2013-10-30 15:13

国家と民族の違いが判らない法政大学教授

ヘイト・スピーチは「誰が日本人でないか」を強調する。しかし逆に「日本人とは誰か」について語ることは少ない。日本人とは日本人でない者を定義することによって確かめられているとも言える。そこでは、そもそもいわゆる「日本人」自体に多様性があるのではないか、という論点に関する問題意識は薄い。網野善彦の言葉を借りれば、日本を強調しているにもかかわらず、そこで語られているのは「なんとなく日本人、いつまでも日本人」(『日本社会の歴史(上)』岩波新書、ii頁)という日本人像でしかないのである。
http://synodos.jp/society/5917/3

128
 
 ソースがやたらに長いので全文は貼りませんが、これは法政大学の法学部の教授が「ヘイトスピーチ」について書いた文章です。

 ちなみに彼の「ヘイトスピーチ」に関する情報源は安田浩一の在特会に関する本だけで、それ以外は一切しらべていないようです。
 
 また安田浩一がどういう立場の人間であるかも知っているかどうかわかりません。

 それにしても呆れるのだけれど「「日本人とは誰か」について語ることは少ない」って何でしょうか?

 この教授先生によれば在特会のデモや街宣は「ヘイトスピーチ」のようなので、その事だと思いますが、しかしデモや街宣で自明の事を語るって在特会でなくても稀でしょう。

 そしてこれは何でしょうか?

そもそもいわゆる「日本人」自体に多様性があるのではないか、という論点に関する問題意識は薄い。網野善彦の言葉を借りれば、日本を強調しているにもかかわらず、そこで語られているのは「なんとなく日本人、いつまでも日本人」(『日本社会の歴史(上)』岩波新書、ii頁)という日本人像でしかないのである。

 この細野善彦と言う人が何を根拠にこんな事を言って、この法政大学教授氏が何を根拠にこれを信じているのかわかりません。

145

 ワタシは在特会の会員ですから、自信を持って明言しますが、在特会にとって日本人の定義は明確です。

 在特会にとって「日本人とは日本国籍を持つ人」です。

 だからネットで良く言われるように在特会の会員には、朝鮮・韓国から帰化した人がいますが、彼が街宣中にその事を明言しても誰も彼を会から排除しようなどとはしませんでした。

 そして「日本人とは日本国籍を持つ人」と言う定義は、別に在特会が特別なのではなく、むしろ世界中の政府機関の自国民の定義です。

 世界中どの国も「自国民とは自国の国籍を持つ人」です。

 どの国もこの定義に基づいて自国民と外国人とを区別し、出入国管理その他の全ての法的な処理を行っています。

 ところが大変驚いた事に、この法政大学教授氏(しかも法学部教授!!)にはわからないようです。

201

 と、言うのはこの続きにこんな事が書いてあるからです。

日本における多文化主義と多文化共生

この問題は、日本における多文化主義の受容という問題にも関わっている。多文化主義は、カナダの多文化主義政策や米国の多文化教育、ヨーロッパの移民政策など、国家内のさまざまな民族集団に注目し、平等な処遇を実現しようとする政治動向として展開してきた。近年では、一定の政策対応が定着する一方で、「多文化主義の失敗」が論じられるなど揺り戻しも見られる。今後多文化主義がどのような道をたどるかの予測は難しいが、いずれにしても日本において特徴的なのは、多文化主義の失敗以前に、そもそも多文化主義がこれまでほとんど注目されてこなかったということである。


185

 自称進歩的知識人の大好きな多文化共生です。

 しかし日本の「在日」つまり特別永住許可を持つ韓国人や朝鮮人と、カナダやアメリカやヨーロッパでの移民問題とは根源的に違うのです。

 カナダもアメリカもヨーロッパの移民も、彼等はカナダ国籍、アメリカ国籍、そしてヨーロッパの居住国の国籍を持っている人を前提にした自国民の多文化問題です。
 
 けれど在特会が問題にしているのは、多文化なんかではありません。
 特別永住許可と言う民主主義国家としてはあり得ない特権を付与された外国人の問題です。

 カナダもアメリカもヨーロッパも移民を受け入れていますが、しかし在留許可を世襲できる、凶悪犯、或はスパイ活動をしても強制送還されないなどと言う異常な権利を特定の外国の人間だけに認めるなどと言う事していないのです。

172

 また積極的移民を受け入れている国は、移民を受け入れる事での利益を追求します。 そして移民は将来帰化する事を前提に兵役等の義務を課します。

 例えばアメリカで永住権を取る為には徴兵登録が必要です。

 日本の富裕層に人気の移民先シンガポールも「子どもが成長して17歳になれば、シンガポールでは外国人永住者にも兵役の義務が課せられます」

 逆に言えば自国に忠誠を尽く意思のない外国人の永住など認めないのです。 
 兵役と言う国家への忠誠義務の踏み絵を踏ませる事で、自国への不利益を働くような外国人は排除するのです。
 
 一方進んで兵役に応じるような外国人なら、永住権を与えやがて帰化を認めても問題はありません。

 これは国家が国民の生命と財産を守る為に存在する事を考えれば、国民の安全を守る為に当然必要な処置です。

  222 

 つまり日本以外の国で言う「多文化共生」とこの法政大学教授氏達、日本の自称進歩的文化人の言う「タブンカキョウセイ」は根源的に違うのです。

 日本以外の国で言う多文化共生は、自国民同志の話です。

 世界中の国の殆どは多民族国家です。 実は世界中でホントの単一民族国家と言うのは、韓国と北朝鮮ぐらいです。

 移民国でなくても世界中の国は皆、国内に幾つもの民族を抱えているのです。 
 そう言う中で多文化共生と言うのは当然の話です。 そうでなければジェノサイトになります。 そしてそれを放置すれば内戦になってしまいます。

 だから多文化共生と言うのは絶対必要なのですが、それはあくまでも自国民同志が民族や文化の違いを超えて、一つの国民としてお互いを認め合って仲良くしよう、そうする事で全て国民の利益を守ろうと言う話です。

 ところが日本の自称進歩的知識人は、この民族と国籍の問題を意図的に無視して、外国人に自国民と同じ権利を与える事を「タブンカキョウゾン」と言うのです。

 これはもう民主主義国家の存在意味を全く理解していないとしか言いようがありません。

188

 前にも紹介しましたが太平洋戦争勃発直前、東条英機はアメリカ日系人の若者達に手紙を書き「君達はアメリカ国民だからアメリカの為に戦いなさい」と言いました。

 東条英機は敗戦を招いた総理で軍人ではありますが、しかし民主主義国家における国民の意味は、今の日本の自称進歩的知識人などよりも遥かに明確に理解しており、その理念を守っています。

 民主主義国家は国民の生命と財産を、自由と人権を守る為に存在します。 だからそれを守る為に最大限の努力をするのです。
 
「寛容」とか「タブンカキョウゾン」なんて妄想で自国民の利益を危うくする国家など民主主義国家ではないのです。

 ところが戦後グローバル時代に生れた地球市民は全然それがわからないのです。
 
 尤もそれは当然かも知れません。 この世に地球市なんて市はありません。
 最初から妄想世界の住人なのですから。

 
 
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-10-30 12:47

パフェを食べに行く その2

 一昨日は陰気な曇天と言う悪天候にめげずに六花亭にパフェを食べに行きました。

 117

 家を出た時は小雨がぱらつくような怪しい空も、北海道神宮を参拝している間に少し回復しました。

 147

 先週来た時から紅葉は遥かに進み、神宮の境内は華やかな色彩で一杯です。

 214

 地面には金色の落ち葉が厚く積もっています。

 173

 見上げればバロック絵宮殿の天井のような華やかさです。

 279

 簡素で清楚だった北海道神宮が、豪華絢爛になっています。

 273

 境内はベルサイユ宮殿のようにキンキラキンなのです。

 272

 雲が流れて光が差し込む度に黄葉は燦然と輝きます。

 187

 そして時々青空が現われます。

 153

 参拝を終わって裏参道を鳥居を出ると、また空が晴れました。

 155

 円山も全山黄葉していました。

 292

 さてこうして参拝も無事に終わったので、六花亭に行ってパフェを頂きました。 天気が今一なので空いていました。 天気が良いと平日の昼間でも結構混むけれど、幸いこんな天気では北海道神宮の参拝客も少ないので、六花亭も空いているのです。

 「美味しかったか?」ですって?

 勿論です。 別に六花亭のステマをする気はないけれど・・・・。 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-10-30 12:13

これじゃ売れるわけがない 毎日新聞

発信箱:特ア?=布施広(専門編集委員)

毎日新聞 2013年10月30日 00時26分


 ちょっと面食らった。「特アとの関係は重要ではない」。意見感想欄にそう書いてある。ご存じだろうか。特ア(特亜)は特定アジアの略で、具体的には中国、韓国、北朝鮮を指す。反日感情の強い3国を冷ややかに隔離するように、ネットなどで時々見る言葉だ。

 今月初旬、ある大学でアンケートをさせてもらった。偏差値的には超難関の国立大だが、誤解や先入観を避けるため大学名は伏せる。回答者は約90人。調査結果を見ると、「特ア」のような意見感想は例外的とはいえ、学生たちは近隣諸国、特に日中関係の改善に悲観的だ。「今後50年、中国とうまくやっていけるか」との問いに「非常にうまくやっていける」と答えた人は皆無。6割以上が「関係悪化」「険悪に対立」と答えている。

 また、「集団的自衛権を認めるべきだと思うか」との質問に、「思う」と答えた人は55%、「思わない」はわずか13%だった。「行使を認めるべきか」と聞く方が正確だが、出題ミスとも言えまい。ちなみに毎日新聞の8月の世論調査では、「思わない」が53%を占めた。タカかハトかといえば、エリートと呼ばれる学生たちはタカに近い。

 なんでかな、と別の大学の男子学生に聞いたら、「学生はネットを見たりして自分の好きな情報をどんどん取り込む。だから考え方が一面的に、急進的になる傾向があるのでは?」とのこと。なるほどと感心したが、知識欲が旺盛でも一面的になるとは限らない。若者を引き付ける「左」の論客が「右」に比べて目立たず、影響力が弱いことこそ根本的な問題ではなかろうか。
 ともあれ隣人は大切にしたい。右でも左でもいいが、特アなんて悲しい言葉だ。


http://mainichi.jp/opinion/news/20131030k0000m070110000c.html

051

 偏差値の高い大学の学生はタカ派が多い。 これは別に不思議でもありません。
 
>誤解や先入観を避けるため大学名は伏せる。

 しかしねえ何で大学名を出さないのでしょうか?
 大学名を出すとどういう誤解や先入観がでるのでしょうか?

 今さっきワザワザ毎日新聞に電話を掛けて聞いたのですが、全く要領を得ません。 またこのアンケートなるものがどういう性質のものかも全く説明がありません。

 そもそもアンケートと言うのは、いつ、何処で、誰が、何の為にしたか、どのような設問をしたかが明確でなければ意味がありません。

 またその結果もきちんと数字で示さなければ意味がありません。

 こんな事は小学生でもわかるはずです。 小学生が夏休みの自由研究で、場所も参加者も設問も示さないで「アンケートをやりました。 こんな結果になって朴は哀しいです。」なんて言ったら、先生から「君ホントにそんなアンケートをしたの? インチキやっちゃダメだよ!!」って言われちゃいます。

075

 統計の初歩は小学校の高学年で習います。
 それを覚えて居れば、幾らなんでもこんなお粗末な記事は書かないでしょう。
 
 こういうのを見ると、新聞が延々と「日本は貿易立国」とか「増税しないと財政破綻する」とか「犯罪が増えた」とか書きつづけた理由がわかります。

 ワタシ達一般国民が様々な統計資料を見る事が出来るようになったのは、ネットが出来てからですが、しかし新聞社は創業当初からこのような資料を見る事はできたのです。

 しかし幾ら資料を見る事ができても、記事を書く人間が小学生以下ではね。

084

 しかしその小学生以下のアンケート結果を新聞に掲載して購読料を取るから凄いです。

 こんなんだから購読者が減るのです。

 そりゃあ昔々は新聞以外に一般人が日本の内外の出来事を知る方法はありませんでした。 テレビが普及してからも株価や天気予報やテレビ番組表見る為には新聞は必要でした。

 だからどんなに粗悪な記事を書いていても売れたでしょう。 
 けれど今ではそんな物ネットでもテレビでも見られます。

 だったらこんな小学生の自由研究以下の記事を読むために新聞を買う必要がどこにあるでしょうか?

070

だから考え方が一面的に、急進的になる傾向があるのでは?

 何を基準に急進的と言っているのですか?
 
知識欲が旺盛でも一面的になるとは限らない。 

 集団自衛権を認めたり、中國との関係改善に悲観的だと、何で一面的なのでしょうか?
 
若者を引き付ける「左」の論客が「右」に比べて目立たず、影響力が弱いことこそ根本的な問題ではなかろうか。

 「スターリンは人類の希望」「北朝鮮は地上の楽園」「文化大革命万歳!!」何て煽り続けたのが「左」の論客です。
 ホントはこんなモノは「論客」なんかではカルトの宣教師化詐欺師と言うべきなのです。

 それなのに何でこんな連中が若者に影響力がないのが「根本的な問題」なんでしょうか?

 毎日新聞って一応中立公正がモットーだったのではありませんか?

>特アなんて悲しい言葉だ

 自分が特亜を好きだってだけでしょう?
 妄想とセンチメンタリズムから・・・・・・。

2013y10m29d_100555781

 ようするにこれって新聞記事なんて言える物じゃなくて、唯の馬鹿左翼の愚痴なのです。 60年代から70年代に流行った反戦平和思想(実は反米共産主義礼賛妄想)を入れたまま化石化した脳で生きている人間の嘆きです。

 新聞記者と言うのは仕事柄、一般人以上に様々な情報も得られ、また文章を書く機会も多いはずですが、脳が化石なのですからどうしようもありません。

 現実の社会が見えないばかりか、小学校の算数で習ったはずの統計の初歩も忘れてしまい、その上作文の下手と言う無惨な事になるのです。

 これじゃブログを書いても、アクセスする人は僅少でしょう。 それを購読料を取って売ろうと言うのだから図々しいにも程があります。

 これじゃ新聞が売れるわけはないのです。
  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2013-10-29 11:15

パフェを食べに行く

 昨日は雨の降りそうな怪しい天気でした。

 053

 それでもワタシは頑張って北海道神宮まで行ってきました。

 078

 出発直後には雨がパラついてビビりましたが、それでも神宮へ着く頃には日が射してきました。

 081

 心細く頼りない限りの光だけれど、それでもこの時期としては雨にならないだけ大出来です。

 098

 それで何でこんな日にワザワザ北海道神宮に行くかと言うと・・・・・。

 164
 
 先週妹が我が家に来たのですが、その時お土産にマロンシャンテリー他栗のお菓子を持ってきてくれたのです。

 113

 皆凄く美味しかったのですが、特にマロンシャンテリーが美味しかったです。

  115

 そして妹は「六花亭にこのマロンシャンテリーと同じマロンパフェがあるけれど、10月下旬でオシマイなる」と言うのです。

 125

 それでは急いで六花亭に行かなくてはなりません。

 142

 ところがそれから雨ばかり降って、全く遠出ができませんでした。

 131

 しかし昨日ようやく天気予防に雨マークが無くなったので、出かけたのです。

 133

 けれど六花亭に行くなら、勿論北海道神宮に参拝しなければなりません。

 136

 こんなふざけた理由の参拝でも本殿には神々しい光が満ちて居ました。
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-10-29 00:01

ナナカマド

 自転車で北海道神宮に向かいました。

 018

 神宮へ向かう道の並木は全部ナナカマドです。

 2013y10m28d_234216062

 ナナカマドも紅葉が進みました。

 024 

 しかし一本、一本、色合いが違います。

 028

 札幌市は並木を植える時に、全部同じ植木屋から同じ苗を買ったと思うのですが、でも紅葉の色も実の付き具合も様々です。

 029

 それぞれの木がお互いに自分の紅葉こそが一番と張り合っているようです。

 2013y10m28d_234529428

 それでこちらも「これは!!」と言う木があると、つい自転車を止めて写真を撮ります。

 021

 しかし到底全部は撮れません。 

 155

 写真を撮られなかった木はきっと怒っているでしょう。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-10-28 20:38

日本海海戦 アルゼンチン観戦武官の報告

 日本海海戦で活躍した戦闘巡洋艦日進には、アルゼンチン海軍から派遣された観戦武官が乗船していました。
 その観戦武官マルエル・ドメック・ガルシア大佐は、アルゼンチン海軍に日本海海戦ならびに日露戦争に1700ページにも上る詳細な報告書を提出していました。

 しかしなぜ日本の軍艦に遠いアルゼンチンの海軍軍人が乗船していたのでしょうか?
 そして彼は何を見たのでしょうか?

 you tubeで偶然見つけた動画ですが、とても良い動画でした。
 お暇な方は是非ご覧下さい。

 もう一つの日本海海戦 
 

 

 

 

 ちなみにこの動画で紹介された本はこれです。

 日本海海戦から100年 マヌエル・ドメック・ガルシア著 鷹書房

 札幌市の図書館の蔵書検索を掛けると出てきました。
 ラッキ~~♪

https://www.library.city.sapporo.jp/licsxp-opac/WOpacYoyCartBackAction.do

 ネットで貸出予約をしておきました。 だから札幌市内の方は、ワタシが読み終わってから借りてください。
 ちなみに現在札幌市内の図書館は全部オンラインで繋がり、市内の図書館全ての蔵書が検索できて、ネットで貸出の予約ができます。

 そして予約した本を、所蔵の図書館まで借りに行かなくても、自分の指定した図書館や地区センターに届けて貰う事ができます。 返却も自分の都合の良い図書館や地区センターにできます。

 新刊書以外は1~2日で届きます。 だからアマゾンより早いです。
 
 図書館も借り手の多い本を選びます。 また図書館に購入希望書をリクエストする事もできます。
 左翼のリクエストや借り手が多いと、図書館にはその手の本ばかり並ぶ事になります。

 だから皆さんも頑張って図書館を利用しましょうね.
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-10-27 15:55

創価学会に感謝した話

 ワタシは創価学会は大嫌いだし、何とかして自民党には創価学会と手を切って欲しいと思っています。

 しかしそれでも一つだけ創価学会に感謝している事があります。
 それはワタシの嘗ての友人の事です。

 彼女とはお互いに20代の半ば頃、バイト先で知り合いました。

 彼女は良い家のお嬢様で、その頃は大変上品で優雅な美人でした。 その上美声(有名音大の声楽科卒)でした。
 そしていかにもそう言う見かけに相応しい、優雅でおっとりとした性格でした。
 
 それで彼女と一緒にいると、ワタシも大変優雅な気分になれたので、仲良くしていたのです。

032

 彼女は30代になって間もなく、エリート銀行員と結婚して東京へ行きました。
 
 それで彼女に会うのは年に一度か二度、彼女が札幌に里帰りした時だけになりました。 

 彼女が結婚してから彼女に会うと、彼女は延々とご主人とその親族に関する愚痴をこぼしました。 しかしワタシは特に気にせずにその話を聞いていました。

 そりゃあ、年に一度ぐらいイロイロ溜めていたストレスを解消したくなるでしょう。 札幌のワタシに幾らご主人の悪口を言っても、御主人の知人に伝わる事は絶対にありえないので、愚痴はワタシにこぼすのが大正解です。

 またワタシは好奇心半分で彼女の愚痴を楽しんでいました。

 049

 しかし彼女の結婚生活はホントに破綻してしまいました。 
 そして離婚して札幌の彼女の実家に帰って来きました。

 ワタシは最初それを喜びました。 離婚は不幸だったけれど、それは済んだ事だから仕方ありません。
 でもこれでまた二人で時々会えるし、何よりも札幌の実家で暮らすのが彼女には一番だろうと思ったのです。

 彼女の実家は裕福な商店で、お姉さんがそれを継いでおられました。

 彼女は一人で世間の荒波を渡るような事は絶対できないタイプなので、お姉さんのお店を手伝い、その頃まだ御存命だったお母様の介護をして、姉妹仲良く暮らせば良いと思ったのです。

059

 しかしその頃から彼女に会うと、彼女はワタシにひたすらお姉さんの悪口を言うようになりました。 離婚する前は会っている間中、ご主人の悪口を言っていたのですが、今度はそれがお姉さんの悪口に変わったのです。

 始めの内はワタシも気にしないで聞いていました。
 けれど何度会ってもそればかり延々と続くので段々ウンザリしてきました。

 しかも札幌で暮らすようになったので、会うのは年に一度とか二度とかではないのです。
 
 彼女は散々にお姉さんの悪口を言った挙句「私ほど不幸な人間はいない」と言いました。
 
 ??

 確かに彼女の離婚やそれに関わる不幸には、ワタシだって同情していました。 しかしそれを難病患者で一人暮らしのワタシに言うか??

 069

 けれどワタシがそれをたしなめても、彼女はせせら笑うように「貴方はいいのよ。 一人でも暮らせるんだから。」と、自分がたしなめられた事の意味を全然理解していません。

 実は彼女には昔からこうでした。
 
 御主人の悪口を言い続けた時も、ワタシが堪りかねて「今が銀行も大変だし、御主人はお仕事で大変なストレスを受けていらっしゃるんだから」(ご主人の銀行は彼女の離婚前にバブル崩壊の余波に呑まれて潰れています)と、言っても「あの人は良いのよ。」と全く気にしていませんでした。

 彼女はいつも自分の事で頭が一杯なのです。
 本当に頭の中が自分に関する問題だけで、パンパンになっているのです。

 だから周りが全く見えない、周りの声が全く聞こえないのです。

 062

 一般に自己中とか自己主義社とか言うと、自分さえよければ他人の事など全く顧みない人間を言います。 でもこれには二種類あるようです。

 一つは確信犯的自己主義者です。 これは社会のルールも周り人達の都合も全部わかっていて、それでも敢えて自分の利益の為なら社会のルールも無視するし、他人も犠牲にします。
 
 これは確かに本物の悪党です。 しかしこの手の悪党とは利害を調整すればそれなりに折り合う事ができます。

 でももう一つは彼女のようなタイプです。
 つまり自分では社会のルールを破る気などないし、まして自分の利益の為に他人を犠牲にする気など全くないのです。

 しかしいつも自分の事で頭が一杯になっているので、周りの人間が全く見えない聞こえない人達です。

 人間は誰でも幼児の頃は皆このタイプなのですが、でも成長するにつれて段々自分以外の人間を見る事が出来るようになり、更にそれにより自分の客観化できるようになるのです。

 でも彼女のようなタイプは幼児のままなのです。

 だからある意味非常に純心で無邪気で、そして善良でもあるのです。

095

 実際彼女も若い頃は、この純真さや無邪気さで大変魅力的でした。 
 
 けれど自分の事で頭が一杯で、他人や周りが見えないので、自分を客観視したり自己を顧みて自分の言動を省察する事ができません。

 そうなると自分の思い道理にならない事は、全て周りの人間が悪いと認識してしまいます。

 また自分の事で頭が一杯なので、自分以外の人間の痛みや苦悩には全く関心を持つ事ができません。

 だから不幸なのはこの世で自分一人で、他人は皆幸せ一杯だと考えるようになります。 そして「私程不幸な人間はいない」信じて、自分をそう言う状況に追い込んだ社会に対して大変な被害者意識を持つ事になります。

 こういう心理で自分の不幸を訴える人には、何を言っても無駄なのです。
 全面的に自分を肯定してくれないと、今度はその事で愚痴を聞いてくれた相手に被害者意識を持つようになってしまいます。

 こういうタイプとは利害の調整とか話し合いとか不可能なのです。 だって本人に全く悪意はなくとも、自分の事以外は一切見えない聞こえないのですから。

 004

 結局ワタシは付き合いきれなくなりました。

 ワタシだって凡そ人に好かれる人間じゃないし、思いやりもなく自己中であることには人後に落ちない自信があるのような人間です。

 だから彼女の事を責める資格はないと思います。
 
 けれどワタシも病身の一人暮らしになって、イロイロ大変になっているのに、会うたびに延々と愚痴を聞かされると気が滅入ります。 しかも離婚する前と違って、一年に一度や二度ではなく、毎月数回になっては堪りません。

 だから彼女からの誘いは殆ど断るようになったのです。

2013y10m26d_233643161

 で・・・・ワタシが創価学会に感謝したのは、この時です。

 ワタシだって彼女の誘いを断るのに良心が痛みました。 ワタシもそうだけれど、彼女にも友人は少ないのです。
 ワタシが付き合いを止めたらこの後、彼女の愚痴を聞いてくれる人はいるのでしょうか?

 彼女は愚痴を愚痴とは思っていないのです。
 本気でお姉さんが悪いと信じているのです。 だから必死にそれを話して、慰めて欲しいのです。

 それがわかっていてもう愚痴を聞きたくないなんて言うのはホントに薄情その物です。

 これから一体誰が彼女を支えてくれると言うのでしょうか?

 でも、創価学会があるじゃないか!!!

2013y10m26d_233716036

 実は彼女は若い時から創価学会の熱心な信者でした。

 元々彼女のお母様が信者で、一家で入信していたようですが、彼女はとりわけ熱心だったようです。

 お姉さんから聞いたのですが、彼女が結婚してから、彼女からの要求で何度も100万単位で送金した事があったそうです。 
 ところが彼女はそれに礼も言わず、そしてその多くをそのまま創価学会に献金してしまったと言うのです。

 「生活が苦しいと言うから、工面して送金したのに、電話一本寄越さないで・・・・。 あんなやり方で献金するなんて・・・・。」

 これを聞いた時はワタシもビックリしました。 彼女はワタシにも「生活が苦しい」と言い続けていたのですから。 エリート銀行員の妻の生活が苦しいと言うも奇妙だとは思いましたが・・・・・。

 ともかく彼女はこれまでに半端じゃない額のお金を創価学会に献金していたのです。

 だったら当然、不幸になった彼女を支えるのは創価学会の義務でしょう?

155

 そしてこの話をお姉さんから聞いた時に、こういうカルト教団が世の中にある理由と、その必要性を理解しました。

 自分を100%肯定されないと納得できない人を支えるのって、普通の人間にはできません。

 何でも「貴方の言う通りよ。」「貴方程不幸な人はいない。 貴方の周りの人間が悪い人ばかりなので、貴方が不幸になったのよ。」なんて言い続ける事が出来る人間はいないのです。

 そう言う事を言ってくれるのってこの手のカルト教団ぐらいです。
 しかもカルト教団に集まる人間って、そう言ってもらわないと生きて居られないのです。

 創価学会って韓国大好きだけれど、しかしあの国民性って彼女と同じでしょう? 

 だから創価学会って会ぐるみ韓国大好きなのです。

 そしてそれだから韓国では創価学会だけでなく、沢山のカルトが隆盛しているのだと思います。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-10-27 00:43

黄葉が進む

 昼過ぎパンを買いに出たら、全山黄葉していました。

 061 

 パン屋さんへ行く途中の公園の木も全て黄葉していました。

 039

 そして地面には落ち葉が積もっています。

 031

 21日ここを通った時は、まだ黄葉していない木も沢山あったのに・・・・。

 037

 その後雨と曇りの日が続いている間に、黄葉はすっかり進んだのです。

 066

 今日も暗い曇天でしたが、余りに鮮やかな黄葉が曇天の暗さを吹き飛ばします。

 094

 暗い空の下に豪華な色彩の回廊が続きます。

 086

 その色彩の回廊は冬への向かいます。

  108

 色彩の回廊を抜けると、空を覆っていた雲に穴が開いて、太陽の光が差し込みました。

 113

 黄葉の山にも光がさしました。

 153

 この黄葉が終わる前に何とかまた一日快晴の日があると良いのですが・・・・・。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-10-26 20:25

コリアだめだ 岩波書店

 「日本の出版界は今、パチンコ業界よりも状況が良くありません。1996年に売り上げ2兆4000億円とピークに達したものの、その後は年々減少し、今年は1兆8000億円に下がりました。
漫画の販売も減少傾向にあり、救世主かと思われた電子書籍も利益を上げるほどではありません

 今年創立100周年を迎えた日本の大手出版社「岩波書店」の岡本厚代表(59)は「本を読む人が減っているのは世界的な傾向のようです。
韓国も深刻なのですか」と尋ねた。「坡州ブックシティー国際出版フォーラム」に出席するため30日に来韓したが「このような傾向を覆す決定的な状況は期待していません」と語った。

 「ですが、人間が社会で生きていくには、考えや思想を文章で表現する知的基盤が絶対に必要です。
映画も斜陽産業だといわれていますが、宮崎駿監督らの作品は大勢の観客を動員するでしょう。
メディアが紙かデジタルかという問題ではありません。コンテンツが重要なのです」

 1913年8月に創業者の岩波茂雄氏が東京都内に設立した古書店として出発した岩波書店。
翌年、夏目漱石の小説『こころ』を出版し、出版業に転換した。「岩波文庫」「岩波新書」などを企画・出版し「日本の知性の産室」になった。
岡本代表は岩波書店が1946年に創刊した月刊誌「世界」の編集長を16年間務めた後、今年6月に同社代表取締役になった。

 岩波書店は今年創立100周年を迎え、3万8000人が掲載されている『岩波 世界人名大辞典』(全2巻)を12月に出版する。
10年間かけて準備した野心作。実在の人物だけでなく、架空の人物まで網羅しており、執筆者だけで800人が携わった。
岡本代表は「これまでに出版された日本の書籍の中で韓国人の名前が一番たくさん入っている本になるでしょう。
売れるという思いよりも、出版文化の底力を見せてやろうという点で、重要な企画です。まさにこれこそ岩波書店が続けてきたことで、
今後もやっていく必要があるのです」と強調した。『岩波講座 日本歴史』(全22巻)や『岩波講座 日本の思想』(全8巻)シリーズを出版したほか、
すでに50年前に出版されたアリストテレス全集も『新版アリストテレス全集』(全20巻+別巻)としてあらためて出版する予定だ。

 同代表は最近悪化している韓日関係についても慎重に見解を示した。「韓国に対する日本国民の感情が変わった背景には、
2011年3月11日の東日本大震災があります。大災害が発生すると、
その国の国民たちは難局を打開するために『私たちは強い。このような状況を乗り越えられる』ということを確かめたがるのです
。安倍晋三首相や橋下徹大阪市長などの右翼政権がこうした国民感情に便乗して対立を誘導する側面もあります」

 そして最後に「現在の状況は、まるで小学生が『これは僕のものだ。渡すもんか』とけんかしているような感じ。
日本の歴史認識については反省すべき部分が明らかにある。
出版界はこうしたメッセージを伝える役割を果たしていかなければならない」と述べた。

 
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1380597260/

028

 今月始めこの記事を見て、ワタシは大喜びしました。

 救世主かと思われた電子書籍!!!

 おお、岩波書店が電子書籍に期待していた!!
 それじゃ、もう岩波文庫は全部電子書籍になっているんだ!!
 だったらタブレットを買わなきゃ!!

 それでワタシは大喜びで街の大型電気屋に出かけました。 しかし電気屋で店員にi-padを見せて貰って愕然としました。
 i-padで買える電子書籍で、ロシア文学を検索して貰ったら、全部5冊ぐらいしかないのです。
 ロシア文学全部で5冊!!

 中学校の図書室だってもう少し揃っていると思うのですが・・・・・。 
 それでタブレットを買うのは止めて、そのまま帰りました。 
 街の景色が美しかったのだけが慰めでした。

047

 家に帰ってから調べたのですが、電子書籍ってホントに少ないのですね。 新刊書や漫画や雑誌等はソコソコ出ていますが、古典は皆無です。

 しかもその数少ない電子書籍をキンドルやソニーが自社端末で囲い込んでいます。
 
 だからi-padなどそれ以外の端末で読める電子書籍は非常に限られてしまいます。

 ワタシは目が悪いので、キンドルやソニーの小さな端末では、改ページばかりしなくてはなりません。 
 と言うわけで、結局ワタシは電子書籍は読めないのです。

093

 それにしても岩波書店は何を言っているのでしょうか?

救世主かと思われた電子書籍も利益を上げるほどではありません

 ??
 出版もしない物が売れるわけはないでしょう?

 岩波書店と言えば岩波文庫。
 世界中の古典と言う古典を見事に網羅して、それを安価に読めるようにしたと言う功績は、岩波書店のキチガイ左翼偏向の罪を補って余ります。

 これを電子書籍化してくれたら、ワタシはどんなタブレットでも買います。
 
 電子書籍化されたら、点字化も簡単だし、弱視者にも大変な恩恵なのですけどね・・・・。

 しかも普通に考えて、岩波文庫ぐらい電子書籍化の簡単な物はないでしょう?

 自炊してそれを文字化するだけでしょう? 

 資金も技術も僅少で電子書籍化しできるじゃないですか? 自炊に毛の生えたような手間で、老眼や弱視で岩波文庫を諦めた人達全部に売れるんですよ!!

094

 しかしどうも岩波書店は何か完全に勘違いしているんじゃないでしょうか?

>岩波書店は今年創立100周年を迎え、3万8000人が掲載されている『岩波 世界人名大辞典』(全2巻)を12月に出版する。
 ??
 そりゃあ100年前ならそう言う物だって少しは売れたと思います。 図書館等に一セットあると便利だったでしょうから。

 しかしインターネットの発達した今一番必要が無いのがこの手の辞典でしょう?

 パソコンやスマホでググれば、一発で情報が山のように出るのです。
 しかも常に情報を更新できます。

 一方岩波の人名辞典がどんな巨大な本か知らないけれど、2巻に38000人を載せれば、一人分の情報は数行しか書けません。

 また10年かけて38000人を掲載しても、出版後に有名になった人間はどうしようないし、また出版後に出た情報にも対応不能です。

 だから出版後数年で使い物にならなくなるのは必定です。

119

 ところが岩波書店はこれを「野心作」と言うのだからどうしようもないです。

 結局、岩波書店はネット社会を全く理解していないのではないでしょうか?

 イヤ絶対に理解したくないではないでしょうか?
 
 そしてそれは岩波書店だけでなく、日本の出版社及び書店、新聞、雑誌など、活字業界及びマスメディア全てが、皆何とかネット社会をネグレクトしたがっているのではないでしょうか?

 だから岩波文庫を電子書籍化して売る代わりに、自炊業者を苛めるのです。

 電子書籍が安く買えるなら、誰がワザワザ自炊なんて面倒な事をするものですか?

 キンドルは青空文庫からパクった古典をアマゾンで無料ダウロードさせています。 つまり電子書籍だと販売と電子書籍化の経費なんかタダ同然って事でしょう?

 自炊業者を虐めるぐらいなら、電子書籍をドンドン出版して安く売れば良いのです。

162

 しかし彼等は自分達で頑張って新しい技術に対応しようと言う意思はないのです。 彼等は何とかネット社会をネグレクトして、何とか今まで通りの商習慣と今まで通りの利益を守り抜きたいのです。

 本来出版って情報と知性が売り物なのに、実は売り手たちはそんな物は持っておらず、現実の世界の変化を認識する能力なんかなかったのです。

 けれど輪転機やテレビ塔など情報を発信する機械を所有していたことから、自分が情報と知性を持っていると勘違いしてしまったのです。

 そしてそれでも済む時代が長く続いたので、芯から馬鹿になってしまったのでしょう。

 コリアだめだ!!!

 それとも人命辞典に韓国人の名前を載せる事で、載せた人間から幾許かの謝礼を貰うとか・・・・そう言う新商売を始めるのでしょうか?

 

 


 
  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2013-10-25 23:20

在日特権は実在する 竹田恒泰氏

 先日の「たかじんのそのまま言って委員会」で竹田恒泰氏が在日特権、特に通名について述べた事について、在日コリアンの団体が抗議しています。

 問題になったのは「在特会が活動したおかげで在日の特権の問題が明らかになった。例えば、通名というのがあって、日本人の名前に変えることによって、犯罪歴や金融関係の経歴を全部消すことができ、また新たな犯罪ができる」と言う発言です。

 竹田氏はこれに関して、反論の動画をアップされています。



 ワタシも在日外国人の通名に関しては、少し調べました。 しかしまさか通名をそのまま本名にできるとは知りませんでした。
 
 通名の変更には3年以上その通名を使用した実績が必要などと言う条件を設けている自治体もあるそうですが、しかし有名無実のようです。
 実際32回も通名を変更した例があります。

 ちなみに竹田氏に抗議をしている「のりこえネット」は「通名制度導入の背景に、日本による朝鮮半島植民地支配の際に導入された「創氏改名精度」があることを無視しており、到底看過することはできない」と言っていますが、しかし創氏改名が問題ならそれこそ通名制度など完全に廃止するように運動すれば良いのです。

ところがなぜか在日コリアンからそう言う話は絶対にでないのです。

 どうしても通名が必要なら、通名の改名を日本人の本名の改名並みに厳しく制限すれば良いのですが、勿論そう言う話も一切だしません。

 つまり通名を使っての不正利益を得ている在日コリアンが少なくないと言う事でしょう。

 それにしても通名に関して、在日ってホントに支離滅裂なのです。
 
 日本は通名使用など強制していません。 しかし通名を強制されたと言って裁判を起こしている在日が居ます。
 http://d.hatena.ne.jp/irum/

 日雇いで働く時に、不法就労外国人特別できないので、就労中通名を使って欲しいと言われたのを強制と騒いでいるのです。
 だったら不法就労者と区別できるように、外国人登録の書類はいつも用意しておけば良いのですけどね。

 一方勤務先で実名を使われたと言って裁判を起こしている在日もいます。

 http://blog.livedoor.jp/yohoo123matome/archives/7281083.html

 ホントに在日コリアンの惨めなジソンシンの狂乱に付き合いきれません。

 実際こんな面倒をなくすためにも、ちゃんと通名制度は廃止して、実名で生きれば良いのです。
 そしてそれで生活に不便があるなら、帰国すれば良いのです。

 そもそも外国人として他国で暮らす以上、その在留先の国の社会規範を守り、その国の元首への敬意を表し、在留させてくれる事を感謝するべきです。

 それをする意思のない外国人を在留させてはいけないのです。


 ちなみに問題の竹田氏の発言はこの動画の23分からです。

  
  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(4)