2017-04-17 11:32

一日百円 エライ経済学者先生の手段と目的

 先日エライ経済学者の先生がこんなツィートをしてネットの話題になりました。

国民一人、1日100円節約すれば、個人消費は年間で4.6兆円減り、成長率は約1%低下する。そうなれば、安倍の言う「雇用・所得環境の改善が好循環に広がる」というシナリオは崩壊する。死に体の民進党に任せなくても、一人一人が「アベを買わない」運動を展開すれば安倍政権の落日は近い!

— 高橋伸彰 (@EcoTakahashi) 2017年4月14日

128

 これはわかります。

 安倍政権の支持率が高いのは、何と言っても経済が好調だからです。 経済が不調になり、失業や倒産が増えて、国民生活が苦しくなれば、その不満が政権に向かうのです。

 韓国の朴政権が崩壊したのも、韓国経済が絶望的だからです。

 だから政権を潰すのは経済を悪化させればよいと言うのは、正解です。

 しかし当然ですが、これに対して以下のような反論が出ました。

135

・安倍政権を倒す為なら日本人は死ねばいいということか
・手段と目的を履き違えている
・企業倒産を増やし、失業者を増やし、自殺者を増やす事を提案している自覚はあるのか
・アベノミクスで景気の好循環が起きているというところを認めているのがマヌケ

141

 そうです。

 政権を倒す為に経済を悪化させると言うのは、方法論としては合理的です。

 しかしそれではそもそも何の為に政権を倒すのでしょうか?

 このエライ先生のツィートを読む限りまさに「アベノミクスで景気の好循環が起きているというところを認めているのがマヌケ」なのです。

 経済の好循環を成功させて国民生活を改善した政権を潰す必要がどこにあるのでしょうか?

 しかしエライ先生は反論するのです。

151

↓消費不況で経済が停滞したらどうする?という疑問もあるようだが、それが心配なら企業は人件費を削って貯め込んだ400兆円近い内部留保を取り崩し賃上げすればよい。10年以上はベア5%を継続できる。それに安倍政権が倒れたら、みんなで逆駆け込み需要して節約した分、消費を増やせば辻褄は合う

— 高橋伸彰 (@EcoTakahashi) 2017年4月14日

2017y04m17d_114153470

 ??

 企業の内部留保をどうやって吐き出させるかどうかはわかりません。

 しかしそれに成功してベア5%が可能になれば、経済はまた好循環に入ります。 失業は増えず、倒産は減り、国民は政府に不満を持たなくなります。

 こうなると誰も安倍政権を倒そうとは思いませんよね?

 これでは先生の目的は達成されません。

 因みに安倍政権は政権発足後ずうっと「労働者の賃金を上げろ!!」経団連のお尻を叩き続けてきたのです。

 このエライ先生も同じ事を言ってるんですよね?

168

 そもそもこの先生は何をしたいのでしょうか?

 一体この先生は何の為に安倍政権を倒したいのでしょうか?

 因みに安倍政権は50%を超える高い支持率を維持しています。

 二ヶ月に及ぶ森友学園騒動も何の害もありませんでした。 これで最大のダメージを受けたのは民進党なのです。

 日本テレビ世論調査(4月14~16日実施)

 このような高い支持率を維持する政権を倒すために全国民が一日100円の節約をすると言う事はあり得ないのです。

 だからこの先生の提案は全く不可能な話です。

170

 こうしてみるとこのエライ先生は自分が言っている事の目的も手段も全くわかっていないのではないでしょうか?

 それでもどうしても節約で安倍政権を倒したいなら、民進党、共産党、社民党、そして自由党の支持者に向かって言うべきなのです。

 世論調査によるとこれらの政党の支持率の合計は12.8%になります。 だからこれらの政党の支持者が全員一日1万円の節約をすれば、日本を不況にすることはできます。 

 このエライ先生等パヨクの皆様が、一体何の為に頑張っているのかはわかりません。 少なくともこのツィートを見る限り、日本国民の生活を良くしようとは思っていない事は確かです。

 尤も手段も目的もグチャグチャなのですから、もう我々低学歴ネトウヨには理解不能な境地におられるとしか言いようがありません。

184

 アメリカのリベラリストは反トランプで燃え上がっていたのですが、しかしアサド政権の毒ガス使用は絶対許せないと言う立場だったので、トランプ大統領のアサド攻撃は支持しました。

 彼等は常に明確に自分達の望む政策があって、大統領がそれに反すれば徹底的に大統領を非難します。 しかしそれを実行すれば断固支持するのです。

 しかし日本の自称リベラリストは違います。 とにかく自民党と安倍政権に反対なのです。 そして反対の為の反対に徹するのです。

 これは結局彼等には自分達の支持する政策そのモノがないと言う事なのです。

 これでは政権交代などできるわけはないのです。 実際幸運で政権を取った民主党には、何の政策能力もなかったのです。 

 だってこれまで自民党の反対しかしてこなかったのだから独自の政策などあるわけもないのです。 

192

 因みに経済成長1%って国民一人当たり一日100円なんですね。

 これじゃ経済成長や好景気が実感できないと言うのはわかります。 ワタシのような貧乏人でも一日100円余分に使える事になったぐらいでは、景気が良くなったとは感じらません。 と、言うか変化そのモノが感じられないのです。

 しかし今後経済成長を考えるには、一日100円=1%を目安に考えて行けば良いわけですね。

 これは大変解り易くてよいです。

 これを教えてくれたことは感謝します。 

  1. パヨクの世界
  2. TB(0)
  3. CM(28)

2017-01-11 14:44

リベラリズムの論理破綻 多文化共生

 イギリスのEU離脱、アメリカの大統領選で、欧米ではリベラリズムの退潮が明確になりました。

 このリベラリズムの退潮を招いたのは、「多文化共生」と言うリベラリズムの論理破綻です。

 リベラリズムは国防や経済発展と言う、国家の共同体としての強化よりも、個人の権利を国家から守る事を重視します。
 
 その為リベラリストは人権を至高価値として、女性の権利、障碍者の権利、子供の権利、LGBTの権利、移民や難民の権利を守る事に熱中してきました。

 そして女性差別、障碍者差別、LGBT差別、人種差別、宗教差別、外国人差別など、全ての差別に対して暴力的、強権的な対応を要求してきました。

 そして差別禁止の延長として、多文化共生を打ち出したのです。

 つまり

 世界中の全ての民族の文化は等しく尊重されるべきで、例え移民や難民として在留する人々でも、在留先の文化に同化する必要はなく、出身国の文化を守る権利がある。

 移民や難民を受け入れた国は、移民や難民がそれぞれの民族独自の文化を守って暮らす権利を保障し、多文化が共生できる国になるべきである。

 と言うのです。

003

 ええ、人権の擁護も、また移民や難民が民族独自の文化を尊重されて生きる権利を持つと言う理念も、真に美しいモノです。

 だからこれに異論を唱えるのは非常に難しいのです。

 しかしそれでは移民や難民の民族独自の文化の中に、女性蔑視の文化、同性愛を敵視する文化、宗教差別をする文化などがあった場合はどうするのですか?

009

 例えば女性蔑視、男尊女卑などは、世界中の殆どの民族の伝統文化です。
 日本だって欧米だって、男女平等が定着したのなんか戦後の事です。

 今でも伝統行事にはその名残が残っているのです。
 これに馬鹿フェミが始終文句を言っていますよね?

 そして当然ですが、途上国では今も根強く女性差別の文化が残っているのです。

 しかも売買婚や一夫多妻制、女子割礼、名誉殺人など、日本や欧米の中世や古代と比べてさえ酷すぎる女性虐待文化を今も守る民族が多数あるのです。

011

 で、多文化共生の理念から言えば、このような女性蔑視や男尊女卑の文化を持つ民族は、欧米に移民してもその文化を守る権利があるはずです。

 ではこれとリベラリズムが推進してきた女性差別反対を、どう整合させるのでしょうか?

 これだけでリベラリズムの多文化共生と言うのは、論理破綻しているのがわかります。

030

 文明国の人間が呆れるような野蛮な民族がいるから途上国なんだよ。
 野蛮な民族が来たら、野蛮な事を好きにやらせて良いのか?
 そんなことしたら文明国じゃなくなるだろう?

 小学生でもわかる話です。

 リベラリズムの価値観を共有しない民族を受入れて、その民族文化と尊重する事と、リベラリズムによる社会制度を守る事など両立するはずもないのです。

 だからこうした民族を受け入れる場合には、彼等の価値観の尊重と自国の社会価値観や社会制度をどう整合させるかを最初に考えなければならないはずです。

034

 しかし欧米のリベラリズムはこのような疑念を「偏狭なレイシズム」「不寛容」として封殺しました。
 
 そして現実に移民、難民が持ち込む、それこそ不寛容で野蛮な女性差別や宗教差別などの深刻な問題からはひたすら目を背けて、そういう問題は「ない事」にしてきたのです。

 彼等は移民や難民はひたすら善良でカワイソウな被害者だとして、彼等への批判は絶対に許しませんでした。
 そして「難民や移民の文化を理解しろ」と言い続けました。

 しかし難民や移民の文化を理解する意思がなかったのは、リベラリスト達の方なのです。

 現実に存在する問題を「ない事」になんかできないのです。

046
 
 勿論、移民や難民の数が少なく、存在が目立たないウチは、こうした問題をかなり隠蔽する事もできました。

 また移民や難民にコミュニティーを作らせて、そのコミュニティー内だけでやっているなら、女性虐待でも、同性愛者迫害でも「ない事」にできました。

 しかし移民が総人口の1割にもなり、更にドンドン難民が押し寄せて、彼等が自国の文化のままに振る舞うに及んで、多文化共生の論理破綻を覆い隠す事など不可能になったのです。

051

 そもそもリベラリズムと言うのはイスラム教やキリスト教や共産主義と同様に、それ自体が一つのイデオロギーなのですから、そのイデオロギーが他のイデオロギーの価値を全面的に認めるルールなど作れるわけはないのです。

 女性の人権、宗教の自由などリベラリズムの価値観と真っ向対立する宗教や文化を認るのはリベラリズムの放棄ではありませんか?

 ヨーロッパのリベラリズムの根源は、近世から発達した啓蒙思想ですが、しかしこれはキリスト教との戦いでした。

 唯一絶対の神の教えこそが真理の全てであり、人間はただこれに従うべきである。

 近代西欧民主主義はこのキリスト教との戦いに勝利した事で成立したのです。

 だからその延長にあるリベラリズムは、キリスト教に対しては極めて攻撃的です。
 
 その為、リベラリストの掲げるポリティカルコレクトネスは「非キリスト教徒に不快感を与える」と言う理由で「メリークリスマス」を禁じ、「天にまします我等の父よ」と言う祈りは、「女性差別だ」と糾弾するのです。
 
 そしてキリスト教徒がキリスト教により同性愛者を忌避すると、生活が破綻するほど集団で追いまわします。

052

 しかし同じリベラリズムが「多文化共存」と「人種差別反対」「宗教差別反対」と言う理念から、イスラム教徒には何一つ言わないと言う奇妙な状況です。

 イスラム教はキリスト教以上に絶対的な一神教で、キリスト教以上に抑圧的な宗教です。

 近代啓蒙思想が神との戦いであった以上、イスラム教徒に近代民主主義の法や制度を守ってもらう為には、イスラム教徒にも神と戦って貰わなくてはならないのにです。

 民主主義国家と言うのは多数決ですから、圧倒的多数の人が民主主義のルールを守る意思を持たない限り民主主義は守れません。

 イスラム原理主義者が多数派になった国で、民主主義のルールに基づいて公正な選挙を行えば、イスラム原理主義政権が成立して、民主主義は破綻するのです。

 これは既に1980年代に中東で証明されています。

 民主主義が破綻した状態でどうやってリベラリズムを守るつもりなのでしょうか?

056

 けれどもリベラリスト達は、この論理破綻を一切真剣に考える事なく、安易にイスラム教徒を大量に受け入れました。

 結果は元々の自国民であるキリスト教徒達は、自分達の民族の伝統文化を守る事が許されず自国によって迫害されるのに、イスラム教徒は反ユダヤでも女性蔑視でも、同性愛者迫害でもやりたい放題と言う状況になったのです。

 しかも今となってはイスラム教徒の暴力が恐ろしくて、言論の自由さへ危うい状況になってしまいました。

 当にリベラリズムの論理破綻が、厄災となって欧米を襲っているのです。

 これでリベラリズムが退潮しないのなら、欧米白人はホントに馬鹿としか言えません。

 でもそんな風に白人差別なんかしちゃいけませんね。
 だって日本人でもコイツラに和を掛けて馬鹿な奴等がいて、既に破綻した多文化共生を今も煽っているのですから。

 オマケ

1kwdT0EBBZTDFPB1484115225_1484115242.jpg  
 これ昨年の12月20日にface bookが出していました。
 「ホリデーカード」ってなんですか?

 非キリスト教国が勝手にやっているクリスマスにまでポリティカルコレクトネスの押しつけです。
 
 救いようのない連中です。
  1. パヨクの世界
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2016-11-01 13:18

高学歴左翼弁護士の思考法と国家意識 蓮舫

 ブロゴスの玩具、ブロゴスを代表する知識人、猪野亨弁護士が、蓮舫の二重国籍問題について、記事を書いています。

 蓮舫氏は戸籍を公開すべきではない 安倍氏の戸籍を示せは、「15円50銭と言ってみろ」と同じ 日本の民主主義の劣化の象徴だ

 蓮舫氏の二重国籍国籍問題 未だに執拗に言い続けているのは極右の人たち

 ブロゴスは右左色々な人の記事が掲載されるし、また掲載された記事の殆どに対して読者がコメントできるので、ワタシは毎日のように見ています。

 その中でも、この猪野亨弁護士は毎回高学歴左翼の典型的思考法を披瀝してくれるので、大変重宝な人です。

043

 で、蓮舫二重国籍問題でも期待にたがわぬ素晴らしい記事を書いて下しました。

 まずいずれの記事についても、蓮舫の二重国籍問題に関して法的な説明は一切ありません。 
 
 蓮舫の二重国籍は違法なのか?
 それとも適法なのか?

 低学歴ネトウヨ達でさへ、台湾の国籍法や、台湾代表部の官報まで調べて、法と証拠に基づいて蓮舫の二重国籍を論じているのです。

 しかし北大法学部卒で本物の弁護士である猪野亨氏は、法も証拠もガン無視を決め込んでいます。

044

 それどころか「蓮舫氏は戸籍を公開すべきではない 安倍氏の戸籍を示せは、「15円50銭と言ってみろ」と同じ 日本の民主主義の劣化の象徴だ」など、「蓮舫は証拠を出すな!!」と言っているのです。

 プロの弁護士先生が、証拠を出せば簡単に無罪を証明できる証拠を、「出すな!!」と強弁するところを見れば、これはもう証拠は絶対に出せない。 つまり蓮舫は有罪だと公言しているようなモノです。

 実際この「蓮舫氏は戸籍を公開すべきではない 安倍氏の戸籍を示せは、「15円50銭と言ってみろ」と同じ 日本の民主主義の劣化の象徴だ」記事が掲載された直後に、蓮舫は実は27年間も国籍選択宣言をしていなかったこと、つまり27年間も違法状態にあったことが明確になりました。
 
 なるほど立派な弁護士と言うのは、被告人に不利な証拠は隠蔽するべく頑張るのですね。

045

 そして先日の市民団体による蓮舫告訴では、この市民団体が極右であると文句を言っているだけで、この告訴に対して蓮舫が違法か適法と言う話は一切していません。

 この市民団体「愛国女性のつどい花時計」は、我が在特会との仲良しなので、猪野弁護士が極右と言いたいのは理解できます。

 しかし本来猪野弁護士の大好きな日本国憲法では「法の下の平等」を保障しています。

第十四条
  1. すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

 だから政治家の違法行為に関する告発は、信条に関係なく、つまり極右だってする権利があるのです。

 猪野弁護士は世論調査の結果を盾に、国民は蓮舫の二重国籍を問題にしていないと言うのですが、しかしこれは法治主義の否定です。

 世論が支持する政治家なら、違法行為も告発するべきではないと言うのなら、完全なファシズムです。

 法治主義国家と言うのは、政治権力も法に従う国家なのですから。 

050

 そして問題は告発された国籍法と公職選挙法に関して、蓮舫が有罪か無罪かです。

 本来弁護士なら法と証拠によってこれを論じて欲しいのですが、しかし残念ながら猪野弁護士は、それができないようです。
 
 これってつまり法と証拠では弁護不能=蓮舫有罪間違いなし、と言う事でしょう。
 
 そして猪野弁護士は、法と証拠に関して何も言えない代わりに、蓮舫の母親は日本人だから日本人などと強弁し、極右が蓮舫を攻撃するのは、蓮舫が純血の日本人でないからだと言うのです。

 しかしこれは奇妙です。
 蓮舫の父親が台湾人であるのは、蓮舫が参議院議員になった時から知られていた事です。

 この時、誰も蓮舫の血統を問題にしていません。
 
 問題になったのは、蓮舫が二重国籍である疑惑が出たからです。

055

 国籍は家畜の血統書じゃないです。
 元来民主主義国家では、血統や身分を問題にしない代わり、個人の意思を重視するのです。

 だから国籍の選択に必要なのは、母親が日本人であるなどと言う事ではなく、蓮舫が正しく日本国籍を選択し、台湾国籍離脱する手続きを取ったかどうかなのです。

 しかし蓮舫は自分自身の華人の血統に拘り、正規の国籍選択手続きも、また台湾籍離脱手続きも、これを問題にされるまで意図的に避けていました。

 つまり蓮舫自身に、日本人になる意思がなかったと言う事です。

058

 けれども猪野弁護士等蓮舫を擁護する左翼の人達は、蓮舫の母親が日本人だから蓮舫は日本人だと言い張るのです。

 国籍を血統と考えているのは、極右ではありません。
 実は左翼です。

061

 実際、左翼の人達は例えば同様に国籍を家畜の血統書のように考えている在日コリアン達に対して批判的なことを一切言いません。

 その一方で、石平氏のように、正規の手続きを全うして日本に帰化した人を「中国人!」と罵ったりしています。

 極右の人達は、石平氏や金美齢氏のように、全く日本人の血を引かない人でも、正規の手続きを踏んで帰化して、日本に対する愛国心を持つ人達は、完全に日本人として受け入れているのですが、しかし左翼の人々はそうではないのです。

 因みに在特会にも、実は祖父が在日コリアンから帰化した人がいると言われていますが、しかし会員は誰も問題にしていません。
 
 しかしそれをしきりに論うのは、なぜか左翼の人達です。

 つまり左翼の人達にとってこそ、血統=国籍なのでしょう。

068

 それにしても高学歴左翼が何でこんな家畜的国籍意識を持つのか?

 それはつまり彼等が国家と言う物を、肯定的に考えられないからでしょう。 
 
 この猪野弁護士が典型ですが、彼は何か国家に関する話が出る度に、「ヒトラーが!!」「天皇が!!」と第二次大戦の敗戦に関して、国民が国家の犠牲になったことを持ち出します。

 実際国家が国民を犠牲にしたことは、歴史上何度もあります。

072

 しかしこれは人間が集団を作って助け合う時に、必ず起きる話なのです。

 人間は一人では弱いので、集団を作って助け合います。 その最小の集団は家族や友人同士であり、最大の集団が国家です。

 助け合いと言うのは、助けられる時は利益を得られるのですが、助ける時は犠牲を要求されるのです。

 例えば今回ワタシは自転車で転んで骨折して、二ヶ月入院しました。 その間、妹がよもちゃんの面倒を見てくれました。 よもちゃんは自己犠牲など一切考えないタイプなので、その分妹は散々な思いをしたようです。

 姉妹の助け合いは、今回はワタシとよもちゃんにとっては、絶対的利益でしたが、妹は一人で一方的な犠牲を強いられて散々な目に遭いました。

 だったら家族と言う物は完全に否定するべきなのでしょうか?

076

 国家だって同じです。 国家は人間が作ったものですから、当然間違った判断もするのです。 その場合国民が犠牲を強いられる事になります。

 しかしそれでも国家があるお蔭で、左翼の大好きな社会福祉や、国家による教育制度なども成り立つのです。

 そして国家は絶対必要な物であるから、それを全て国民がその主権を持つ事で運営しようと言うのが民主主義です。

 国家を運営するためにあるのが民主主義であって、民主主義の為に国家があるのではありません。

 ところが左翼の国家観と言うは、実に奇妙で、国家に際限も無く福祉を要求するのに、なぜか国家に対して非常な敵意を抱き、国家に反抗する事を絶対善としているのです。

 これでは民主主義だって正しく理解できるわけもないし、また主権者としての資格、つまり国籍の意味だって理解できないのです。

077

 そこでどんな話でも、国家意識の出る話になると「ヒトラーが!!」「天皇が!!」と言う意味不明の狂乱をすると共に、肝心の問題については無知蒙昧の感情論だけを振り回す事になるのです。

 蓮舫は母親が日本人だから日本人だあ~~!!!

 そりゃ感情論から言えば、そういう血筋みたいなモノにしがみつくのは仕方ないでしょう。
 でもアナタ高学歴で弁護士なんでしょう?

 だったら少しは論理的に話をしたら?

 でも猪野弁護士のような高学歴左翼にはそれはできません。 そもそも彼等には論理的に考えると言う事ができません。
 
 彼等は何よりも国家の話が出たら、「ヒトラーが!!」「天皇が!!」と、第二次大戦中の悲劇を引っ張り出して喚かなければならないのです。
 
 それが彼等がそれまでの教育で学んだ全てなのです。

 司法試験の為の勉強とかは、別腹と言うか?別頭と言うか?
 彼等が日常物事を考え判断するために役立てる事はありません。

 司法に関わる仕事をしていても、法治主義も、法と言う物の意味さへ考える事もなく、とにかく国家に対して反抗すれば自分は良心的知識人と信じていられるのですから、楽ちんですね。

078

 でも今回の蓮舫に関する記事については、猪野弁護士に感謝しています。
 
 つまりこれで弁護士として蓮舫弁護は不能だと言う事を、証明してくれたのですから。

 それではお礼に一曲。



オマケ
 

【更新】蓮舫代表はまだ台湾国籍を離脱していない

 
  1. パヨクの世界
  2. TB(0)
  3. CM(18)