2012-03-31 20:43

増税の必要性

>欧州では、家計負担を軽くするため、食料品など生活必需品の税率を低く抑える複数税率を採用している。新聞や書籍も税率をゼロや大幅に低くする国が多い。複数税率導入も検討すべきだろう。

 

 http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120330-OYT1T01164.htm

 

  

 

 これが全新聞の主張する増税の必要性の全てです。 

  1. 増税詐欺
  2. TB(0)
  3. CM(20)

2012-03-31 13:55

名残雪 続き

 この冬最後の雪の朝、よもちゃんは元気にパトロールに出かけました。

 今回は大遠征をする気のようです。

 大丈夫でしょうか?

 

 

  

 

 さあ、今日は久々の大遠征をするわ。

 

  

 

 今はまだチビちゃんやモモちゃんだけでなく、他の猫達も全部パトロールをサボっているわ。 

 

  

 

 こういう時こそ、縄張りを拡張するチャンスなのよ。

 

  

 

 今なら小学校の方を仕切っているヨリメちゃんも、ケルビーノも出てこないわ。 こういう時に、小学校の方へ侵攻して、そのまま居座って、縄張り占拠を既成事実化すれば良いのよ。

 

  

 

 おお、町内は平和だわ。 ワタシの努力のお蔭でね。 

 

  

 

 月極め駐車場も異常はないわね。

 

  

 

 ここは広くて気持ちが良いから、狙っている猫が多いのよね。

 

  

 

 でも絶対に渡さないわ。

 

  

 

 領土は寸土も譲るな!! 縄張りだって1センチも譲っちゃいけないのよ。

 

  

 

 ここは、ワタシがモモちゃんやチビちゃんと一緒に遊ぶ場所なのよ。

 

  

 

 絶対にヨリメちゃんやケルビーノなんかの侵略は許さないわ!!

 

  

 

 そんで小学校の方にある雪捨て場、あれがまた良い遊び場になりそうなのよね。

 

  

 

 あそこでチビちゃんと遊んだら楽しいと思うんだけれどさ。

 

  

 

 チビちゃんは子供に遊んでもらうの大好きだから、小学校の側なら最高だと思うわ。

 

  

 

 それなのに、あそこはヨリメちゃんの縄張りなのよ。

 

  

 

 ヨリメちゃんは子供が嫌いで、子供を見ると一目散に逃げるクセに、あそこを譲らないよ。

 

  

 

 これは正義に反すると思うわ。

 

  

 

 だから今のうちに正義を行使しなくちゃ。

 

  

 

 「領土拡張は人間の本能であるから、能力のある者は拡張すべきである。」 

 君主論の一節よ。

 

  

 

 でも領土拡張の本能は猫も同じなのよ。

 

 

 何とよもちゃんはヨリメちゃんの縄張りを侵略する気です。

 大丈夫でしょうか?

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-03-31 12:23

小さな政府 もとから小さいじゃん?

小さな政府は嘘話だった西部邁ゼミナール 2012年2月11日放送

 

 

 

 この10年来「小さな政府」と言う話が盛んに喧伝されました。

 

 それを聞いているといかにも日本の政府は巨大であるような印象を受けます。 ワタシもそう思っていました。

 

 しかし現実にはGDPに対する政府支出の割合は、世界の先進国では最低クラスです。

 

 

  

 【図143-1 2007年 主要国の政府支出(対GDP比)】
 

 また労働人口に占める公務員の割合も、先進国中では最低クラスです。

 

  

 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5192.html

 

  

 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5193a.html

 

 GDPに対する政府支出の比、それに対する公務員数を比較しても、日本は先進国中では過大ではありません。

 

 この10年来のマスゴミの印象操作とは逆に、実は日本はもともと先進国中では大変「小さな政府」だったのです。

 

 しかもこの小さな政府で世界一と言われる国民皆保険制度を維持し、地震や台風集中豪雨にめげずインフラを整備しているのです。

 

 だから世界的に見れば、非常に効率的で優秀な政府なのです。

 

 勿論細かい部分を見れば、改善の余地はイロイロあるでしょう。 また問題があればドンドン改善していくべきです。

 

 しかし世界の他の国々と比べたらわかりますが、これを改善したからと言って、政府規模がさらに2割、3割小さくなるとかそう言う事は不可能ではないでしょうか?

 

 ましてこれで「経済成長」なんてあり得ないのです。

 

 結局今の小さな政府論なんか、何の現実を見ない妄想論なのです。

 

 その妄想の根源は、デフレが続き、不況になり経済成長が止まっている事から、失業率が上がり、民間企業の労働者の賃金水準が下がっている事の苛立ちではないかと思います。

 

 しかし妄想は妄想なので、いくらその恨みを公務員や公共事業にぶつけても、問題は解決しないのです。

 

 この状況を改善するには、デフレを脱却して、景気を良くして、経済成長を促す事しかないのです。

 

 そのためには「小さな政府」とは逆の方向、つまり積極的な財政出動しかないではありませんか?

 

 それによってインフラを作り、雇用を作り、金を労働者に与えて、消費を促し、それでデフレと不景気を終わらせるしかないのです。

 

 

 

  1. 増税詐欺
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-03-30 13:11

名残雪

 今年の冬は本当に長かったです。

 雪の女王様は最後の最後までねばりました。 そして4日前には大雪を降らせました。

 でもこれが最後の雪じゃないかと思います。

 この雪の翌朝、よもちゃんは元気にパトロールに出かけました。

 

 

  

 

 おお、随分降ったわねえ。 夕べ一晩中降っていたものね。

 

  

 

 でもこうして融けているところがあるのが、春の印ね。

 

  

 

 雪のない所はヤッパリ冷たくないわ。

 冬中、大勢の方が「よもちゃんは雪の上を歩いて、肉球が霜焼けにならないのですか?」って心配してくださったわ。

 そんな軟弱なことじゃ北海道の猫は務まらないけど、でもヤッパリ雪が無い方が楽ね。

 さあ、頑張ってパトロールしなくちゃ。

 

  

 

 右良し!!

 

  

 

 左良し!!

 

  

 

 前良し!!

 

  

 

 前進!!

 

  

 

 なんだ、道の雪は殆ど融けてるじゃない。

 

  

 

 これじゃパトロールも楽ちんだわ。

 

  

 

 家にこもって外は寒いだとうとか、道は冷たいだろうとか・・・・・。 そんな事ばかり考えだすと外に出られなくなるのよ。

 

  

 

 でも外に出てみれば、もう雪は解け始めているのよ。

 そんなものよ。

 そう思って外に出てみなければ、外に出られなくなるのよ。

 

  

 

 そう言う楽観性を持たなければ、ヒッキーになるしかないわ。 

 「悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意思のものである。 おおよそ成り行きに任せる人間は、気分が滅入りがちになる」。

 

  

 

 気分が滅入っている典型がうちの同居人と、財務省と日銀と民主党の「日本は成長しない」「財政は破綻する」って人達ね。

 

  

 

 つまり意思で自分をコントロールして、現実をきちんと分析しないから、国債残高1000兆円だけで気分が滅入って何も考えられなくなるのね。

 

  

 

 一方麻生さんのような人は、いかに悲観的に状況にあっても、常に強い意思を持って冷静に現実を見つめるのよ。

 すると必ず危機を脱する方法が見つかるんだわ。 だから常に楽観的でいられるのよ。

 

  

 

 ああ、モモちゃんいつになったら、出てくるのかしら?

 

  

 

 チビちゃんとも早く遊びたいのに・・・・。

 

  

 

 でも、良いわ。 きっと後何日もしなくても、二人とも出て来るわよ。 もうあと少しで雪も全部解けるし。

 チビちゃんが太り過ぎて家から出られなくなっていない限りね。

 

  

 

 二人と会えないなら、今日は久しぶりに小学校の方まで遠征して、縄張り拡張の布石を打つわ。

 ピンチはチャンスに変えるべきなのよ。

 

 

 あれから3日間、気温がドンと上がり、雪融けがさらに進みました。

 新雪のパトロールもこれがこの冬最後じゃないかと思います。

 よもちゃんは元気一杯です。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-03-30 11:44

林に入る

 天気が良いので、宮の丘公園に行って見ました。

 

  

 

 この前来た時は天気が悪くて暗かったのですが、天気が良いと別世界のように明るいのです。

 

  

 

 一面の雪で、木々の葉が落ちている今が一番明るい季節です。

 

  

 

 雪の広場を超えて行きます。

 

  

 

 そして林の中に入ります。

 

  

 

 林の中の踏み分け道を進みます。

 

  

 

 この道は全然除雪されていません。

 

  

 

 それでも犬の散歩や、ノルディックスキーで林に入る人々が、踏み分け道を作るのです。

 

  

 

 道を踏みはずと、膝まで雪に埋まります。

 

  

 

 だから用心して進みます。

 

  

 

 林には明るい光が満ちています。

 

  

 

 光が一杯です。

 

  

 

 柳の芽が花のようです。

 

  

 

 白樺の木が日向ぼっこを楽しんでいます。

 

  

 

 木々の根元では、春の妖精達が眠っています。

 

  

 

 けれどもう起きる支度をしているんじゃないかと思います。

 

  

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-03-29 18:39

遠くの山

 この3日間晴れて居ました。 そして空気が綺麗に澄んでいました。

 

  

 

 ようやく春の太陽を見る事ができたのです。

 

  

 

 宮の丘公園の高台に登ると、遠くの景色がシッカリ見えます。

 

  

 

 地平線の向こうに雄冬の山々が見えます。

 

  

 

 この山々は少し曇ると見えず、快晴の日にだけ幻のように姿を現すのです。

 

  

 

 反対側には、三角山や藻岩山など札幌市内の山々が見えます。

 

  

 

 林に入ると、木々の間から海が見えます。

 

  

 

 石狩湾です。

 

  

 

 林の中の道を進みます。

 

  

 

 山裾を埋める住宅街が見えます。

 

  

 

 雪の下では春の妖精達が眠っています。

 

  

 

 夕暮れの気配がゆっくりとやってきます。  

 

  

 

 陰影が濃くなって山が見分けやすくなりました。

 

  

 

 ビルの向こうに山は白く連なっています。

 

  

 

 公園を出る頃、日が傾いて来ました。

 

  

 

 帰りに床屋さんの前を通ると、招き猫は二匹体制で営業中でした。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-03-29 17:50

それでも春・・・・・

 今日は何と10℃を超えました。

 散々待たせたけれど春は来たのでしょうか?

 

 

  

 

 あれれ・・・・、同居人が居ない・・・・・。

 

  

 

 もう朝なのかしら? 窓が雪で塞がったままだから、朝になってもお部屋が暗いままなのよ。 一体いつになったら窓の雪が融けるのかしら?

 

 よもさん、まだ寝てるの?

 

  

 

 同居人、もう朝なの?

 

 そうよ、一体何時だと思ってるの?

 

  

 

 だってまだ眠いのよ。

 

 もう良いわ。 だったら寝てなさい。 「春眠暁を覚えず」だから仕方がないわ。

 

  

 

 春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜来風雨聲 花落知多少

 啼鳥って美味しいのかしら?

 

 美味しいかどうかは知らないけど、中国産の鳥なら安全性に問題があると思うけど・・・・。

 

  

 

 だったら要らないわ。

 

 それでまだ寝るの?

 

  

 

 Zzzzz・・・・・。

 

 

 気温に関係なくよもちゃんのバイオリズムは正確に季節を刻みます。

 そのうち本当に春になるでしょう。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-03-29 11:40

日本の「統治」でマニフェストの導入が誤りになる理由

 ワタシは低学歴なので、桜田先生の仰るように「日本の「統治」 マニフェスト導入は誤りだった」かどうかはわかりません。

 またこの桜田先生とかがどのような学者なのかも知りません。

 

 けれど今回の民主党のマニフェストによる政権交代に関してこれを言っているなら、丸っきり見当違いとしか思えません。

 

 

筆者は、2000年代以降の衆議院議員選挙や参議院議員選挙で行われたように、「マニフェスト」を掲げて選挙をするというありようは、自然現象に伴う「突発事態」が頻繁に起こる日本には相応(ふさわ)しいものではないと考えるに至った。いくら綿密な「マニフェスト」を用意したとしても、「突発事態」が起これば、それへの対応が全てに優先される。

 

 

 

 「いくら綿密な「マニフェスト」を用意したとしても」って、そもそもこの先生は民主党のマニフェストが、「綿密」だったとでも思っているのでしょうか?

 

 あれには財政的な裏付けは一切ありませんでした。

 

     

     2009年7月7日 読売新聞朝刊

 

 民主党マニフェスト選挙に入るにあたって、当時の藤井裕久最高顧問、民主党内閣最初の財務大臣が「財源にはそこまで触れなくてもいいだ。 どうにかなるし、どうにもならなかったらごめんなさいと言えばいいじゃないか。」と言っているのです。

 

 あれは「綿密」どころか、実現性など一切無視して、ひたすら有権者の受けの良さそうな事だけを並べた詐欺フェストだったのです。

 

  

 

 そして「突発事件への対応」なんかマトモにしていません。

 

 口蹄疫が発生しても、完全に放置して宮崎県の畜産を壊滅させました。

 尖閣諸島の漁船衝突事件では、那覇地検に全責任を押し付けて、政権の責任を逃れる事だけに専心しました。

 東日本大震災の復興にも、未だにマトモな予算さえつけて居ません。

 

 それにしてもイギリスでは「突発事件」は起きないのでしょうか?

 イギリスの政権は「突発事件」への対応などに忙殺される事はなく、ひたすらマニフェストの実現だけに専心できるのでしょうか?

 

 違うでしょう?

 

 なる程、イギリスには地震もないし、台風も来ません。

 

 しかし畜産史上最悪の口蹄疫流行はありました。

 リーマンショックやユーロ危機など、経済的な大事件には必ず巻き込まれます。

 フォークランド紛争のような戦争もありました。

 

 その度にイギリスの政権は「全てに優先して」それに対応してきたのです。

 

 そもそもこの世に「突発事件」の起きない国なんかないし、またそのような場合に全てに優先してそれに対応しない政権などないのです。 それをしないのは日本の民主党政権ぐらいです。

 

  

 

 「日本の「統治」 マニフェスト導入は誤りだった」とすれば、それは地震のせいでも津波のせいでも台風のせいでもありません。

 

 それは日本のマスゴミとそこから小遣い銭を貰って適当な事を言っている自称知識人のせいです。

 

 この民主党マニフェストがいかに荒唐無稽なものであるかは、自民党が散々指摘して、民主党にワザワザ問題的を説明した文章を送り、新聞広告まで出していました。

 

 しかしマスゴミとその御用知識人達は、これを真剣に検討するどころか「こんなネガキャンをするなんて、自民党は矜持を失った」などと嘲笑するだけだったのです。

 

 

  

 

 そもそも普通の常識のある人間なら何からないまで良い事ずくめの話は疑ってかかるのですが、それをしなかったのがマスゴミとこれら知識人なのです。

 

 イヤ、民主党のマニフェストがオカシイ事はわかっていた・・・・・だから後のアリバイ作りの為に上の読売新聞のような記事も出していた・・・・・・。

 でもそれを目立たないベタ記事で出したのです。

 

 一方、麻生政権のリーマンショックからの景気回復政策の効果や、IMF改革の功績は一切報道せず、代りに「漢字読めない」とか「ホッケの煮付け」とか「ホテルのバー」とか「ヘロヘロ」とか子供の虐めのような、大人なら口にするのも恥ずかしいような報道を続けたのです。

 

 そうやってひたすら政権交代を煽ったのです。

 

  

 

 これってもうAIJの年金詐欺と同じです。

 

 AIJはあり得ない高利回りを宣伝して年金基金を騙して、年金基金の莫大なお金を騙し取りました。 このAIJが示した年金基金側に示した利回りが民主党のマニフェストです。

 

 そしてこのAIJの年金詐欺に手を貸したのが、厚生省から天下りした連中です。

 マスゴミはこの厚生省の天下りと同じなのです。

 

 厚生省の天下り達は投資について満足な知識も責任感もないまま、年金基金の役員として高給を得て、挙句その年金を全部詐欺師にくれてやったのです。

 

 マスゴミとその使用人である自称知識人がやったのは、正にこれでしょう? 

 

 何でもかんでも調子の良い事をマニフェストに書けば、マスゴミがそれを検証するどころか、ひたすら持ち上げる風土では、確かにマニフェスト選挙なんかできるわけはありません。

 

 日本の「統治」にマニフェストの導入が誤りになる理由は、天災が多いせいではありません。

 常にマスゴミが詐欺師の片棒を担ぐからです。 彼等が悪党でなければバカだからです。

 

 バカや悪党に統治の詳細を示しても意味がないのは自明ではありませんか?

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2012-03-28 21:14

春は遠い その3

 三月ももうあと数日ですが、札幌はまだ一面雪景色です。

 気温だって相応に低いのです。

 けれどよもちゃんはそんな事に負けません。 元気に町内のパトロールを続けます。

 

 

  

 

 それにしてもホントに雪が多いわねえ。 

 

  

 

 去年の今頃はもう道路には雪なんかなかったはずよ。

 

  

 

 この雪捨て公園だって、もう雪山が縮んで端の方から地面が顔を出していたわ。

 

  

 

 それなのに今年は地面が出てくるどころか、去年の二月の終わりよりもまだ沢山の雪が残っているわ。

 

  

 

 これじゃゴールデンウィークになっても、まだ雪が残るかも?

 

  

 

 雪だって惜しまれるうちに消えた方が良いと思うんだけれど・・・・・。

 

  

 

 でも美しい雪も、醜い民主党の真似をして、何としてもしがみつく事を覚えてしまったのかしら?

 

  

 

 ダメよ!!

 早く融けなさい!!

 

  

 

 そうやっていつまでも居座り続けると、醜態をさらすばかりよ。

 田中防衛大臣を見たらわかるでしょう?

 

  

 

 これで雪捨て公園の雪も少しは考えるかしら?

 

  

 

 でもこの月極駐車場も雪で一杯なのよね。

 

  

 

 チビちゃんも、モモちゃんも軟弱だから、きっとここの雪が全部消る頃までパトロールをサボるんじゃないかしら?

 

  

 

 そしてポカポカ暖かくなった頃ノコノコ出てきて、また勝手な事を言うんだわきっと。

 

  

 

 まるで民主党の反原発みたいな話よ。

 

  

 

 ついこの間まで、二酸化炭素排出反対とか地球温暖化とか騒いで、原発推進をしてきたくせに、事故が起きたら全部電力会社と自民党のせいにして、反原発何て言うんだから。

 

  

 

 ああいう連中こそプルトニウムよりも有害なのよ。

 

  

 

 ああ、でもヤッパリ、チビちゃんたちに会いたいわ。

 

  

 

 一体いつになったら、この雪が融けて、チビちゃんたちに会えるのかしら?

 

  

 

 何だか哀しくなって来たわ・・・・・。

 

  

 

 

 春はまだ遠いのです。

 

  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-03-28 12:53

ただ酒を飲みそこなった

 今日も明るく晴れています。

 

  

 

 冬の逆襲もこれで遂に終わったのかも知れません。

 

 

  

 

 桜だって今はこんなだけれど、来月の今頃にはちゃんと蕾をつけるでしょう。

 

  

 

 しかしこうして冬も終わるとなると、ただ酒を飲みそこなった事が悔やまれます。

 

  

 

 実は2月中に一度、余市のニッカウィスキーの工場へ行って、雪の余市の写真を撮り、また鶴の17年を試飲してこようと思っていたのです。

 

  

 

 しかし建国記念日の奉祝デモと、その後の街宣で散々寒い思いをしたせいか、それから咳が出て止まらなくなりました。 

 それでこの計画は消滅してしまいました。

 

  

 

 咳が収まり体調が良くなったら出かけようと思い続けたのですが、咳はつい数日前まで延々と続いたからです。

 

  

 

 もうこれから出かけても、雪はグチャグチャで綺麗な写真は撮れそうもありません。 

 

  

 

 だからこの計画は来年までお預けです。

 

  

 

 結局貧乏人に高級酒は縁がないと言う事です。

 

  

 

 この冬は例年に比べて随分寒くて、水道管が凍結しかけたり散々でした。

 

  

 

 よもちゃんも寒さに参ったのか、余り外出もせず、もっぱら二人で炬燵に入って過ごす日が続きました。

 

  

 

 しかしそれも楽しい日々だったと思います。

 

  

 

 こうして終わりが見えてくると、冬もまた名残惜しく懐かしいのです。

 

  

 

 これから春の花、夏の緑、秋の紅葉を眺めながら、またただ酒の飲める日を待ちます。

 

  

 

 しかし来年はチャンスを逃さないように、根雪になったらすぐにも余市に行くことにします。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(8)