の定める手続きに従って民主的な選挙で選ばれた国家議員が、これまた日本国憲法の定める手続きによって選びます。

 そして国民は誰だってみんな自分の思想・宗教・心情から見て正しいと思った人に投票します。

 つまり国民の思想・宗教・心情や良心が当然国会議員や内閣やそして総理大臣に反映されるわけです。

 だから国民の考えが変われば政府の考えも変わるのです。 
 これは日本だけではなく全ての民主主義国家の原則です。

 それではこれでどうやって政府や国家の歴史認識を恒久的に規定するような条約を結ぶ事ができるのでしょうか?

 そんな条約はそれこそ憲法違反ではありませんか?

 その憲法違反を自称人権派弁護士達が喚き続け手いると言うのは、実に異様な話ではありませんか?
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2014-02-20 20:01

やっと晴れた

 札幌はこの数か月雪が続きました。 

107

 しかし今日は綺麗に晴れました、

108

 こんな青空は久しぶりです。

111

 そして日も長くなりました。 これで3時過ぎです。

114

 もうすっかり春の光になっているのです。

122

 河原の雪の上に足跡が一杯続いています。

2014y02m20d_192817699

 マガモの足跡です。

2014y02m20d_192855057

 マガモ達は今年も雪の河原に集まっていました。

2014y02m20d_192935809

 ところが橋の上から写真を撮っていると、マガモ達が飛んできました。

2014y02m20d_193002495

 アワワ!!

2014y02m20d_193023707

 オイ!! 写真を撮るんだったら、モデル料寄越せよ!!

 す、すみません。 今日は持ち合わせがないんです。 今度持ってきます。

128

 オマイ前に来た時もそんな事言ってなかったか?

 す、すみません。 本当に今度こそちゃんと持ってきますから。

131

 人間の中にはホントに図々しい奴がいるんだから・・・・・。

2014y02m20d_193300477

 オ~~イ!! 今度こそホントにモデル料を持って来るんぞ!!

 わかりました。

2014y02m20d_193207749

 忘れたら承知しないぞ~~!!

 ハイ、そう致します。

138

 今度ここに来る時にはちゃんとマガモさん達にモデル料を持って行かないといけません。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-02-20 13:24

なぜ脱原発を煽るのか?

さて、田母神候補が60万票獲得したことについて、共産党党首や似非有識者らも「不気味」だの「ネトウヨ」だのと懸念していた。真面に相手するのもアホらしいが、連中は本気で「不気味」と感じている。「田母神支持派の民意」が理解できないからだ。

その心理は論理的に説明できる。人間は、理解できない存在に本能的な恐怖心を抱く。お化け屋敷や肝試しが成立するのは、幽霊や死後の世界といった科学的に立証されていない事象が、人間の理解を超えているからだ。宇宙人も似た様なものだろう。

早稲田大学の大槻教授は、「人魂の正体はプラズマ」と主張して注目された。no-risuは懐疑的だが、プラズマ説を信じた人々は人魂に対する恐怖心が払拭されただろう。人魂の正体を理解したからだ。心霊写真だって、トリックが分かれば誰も怖がらない。

売国左翼のクソ共は、自分たちの思想信条のみが絶対的正論と考える。「こんなに素晴らしい思想に反対する人がいるわけない」、と盲信している。だから、田母神候補への民意が理解できず、理解しようともせず、理解できないから「不気味」と恐怖する。


http://norisu415.blog.fc2.com/blog-entry-1919.html#comment

2014y02m20d_120138892

 これは尊敬するno-risuさんのブログの一節です。 田母神さんの都知事選での得票60万秒を不気味と言った民主党議員の心理を解説して下さったのです。
 
 これは全くその通りなのですが、ワタシはこれを読んで「これって脱原発派の心理と丸っきりおんなじじゃん!!」と思いました。

 脱原発派にも勿論科学的根拠を挙げて脱原発を主張する人は沢山います。 しかし福島第一原発の事故以降から湧いてきた脱原発派の圧倒的多数は完璧に非科学的で、お化けが怖いと全く同じレベルなのです。

 細川護煕の話など完全にカルトのレベルです。

 数日前に私は見たんですけども、ロシアの国防軍が出した極秘資料というものが出てきてね。 それを見たんですが、福島でこないだ暮れに、12月31日だったかな、爆発があったという小さな記事が出ましたね。 その数日前から実は水蒸気が上がっていて『何かおかしい』という話があったのを私も確かに覚えているんですけども」

「あれは完全にメルトダウンを起こしているということを、いろいろ分析をしていて。 それでアメリカはヨウ素を15000袋だっかな、既に2月の始めに配るという手筈を始めたということとかですね、それから、いま北極海とかいろんなところでシロクマ、アザラシ、その他の生物の大量死が続出していると、これはまさにその福島の影響であるということとか。いろんなものが出てきているわけです。これはまあ凄い話だと思いましたね」

「だから、浜岡でもその刈羽でも東海第二でも、こっから100キロか200キロの中にあるわけですよね。だから、それが一発あったら、もうおしまいですよね。これは日本だけじゃなくて、もう世界がおしまいになる。これはそのロシアの報告書にもですね、これはもう本当に人類の危機だと。それで、プーチンも、ええ、それからアメリカの大統領もですね、全部今、報道管制敷いているっていうんです、今、このことについて。ですから、具体的に、ええ、CNNじゃなくて、どこだったかな、の、テレビの、その、メインキャスターも、もうこのことについてしゃべるなという、そういう管制をひいているという話が出ていましたけども。」

つまり要約すれば以下のことを言っている。
「福島では2013年12月にメルトダウンが起こった」
「福島事故の影響でシロクマなど北極海の生物が死んでいる」
「報道管制がしかれている」
「自分はロシア軍の機密情報を読んでいる」
  

 http://blogos.com/article/79257/

2014y02m20d_120313074

 何で馬鹿殿がロシアの秘密資料を見る事ができたの?
 ロシアの秘密裏証はロシア語じゃないの?
 馬鹿殿はロシア語はわかるの?

 放射能の危険性の話以前に突っ込みどころが多すぎてくたびれるような話なのですが、しかし驚いた事に朝日・毎日などの自称クォリティーペーパーは全くこれを問題にしませんでした。

 そしてれらのクォリティーペーパー?御用達の自称知識人達がこぞって馬鹿殿を応援したのです。

 一体これは何なんでしょうね?

 ワタシはこれは正にno-risuさんが仰った「人魂が怖い」の心理ではありませんか?

2014y02m20d_120213064

 実際放射能は不気味なんです。

 何で不気味化と言うと、放射能については普通の人は殆ど知らないからです。 そこそこのインテリでも放射能の話は原爆やチェルノブイリ原発事故の話でしか知らないのです。

 だって放射能の危険に関する話ってそれぐらいしかありません。 だから放射能の危険なんて良くわからないのです。
 
 放射能について知っているのは原爆とかチェルノブイリとかの超おどろおどろしい話だけなのです。

 だから原発事故=放射能=怖いと言うのは、感情的にピッタリ来るのです。

 福島第一原発は軽水炉だから、黒鉛炉だったチェルノブイリとは全然違うとか、そもそも原発と原爆では全く違う、燃料気化爆弾と石油ストーブくらい違うとか言う事は、理性を働かせないと思つきません。

 そこで何も考えなければ「原発=事故=放射能=原爆症=死ぬ」と言う感覚だけが暴走する事になります。

2014y02m20d_120337648

 一方人間は常日頃身近にある危険には無頓着になります。 例えばワタシは平気で石油ストーブを使っています。
 石油ストーブによる火災は毎年何十件も起きて、死者も随分出ているのですが、それでも平気で石油ストーブを使っています。

 自動車だってそうです。 ワタシは実は一度自動車にはねられた事があるのですが、しかしそれでも平気で自動車が走り回る道を歩いたり自転車で走ったりしています。

 交通事故を起こして自動車の運転を止める人はいても、交通事故に遭ったから自動車の走る道へ出るのを止める人はいないでしょう?

 しかし毎年数千人の人が自動車事故で死んでいるのです。

2014y02m20d_120233756

 日頃脅かされている危険には無頓着でも、未知の危険は闇雲に怖い。

 これは人間の心理だと思います。

 脱原発ヒステリーは正にこの心理その物ではありませんか?

 そしてこれと同様なのが反オスプレイ騒動です。 オスプレイが「未亡人製造機」などと言われたのは、開発段階での話で、現在飛んでいるオスプレイは実は普通のヘリコプターより安全です。

 開発段階の事故を問題にするなら、プロペラ機が一番危険な乗り物です。

 しかしそんな事実には一切お構いなしにオスプレイ危険説を唱える事が出来るのは、これが殆どの日本人にとって未知の飛行物体=UFOだったかです。

 なるほどUFOが来るとなれば不安ですよね。

2014y02m20d_120416340

 本来であれば高学歴者や知識人こそが、こういう未知の物に対する迷信的な恐怖を持つ人々に正しい知識を与えて、その蒙昧的な恐怖を払ってやるできなのです。

 専門家でなくても一定の知識や知力のある人には、オスプレイも原発もある程度の理解はできるのです。

 原発にせよオスプレイにせよ、高校の物理程度の知識があれば、誰でもわかるような解説は電力会社や原子力関係機関や米軍が出しています。

 そう言う物をきちんと読んだ上でそででもその問題点を突く意見があるなら、そう言う意見は勿論真面目に考えるべきです。

 しかし現在の脱原発や反オスプレイを喚く人達は、そう言う事を一切拒否しています。

 しかも彼等は随分な高学歴で知識人を自認しているのに、無恥な人々を啓蒙するどころか、自分達が率先して迷信にハマっているのです。

2014y02m20d_120444628

 それでは彼等は何でせっかくの高学歴を生かさないで変わりに原始人のような迷信的恐怖を喚くのでしょうか?

 一つは彼等が学歴は立派でも、本来の知性は持っていないからでしょう。 つまり幾ら高校で物理を習って良い成績を取っていても、原発事故が起きた時にその知識を使って問題を考えると言う発想がないのです。

 彼等にとって知識は唯学歴を飾る為の装飾品で、使う物ではないのです。

 もう一つはこのように短絡的、感情的に騒ぐことで国民を扇動する事で権力を得られる、或は憎い現政権を倒せると信じているからでしょう。

 またマスゴミについていえば、サヨク思想以前に彼等はちゃんと自分の責任を持って何かを説明すると言う事が嫌いなのです。
 面倒な事を説明するよりも、安直に感情に乗っている方が何かとラクチンなので、感情のままの記事を書くのです。

 そしてマスゴミもまた自称知識人達もまた脱原発政治家達も、皆国民は愚かであると信じているので、国民は未知なる物屁の迷信的恐怖に囚われていると信じて疑わないのです。

 だから未知なる物への迷信的恐怖を煽る事で、国民に迎合できると信じているのです。

 でも一般国民は学歴に掛けては彼等に遠く及ばなくても、彼等よりは余程健全な理性を持っているのです。 だから原発事故が起きた当初は不安心理に囚われていても、時間が経てば冷静を取り戻すのです。

 そして際限もなく原発への不安だけを煽り続ける人間達の胡散臭さに気付くのです。

 これが原発推進派田母神候補60万票の根源ではないでしょうか?
  1. 原発
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-02-19 20:39

民主党には不気味な世論 

田母神氏支持の世論「不気味」 民主・小川淳也氏が発言

民主党の小川淳也衆院議員が19日の衆院予算委員会で、東京都知事選で60万票余りを獲得した田母神俊雄氏について「特異な主張をしていた候補だと私は見ていたが、相当数の得票を得た。世論の一定の支持があることを大変、私は不気味に懸念し心配している」と発言した。

 麻生太郎副総理は答弁で「『不気味』という言葉を訂正するつもりはありませんね」と2回繰り返して、発言を撤回しないか確認した上で、「私は不気味には感じませんでした」と小川氏に反論した。

 田母神氏は自衛隊出身で、2007年の第1次安倍政権で航空自衛隊トップの航空幕僚長に就任したが、08年の論文で「我が国が侵略国家だったというのはぬれぎぬだ」と主張したことなどから更迭。都知事選では、首都直下地震への対応や子育て支援策の強化なども訴えた。

http://www.asahi.com/articles/ASG2M424BG2MUTFK003.html


 
 民主党の政治姿勢が良くわかる質問です。

 民主党にとって田母神さんの支持者が多い事は不気味なのです。
 
 それは当然だと思います。 民主党は元々旧社会党と自民党金権派が野合してできた政党でしたが、しかし小沢一郎が脱落してからは、完全に社会党に戻りました。

 だから田母神さんの支持が増えるのは不気味でしょう。

 彼等にすれば田母神さんは右翼なのです。

 しかし田母神さんは本当に右翼でしょうか?
 実はワタシは先日これに関するエントリーを行いました。

 するとこんなコメントを頂いたのです。



 田母神さんの政策は都内の中小企業の経営者達の求める政策とぴったり合致します。これら中小事業者はかつての自民党の基礎票の部分ですが、小泉構造改革でさんざん虐められ、さらに民主党には首を絞まられたので、多くは「支持政党無し」になっています。もう、自民党に事務所を貸したり、選挙のために社用車を貸したりしなくなりました。自民党の政策は相変わらず新自由主義ですので、これが旧来のものに変わらない限り積極的な応援はしないでしょう。

 そのため今回も東京の自民党は創価学会の票に頼ることになり、それでは足りないので連合の組織票をプラスしたわけです。旧来の自民党支持者ならゾエには投票しないのです。

 田母神さんの政策はおっしゃるとおり欧州ではリベラルで、実は旧来の自民党の政策に近いものでした。ですから政策が広く知られたら多くの支持を集めるはずでした。そこでマスコミは報道しない自由を駆使したわけです。ネットの支持にプラスして、この鉱脈を掘り当てたら結果は大きく変わっていたでしょう。

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-4500.html#comment

 ワタシも全くこの通りだと思いました。

 都知事選の候補者の討論会を見ていて田母神さんの言う事を聞いていると、本当に古い自民党そのままなのです。 

 本当に古い日本が高度経済成長をしていた時代の自民党の政策、池田隼人などの時代の自民党の政策と全く同じ事を訴えたのが田母神さんでした。

 日本の高度経済成長といのは経済成長率の高さも驚異ですが、しかしもっと驚異的なのはあれほど急激な経済成長を行いながら、貧富の差が拡大するどころかドンドン縮小していった事です。

4663.gif
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/4663.html

 60年代初頭からのデータしかありませんが、高度経済成長は1954~73年の間の時代をさします。 この間に日本は敗戦国から世界第二位の経済大国になりました。

 90年代から続いた中国の経済成長も成長率では高度経済成長当時の日本と同様ですが、しかし共産主義国家中国の所得格差が天文学的に膨らみ続けたのに対して、日本の場合はドンドン縮小していったのです。

 つまり高所得層の所得は殆ど増えなかったけれど、低所得層の所得がドンドン増えて「一億総中流階級」と言う社会になったのです。

 実はワタシは1954年生まれなので、まさに日本の高度経済成長と共に成長したのですが、子供の頃を思い出しても、全てが豊になっていく時代でした。

 例えばワタシが小学校へ上がる頃は、自家用車は極少数の大金持ちだけが持つ物でした。 しかし小学校を卒業する前には殆ど家庭が自家用車を持つようになっていました。

 中学生になった頃、海外へ行けるのは、大金持ちか特別なエリートだけだと思っていました。 しかし高校生になる頃には農協はパリやロンドンへ団体旅行をするようになっていました。

 それまで特権階級だけの贅沢と思われた物が、ドンドン普通の庶民の物になって行った時代です。

 この間に国民皆保険制度、国民年金制度などの福祉政策も充実してゆきました。

 この経済成長によって、社会主義革命を起こすと言う社会党の夢は潰えました。 だって富再配分が見事に成功して、国民が平等に繁栄を満喫しているのに、社会主義革命なんか誰も相手にしませんから。

 勿論現在の日本は高齢化や高所得化=高コスト化などの問題を抱えていますから、いくら高度経済成長期と同様の政策を取ったからと言って、10%強の高度経済成長を実現するのは無理でしょう。

 しかしバブル崩壊後、ひたすらこの路線を否定し続けた事の結果は、失われた20年です。 だからこれをもう一度考え直すべきではありませんか?

 少なくとも社会党の後継者が「不気味」と言うぐらいですから、大変価値のある政策ではないかと思います。
  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-02-18 18:46

戦争に巻き込まれるメリット 集団自衛権

 安倍総理は何とか総理在任中に集団自衛権を確立したいようです。 そしてこれに対して公明党と野党、そして自称リベラリスト達が大反対しています。

 集団自衛権を認める事によって、日本がアメリカの起こす戦争に巻き込まれると言うのです。

 この話は遠い遠い昔から、ワタシがまた若く美しかった?1970年代以前から、ここで止まっていました。

 そしてその頃はベトナム戦争に際中であり、集団自衛権を認めている普通の国々は、アメリカに協力してベトナムに兵士を送っていました。

 それらの国々はその後も、アメリカが起こす戦争に付き合って、自国の軍隊を戦場に送り続けました。
 
 特に付き合いが良いのはイギリスです。 イギリスは今もアメリカに付き合って、アフガニスタンで戦っています。
 そして王子様までが従軍したのです。

 当然これらの国々からは沢山の戦死者が出ているのです。

2014y02m18d_173720764

 一方日本は憲法9条があり、集団自衛権を認めて来なかったので、これらの戦争には一切参戦しないで済みました。

 だから自衛官の方達が戦死戦傷しないで済んで来ました。

 また自衛官が他国の兵士を殺すと言う事もしないで済みました。

 道義的はこれは全く素晴らし事です。 だからこの状態が永遠に続けられるとしたら、集団自衛権は認めない方が良いでしょう。

 しかしそれにしても日本以外の国々は何であんなに付き合いが良いのでしょうね?

 幾らアメリカの同盟国だからと言って、直接自国の防衛に関係するわけでもないような戦争に自国の若者を送る必要はないじゃありませんか?

 ワタシはこれをずうっといぶかしんで来ました。

2014y02m18d_173817529

 でも数年前、たまたまYou Tubeで戦車の動画を見て居た時こんな解説があったのです。

 「イギリスの〇〇戦車はこれと言って目立つ性能は無く特に注目されていなかったが、湾岸戦争に参戦した時に、装甲が頑丈で被弾しても乗員に全く被害が出ない事がわかった。 これで一気に注目されて、世界各国に売れるようになった。」

 それでワタシは初めて、多くの国がアメリカの戦争に付き合う理由がわかったのです。

 戦車にとって装甲は非常に重要ですが、しかし普通に性能を並べたらスピードや武装に目が行きます。 装甲の重要性は被弾して初めてわかるのです。

 勿論戦車を開発する時に、装甲の強度はテストするでしょう。
 
 それでも単なるテスト結果と実戦での結果では、重みが全然違うのです。

 戦車だけではないでしょう。 どんな兵器でも幾ら演習や性能試験のテストを重ねても、戦場で実際に使って見なければ、本当に能力はわからないのです。

 戦場で実際に使って思いがけない欠陥や問題点が出る場合もあるでしょう。

2014y02m18d_173849665

 そしてそれは兵器だけでなく、兵士の訓練の仕方や指揮命令系統、補給ラインなども実際に戦場に出て初めてわかる問題が沢山あのではないでしょうか?

 さらに実戦と演習ではもっと深刻な違いもあります。

 地政勢学者奥山さんのブログが自衛隊のセミナーに参加された時の事として、にこんな事が書かれていました。

 
興味深かったエピソードとしては、たとえば今回の震災後の遺体収容のノウハウについて。

海の現場レベルでは、実はスマトラ沖自身での遺体収容作業の体験が非常に役に立っており、これが活かされたとか。

どういうことかというと、遺体収容の際に船の全員が遺体を生で見てしまうと精神的ショックが大きいので、遺体収容を行うのは小舟に乗った数人だけの専門の係の人間だけにしておき、彼が海に浮いている遺体を発見して小舟の上に収容したらすぐさま遺体用のバッグ(←数が少ないのですぐなくなった)や毛布にくるみ、それを大きな船のほうに収容する段取りにしたとのこと。

こうすれば大きな船のほうで仕事をしている乗組員たちにとっては遺体はたんなる毛布のまとまりであり、腐ったり白骨化したものをみなくてもよいわけです。

このやりかたをマスターしていたスマトラに派遣された人々は、海の実力組織の現場のレベルでこのやり方を共有したそうで、それが今回の震災の時に活きたとか。

日本の実力組織の現場レベルの柔軟性がよく発揮された好例であると感じた次第です。

 http://geopoli.exblog.jp/21998020/

 
 津波で亡くなった方の遺体を見る事は、自衛隊員にとっても大変なショックなのです。 これを読んでワタシもショックでした。

 でも自衛隊員の方達だってワタシ達と同じ人間です。 無惨な姿になった遺体を見ればショックで精神的に参るのです。

 だって自衛隊員の方達だって、災害の遺体収容作業でもない限り、実際に人の遺体を見る事はないのですから。

 幾ら厳しい戦闘訓練をしても、訓練では死体はないのです。

2014y02m18d_173911325

 だったら戦場では?

 戦場では自分が敵を殺さなければなりません。 自分が憎んでいるわけでもない、恨みも何もない相手でも殺さなければなりません。

 だから戦争は悲惨なのです。

 しかし悲惨だからと言っても避けられないのが戦争なのです。

 だったら兵士が実際に戦場で人を殺し、その遺体を見たら、或は自分の仲間が殺されて遺体になるのを見たら、そう言う事が日常的起きる状況下で、どうやって兵士達の精神の健康を管理して、士気を保てるかも考えて置くしかないのです。

 結局そのためには実際に戦場を経験して、ノウハウを積むしかないのです。

 自衛隊がインド洋大津波の救援の為に、インドネシアに行った事は東日本大震災の救援ノウハウを得る事に役立ちました。

 去年フィリピンの台風被害の救援に行った事でも、イロイロと役立つ事を学んだでしょう。 あの時はアメリカ軍がオスプレイを投入しましたから、オスプレイの能力を間近に見る事ができたはずです。

2014y02m18d_173931577

 では本当の戦争では?

 本当の戦争で必要なノウハウを学ぶには、結局本当に戦争に出るしかないではありませんか?

 勿論そうすれば自衛官からも戦死者が出るでしょうし、また自衛官が人を殺す事にもなります。

 でもそれで自衛隊の様々な問題を炙り出して解決する事ができます。
 兵器の改良もできます。 

 しかもアメリカのお付き合いの戦争ですから、負けても日本が本当に危険になる事はないのです。
 つまり練習試合ができるのです。

 しかしそう言う実戦を全く経ないまま、本当に日本が防衛戦を行うハメになったら?

 本土に上陸した敵を迎え撃つ時になって、兵器の欠陥が出てきたらオシマイです。
 幾ら指揮命令系統が実戦に合わないとわかっても、本土防衛の最中ではそれを変えるどころではありません。

 集団自衛権を拒否して、同盟国の戦争にも付き合わないで、専守防衛だけに徹すると言う事は、一切練習なしのぶっつけ本番だけに日本の運命を掛ける事になるのです。

 考えてみればこれほど恐ろしい話も無いのです。

2014y02m18d_174011687

 だからそんな恐ろし事を防ぐためにも、他の国々はこまめにアメリカの戦争に付き合っているのではないのですか?
 
 幾ら自国兵に実戦経験を積ませたいと言っても、それだけの理由で他国と戦争をするわけにはいきません。 だから同盟国アメリカが誘ってくれるなら、渡りに船とばかりに付き合って戦場に兵士を送るのではありませんか?

 それで自国兵に実戦経験を積ませて、アメリカに恩も売れるなら一石二鳥です。

 勿論これは人の命が地球よりも重いと言う倫理から言えば不道徳極まりない話です。

 でも多くの国にとって、現実の自国の防衛の方が、そんな道徳より遥かに大切なのです。 

2014y02m18d_173950966

 ソクラテスは「悪を為すよりも、為された方が良い。」と言いました。
 キリストは「汝右の頬を打たれたら、左の頬を差し出せ。」と言いました。

 勿論これらは個人の道徳としては大変立派です。
 だから個人的に暴力に暴力で抵抗しない人は心から尊敬します。

 しかし自分個人の為に非暴力を貫くのは立派でも、自分の家族や友人を守る為に戦う事をしないのが同様に立派と言えるでしょうか?

 国家を守ると言うのは、自分の家族や友人を守る事です。

 それを考えれば「戦争は悲惨だから絶対参戦はしない」と言うだけで思考停止が本当に良い事なのでしょうか?

 戦争は悲惨だし、自衛官の方が戦死するのは見たくありません。

 しかし本当に大量の自衛官が戦死して日本が破滅しない為には、恐ろしい事でも辛い事でも正面から考え直すしかないのではないでしょうか? 

2014y02m18d_192841517

 今日2チャンにこんなスレが経っていました。

 【話題】 自衛隊の兵器&装備は欠陥品だらけだった!
 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1392686974/

 ワタシはミリオタじゃないので、この記事の真偽はわかりません。
 
 しかしこの記事がインチキであったにしても、自衛隊は一度も実戦経験のない軍隊なのです。 実際に戦争になれば、演習ではわからなかった問題や兵器の欠陥は必ず出てくると思います。

 それが致命的な物でないと言う保障もないのです。

 本土決戦の最中に自衛隊の致命的な欠陥が明白になっても、その時はもうどうする事もできないのです。
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(8)