2016-04-16 13:17

熊本に最終兵器投入 自衛隊

 自衛隊が熊本の被災地に最終兵器を投入しました。

 この最終兵器は2種あります。 そして一種は地震が起きた翌朝から、また第二種は午後から使用された模様です。

 その最終兵器とは?
 
 第一種 野外炊飯セット。

qrba03ELm7mWWFW1460780337_1460780353.jpg  
 第二種 野外入浴セット。

1Gg3KRiZNOyXhhe1460780549_1460780561.jpg  
 地震が起きて直ぐに最終兵器投入を決定、翌朝には避難中の被災者に美味しい朝ご飯を提供。
 
 そして夕方には暖かいお風呂を用意しているのです。
 
 美味しい食事と温かいお風呂。

 これが心身共に疲労した被災者をどれだけ力づけ励ます事か!

 特に野外入浴セットは世界で唯一自衛隊だけが持つ強力な兵器で、「お風呂に入れば身も心も癒される」と言う日本人の特性に合わせて開発された兵器であり、これはまた日本国内での威力が抜群と言う事で専守防衛の精神にもかなう兵器です。

 でも、何で野外炊飯セットや野外入浴セットが「兵器」なんだ?

 だって「腹が減っては戦は出来ぬ」と言うのは古来軍事の常識でしょう?

 それに身体を不潔にしていると伝染病などの原因になって、兵力を棄損しますから、こうした公衆衛生の管理は軍隊にとって非常に重要なのです。

 しかし何よりもこれを最終兵器と言うのは、パヨクを殲滅できるからです。
 災害で疲労困憊した被災者達に、暖かい食事とお風呂を用意する自衛隊!!
 
 これで被災地住民の自衛隊への信任は一期に強まるのです。
 そして日頃自衛隊を誹謗中傷しているパヨクは立場を喪います。

 自衛官の皆様本当にご苦労様です。

 どうか被災者皆様と共に、一刻も早い復興に向けて頑張ってください。
  1. 安全保障
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2015-12-23 19:14

日米同盟の本当の価値

  ケリー国務長官が「日米同盟はかつてなく強い」との声明を出しました。

日米同盟、かつてなく強い=国務長官

 【ワシントン時事】ケリー米国務長官は22日、日本の天皇誕生日を祝う声明を発表した。長官はこの中で、4月の安倍晋三首相の公式訪米と日米防衛協力の指針(ガイドライン)再改定、10月の環太平洋連携協定(TPP)大筋合意などの動きに触れながら、「われわれの同盟は過去1年間でかつてないほど強くなった」と指摘した。 (2015/12/23-06:58)

291

 しかしホントに日米同盟は強いのか?

 イザとなった時に、アメリカはホントに日本を守るのか?

 それは誰にもわかりません。

 例えアメリカ大統領が今「日本が中国に攻撃されたら、国運をかけて日本を守る!」と宣言しても、本当に日本が攻撃されたときに、アメリカがどうするかはアメリカにもわかららないでしょう。

 だってアメリカは民主主義の国です。
 大統領も議会も、選挙の度に替わります。

 例え同じ議会、同じ大統領の時に、日本が攻撃されても、その時その場の状況が、今と全く同じと言う事はないでしょう。
 
 だから幾ら日米同盟が強くても、イザと言う時アメリカがどう行動するかは、アメリカ政府にもアメリカ軍にもわからないのです。

293

 だったら日米同盟は無意味なのでしょうか?

 それは違います。

 そもそも日米同盟の価値は、イザとなった場合、アメリカが日本を守るかどうかではありません。

 中国側からすると、「日米同盟がある限り、日本を攻めた時に、アメリカが参戦しないと言う確信が持てない」事です。

 中国軍が自衛隊に勝てるかどうかは、かなり怪しいです。
 
 しかし現実に勝てないにしても、中国は国内では日本には楽勝と言うプロパガンダを続けてきました。 だから中国の政権には、自衛隊には勝てないと言う理由で、日本侵略を止めると言う選択肢はありません。

 けれどもさすがの中国共産党も、アメリカに楽勝と言うプロパガンダまではできませんでした。
 勿論現実的にも現在の中国軍には、到底アメリカ軍には勝ち目はないのです。
 
 だから日本を侵略したら、アメリカ軍が参戦するとなれば、「負けるから止めるアル」と言う事には、全中国が納得jします。

 けれども日本を侵略しても、メリカ軍は参戦しないと確信が持てるならば、「自衛隊に負けるかも知れないから、日本侵略は止めるアル」とは誰も言えないです。

303

 つまり中国がアメリカが日本を見捨てると言う確信が持てない限り、アメリカが参戦すると言う不安を持つ限り、日中戦争は起きません。
 しかしアメリカ軍は参戦しないと確信すれば、中国としては戦争をせざるを得ないのです。

 その意味で最も効果的な抑止力は在日米軍です。

 沖縄タイムスや琉球新報などの反米メディアは「基地があるから戦争に巻き込まれる」「基地があるから攻撃される」との珍説を唱えます。

 しかしもし中国軍が米軍j基地を攻撃すれば、基地の性質上、条件反射的に反撃します。 基地ってその為にあり、常日頃その為に訓練しているのですから。

 つまり中国軍の攻撃=米軍の日中戦争参戦になるのです。

 これじゃ絶対アメリカ軍とは戦いたくない中国軍は、絶対に米軍基地を攻撃できないでしょう?

305

 つまり在日米軍は人数や装備に関係なく、日本に「居る」だけで確実に中国除けになるのです。

 そして日中戦争に米軍を参戦させるのに在日米軍ほど確実な人質はないのです。

 多少なりとも知恵のある人なら、こういう大変な価値のある人質はできる限り丁重に扱い、末永くいて頂けるようにするべきです。
 その為には多少のおカネがかかっても構いません。
 
 思いやり予算なんぞ、日中戦争が起きる事に比べたら安い物です。 それとも反戦平和を唱え戦争を防ぎたい連中は、命より金なんでしょうか?

310

 勿論いつまでもアメリカ軍をの威を借りて平和を守る事は不可能でしょう。

 しかし日本が憲法を改正して、国力に相応しい防衛力を整備して、中国側が「日本軍怖いアル!! だから尖閣も沖縄も諦めるアル!」と思うようになるまでは、日米同盟と在日米軍を大切にするべきなのです。

 中国と戦争したくなければね。
  1. 安全保障
  2. TB(0)
  3. CM(8)