FC2ブログ

2011-04-27 20:25

雨が降りそう

 今日も一日パッとしないお天気でした。 でもパンが無くなったので、また山の上のパン屋さんまで行きました。

 

  

 

  ズミの木が芽吹き始めていました。

 

  

 

 そしてまたキレンジャ君にあいました。 今日のご馳走は桜の蕾です。 花が咲くまで後暫くしか食べられません。 10羽ぐらいの小さな群れで仲良く食べていました。

  

  

 

 それからヤマガラ君にも会いました。 ヤマガラ君達も10羽ぐらいで群れで白樺の芽を食べていました。

 

  

 

 蕗の薹はすっかり薹が経ちました。 何と小さな葉も出てきました。

 

  

 

 そして土筆も出て居ました。

 

  

 

 柳の芽が小さな毛虫のように膨らんでいます。

 

  

 

 堰堤の上の湿地までたどり着くと、水芭蕉が満開になっていました。

 

  

 

 パンを買って帰る途中、ふと見るとコブシが白く咲いています。 山も笑いかけています。

 天気が悪く今にも雨が降りそうで陰気な日だったけれど、もう春なのです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2011-04-27 10:28

そして誰も来なくなった・・・・

 2011年4月25日 東京電力、原子力安全保安院共同記者会見

 

 

 

 ◆外人は来ない保安院・東電の会見

 外国の記者を相手にした保安院と東電の会見には、最近、記者1人、説明側10人ということが続いたが、4月25日、ついに誰も記者は来なかった。

 無人の記者席に向かって、「誰もいないのに」説明をするという非人間的なことをする保安院の役人の姿が印象的だった。
 海外では福島原発の事故についての関心は強い.関心が強いので、保安院や東電の記者会見に出ても、ウソを教えられるので、聞いても意味が無いのだ。
 日本人として哀しい。
 日本人の記者会見は相変わらず盛況だ. 事実と違うことを聞いても政府の言うことなら「黒も白」なのだろう。
 

 続く・・・・・。

 

 http://takedanet.com/2011/04/post_3a50.html

 

  

 

 これは武田邦彦中央大学教授のブログから転載です。

 

 武田邦彦教授は内閣府原子力安全委員会、内閣府原子力委員会の委員を歴任しておられます。 その立場から武田教授がこの事故に関して、テレビ等で原子力安全保安院の問題、また避難指示の問題にも様々発言されておられます。

 その動画をご覧になった方も多いでしょう。

 

 しかしこの無人の記者会見が、現在の日本政府とマスコミの状況を一番象徴しています。
 

 

 一体いつから日本はこんな不気味な独裁国家になったのでしょうか?

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(17)

2011-04-26 21:49

雨上がり

 この数日続いた雨がようやく晴れました。 よもちゃんは久しぶりにお出かけです。

 

 

  

 

 ああ、ようやく晴れたわ。

 

  

 

 何て柔らかい優しい光かしら?

 

  

 

 これは春の夕方の光だからね。 春は夕暮れって言うけど、春の夕暮れの光ってこんなに優しいくて柔らかいのね。

 

  

 

 まあ、ワタシが雨で外出できない間に、チューリップさんがあんなに大きく成っているわ。

 

  

 

 去年も一昨年も、今頃はチューリップさんは満開になっていたのに、今年はまだようやく葉が茂ったばかり。

 

  

 

 こんなに遅い春は生まれて初めてだわ。

 

  

 

 でもちゃんと春は来てくれたのね。

 

  

 

 風は冷たくても、お日様はちゃんと春の光を送ってくれるわ。

 

  

 

 まずはチューリップさんに御挨拶しなくちゃ。 せっかく頑張って咲く気になったんだから。 「遅い!! 何やってったの?」なんて責めちゃダメ。 優しく話しかけてあげるわ。

 

  

 

 チューリップさん、こんにちは。 随分大きく成りましたね。 寒い中良く頑張りましたね。 ワタシ達、町内の猫一同、チューリップさんが咲くのを楽しみにしているんですよ。

 

 

 春の夕暮れ、雨上がりの澄んだ空気の中を、よもちゃんは楽しく歩きます。

 

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2011-04-26 21:27

お天気雨

 この前から3日余り続いた雨が、午後ようやく晴れました。

 

  

 

 それで久しぶりにお散歩をして、それから買い物をしようと思いました。

 

  

 

 ところが公園へ向かうと行きつく前に、雨が降ってきました。 けれど空の半分は明るいのです。

 

  

 

 しかし結構冷たく、結局お散歩は諦めて買い物を先にする事にしました。

 

  

 

 すると途中でコブシの花が咲いていました。

 

  

 

 コブシは札幌では春一番に咲く花です。 まだ山の木々が芽吹かない3月上旬から4月の始めに、山肌に白く刷毛で刷いたように咲きます。

 けれど今年は4月も終わる今頃になってようやく咲きました。

 

  

 

 しかもまだまだ満開には程遠く、ようやく花が開いただけです。

 

  

 

 この3日間の雨と、雨が溶かした雪で川はまた増水してます。 

 

  

 

 そして芽吹きの色が鮮やかになっていました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2011-04-26 20:42

自動車を飛ばすのは当然で、常識ではないか

★枝野氏「防衛相の判断は妥当」 自衛隊機を依頼した東電社長を批判

 枝野幸男官房長官は26日午前の記者会見で、東京電力の清水正孝社長が、東日本大震災が発生した3月11日夜、航空自衛隊小牧基地(愛知県)から輸送機を利用して東京に戻ろうとしたもののUターンさせられたことについて「北沢俊美防衛相は(輸送機の使用について)被災者救援の輸送を最優先すべきだと指示していた。被災者救援に総力を挙げていた状況だったので、防衛相の指示は妥当だった」と明言した。

 清水社長が東電本店に不在だったことが福島第1原子力発電所事故の対応に影響したかどうかを聞かれると「名古屋-東京間は車を飛ばしても走れる状況だ。なぜ、自衛隊に頼んだのか。自衛隊機が飛ばないなら自動車を飛ばすのは当然で、常識ではないか」と、清水社長の判断に大いに問題があると激しく批判。清水社長を輸送機に乗せようとした自衛隊に対しても「防衛相の決裁を受けずになぜいったん飛び立ったのか、逆に不思議だ」と、強い不快感を示した。

 枝野氏は一連の動きについて、清水社長が小牧基地に戻った後に報告を受けたとした。

 

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110426/plc11042611190007-n1.htm

 

   

 

自動車を飛ばすのは当然で、常識ではないか

 

自動車を飛ばすのは当然で、常識ではないか

 

自動車を飛ばすのは当然で、常識ではないか

 

 これが枝野官房長官の以下の記事に対する見解です。

 

 

防衛省によると、午後9時半ごろ、首相官邸にいた運用企画局長に対して、清水社長を空自輸送機に搭乗させるよう要請があった。官庁間協力に基づく、経済産業省からの働きかけとみられる。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110426/dst11042601310004-n1.htm


>首相官邸の緊急参集チームから防衛省に対し、自衛隊機を使って清水社長を帰京させられないかという依頼があった。
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201104260141.html

 

>首相官邸の緊急参集チームに詰めていた同省の桜井修一運用企画局長から「清水社長を航空自衛隊の輸送機で東京に運べないか」と要請があった
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110426k0000e010066000c.html


>清水社長の輸送については、震災発生直後から首相官邸で開かれていた関係省庁による緊急参集チームで、防衛省の桜井修一運用企画局長に対し、非公式に打診があったという
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110426-OYT1T00389.htm?from=top

 

 

   

 

  http://clubt.jp/product/160511.html

 

  

 各紙、清水社長が東京に来るのに自衛隊機を使うのを、官邸が認めた、或は要請した事で一致しています。

 しかしその清水社長と自衛隊側に問題があるなら、これは清水社長や自衛隊の問題ではなく、これを要請した或は許可した官邸と防衛相の責任問題です。

 

 それにしても笑わかしてくれますね。 あの11日は高速道路も新幹線も止まっていました。 清水社長が何とか一般道路を進んで東京に向かっても、首都圏一円の道路は全部渋滞で、殆ど車が進めない状態でした。

 枝野は何としても清水社長を東京に来させたくなかったようです。

 

  

     http://twitter.com/#!/SatoMasahisa/status/62789586979532800

 

 ところで東電社長が自衛隊機に乗り込むまでに原発の事故は深刻化していました。

 

 1542:全交流電源喪失により10条通報
 1550:相馬に最大波(7.3m以上/15m以上と推測)
 1636:1・2号機、非常用炉心冷却装置注水不能により15条通報
 2030:★2号機原子炉隔離時冷却系(RCIC)停止
 2123:半径3キロ圏内の避難指示
 2152:官房長官記者会見「原子炉のうち、1つが冷却が出来ない状況に」
 2200:★保安院、2号機の「評価結果」策定(24:50燃料溶融・27:20ベントなどと予想)
 2230:「評価結果」を首相に報告

 

 原子力災害特別措置法によれば、また災害対策基本計画によっても、政府は16時36分には総合対策本部を設置して全閣僚がそこの詰めていなければなりません。 (清水社長もこのメンバーに入ります)

 

 総合対策本部に全閣僚が詰めるのは、格省庁の判断や情報がずれて、行き違いを起こさない為です。
 しかしこの騒動を見ればわかりますが、経産省や官邸の要請は、防衛相に伝わっておらず、それぞれ好き放題出鱈目にやっていたのです。

 

 4月18日の参議院予算委員会の脇雅史質問でも、海江田は11日には総合対策本部がきちんと設置されておらず、海江田と菅以外居なかったことを証言しています。(脇雅史質問から見える事

 

  

  http://clubt.jp/product/160511_9676098.html

 

 だからこの枝野発言からわかるのは、また政府の総合対策本部が全く機能しておらず、しかも枝野はその事を自覚する能力さへ無いと言うことです。

 

 そして自分達が批判されれば、条件反射で責任転嫁するのです。

 その挙句に「自動車を飛ばすのは当然で、常識ではないか」なんて・・・・・・。

 

 ホントにどこまで馬鹿で悪党で能無しなんだろう? 

 

 日本の危機は、地震でも津波でも原発でもありません。 こんな馬鹿で悪党で能無しで権勢欲だけが強い連中が、政権を盗った事です。

 

  

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2011-04-26 11:32

悪魔

【原発】 「政府が情報を隠して国民を被曝させた」 チェルノブイリ事故を隠して大量の被曝者を出した旧ソビエト政府と全く同じ歴史的大罪

 

 政府には、原発事故発生の際に稼働する「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(通称“SPEEDI”)」がある。
SPEEDIには、全国の原子力施設の炉型や周辺地形などがデータとして組み込まれている。

原発事故が発生して放射性物質が放出されると、気象庁アメダスと連動して、風向や風速、気温などから放射性物質の拡散を計算して図形化し、最大79時間後までの飛散を予測する能力を持つ。

 SPEEDIは事故直後の3月11日17時から動き始めたものの、最初に拡散予測図が公表されたのは3月23日、その後4月11日に2枚目が公表されたにとどまっている。その背景を追跡してみた。

 東京電力は地震発生翌日の3月12日に1号機と3号機で炉内の圧力を下げるために放射能を帯びた水蒸気などを建屋外に放出する「ベント」に踏み切り、13日には2号機でも実施。さらに、15日にはフィルターを通さない緊急措置である「ドライベント」も行なった。

 このタイミングで大量の放射性物質が飛散したことは間違いない。それはモニタリングのデータもはっきり示している。
 だが、枝野幸男・官房長官は1号機のベント後に、「放出はただちに健康に影響を及ぼすものではない」(12日)と発言し、
20km圏のみの避難指示を変更しなかった。センターの証言によれば、枝野氏はSPEEDIのデータを知っていたはずだ。

 SPEEDIを担当する文科省科学技術・学術政策局内部から重大証言を得た。
官邸幹部から、SPEEDI情報は公表するなと命じられていた。さらに、2号機でベントが行なわれた翌日(16日)には、官邸の指示でSPEEDIの担当が文科省から内閣府の原子力安全委に移された

 名指しされた官邸幹部は「そうした事実はない」と大慌てで否定したが、政府が“口止め”した疑いは強い。 なぜなら関連自治体も同様に証言するからだ。

 システム通り、福島県庁にもSPEEDIの試算図は当初から送られていたが、県は周辺市町村や県民に警報を出していない。
 その理由を福島県災害対策本部原子力班はこう説明した。
「原子力安全委が公表するかどうか判断するので、県が勝手に公表してはならないと釘を刺されました

 福島県は、玄葉光一郎・国家戦略相や渡部恒三・民主党最高顧問という菅政権幹部の地元だ。
 玄葉氏は原子力行政を推進する立場の科学技術政策担当相を兼務しており、渡部氏は自民党時代に福島への原発誘致に関わった政治家である。
 この経緯は、国会で徹底的に解明されなければならない。「政府が情報を隠して国民を被曝させた」とすれば、チェルノブイリ事故を隠して大量の被曝者を出した旧ソビエト政府と全く同じ歴史的大罪である。

 しかも、その後も「安全だ」と言い続けた経緯を考えると、その動機は「政府の初動ミスを隠すため」だったと考えるのが妥当だろう。


 http://www.news-postseven.com/archives/20110426_18500.html 

 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1303772729/

 

       

 

 何度も出していますが、上の図が3月23日に出たSPEEDIによる、放射性物質の拡散予想図です。

 

 一方政府によるに福島第一原発から半径10キロ以内の避難命令は11日21時23分に出されました。 ついで12日17時39分には半径20キロ以内に避難命令が出ています。

 

 しかしSPEEDIは11日の17時から動き始めており、最大79時間後の拡散区域まで予想できます。

 

 11日17時以降に出た避難区域を、同心円状に設定する根拠が全くありません。 SPEEDIでの予想に沿って、避難させるべきではありませんか? その為のSPEEDIではありませんか?

 

 ちなみに平成20年度福島第一原発で行われた「原子力総合防災訓練」での避難区域は下の図の通りです。

 

  

 

 この訓練は今回同様、福島第一原発が全電源を喪失して、ベントをすることを前提に行われています。 そこで実際に住民の避難訓練も行われました。(半径20キロの避難命令の怪

 

 またアメリカの専門家が3月22日に現地に入って実測したデータもありますが、しかしこれも全然政府の指定した同心円の避難区域には重なりません。

 

 http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2259020/

 

 アメリカエネルギー省は被爆積算予想図を出していますが、これも全然同心円ではありません。

 

  

 

 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/503375/

 

 今回の半径20キロの避難命令を出したのは誰でしょうか?

 何を根拠に出したのでしょうか?

 そして政府がこのSPEEDIの図を隠蔽した理由は何でしょうか?

 

 

 放射性物質の量と拡散範囲が余りに酷くて、全ての人の避難は不能で大パニックに陥ると言うのならわかります。

 

 でもアメリカの積算予想図を見ても、現在公表されているSPEDDIの図をみても、そのような状態ではありません。

 必要な避難区域も政府の決めた半径20キロ以内よりも広いわけではありません。

 

 また「 原発事故 起こりうる最悪の事態…」を【参考】フランス放射線防護原子力安全研究所の福島原発情報(英語・日本語)を見ても、全然大パニックに陥るような事態ではありません。

 

 むしろ枝野の「ただちに問題はない」の発言の方が、余程不安を煽り、国民を恐怖に陥れたのです。

 

         

 

 しかし政府はこの意味不明の避難区域を設定して以来、今に至るまで、その地域を変更していません。 それどころか科学的根拠ゼロのまま21日には避難区域への立ち入りを禁止しました。

 

 その一方で今頃になって、その区域内の動物達の移動や殺処分の検討を始めました。

 遺体の収容作業も細々と始めています。

 

 でもこれまた奇妙な話なのです。

 だって放射能放出が極大化したのは、3号機、2号機の爆発が起きた14日から15日以降です。 その後放出は減りましたが、止まったわけではないので、放射線量は増えるばかりです。

 

 事故の性質から言って、これが簡単に終息しないことなど、12日にはわかったはずです。 そして終息しない以上、その後放射性物質による汚染は悪化しても、収まる事はありません。

 

 だったらなぜ一刻も早く、遺体の収容や家畜達の救出をしなかったのでしょうか? 少なくともハイパーレスキュー隊の入った直後、3月20日ぐらいには、遺体の収容や家畜の救出を始めるべきだったのではないでしょうか?

 

          

 

 ワタシはいきさつは以下の通りだと思っています。

 

 菅直人は昨年10月の「原子力総合防災訓練」の事など、全然覚えていませんでした。 だから避難についての対応法も全く知りませんでした。 

 「SPEEDI? そんなの食べた事ない!!」です。

 

 で、事故が起きると全ての面で滅茶苦茶な対応をしました。 避難指示も自分で勝手に「半径20キロ!! 広けりゃいいや」でやっていましったのです。

 

 しかしそれは悲惨な結果になりました。 例えば20キロ避難区域内の双葉病院では、このドタバタ避難で入院患者が40人も亡くなる事になったのです。

 

 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110426k0000m040141000c.html 

 http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1303769788/

 

 そして多くの人達が大事な家畜や可愛いペットを置き去りにせざるを得ないと言う辛い思いをする事になりました。

 

 何より許せないないのは、津波による行方不明者の捜索を放棄させたことです。

 

         

 

 だから菅政権はこれを隠蔽する事にしたのです。 幸い事故の直後から4月上旬までは、マスゴミも国民も他の被災地に関心が集中して、原発事故だけがニュースの中心にはなりませんでした。

 

 そして政府が事故の情報も隠蔽したので、多くの国民が事故は遠からず終息すると信じ居たのです。 だから避難している人達も数日中に帰宅できると思っていたのです。

 

 彼らはそれを幸い隠せる限り隠す事にしたのです。

 

 第一早く遺体の収容など初めて、中に生き残っている人がいて、その人が「他にも大勢生きて救援を待っていたけれど、皆力尽きて死んでしまった」なんて証言したら、大問題になるではありませんか?

 

 だから生き残った人達が全員死んで、遺体が傷んで死因の特定も不可能になるのを待ってから、遺体の収容を許可したのです。

 

 コイツラ悪魔です。

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(27)

2011-04-25 20:22

甘い夢

 お昼にネットをしていてフッと気が付くと、よもちゃんの姿が見えません。 家の中を探すとよもちゃんは、ベッドにもぐり込出寝ていました。

 

 

  

 

 Zzzzz・・・・・。

 

 また寝てる!! もうお昼だって言うのに!!

 

  

 

 Mein Schatz !!

 

 何寝ぼけてるの?

 

  

 

 ああ、チコ様、皇帝陛下がお呼びよ。 二人で皇帝陛下のお散歩のお供をしなければ・・・・・。

 

 何言ってるの?

 

   

 

 シェーンブルン宮殿のお庭は広いから、陛下とはぐれると迷子になるわよ。

 

 よもさん、まだ寝ぼけてるのね。 夕べ遅くまでYou Tubeなんか見てるから、起きられないのよ。

 

  

 

 ああ、あれは素敵なドラマだったわ。 同居人のドイツ語力じゃ楽しめないだろうけど・・・・・。 でもあのドイツ語はとてもわかりやすいのよ。 訛りの一切ない完璧に綺麗なドイツ語なのよ。

 例えば「Uボート」の水兵達のドイツ語なんか、ハンブルグ訛りが酷くて、普通にドイツ語を勉強したんじゃわからないけどね。

 

 それで、シェーンブルン宮殿を散歩する夢を見ていたのね。

 

  

 

 そうよ。 夢の中でワタシはオーストリア・ハンガリー帝国皇帝フランツ・ヨーゼフに拾われて、シェーンブルン宮殿で暮らしてたのよ。 それでワタシが寂しそうにしていたら、皇帝はご隠居さんに頼んで、チコ様を貰ってワタシと一緒にシェーンブルン宮殿で暮らせるようにして下さったのよ。

 

 あら、よもさん皇后シシーよりも、皇帝フランツ・ヨーゼフが好きなの?

 

  

 

 そうよ、あんな女、ダイアナや雅子妃と同類よ。 要するに皇后の義務を放棄して好き勝手なコトをしていただけよ。 美人だって言うより他に価値はないわ。

 でもフランツ・ヨーゼフは違うは、傾いていく帝国を全力で支え続けたのよ。 聡明な人だったから、この戦いの勝敗はわかっていたでしょう。 でも帝国の瓦解が国民の幸福に繋がらないとわかっていたのだから、その義務を放棄する事なんかできなかったのよ。

 一生を国家に捧げたのよ。

 

 ふうん。 

 

  

 

 フランツ・ヨーゼフは18歳の若さで即位してから、86歳で死ぬまで毎日3時間の睡眠で政務に精勤したのよ。 皇帝に即位する前夜日記に書いているわ。 「さようなら僕の青春」って。

 でも皇帝としての義務を全うするのが彼の宿命だったのよ。 

 

 そうね、権力者としての「宿命」って、君主制のように個人の意思でその地位に就けないような場合にのみ言える事ね。

 

  

 

 わかったらよいわ。 もう邪魔しないで、ワタシは寝るから。

 可哀相だけど、同居人の為にあの動画に日本語字幕を付ける暇はないわ。 その内、NHKがDZFとRAIから買い取って放映してくれる・・・・ってあり得ないわよね。

 同居人は韓流ドラマで我慢するしかないわね。 あの薄汚くて下品な。

 

 よもさん!!

 

  

 

 Zzzzzz・・・・・。

 

 

 よもさんが夕べ見ていたのはこれです。

 

 

 

 若き美貌のオーストリア皇后シシーの物語です。 

 You Tubeで全編見られるものなら、別に馬鹿高い放映料を取られるとも思わないけれど、糞NHKは薄汚い下品な菅ドラマは放映しても、こんな美しいドラマは放映しないのです。

 ホントにアタマに来る!!! 

  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2011-04-25 11:54

レンホーの夫、ヤクザ票を独占するも落選

目黒区議選で25日、蓮舫行政刷新担当相の夫でフリーライター、村田信之氏(44)=民主=の落選が決まった。村田氏は893票を獲得し、立候補者55人中で42位。最下位当選の候補者の1350票に遠く及ばなかった。

 

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110425/elc11042500450006-n1.htm

 

  

 

 レンホーの支持者って、ホントに893だけだったのです。

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2011-04-25 11:08

オペラ「ドン・ミンス」

 毎日陰惨なニュースが続きます。 ここは美しい音楽でも聞いて気晴らしをしてみてはいかがでしょうか?

 tna6310143さんが素晴らしいオペラ「ドン・ミンス」の動画をアップしてくださいましたので、ご紹介します。

 

 http://tna6310147.iza.ne.jp/blog/entry/2256991/ 

 

 

 作曲者は確かヴォルフガング・アカデウソ・モーツアルトだったと思います。 

 

 ああ、詐欺師で悪党のドン・ミンスに騙された純情な乙女日本花子の運命やいかに・・・・・・・。

 

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2011-04-25 10:50

小さき試練

 今日も冷たい雨が降っています。

 

  

 

 あと数日で4月も終わるのですが、まだ寒い日が続いています。

 

  

 

 春は行きつ戻りつし、人の心を弄びます。 それでも季節は移ります。 

 また無才さんのコメントをお借りします。

 

 小さな試練

 

  

 

 どんなに厳しい冬の日々も、華やぐ春が来るのを知っているから乗り切れる。

 

  

 

 どんなに短い夏の日々でも思い出の秋の装いを知っているから惜しくない。

 

  

 

 季節の変わり目は意地悪で、立ち止まったり後じさりして人の心を弄ぶ。

 

  

 

 小さな試練を与えるがごとくに。

 

  

 

 今年は日本中春の訪れが遅いようです。 今は日本中が間近に来るはずの春を待って試練の時なのかも知れません。

 

  

 

 けれど春は来ます。 必ず来ます。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(5)