FC2ブログ

2009-03-27 10:04

莇活掘

 夕べまた雪が降りました。 朝起きて見ると5センチほど積もっていました。 淡い春の雪です。 それでも夕べは見えていた地面が、また雪で覆われてしまいました。

 

  

  

 久ぶりの真っ白な雪です。 真っ白な新雪に最初に足跡を付けるのは、気持ちが良いのですが、先を越されてしまいました。

 

  

 

 随分、はしゃいで歩きまわったようです。

 

  

 

 雪がまだ50センチも残っている隣の空き地へも飛び乗り、

 

  

 

 横断したようです。

 

  

 

 足跡の主は、お隣の灯油タンクの下にいました。 足が冷たくなったのか、梯子の上に乗っていました。

 雪に足跡を付けて遊べるのも、もう後僅かです。 

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2009-03-26 18:07

足踏みする春 続き

 何とか裏庭の雪を早く無くすために、せっせと除雪していると、また上から目線で私を監督してくれる子がいます。

 

 

  

 

 ホラ、同居人!! もっと力を入れて!! ホントに要領が悪いんだから。

 

 五月蝿いわね。 そんな事言うんなら、よもさんが自分でやってよ!!

 

  

 

 何言ってるのよ? どこの世界に猫に雪掻きの手伝いをさせる人がいますか?

 

 だって、冬の間は結構手伝ってくれたじゃない?

 

  

 

 真冬の雪はフワフワのパウダースノーで、軽かったかけど、今の雪は重いザラメみたいな雪なんだもの。 ワタシの前足じゃ掻け無いわ。 それぐらいわかるでしょう?

 

 手伝う気が無いんだったら、余計な事言わなきゃ良いでしょう?

 

  

 

 だから手を出せないからせめて口だけでも出そうと思ったのに・・・・・。 ホントに他人の親切心のわからない人間はどうしようもないわ。

 

 

 しかしまあ、よくもこの細い枝に上手く乗っかるもんですね。 

 

 

  

 

 同居人! ねえ、この窓の所、何とかしてよ! これじゃあ、この窓から出入りできないよ。

 

 ダメよ其処は。 雪がカチカチに凍ってスコップが刺さらないのよ。 もう少し暖かくなるまで待つしかないわ。

 

  

 

 全然ワタシの都合を考えてくれないんだから。 この窓から出入りできないと、凄く不便なのに・・・・。

 

 だって仕方が無いよ。 

 

  

 

 あ、木の根っこの雪が溶けて地面が見えるわ。 ねえ、なんで雪は木の根っこから溶けて行くのかしら?

 

 知らないわ。 木の周りは暖かいのかも知れないね。

 

  

 

 ねえ、木の根っこの所に青い芽が見えたよ。

 

 ホント? じゃあもう草の芽が雪の下で待っているんだ。

 

  

 

 あっちも方も雪が溶けてる。

 

  

 

 お花さん、もう直ぐ出してあげるよ。

 

  

 

 同居人、頑張ってよ。 早く雪をどけてやらないと、お花が可愛そうだよ。

 

 わかってるわ。 頑張るわ。

 

 

 だんだん、夕暮れが迫ってきますが、頑張らなくてはなりません。 この雪をどけないと我が家の庭は春にならないのですから。

 

 でもね。 今日もまた午後から雪になったのです(涙)  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2009-03-26 09:54

久ぶりの晴天・・・・

 久ぶりの晴天なので近所の公園へ行きました。

 

  

 

 何と有難い事に通路の雪が溶けて、楽に歩けるようになっていました。 この前行った時は、雪融けで道がグチャグチャになって歩けなかったのです。

 

  

 

 通路だけでなく他も雪融けが進んで、地面が見えています。

 

  

 

 山肌の雪も減りました。

 

  

 

 この公園は手稲山に源を発する二級河川琴似発寒川に沿って、延々と続いています。 頑張ってドンドン上流へと進みました。

 

  

 

 ここから2キロほどで水源の滝に着きます。 でも滝はきっと雪で埋まっているだろうし、それに天候が崩れて寒くなってきたので、ここから引き返しました。 久ぶりの晴天だったのに。

 

  

 

 ここまで来るとやっぱりまだシッカリと雪が残っています。 標高もウチより200メートルぐらいは高いでしょう。 ここまで春が登り詰めるのは、まだ暫くかかりそうです。 

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2009-03-25 22:18

どうなの?ミサイル迎撃

 北朝鮮のミサイルはどうなるのでしょう? 様々な情報が錯綜しています。 青山繁治氏の3月21日の解説を見つけました。 なかなか面白いです。 

  

     

  

 http://www.youtube.com/watch?v=Tb-d0mT0m0c&feature=related

 

  

     

 

 http://www.youtube.com/watch?v=NDGqdjE2K1k&feature=related  

 

    

     

 

 http://www.youtube.com/watch?v=kUjHXMGx9vE&feature=related

 

     

     

 

 http://www.youtube.com/watch?v=_iNi4XlzbSk&feature=related

 

 青山氏の解説が本当なら、麻生首相は自分の政治生命を賭けて、北朝鮮のミサイル迎撃を決断された事になります。

 そしてそれは日本の本当の独立の一歩となります。 また日本が迎撃に成功すれば、ミサイルの軍事的な位置を激変させて、世界の軍事バランスを決定的に変える一歩になります。

 

 何しろ世界史上飛んでくる弾を撃ち落とす兵器などあり得なかったのですから。 飛んでくる弾からは防衛不能と言う事で、今までの軍事バランスは成り立っていたのです。 

 炸薬を使った大砲の開発が、城壁による防衛に依存する都市国家の存続を不可能にしたのと同じぐらいの歴史的意味を持つかもしれません。

 

 読売新聞の記事によれば、随分懐疑的です。

 

 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090324-OYT1T01104.htm

 

 これで今までに7000億かかったそうです。

 しかし7兆円出しても意味のある技術です。 これまでの弾道ミサイルの開発に世界中の国が幾らかけたのでしょうか? それを無力化できるです。 一度の失敗なんか問題じゃありません。

 

  

 

 ところで、今私のパソコンではイザアップされたYou Tubeが見られません。 他のブログでも見られないところがあります。 理由はわかりません。 誰かこんなトラブルが起きる理由をご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

  1. 大言壮語
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2009-03-25 10:35

足踏みする春

 昨日は寒い日でした。 雪が降りました。 春は足踏みしています。 夕方雪がやんだので、外へ出て見ました。 できたら裏庭の除雪もしたのです。

 

 

  

 

 どうきょに~ん。 どこへ行くの?

 

 少し裏庭の様子を見ようと思って。 

 

  

 

 裏庭に行くのに何で道路へ出るの?

 

 だって物置の脇が雪で塞がって通れないのよ。 お隣の家との間の通路から行くしか無いわ。

 

  

 

 同居人はドン臭くて、体重が重いから仕方が無いわね。 ワタシだったら、平気で通れるわ。

 

 悪かったわね。 よもさんは付いて来なくて良いわ。 できたら少し裏の除雪をしたいけど、よもさんは来ても役に立たないから。

 

  

 

 付いてくもんね

 

 勝手にしなさい!!

 

  

 

 どうきょに~ん、見てよ!!

 

  

 

 

 お向かいのお宅のお庭にチューリップの芽が出ています。 昼間に降った雪で埋まっています。 ウチの庭のチューリップだって目を出したいの違いありません。

 ここは何としても頑張って裏庭の除雪をしなければなりません。

 

 そして裏庭の除雪を始めると・・・・・・

 

 

  

 

 同居人、頑張れ!! しっかり腰を入れて!!

 

 あ、またそんな所へ登って!! その木はお隣のご主人が大切になさってるライラックよ。 そんな細い枝に乗って、折れたらどうするの?

 

  

 

 そ、そんなに言うほど細くないわよ。 ライラックは丈夫だから簡単には折れないわよ。

 

 だって曲がってるよ! グラグラ揺れてるよ!

 

  

 

 大丈夫だったら。 それよりちゃんと除雪しなさいよ。 早く雪をどけてやらないと、ウチのお花はいつまで経っても芽が出せないよ。

 

 わかってるわよ。  でもよもさんが、折ったらライラックは春になっても花が咲かないのよ。

 

  

 

 大丈夫。 これが柳なら雪が積もって雪柳、猫が乗って猫柳。 でもライラックだから雪ライラックで、猫ライラックよ。

 

 

 こうして夕方の一時、よもさんと二人で裏庭の除雪に励む事にしたのです。 裏庭にはまだ1メートルの雪が残っているのです。 これがなくならいと春は来ません。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2009-03-24 20:46

夢の梅

 今日はまた雪が降りました。 大変寒いです。 真冬の寒さを考えればホントは全然寒くないのだけれど、一度暖かくなって春の気分になると、少し寒さが戻っただけで凄く寒い気がします。

 よもちゃんは朝寝を決め込んでいます。

 

 

 よもさん、またやったのね!!

 

  

 

 Zzzzz・・・・・

 

 よもさん!! 枕に付いてる物は何よ?? 

 

  

 

 あ、鬼だ!!。

 

 鬼じゃないわよ!! また枕に泥んこの足跡を付けたでしょう? 何でベッドに入る前に足を綺麗にしないの?

 

  

 

 なんだ夢だったのね。 せっかく良い夢を見たのに・・・・・・。 

 

 夢なんか関係ないわ。 寝る前に足を綺麗にしなさいって話なんだから!!

 

  

 

 だって夕べは寒かったのよ。 外から帰ったら体が芯まで凍えたのよ。 だから家に帰ったら、すぐにベッドに入るしかなかったのよ。 同居人はストーブ消してしまったし・・・・・。

 

 それで泥梅の花を枕に咲かせたのね。 きっと枕だけじゃなくてシーツにも一杯咲いてるわ。

 

  

 

 だったら、 正夢だったんだわ。  同居人、この梅は天界の梅よ。 

 あのね、夢の中でワタシは満開の梅の林を歩いていたのよ。 それは美しくてね。 そしたら天女様が出て来たの。 そこは天上界の梅園だったのよ。

 

 また勝手な夢を見て!!

 

  

 

 だって夢だから仕方ないよ。 それでその天女様が「お前は地上には勿体無いほど可愛いから、天上で神様のペットになりなさい」って仰るの。 天女様は本当に綺麗で優しそうで、私もお側に居たかったわ。

 

 何言ってるのよ?

 

  

 

 でもワタシは同居人の事を思い出したの。 それで「ダメです。 ワタシの勤めは愚かで惨めな人間の側にてそれを慰める事です。 これはワタシの前世からの定めです。  輪廻転生でそう決まったのです」って言ったのよ。

 

 愚かで惨めな人間って、私の事??

 

  

 

 まあまあ、そう気にしないで。 そうしたら、天女様が「お前は本当に感心な猫だから、ご褒美をあげましょう。 何が欲しいの? 迦陵頻迦の手羽肉でも鳳凰の腿肉でもなんでもあげるわよ」と仰るのよ。 

 

 凄い!! 朱鷺どころじゃないわね。 それで何を貰うことにしたの?

 

  

 

 「同居人の為に梅の花を少し下さい」って言ったのよ。 そうしたら天女様が一枝手折って下さったの。 でも梅を咥えて梅林を歩いていたら、鬼が出て来て怒鳴るので目が覚めたのよ。

 

 それが枕に付いた泥梅!??

 

  

 

 まあそう言う事ね。 天界の梅は醜い心の人間にその美しさがわからないのかもね?

 

 

 よもちゃんはようやく起きました。 今の季節は道が泥んこなので、よもちゃんの足も泥んこになるのです。 そしてウッカリしてると、家の中に梅の花が咲きます。

 本物の梅の花が見られるのは、まだ一ヶ月も先の事です。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-03-24 10:15

春の味覚が並ぶ

 先週から自転車が使えるようになりました。 この冬は暖冬で雪が少なかったので、雪融けが早いと思っていたら、2月の終わりの大雪ですっかり雪融けが遅れました。

 おかげで自転車を出すのも例年通りです。 ともかく久ぶりに自転車で琴似市場へ行ってみました。

 

  

 

 ここは新鮮なお魚が沢山出ているのです。 なんと生ホッケが出ています。 桜の飾りの付いているのがそうです。 みるからに活が良いですね。 これなら ホッケの煮付けではなくお刺身にでもできるでしょう。

 生ホッケは時々出ます。 普通は煮付けにします。 脂が強いので私は好きではありません。 脂が強いのは北海道の魚の特徴です。 関西で生まれ育った母はこれに最後までなじめませんでした。

 

  

 

 ゴッコも出ていました。 このお魚は本当はホテイウオと言います。  海の布袋様です。 雄が380円なのに、雌が680円もします。 漁師さんは雌を「御婦人」と呼んで尊重します。 凄い女尊男卑です。

 でも雌のお腹には卵が一杯詰まっているのです。 今の季節、産卵のため深海から岸辺に来たところで、捕られてしまいます。

 

  

 

 勿論、干物も売っています。 左下が「これを食べれば庶民性活を理解できる」ホッケの開きです。 

 

  

 

 筍も出ました。 しかし北海道では孟宗竹は育たないので、全部本州から来たものです。 ウチの裏庭にはまだ1メートルも雪が積もっているのに・・・・・・。 店先の筍を見る度に「北海道の春は遅いなあ」と思うのです。

 

  

 

 そして悔しさ一杯の林檎です。

 この数年毎年、今頃この店には印度林檎が並びました。 私も妹も印度林檎が大好きで、毎年箱で買っていたのです。 ところが今年は10日ほど前に行ったところ、もう店先に並んでいた16個を残して全部売り切れていたのです。

 

 店の人に聞いたら「3月の始めに10箱仕入れたけど、箱で買う人が多くて全部売れてしまい、今後の入荷は無い」と言うのです。

 あんまりです!!

 例年、自転車が使えるようになったら印度林檎を買いに行って、自転車の荷台に箱を積んで帰りました。 でも今年は早々と売り切れてしまったのです。

 

 とりあえず、残った16個を全部買い占めて帰りました。 でもこの日は徒歩だったので、リュックに詰めたらとても重かったのです。 たった16個しか買えなくて楽しみしている妹になんと言い訳したものか・・・・・。

 心はもっと重かったのです。

 

 諦めきれずネットで捜しましたが、皆「完売」って・・・・・・(涙)

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-03-23 19:30

課せられた天命

 夜ネットをしていて、フッ気が付いたらよもちゃんの姿が見えません。 辺りを捜しても姿が見えません。 でもわかりました。 寝室の押入れの戸が10センチほど開いていたのです。

 

 

 よもさん!! 出てきなさい!! そこにいるのはわかってるんだから!!

 

  

 

 あ、何すんのよ?? まぶしいじゃない!!

 

 「何すんのよ?」なんて私の言いたい事よ。 よもさんこそ押入れで何してるの?

 

  

 

 ワタシは職務中よ。 

 

 何が職務中よ。 押入れに入って遊ぶの止めて頂戴!! この前もしまってあった、縫い包み蹴落としたでしょう?

 

  

 

 あれは職務の邪魔になるから、除けたのよ。 仕方がないわ。

 

 だから、何が職務よ?? 押入れの中をかき回す事?

 

  

 

 馬鹿ねえ。 猫の職務と言ったら鼠退治よ。 ワタシは今勤務中なのよ。 邪魔しないで。

 

 だって鼠なんかいないわよ。 もうウチには何年も出ていないわ。

 

  

 

 いったいいつから鼠が出なくなったのよ? ワタシが5年前この家に来た時には、一杯いたわよ。 同居人は天井でガサガサ音がする度にビビってたわね。 ワタシはまだ同居人の握り拳ぐらいの子猫だった頃から、この家の鼠退治は自分に課せられた天命だと心得て 闘い抜く覚悟だったのよ。

 

 そ、そんな麻生総理みたな事言わなくても・・・・・。 

 

  

 

 まだ年端も行かない子猫の身で、恐ろしい鼠と闘って、一匹また一匹と退治したのよ。 おかげでワタシが一人前になる頃には、ウチには鼠は一匹もいなくなったわ。 お向かいのお宅は鼠が出て食べ物を荒らすからって、毎日鼠取りを仕掛けていたのに・・・・・・。

 

 そ、そうね。 よもさんには感謝してるわ。 でももう鼠はいなくなったから、よもさんが押入れに入るには及ばないのよ。

 

  

 

 馬鹿!! 今鼠がいないからって、油断したらダメなのよ。 鼠の出そうな所は常に哨戒して、猫の臭いで威嚇する必要があるのよ。

 国防と同じよ。 当面戦争が無いからって、軍備を怠れば本当に戦争になるのよ。

 相手が戦争をしたら負けると思わせる事こそが、国防の基本なのよ。 

 だから鼠が出ないときこそ、油断せずにパトロールしてるのよ。

 

 だって・・・・・。

 

  

 

 もう、今度邪魔したら、パソコンの脇に新しいマウスを置くからね。

 

 ごめんなさい。

 

  

 よもちゃんの姿は押入れの闇の中へと消えてしまいました。 でも確かによもちゃんのおかげで、我が家には鼠が出ません。 ご近所のお宅は結構鼠で苦労しているのですけどね。

 よもちゃんは我が家の対鼠防衛軍なのです。 そして残念ながら私には軍の独走を止める事ができません。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2009-03-23 11:15

格差と貧困 本物

 私が時々見るHEAVENと言うサイトがあります。 「 世界発 : 仰天ニュース、トンデモ画像におバカグッズ満漢全席.」と言うサイトです。 祭りの見世物小屋みたいなとっても悪趣味なサイトです。 

 

 このサイトによく出てくるものに、奇病や先天性奇形児があります。

 奇形や奇病の為に妖怪のような姿になった人達の悲惨な画像と話が出ているのです。 

 

 ところでこう言う悲惨な話は、殆どが中華人民共和国の話です。 そして奇形や奇病の殆どが農民など貧しい人々です。

 誰の目にも明らかな病変なのですが、貧しくて治療費が無いためにそのままにしているのです。 そこで治療費を得るために、マスコミに悲惨な姿を曝して、義捐金を募ったりするために、この手の話が再々出るわけです。

 

 先日も巨大な腫瘍ができて身動きもできなくなった農婦。

 

 http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-4124.html

 

 自宅の火事で大火傷をした後、治療費が尽きて、両手の指と頭皮と頭蓋骨が、ボロボロに糜爛して遂に指が8本落ち、頭蓋骨は深い帽子で隠れるぐらいの部分が全部が脱落して、脳がむき出しになって死んだ少年の話が出いました。 

 脳がむき出してになった子供でも、治療費が尽きれば、中華人民共和国の病院は追い出してしまうのです。

 

 http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-4030.html

 

 かの国では農民は公的な医療など、全く受ける事ができません。 だから医療費は全額自己負担です。 一家の年収が1~4万円などと言う農民が、マトモな医療を受ける事など絶対不可能なのです。

 

 古代だって中世だって、貧しい人々は医療なんか受ける事は、できませんでした。 しかし古代や中世なら、皇帝でもマトモな医療なんか受ける事はできませんでした。

 だから例え秦の始皇帝や、漢の武帝でも同じような病気や怪我をすれば、頭蓋骨が崩壊して脳がむき出しになるし、巨大な腫瘍ができれば身動きはできなくなるのです。

 

 でも今は違います。 そこそこの経済力があれば、こんな目に遭わずに済みます。 それどころか他人の臓器を買えちゃったりします。 だから中国の人達が拝金主義になるのもわかります。

 自分の息子の指が一本また一本と落ちていくのを見たら、脳がむき出しになって苦しんでいるの見たら、親は気が狂うでしょうね。

 そんな思いをしたくなければ、金を貯めるしかありません。

 

 国家は何もしてくれません。 しかし現在の中国全体の経済力では、国民全体に基本医療を受けさせる能力はありません。

 そして為政者が自国民に悲惨な状況を改善しようとすれば、なりふり構わず資源や領土の簒奪を図るのもわかります。 こんな悲惨な状況を見ては他人や他国の事など、構ってはいられません。

  

 一方日本ではホームレスでも無料で医療を受けられます。 癌で1年も入退院を繰り返せば1000~2000万円の医療費は直ぐに飛んでしまいますが、そんなの関係ねえです。

 中国からの不法入国が増えるのも、何としても日本国籍を取りたいのもわかります。

 

 中国人が特別に悪人なわけでもなく、中国政府が格別極悪なわけでもなく、かくも悲惨な自国と、先進国との違いを見れば、良心も道義もありません。 中国側からすれば、豊かな生活を享楽しながら、かくも悲惨な自分達を見捨てている先進国こそ極悪なのです。

 

 そして世界中の圧倒的多数の国とその国民の生活はだいたい似たようなものです。

 

 人道から言えば、豊かな日本は貧しい国々とその国民を助けるべきです。 でもその数は膨大です。

 本当に助けようとすれば、日本の国家予算を全部、貧しい国々の医療費に差し出しても無理です。 日本人の消費生活を思い切り詰めて、それを全部救済に回しても難しいでしょう。

 人道や友好を詠うのは良い事ですが、どこまで本当に助ける事ができますか?

 

 私は中華人民共和国と言う国が、非常に恐ろしいのですが、その最大の理由は、余りにも深刻な貧困があり、しかもその人口が膨大で、日本がこれを救済する事は不可能だかです。

 そしてこの悲惨な貧困がある限り、中国が日本と正常な関係を保つ事は難しいと思うからです。

  1. 格差と貧困
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2009-03-22 14:42

春の除雪 オシマイ

 春の夕方、庭の雪を除雪していると、よもちゃんが出て来て、監督してくれます。 でもワタシの言う事は全然聞いてくれません。

 

 

 あ、よもさん、何処へ行くの???

 

  

 

 物置の点検をしてあげるわ。 春になったんだから、少しは物置の中も整理なさいよ。

 

 だってまだスノーダンプとか要るかもしれないわよ。 裏庭の雪を運び出さなければいけないかもしれないのよ。

 

  

 

 別にスノーダンプの問題だけじゃないわ。 物置の中は余計な物で一杯でしょう。 何でこんな余計な物溜め込むのよ?

 

 だってお母さんが使っていたものよ。 そんなに簡単に捨てられないわ。 だいたい物置なんか不断使わない物をしまって置くところよ。 それにウチで一番余計な物は何だかわかる?

 

  

 

 イヤな言い方ねえ。 その余計な物って何よ?

 

 まあまあ、そんなに僻まないで。 別に他意は無いのよ。

 

  

 

 まあいいわ。 上の方を確認してあげるわ。

 

 止めてよ!!

 

  

 

 この奥の方って面白いのよね。

 

 出なさい!! 出なさいったら、出なさい!!!

 

  

 

 どうして、同居人はこんなに何でもかんでも、物置に押し込むんだろう? アイツはあれで実用数学検定1級を取ってるんだけど、アイツが数学を応用するのは「ガラス屋問題」を応用して、狭い所に要らない物を、効率的に押し込むだけなのよね。

 

 出なさい!! 出なさいったら出なさい!!!

 

  

 一瞬の隙を突いて、ドアの開いていた物置の中へよもちゃんは飛び込みました。  こうなると私が何を言っても出てきません。 だから頭に来た私はドアを閉めました。 こうして暫く放って置きました。

 こうして暫く一人で除雪をした後ドアを開けると、よもちゃんは飛び出しました。

 

  

  

 

 

 ところで今日はまた風が強く雨が降っています。 その上今週の天気予報には、雪達磨がずらりと並んでいます。 また春は足踏みをしています。 私もよもちゃんも春が待ち遠しいです。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(6)