2009-03-31 20:32

居座る冬 オシマイ

 冬はしぶとく居座ります。 裏庭の雪はなかなか溶けません。 一生懸命除雪するのですが、よもちゃんはそんな私をからかうのです。

 

 

  

 

 あ~あ、ホントに同居人ったら何やってんだか・・・・・。 他所のお庭はすっかり綺麗になってチューリップや水仙の芽が出てるのに、ウチの庭はまだシッカリと雪が残ってるんだわ。

 

  

 

 でもねえ、やっぱり一人でやらせてももねえ。 根が怠け者だし、要領が悪いし、ワタシが監督するしかないのよね。 ホントにもう手がかかるのよね。 でも仕方ないわ。 雪が溶けないとお花さんが可哀相だもの。

 

  

 

 どうきょに~ん!! 手伝ったげるよ!!

 

 よもさん、もう良いわよ!

 

  

 

 そんな事言うもんじゃないわよ。 猫がせっかく手を貸してやろうって言うのに。

 

 ありがとう。 でも猫が手を貸すなんて言うから、雪が降って来たじゃない。

 

  

 

 ホントだ。 どんどん降ってくるわ。 また大分積もるのかなあ。

 

 さあ、でも随分寒くなってきたわ。 よもさん、そんなとこで何してるの?

 

  

 

 だって足が冷たいんだもん。

 

 そこにいたら手伝えないわよ。

 

  

 

 そんな事言っても、冷たくて我慢できないよ。

 

 お花さんが可愛そうだから、早く出してあげようって行ったのは誰?

 

  

 

 だって・・・・。 雪の下は0度だけど、ここは0度以下になってるわよ。 ねえ寒いから家に入ろうよ。

 

 

 と言うわけで、結局除雪はこれで中止です。

 

 雪は少しづつ溶けています。 天気の良い時は結構暖かいです。 でもこうして雪はシツコク降り続きます。 この翌日はまた銀世界に逆戻りでした。 冬はまだ小沢一郎のような図々しさで居座っているのです。 

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-03-31 10:33

国籍は血統書じゃない

( ´∀`)橋下知事「日本は北朝鮮じゃない」 朝鮮学校母親ら抗議

 

  阪府庁の大阪ワールドトレードセンタービルディングへの移転が府議会で否決された後の記者会見で、橋下徹知事が「やっぱり日本は北朝鮮じゃないってことですよ。何でも思い通りに物事を進めたら独裁者になってしまう」と発言したことに対し、府内の朝鮮学校に子どもを通わせる母親らでつくる「大阪府オモニ連絡会」が30日、発言の撤回と謝罪とともに、朝鮮学校の児童・生徒の安全対策を取るよう府に求める要望書を提出した。

 

 要望書は、ミサイル問題で北朝鮮バッシングが起きている中、移転問題とは関係ない北朝鮮を引き合いに出した発言は不適切だと指摘。「発言により、朝鮮学校の子どもたちに対するいわれなき嫌がらせや脅迫などが助長される恐れがある」と対応を求めた。(千種辰弥)

 

 http://www.asahi.com/politics/update/0330/OSK200903300091.html

 

                ( ´∀`)

 

 北朝鮮人達は自分達の立場を理解できないようです。 敵国なのですから嫌がらせを受けるのは当然なのです。 だからこのような場合対応とは「強制収容所に隔離する事」です。 そしてその後、国同士で話合って、強制送還します。

 

 第二次世界大戦中、在日連合国民にも同様の処置を取りました。 その事に付いての批難、苦情は一切出ていません。

 

                 ( ´∀`)

 

 第二次世界大戦中、日本にいたアメリカイギリスなど連合国民は、軽井沢の強制収容所に隔離されました。 その後日本政府とアメリカ政府が話しあい、連合国側の捕虜などと一緒に、アメリカから来た船に乗せてアメリカへ返しました。 

 この船は空で来たのではありません。 連合国に在住していた日本人達が乗っていました。

 

 アメリカが日系人を強制収容所に入れた話は有名ですが、あれは日系人つまりアメリカ国籍を持つ人達です。 アメリカ国籍を持っていればドイツ系もイタリア系もイギリス系も皆完全にアメリカ国民です。 それを日系人だけ強制収用所に入れたので不当な差別と言われたのです。

 

 でも日本人を強制収用所の入れて、日本に送り返しても、不当な差別でも何でもありません。

 

 むしろ戦時に敵国の人間を、自国民による感情的な暴力などから守り、本国へ送り返すのは人道的な処置なのです。 

 収容所に入れられた人々も、一日も早く祖国へ帰り、祖国と共に戦うを事を願うのが普通です。

 

                ( ´∀`)

 

 一方日本にいた枢軸国民や中立国民は、それまで通り日本での生活を続けました。

 ところで当時の日本には結構大勢のユダヤ人がいました。

 ドイツのユダヤ人迫害で、多くのユダヤ人がドイツやその支配地域から逃れましたが、その一部が日本に来ました。

 

 その中にはローゼンストックのような当時一流の指揮者など、多くの音楽家がいました。 この人達が日本の音楽学校などに職を求め、おかげで日本のクラッシク音楽のレベルが一気に上がりました。

 

 ユダヤ人は敵国人じゃないのか?って

 

 馬鹿ですね。 民族がなんであろうと、ドイツ国籍ならドイツ人、イタリア国籍ならイタリア人として扱うのが法に適った対応です。

 おかげでローゼンストックのコンサートにドイツ大使を招待して、怒らせちゃったこともあるんですけどね。

 

  ( ´∀`)

 

 ところでフランス人に付いて言うと、当時フランスはあっさりドイツに降伏してしまい、その為一応日本から見て敵国ではありませんでした。 だからフランス人もそのまま日本に暮すことができました。 しかしドイツ占領下のフランスが、海外で暮す自国民の為に何をできるでもありません。 この当時のフランス人の寂寥と憂鬱がロベール・ギランの「アジア特電」に描かれています。 

       

       

 

 国籍なんか日常的には意識しなけれど、イザとなれば決定的な大問題になります。

 でも大丈夫。 国籍は自分の意思で選ぶ事ができます。 国籍は家畜の血統書じゃないのです。 自分がその国を愛し守ろうと意思の表明なのです。 だからどこの国にいても、その国籍に殉じた扱いを受けるのです。

 

 まあ家畜( ´∀`)には理解できないのかも?

  1. 大言壮語
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2009-03-30 19:21

居座る冬

 裏庭の雪除雪はまだ終わりません。 ボチボチやるしかありません。 

 

 

  

 

 同居人、まだやってるの?

 

 まだって、まだ雪があるから仕方がないわ。

 

  

 

 ったく要領が悪いんだから。 他所のお庭はもう殆ど雪が無くなったのに、ウチだけはまだ真冬の景色。

 

 だって他所のお庭は屋根の雪が庭に落ちないのよ。 日辺りだって良いしね。

 

  

 

 また言い訳ばっかり。

 

 そんな憎まれ口ばっかり言ってないで、少しは手伝ってよ。

 

  

 

 あっかんべ~!! いやですよ~!!

 

 あ、舌なんか出して、叩くわよ!!

 

  

 

 ワタシは少しお散歩してくるから、同居人はサボらないで除雪するのよ。

 

 もう!!

 

  

 

 あら、Katzenbahn(猫専用道路)の雪も綺麗に無くなったわね。

 

  

 

 おお、お隣の空き地の雪も大分減ったではないか!! 春はもうすぐよ。

 

 勝手にしなさい!!

 

 

 よもちゃんはの Katzenbahn(猫専用道路)かなたに消えて行きました。 よもちゃんの姿は消えても雪はなかなか消えません。

 今日も午後からまた雪になりました。 冬もしぶとく居座っています。

  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2009-03-30 10:21

ポプラと残雪

 私は散歩が好きです。 静かな公園とかをぶらぶら歩くのが大好きなのです。 でも今の季節は今一つです。

 

  

 

 少し遠出をして農試公園まで行ってみたけれど、まだ緑の影も無く、残雪がのさばっています。

 

  

 

 去年ここへ来たのは、このポプラ並木が黄金に輝く頃でした。 今はあの絢爛さは想像もできません。

 

  

 

 冬の間はこの景色も純白に輝きました。 黄金から白銀そして泥んこへと季節が変わるのです。

 

  

 

 川は雪解け水を飲み込んで滔々と流れて行きます。 夏は釣り人で賑わい、秋には鮭が登ってきます。 しかし寒く殺風景な今は、釣り人もみかけません。

 

  

 

 でも道端でクロッカスを見かけました。 残雪と間違えそうになりました。 でも本物の春の花です。 雪さえ無ければ咲くのです。

 

  

 

 そしてヒヨドリの写真が撮れました。 私のドジカメとすれば上出来です。 若葉が生い茂れば鳥の姿を見つけるのは難しくなります。 この冬最後の大サービスだったのです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2009-03-29 21:26

迎撃!!

 少し天気が良くうららかな日だと思っていたら、外で凄い声がします。 驚いて外に出て見ると・・・・・

 

 

 また来たのね!! 帰りなさい!!

 

  

 

 何だと、せっかく来てやったのに!!

 

  

 

 何言ってるのよ!! ワタシの家の隣まで来るなんて、不法侵入にしても図々し過ぎるわよ!!

 

  

 

 オマイこそ何言ってるんだ?? この前はウチの庭に不法侵入したじゃないか? その報復攻撃だい!!

 

  

 

 何が報復攻撃よ!! こんなとこまで入り込むなんて、これじゃ領海侵犯じゃなくて、本土攻撃じゃない? こんな事をして良いと思ってるの??

 

  

 

 これが本土攻撃だったら、この前ウチの庭に入り込んだのは何なんだ?? あれじゃ首都攻撃だろう??

 

  

 

 元々あそこはモモちゃんとワタシが分割統治していたのよ。 チビちゃんが生まれる前からそう決まってたのよ。 でもモモちゃんは年だから、あそこの守備が甘いのよ。 だからワタシがボランティアで哨戒してあげたのよ。 わかった?

 

  

 

 そ、そんなあ!!

 

  

 

 猫の縄張りは人間の土地所有権や借地権とは関係無いわ。 実力よ。 でなけりゃ公園や猫のいない家の庭なんか縄張りにできないでわよ。

 

  

 

 そんでも、ウチの庭はお祖父ちゃんの名義だぞ。 お祖父ちゃんはジブンを可愛い可愛いって言ってくれるんだぞ。 それだのに何でウチの庭が、モモババアやオマイの縄張りになるんだい?

 

  

 

 良い質問ね。 18~19世紀のアジア・アフリカ諸国と、ヨーロッパ列強の関係を見ると良いわ。 アジアやアフリカ諸国はその土地に誰が住んでいようと、ヨーロッパ列強から見れば、植民地にして良い土地だったのよ。 どの国の植民地にするかはヨーロッパ列強同士で勝手に決めたのよ。

 アジアの国の中で、それを許さなかったのは日本とタイぐらいよ。

 チビちゃんの庭も、チビちゃんが生まれる前は、ワタシとモモちゃんで分割統治する事にしてたのよ。

 

  

 

 オマイ、それを帝国主義って言うんだぞ!! そんな事今時許されると思うのか? 国連に言ってみろよ??

 そんなの非人道的って滅茶苦茶怒られて、制裁されるぞ!!

 

  

 

 国連なんか田舎の寄り合いよ!! 何もできないわ!! どっち道、非人道的でも猫道的には何の問題もないのよ。

 

  

 

 そ、そんな事許さないぞ!! 小さいお姉ちゃんの先生が聞いたら滅茶苦茶怒るからな!! オマイ、ネットでロクでもないサイトばっかり見てるんだろう?? 9条の会とかそう言う平和的なサイト見て歴史を学べよ!

 

  

 

 フン、不法侵入者が薦める歴史なんか学んでたまるもんですか!!

 

  

 暫くして行って見ると、チビちゃんは撤退していました。 よもちゃんは迎撃に成功したのです。

  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2009-03-29 19:59

麻生総理の身から出た錆

麻生内閣が半年…民主の敵失でひと息、支持率急降下のまま

麻生内閣は24日、発足から半年を迎える。

 麻生首相の失言などで急降下した内閣支持率回復の兆しは見えないが、小沢民主党代表の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件という敵失に助けられ、政権には奇妙な“安定感”すら漂う。

 首相への逆風が小休止している間に、内閣改造など反転攻勢に向けた戦略を模索する動きも出始めた。

 「5、6月の企業の決算期も経済情勢に対応していかなければならない」

 首相は23日の自民党役員会で、「一歩先」を見据えた経済対策に意欲を示した。2008年度第1次補正予算、同2次補正予算、09年度予算案の成立に続き、27日には09年度補正予算の編成を与謝野財務・金融・経済財政相に指示する方針だ。

 

      

 

 この半年間、首相は相次ぐ失言や漢字の誤読など「身から出た錆」(さび)で支持率を急落させた。「激やせ」説までささやかれた。だが、小沢氏をめぐる問題で民主党への風当たりが強まったおかげで一息つき、強気を取り戻しつつあるようだ。

 「衆院選で勝てば、自民党総裁選なんてあるか? できないだろ」

 首相は最近、「自ら衆院を解散して勝利―党総裁選で無投票再選―長期政権」という構想を、周辺に披露してみせた。

 余裕が慢心につながったのか、首相は21日の「経済危機克服のための有識者会合」で「株屋っていうのは信用されていない」と放言。「油断すると口が滑る」(自民党麻生派中堅)と周囲を嘆かせた。それでも、与党内では「当面は小沢氏の事件の行方を見守りたい」との空気が支配的で、反麻生勢力も様子見状態だ。

 首相に近い議員からは内閣改造を求める声も出始めている。森元首相は20日、訪問先のトルコ・イスタンブールで「(内閣改造して)総合力を駆使して難敵と戦わなければいけない」と強調。島村宜伸・党総裁特別補佐も19日、衛星放送「BS11」の番組で「豪華な布陣を組み、選挙に臨む(べきだ)」と語った。

 ただ、支持率1割台の首相が、「敵と味方を作ることになる」(参院自民党幹部)内閣改造を断行するのは困難との指摘もある。政権の“安定感”といっても、首相への評価を反映したものではないだけに「麻生首相では選挙は戦えない」との声はなお根強い。

 首相と距離を置く閣僚経験者は「衆院選まで残り期間が短くなる中、支持率が回復しなければ、麻生降ろしは今まで以上に吹き荒れる」と指摘する。首相の前途にはなお“いばらの道”が続きそうだ。

(// date_start //2009年3月24日08時24分// date_end //  読売新聞)
 
 
                  ( ´∀`)
 
 つまり麻生総理が就任されてからこの半年、麻生総理が政治家として総理として、問題だったのは「漢字を誤読した事」「失言」それにここには書いてありませんが、ホッケの煮付けホテルのバーカップ麺だけだったのです。
 
       
 
 ホントに馬鹿馬鹿しい記事だけれど、このグラフがあんまり凄いからアップしました。 ホントにゴミ売新聞の名に恥じない記事です。
 でもゴミ売新聞のオーナーにとっては、尖閣諸島の領土問題などで逃げない麻生総理は絶対困る総理なんでしょうね。 まあ「 私は発行部数1000万部の『読売新…」なんて公言している方ですから、公正な報道などあり得無いのです。
 
 ところで他の先生達は漢字を間違えないんでしょうか? これ他所から勝手にお借りした画像ですけどね。
 
  
 
 ちなみに上の段、真ん中の書は民主党元代表岡田克也先生のものです。
 
 「交代政権???」「政交権代???」
 
 もう何を言ったものやら? 
 この人ホントに日本人でしょうか?

  1. 下らない話
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2009-03-29 09:56

ミサイル迎撃、その後?

 北朝鮮のミサイル発射の日は刻一刻と近づいています。 そして迎撃体制も着々と整いつつあります。 

 そこで北朝鮮のミサイル発射後を予想してみました。

 

 

その1:迎撃が成功した場合

 

 日本政府は「迎撃成功!!」を発表。 テレビに迎撃されて落ちるミサイルの画像が放映される。

 そして北朝鮮への制裁強化、朝鮮総連を締め上げる。

 国連安保理で苛める。

 

  ( ´∀`)

 ネットウヨ大喜び!!               

 

  ( ´∀`)

 北朝鮮は「人工衛星は無事軌道へ乗った、衛星打ち上げは大成功!!」と発表。

 

 だってあれは人工衛星の打ち上げだと言っていました。 日本の迎撃システムは高高度のミサイルは迎撃できません。 人工衛星なら高高度の軌道を飛ぶはずなので、迎撃されると人工衛星でなかった事になります。

 それに迎撃されたら、報復戦争をするって言っちゃったんです。 でも戦争に必要なガソリンもありません。 戦争を始めれば、持っているミサイルを撃ちつくす前に舜殺されてオシマイです。

 

 

その2:迎撃に失敗した場合

 

 日本政府は「北朝鮮のミサイルは、長距離弾道ミサイルだったので、日本の上空の高い高いところを、飛び超えて行きました。」と発表。

 そして北朝鮮への制裁強化、朝鮮総連を締め上げる。

 国連安保理で苛める。 

  ( ´∀`)

 ネットウヨ、納得。

 

  ( ´∀`)

 北朝鮮は「日本の我が国人工衛星打ち上げへの邪悪な試みは失敗した。 衛星打ち上げ大成功!!」と発表。

 

 

その3:迎撃に失敗した日本の迎撃ミサイルはどうなるのか?

 

 ワタシは軍オタでないのでわかりません。 でもミズポ(社民・福島氏、北ミサイル迎撃批判を延々と 野…)なんかが心配しているので、希望的観測を述べます。

 

>当たらなくともミサイルは向こう(国外)へ行ってしまう。国内外の市民に被害はないといえるのか

 

 迎撃ミサイルは北朝鮮から飛んでくるミサイルに向かって飛びますから、北朝鮮のミサイルと行き違いになった時は、北朝鮮へ飛んで行くと思います。

 きっと水端里(ムスダンリ)のミサイル基地に落ちるでしょう。 水端里のミサイル基地が爆破されてしまいます。

 ( ´∀`)

 北朝鮮は何も言いません。 

 日本の迎撃ミサイルが飛んできたとは絶対に言いません。 だったそんな事言ったら、日本に宣戦布告しなければなりません。 自国民への手前、具合の悪い事は全部黙っているのが、北朝鮮式です。

  ( ´∀`)

 中国の情報筋から「水端里で大規模な爆発事故があったらしい」と言う噂がでます。 

 ( ´∀`)

 ネットウヨ、ニヤニヤ。

 

 

 北朝鮮は今になって、他にもミサイルを沢山用意する事にしたようです。(次々とミサイル配備 北、矛盾に満ちた「主張」) 

 沢山のミサイルを同時に撃って、ミサイル防衛システムをかく乱する気でしょうか?

 或いは更なる威嚇をする気でしょうか?

 

 しかしそうなると「衛星」のウソが益々バレバレで、中国ロシアも付き合いきれなくなるでしょう。 こう言うの「蟷螂の斧」って言うんですね。

 

 さて皆様はどうお考えでしょうか?

  1. 下らない話
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2009-03-28 18:22

足踏みをする春 オシマイ

 春は足踏みを続けます。 道路の雪は無くなりましたが、庭にも公園にも沢山の雪が残っています。 我が家の裏庭も深い雪に埋まっています。 この雪が無くならなければ、花は咲かないし春の来ないのです。

 よもちゃんの叱咤激励を受けて除雪を続けるしかありません。

 

 

  

 

 ねえ同居人、木の根元の雪が早く溶けるのは、木の気持ちだって言ったけど、あれは違うと思うわ。

 

 え、何で?

 

  

 

 だってここ見て御覧よ。 雪が溶けてるよ。

 

 まあそうだど。

 

  

 

 物置とブロック塀に気持ちなんか無いよ。 命が無いんだから。 でも雪は溶けてるのよ。

 

 確かにね。

 

  

 

 木の根元の雪が溶けるメカニズムがわかったわ。 

 

 え、ホント?

 

  

 

 つまりね、春になって気温が上がり、それにお日様の光が強くなると、木の幹の温度は暖かくなるわ。 その温度がそのまま根元まで伝わるのよ。 それで木の周りの雪は早く溶けるのよ。

 ブロック塀やトタンならもっと温度が上がるわ。 だからブロック塀や物置の側の雪も早く溶けるのよ。

 

 なるほど合理的な説明だわね。

 

  

 

 同居人「木の気持ち」なんて、いくらなんでも非科学的だわよ。 同居人は一応工学士でしょう?

 

 だって・・・・・・。

 

  

 

 やっぱり知性と理性を失った思考はナンセンスよ。

 

 悪かったわね。 でもそんなに科学的な発想をするなら、「お花さん、もうすぐ出してあげる」なんて言うのもナンセンスだわ。 花は話なんかわからないわよ。

 

  

 

 違うわ!! お花さんは、春を待ってるのよ!! 雪の下で泣いてるのよ!!

 

 

 こんな事を言い合っているうちに、日はどんどん傾いて夕闇が迫ってきました。 裏庭の除雪はなかなかはかどりません。

 

 昨日は随分暖かかったので、冬物のダウンジャッケトを仕舞いました。 でも今日は4時過ぎからまた雪が降り出し、風も吹いてとても寒くなりました。 春物のコートではとても我慢できません。

 またダウンジャッケトを引っ張り出すハメになりました。

 春はいつまで足踏みをする気でしょうか?

 

 

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2009-03-28 11:10

残雪の北海道神宮

 昨日久ぶりに北海道神宮へ行きました。 我が家から自転車で20分ほどです。

 

  

 

 神宮の隣の円山公園です。 以外にもまだ雪が随分残っていました。

 

  

 

 ここは桜の名所で、桜の咲くゴールデンウィークの頃には、人が一杯でジンギスカンの煙がモウモウと立ち込めてウンザリですが、今はウソのように静かです。

 

  

 

 御手洗には綺麗なつららが付いていました。 でも真冬の間は使えなかったのですから、これも春の景色です。

 

  

 

 そして本殿です。 去年から続いたロードヒーティングの工事が終わっていました。 これで正面からの美しい姿が拝めます。

 昨日も結構大勢の参拝者がいました。 昔はお祭りでも無い限り、人気が無く怖いほどだったのに、なぜかこの頃はいつも大勢の参拝者がいるのです。

 

  

 

 内宮にもまだ雪が残っていました。 

 でも昨日は珍しく台湾からの観光団体を見ませんでした。

 

  

 

 神宮に隣接する円山はまだ雪に覆われていました。 ここは神宮の神域なので、原生林がそのまま残っています。 山裾の遊歩道から太古の北海道を見る事ができます。

 

  

 

 雪が溶ければここには、ニリンソウとエンレイソウと青いエゾエンゴサクがいっぱい咲きます。

 ああ、雪融けが待ち遠しい!!( 春の北海道神宮)( 春の北海道神宮 続き

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-03-27 18:44

足踏みをする春 続きの続き

 夕暮れが近づいてきました。 でも頑張って除雪を続けます。 よもちゃんの叱咤激励が続きます。

 

 

  

 

 ねえ、同居人、あっちのクレマチス、今年はいくつ咲くかなあ?

 

 そうね。 去年は5つぐらいしか咲かなかったけど、あれから大分大きくなったからね。 もっと咲くかもね。

 

  

 

 でも冬の間に蔓が切れたりしてないかなあ?

 

 大丈夫よ。 去年の冬だって上手く乗り切ってんだから。

 

  

 

 こっちの薔薇は大丈夫かなあ。

 

 大丈夫よ。 薔薇は秋に倒して雪の下で冬を越しているから。

 

  

 

 同居人!! 頑張って!! 早くお花を雪の下から出してあげようよ!!

 

 頑張るわよ!!

 

  

 

 ああ、雪融けが待ち遠しいお~。 後まだ何日待たなくちゃいけないんだろう?

 

 そんなに焦らなくても、もうすぐ溶けるわよ。

 

  

 

 ワタシも雪を掻くわ。

 

 大丈夫? こんな重い雪。 よもさんの前足じゃ掻けないよ。

 

  

 

 ホントに重いね。 全然掘れないよ。

 

 そうよ。 雪と言うより、細かい氷の粒なんだから。

 

  

 

 せっかくお花を掘り出してやろと思ったのに・・・・・。

 

 よもさんの気持ちだけでも、少し雪が溶けるわよ。

 

  

 

 ホント?

 

 ホントよ。 木の根の周りの雪だって、木の気持ちで溶けるんじゃないの? だって木は自分で除雪なんかできないのに、木の周りの雪は他より早く溶けるでしょう?

 

  

 

 だったら、少しでもできるだけ頑張って見るよ。

 

 

 日は少しづつ影ってきます。 でもこの雪がなくならないと、この庭は春になりません。 後少しよもちゃんと頑張ります。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(4)