FC2ブログ

2020-12-28 11:18

脳内年中桜花爛漫、アタマが春 野党とマスコミ

 今、窓の外では雪が降っています。
 気温は-2℃です。
 そしてもうあと数日で2020年も終わりです。
 
 しかし年の瀬になっても野党とマスコミは桜花爛漫です。
 この人達は今年の年明けから「桜」「桜」と騒ぎだしました。
 
 今年は中国での新型コロナウィルス発生で始まり、政府は武漢からの日本人救出やダイアモンドプリンセス号の対応などで大変だったのですが、しかし野党はそんな事はお構いなくひたすら「桜」「桜」と騒ぎ続けました。

 欧米での感染拡大が深刻化して、民主主義国家もロックダウンなど、個人に厳しい行動規制を課すようになり、日本政府も感染防止に向けた対応を迫られました。
 
 そこで政府としては民主党政権時代につくられたインフルエンザ特措法を改正して、新型コロナに対応できるようしようとしました。
 しかしその国会審議中も野党はひたすら「桜」「桜」と騒ぎ続けて、特措法改正には反対し続けました。

 安倍政権での私権の制限に反対する
 
 というのです。
 それでも自民党が十二分な議席を持っていたおかげで、最低限の改正だけはできたのですが、諸外国に比べると政府権限は遥かに小さく、特に私権の制限は殆どできないというモノでした。

 日本国憲法下では政府による私権の制限は難しい上、野党が全く非協力的ではこれ以上は無理でしょう。
 
 マスコミはこの状況下で、ひたすらコロナ感染の恐怖をあおり続けたのですが、しかし同時並行で桜も煽るから奇妙です。

 そして年も暮れかけた今も同様の対応です。
 
 一方で新型コロナが~~~!!
 変異種が出た、大変だあ~~~!!!
 と、煽りながら、しかし同時に桜で大騒ぎしています。
 
 つまりコイツラ、ホントに年中脳内桜花爛漫、アタマが春なのです。
 コイツラ、ホントに危機感がないか?或いは日本をホントに危機に陥らせたいのでしょう。

 だってホントにコロナ感染拡大に危機感を持っているなら、その最中に桜で騒ぎはしないでしょう?

 東日本大震災の翌日、時の総理大臣菅直人は外国人から違法献金を返しに行ったのです。
 しかし東日本大震災という危機の中ですから、当時野党だった自民党はこれを追求しませんでした。
 与党民主党の震災対応をそういう事で妨害しない事にしたのです。

 安倍さんの桜って、菅直人の外国人から違法献金に比べれば殆ど問題にならない程の微罪です。

 そもそも桜って、安倍総理の秘書がホテルの会場費を安倍事務所の資金から出して、それを記載し忘れたというだけの話です。
 
 記載ミスは一応違法ですが、交通法規でいえば徒歩で信号無視をした程度です。
 これで議員辞職なんて言っていたら、野党議員なんて今頃ほぼ全員辞職しているはずです。

 ところが野党とマスコミは、この全くどうでも良い話で延々と騒ぎ続けて、これからも騒ぎ続けようというのです。

 来年、国会が始まれば野党はまた桜、桜と騒いで、国会の審議時間を潰すでしょう。
 そして飲食店に営業時間の短縮を強制できるようにするなどの特措法改正や、またコロナで落ち込んだ経済を復活させるための予算作成は妨害するでしょう。

 そしてマスコミもまたコロナの恐怖を煽りながら、しかし一方でひたすら桜をわめき続けるでしょう。
 
 これはコイツラに物事の優先順位という発想がないというより、そもそも危機を認識すると感覚がないからでしょう。
 
 コイツラがこんな事で騒いでいられるのは、自分達は何をやっていても平和に暮らせると信じているからでしょう。 
 つまりホントにアタマが春、脳内桜花爛漫なのです。

 しかしそれでもコロナにも多少は関心を示し、菅総理の会食で騒いだところ、早速強烈なブーメランが刺さりました。


 関係者によると、羽田さんは23日午後、長野市内で開かれた党県連の会合に出席。都内に戻った後に発熱などの症状が現れ、いったん体調は回復していたという。 

 ご冥福をお祈りします。
 まだお若いのお気の毒です。

 アタマが春って実は結構怖いんですね。

 でも西行法師もうらやむ御最後でした。
 勿論、今は桜の季節ではありませんが、この方とお仲間の脳内は年中桜花爛漫ですから、いつでも「花の下にて春死なん」になりますから。

 最後に、現在大騒ぎになっているイギリスで発生したコロナの変異種ですが、これはもう世界中、という事は日本にもすでに入っている可能性が高いです。

 だってこの変異種は9月にはイギリスでかなり広がり、イギリス南部では感染者の3分の1ぐらいがこの変異種による感染だったと言われます。
 そして12月になって感染力が非常に強い事がわかったのです。

 それで早い国では、12月20日からイギリスからの入境を禁止し始めました。 しかし9月中にイギリスで蔓延していたウィルスですから、EUやアメリカ等に広がっていないわけもないのです。

 だから日本は全世界からの入国を禁止するしかなくなったのですが、しかしこれで日本にだけ入っていないと考える方が無理です。
 つまりあの入国禁止措置は所詮気休めでしょう?
 
 尤もウィルスというのは感染力が強くなると毒性が弱くなる傾向があるそうですから、無暗に恐れても仕方ないです。


追加
 立憲民主党羽田氏はPCR検査陽性でした。
 この方が発熱したのは23日、それまであちこちで会合に出ています。
 また死亡した27日にも会合にでています。

 このウィルスは発症直前が一番感染力が強いと言われますが、羽田氏はこの期間に様々な会合に出ていたのです。 勿論会合で同席したのは立憲民主党の関係者でしょう。
 これだと立憲民主党で大クラスターが発生する可能性が高いです。

 菅総理の会合批判が、ホントにすごいブーメランになりましたね。



  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2020-11-01 11:21

隠れトランプ 

 アメリカ大統領選について日本のメディアが「隠れトランプ」を取り上げるようになりました。
 日本のマスゴミは今回の大統領選でも、CNNなどアメリカの反トランプメディアの受け売りで「バイデン優位」と報道し続けたのですが、ここに至ってバイデン優位が怪しくなってきたので、バイデン落選に備えて「隠れトランプ」の存在に言及せざるを得なくなったのでしょう。

 しかしこれテレビしか見ていない視聴者はどう思うでしょうか?

 ワタシはもうテレビも新聞も捨てて10年余、情報は殆どネットから得ています。
 ネットだと普通に様々なニュースを見られるだけでなく、例えばカカシさんのように実際にアメリカに暮らして、アメリカの現実をつぶさに見ている人からの情報も得られます。
 だから何で「隠れトランプ」などと言うモノが存在するかも痛切に理解できます。

 しかしこういう情報がなければ、普通の日本人には「何で現職大統領を支持することを隠さなければならないのか」など理解できないでしょう?

 だって日本の新聞テレビは戦後一貫して、アメリカは自由の国、人権の国と宣伝し続けたのです。
 勿論日本の自称リベラルは反米が看板で、アメリカの外交防衛政策やアメリカの人種問題はとにかく非難するのですが、一方個人の自由や人権に関しては、ひたすらアメリカ礼賛で、何が何でもアメリカに追随しなければならないという論調でした。

 と、言うかコイツラの脳内が、CNNなどアメリカの左派メディアの受け売りなんですけどね。
 
 とにかくこういう連中がこれまでアメリカについて報道してきたことを信じるなら、アメリカという国は、個人が自立し、周りに億さず自己主張することできる国なのです。

 そういうアメリカで何で「隠れトランプ」なんてモノがいるのでしょうか?

 それに比べると日本は同調圧が強く、個人の自由が抑圧されて、自由な発言ができない遅れた国なのです。

 しかし日本に「隠れトランプ」に相当するようなモノがいるでしょうか?
 我が家の近所には、自民党の看板、共産党の看板、公明党の看板、そして立憲民主党の看板を掲げている変わった家まで色々あります。

 日本のマスゴミによれば、同調圧が強くて個人が自己主張しにくい日本でもそんな具合です。

 元来アメリカ人は日本人以上に政治活動にも熱心で、個人が支持政党や支持する政治家の看板を自宅に設置することも盛んだったそうです。
 
 ところが個人の権利が尊重されて、自由な自己主張が保障されている国で、現職大統領への支持が公言できないって、すごく異常だと思いませんか?

 因みに「隠れトランプ」って世論調査でも「トランプ支持」を隠すのです。
 世論調査は一応は調査対象の個人情報は外に出さないのが建前だし、そもそも対象人間は数千・数万になるので、個人名は関係ないのですが、それでもトランプ支持とは言えないのです。
 
 これホントに異常でしょう?

 トランプ大統領は、前回の選挙で正しく選ばれた現職大統領なのです。
 日本始め多くの国々が、アメリカの元首としてトランプ大統領を国賓招待し、同盟関係強化を図っているのです。
 トランプ大統領はアメリカ共和党から大統領選に立候補しているのです。

 トランプ大統領の立場は、日本でいえば安倍元総理や菅総理とまったく同じです。
 
 日本に「隠れ安倍」や「隠れ菅」がいますか?
 日本の世論調査で「菅総理支持」を隠す人がいますか?
 
 ところがアメリカでは、自由の国アメリカでは、トランプ大統領支持を公言できない人が沢山いるのです。
 本来匿名であるはずの世論調査への回答でさへ、トランプ支持を公言できない人がたくさんいるのです。
 しかもその人たちはマイノリティではないのです。
 
 それどころか多数派だからこそ前回の選挙でもトランプ大統領が当選したのです。

 それなのにその多数派の人々が「トランプ支持」を公言できない。 

 なぜならトランプ支持を公言すると、反トランプ派から大変な嫌がらせを受けるからです。
 例えば家にトランプ支持の看板を出すと、家や車を壊されたりします。
 またトランプ支持の帽子をかぶっていた高齢の女性が、狙撃されて殺された事もあります。

 そもそもこうした反トランプ派の暴力は、実は前回の大統領選挙運動中から起きていました。
 トランプ候補の集会には、必ずアンティファなど反トランプ派の暴力集団が表れて妨害を繰り返しました。

 しかし警察は殆どこれを阻止せず、逆に妨害を阻止しようとしたトランプ支持者が逮捕されたりしています。
 そこでトランプ候補が、支持者の弁護費用は自分が出すと言うと、アメリカメディアがこれを大問題として報道するありさまでした。

 選挙運動を暴力で妨害するってナチの突撃隊並みではありませんか?
 そういう連中を放置している政党ってナチ並みと考えるべきじゃないですか?

 ナチの突撃隊みたいな連中が暴力をふるうのだから、そりゃトランプ支持者も怖いでしょう?
 ナチ台頭時のドイツと違って現在のアメリカは銃社会ですから、突撃隊よりもっと怖いでしょう。

 本来なら日本の報道機関こそが、この異常さについて報道するべきでしょう?
 だって日本で報道する分には、安全でしょう?
 
 多数派の人が少数の暴力に怯えて現職大統領支持を明言できない。

 こういう言論の歪みが何で起きるのか?
 これは民主主義を守る上で、重要な問題でしょう?

 ところが日本のマスゴミはこの問題には一切触れないまま突然「隠れトランプ」なるモノを持ち出して、バイデン落選時の保険だけを掛けようとしているのです。

 こういうマスゴミが報道機関の名に値するのでしょうか?

  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(20)

2020-10-24 19:04

戦争絶対悪論とヒトラー極悪人論について

戦争経験者から怖さを聞いて育った世代は『戦争はやるな』が共通だったのに

 これ嘘です。

 これ日経の記事「SNSで揺らぐ平和意識 戦争容認、簡単に「いいね」」の中で、50代の高校教師が言ったのだそうですが、完全な嘘です。

 ワタシの父は昭和16年満20歳で徴兵されて、その後丸4年間インドシナ半島を転戦した完全な戦中派ですが、しかし「戦争はやるな」とは言いませんでした。
 この世代の人で、特に男性で出征経験者の殆どは、単純に戦争に反対していません。
 
 むしろ殆どの人が太平洋戦争を戦った事は正しかったと思っていたし、また国家を守る為には戦うべきであると考えていました。

 だから1952年から、国会で戦犯の名誉回復を決議した時は、社会党議員まで賛成したし、靖国神社の再建には5000万人もの署名が集まったのです。

 1950年代から60年代ぐらいまでの戦争映画を見ると、日本と日本軍に驚くほど肯定的です。 
 これはつまり当時の観客が、戦争を否定的にみていなかったからです。

 そしてこれは当時の子供文化にも影響していました。
 このころから隆盛が始まった少年漫画誌には、必ず戦争漫画があって、その中では日本軍はヒーローでした。

 テレビ放映が始まると「怪傑ハリマオ」のような戦時中の英雄がまた子供達のヒーローとして復活しました。

 戦争がひたすら否定的に語られるようになったのは、1970年代からです。
 このころアメリカでベトナム反戦運動が始まり、ジョーン・バエズなどの反戦歌が日本でも流行しました。

 そしてこれが学生運動と連動して反戦運動が盛り上がり、戦争絶対悪論が日本の世論に定着したのです。

 日本はベトナム戦争には参戦していないので、日本でのベトナム反戦運動というのは、何とも軽薄な物なのですが、しかし軽薄で実態がないからこそ全く気楽に「戦争反対!!」をわめけたのも事実です。

 つまり戦争絶対悪論の主役は実は、戦後に生まれて戦争を知らない世代なのです。
 マジにこのころ流行った歌に「戦争を知らない子供達」というのがありますが、しかしこれこそ日本の反戦平和論の真実なのです。

 戦争が終わってボクラは生まれた♪
 戦争を知らない子供達♪

 戦争が終わってから生まれて、高度経済成長の中で育ち、戦争に直面した社会の現実なんか全然知らない、想像もできないので、気楽に戦争反対だけを唱えていたのです。

 そしてこうした世代が増えるにつれて日本のマスコミは、731部隊の人体実験、南京大虐殺、靖国参拝問題、そして慰安婦強制連行などの捏造報道を始めました。

 慰安婦強制連行の捏造が始まったのは90年代初頭ですが、このころには戦中派世代は60代になっており、殆ど全部定年で現役を退いています。
 これはマスコミでも同様です。

 だからこんな嘘八百が記事になってしまったのです。

 そしてこの後、今度はマスコミはさらに「戦争を風化させるな」「戦争の記憶を語り継ごう」と言い出したのです。

 しかしこの「戦争の記憶」というの実は彼等の捏造した記憶です。 
 それがこの日経記事の教師が持ち出す記憶です。

 戦争経験者から怖さを聞いて育った世代は『戦争はやるな』が共通だったのに

 ふうん・・・・。
 それでアンタにその戦争体験を話したのは誰?
 赤旗が募集した戦争体験者?

 少なくともこれは、ワタシ達の世代が直接両親から聞いた話ではありません。 
 戦争体験者の多くが他界したのを良い事に、マスゴミが捏造した戦争体験です。



 因みにこの日経記事はネットでヒトラーの評価が変わってきた例を挙げて、

専門家は「戦後培ってきた平和への意識が局所的に崩れてきた」と警鐘を鳴らしている。

 と言っています。
 どうやらこの記事の著者によると、ヒトラーは人の心を持たない極悪人と考えないと平和の意識が守れないと考えているようです。
 
 ワタシはヒトラーには詳しくないので、彼が本当にどんな人間だったかはわかりません。

 しかしヒトラーを悪魔視して非難し続けらそれで平和が保てるのでしょうか?

 そもそもヒトラーって歴史上の人物の中で、それほどの極悪人なのでしょうか?
 
 だってヒトラー以降だってヒトラーより大勢の人を虐殺した人間は何人もいます。
 
 スターリン、毛沢東、ポルポト、江沢民、習近平・・・・・。
 しかもコイツラはヒトラーがやらなかったような徹底的な文化破壊を行いました。 
 ジェノサイトも盛大にやっています。

 それなのにヒトラーだけを非難しているってヘンでしょう?

 ヒトラー礼賛がそんなに問題なら、ヒトラーより一桁多くの人を虐殺し、チベット人やウィグル人のジェノサイトを行った毛沢東を中国が今も礼賛している事は超大問題でしょう?
 
 因みにこの「専門家」ってドイツ・ポーランド史の専門家だそうですが、しかしだったらユダヤ人の虐殺ってヒトラー一人に罪を着せて済む話じゃない事ぐらい知ってますよね?

 ユダヤ人迫害って元来、ヒトラーの発明でもナチの専売特許でもないのです。
 
 ヨーロッパ全土で中世以降続いてた事で、特に近代以降は東欧で深刻化しました。

 だからナチスドイツが東欧を占領すると、現地の住民たちがナチに便乗して地域のユダヤ人を虐殺しまくったのです。

 ナチのユダヤ人虐殺の犠牲者数については色々異論があるのですが、そりゃあって当然なのです。
 
 だってナチはいかにもドイツ人らしく「ユダヤ人とは何ぞや」という事をきちんと定義したうえで法を作り、それに従ってユダヤ人を殺害していったので、虐殺の記録も結構キチンと調べられるのです。

 ところが東欧の現地人が勝手に近隣をユダヤ人を殺す分には、記録も何もないんですよね。 最初から戸籍みたいなものがある地域でもなかったし・・・・。
 
 だから今となっては本当に最初から何人のユダヤ人がいて、そのうちどれだけが殺されたかもわかりません。
 
 そもそもこうやって現地人が勝手に殺した分をナチの仕業に含めるべきか?どうかでも犠牲者の数が全然変わってきちゃうのです。

 因みにポーランドについてこれが特にすざまじく、何とドイツ敗戦後、ナチスドイツが去った後、ポーランドに戻ってきたユダヤ人をポーランド人が虐殺しています。
 
 トランプ大統領の娘婿クシュナーの家族も、実はこのドイツ敗戦後のポーランドでのユダヤ人虐殺を逃れてアメリカに移住したのです。

 但し当時のポーランド政府始め、東欧の共産主義政権は皆、ユダヤ人虐殺を全部ナチの責任にして自分達は完全に知らん顔をしています。

 しかし本当にユダヤ人迫害が悪いというなら、ユダヤ人迫害についてヒトラー一人を非難して済む話ではないのです。
 
 ユダヤ人迫害を放置した共産主義政権の問題も追及するべきでしょう?

 そもそも歴史を学ぶ上で、特定の人物を悪魔視して非難し続ける事に意味があるんですか?
 歴史上の人物が善人か悪人かを論じるべきなのですか?

 そんな事は漫画や娯楽映画のレベルでしょう?

 ところがヒトラーについては「専門家」がそれをやられというのです。
 これオカシイと思いませんか?


 
 しかしこの記事はネットで、ヒトラー極悪人説が揺るいだ!! 戦争絶対悪論が通じなくなった!! 大変だあ!! というのです。

 逆に言えば、自国民を大虐殺した共産主義者には目をつぶって、ヒトラーは極悪人!!
 事実無根の戦争体験者による戦争反対論を扇動し続けたのが新聞やテレビだったという事です。

 つまりネットができる前は新聞とテレビだけを押さえれば、幾らでも世論を捏造できたという事です。

 そして第二次世界大戦というのは、こうしたメディアによる扇動から始まったのです。
 
 しかし新聞やテレビに対抗する発信手段ができた今は、こうした扇動が不可能になりました。
 その意味では戦争の危機がいくばくか減っているのです。

  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(39)

2020-10-07 13:44

コロナ犠牲者を増やしたのはイソ子等マスゴミ

 イソ子のツィートがあまりに酷いので、紹介します。

結局、専門家会議の「37.5度以上が4日以上」とはなんだったのか。この目安で死者が多数出たことは厳しく検証されるべきだPCR相談、目安変更へ「37.5度以上」削除検討発熱の目安「37.5度」の削除を検討。息苦しさや強いだるさに加え、高熱が出た場合もすぐ相談できると明記

 日本でコロナ感染が始まった直後に専門家会議が発表してPCR検査を受ける為の条件、「37.5度以上が4日」というのは、あくまで若く既往症のない人の場合です。

 既往症のある人や、高齢者は熱が出たら即検査を受けられます。

 このことは厚生労働省のサイトにも明記されていたし、NHKのニュースでも報道されています。
 またこの条件やなぜこのような基準を設けたかについては、専門家会議の記者会見で尾身博士等、専門家が詳しく説明し、記者からの質問も受けています。

志村けんさんも岡江久美子さんもこの基準のせいで亡くなったのでは?助かるはずの数多くの命が奪われた責任を徹底追及すべきです!

 イソ子への返信で、こんな事を書いている奴がいますが、これは全くの虚偽です。

 志村けんさんは死亡時70歳、肺気腫などの病歴があります。
 また岡江久美子さんは昨年末に癌手術を受けて死亡時には制癌剤治療中でした。

 だから「37.5度以上の発熱で4日間」という条件には当てはまりません。
 希望すれば当日にもPCR検査が受けられるし、そもそも二人とも主治医が居て、主治医の判断で入院しているのです。

 これは日本で唯一の20代の犠牲者である勝武士関なども同様です。
 勝武士関は1型糖尿病だったので、本来なら熱が出たら即PCR検査を受けられるはずだったのです。
 
 熱があり肺炎が疑われて入院すれば、医者は即CTを取ります。 コロナウィルスによる肺炎のCT画像は非常にはっきりした特徴があるので、百発百中でコロナ感染か否かを判断できます。

 一方PCR検査の場合、3割程度は感染していても陰性になるのです。

 因み岡江さん等がなくなった時期は、コロナウィルスと診断されても、特別な治療法はありませんでした。
 できるのは他の肺炎患者と同様の対処療法だけでした。

 だからPCR検査を受けても受けなくても、治療には何の関係もないという状態でした。

 そもそもPCR検査は治療法ではないのです。
 診断法としてもCTなどに比べれば、かなりいい加減な方法なのです。
 しかも3月ぐらいまでは大変な手間と労力がかかったのです。
 それでもPCR検査をするのは、それが無症状や軽症の感染者を診断する為の唯一の方法だからです。
 
 そして既往症もなく高齢者でもない場合は、殆どが自然治癒するのです。
 
 だから普通に考えたら若く健康な人が、多少熱があるからと言ってもPCR検査を受ける必要などほどんどないのです。

 感染しているかも?
 他の人に感染させたら不味い。

 と、思ったら家で寝ていれば済む事です。
 下手にPCR検査を受けて陽性になると、自分は二週間隔離、家族や職場や友人知人一同が巻きまれて大変な事になります。

 だから本来であればマスコミの仕事は、こういう事をきちんと報道するべきでした。
 こうしておけば、無意味に不安に煽られた奴等が保健所に電話して、保健所の電話がパンクする事もなく、逆に本当に検査を必要とする人はちゃんと検査を受けられたのです。

 しかし日本のマスコミは真逆の対応をしました。
 
 マスゴミはPCRの問題点も、またコロナウィルスでは若く健康な人は殆どが自然治癒する事も報道せずただひたすら「PCR検査が受けられない大変だ~~~!!!」と煽り続けたのです。

 それで煽られた馬鹿な連中が、やたらに保健所に電話をしたので、保健所の電話がパンク状態になって、本当にPCR検査が必要な人が連絡不能になったのです。

 勝武士関が29歳の若さで亡くなったのは正にこのせいでした。
 勝武士関はⅠ型糖尿病の持病があったので、発熱直後から保健所に電話をしました。 
 しかし保健所の電話がパンク中で、連絡がつかず、発熱三日後ぐらいに遂に救急車を要請して入院したのです。
 そしてその後一か月余り闘病の後に亡くなりました。
 発熱当日に保健所と連絡がついていたら、入院もその分早まり、助かっていたかも?

 PCR検査の相談に対応できるような知識や経験のある人などどんな国でも限られておりにわかに増やすことなどできないのは自明です。
 だから電話が殺到すれば保健所の電話がパンクするのは当然なのです。

 しかしこの病気は若く健康な人はほぼ全員自然治癒することや、PCR検査の抱える問題と、そして検査を受けて陽性になった場合のデメリットを多くの国民が知っていたら、保健所の電話がパンクなんて馬鹿な事になるはずもなかったのです。

 そしてこのような場合、正しい情報を伝えるのがマスコミの役割です。
 パンデミックで不安だからこそ国民は、情報を求めてマスコミに頼るのです。

 ところがテレビや新聞など大手マスゴミは、正しい情報の代わりに、ただひたすら不安をあおる為のデマを流し続けたのです。
 その結果、勝武士関の入院が遅れ、亡くなったのです。

 それだけでも十分許しがたい事ですが、更に許せないのは、イソ子等自称ジャーナリスト達は、デマをバージョンアップさせて流し続けている事です。

専門家会議の「37.5度以上が4日以上」とはなんだったのか。

 イソ子は専門家会議の記者会見を見てないんですね。
 尾身博士等があんなに丁寧に説明され、記者の質問にもすべて解答されたのに。
 
 因みにPCR検査を受ける条件が変わった理由も、専門家会議の記者会見で説明しています。
 専門会議は発足以降、2週間に一度記者会見を開き、感染状況その他を詳しく説明しているのです。
 
 またコロナウィルス関連の一般報道を見ていてもわかります。

 高齢者でもなく既往症もない人がPCR検査を受ける条件から「37.5度以上の発熱4日」を削除することになった理由は、主に以下の通りです。

① 3月ぐらいからPCR検査の検査機器や試薬が進歩して、検査が非常に簡単になった。
② ホテルの借り上げ等で大量の陽性者が出ても隔離できるようなった。
③ 他人に感染させる力が一番強いのは、感染の初期の無症状或いは軽症時であることがわかってきた。

 このウィルスは昨年の12月半ばに初めて存在が医学的に証明されたのです。
 当然、専門家会議発足時にこのウィルスの性質のすべてがわかっていたわけではありません。
 そして今もすべてわかっているわけではないのです。

 だから専門家会議も厚労省も、そういう状態で感染防止策を決めて実行するしかなかったのです。
 だから一度決めた防止策も、新たら発見を元に変更しているのです。 
 そしてそのその都度、記者会見で変更の理由を説明しています。

 しかしそれでも世界的にみれば日本は最高レベルに成功しました。

死者が多数出た

 ??
 人口比での死者は世界最低レベルです。

 単純に統計だけを見れば韓国や中国の方が少ないのですが、しかし超過死などを含めると、日本の死者数は驚異的な少なさなのです。
 
 新型コロナウイルスによる本当の死者数は? 各国の超過死亡を見る

 しかしイソ子とその仲間たちはおそらくそういう事実は知らないではないかと思います。
 だからジャーナリストでありながらこんなツィートができるのです。

 だって知っていたら恥ずかしくてこんなツィートできないでしょう?
 だってイソ子は一応、新聞記者なのです。
 記者として東京新聞から給料をもらっている身だからこそ、官房長官会見にまで乗り込んで騒いでいたのです。

 それなのに・・・・・。

 一ネトウヨが簡単に集められる情報も見てない。
 専門家会議の記者会見や、厚労省のサイトなど、政府対応を知る為の最低限の情報も確認していない。
 でもそういう情報の存在さへ知らないまま騒ぎ続けた。

 これでよくジャーナリストを名乗って人前に出られるものです。

 でもこんなのがスター記者扱いなんですから、日本のジャーナリズムのレベルがどんだけ低いかという事のエビデンスです。

 これじゃお金を出して新聞を取る人も、まして広告料を払ってテレビ番組のスポンサーになる企業もいなくって当然でしょう?

  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2020-09-03 12:49

石破はフルスペックやっても勝てない

 裏の桜さんがエントリーしておられましたが、自民党総裁選挙でマスゴミはひたすらなる石破押しです。
 
 そして今回の総裁選挙をフルスペックでやらないのは、石破を当選させないためであるかのように印象操作をしています。
 因みに自民党の総裁選挙の仕組みはここで詳しく説明してあります。
 
 自民党総裁選挙の仕組みは?

 フルスペックでは、自民党の現職国会議員394人の票と、自民党員全員の票を394票に完全換算して、その合計788票の過半数を取った候補が、当選という事になります。

 つまり党員投票が国会議員投票と同等の価値を持つのです。
 
 だから党員投票をすれば「世論の支持の高い」石破が絶対に優位になる
 だから自民党執行部は石破を潰すためにフルスペック選挙を避けたい

 という風に煽っているんですよね。

 しかしこれは全く出鱈目な印象操作です。
 票を読むとわかりますが、フルスペックをやっても石破は絶対に勝てません。

 なぜなら現在国会議員で、菅さん支持を決めていないのは、

 岸田派 47人
 石破派 19人
 無派閥 44人

 だけです。
 他の派閥と無派閥の20人は既に菅さん支持を表明しています。

 そうなると石破派の19人と無派閥44人が全部石破に投票したと仮定しても、石破が得られる国会議員票は63票にすぎません。

 この場合石破は党員票331票以上取らないと当選できません。
 つまり党員の84%以上が石破に投票しなければ、石破は勝てないのです。

 しかし党員に人気と言っても、過去の総裁選でも石破がここまで党員に支持された例はありません。
 それどころ前回の総裁選では党員票も安倍総理に遠く及ばず惨敗しています。

 勿論、無派閥議員44人が石破を支持するという仮定もほぼあり得ないのです。
 それどころか石破派は19人しかいないのですから、総裁選立候補に必要な推薦人20人が集まるかどうかも危ぶまれているのです。

 因みに菅さんは現在のところ284人の国会議員の支持を得ています。
 だからこれ以上国会議員の支持がないと仮定しても、当選に必要な党員票は110票です。
 つまり党員票の28%を得ればよいのです。

 つまり現実的に考えて菅さん当選確定でしょう?

 そもそも今回自民党がフルスペック選挙を避けるのは、元来の党規約による物で石破外しは関係ないのです。
 党員投票の準備には2か月弱の時間がかかるので、これをやるのは総裁任期満了に伴う場合だけで、任期途中の党首辞任などの場合は今回のような方法をとると決まっているのです。

 ところがマスゴミはそういう問題を一切報道せずに、ひたすらフルスペック選挙を避けるのは石破潰しの為であるかのように印象操作をするのですから悪質です。
 そして自民党の総裁選挙制度を知らないとそれにのせられるから怖いです。

 実はワタシものせられかけました。
 ホントに気を付けないと怖いですね。 
  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(18)