fc2ブログ

2008-12-26 01:52

日本、10カ国牛蒡抜き!!!

 日本の1人あたりGDP、過去最低の19位

内閣府が25日に発表した国民経済計算によると、2007年の日本の1人あたりの名目国内総生産GDP)は前年比0.5%増の3万4326ドルとなった。// rectangle_start //

Click here to find out more!
// rectangle_end //

 経済協力開発機構OECD)に加盟する30か国中では19位と前年の18位から順位を下げ、1970~71年と並んで過去最低となった。円相場が円安となり、他国より物価上昇率が低かったことなどが要因だ。

 日本は00年の3位をピークに下落基調が続いている。金融危機の震源地となった米国は、前年の7位から11位となり、80年以降では初めてトップ10から転落した。

 一方、日本の名目GDPの総額は4兆3854億ドルで、世界のGDPに占める比率は前年より0.9%低い8.1%と7年連続で落ち込んだ。

(// date_start //2008年12月25日23時20分// date_end //  読売新聞)
 
google_ad_region_end=region1 // article_end //
  
 
 う~ん、日本は貧乏になったのでしょうか? 
 2000年頃に比べてそんなに生活が変わった気はしないのですけどね。
 
 でもはっきりと変わったものがあります。 それは為替レートです。 GDPはドル換算で比較しますから、為替が変われば変わります。
 で、賢い方が12月12日のレートでGDPを計算してくださいました。
 
   1 ルクセンブルク 101,875
   2 カタール 72,848
   3 ノルウェー 71,053
   4 スイス     59,010
   5 アイルランド 58,323
   6 デンマーク 55,737
   7 アメリカ 45,845
   8 フィンランド 45,356
   9 オランダ 45,024
   10 日本     44,796←
   11 オーストリア 43,973
   12 UAE     42,856
   13 スウェーデン 41,939
   14 ベルギー 41,419
   15 フランス 40,402
   16 ドイツ     39,335
   17 カナダ     37,372
   18 シンガポール 35,568
   19 アイスランド 34,946
   20 イタリア 34,914
   21 イギリス 34,037
   22 オーストラリア 33,957
 
 ちなみにカタールはOECD加盟国ではありませんから、OECD加盟国だけなら日本は9位になります。
 ニャンとこの麻生総理が就任で、10カ国牛蒡抜き!!  
 
 
  
 
 欧州のGDPの推移は
 
 
 G7GDPの推移は
 
 
 
 
 つまり日本がGDP3位だった2000年って実効為替レートが1999年に続いて最高だった時ですね。 そして今のレートは2003年と同じくらいです。
 何の事は無い、日本のGDP順位の変化は実効為替レートと同じ動きをしていたのですね。 勿論通貨が上がるのはその国の経済が強いからです。 でも今は通貨も株や石油などと同様投機の対象になります。
 2007年はユーロバブル真っ最中でした。 そして円安でした。 だから日本の輸出企業は絶好調だったのですけどね。 でもGDPの順位は下がるわけです。
 
  
 
 このHRSさんのブログは様々なデーターがわかりやすく出ていて本当に面白いですね。 やっぱり実際にデーターを検証する事が大切ですね。

 

 最後に「メリークリスマス!麻生首相」祭りを終了... New!しました。 議員会館だけでも1250通のクリスマスカードと数百通のFAXが来たそうです。
 皆様御協力有難う御座いました。

  1. 大言壮語
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2008-12-25 10:06

クリスマスプレゼント

 夕べはクリスマスイブでした。 私はよもちゃんと二人でYou Tubeでバッハの「クリスマスオラトリオ」を聴きました。

 

 

  

 

 

 とても美しい曲だけれど、全部聴くと2時間余りかかります。

 

 

        

 

 全部で18パートあります。 暇で音楽の好きな方はどうぞ。

 

 

  

 

 

 よもちゃんは途中で寝てしまいました。 私は途中で退屈すると2チャンとか見ていました。 でもやっぱり美しい曲です。

 こうして厳かな気分で寝たからでしょうか? 今朝目が覚めると枕元にクリスマスプレゼントが置いてありました。

 とても可愛い物です。

 これです。

 

  

  

 

 

 私の枕にピッタリくっ付いてます。 私が起きるとプレゼントも目を覚ましました。

 

 

  

 

 どうきょに~ん、もう起きたの?

 

 起きたわよ。 よもさんも起きなさい。

 

  

 

 その前に身だしなみ。 ところでストーブはちゃんと付いてる? 部屋は暖かくなってる?

 

 ハイハイ、ストーブは30分前から付いてます。 部屋も暖かくなっております。

 

  

 

 あ~あ眠いなあ。 それでパソコンは起動させた? ワタシ、起きたらすぐ2チャンをチェックしたいんだけど。 同居人のパソコン、やたら立ち上がりが遅いのよね。 待ってるとイライラするのよ。

 

 ハイハイ、起動しております。 インターネットにも接続済みです。

 

  

 

 だったら起きてあげるわ。 

 

 

 私の枕元にはこのクリスマスプレゼントがクリスマスだけではなく毎朝配達されるのです。 とても幸せです。  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2008-12-24 20:06

クリスマスに寄せて

 札幌は綺麗なホワイトクリスマスになりました。

 私はキリスト教徒ではないけれど、子供の頃日曜学校に通ってキリスト教徒になろうかと考えていた事があります。

 

  

 

 子供頃日曜学校に通ったのは、近所に日曜学校があって近所の子供達が皆通っていたからです。 我が家は浄土真宗なのですが、日曜の朝8時から子供の相手をしてくれるのは日曜学校ぐらいですから、両親も気持ち良く行かせてくれました。

 日曜学校へ行くとイロイロなお話をしてくれて、帰りに綺麗なカードがもらえました。 今思えばそれはアメリカのクリスマスカードなんですが、その頃日本ではそんなカードなんかどこにも売っていませんでした。

 だから結構大勢の子が通っていました。

 

  

 

 日曜学校で先生が話す事はだいだい子供心にも、もっともな話でした。 ただ一つだけ困る事がありました。 それはキリスト教の天国には、キリスト教徒しか行けないのです。 それじゃあ死んだらお父さんやお母さんやお祖母ちゃんと離れ離れになってしまう!! それにお祖母ちゃんはどうしたらいいの!!

 お祖母ちゃんは熱心な門徒ですから、絶対に改宗なんかするはずがありません。 つまりキリスト教の天国には絶対行けないのです。

 

  

 

 しかしこれは子供心にも不合理でした。 祖母がキリスト教徒にならなかったのは、子供の時からキリスト教に接する機会が無かったからです。 祖母の責任ではありません。

 また祖母はキリスト教を信じない以外では、当に心の正しい人でした。 まだボランティアなんて言葉も無かった頃、祖母は近所の身寄りのないお年寄りの介護をしたり、私の小学校の校庭の草をむしったりしていたのです。

 しかしこんな人でもキリスト教徒でなければ天国に行けないと言うのです。

 

  

 

 結局、この事が引っかかって私はキリスト教徒にはなりませんでした。 

 でも家族が天国に行けないのでキリスト教徒になるのを辞める人は私だけではなかったようです。 

 ローマ帝国の末期、あるゲルマンの族長はキリスト教に改宗するつもりで、洗礼盤に片足を突っ込んだところでキリスト教の宣教師に聞きました。

 「自分がキリスト教徒して死ねば、天国で死んだ父母や戦友達と会えるか?」

宣教師は「否」と答えました。 族長は洗礼を中止しました。

 

  

 

 ともかくキリスト教徒にはならなかったけど、でも日曜学校で学んだ事は大変役に立ちました。 とにかく天地創造からキリスト生誕やその他のキリスト教の様々はストーリーを一通り聞けたのです。

 西洋文学、美術、音楽などの鑑賞にはキリスト教の知識は絶対必要ですからね。 

 ヨーロッパの美術なんか近世以前は、もう9割9分キリスト教の産物です。

 キリスト教の是非はともかく、キリスト教無しにヨーロッパに文化なんかあり得無かったのです。

 今はヨーロッパでもキリスト教の影響力は落ちる一方です。 そしてこのキリスト教の衰退と共にイスラムの浸透が進んでいます。

 あの素晴らしい教会や修道院をいつまで維持できるでしょうか?

 あの素晴らしいヨーロッパの文化はどうなるのでしょうか? 

  1. 個人的体験から
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2008-12-24 18:59

ホワイトクリスマス

 この前降った雪がまだ溶けません。 そして夕べまた少し降りました。 だから今朝は綺麗な新雪です。

 よもちゃんは朝から元気にお外に出ます。

 皆様にご挨拶をしたいようです。

 

 

  

 

 メリークリスマス!!

 皆様には「メリークリスマス麻生首相祭り」へのご協力有難う御座いました。 首相官邸、自民党本部など各所の毎日100通ほどもクリスマスカードが届いたようです。

 今朝はまた本当に綺麗な新雪で、ホワイトクリスマスになりました。 札幌のクリスマスはこうでなくちゃいけません。

 

  

 

 あ、あっちに鳥が・・・・・・。

 

  

 

 待て!!!

 

  

 

 あ~あ、逃げられちゃった・・・・・・。

 

  

 

 ここで待ち伏せしてたらまた来るかも?

 

  

 

 あ、ヤダ、同居人が来るじゃない。 ホントにウザいわねえ。

 

 よもさん、何してるの?

 

  

 

 遊んでいたのよ。

 

 遊ぶのは良いけれど、鳥なんか捕らないでよ。 

 

  

 

 あら、鳥なんか知らないわ。 それより同居人何かクリスマスに相応しい清らかな歌をアップしてね。

 

 ハイハイ、これなんかいかが?

 

 

       

 

 では皆様、楽しいクリスマスを!!

  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2008-12-23 18:48

言う事を聞かない!! オシマイ

 よもちゃんが散々我侭を言うので、もう私は怒ってよもちゃんを置いてお買い物に出かけました。 だいたいよもちゃんは我侭が過ぎるのです。 少しは飼い主への敬意と言うものを知るべきです。 

 

 

  

 

 ああ、なんて寒く寂しいのかしら。 冷たい雪が降ってきたわ。 同居人はワタシをこの寒空の下へ置き去りにしたのだわ。 そうだあのマンションへ行こう。 マンションの駐車場ならロードヒーティングで暖かいわ。

 

  

 

 このロードヒーティングだけが、ワタシを暖めてくれるのね。 同居人はまたきっと入りもしないものばかり買っているんだわ。 それからまた買わなくてもいいお菓子を買ってるんだわ。 ワタシがいつも心配しているのに、そんな事アイツは解らないんだわ。

 猫の気持ちなんか理解する意思も能力も無いのよ。

 

  

 さて私が買い物をすませて、家の近くまで来るともうすっかり暗くなっていました。 私は家に荷物を置くと、よもちゃんを捜しに出ました。 やっぱり心配ですから。

 

 

 よもさ~ん、よもさ~ん!! どこにいるの?

 

  

 

 同居人、どこまで行ってたの?

 

 よもさん、やっぱりここにいたのね。 早く帰りましょう。

 

  

 

 ええ、でも少し遊びましょうよ。

 

 ダメよ。 もう真っ暗なんだから、早く帰りましょう。

 

  

 

 ねえ、遊びましょうよ。 ワタシ長い事ここで待ってたんだから少しは遊んでよ。

 

 ダメよ。 こんな暗い所でなんか遊べないわよ。

 

  

 

 同居人の意地悪!!

 

 意地悪じゃないわよ。 ねえ、そんなに困らせないないで!! もう頭に来た、そんな我侭ばっかり言うなら置いて行きます。 明日の朝までそこにいなさい!!

 

  

 

 ああ、行っちゃった・・・・・・。 本当にアイツには忍耐と愛情が無いのよね。

 

 

 写真では解らないけど、よもちゃんは私が捕まえようとすると、少しづつ飛んで逃げるのです。 素早くて私にはどうしても捕まえる事ができません。 よもちゃんはそれが面白くたまらないのです。

 本当にやんちゃです。 

 でも家に帰って暫くすると・・・・・

 

 

  

 

 入れてよ!! 寒いわ、早く入れてよ!!

 

 

 よもちゃんは帰ってきました。 いつもそうです。 「呼んだら来ないで、呼ばれないと来る」んです。 でも何とか飼い主への敬意を覚えさせたいのですけどね。

 

 

 

 

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2008-12-23 13:41

臆病者は靴に額づけ!!

 ブッシュ大統領に靴を投げたイラク人記者の話題が絶えません。 私は元々ブッシュ大統領が好きだった事もないし、イラク戦争には反対でしたが、それでもこの靴騒動を見る限り、イラク人記者やその賛美者達に比べれば、ブッシュ大統領は立派な人物と思わざるを得ません。

 そしてまたなぜ世界中で反米、そして反日が流行るのかも良くわかりますね。

 

  

 

 確かにブッシュイラク攻撃は問題でした。 どう考えてもフセインとアル・カイダには何の関係も無いばかりか、むしろ犬猿の仲だったし、アメリカはフセイン政権崩壊後のイラク政策がお粗末でした。

 なにしろ「日本やドイツは独裁政権が倒れてから、民主化して良くなったじゃないか」なんて本気で考えていたのですから。

 

 でもイラクは民主化どころか完全に秩序崩壊してしまいました。

 フセイン政権が倒れた後、イラク人達がした事は自国の大切な文化遺産や地域に大切な水道のポンプを略奪して売り飛ばすとか、外国から援助をゆするとかぐらいです。

 

 あげくの果てに宗派ごとに武装闘争に明け暮れて、それが本当に中東全体の秩序崩壊につながる危険まで出てきました。

 

  

 

 勿論アメリカにも責任はあります。 本来ならイラク軍に勝利してバグダットを占領した直後から、大量の占領軍を送り込んで、イラクの秩序を完全に守れば良かったのです。

 でもそれはアメリカ側、或いは外国人からの批判です。

 

 本来ならイラクの秩序を守るのは、イラク人の仕事です。 それができなくて外国をあてにするのでは、もう国家主権を持つ意味がありません。

 でもイラク人にはそれができず、また回りのイスラム諸国もそれができず、アメリカを始めその同盟国に頼るばかりです。

 

 外国の軍隊には国内の反乱分子と善良な市民の見分けなんかできません。 それで不運な罪も無い人々が大勢武装勢力や反乱分子の巻き添えになって亡くなりました。

 仕方がありません。

 嫌ならイラク人が自分達でちゃんと武装勢力を取り締まり、反乱分子と話し合うなり、戦うなりすれば良かったのです。

 

  

 

 かくて何もできないする意思も無いイラク人記者は、靴を投げてその勇気を示したのです。

 フセインにもアル・カイダにも靴を投げる勇気は無いけれど、ブッシュ大統領には勇猛果敢に靴を投げるのです。

 

 しかし寛大なブッシュ大統領は「かわすのは上手いんだ」とか「事実を言えばあの靴はサイズ10であった」とかと言うユーモアで答えました。

 寛大な相手にはどんな侮辱だってできるのですね。

 

 だから世界中の臆病者が反米に血道をあげるわけです。 そして反日にも。 

 だって中国北朝鮮なら怖いですからね。

 

  

 

 まあ仕方ありません。 この連中は昔からこうでした。 十字軍がエルサレムを蹂躙しても、まともに戦う事はなく、自分達同士での仲間割れに明け暮れました。

 その十字軍を何とかしてくれた英雄サラディンもスルタン・バイバルスも皆異民族です。 

 そして近代までずう~~っと他民族支配に甘んじてきました。

 

 そして靴を投げたのはジャーナリストです。 日本の仲間は同和や朝鮮総連には何も言えないけれど、日本の政府や総理大臣にはやはり勇猛果敢です。 

 野良犬はチワワでも怖いけど、檻に入っていればライオンにでも石をぶつける人々です。

 

 イラク人ジャーナリスト!! 最強ですね。

 

  

 

 例の靴は9億円の値が付いたとか。

 凄いですね。 

 

 この靴をどうするのでしょう? 

 キンキラキンの神殿を作って祭れば良いと思います。 そして臆病者の神様として崇拝するべきです。 日本からも大勢の崇拝者が詣でる事でしょう。 そして皆で靴に額ずいて祈るです。

 

 靴に額ずく!!

 

 これほど臆病者に相応しい神殿はないでしょう。

  1. 大言壮語
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2008-12-22 18:16

言う事を聞かない!! 続きの続きの続き

 「呼んだ来ないで呼ばないと来るのが猫と女の流儀」と言うのは、「カルメン」の中のドン・ホセの台詞です。 こんな事を言いながらドン・ホセは、悪女カルメンに惚れ込んだおかげで、密輸団の仲間に身を落とし、最後にはカルメンを殺して自分も刑死してしまいます。

 でも猫だってカルメン以上に従順ではありません。

 早く買い物に行かないと暗くなるのに、よもちゃんはお構いなしに私をからかい続けるのです。

 

 

 よもさん、何してるの?? 早く木から下りなさい!!!

 

  

 

 あら、ワタシの居場所がわかるの?

 

 解るわよ!! 頭だけしか隠れてないでしょ!!

 

  

 

 何だ鈍いくせに、ちゃんと見つけたんだ。 だったらちゃんと捕まえたらいいじゃない?

 

 何言ってるの? 私が他所のお庭に入れるわけ無いでしょう? 早く降りなさい!!

 

  

 

 そうね、ここの奥様は同居人を可愛がって下さるわけじゃないわね。 ワタシを見るといつでも「よもちゃん、可愛い!!」って言って下さるんだけど。 

 奥様は優しいし、この木は見晴らしが良いし、ワタシここが好きなのよ。

 

 だったらもう死ぬまでそこにいなさい!! 私は買い物に行きます。

 

  

 

 え、行っちゃうの??

 

 行きます!!

 

  

 

 どうきょに~ん!! どうきょに~ん!! ワタシを置き去りにするの??

 

 置き去りにします。

 

  

 

 待ってよ!! 待ってよ!!

 

 待ちません!! よもさんは外でお留守番してね。

 

  

 

 何と言う薄情者!! この暗く寒い夕方にワタシ一人を置き去りにするとは・・・・・・・。 同居人には血も涙も無いんだわ。

 

  

 

 ああ、雪が降ってきたわ。 この寒空に可哀相な猫は一人投げ出されたのです。 神様、仏様、心優しい皆様、どうかあの同居人の冷酷無情を御覧下さい! 

 

 

 私は嘆くよもちゃんを見捨てて、買い物に出かけました。 暗くなるので本当は家の中に入れて置きたかったのですけどね。

 出かけようとすると雪も降り始めました。 この雪はその後一晩中降り続いて今朝はまた一面の雪景色です。

 今度こそ根雪になるのでしょうか? 

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(17)

2008-12-21 18:22

言う事を聞かない!! 続きの続き

 「呼んだら来ないで、呼ばないと来るのが猫と女の流儀」だそうです。 私は女として、この説には半分しか同意できません。 つまり猫に付いてだけは真実だと言う事です。

 そして今日も私が買い物の出ようとすると・・・・・。

 

 

 よもさん、よもさん、どこのいるの?

 

  

 

 ・・・・・・・。

 

 あ、そんなところに隠れて!! 

 私は今から買い物に行くから、家でお留守番してなさい。

 

  

 

 それで同居人、どこへ行くの?

 

 あ、いつの間に!! どうやって出たの??

 ダメよ、今日は寒いから家にいなさい!! 

 

  

 

 ねえ、それよりどこへ行くの?

 

 またいつもの激安店よ。 だからすぐ帰るから、よもさんは家で待ってなさい!!

 

  

 

 嫌よ!! ワタシも一緒に行きたいわ。

 

 ダメよ。 お散歩じゃないんだから。 今日は寒いしもうすぐ暗くなるでしょう。 だから家にいなさい。

 

  

 

 暗いのなんか平気よ。 ワタシは同居人みたいな鳥目じゃいわ。

 

 もう、とにかく家に入りなさい!!

 

  

 

 ここまでおいで!!

 

 あ、待ちなさい!! これ、待ちなさい!! 

 

  

 

 ホントにドン臭いわね。 これじゃあ、いくら札幌に長く住んでもスキーもスケートもダメなわけだわ。

 

 よもさん!! 待ちなさい!!

 

  

 

 あ~あ、なんであんなにモタモタとしか走れないんだろう? 人間は猫に比べたらみんなどうしようもなく鈍いけど、同居人は特別鈍いんだから。 

 

 よもさん!! これ、よもさん!!

 

  

 

 あらよっと!! ここまでおいで!!

 

 ああぁぁ~~そんなとこに登る!!

 

 

 もうすぐ日が暮れそうなのに、よもちゃんはそんな事お構いに無しに私をからかいます。 もう言う事を聞くどころではありません。

 

  

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2008-12-21 10:31

ホワイトイルミネーション

 この季節札幌の夕暮れは4時過ぎです。 クリスマス市を見ているとすぐに暗くなってきました。 もっとも街中ですから、明かりは沢山点いているのですが、 それでも4時半のイルミネーションが点火されると、周りで歓声があがりました。

 

  

 

 このイルミネーションはホワイトイルミネーションと言って、もう何十年も前からこの時期にやっています。 かなりケバいイルミネーションです。 本場ドイツに比べてクリスマス市もケバいのですが、イルミネーションだって凄くケバいのです。

 

 http://amselchen.exblog.jp/10042001/

 

 

  

 

 例年ならもう雪が積もって本当にホワイトなんですが、今年は二度も積もった雪が溶けてしまい、ホワイトではありません。 オマケに小ぬか雨まで降りだしました。

 カメラの性能と私の腕の悪さも手伝って、完全に心霊写真状態です。

 

  

 

 それでも見物人は多く結構な賑わいです。 そしてここでも台湾人の観光客が団体で記念写真など撮っていました。

 

  

 

 本当は雪の中だと凄く綺麗なのですが、雪が無いので全然冴えません。 いつも本州の都会の華やかなイルミネーションをテレビで見ては「したって雪も無いのに、全然冴えないだべさ」とか思っていたのですが、今年は札幌も冴えないのです。

 

  

 

 このイルミネーションは年末までです。 年が明けたらすぐに片付けられます。 

 

  

 

 そして雪祭りの雪像作りが始まります。 でも今年の雪はどうなのでしょうか? この調子では自衛隊が雪集めに大苦心するのではないでしょうか? 

 

    

 

 これは大通公園の一番はずれにあるイルミネーションです。 霊界への入り口ではありません。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2008-12-20 19:52

クリスマス市

 この数日馬鹿に暖かい日が続いています。 まるで10月に戻ってようです。 でもまあ一応はクリスマスも近いのです。

 それで今日はクリスマス市に行ってきました。 本当は雪のクリスマス市を撮りたかったけど、雪はこの数日で溶けてしまいました。 まあ仕方ありません。

 

  

 

 クリスマス市の会場は大通公園です。 その会場の近くまで来ると、大音量で流されるクリスマスソングを圧倒して、鳥の声が聞こえます。 鳥の群れがびっしりと木に止まって、まるでヒッチコックの「鳥」みたいです。

 これって何でしょう?

 

  

 

 このクリスマス市は「ミュンヘンのクリスマス市」と言うイヴェントです。 ミュンヘンから業者が来ていますが、ほとんどが関係ない日本の業者です。

 

  

 

 なぜかロシア民芸品のお店も。 店番のお姉さん3人は皆美人でした。

 

  

 

 ドイツ製クリスマスオーナメントは、確かに洗練されていて、作りも丁寧ですが、小さな飾りが1000円以上します。 中国製の20~100倍ぐらいの値段です。 ドイツと中国の人権費の差ですね。

 周りでやたら中国語が聞こえます。 台湾人の団体でしょう。 この経済混乱にめげずに結構大勢いるようです。

 

  

 

 クリスマスオーナメントの店の他に、食べ物の屋台も出ています。 プレッツェルンが一個400円とかのぼったくりです。 ドイツオーストリアでは一個せいぜい1ユーロなのに!!

 

  

 

 会場に着いたのは4時前でした。 でも30分ほどで暗くなりました。 そして4時半にはイルミネーションが点火されました。

 

 アムゼル君のところで本物のドイツの Weichnachtsmarkt(クリスマス市…を見られます。 こちらでも

 

http://amselchen.exblog.jp/10046871/

 

 本物はもっと地味でシックで、どこか哀歓がありますが、札幌のまがい物はやたらド派手で悪趣味です。 これこそまがい物のまがい物たる所以なのでしょう。 それでも暗い冬の日、明るい光と赤や緑の飾りは否応なしに人を引き寄せるのです。

 

 それから皆様にクリスマスプレゼントです。 

 

 月刊韓国経済

 http://blogs.yahoo.co.jp/owatakankoku/5647671.html

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(5)