FC2ブログ

2020-01-06 13:59

パヨクは許せない!! 自衛隊の中東派遣

 アメリカのイラン司令官殺害を受けて、立件民主党や共産党が自衛隊の中東派遣に反対しています。

 立憲・枝野氏「中東地域に自衛隊を行かせて良いのか」
 

1/4(土) 14:31配信

■立憲民主党・枝野幸男代表(発言録)
 アメリカによるイラン司令官の殺害は、中東地域における緊張を極度に高めていると非常に危惧している。そもそもこの行為が国際法上正当化出来るのかどうかについて疑問があるし、中東の安定を損なうリスクが非常に高いという意味で、我が国にとっても軽視出来ない状況だ。
 そんな状況の中東地域に、自衛隊を国会の審議もなく調査という目的で送り出す。自衛官の安全を含めて、大変由々しき事態だ。自衛隊のみなさんを行かせて良いのかどうか、国会における抜本的な議論が必要だと思っている。
 安倍総理は、同盟国であるアメリカがトランプ大統領の直接の指揮の下にこういうことを行ったことについて、どういう事前の説明を受けていたのか、そして現在どういう説明を受けているのか。本当は、総理も今日あたり記者会見をして、説明していただく必要がある。(4日、三重県伊勢市での年頭記者会見で)
 朝日新聞

IMG_0739

 今回のイラン司令官殺害について安倍総理がトランプ大統領から何か聞いていたかどうかはわかりません。

 しかしもしトランプ大統領が安倍総理に「シンゾー、オマイだけには教えるけど、オレ年末にはイランのテロリストの親玉ぶっ殺からね。」とでも言っていたらどうでしょうか?

 ワタシが安倍総理なら、何としても中東に自衛隊を送ります。

 なるほど米軍のイラン司令官殺害で、ホルムズ海峡周辺は一段と不安定化して危険になります。
 だから中東に派遣された自衛隊員達が、戦闘に巻き込まれるなどの危険は、確実に大きくなります。

 でもだからこそ自衛艦を送るんでしょう?

 安倍総理は練習航海や物見遊山の為に自衛隊の中東派遣を決めたのではありません。
 
 昨年、日本のタンカーが機雷攻撃されて、ホルムズ海峡周辺が極めて危険になってきたため、日本のタンカーを守る為に自衛隊の派遣を決めたのです。

 それなのにより危険が増すから自衛隊の派遣をやめるって?あり得ないでしょう?

 自衛隊がいかなかったら、日本のタンカーと乗員の安全は誰が守るんですか?

IMG_0745

 今札幌は-1℃です。 
 これから北海道は厳冬期を迎えるので、もし灯油が切れたら、凍死者が続出するでしょう。

 北海道や東北の人の命を運んでくれるタンカーが、攻撃されてもよいのですか?
 タンカーの乗員の安全を守らなくてもよいのですか?

 勿論自衛隊員の危険はできるだけ避けてほしいです。
 でも自衛隊員はタンカーの護衛などの任務を全うするために、日頃厳しい訓練もしているし、必要な武器も持っているのです。

 その自衛隊を中東に派遣する事に何の問題がありますか?
 派遣せずにタンカーの乗員を見殺しにして、東北や北海道から大量の凍死者を出す方が余程問題でしょう?

 そもそもホルムズ海峡周辺が緊迫化し始めたのは昨年からです。
 だからアメリカからも安全確保のための有志連合参加の呼びかけもありました。
 一方、イラン側もまた安倍総理を招待したり、またイラン首相が日本を訪問したりと、様々な働きかけを行っていました。

 こういう状況ですから、普通に考えたら前期の国会では何よりもこの問題、つまり緊迫する中東情勢にどう対応するか?、そして喫緊の課題としては、日本のタンカーをどう守るか?を議論するべきだったのです。

IMG_0748

そんな状況の中東地域に、自衛隊を国会の審議もなく調査という目的で送り出す。自衛官の安全を含めて、大変由々しき事態だ。自衛隊のみなさんを行かせて良いのかどうか、国会における抜本的な議論が必要だと思っている。

 だからあ、今度の国会でこの議論するって、泥棒を捕まえたから縄をなえっていうのかい?

 オマイラ、本来、中東情勢にどう対応するかを議論するべき時間を、全部「桜を見る会」でつぶしたんだぞ!!

 挙句にタンカーの安全を無視して「自衛隊員が危険だから派遣反対!!」って、つまりタンカーの乗員は死ね、東北・北海道の人間も全部死ねってかい?

 どうしても自衛隊の中東派遣に反対なら、せめて原発を再稼働させて、石油を節約できるようするぐらいの提案ぐらいするべきなのですが、しかし連中は絶対にそれにも反対なのです。

IMG_0751

 マジにこれがパヨクです。

 コイツラ、反戦平和とか環境保護とか、綺麗ごとだけをネタに、現実問題に対応をする人を非難するんです。
 理想論を基準にすれば、どんなに優秀な対応策だって、幾らでも非難する事ができます。

 だから連中はそれで踏ん反り返って非難を続けるのです。

 でも自分達自身は何一つ対応策など持っていないので、現実問題について議論をすることはひたすら避けるのです。

 だから中東問題が緊迫していた時には、ひたすら「桜を見る会」で騒ぎ続けたのです。
 それで政府としてはコイツラを無視して、中東問題への対応をしたのですが、すると今度は文句だけは言うのです。

 マジに最低ですよね?

IMG_0757

 ワタシは今、灯油の配達を待ちながらこれを書いているんです。
 4日に灯油を注文したので、今日配達してくれるはずなのです。

 でももし配達が遅れたら・・・・・。
 何日経っても配達がなかったら・・・・・・。
 日本が石油を買えなくなったら・・・・・・。

 それを考えるとゾッとします。
 だから益々、コイツラにむかつくのです。
  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2019-12-15 12:59

人殺し左翼はなぜ環境暴君グレタを礼賛するか?

 人殺し左翼が、環境少女グレタを礼賛しています。
 
 理由は簡単です。

 彼女が幼児であり暴君だからです。

 彼女はひたすら「温暖化ガスの排出を減らせ!!減らさないと許さない!!」と、喚き続けるのですが、しかしどうやったら温暖化ガスを減らせるのか?減らした場合、国家の経済や国民生活にどのような影響があり、どうやってそれを克服するべきか?と言った、重要については一切話しません。

 これはつまり幼児が、玩具屋さんの前で、地団駄を踏んで「買って!! 買って!! 買ってくれなきゃ許さない!!」と泣き喚いているのと同じです。

 或いは暴君が、家臣に無理難題を命令し、家臣が命令を遂行できないと「処刑だ。」と言うのと同じです。

 マトモな大人ならこんなミットモナイ事はできません。
 (16歳でもマトモな子なら、これがミットモナイ事はわかりますけど)

IMG_0567

 大人が環境問題を語る場合は、二酸化炭素が温暖化の原因になると言えば、その排出量を減らす為の方策を、自分でも提案しなくてはなりません。
  
 そしてそれが経済や国民生活に与える影響だって考えなくてはいけません。

 けれどもグレタを担いで環境をわめいている連中には、実はそういう問題についてのマトモな回答は用意できないのです。 
 そもそもそんな問題をきちんと考えて、環境問題を論じているのかさへ頗る疑問です。

 何しろ東工大卒の元総理大臣でもお粗末そのものですから。

 だからこそグレタを担ぎあげるのです。

IMG_0569

 だってグレタは子供なので、一人前の大人としての責任は問われないのです。

 大人が玩具屋さんの前で、地面に寝転んで「買って!! 買って!!」と泣き喚いたら、警察に連れていかれるけれど、幼児ならお巡りさんだって、笑って見逃します。

 議員が「権力者は自分の言う事を聞け!!」なんて言ったら、有権者はみな呆れてもう二度と、このバカに投票しません。
 
 国家の首脳がグレタのように暴君的に振舞えば、マスコミは気が狂ったようにに非難するでしょう。

 しかしグレタは子供なので、しかも発達障害まで抱えた子供なので、幾ら暴君的な発言をしても、責任は問われません。
 
 代わりにグレタを批判した人達が「大人げない!!」など叩かれる羽目になるのです。
 だからこそ彼等はグレタを担ぎ上げて、国連その他であたかも国家元首のように演説させるのです。

IMG_0574

 これはホントはオカシイのです。

 確かに、子供の言動を大人に対するように批判するのは、大人気ないです。
 しかしその代わり子供は、大人の言う事は聞くこと、大人に対して一人前の口をきいてはイケナイことになっています。

 勿論子供でも、大人と対等に活躍する子はいます。

 実際、フェイギアスケートや将棋などでは、グレタと同年配で超一流になり、国民的英雄にまでなる子供達がいます。
 
 しかし彼等がその専門分野で大人と対戦するとき「子供だから転んでも減点はしない」とか「子供だから王将を二つ使ってよい」なんて事はなく、大人と完全に対等のルールで戦うのです。

 だからこそ彼等は超一流なのです。

 ところがグレタもまた彼女を担ぐ連中は違います。
 
 グレタが発言する場合は、国連で演説させるなど国家元首並みに扱うのです。
 元首並みに発言をするのであれば、批判もまた元首並みにきちんと受け止めるべきでしょう?

 しかしグレタを担ぐ連中は、その言動が批判されると、「子供を非難するなんて酷い!!」と言うのです。

 だからグレタの言動は暴君そのものになるのです。

 つまり全く無責任に自分の要求や願望だけをわめき続けるという事になるのです。
 
 そしてグレタを担ぐ左翼は、大人の自分にはやりたくてもできない幼児的・暴君的な言動をやらせるために、子供のグレタを利用しているのです。

IMG_0576

 因みに古代や中世には、グレタの年齢で君主になり国家元首となる場合もありました。
 そして古代や中世の人々だって、子供には大人と同じ義務や責任は要求しませんでした。

 しかし君主となって君主としての権力を持てば違います。
 
 幼少の身で君主になった人も、即位したその日から完全に君主としての権力を得る代わりに責任もまた負う事になりました。

 それでも本当に優秀な人は、その責任を全うして名君になりました。
 
 けれども自分の持つ権力とそれに伴う責任を理解できない人は、結局暴君になり、無残な最期を遂げました。

 そしてグレタの場合は、最初から暴君です。
 だって自分の言動への責任感も糞もなく、「許さない!! 許さない!!」と喚き散らすばかりなのだから暴君以外の何者でもありません。

 尤も彼女は発達障害で、最初から他者への気配りとか、全ての物事をバランスよく考えるとかできないのかもしれません。
 こういう人は職人や学者などになるにはよくても、政治活動などにはそもそも向かないのだから仕方ありませんね。

 政治はすべての物事のバランス調整そのものなのですから、それができずに特定の問題だけで狂乱する人間は、暴君にしかなれないのです。

IMG_0579

 そういう暴君を左翼が担ぎ上げてはしゃいでいるのは、つまりは彼等もまた同様の暴君だからでしょう。
 
 彼等にホントに科学的知識があり、経済や政治にも理解があって、その上で温暖化問題を語るなら、何もこんなお粗末な暴君を担ぐ必要はないのです。

 自分でキチンと温暖化対策の為の方策を説明していけば済む事なのです。

 しかし彼等にはそんな方策はないし、そもそも温暖化問題自体、本当にわかっているのか頗る疑問です。
 
 むしろ何でも良いから、騒ぐネタが欲しいので、温暖化で騒いでいるとしか思えません。

 その意味ではグレタは実に好都合なお神輿です。

 グレタを表に立たせて「許さない!! 許さない!!」と喚かせて、それを批判する人がいると寄ってたかって「子供を批判するなんて酷い!!」バッシングして黙らせればよいのですから。

 そうやっていれば温暖化問題について真面目な議論を封殺したまま、恩田化対策と称して金を集めるとか、日本に嫌がらせをするとかやりたい放題できるではありませんか?

IMG_0583
 
 因みにワタシはコイツラは人殺しだと思っています。

 例えば元民主党閣僚小宮山洋子はひたすらこのグレタを礼賛していますが、彼女は自分の政権が東日本大震災で福島第一原発事故を最悪化させてたことに対しては、一切反省していません。

 しかもあの事故では、福島第一原発の半径30㎞の避難命令と言う全く科学的合理性のない避難命令を出して、その区域内で津波被害に遭った人々の救助を放棄して故意に2000人を殺しました

 そしてその後、日本中の原発を止めました。
 その為昨年9月、北海道全域がブラックアウトするという事故が起きました。

IMG_0586

 あの事故で2人が死に、60人余が死にかけました。

 死んだのは室内でディーゼル発電機を使って一酸化炭素中毒になった人たちです。
 死にかけたのは人口呼吸器や人工透析器を使って、自宅療養していた人たちです。

 この人たちは電気が止まり機器が止まれば死ぬしかないのです。
 こうした機器は一応電池は内臓しているので、30分から数時間はそれで対応できるのですが、しかし電池が尽きれば機器は止まり、それで使用している患者の命も終わりです。

 だからあのブラックアウトの時は、皆必死で病院に行ったのですが、マンションの住んでいた人など、エレベーターが止まったので、マンションから出るのも命懸けだったそうです。

IMG_0587

 北海道の場合、電力供給の半分を泊原発に依存していました。 しかしそれをいきなり止めたので、電力供給が綱渡りになり、些細な事故で全道ブラックアウトと言う惨事になったのです。

 それでもあのブラックアウトが起きたのは、9月上旬で一年一番快適な季節でしたから、あれで済んだのです。

 真冬にあれと同じブラックアウトが起きれば、数百人規模で死者が出るでしょう。

 だって-10℃以下で、暖房が止まり、ロードヒーティングも止まり、ガソリンポンプが動かないので除雪車も止まり、よって救急車も消防車も動けなくなるのです。

 それでも今現在ブラックアウトの危険が少し遠のいたのは、実は2019年1月中旬から石狩湾新港に大型火力発電所が完成して稼働し始めたからです。

 そういう現実を無視して、無責任に「温暖化が~~!!」と喚く人間って、人殺しでしょう?

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(24)

2019-11-30 19:13

共同通信にとっての国会の仕事は「桜を見る会」で騒ぐこと

 野党はまだまだ延々と「桜を見る会」で騒ぎ続けるつもりのようです。
 そしてマスコミは必死でその騒ぎを報道し続けるつもりのようです。

 保守速報さんがこのマスコミを紹介してくださいましたが、しかし凄いですね。

IMG_0133

 木村太郎
「桜の会の問題、何が違法性があるのか?
資格のない者を呼んだ財政法違反だ、基本的な根っこにある話
東京地検特捜部に告発すりゃいい、こんなもんは議員がやるこっちゃないですよ。」

「もっとやってもらいたい話はある。それやらないで審議拒否とかやる前に、
日米貿易協定の話やってください。」

「衆議院でたった17時間しか議論してない、参議院になったらやるかやらないか、わからない。
これだけ問題がある日米協定それでいいんですか?
あとで、審議しないであれは反対でしたと言っても、野党の存在意義ないですよ。
(桜の会の問題は)議会のやることじゃないですよ、こんなもん。」

「普通、貿易協定の話は5、60時間やるもんなんですよ、17時間しかやってない
自民が単独審議で通してしまう、こんな馬鹿な話ないですよ。」

共同通信・柿崎
「問題があったら司直の手に委ねるのは議員の使命を放棄してると思いますけど、
本当のこと言ってるかどうかは根本的なとこなので、嘘をつかれると、
他の審議しても隠すってことに、、」

安藤優子
「審議拒否しないで、この話を同時に進めるっていうのはどうですかね」
「気持ちとしておさまらない、桜の会の問題は税金使ってやってる本当なら絶対的に許されない」

直撃LIVE グッディ!2019年11月29日

1:29:31~
https://www.youtube.com/watch?v=7X5KYfHb8Jc#t=89m31s

IMG_0137

 しかし凄いですね。

問題があったら司直の手に委ねるのは議員の使命を放棄してると思いますけど、

 共同通信にとっては国会の仕事は「桜を見る会」で騒ぐこと、つまり犯罪捜査なのですね。
 
 ワタシは低学歴なので、国会議員の仕事については中学校の公民レベルしか知りません。
 でもワタシは一時、中学生相手の学習塾の講師なんかしていたので、中学生レベルの話ならそこそこ詳しいです。
 
 しかし中学の公民の教科書には、政治家の不正など犯罪捜査は、検察庁や警察の仕事だと書いてありました。
 それでワタシは中学生にはそう教えていました。

 だから検察庁や警察には、その為の専門家が揃っているし、また裁判所の許可を得れば、捜査に必要な書類やパソコンやシュレッダーなどを押収して、調べる事もできます。
 パソコンやシュレッダーのような物について専門知識が必要な場合は、メーカーに協力を要請する事もできます。

 しかしこれは国会議員にはできませんよね?
 国会議員の中には元検察官と言うのもいるのですが、しかし一旦検察官をやめれば、検察官として権限はなくなります。
 また警察の鑑識など捜査に協力してくれる専門機関とも縁が切れてしまいます。
 だからできる事は元タレントや元スポーツ選手の議員とさして変わりません。

 つまり国会で安倍総理始め、大臣や官僚に、シツコク質問をすることだけです。
 しかしそんなことで犯罪の証拠がつかめるわけもないのです。

 これってモリカケでも証明済みでしょう?

IMG_0141

 一方、条約の承認には国会の承認が必要です。

 野党が大好きな日本国憲法の第73条3項には「条約を締結すること。但し、事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。」と書いてあります。
 
第七十三条
内閣は、他の一般行政事務の外、左の[1]事務を行ふ。
  1. 法律を誠実に執行し、国務を総理すること。
  2. 外交関係を処理すること。
  3. 条約を締結すること。但し、事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。
  4. 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。
  5. 予算を作成して国会に提出すること。
  6. この憲法及び法律の規定を実施するために、政令を制定すること。但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、罰則を設けることができない。
  7. 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。
 
 条約は一旦締結されれば国内法の優位に立ちますから、立法機関である国会を無視して締結するわけにはいかないのです。

 そして憲法61条でこの内容が定められています。

第六十条
①予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。
②予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。
第六十一条
条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。

 前条第二項ってつまり憲法60条②ですから、条約の承認には予算と同様、衆議院・参議院それぞれの議決が必要なのです。

 これは野党の大好きな日本国憲法で定められた国会の仕事ですから、他が変わってやることはできないのです。

IMG_0144
 
 イヤ、野党が皆「日米貿易協定大賛成!! 茂木さん、よくやった!!」と言うならいいですよ。
 実はワタシもこれは茂木さん、エライ!! 茂木さん、よく頑張った!!と思っていますから、このまま国会で承認してほしいです。

 でも例えばオカラは「日米貿易協定─残された大きな疑問」なんて、文句を言っています。

 だったらちゃんとその疑問を国会で質問したら?
 アンタ、国会議員だったよね?

 アンタの他にもこれに文句のある議員はいるみたいじゃない?
 コイツ、「参議院での審議でも徹底的に戦います。 」って言ってるけど、だったら何で衆議院ですんなり通したんだよ?
 
 オマイラのやり口みてたら誰でも見当がつくわ。
 参議院へ回ったら、その後の30日間も、オマイラは「桜を見る会」で騒ぐばかりだから、そのまんま衆議院の議決が国会の議決になるんだわ。
 
 つまりオマイラは最初から、日米貿易協定なんか審議する気はないんだよ。
 だから「桜を見る会」で騒いでるんだろう?
 
 だってそうやって騒いでると共同通信とかマスゴミが喜んでくれるからさ。

IMG_0172
 
 だからこそマスコミは野党が大好きなのです。
 だって自分達の政治生命をかけてマスコミに奉仕してくれるのですから。
 
 2012年、自民党が政権を奪還した時、どの世論調査でも、民主党の支持率は自民党の半分程度でした。
 これは実は2009年に自民党が下野した時と、同じレベルです。
 
 2009年に自民党が下野した時、自民党の支持率は民主党の半分弱でした。
 しかしその後、自民党は支持率を急速に回復させていきました。
 また地方選挙でも勝ち続けました。
 
 でも民主党は下野してからも、更に支持率を下げ続けて、今では公明党と二位争いをているのです。
 それも当然でしょう?
 勿論、地方選挙でもひたすら負け続けています。

IMG_0166
 
 だってコイツラ下野して以来「肉を斬らせて皮を断つ、骨を斬らせて肉を断つ。」ようなことばっかりやってるんだから。
 ワタシがこれをエントリーしたのは2年前だけれど、あの後さらにそれが酷くなって、今や本当に自分達の首の骨を斬らせて、自民党の足の皮を少し切るようなレベルになってきました。

 それでも野盗がこれで頑張り続けるのは、一重に共同通信始めマスコミ各社の応援のおかげでしょう。
 
 そして今回、「桜を見る会」騒動では、安倍総理に投げたブーメランが、野党のみならずマスコミにまで刺さりまくっています。

 そんなのだれが考えてもわかるでしょう?
 それでもマスコミもまた野盗と一緒にブーメランを投げているのですから、文字通り「二人は一心同体」だったんですね。

IMG_0167 
 
 だからどうかこれからも一緒に頑張ってください。
 
 ワタシは立憲民主党の支持率5%割れが定着しなければ、日本の国会が正常化して、本当の意味の議会制民主主義が機能しないと思っているのです。
 

 でも嬉しい事に目標は、直ぐ近くです。
 だからラストスパートを頑張ってください。
  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2018-07-22 12:15

枝野は保守本流?

 7月20日の国会で立憲民主党は内閣不信任案を提出しました。
 そしてそれに際して立憲民主党の党首枝野幸雄は「私こそ保守本流」と言う演説をしました。

 枝野氏が内閣不信任案で「私こそ保守本流」と演説

 核マル派から献金を受けているのに、枝野は2~3年前から「保守本流」を名乗り始めました。
 これはこの頃漸く枝野も社会一般での「リベラル」の評価に気づき、このまま「リベラル」を名乗っていては、票を得られないと考えたからでしょう。

2018y07m21d_101734317

 立憲民主党とそれに同調する勢力、つまりネット用語でいう所の「パヨク」は元々は、「革新」を名乗っていました。
 連中は根が社会主義者や共産主義に憧れて、革命を夢見ているのですから、本来なら「社会主義者」「共産主義者」と名乗るべきなのですが、それでもそれはあまりに受けが悪いので、「革新」を名乗ったのです。

 しかし1991年ソ連が崩壊し、社会主義の内情があからさまになると、「革新」と言う名前も具合が悪くなりました。
 そこで彼等は「リベラル」を僭称するようになりました。

 「リベラリズム」とは本来、自由や人権を尊重する理念なので、共産主義や社会主義とは絶対に相いれないのですが、しかし呆れた事に日本共産党までが、なぜか「リベラル」の仲間に入っているのです。

2018y07m21d_101244419

 おそらくこれは世界的な傾向なのでしょう。

 実はカカシさんがリベラルの変質についてエントリーされています。 

 180度変わってしまった昔のリベラルと今の後退派左翼

 つまり現在リベラルを名乗る連中は、本来リベラルが重視してきた原則とは全く違う物になり、後退派左翼になってしまったのです。
 
 これはつまりソ連崩壊以降、共産主義者や社会主義者がリベラルを僭称することのよって、自称リベラリストの中身が共産主義者や社会主義者になってしまったからでしょう。

 だから自称リベラリストの関心は、自由や人権ではなく、反差別を盾にした言論統制や、富の分配に変わったのです。

 そして「リベラリスト」は民主主義国家での「女性差別」や「人種差別」をネタに狂乱絶叫するのに、中国や北朝鮮などの共産主義独裁国家での虐殺や粛清にはだんまりを決め込むようになりました。

2018y07m21d_101822354

 この名前を変えて中身を誤魔化す作戦には、多くのマスコミが協力しました。 それで一般国民も日本共産党を「リベラル」と呼ばざるを得なくなりました。

 しかし残念ながらそれで彼等のイメージが良くなることはありませんでした。
 国民は直ぐに彼等の中身が過去の社会党や共産党と何一つ変わっていない事に気づいたのです。

 彼等はリベラルを僭称して、社会主義や共産主義の看板を隠したので、代わりにひたすら非現実的な理想主義に執着するようになりました。 
 その結果、それでなくても元々乏しかった現実認識能力がますます減少して、現実的な提言をすることが全くできなくなってしまいました。

 そこでひたすら妄想平和主義と、反米、反自民だけに執着するしかなくなったのです。

IMG_7508

 だから次第にリベラルのイメージは悪化し、リベラル=後退派左翼、リベラル=パヨクと言う認識が一般化していきました。

 そしてそれに応じて自称リベラル派政党の支持率が、下がり続ける事になりったのです。

 そこで彼等はまた自称を変える事にしたのです。 つまり「リベラル」を「保守」に変えたのです。
 
 で、でも君達今まで一度も自分達が保守なんて言った事はないでしょう?
 今まで「革新」とか「リベラル」を名乗っていたのでしょう?
 それがいきなり「保守本流」なんて無茶苦茶でしょう?

 ええ、無茶苦茶です。
 でもそんなことはどうでも良いのです。

2018y07m22d_122503870

 そもそも彼等は最初から「リベラリスト」でも「革新派」でもないのです。
 社会主義者や共産主義者です。
 或いはイデオロギーに関係なく、とにかく権力を得たいだけの人間達なのです。
 
 だから世論の受けの良さそうな名前があれば、平気でそれを名乗るのです。

 因みに我が在特会の正式名称は「在日特権を許さない市民会」ですが、別途に「行動する保守」を名乗っています。
 これは在特会が発足した10年前からです。

 そしてマスゴミと枝野等パヨクは、この在特会を「ヘイト団体」として必死にネガティブキャペーンを続けてきました。

 しかしそれでも現在の日本では「保守」の方が、「リベラル」より遥かにイメージが良いのです。

 そこで枝野等は臆面もなく今度は自分達が「保守」を僭称することに決めたのです。

IMG_7510

 それでは枝野等立憲民主党が「保守」を名乗れば、立憲民主党や枝野のイメージは良くなるのでしょうか?

 そしてこれまで「リベラル」な立憲民主党を支持してきた支持者たちは、困惑しないのでしょうか?

 例えば安倍総理が「自分はリベラル」と言い出したら、のけぞる支持者も多いでしょう?

 でも最初に紹介した記事を読む限り全然困惑していないようですね。 それどころか記事の著者は枝野に賛同して自分も保守の心算になったようです。
 だって彼等は枝野の同類です。

 だから「リベラルのイメージが悪くなったら、名前を変えれば良いじゃないか?」と言う感覚は枝野と同じなのでしょう。

2018y07m22d_122642026

 そして枝野とその支持者達が「保守」を自称するようになったら、自称「保守」のイメージは良くなり、立憲民主党の支持率は上がるでしょうか?

 イヤイヤ、賭けても良いけど、それはないでしょう?
 
 枝野等が「保守」を名乗る事のよって、保守のイメージは間違いなく悪くなるでしょう。 これは彼等が「リベラル」を名乗る事によって、リベラルのイメージが悪くなって、遂には政党としての存続にかかわるようになったのと同じです。

 そしてそのことで立憲民主党の支持率が上がるわけもないのです。

 そもそも自分達がこれまでやってきた事、自分達の抱える問題とは絶対に向き合わず、ただひたすら「ウリは正しいニダ!!」「ウリは賢いニダ!!」「悪いのはウリを理解しないオマイラニダ!!」と認識だけで生きてきて、いよいよそれで世間の評判が悪くなれば「名前変えるニダ」と言う人達が、支持されたり信頼されたりするはずもないのです。

IMG_7173

 ああ、でもそうやって気楽に名前を変える人と達がいますね。
 でも枝野の「私こそ保守本流」発言を見ると、なるほどこの人達と立憲民主党は仲が良いわけだと思います。
 だってホントに同質同類だもの。 
  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(26)

2018-03-12 12:51

蓮舫の不思議なツィート 原発

 昨日3月11日蓮舫が摩訶不思議なツィートをしていました。

 蓮舫・立憲民主党
 東日本大震災。信じさせられていた神話を正したい。
世界は脱炭素社会が潮流になってもなお、日本は原発再稼働の道を歩もうとしています。私たちは、原発のない社会に向けた一歩を踏み出したいと考えます。
 https://twitter.com/renho_sha/status/972660681303453696

086

 何度読んでも意味わかりません。

 ヒョッとして蓮舫は原発で発電すると二酸化炭素が発生すると思っているのでしょうか?

 しかしそうでも思わないとこのツィートの辻褄は合いません。

2018y03m12d_130025796

世界は脱炭素社会が潮流になって

 現在、脱炭素社会を目指すのが世界の潮流というのは事実です。 だからUEAのような産油国でさえ、原発を導入しました。 

 そして中国に至っては今後200基の原発建設を予定しています。

 脱炭素社会を目指すなら日本も一刻も早く原発を再稼働し、日本の原発技術を発展させていくべきなのです。

 実際、民主党政権は福島第一原発の事故が起きる前までは、二酸化炭素削減25%という恐るべき目標をマニュフェストに掲げ、そのためにそれま30%程度だった電力の原発依存度を、50%まで増やすとしていました。

 当然そのためには大量の原発新設が必要になるわけですが、当時でもこれが可能かどうかはすこぶる疑問でした。

 それでも当時の民主党政権はそれをやると言っていたのです。

 つまりこの時期までは一応、民主党政権の幹部は原発=脱炭酸と理解をしていたはず・・・・ですよね?

 蓮舫も民主党幹部でしたよね?

083

 ところが

日本は原発再稼働の道を歩もうとしています。私たちは、原発のない社会に向けた一歩を踏み出したいと考えます。

 ??

 という事は世界の潮流に逆らって、二酸化炭素排出を続けるべきというのでしょうか?

 二言目には「日本が孤立する~~~!!!」とわめいている人達が、世界の潮流に逆らって日本が孤立する道を選ぶとは思えないのですが?

 民主党政権は政権担当能力以前に、政権幹部や所属議員達に最低限の知識や知性を疑わせる言動が多くて、嫌悪というより当惑を感じ続けました。

 しかしこれは党の問題というより党を構成する中身の問題だったので、その後名前を変え、さらに分裂しても中身は同じです。

085

 ゴミをゴミ箱からゴミ袋に入れ替えてもゴミなのですから仕方ありません。

 それにしてもこんな知能しかない人間を、閣僚にしていたのだから酷い話です。

 2009年に政権交代で民主党に投票した人は、一体コイツラに何を期待したんでしょうね?
 
  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(12)