2013-05-31 10:45

乙武騒動とマスゴミの怠慢

 乙武氏入店拒否騒動 バリアフリーの本音と建前

 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130531/trd13053108150008-n3.htm

 

 乙武氏の入店拒否騒動をまだマスゴミが騒いでいるようです。

 

 ワタシはこの騒動に関して、バリアフリー以前にマスゴミの怠慢さに呆れ果てました。

 

 この問題のイタリア料理店側の入店拒否が妥当か否かは、まず乙武氏の要求、つまり店員が乙武氏を抱えて階段を上がり、二階にある店まで連れて行く事が可能かどうかを検証しなければなりません。

 

 実は一般のブロガーにこれを検証した人がいました。

 

 このイタリア料理店の場所はわかっているのですから、首都圏在住の人であれば、実際に行って店の様子を検証するのは全然難しい事ではありません。

 

 実際このブロガーも特に苦労したとは、書いていません。

 

 乙武氏ツイートの銀座の店に行き、店主に取材しました

 http://blogos.com/article/62742/

 

 それでこの店の写真を見たらどうでしょうか?

 

 ワタシは安全管理の面から言っても、乙武氏の要求は拒否するしかないと思います。

 イヤ安全を考えれば、乙武氏が何と言おうとも断固拒否するべきなのです。

 

 40キロの抱えにくい荷物を抱えて、狭い階段を上るのは非常に危険です。 降りる時はもっと危険です。

 宅配業者や引っ越し業者がこんな事を、従業員に強制したら違法です。 男性でも一人で運搬する荷物は30キロまでに制限されています。

 

 それでも荷物なら、危ない時は放り出せば良いのですが、人間ではそう言うわけには行きません。

 

 無責任にイタリア料理店側を非難している人達は、事故が起きたらどうする気なのでしょうか?

 

  

 

 大変驚くのは、この件に関してプロのライターがひたすら店を非難していたことです。

 

 人権はフルスペックで当たり前

 http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20130523/248527/

 

 

 ★「乙武炎上」にみる、日本人の不寛容さの理由 余裕と「マイノリティ経験」が人を寛容にする 慎 泰俊

 http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130521/248370/?bv_ru&rt=nocnt

 

 この記事を書いているのは一応プロのライターで、彼等は原稿料を貰っているのです。 ところが彼等は全く問題の店を検証していません。

 

 ライターとして原稿料を貰ってこの問題について書くなら、何で自分で店に行って、そして40キロの荷物を担いで階段を上がってみなかったのでしょうか?

 

 車椅子はどうするかを確認しなかったのでしょうか?

 

 この狭い階段を数人で車椅子を担ぎあげられるかどうかを確認しなかったのでしょうか?

 

 そのような事も一切調べないで、ひたすらイタリア料理店主と店員だけを責めるって、これこそ「人権侵害」その物ではありませんか?

 

 こんな記事を掲載するなんて日経ビジネスもレベルが低すぎませんか?

 

 こんな無責任で馬鹿で怠慢な連中が、大手マスゴミの発信力を使って人権侵害を繰り返しているのです。

 

  

 

 ちなみにワタシは難病患者ですから、同病で障碍者と一緒に街を歩いた事が何度もあります。 しかし今から20年以上も前でも、皆結構親切に助けてくれました。

 

 ワタシと同病で電動車椅子を使っている人など、歩道の段差を乗り越えられないのです。 電動車椅子は重いのでワタシが押しても動きません。

 そんな時側を通りがかった人が、直ぐに手助けしてくれました。

 

 喫茶店などに入る時も、店の入り口の段差に困っていると、こちらが声を掛ける前に店の人が飛んできて助けてくれました。

 

 当時から日本のマスゴミは「日本人は不寛容で障碍者に冷酷」と書いていました。

 

 しかし難病患者の集会などで話を聞けば「皆親切に助けてくれる」と言っていました。

 

  

 

 今度障碍者差別禁止法とか言うのができるのだそうです。 それで障碍者の手助けをしないと非難されるようになると言って喜んでいる政党があるようです。

 

 けれどこれは非常に危険だと思います。

 

 障碍者の介助って下手にやると本当に危険なのです。

 

 例えばワタシの友人は難病で筋力が弱り、歩行に苦労していました。 しかし彼女は病気と薬の副作用などで、骨もボロボロになっていたのです。

 

 だから力の強い人が、彼女を助けようとシッカリと腕を掴んだりすると、一発で骨折する可能性がありました。

 でも外見ではそんな事はわかりません。

 

 障碍者には外見ではわからないしかし外見以上に深刻な病気や障害を抱えている人も多いのです。 

 安易に手助けなんてすると、トンデモナイ事になります。

 

 下手に助けると「小さな親切、大きなお怪我」になりかねません。

 

 障碍者の介助をするときは、ちゃんと相手の話を聞いて、用心しながら介助をするべきなのですが、そう言う注意をマスゴミは全く報道しません。

 

   

 

 障碍者差別禁止法なんてモノを作ろうとしている人達は、障碍者の介助に慣れて居ない人達が、安易に介助をして事故が起きたらどうする気なのでしょうか?

 

 マジにあのイタリア料理店が乙武氏を抱えて階段を上がるような事をしていたら、途中で転げ落ちて死亡事故だって十二分にあり得たのですが・・・・・・。 

  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2013-05-31 08:39

松本京子さんの息子? 韓国の嘘でしょう?

 今回ラオスから北朝鮮に送り返された脱北者の中に、拉致被害者松木京子さんの息子さんが含まれていたと言う話が出ています。

 ワタシはこれどうも信用できません。

 

 この送還のいきさつに関する記事を、ご隠居さんがエントリーしてくださいました。

 

 ラオス韓国大使館、脱北者に面会もしなかった>…

 

 この記事によれば、「ラオスに入った脱北者のグループを助けようとしたNPOや宣教師達が、韓国大使館に助けを求めたが、韓国大使館は冷淡で脱北者に面会もしないで放置する間に、北朝鮮が飛行機を派遣して彼等を連れて帰ってしまった。」と言う事です。

 

 それではこの脱北者の中に、松木京子さんの息子さんが含まれていたと言う情報は、誰が掴んだのでしょうか?

 

 この脱北者のグループに接触があったのは、脱北を助けた宣教師やNPOだけです。 北朝鮮以外やラオス当局以外で脱北者の身分を知るのは彼等だけです。

 

 で、もしも脱北者の中に拉致被害者の息子がいるなんてわかったら、支援者達はまず日本大使館に助けを求めるはずではありませんか?

 

 北朝鮮の問題に関わっている人間なら、韓国脱北者に冷淡なのは前々から知られている事だし、一方日本が拉致被害者の奪還に熱心なのも知っているはずです。

 

 それなのにこのNPOも宣教師も韓国大使館の援助を待っていただけなのです。

 

 ラオス政府も奇妙です。 もし松木さんの息子さんがいたなら、当然ラオス側から日本大使館に連絡があるでしょう。 

 拉致被害者を救出できたら、ラオス政府は日本に大変な恩を売る事が出来ます。

 今後の対日外交でどれだけ有利になる事か・・・・・。

 

 北朝鮮がワザワザ飛行機を仕立てて連れ帰ったと言う事は、脱北者の中に重要人物がいたのでしょうが、しかし拉致被害者やその関係者ではないと思います。

 

 ワタシは思うのですが、この松木京子さんの息子さんの話は、韓国の嘘じゃないでしょうか?

 

 つまり韓国外しをやると韓国は拉致被害者の救助には協力しないニダ。 そうすると助かるはずの人も助からないニダ!!

 

 と、言う話を作ったのではないでしょうか?

 

 北朝鮮もこの話は敢えて否定しないでしょう。 

 

 拉致被害者を助けたければ金出すニダ!!

 

 そのアピールに丁度良い話ですからね。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2013-05-30 20:02

金平糖

 昨日また体調を崩して寝込んでしまいました。

 ご飯を作る元気がないので、前に妹に貰った自衛隊の戦闘糧食の内で食べ残してた乾パンを食べました。

 乾パンは堅くて不味いのではないかと思っていたのですが、以外にも大変香ばしくて美味しかったです。

 

 それで乾パンを3分の1ほど食べた所で、中から金平糖が出てきました。

 

  

 

 おお、自衛隊の乾パンにも金平糖が入っている!!

 

 ワタシは父の話を思い出しました。

 

 ワタシの父は大正9年に生れたので、昭和16年に満20歳になりました。 お蔭で太平洋戦争が勃発する前に、徴兵されて北支で訓練を受け、その後ハノイに送られました。

 

 そして終戦までインドシナ半島を転戦しました。 

 父が帰国できたのは終戦の二年後でした。

 

 ワタシが子供だった頃、父は良く戦争中の話をしてくれました。

 

 父はそもそも軍人には全然向かない人で、旧制商業卒で当時としてはかなりの高学歴であったのにかかわらず最後まで二等兵!!と言う驚異的な軍歴です。

 

 だから本当は辛い事や哀しい事は沢山あったと思うのですが、父は子供達にはそう言う話はせず、イロイロなエピソードを面白おかしく話してくれました。

 

  

 

 その一つが乾パンの金平糖です。

 

 旧日本軍も戦闘糧秣に乾パンを使いました。 そしてその乾パンには金平糖が入っていたのです。

 

 父達兵隊は行軍に出る時、乾パンを貰って持って行きました。 しかし行軍中に乾パンを食べる機会がないと、乾パンはまた戻します。

 

 ところが兵隊の中には、乾パンの中から金平糖だけ抜き出して食べてしまい、何食わぬ顔で乾パンを戻す奴がいるのです。

 

 当時の乾パンは今のようにビニール袋にパックではなく、木綿の巾着袋に入れて兵隊に渡されました。 金平糖もバラで乾パンに混じって入っていました。

 

 だから金平糖だけ食べてしまっても、袋の中を点検しなければわかりません。

 

 しかも袋の中まで一々点検されないので、金平糖の盗み食いは必ず成功するのです。

 

 しかしそうなると、今度の行軍で誰かが金平糖を盗み食いした後の、金平糖無しの乾パンを受け取る事になります。 その誰かが自分かもしれません。

 

  

 

 それでも厳しい行軍中に食べる金平糖は死ぬ程美味いし・・・・・・。

 

 ??

 って事はお父さん、アンタもやったね!!

 

 父は自分がやったとは言わなかったけれど、ワタシは絶対に父は金平糖の盗み食いをやったと確信しています。

 

 だってそれでなくても父は甘い物に目がないのです。 ワタシが成人してから父と二人で喫茶店などに入ると、父はいつもパフェや餡蜜を食べて居ました。

 

 兵隊の買い食いは軍紀違反だったにもかかわらず、バナナやパパイヤやマンゴーなどの買い食いも繰り返したようです。(戦争を騙り次ぐ人達へ

 

 ワタシが父からこういう話を聞いた頃は、父はワタシにとってどんな事でもできる強い大人でした。 だから軍隊でどんな危険な苦しい目に遭っても、笑って済ませられて当然だと思っていました。

 

 それで父が戦争中の辛い話をしない事は全然気にしていませんでした。

 

 父だけでなく父と同様に出征して特に激戦地へ送られる事なく、無事帰国できた人達は自分の兵役を「官費旅行」と言っていました。

 

 つまり国費で普通なら決して行けないような遠い外国を旅行できたんだから、文句なんか言っていられないと言うわけです。

 

 その言葉の裏には、同様に徴兵されて生きて帰れなかった人、戦傷で障碍を負った人、そして激戦地へ送られて大変な苦労をした人達への思いが込められているのです。

 

  

 

 しかし考えてみれば20歳で死地に赴かされた若者達が、その苦難を語らずより苦しい思いをした人々をまず考えているのは大変な事です。

 

 今のワタシが同じ目に遭ったら、こんな事が言える自信はありません。

 

 父は他の兵隊同様、慰安所にも通ったと思います。 さすがにこれは子供には話ませんでしたが、母には話したようです。

 

 でも勿論責める気はありません。 そもそも父が慰安所に行かないような人だったら、ワタシ達兄弟はこの世に生れて居なかったのでしょう。

 

 父も父の戦友達も、普通の若者でした。

 

 甘い物が好きで、未来に希望もあり、恋もしかったのです。

 それでも当時は徴兵制だから、徴兵されたら戦争に行くしかありません。 それが国民の義務でしたから。

 

 その義務を果たし、そして不運な仲間を思いやり、戦後はワタシ達を育ててくれたのです。

 

 50過ぎてもまだそのような若者達の心情を思いやる事ができず、ひたすら軍人=悪で攻め立てる人間って一体なんでしょうね?

 こんな人間に人権なんか理解できるのでしょうか?

 

  

 

 ワタシが寝込んでいる間に、ソメイヨシノは散ったようです。 そして八重桜が咲き始めました。

 

 明日は何とか起きたいと思うのですけどね・・・・・。

  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(19)

2013-05-29 15:13

橋下バッシングをする人々の清らか性生活

 囚人とか宗教者とか南極観測隊とか遠洋漁業とか、長期にわたって禁欲しなければならない仕事や立場はたくさんある。
 宇宙パイロットとか災害救助とか炭鉱夫とか原発作業員とか、命をかける仕事もたくさんある。
 彼らも「慰安婦制度が必要なことは誰だってわかる」存在なのだろうか。
 なぜ兵士の性欲だけが全面的に肯定されて、野放しに解放されなくてはならないのか

 

 究極の集団である軍隊では、一人称単数の主語が個の煩悶や躊躇いや良識とともに消える。
他者への想像力を停めることを要求される。だからこそ市井に生きる善良な市民が、
まるで別人のように虐殺やレイプに耽ることができる。でも戦争を肯定する人たちは、この事実を認めたくない。

 おそらく従軍慰安婦を否定する人たちの多くは、兵士たちの下劣な行いを認めることは
あの戦争の大義を否定することに繋がってしまうと、意識下で気づいているのだろう。
だから論理が捩れる。苦しまぎれになる。

 「許されることではない」と言いながら「当時は仕方なかった」と肯定することが、結局は元慰安婦たちを何十年も苦しめ、
さらに女性と男性(つまり人類)すべてを貶めていることに気がつかない。

  当初は橋下市長の発言に「軍と売春はつきもので、歴史の原理みたいなものだ」と擁護する姿勢を示した石原慎太郎共同代表は、
その後に橋下市長が「敗戦の結果として侵略だと受け止めないといけない」と述べたことについて、
「侵略じゃない。あの戦争が侵略だと規定することは自虐でしかない。歴史に関しての無知」と記者に語ったという。
 つまり日本を守るための防衛戦争であり、アジアを解放するための聖戦なのだと言いたいのだろう。

 オーケー。その理屈はこれまでにも何度も聞いた。ならば最後に質問する。
とても基本的なこと。でも僕にはどうしてもわからないのだ。
 天皇の赤子として崇高な使命のために戦ったというのなら、なぜ一年や二年の禁欲すらできなかったのだろう。
 http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1369804684/
 http://diamond.jp/articles/-/36629

 

   

 

 ワタシは病身の老嬢なので男性の性欲の事はわかりません。

 

天皇の赤子として崇高な使命のために戦ったというのなら、なぜ一年や二年の禁欲すらできなかったのだろう。

 上の記事を書いている人は男性なのですが、この人は何か崇高な目的があれば1~2年の禁欲は可能なのでしょうか?

 一般の男性はどうなのでしょうか?

 

 そもそもこんな比較が無茶苦茶ではないでしょうか?

 

 囚人とか宗教者とか南極観測隊とか遠洋漁業とか、長期にわたって禁欲しなければならない仕事や立場はたくさんある。
 宇宙パイロットとか災害救助とか炭鉱夫とか原発作業員とか、命をかける仕事もたくさんある。
 彼らも「慰安婦制度が必要なことは誰だってわかる」存在なのだろうか。
 なぜ兵士の性欲だけが全面的に肯定されて、野放しに解放されなくてはならないのか

 

 囚人は刑罰を受けているのですから、性欲だけでなく他の多くの自由を禁じられるのは当然です。

 

 宗教者は自身で禁欲を選んだ身です。

 それでも現在と違って、聖職者の割合が遥かに多かった中世は、キリスト教世界でも、結婚を禁じられている聖職者が買春をするのは当然と考えられていました。

 だから高位聖職者が妾を囲って子供を産ませても、さしたる非難もされませんでした。

 これは仏教界も同様でした。 ちなみに仏教界では同性愛もOKでした。 

 

 南極観測隊はダッチワイフを持参していきます。 実は第一期の越冬隊から、この問題をどうするかを検討して、ダッチワイフを用意する事にしたのです。

 しかも越冬隊だって南極滞在はせいぜい3ヵ月です。

 

 遠洋漁業も長くても1~3ヵ月で港に入港します。 そしてどの国でも港町には、売春宿が繁盛しているのです。

 

 宇宙船のパイロットや災害救助や炭坑夫や原発作業員が、長期の禁欲を強いられると言う話は聞きません。

 宇宙ステーションの長期滞在でも精々数か月です。 災害救助も普通数日単位の活動です。

 

 炭坑夫は別に禁欲しません。 毎日家に帰れます。 そして炭坑町には普通、独身の坑夫相手の色町が栄えました。

 原発作業員の方も、独身の方は普通に風俗を楽しんでいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 この記事を書いた人がどんな性生活を送っているのかは知りませんが、彼はこれらの職業の人々がホントに長期の禁欲生活をしていると思っているのでしょうか?

 

  

 http://hinoe.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-89ba.html

 

 それにしても橋下発言をバッシングしている人間達って少し酷すぎませんか?

 

 幾らなんでもここまで図々しく、偽善的になれるんじゃ、化け物レベルでしょう?

 

 ちなみに橋下発言をバッシングしている女性達は、全然禁欲生活などする気はないようです。

 

 先日北原みのり、辻本清美、上野千鶴子などが、橋下バッシングの参議院会館で橋下バッシングの集会を開いて橋下発言を「女性の人権侵害」と喚いたのですが、それにしても凄い面子ではありませんか?

 

 男子中学生は「熟女にやらせて、と頼めばいい」 上野千鶴子さんが朝日で仰天「人生相談」

 http://www.j-cast.com/2012/12/08157370.html?p=all

 

 そしてその朝日新聞記者はこんな事を・・・・・。

 

 朝日新聞社員の男、自分の局部画像をネット投稿 書類送検

 

 醜悪な老婆や40代の男が自分達は禁欲する気もないのに、ヘンタイ性欲まで全開なのに、20代の兵士、しかも徴兵された兵士達だけに禁欲を強いるってどういう人間達なんでしょうね?

 

 ワタシは橋下徹は政治家としは支持しないけれど、「慰安婦は当時必要だった」と言う発言は支持します。( 兵隊さんは可哀相じゃないの? …

 

 そしてこんな醜悪な発言をする連中には吐き気がします。

  1. 慰安婦
  2. TB(0)
  3. CM(30)

2013-05-28 19:43

咲いた!咲いた!

 札幌はこの数日、ドンドン気温が上がりました。

 お蔭でよもちゃんの大好きなチューリップさんも、ドンドン咲いてきました。

 よもちゃんは毎日チューリップさんに会いに行きます。

 

 

  

 

 ウ~~ン、何だかハッキリしない天気ねえ・・・・・。

 

  

 

 チューリップさんはどうしているのかしら?

 

  

 

 チューリップさん、こんにちは。

  

  

 

 こんにちは。

 

   

 

 どうしたんだろう? お返事がないわ・・・・・。

 

    

 

 チューリップさん、どうなさったんですか?

 

  

 

 ダメ、皆眠ってるわ。

 

  

 

 よもさん? 今何時? 私達なんか凄く眠いんですけど・・・・。

 

  

 

 どうぞどうぞお気遣いなく、今はお昼の3時だけでど、曇って暗いからチューリップさん達はお休みください。

 

  

 

 せっかくお話しようと思ったのに・・・・・。

 

  

 

 でも仕方がないわ。 こんなお天気じゃチューリップさん達も辛いもの。

 

  

 

 チューリップさん、それじゃまた来ますから。

 

  

 

 よもさん! こんにちは!

 私達は起きていますよ!! こっちへいらっしゃい!!

 

  

 

 おお!! 見事に咲きましたね!!

 

 

 よもちゃんは、大喜びです。 

 長い長い冬を耐えて、頑張った末に見事にチューリップさんが咲いてくれたのですから。 

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2013-05-28 09:33

萌える北海道神宮 その3

 久しぶりの快晴の日、北海道神宮に参拝しました。

 

  

 

 本殿の参拝を終わると、快晴の空に誘われて円山に登ります。

 

  

 

 山の中では、まだヤマザクラが散り残っていました。

 

  

 

 眼下のビル街の彼方には雪を頂く雄冬の山々が見えます。

  

  

 

 円山の頂上まで後もう少しです。

 

  

 

 そしてとうとうシマリス様の登場です。

 

  

 

 二匹一緒に出てきました。

 

  

  

 そしてヤマガラ君もやってきます。

 

  

 

 ワタシはこの日、向日葵の種を持参しました。 シマリス様は気に入ってくれたようです。

 

  

 

 ヤマガラ君はシマリス様が向日葵の種を砕いてくれるのを待っています。

 

  

 

 シマリス様、ドンドンヒマワリの種を頬袋に詰め込んで凄い顔になってしまいました。

 

  

 

 シマリス様達が頬袋をパンパンにして行ってしまったので、ワタシも先へ進みます。

 

  

 

 頂上が見えてきます。

 

  

 

 青空萌えはじめた若葉の色が鮮やかです。

 

  

 

 芽吹いたばかりの若葉は、濃い紅色、黄色、薄緑と様々な色彩で山を飾ります。

 

  

 

 春の山は色彩で一杯です。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-05-27 22:43

イロイロ その3

 久しぶりに会ったチビちゃん。

 相変わらず丸々と太って、元気そうですが、イロイロあったのだそうです。 イロイロ・・・・・・。

 

 

  

 

 とはいえ、ヤッパリ世の中の現実は、厄介だわな・・・・・。

 

  

 

 ジブンだってイロイロあったけど、言いたくても言えない事は多いし・・・・。

 

  

 

 あ~あ、イヤな事や言いたい事をぜ~んぶブチまけたらどんなにすっきりするだろうか?

 

  

 

 こうして悶々としているよりはマシジャマイカ?

 

  

 

 ん、でも誰にブチ撒ければ良いんだ? 

 パパか?

 ママか?

 お祖父ちゃんか?

 お祖母ちゃんか?

 大きいお姉ちゃんか?

 小さいお姉ちゃんか?

 

  

 

 皆ジブンを愛してはくれるけれど、愛だけで理解できない問題だってあるんだ。

 

  

 

 それに愛する人達には心配は懸けたくないし・・・・・。

 

  

 

 そうなると話せるのは・・・・・。

 

  

 

 でも、アイツに話してもなあ・・・・。

 

  

 

 大体アイツは猫の話を親切に聞いてくれるほど性格は良くないし・・・・。

 

  

 

 ヤッパリ話さないで帰った方が・・・・・・。 と、思っても家に帰るのもなあ・・・・・。

 

  

 

 チビちゃん!! いつまでそこでウジャウジャ言ってるのよ!!

 言いたい事があったらハッキリ言いなさいよ!

 

  

 

 だって・・・・。

 

  

 

 何よ? そのいじけた態度!! 好い加減にしなさい!!

 

  

 

 だからイロイロあるんだよ。

 

  

 

 何がイロイロよ!? 今そっちへ行くから、ちゃんと話しなさい!!

 

  

 

 ホントに情けないんだから・・・・・・。

 

 

 よもちゃんはこのあとなかなか帰って来ませんでした。 きっとチビちゃんからイロイロ話を聞いたのだと思います。

 けれどそれがどんな話だったのかは絶対教えてはくれませんでした。

 猫の信義に掛けて言えないそうです。

  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2013-05-27 21:58

アメリカは慰安婦問題をどうしたいのか?

 日本のマスゴミは慰安婦問題への橋下発言に関して、アメリカが日本を厳しく非難していると報道しました。

 

 しかしアメリカは本当に慰安婦問題で日本を厳しく非難しているのでしょうか?

 

 今回マスゴミがアメリカが日本を非難していると言う根拠は、サキ報道官の発言です。

 

 

 朝日新聞社のタカシです 2013-5-6 

 

 上がその場面の動画ですが、いかがでしょうか?

 

 まずみればわかるように、サキ報道官が橋下発言に言及したのは、朝日新聞の記者がこれについて質問したからです。

 

 質問されたら答えるしかありません。

 

 実はこの日のサキ報道官の会見は、パキスタンの選挙結果に関する見解の発表の為のものでした。 そして同席したメディア関係者で、橋下発言に関して質問したのは朝日新聞の記者だけです。

 

 逆に言えばサキ報道官はこんな質問がなければ、橋下発言も慰安婦問題にも言及する気はなかったのです。 また他国のメディアも全然関心は持っていないのです。

 

 そしてサキ報道官の発言も、日本と韓国しか報道していません。

 

 だってアメリカでは朴大統領の訪米だって、韓国の報道官がアメリカで性犯罪を犯した事しか報道されていないのです。 こんな程度の関心しかない国の大昔の話に、何でアメリカ人が関心を持つんでしょうか?

 

  

 

 それではサキ報道官はこの質問に答えて、厳しく日本を非難したのでしょうか?

 これがその質問と答えです。

 

QUESTION: Hi, my name is Takashi from Japanese newspaper Asahi. Osaka City Mayor Hashimoto recently made a comment on the so-called “comfort women” issue, arguing that even though it is unacceptable from the moral perspective value, but the comfort women were necessary during the war period. And he also argued that it is not fair that only Japan is criticized by the United States and other countries, because there are other country military that were provided sexual service by prostitute. And do U.S. has any position on his comment or criticism against the United States?
質問:やあ。私の名前はタカシです。日本の朝日新聞から来ました。橋下大阪市長は最近、いわゆる「従軍慰安婦」問題に言及し、倫理的な点からは受容しがたいとしても、戦時に慰安婦は必要だったと議論しました。また彼は、売春によって性的なサービス提供する他の国の軍隊もあったのに、日本だけが米国や他国から批判されるのは公平ではないとも主張しました。そこで米国としては、米国に向けられた彼の批判についてどのような立場を取りますか?

 

MS. PSAKI: We have seen, of course, those comments. Mayor Hashimoto’s comments were outrageous and offensive. As the United States has stated previously, what happened in that era to these women who were trafficked for sexual purposes is deplorable and clearly a grave human rights violation of enormous proportions. We extend, again, our sincere and deep sympathy to the victims, and we hope that Japan will continue to work with its neighbors to address this and other issues arising from the past and cultivate relationships that allow them to move forward.
サキ氏:私たちはもちろんその言及を知っています。橋下市長の意見は恥知らずで容認しがたいものです。米国は以前に述べたように、性目的で人身売買されたこれらの女性についてあの時代に生じたことは、嘆かわしいことであり、明らかに深刻で大規模な人権侵害です。私たちは重ねて被害者のかたに誠意を込めた同情を表し、日本が近隣国とこの問題や過去にまつわるその他の問題について議論を継続し、これらの国の関係が前進できることを望んでいます。

 http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2013/05/post-a808.html

 

 確かに橋下発言を非難しています。

 しかしアメリカのようにキリスト教原理主義者が結構いて、馬鹿フェミも多い国では、こんな質問をされたら誰でもこう答えるしかありません。

 

 そしてサキ報道官の発言は、稲田朋美大臣の橋下発言への非難に比べても、特に厳しい非難とも言えません。

 

  

 しかもサキ報道官は慰安婦を「性目的で人身売買されたこれらの女性」と言い、強制連行とは言っていません。

 

 人身売買は事実ですからこれは、日本としても認めるしかありません。

 

 慰安婦大募集の新聞広告にも「前借3000円許可」と書かれています。 つまり給与を3000円まで前借できたのです。

 当時の3000円は今なら1300万円程になりますから、こんなに借りたら返すまで慰安婦を止める事は不可能です。

 

 そして普通こうした前借金は慰安婦本人ではなく親等が受け取りました。

 これが「身売り」「人身売買」と言われる所以です。

 

 慰安婦だけではなく、江戸時代から女郎や芸者などになる女性は、こうした前借で働くのが普通でした。 女性だけではなく男性で炭坑労働者や建設労働者なども同様に前借で働く所謂タコ部屋がありました。

 

 このような習慣は日本だけでなく、朝鮮や中国その他世界各国にあるようです。

 

 アメリカはこれを理解しているのです。

 

 ちなみにNY州の慰安婦非難決議でも「20世紀最大の人身売買事件」となっています。 20世紀最大かどうかは別として、アメリカでは公式に強制連行は認めて居ないのです。

 

  

 

 朝日新聞の記者は更にサキ報道官に質問します。

 

QUESTION: Do you describe this issue sex slave or comfort women?
質問:あなたはこの問題をどう表現しますか、性奴隷または慰安婦

 

MS. PSAKI: Again, I don’t know that I’m going to define it. You kind of laid out the specific details there, and we have described this issue in the past as comfort women[ii].
サキ氏: 繰り返しますが、私はそれ定義するつもりがあるかはっきりしていません。あなたはそこで詳細を展開しているのしょう。私たちはこの問題を、かつて慰安婦として表現しています[ii]。

Go ahead in the back.
先に移ります、その後ろのかた。

 

 なんとしても慰安婦を性奴隷と言わせたくて、朝日新聞の記者は頑張るのですが、サキ報道官は断固拒否、朝日記者の質問を打ち切ってしました。

 

 これでサキ報道官が橋下発言を厳しく非難したと言えるでしょうか?

 

 動画のサキ報道官の表情を見ても、むしろ馬鹿な質問を続ける朝日記者にゲンナリしているのではないでしょうか?

 

 明らかにサキ報道官はこの問題に関わりたくないのです。

 

 そしてこれがアメリカ慰安婦問題に関するすべてではないかと思います。  

 

 ちなみに「クリントン前国務長官が慰安婦を性奴隷と表現した」と言うニュースもありましたが、これは韓国メディアの作った虚報です。

 

 「慰安婦」ではなく「強制された性奴隷」 米国務省、韓国紙報道を確認せず

 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120710/amr12071011250004-n1.htm

 

  

 

 こうしてみると、アメリカは慰安婦についてかなり正確に認識しているのです。

 

 それでは何でアメリカで慰安婦に関する非難決議が出たり、碑が出来たりするのだと言うけれど、これについてはアメリカ在住のyohkanさんが説明「 韓国の謀略に乗せられて日米離反…」がわかりやすいです。

 

 アメリカの地方都市やNYでも確かに非難決議は出ています。 しかし慰安婦の避難決議なんか日本の地方議会でもやっているのです。

 情けない事ですが、我が札幌市議会もやっているのです。

 

 札幌市民の多くが本気が慰安婦の強制連行なんか信じているわけではありません。 けれど北海道は労組と公務員が最大勢力なので、コイツ等の送り込んだ市議会議員が札幌市に沢山いるのです。

 それでこんな馬鹿な決議が通るのです。

 

 しかし札幌市民の殆どそんな決議があった事なんか知らないのです。 多くの市民が知らないからこそこんな事をやっているのです。

 他の地域の慰安婦非難決議だって同様でしょう。

 

 同じ事が韓国系住人の多い地域で、起きてしまうのです。

 

  

 

 所謂保守派の中にも「アメリカ慰安婦問題では、中韓と利益共同体」と言う人がいます。

 

 勿論アメリカ人にすれば、第二次大戦で敵国であった以上、日本にはできるだけ悪者でいて欲しいのは確かでしょう。

 

 しかしそれにしてもアメリカの慰安婦非難と言うのは、結局日本の地方議会の慰安婦非難程度の物です。

 しかも日本の左翼議員のように強制連行を認めてはいないのです。

 

 アメリカの下院でも慰安婦非難決議は出ましたが、決議に参加した議員は極少数です。

 

 アメリカは民主主義国家ですから、一部には中国や韓国の利権に集る議員もいて、そう言う連中が利権の為に頑張るのはアメリカ政府にも、また多くのアメリカ人にもどうしようもないのです。

 

 これは日本と全く同じです。

 

 それどころか日本の共産党や社民党民主党議員の方が、アメリカの韓国利権議員なんかより遥かに悪質ではありませんか?

 

 共産党なんか今でも必死になって強制連行があったと喚き続けているのです。

 

 こんな政党が国会で議席を持っているのに、アメリカの慰安婦非難だけを問題にして、「アメリカは反日だ」などと言うのはオカシクはないですか?

 

  

 

 むしろ慰安婦に関して最大の反日勢力は実は日本のマスゴミと左翼なのです。

 

 今回のサキ報道官の発言を引出し、「アメリカが非難した!!!」と大騒ぎをしているのだって、実は日本のマスゴミです。

 

 慰安婦問題を捏造したのは朝日新聞だし、朝日新聞にすれば何とか自分が放火した火事を消したくないのです。

 それで消えかけるとまたガソリンを撒くのです。

 

 ワタシは上述したように、アメリカ慰安婦問題にはできるだけ関わりたくないのではないかと思います。

 

 こんな捏造に付き合って日本非難を続けると日米関係が悪くなるばかりではありません。 慰安婦問題をほじくり続けると、朝鮮戦争ベトナム戦争でも慰安婦問題もやがて出てきます。

 

 更にPKOでも慰安婦問題が出ているのです。(PKOと世界最古の職業

 

 そう言う意味では韓国が際限もなく慰安婦騒動を焚きつけ続けるのは、アメリカにとっても大変な迷惑なのです。

 

  

 

 それでも勿論韓国は騒ぎ続けるでしょうし、また朝日新聞始め日本のマスゴミも放火を続けると思います。 そしてアメリカが慰安婦で日本を非難していると言う捏造報道を続けます。

 

 ワタシ達日本人はこのような日本のマスゴミに乗せれられるだけは絶対に避けなければなりません。

 

 朝日新聞は戦前、ひたすら反米、反英世論を煽りました。 そして反米、反英を煽り続ける事で、ソ連の脅威を隠蔽したのです。

 

 結果が日ソ不可侵条約と三国同盟です。

 

 慰安婦の問題で日米が離反して、喜ぶのは何処でしょうか?

 本当の敵は誰でしょうか?

 

 それを絶対忘れてはいけないのです。

  1. 慰安婦
  2. TB(0)
  3. CM(23)

2013-05-27 13:22

萌える北海道神宮 その2

 札幌も昨日から気温が上がり、ようやく20℃を超えました。

 

  

 

 これでようやくストーブや湯たんぽを片付けられそうになって来ました。

 

  

 

 こうして桜が咲き緑が萌えはじめる景色は、例年なら連休の前後の景色です。

 

  

 

 それが今頃やっとなのですから、本当にどんだけ異常気象なんだと思います。

 

  

 

 それでもとにかくこうしてようやく春本番の景色になったのですから、ホントに嬉しいです。

 

  

 

 萌える緑の中にヤマガラ君が・・・・・。

 

  

 

 この日はいつものリスの桂の木にはエゾリス様もシマリス様も見えませんでしたが、小鳥が一杯でした。

 

  

 

 小鳥達はリスよりも遥かに素早くて、写真に撮るのが難しいのですが、次々と飛んできます。

 

  

 

 だってこうして暖かく春らしくなった事を一番喜んでいるのは小鳥達でしょう。

 

  

 

 あんな小さな体で寒さに耐え続けたのはどんなに辛い事だったでしょうか?

 

  

 

 萌えはじめた緑の中で小鳥の声を聞き、姿を見ると幸せが一杯です。

 

  

 

 春の妖精達もようやく出そろって来ました。

 

  

 

 妖精達に励まされて、円山に登る事にしました。

 

  

 

 円山は北海道神宮の神域の中の小さな山です。

 

  

 

 標高は225mで、木々の間から札幌のビル街が見えるのですが、立派な原生林なのです。

 

  

 

 けれどここは神様の憑代だから、こんな所に原生林が残ったのです。

 

  

 

 登山道に沿って四国八十八か所に倣って石仏が置かれています。

 こうして神も仏も敬うのが日本人の信仰です。 

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2013-05-25 15:58

人権はフルスペックで当たり前??

 人権はフルスペックで当たり前

 

 私は、インターネットの普及以来、勢力を拡大しつつあるように思えるある種の「本音万能主義」に対して、強い憂慮の念を抱いている。

 詳しく述べる。ネット上では、遠慮の無い発言が許される。

 特に匿名のアカウントで発言する人間は、露骨な差別用語や、リアルな空間では決して口外できないヘイトスピーチの類も自在に拡散できる自由を手にしている。だから、発言は、どうしても過激かつ露悪的な方向に流れがちになる。
 
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1369410266/

 http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20130523/248527/

 

  

 

 今ネットで武洋匡氏さんのイタリア料理店入店拒否が話題になっています。

 

 入店拒否騒動の乙武洋匡、「冷静さを欠いた」 反省するも「逆ギレしたのではない

 http://www.j-cast.com/2013/05/21175519.html

 

 上に紹介した文章はそれに関する記事なのですが、元記事がやたらに長く、その上ログインしないと全部読めいので2チャンに掲載した部分の一部だけをコピペしました。

 

 この記事の筆者小田嶋 隆氏はいつもそうですが、この記事も論理がグニャグニャなので、細かく突っ込む事はしません。

 

 ともあれこの小田島氏は乙「人権はフルスペックで当たり前」とにかくどんな人間でも、全ての人権を全面的に保障されるべきであると言いたいようです。

 

 そうするとワタシは大変不思議なのです。

 

 だってもし「人権はフルスペックで当たり前」なら、当然ですが誰にでも言論の自由や表現の自由は全面的に保障されるべきです。

 

 ネットで乙武氏を批判するのに文句を言うってオカシイではありませんか?

 ネットで乙武氏を批判している人達は自分の人権を行使しているだけなのですから。

 

  

 

 また人権は問題のイタリア料理店の店主と店員にもあります。

 

 問題のイタリア料理店へ実際に行って、店やその近辺の状況を実際に確かめた人がいます。

 

  乙武氏ツイートの銀座の店に行き、店主に取材しました

 http://blogos.com/article/62742/

 

 実際この写真を見ると、体重40キロの人を抱えて狭い急な階段を登るなんて危険な事が出来るわけがないのは明らかです。

 

 幾ら障碍者には支援するべきと言われても、彼等だって自分の生命を守る権利はあります。 乙武氏を抱えて階段から転げ落ちて重症を負ったら、誰が責任を負ってくれるのでしょうか?

 

 乙武氏責任を負うどころか、自分を危険な目に遭わせたと言って店主や店員を責めるのではないでしょうか?

 

   

 

 またこの店主の口のきき方が悪かったのだと言う人達もいます。

 

 当時の遣り取りは証拠がないので水かけ論にしかなりません。 しかし言い方が悪かったと言われてもね。

 

 レストランはサービス業ですから、店主や店員は出来る限り客への対応には気を使うでしょうが、時には虫の居所が悪い事もあれば、客の態度にムカつく時もあります。

 

 そんな時多少無愛想になったからってそんなに責められる事ですか?

 

 「サービス業の人間は常に全ての感情を殺して客にはにこやかに応対し、客の機嫌を損なうな」なんてことを要求する事って完全に人権侵害ではありませんか?

 

 サービス業の人達は客の奴隷でも、サービスの道具でもないのです。

 

 人権はフルスペックが当然と言う小田島氏は、イタリアレストランの店員と店主の人権はどう考えているんでしょうか?

 

  

 

 人間は五体満足に生れても、スーパーマンに生れるわけではありません。

 出来る事と出来ない事があります。

 

 そう言う意味では障碍者と健常者には、本質的な差があるわけではないのです。

 

 障碍者を差別しないと言うのは、健常者が常に障碍者の便宜の為に奉仕すると言う事ではないでしょう?

 

 障碍者も健常者もできる事と出来ない事があるのだから、出来る事はしなければならないし、出来ない事が出来なくても非難される言われはありません。

 

 乙武氏は重度の障害者ですが、しかし経済的に恵まれ、社会的にも大きな発言力を持つ人です。

 

 そう言う人が小さなレストランの店主をその社会的影響力を使って懲らしめる、自分の気に入らない態度を取ったと言う事で懲らしめるなんてことは極めて不道徳です。

 

 このような場合、乙武氏は自分の社会的影響力を考慮して、レストラン店主に対する不満は自制するべきなのです。

 

  

 

 それを自制できず「自分は障碍者なのだから健常者からは全面的な支援を得られるべき」と考えるなら、もう障碍者と健常者が平等などと言う話ではありません。

 

 明らかに障碍者を特権階級と考えているのです。

 

 そしてこの小田島氏などもそうです。

 

 小田島氏は良くネットでの言論を批判しています。

 そしてその度に人権を持ちだします。

 

 そうなると最初に戻りますが、彼は基本的人権の中でも最も重要な人権である「言論の自由」や「表現の自由」をどう考えているのでしょうか?

 

 「ヘイトスピーチ」とか「差別発言」と言うのは小田島氏が勝手に自分の独断と偏見で判断している事です。 他人の人権を尊重する人なら、そう簡単に他人の発言をそのように批判しないでしょう。

 

  

 

 ワタシはこの小田島氏やその他やたらに人権を振り回す人は、実は全然人権と言う物を理解していないのではないかと思います。

 

 ワタシは以前「 魚と人権のミュート」と言うエントリーをしました。

 

 この小田島氏のような人がまさに本当の意味での人権を理解できず、特定人達の人権だけが人権だと思って、その人達の人権を極大化させて、他の人々の人権を蹂躙している人間だと思うのです。

 

 このような人々は結局反人権、そして社会の害にしかならないでしょう。

  

  

 

 

  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(22)