fc2ブログ

2012-12-25 10:44

久しぶりに琴似へ

 一昨日久しぶりに琴似へ行きました。

 

  

 

 久しぶりの快晴で散歩日和でしたが、何か色彩のある物が見たかったので、琴似の繁華街に行ったのです。

 

  

 

 しかし海の方には雲が湧いています。 きっとあの雲の下は雪です。

 

  

 

 ツグミ君がいたので撮ろうとしたら、飛び立ちました。

 

  

 

 子供達はスノーボードに乗って何処へ行くのでしょうか?

 

  

 

 と、思ったら近くの公園について、万歳~~!!!

 

  

 

 お店ではサンタクロースと雪達磨が客引きをしていました。

 

  

 

 まだ3時過ぎなのに、もう夕暮れの気配です。

 

  

 

 空にはもう月が出ているのです。

 こんな時間なのにもう夜を待ちきれないのです。

 

  

 

 一方、夜の歓楽街はちゃんと開店時間を守ります。

 

  

 

 しかしお日様も居酒屋の開店時間なんか気にせずにさっさと沈むようです。

 

  

 

 お花屋さんは色彩で溢れて居ました。

 

  

 

 サンタクロース達は売れたでしょうか? 

 

  

 

 琴似の繁華街を一通り往来して家に向かうともう街灯がついていました。

 

  

 

 それから家まで半分ぐらいになると、窓の明かりもつき始めました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-12-24 17:17

窓の雪 その2

 札幌は昨日から急に寒くなりました。 今日は日中でも気温は-6℃でした。

 しかしそんな事はよもちゃんには関係ありません。

 よもちゃんはマイペースです。

 

 

  

 

 Zzzzz・・・・・。

 

  

 

 あら? 鷹さん、一体ワタシに何の御用ですか?

 

  

 

 今日はクリスマスイブだから、よもちゃんにクリスマスプレゼントを持ってきたんだよ。

 

  

 

 まあ嬉しい!! 一体何ですか?

 

  

 

 これだよ。

 

  

 

 まあ、何て美味しそう!!

 ヤッパリ、鷹さんは親切な紳士なんだわ。

 

  

 

 ヒョッとしてあの鷹さんは安倍さんの分身かも?

 

   

 

 よもちゃん、鳩さんだって、ちゃんとプレゼンがあるよ。

 ホラ、このお花は鳩さんからのプレゼントだよ。

 

  

 

 ウワッ~~!! さっきのは何?

 黄色い薔薇を持った化け物は・・・・・。 黄色い薔薇って、確か花言葉は「貴方には誠意がありません」だったじゃない?

 

  

 

 ああ、まだ窓が真っ暗だわ。

 同居に~ん!! 窓を開けてよ。 窓の外はどうなってるのよ?  

 

  

 

 何騒いでるのよ? 窓の外は雪よ。

 

  

 

 ホラね。 これだからお昼になっても部屋は明るくならないのよ。 わかったら起きなさい。

 

  

 

 イヤよ!! こんな暗い世界!!

 

  

 

 窓が真っ暗だから、あんな化け物が出るんだわ。

 

 

 幾らなんでも夢見が悪すぎましたね。

 可哀相なよもちゃん、せっかくのクリスマスが台無しでした。

 

  

 

  

 

  

 

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2012-12-24 13:48

愉快犯?? 脱原発

>今回の衆院選では公示直前、日本未来の党が脱原発の賛否を問うアンケートサイトを開設した。結果は予想に反し「脱原発反対」が多数を占めた。愉快犯的な利用者が殺到したとみられる。同党は「準備不足だった」として、サイトを閉鎖した。解禁に合わせて「なりすまし」や悪質な書き込みをどう規制するか。国会の論議の行方が注目される。

 http://mainichi.jp/select/news/20121222k0000e040163000c.html

 http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51400483.html

 

 

 【未来の党】脱原発アンケートの様子 

 

 

 忙しい人のための簡易版

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm19502701

 

 上の記事は毎日新聞の「ネット選挙:安倍氏「来夏解禁」 「偽物」どう防ぐ?」の記事の最後の一説です。

 

 しかし毎日新聞は何を根拠に未来の党のアンケートに応じた人を「愉快犯的な利用者」だとわかったのでしょうか?

 

 未来の党は勿論、脱原発賛成多数を期待したのでしょうが、結果が彼等の期待に反したからと言って、アンケートに応じた人が「愉快犯的な利用者」であると言う根拠にはなりません。

 

 このアンケートは様々なニュースサイトに貼られていたので、普通に応じた人も多数いたはずです。

 

  

 

 そして毎日新聞の12月11日の世論調査でも、16日の衆議院選挙で「最も重要な争点」でエネルギー問題とした人は僅か7%でした。

 http://mainichi.jp/select/news/20121211k0000e010133000c.html

 

 しかもその7%が脱原発ではなく「争点」としているだけなのです。

 

 また日経新聞が行った世論調査では、当面は以下の結果です。

 

> 衆院選でも争点の一つになっている原子力発電の在り方について尋ねたところ、
「電力供給のために今後も必要」が13%、「脱原発を目指すべきだが、当面は必要」が61%だった。

>現実的なエネルギー政策として原発の必要性を認める声が4分の3を占めた

 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG08030_Y2A201C1CC1000/?nbm=DGXNASDG0802O_Y2A201C1MM8000

 これらの世論調査が正しければ、未来の党のアンケートで脱原発反対が多数を占めるのは当然なのです。

 

 毎日新聞がもしそれを「愉快犯的な利用者」のせいとするなら、毎日新聞は自社や他社の世論調査はインチキだと認めるのでしょうか?

 

   

 

 毎日新聞や朝日新聞は、福島第一原発の事故以来、ひたすら反原発キャンペーンを続けました。 そして科学的根拠不明の放射能恐怖記事を掲載し続けました。

 

 事故直後なら津波のショックも相まって、反原発に傾いた人は多かったと思います。

 

 しかしその後、これと言った放射能被害はなく、一方原発停止の節電での苦労が続いています。

 

 だから一部のマニアや、反原発を政治的に利用したい人間を除く、多くの人は冷静に戻り、原発のメリットとデメリットの比較から、反原発に懐疑的になるのは当然でしょう。

 

 新聞が「知のインフラ」であるなら、一般国民が原発の現実を理解する前に、まずこのような原発の現実を報道するべきでした。

 

 そしてそれでも社として脱原発を推進したいのであれば、脱原発は自社の方針であり、それに伴う経済的な困難などのデメリットを報道するべきでした。

 

 けれど毎日や朝日がしたのは、放射能への迷信的恐怖を煽り、福島の被災者への人権侵害や、被災地の食品への風評被害を拡大する事でした。

 

 そのような方法で反原発世論を煽ろうとしたのです。

 

 これは悪質なデマゴーク以外の何物でもないのです。

 

 ところがこの悪質なデマゴークを世論と勘違いした政党や政治家は実に安直に反原発を政策目標に掲げました。

 

 勿論彼等には、原発に代わるエネルギー源のプランがあったわけでもなければ、現在日本にある核燃料やプルトニウムの処分の為の計画など何もありませんでした。

 

 賢明な国民はこんな政党を選ばなかったのです。

 

 しかしそれが毎日新聞や朝日新聞には不満でたまらないようなのです。

 

  

 

 なるほど原発事故直後、津波と放射能の恐怖で慄く人々に、反原発を説けば大人気になると言うのは誰でも思いつきます。

 

 しかしエネルギー政策のような重要な物を、このような感情的判断だけで決定し、それで人気を得ようとする政治家をポピュリストと言います。

 

 そしてこのポピュリズムを煽ったのは実は、大衆ではなかったのです。

 

 このポピュリズムを煽って、反原発を政治利用しようとしたのは、「知のインフラ」を自認する新聞社だったのです。

 

 だから彼等が自社の世論調査の信憑性を否定してもなを、脱原発反対者と「愉快犯的な利用者」と言いたい気持ちはわかります。

 

 放火魔にしてみれば、せっかくガソリンを撒いて火をつけたのに、それが簡単に消されたら面白くはないでしょうから。

 

  

 

 戦前、日本をアメリカとの戦争に追い込んだのは、「暗殺付きポピュリズム」でした。

 

 やたらに大衆受けの良い勇ましい主戦論が世論を覆い、それに逆らう政治家は唯落選するだけでは済まず、次々と暗殺されました。

 

 すると暗殺者を非難するどころか「国士」と絶賛する人間が多数現われる始末です。

 

 こうなるともう理性も糞もなく、戦争への坂道を転げ落ちるしかありません。

 

 しかしワタシはこの「暗殺付きポピュリズム」が本当に大衆の中から生まれたとは思えません。

 

 ワタシは祖父母の話を聞いています。

 

 ワタシの祖父母は父方も母方も、小学校卒で丁稚上がりの小商人や女中でした。

 けれど祖父母は誰も、アメリカと戦争したかったなどとは言っていませんでした。

 

 貧しい庶民にとってはまず日々の生活が重要であり、それを根底から覆す大戦争など好むはずもないのです。

 

 それを煽ったのは庶民ではなく、当時の朝日新聞や毎日新聞です。

 

 彼等は当時の庶民が善良で国家に忠実であり、一方庶民はまた他に情報源が無い事を利用して、安易な扇動と悪質なデマゴークの繰り返しで戦争へと追い込んだのです。

 

  

 

 今回の脱原発に関する朝日や毎日のやり方は、実はこの戦前の彼等の手法そのままではありませんか?

 

 しかし現在は彼等の悪質なデマゴークに対抗する手段があったので、日本は救われたのです。 

  

  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2012-12-23 19:59

情報戦 予定通り

 先日チャンネル桜で上念司氏が、安倍政権に対して敵が仕掛けてくると思われる情報戦に対する解説がありました。

 

 安倍政権に対する敵は多いのですが、一番厄介な敵は実は、直接安倍さんの政策に反対する左翼ではなく、安倍さんの味方を偽装した保守なのです。

 

 安倍さんの掲げる政策目標は、どれも一朝一夕に実現するようなものではないのですが、偽装保守やそれに扇動された人達は、その実現をひたすら急がせ、少しでも期待に反すると「安倍はヘタレた!!」「韓国の犬!!」などと喚くのです。

 

 実は今回自民党竹島の日の式典を延期したとか、尖閣諸島への公務員常駐を先送りしたとか言う情報に関して、早速この上念氏が指摘した通りの反応が出ているので、笑ってしまいました。

 

 

 【メディアの嘘を見抜け】偽装転向コミンテルンのコア戦術[桜H24/12/19] 

 

 

 今竹島の日の式典や尖閣諸島への公務員常駐先送り情報がどの程度正確なのかはわかりません。

 

 しかし本当に式典や公務員常駐の先送りがあっても、ワタシは構わないと思っています。

 

 なぜなら竹島問題も尖閣諸島の公務員常駐も、実際にやるとなると相当の準備が必要なので、実現するには数年かかると思っていました。

 

 例えば尖閣諸島への公務員常駐ですが、尖閣諸島には現在人間が長期間生活できるような設備はありません。

 

 だからまずこれを作る為の事前調査だけでも随分かかります。

 

 それ以上に尖閣諸島だけに自衛官を上陸させても、尖閣諸島の安全確保はできません。

 

 有事に備えて補給や応援の体制を作らないと、尖閣諸島にだけ基地を作っても機能しないのです。

 

 そのためには石垣島や西表島など尖閣諸島に近い島々にも、自衛隊基地を作り、それが在沖縄米軍とも有機的に連携できる体制を作らなくてはなりません。

 

 また尖閣諸島に基地を作るとなると、中国が何を始めるかわかりませんから、その前に海上保安庁と海上自衛隊と航空自衛隊の増強も必要です。

 

 尖閣諸島に公務員を常駐させる為の準備は、まず海上保安庁、海上自衛隊、航空自衛隊の増強をして、石垣島・西表島などに自衛隊基地を作り、そして最後に尖閣諸島に基地を建設する事になるのです。

 

 そしてこれはアメリカと緊密な連携を保ちながら進めなければなりません。

 

 ところでアメリカは現在尖閣を守る気満々で、上下院両院で尖閣諸島に日米安保の適応する法律を可決しました。

 だから当面中国は尖閣問題で、日本に嫌がらせは出来ても、本物の軍事行動はとれないでしょう。

 

 だから今中国に「先送りするからね♪」と言っても全然構わないのです。

 

 中国は適当に言いくるめて、その間にドンドン上記の作業を進めるだけです。

 

  

 

 韓国への対応も当面慎重にするのが正解でしょう。

 

 現在日本は韓国と中国の二正面作戦をとるのは得策ではありません。

 

 特の先日の北朝鮮の弾頭ミサイル実験に対して、日米が制裁をしようとしている時に、韓国中国北朝鮮側に着かせることだけは絶対に避けなければなりません。

 

 韓国内には何とか韓国を日米から引き離して、中国北朝鮮に付かせたい勢力がいるのですから、それを勢いづけるような行動は当面避けるしかありません。

 

 どの道竹島問題と尖閣問題を比較すれば、後者の方が遥かに重要なのです。

 

 そして日本が尖閣諸島に基地を建設して、対中国防衛の体制を確立すれば、韓国なんかどうにでもなるのです。

 

 それまでは韓国とは無用の摩擦は避けるべきです。

 

  

 

 安倍さんの掲げる戦後レジームからの脱却は、大変な大目標です。

 

 そして尖閣諸島への公務員常駐のような事でも、上記のような理由から相当の時間が必要です。

 

 ワタシは尖閣諸島への公務員常駐には、最低でも3~4年かかると思っています。

 

 だからそのためには何よりも、次の参議院選挙で安倍自民党が勝ち、参議院過半数を確保する事が必要です。

 

 そのためには当面全精力を経済に集中するべきです。

 今日本人が一番望んでいるのは経済の回復です。 経済が回復が鮮明になれば、安倍自民党参議院で勝てます。

 

 一方中国韓国にすれば、安倍さんを参議院で勝たせなければ良いのです。

 

 そのためには竹島や尖閣や靖国で安倍さんが行動を起こしたら、ここを先途と反日デモのような騒ぎを盛大にやって、中韓在住の日本人や日本企業に損害を与えて「そらみろ!! 安倍がこんな事をするから日本人が酷い目に遭った。 安倍が悪い~~!!」と言う世論を起こせばよいのです。

 

 だから安倍さんには参議院勝利まで、対中国対韓国外交は慎重を期して頂くしかありません。

 

 もしも安倍さんが次の参議院選挙で負けたら、また第一次安倍政権の時と同じ事になります。 つまりその後参議院に振り回されて、マトモな政権運営が不可能となり、有効な政策を全部潰されて、挙句にまた自民党下野と言う事になります。

 

 しかしそうなればもう二度と戦後レジーム脱却のチャンスは巡って来ません。 このような困難な目標に挑戦する政治家は居なくなってしまいます。

 

 そして日本は良くてアメリカの属国、悪くすれば中国の属国になります。

 

 だから絶対に安倍さんには屈辱に耐えて、中国韓国に対する慎重な外交を望みます。

 

 ワタシ達国民は「偽装転向コミンテルン」の謀略には、乗らない様にしなければなりません。

  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2012-12-23 12:00

冬至の翌日

 昨日午後から買い物に出ました。

 

  

 

 また雪が降っていました。

 

  

 

 近所の激安店に行くと、まだ店先に冷凍カニを並べて居ました。

 冷凍カニや冷凍キンキに雪が積もります。

 

  

 

 もうお正月用品も沢山並んでいます。

 ここで一匹49円!!の鯖を二匹買い、それからキャベツと白菜を買いました。

 は30㎝程で、目が綺麗に澄んで鮮度も良いです。

 

  

 

 それからや野菜を一旦家に置いて、今度はスーパーへ行って、ワインを買いました。

 

  

 

 スーパーを出る頃、もう日が暮れてきました。

 

  

 

 冬至の翌日なのだから、日暮れは早いのです。

 

  

 

 だから今の季節は、午後買い物や散歩に出かけると、帰る前に日が暮れてしまいます。

 

  

 

 歩いていると商店や街頭の明かりに目が行きます。

 

  

 

 子供達はもう雪遊びを止めて家に帰ったようです。

 

  

 

 雪は降り続きます。

 

  

 

 それでもワインの3リットルパックを担いだまま、発寒川沿いを散歩する事にしました。

 

  

 

 雪で埋まった公園の中を歩きました。

 

  

 

 フラッシュを焚かずに街路灯を撮ると雪の舞うのが良くわかります。

 

  

 

 フラッシュを焚くと雪が星のように煌めきます。

 

  

 

 そしてまた朝までに厚く積もるのです。

  

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-12-22 14:02

情報戦 

自民党公式Facebook

竹島の日」について、いろいろな報道が流れているようですが、現時点で新政権としての方針については、何も正式発表はしておりません。
竹島」がわが国の領土であることは疑いない事実です。
その上で、現在の韓国による不法占拠の解決へ一歩でも早く進めるよう、安倍新政権のもとでアジア外交・北方アジアの安全保障等を総合的に勘案し、新総理が対韓政策を判断していくこととなります。
皆さまのお気持ちは、よくわかっております。
その上で、問題解決へ向けて、現実的に最良と思われる選択をして参ります。
どうか、ご理解いただきますようお願い致します。

自由民主党facebook オフィシャルWEBサイト

 https://www.facebook.com/jimin.official

 http://www.facebook.com/photo.php?fbid=443883485665176&set=a.426647884055403.102561.154551137931747&type=1

 

  

 

 

 竹島の日式典見送りとか、韓国大統領就任式出席とかについて、昨日からホントに沢山の情報がマスゴミに出ています。

 

 

 毎日新聞

 http://mainichi.jp/select/news/20121222ddm005070132000c.html

 

 テレビ朝日

 http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/221221013.html 

 

 

 他にも沢山ありますが、面倒臭いので貼りません。

 

 しかし自民党は何一つ発表されていないのです。

 

 これらの記事は一体誰がどのような根拠で書いているのでしょうか?

 

  

 

 安倍さんが自民党総裁に立候補した時から、マスゴミは根拠不明の情報を流して、安倍支持者を減らそうとしてきました。

 

 つい先週も、安倍さんが熊本県での講演で「日銀に建設国債の買いオペを期待する」と言えば、勝手に「日銀の国債引き受け」と捏造して、安倍さんがそれを「日銀引き受けでない」と訂正すると今度はそれを「ブレた!! ブレた!!」と喚き散らすような事をしました。

 

 またTPP交渉参加では、根拠なく「自民党は参加決定」と報道して、既成事実化を図ろうとしたこともあります。

 

  

 

 この竹島の日に関する報道も、この手ではないかと思います。

 

 安倍さんが竹島の日の式典を中止したと根拠なく報道する事で、それを既成事実化するとともに、安倍さんを支持してきた保守層を失望させて、安倍さんの支持者を減らそうとしているのです。

 

 ちなみに今日は尖閣諸島への公務員常駐を先送りしたと言う報道もでています。

 

 時事

 http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012122201001404.html

 

 これについても何処まで確定的な情報かわかりません。

 

 しかしこれもマスゴミが何としても既成事実化したい、そしてそれによって安倍さんの支持者も減らしたい報道であることは明らかです。

 

  

 

 竹島も尖閣もまた河野談話撤回や靖国参拝も、外交問題ですから安倍さんがこれを何時実行されるかはわかりません。

 

 だから何としてこれらの問題で安倍さんに反対する勢力は、わけのわからない情報戦を仕掛けてくると思います。

 

 だからワタシ達はマスゴミでこれらに関する記事をみたら、まずそれがどこまで本当かどうかを吟味するべきです。

 少なくとも記事を読んでいきなり怒り出す、そして「安倍はヘタれた!!」などと喚くような愚かしい事は絶対避けなければなりません。

 

 それこそ反日勢力が最も期待している事なのです。

 

 彼等はこれでコアな安倍支持層を安倍さんから離れさせることで、今後の参議院選の敗退を願っているのです。

 

 人間には感情的と分析能力を同時に働かせる事が難しいと言う性質があるそうです。

 

 つまり感情的にショッキングな話を聞くと、それが真実かどうかを理性的に判断する事ができにくいです。 そして理性を飛ばして、闇雲にそれが真実だと信じてしまうのです。

 

 だから敵もこのような情報を意図的に流すのです。

 

 ワタシ達は感情に流されず、冷静な判断を失わないように気をつけなければなりません。

 

  

 

 そしてまたこれは根源的な問題ですが、竹島、尖閣、河野談話靖国参拝は、70年弱続いた戦後教育の末に出てきた症状なのです。

 

 長い間患い続けた慢性病の結果出てきた症状なのです。

 

 そしてこれらの問題で、安倍さんに反対している人間は、自民党内にも沢山いるのです。

 

 これを一期に解決するのは簡単ではありません。 

 

 だから安倍さんがこれらを全部解決するのは、まず安倍政権が長期政権として安定した基盤を固める事が第一なのです。

 

 それには何としても次の参議院選挙で安倍自民党が勝利しなければなりません。

 

 安倍自民党参議院選挙で勝利して、初めて安倍さんの自民党内の地位も不動の物になり、上記の外交懸案もさらに教育改革や憲法改正にも取り組めるのです。

 

 それまでワタシ達も情報戦に負けてはいけないのです。 

  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2012-12-22 12:27

窓の雪

 今年は凄い雪です。

 初雪は11月の末で、例年より20日も遅かったのに、降り始めたらドンドン降り続いて積雪量はもう去年の2月並になったのではないかと思います。

 一方よもちゃんはマイペースで日々を送ります。

 

 

  

 

 Zzzz・・・・・・。

 

  

 

 まあ、チコ様、エリザベス朝の宮廷装束はどうなさったのですか?

 良くお似合いだったのに?

 

  

 

 実はもうエリザベス一世陛下には辞表を出したんだよ。

 だってあんまり待遇が悪いからさ。 女王陛下はケチで食事も宮廷のネズミを自主調達しなきゃならなかったんだけど、イギリスはネズミまで不味いんだよ。

 

  

 

 それは大変でしたね。

 ヤッパリお父様の御側で、高級カリカリやコシヒカリで太った越後の雀を召し上がる方が余程良い生活ですもね。

 

   

 

 そ、そうでもないよ!!! 助けて~~!!

 

  

 

 チ、チコ様!!

 

  

 

 あ~~あ、ビックリした!!

 夢だったのね。

 

  

 

 でも一体今何時かしら? 随分寝たような気がするけど、まだこんなに暗いわ。

 

  

 

 同居人はトイレかしら?

 アイツはやたらにオシッコが近いのよね。 そんで夜中に何度もトイレに行くのよね。 その度にワタシの安眠を妨げるのよ。 少しは猫迷惑も考えて欲しいモノね。

 

  

 

 Zzzzz・・・・・・。

 

  

 

 

 寝室が暗いのは、夜が明けていないからではありません。

 窓が雪で埋まってしまったからです。

 屋根に積もった雪が、滑り落ちて窓の所を埋めるのです。

 例年こんな事になるのは、2月の下旬以降なのですが、何と今年はもうこのありさまです。 

 

 ともあれよもちゃんにとって「窓の雪」は眠り続ける理由にしかならないのです。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-12-21 19:47

慰安婦強制連行説捏造の証拠

  朝日新聞もまたア詐欺新聞始め国内の反日勢力もまた「従軍」慰安婦に執着しているようです。

 

 この「従軍」慰安婦が大問題になったのは、ア詐欺新聞が「日本軍が朝鮮で多数の若い女性を拉致して、強制的に売春をさせた」と捏造報道したからです。

 

 なるほどホントに軍隊が多数の女性を拉致して強制的に売春させたのなら、確かに深刻な人道問題です。

 

 しかし拉致や強制が無くただ朝鮮人の女性を売春婦として雇用したのなら、唯の管理売春で、これは問題でも何でもないのです。

 

 そして現実には日本軍が朝鮮で女性を拉致した証拠など全くないのです。

 

 そこで「従軍」慰安婦問題に執着する連中は「広義の強制」とか、果てはホモや愛人まで問題にして騒ぎ続けています。 ( 従軍慰問題 発散∞

 

  

 

 この慰安婦強制連行説に信憑性が無い理由は沢山あります。

 

 拉致を命令した命令書が無いとか、当の慰安婦たちの証言がコロコロ変わる上、全く辻褄の合わない話ばかりするとか・・・・・。

 

 でもワタシが一番根源的にオカシイと思ったのは、この慰安婦強制連行の話は89年にア詐欺新聞が捏造するまで一切なかった事です。

 

 もしこの慰安婦強制連行が本当なら、これはホントにオカシナ話です。

 

 慰安婦の存在自体は戦時中から秘密でも何でもありませんでした。

 

 慰安所には殆ど全ての兵隊が通い、慰安婦と接しますから、秘密になんかできるわけはありません。 それに当時は公娼制度があり、男性が遊郭で買春する事は極当たり前の話だったので、秘密にしなければならない理由もありませんでした。

 

 だから70年代ぐらいまでに書かれた軍隊生活を舞台にした小説や、出征兵士の回想や手記にも慰安婦の話は普通に出てきます。

 

 現在の娯楽誌や気楽な席での話題に、風俗嬢や風俗店の話題が出るのと同じ感覚です。

 

 しかしその中で慰安婦たちが強制連行されてきたなどと言う話は全くありません。

 

 代りに彼女達の雇用形態は当時の公娼の売春婦と同じであると言う話が常識になっています。

 

 殆ど全ての兵隊が慰安婦と接したのに、強制連行の話が漏れないってオカシイでしょう?

 

  

 

 でももっと不可解なのは朝鮮側の対応です。

 

 韓国は現在「20万人の若い女性が拉致されて慰安婦にされた」と言っています。

 

 20万人ってわかりますか?

 

 当時の朝鮮半島の人口は全部で2600万人でした。 2600万人から若い女性ばかり20万人拉致するって、どういう事かわかりますか?

 

 現在韓国の総人口は5000万人です。

 そして韓国軍の兵力は65万人です。 これを維持する為に韓国の全ての若者は、21ヵ月の兵役を務めているのです。

 

 この人口比を比較すれば判りますが、2600万人の人口から20万人もの若い女性を拉致するとなると、当時の朝鮮の若い女性の数割は拉致されたことになります。

 

 こんな事をすれば朝鮮中が大騒ぎになるはずです。

 

  

 

 幾ら日本軍が狡知を尽くして秘密を守ろうとしても、若い女性が大量に失踪する事になるのはどうしようもありません。

 

 朝鮮中の女性達や若い娘を抱えた家族は大パニックに陥るはずです。

 

 ましてア詐欺新聞植村記者が報道したように、工場で働く女性を白昼堂々拉致するような事をすれば、多数の目撃者がいるはずなのです。

 

 一つの工場や集落から5人10人と拉致しても、20万人も拉致するとなると、数万か所から女性が集団で拉致される事になります。

 

 こんな事をしておきながら、それが戦後半世紀近く全く知られずに秘密であることがあり得るでしょうか?

 

  

 

 20万人の若い女性には、40万人の両親がいて、更に兄弟や祖父母や叔父叔母、従弟・・・・近親者の総計は何人になるでしょう?

 

 朝鮮は儒教社会で16親等までも親族として扱います。

 

 20万人もの女性を拉致すると、全ての朝鮮人は親族から何人もの女性を拉致されている事になるのです。

 

 その膨大な数の人達が娘や妹を失った事を語らなかったのでしょうか?

 

 もしも本当に日本軍による慰安婦の強制連行があったのなら、娘を守る為に日本軍に抵抗して殺された父親、娘失って絶望して発狂した母親、娘達を守ろうとして村中で抵抗して皆殺しになった集落、そんな話が朝鮮全土に幾らでも転がっているはずです。

 

 しかし今までこのような話は一度も聞いた事がありません。

 

 強制連行の現場を目撃したと言う話も出ていません。

 

  

 

 またたとえ日本統治中は日本が強権的に強制連行の秘密を守ったとしても、戦後はどうでしょうか?

 

 普通に考えれば、日本の敗戦と同時に娘を失った親達が総督府に押し掛けて「娘を何処へやった!?」「娘を返せ!!」と騒ぎ立てて大変な事になるのではないでしょうか?

 

 そして日本側でらちが明かなれば、今度は米軍が進駐した時にそちらに押し掛けて「何とか娘をとりかえしてくれろ」と頼むでしょう。

 

 そうでなければ親じゃないです。

 

 慰安婦問題が戦後半世紀も明るみに出なかった理由を、ア詐欺新聞とその仲間達は「当時は女性の地位が低く、性的な犯罪の被害者は沈黙するしかなかった」と言っていました。

 

 しかし強制連行された女性達が売春させらている事など、残された家族が知るわけもないのです。

 

 普通の親なら自分の娘が失踪したり、まして目の前で拉致されたりしたら、とにかく見つけて助け出す事しか考えません。

 

  

 

 ア詐欺新聞の慰安婦強制連行捏造の元になったのは吉田清冶と言う詐欺師の書いた「私の戦争犯罪」と言う本です。

 

 これに集落や工場を襲って、若い女性健康そうな女性を選んで強制連行する話が出ているのです。

 

 この本は実は韓国でも翻訳本が出ました。

 

 そしてこの本を読んで驚いた済州島の新聞の記者が驚いて、その本に出ていた強制連行の現場になった集落を訪ねて、そこの老人達に話を取材しました。

 

 ところが誰もそんな話は知らなかったと言うのです。

 

 そしてあるお婆さんは「戸数250戸しかないこの村で、10人も若い娘がいなくなれば大騒ぎになるはずだ。 でもそんな騒ぎは全く知らない。 だからそんな事は全部嘘だろう。」と言いました。

 

 これは誰が考えて納得できる話です。

 

 そしてこの済州島の新聞記者もこれは全くの虚言であると結論したのです。

 

  

 

 戸数250戸の村から10人の娘を強制連行する話も、人口2600万の国から20万人の若い女性を強制連行する話も人口割合ではほぼ同じです。

 

 ところがア詐欺新聞のエリート記者はこの詐欺師の本をスクープ報道しました。

 ア詐欺新聞の他の記者や編集者にも、誰一人これに疑問を持つ人はいなったようです。

 

 そして現在韓国にも疑問を持つ人はいないようです。

 

 けれどワタシはあの済州島のおばあさんと同様、普通にこんな事はあり得ないとしか思えません。

 

 人口2600万人の朝鮮半島から20万人もの若い女性が強制連行されて、それが半世紀以上問題化されていない、オーラルヒストリー一つ無い。

 

 ワタシはこれこそが慰安婦強制連行捏造の根源的な証拠ではないかと思います。

 

 

 

  

 

  

 

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(17)

2012-12-21 11:52

ア詐欺新聞社

★朝日新聞
◎2009年、民主党圧勝時
・【論説】 「民主党圧勝!の勢い…期日前投票してきたが、初めて『歴史』に関与している感慨を覚える」…朝日新聞
 http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1251082206/
◎2012年、自民党圧勝時
・【朝日新聞】 「自民大勝…戦前の反省ふまえた、戦後日本の歩みを転換する。そうした見方が近隣国に広がれば、国益は損なわれよう」★2
 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1355710084/

 

   

 

 

 

66 :名無しさん@13周年:2012/12/21(金) 09:25:54.02 ID:qBoIAl7rI

 

 

安倍ニモマケズ

安倍にも負けず 右翼(ウヨ)にも負けず
捏造にも自作自演にも恥じぬ 丈夫な面の皮を持ち
謝罪はなく 決して検証せず いつもお前が言うなと言われている
一日に社説2つと 素粒子と天声人語を書き
あらゆることを感情の赴くままに 焚き付け 煽り 叩き そして火病る
特アのための工作機関 日本の左傾化を任務として
東にエビちゃん風のOLあれば、行って若者の右傾化が心配だと嘆き
西に男系を主張するヒゲの殿下あれば、行って黙れと命じ
南に美しい珊瑚あれば、傷つけK・Yって誰だと騒ぎ立て
北にミサイル発射する将軍様あれば、一発だけなら誤射かもしれないと言う
身内の不祥事には目をつぶり チベット問題は見て見ぬふり
みんなにバイコクドーと呼ばれ 信用されず 購読もされず
そういうサヨに 私はなりたい

 

 

 

 

 

 


「無断で病院に多額の広告料要求」 日本肝胆膵外科学会が週刊朝日に抗議 

2012.12.20 11:45 事件・トラブル

 「週刊朝日」が日本肝胆膵(かんたんすい)外科学会(宮崎勝理事長)の名前を無断使用し、病院施設に多額の広告料を要求していたことが判明したとして、同学会が週刊朝日側に抗議文を送付していたことが20日、分かった。

 学会によると、週刊朝日は平成25年2月発売予定の「手術数でわかるいい病院2013」に掲載する広告企画で、「取材協力」として学会と理事長名を無断で表記。多くの病院に広告料として100万円以上を要求していたとされる。

 学会は約3500人の会員医師に対し、「学会と宮崎理事長個人は週刊朝日の企画に対し、一切関わりを持っていない」として注意を呼びかけている。

 抗議を受けた同誌発行元の朝日新聞出版によると、同社は15年から「週刊朝日ムック」として、「手術数でわかる-」をシリーズ化。広告掲載は12~130万円だが、2013年版の広告募集は始めたばかりで、まだ申し込みはないという。

 同社は産経新聞の取材に、「広告会社によると、宮崎先生は取材に応じていただいたとのこと。『一切関わりをもっていない』とされていることには、いささか当惑している」と回答、「直接会って説明する」としている。

 

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121220/crm12122011450006-n1.htm

 

   

 

 一般社団法人 日本肝胆膵外科学会
   会員 各位
 

                      平成24年12月20日

             ご 報 告 

         一般社団法人日本肝胆膵外科学会 理事長 宮崎 勝 

 

    12月17日に「緊急のお知らせ」を本学会ホームページに公開させていただきましたが、週刊朝日ムック「手術でわかるいい病院2013」の広告募集の案内書において、本学会理事長の承諾を得ずに【取材協力:日本肝胆膵外科学会 理事長 宮崎 勝】と記載した件について、株式会社 朝日新聞出版より正式な謝罪がありましたので、ご報告いたします。

 
なお、株式会社 朝日新聞出版から今回の件についての謝罪と共に本件の企画広告の営業活動を中止したとの報告を受けました。
この報告を受け日本肝胆膵外科学会としては、会員の皆様に朝日新聞出版からのお詫びの文書を改めて掲載しお知らせすることといたしました。

 http://www.jshbps.jp/announcement.html

 

 

 

  

 

 http://www.jshbps.jp/assets/files/files/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%82%8F%E3%81%B3%E6%96%87%E6%9B%B8.pdf

 

  

 

 朝日新聞社は完全な詐欺で御座います。

 

 今後社名をア詐欺新聞社に変更される事をお薦めいたします。

 

 

 

  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2012-12-21 08:54

もうすぐクリスマス

 毎日のように雪が降っています。

 雪は昼も夜の降ります。

 

 

  

 

 ああ、また雪だわ。

 

  

 

 ホントに何でこんなに降るのかしら?

 

  

 

 12月にこんな大雪の年って、生まれて初めてだわ。

 

  

 

 ?? 何か聞こえたわ。

 

  

 

 なんか音楽のような気がするけど・・・・・。

 

  

 

 ダメ、聞こえなくなったわ。

 

  

 

 そうよね、こんな時間に街に音楽を流す程非常識な人はこの町内にはいないわよね。

 

  

 

 イヤ、ヤッパリ聞こえるわ。 向こうからよ。

 

  

 

 誰かしら? こんな夜遅く音楽を流すのは?

 

  

 

 それにしても、美しい音楽だわ。

 

  

 

 ああ、ダメ・・・・・。 何処から聞こえてくるか、全然わからないわ。

 

  

 

 アッ、わかった!!! あそこだわ!

 

  

 

 あの光の中から聞こえるのよ!!

 

  

 

 あの音楽は何処かで聞いたような気がするわ。

 

  

 

 そうだわ!! 思い出した!!

 あれは去年のクリスマスイブに、同居人と自転車に林檎を積んで・・・・ …天使様に頼まれた所へ届けに行った所で聞いた音楽よ!!

 

  

 

 選挙で安倍さんを応援するのに忙しくて、すっかり忘れていたけれど、もうすぐクリスマスなんだわ。

 

  

 

 それから希望に満ちた新年が始まるのよ!!!

 長い間待ち続けた日本復活の年が始まるのよ!!!

 

  

 

 

 そうです。 

 もうすぐクリスマスです。

 そして日本は16日に素晴らしいクリスマスプレゼントをもらいました。

 この20年間待ち続けた新しい希望の年です。

 日本復活の年です。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(4)