FC2ブログ

2018-11-13 11:42

秋の夜長 護憲派との会話

 昨日はヘタレて、ぼんやりとツィッターばかりしていました。

 でもそこで護憲派とやりあっていると、面白い事に気づきました。

 何と護憲派も今は、自衛権は否定していないのです。
 しかも日本国憲法では、自衛隊を行政機関として認めているというのです。

 は!!!☆?本当大丈夫?理解力有りますか?元々自衛権を持つ自衛隊は、国の行政機関として位置付け憲法に記されてると憲法学者側は言ってます!☆!?合憲である自衛隊を違憲になるから改憲で明記必要と騙し、国防軍にしたがる方がよっぽどとんでも発言で違憲です!!☆!

IMG_5413

 だから、安倍総理の憲法改正は反対ニダ!!
 安倍は憲法援護義務違反ニダ!!

 と言うのです。
 リンク先を見てもらえばわかりますが、因みにこれを言い出しているのが、憲法学者木村草太郎です。

 ??
 こいつ、自衛隊は違憲と言ってなかったか?

IMG_5407

 コイツラ元々はひたすら自衛隊違憲と喚き続けていました。
 ところが安倍総理が「自衛隊の憲法に明記する」と言う改憲案をだして、それが現実に成立しそうなってきたのです。

 するとコイツラは、安倍総理の「自衛隊を憲法に明記」と言う憲法改正に反対する為に、自衛隊は憲法に明記されていると言い出したのです。
 そしていうのです。

 既に憲法に明記されているのだから、更に憲法に自衛隊を明記するなんてインチキニダ!!
 もっと悪い事を企んでいるニダ!!
 総理が憲法改正を煽動するなんて、憲法擁護義務違反ニダ!!

IMG_5408

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、安倍総理凄い!!
 
 安倍総理の憲法改正案に対して、青山繁晴さんが「自衛隊の明記ではなく、自衛権の行使は妨げない」と言う条項を付けるべきだと、提案をしていました。 

 これには自民党内の改憲派からも相当数の賛成者がでました。
 そしてワタシもこれはなかなかの名案だとは思いました。

 これと比べると安倍総理の案は、公明党との妥協の産物で、改憲をやらないよりマシと言う程度の物です。

2018y11m13d_162511767

 しかしこの9条教徒の反応を見ると、実は安倍総理の案は実に強かなのです。
 
 なぜなら安倍総理が改憲を急いでいるのは、今北朝鮮や中国との間に緊張状態が激化する中、自衛隊の地位の確保は急務だからです。

 憲法学者の8割が自衛隊違憲論を唱えるような状況で、日本周辺に紛争が起き、自衛隊が出動しなければならなく様な事は絶対に避けたいからです。
 
 ところが安倍総理がこの憲法改正案を出したところ、何と自衛隊違憲を喚き続けた護憲派達が、自衛隊は違憲じゃないニダ!!、自衛隊は憲法に明記されているニダ!!と言い出したのです。

 だったら自衛隊違憲論者を黙らせるという、本来の目的は達成されているではありませんか?

IMG_5421
 
 つまりこれで憲法改正ができたら、万々歳!!
 でも憲法改正ができなくても、実は目的達成!!

 凄いね、安倍総理。
 青山さんの意見はいつも大変合理的だし、安倍総理批判もちゃんと筋が通っているので、ワタシも敢えて反対はしないのだけれど、でも安倍総理は青山さんよりいつも一枚上手なんですよね。

IMG_5427

 今の世論を見たら、護憲派と雖も、自衛隊の存在を否定し続ける事は不可能、いわんや自衛権がないとも言えない、そうなると彼等が崇拝する日本国憲法を変えない為には、自衛隊違憲論を引っ込めるしかない。
 これが安倍総理の読みでしょう?
 
 そしてそれを読んだ上で、まず「自衛隊憲法明記案」を出して、自衛隊の地位を確保しようというのです。

 こうしておけば、万一改憲発議ができないまま退陣と言うような事態が起きても、安心ではありませんか?
 
IMG_5438

 現実の改憲ができるかどうかは別として、その前に敵の外堀は埋めてしまったのです。
 
 今の状況では改憲の前に、北朝鮮有事や、中国有事が起きるかもしれないのです。

 その為の改憲なのですから、敵の外堀は一刻も早く埋めておくに限りのです。

IMG_5440

 しかしねえ・・・・、自衛隊違憲は護憲派の肝だったのでは?
 だから9条教徒なんて言われてきたのでは?
 これを引っ込めるぐらいなら、護憲派を名乗る意味がないのでは?

 でも違うのですね。
 護憲派にとって大事なのは、実は日本国憲法を一字一句変えない事なのです。

 コイツラがひたすら安倍総理を憲法援護義務違反と非難する事でわかります。

2018y11m13d_163217409

 日本国憲法99条では、国務大臣や国会議員には憲法を尊重し擁護する義務があります。

 日本国憲法99条
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

 しかしこれは憲法を変えるなと言う意味ではありません。 
 そもそも民主主義国家の憲法と言うのは、国民が作り守ものです。
 
 民主主義国家では国民は主権者であり、憲法の奴隷ではないのです。 

 だからアメリカ始め多くの民主主義国家では、何度も憲法を改正をしています。 因みにこういう国々の憲法でも国会議員や大臣には憲法擁護義務はあるのです。
 憲法を変えた国で、国会議員が憲法を変えた事で、憲法擁護義務違反とされた例があるのでしょうか?

IMG_5457

 勿論、日本国憲法だって国民主権を明記しています。
 だから憲法改正の手続きも憲法に定めれているのです。

 ところがこの理をいくら説明しても理解できないのが、護憲派です。

 彼等にとって何より大事なのは、憲法の条文を一字一句変えない事なのです。
 だから条文を変えずに済むなら、過去の主張なんかひっくり返してしまうのです。

IMG_5464
 
 結局彼等にとって日本国憲法は、民主主義国家の憲法ではないのです。
 彼等にとっては憲法とは、イスラム教徒にとってのイスラム法かコーランのような物なのです。

 イスラム法もコーランも神が与えた物で、人間がそれを変える事も、疑問を持つ事も許されません。
 イスラムとは「服従」を意味しており、人間は神の奴隷として神に服従しなければならないのです。

 だからイスラム法学者と言うのは、ひたすらイスラム法の解釈だけに専念するのです。

2018y11m13d_170119022

 これって日本の憲法学者と同じですね。
 
 弁護士であり法学博士でもあるケント・ギルバートさんによると、普通の国では憲法学者と言うのは、憲法の在り方、或いは現行憲法が現代社会にあっているかなどを、研究するのだと言います。
 海外でも、憲法の条文解釈を研究する憲法学者もいないわけではありません。 それは憲法額全体の一分野であり、主流ではないのです。

 ところが日本の憲法学者はひたすら条文の解釈だけに執着しているのです。

IMG_5462

 一方、イスラム法は神が定めた物で、人間はこれに従う以外ないのです。
 だからイスラム教徒である限り、イスラム法の在り方とか、まして改正なんて考える事は、絶対に許されないのです。

 それでイスラム法が現代社会の現実に合わなくなってくると、何とても現代社会にあうような都合の良い解釈をひねり出す事に苦労します。

 なぜならイスラム法を変えるとか、疑問を持つとか言う事になってしまえば、イスラム教の信仰も、またイスラム法学者の権威を吹き飛ぶからです。

IMG_5468

 日本の憲法学者はこのイスラム法学者と全く同じ事をしているのです。
 つまり護憲派と言うのは、GHQを唯一絶対の神とする信徒なのです。

 こう考えると彼等が慰安婦強制連行など、全く証拠のない話を必死で信じようとするかも理解できます。
 これは彼等にとって聖者伝説なのです。
 信仰は信じる事に意味があるのですから、こうした物語の一つ一つを疑いだすと、信仰の体系全部が総崩れになるのです。

IMG_5469

 ルネサンス以降、人間は信仰に疑問を持ち、自分の理性を信じ始めました。
 そして人はそれを科学と言いました。
 そして信仰と科学との闘いは続き、現代の先進国の社会では完全に科学が勝利したかに見えます。

 しかしこうした護憲派を見ていると、そうも思えなくなりました。

 実はこの世にはどうしても、信仰なしでは生きられない人がいるのです。

 なぜなら信仰は信じる事に意味があるので、ただひたすら信じていれば良いのです。
 信じる者は救われるのです。

 でも科学は今真理だと思われている事も、常に疑いを持ち検証を続けなければなりません。
 だから科学に依る限り、どんな権威も安泰ではいられないのです。

IMG_5470

 現代社会に生まれてもこういう事には耐えられない人は少なからずいるのでしょう。
 
 そういう人が本当の宗教、つまりキリスト教徒とか仏教とかイスラム教を信じている分には、話は簡単です。

 ところが何しろ現代の先進民主主義国家では、宗教はさしたる権威がありません。
 そこで権威に依りたい人、何かを信じないと生きていけない人達は、宗教ではなく憲法と加イデオロギーを信仰してしまうのです。
 
 そうなると彼等は本来常に理性により疑い検証するべき物も、神の真理として疑ってはならぬ物として守ろうとするので、実に厄介です。

IMG_5476


 でも元来「奴隷」の魂を持って生まれた人にとって自由は苦痛なので、理性ではなく権威を信じ信仰にしておきたいのだからどうしようもありあせん。

 人間ってホントに厄介ですね。
  1. 憲法9条
  2. TB(0)
  3. CM(34)

2018-05-01 09:58

スーダン人は勝手に殺しあえ!! PKO日報騒動

 野党が長期審議拒否を続けている理由の一つが、自衛隊のPKO部隊の日報問題です。

 これは政府が一旦処分したと言っていた日報が出てきた事を問題化しているのです。 

IMG_2572
 
 処分したはずの日報がなぜ出てきたか?

 PKO部隊の日報は元来、公開を前提とはしていませんでした。 
 そして一年で処分されることになっていました。

 しかし自衛隊員や防衛省関係者のうち4万人もの人が、この日報をダウロードして読む権限をもっていました。
 
 4万人の全員がダウンロードしたわけではないでしょうが、しかし相当な人数がダウロードしたことは間違いないのです。
 だからこの中に一年を過ぎても処分していなかった人たちもいて、それが出てきたのです。

 本来であればこうした処分期限は徹底させるべきだったし、また探すとすればダウンロードする権限のあった人全員に存在を確認するべきでした。
 
 しかしその両方を徹底しなかったので、今頃になって廃棄していたはずの日報が出てきたのです。

IMG_2578

 しかし野党はなぜ日報に執着するのか?

 これは日報には「戦闘行為」と言う言葉が書かれており、それがPKO派遣法違反に当たると言いたいのです。
 そして野党を支持する人たちも、この「戦闘行為」を問題にしているようです。

IMG_2589

 それでワタシは真面目に彼等に聞きたいのです。

 それではPKOなど国連の平和維持活動をどう考えているのか?

 ルトワックのようにあのような形での戦争の凍結は、結局紛争を解決にはならず長引かせるだけと言うのでしょうか?(実はワタシもルトワック支持ですが)

 或いはボルトンのように国連その物の存在に懐疑的で、当然その平和維持活動も評価していないのでしょうか?

 これだったら自衛隊のPKO派遣に反対するのはわかります。
 まして戦闘行為があるような地域へ派遣して、自衛隊員を無意味に危険に晒すなというのも当然です。

 しかし国連を重視し、平和維持活動を評価するなら、自衛隊員のPKO派遣に反対するのはオカシイでしょう?

IMG_2594

 現在のところPKO活動は、地域紛争などに小規模部隊な部隊が派遣されているだけですから、それほど大きな力はありません。
 
 けれども国連の理想は、PKOなどの活動を地道に行って国連の紛争解決能力を拡大していくことで、やがては国連の武力により国家間の戦争や紛争を阻止できる体制を作る事でしょう。
 そしてそれによって国家間が恣意的に戦争をしない世界になるのです。

 だから国連中心主義による平和を支持するのであれば、PKOなど国連平和維持活動には積極的に参加を要求するべきであありませんか?

IMG_2599

 PKO活動は国連中心であり、直接PKO派遣国に利益になるわけでもないのに、莫大は派遣費用を負担して、しかも自国兵士の命を危険にさら事になります。
 だからどこの国も積極的にPKO部隊を派遣したいとは思っていないのです。

 その為現在、PKO部隊には途上国の軍隊が多く、彼等が特に危険な活動を担っています。 なぜならこうした途上国にとってはPLO部隊派遣で得られる国連からの支援金が、重要な国家収入になるからです。
 
 しかしこれでは高度な装備や技能を持つPKO部隊は得られません。
 そしてこうした途上国を加えてもPKO部隊の兵力は潤沢とは言えない状況です。

IMG_2694
 
 例えばルワンダ虐殺では派遣されていたPKO部隊の人数が少なすぎて、イザ虐殺が始まるとなすすべもなったのです。

 現在PKO派遣中の地域でも、もしPKO部隊がいなければ、凄惨な虐殺が起きていた地域は多数あるでしょう。

 そしてそのような地域への派遣ですから、部隊の近辺で「戦闘行為」が起きるのは当然なのです。 それどころかルワンダに派遣されていたPKO部隊など、自分達が虐殺されないように身を守るのに手一杯でした。

 それでも国連は紛争解決の主体になるのが理想であれば、そういう地域だからこそPKOを派遣するべきなのです。

IMG_2601

 血みどろになって乱闘をしている連中を、力づくでも喧嘩を止めさせるのがPKOですから当然です。

 血みどろになって乱闘してる連中に、静かに「やめなさい」と言っても聞くわけはないのです。
 だからより力のある人間が、割って入って暴れている連中を無理やり抑えつけて喧嘩を止めるのがPKOなのですから。

 そういう活動への参加に「戦闘状態云々」を問題にするのは、あまりと言えばあまりにナンセンスなのです。

IMG_2603

 ところが野党は敢えて、これを問題化しようとしています。
 そしてそれに賛同している人達が沢山います。

 それでは野党とこれらの人々は、PKO部隊派遣など国連の平和維持活動には反対なのでしょうか?

 それとも国連の平和維持活動には賛成だけれど、危険なことは全て他国にやってもらおうと考えているのでしょうか?

IMG_2638

 勿論、政府の対応も良くありません。
 PKO部隊派遣を決めるときに、安全な地域に派遣するなんて言わずに、まず国連の平和維持活動に賛成か反対かを野党に詰めておくべきでした。

 しかしこれを言えば野党が訳の分からない審議拒否などで応じてどうしようもなくなるでしょう。
 だから適当に誤魔化して派遣実績を作ろうという事になったのでしょう。

 でもこれは日本が今後、正面から考えて行かなければならない問題でしょう?
 だから今後はこれを野党に詰めるべきです。

IMG_2669

 因みに日本は南スーダンのPKO活動からは撤退しましたが、しかし現在も13ヶ国が活動を続けています。
 
 この中で日本政府が撤退を決断したのは、つまりは国内野党マスコミが「戦闘行為」に拘り続けいる為です。
 
 また現在の法制では自衛隊が取れる軍事行動が厳しく制限されているため、本当に危険な地域での活動は不可能だからです。

 しかし他国は危険の中で活動を続けているのです。
 
 これを国連と平和を愛する人々はどう考えているのでしょうか?

 スーダン人は勝手に殺しあえ!!

 彼等はそう考えているのでしょうか?

IMG_2677

 因みに先日も書きましたがPKOの日報公開は、世界的には極めて非常識で危険な行為です。
 PKO日報を読めば自衛隊だけでなく、近隣に展開する他国PKO部隊の警備や装備などの情報が書かれているのです。

 これは武装組織やテロリスト垂涎の情報です。
 だからどの国もこうした情報は公開しません。

 日本政府が安易に公開に応じたのは、国会対策の為に野党の要求を呑んだからですが、しかしこのため公開前に公開できない情報を黒塗りする作業をしなければならなくなりました。

 自衛隊にはこうした文書対応をする専門家がいるわけでもないので、こうした黒塗りも隊員には結構な負担になっているようです。

 現在は対北朝鮮対応で全力を尽くさなければならない状況だというのに、国内でのこんな仕事で自衛隊員が消耗しているのです。

IMG_2693

 国連を信じ平和を愛する人々は、一体何がしたいのでしょうか?
  

  1. 憲法9条
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2017-09-28 21:46

民進党の9条精神 衆院選

 民進党が憲法9条の精神を実践しました。
 
 9条精神を最も正しく体現したのは、社民党でも共産党でもなく民進党だったのです。

 民進「解党」に野党側は右往左往 自公は全員当選へ気勢

215

 支持率が減ったとは言え、民進党は現在の野党で最大の組織力と資金力を持っています。

 一方小池の都民ファシストは、モリカケのドサクサに紛れて都議会を制しただけで、国政政党としては組織も資金も一切ありません。

 都議選で小池と組んだ公明党も、今回の衆院選では小池と組む気はありません。

 これでは都民ファシストは、どんなにマスコミの応援を受けても、現実には衆院選では動けないのです。

225

 この状況で都民ファシストと民進党が組むのであれば、当然小池が前原に頭を下げるべきなのです。
 
 ところが小池が殆ど何も言わないうちに前原が小池に土下座してしまいました。

 戦う前から無条件降伏を申し入れてしまったのです。

 戦争は絶対にしてはイケナイ。
 敵が来たら降伏すれば良い。
 どんな事をしても戦いは避けるべきだ。

 当にこの9条精神を実践したのです。

207
 
 民進党の候補が都民ファシストから出られるようにしたいなどと言うのでは、全民進党議員の生殺与奪を小池に与えたのと同じです。

 小池はこれで人でも金でも組織でも、民進党から欲しい所だけを奪って、必要のないモノは全部捨てるでしょう。

 そして小池に拾われた連中も、今後小池の顔色伺いながら小池に平身低頭して生きていくしかありません。

 それでも構わない。
 自分が生き残れるのなら、仲間なんかどうなっても構わない。
 仲間を守る為に戦うなんて軍国主義は許さない。
 自分が安全に生き残る事が何より大切なのだ。

 これもまた9条精神そのモノなのです。

217

 つまり民進党の9条精神は本物だったのです。

 百田尚樹先生の名著「カエルの楽園」になぞらえれば、民進党と言うナバージュは、ウシガエルの軍団が来る前に白旗を揚げて、国を明け渡し、仲間を食わせる事を選んだのです。

 ワタシはこれまで民進党の9条精神を疑っていました。
 でもこれは謝罪しなければなりません。

 彼等は本当に9条精神に生きていたのです。

210

 因みに公明党が小池を見捨てたのはわかります。

 9月27日の都議会で自民党は小池に言いました。

 豊洲市場の早期移転や2020年の大会に向けた環状2号線の整備など、みずからの責任で取り組むべき課題が山積している。まいた種は刈り取ってもらいたい
 
 小池は都議選の人気取りの為だけに「豊洲は生かす。 築地は残す。」と決定しました。

 しかし元々豊洲移転は市場の移転だけの話ではないのです。

 築地市場を廃止して豊洲に移転する。
 
 築地の跡地に環状2号線を通す。

 東京オリンピックの選手村や競技場の建設は、この環状2号線によって円滑に選手が移動できる事を前提に計画されている。

 そしてこれまでに選手村も環状2号線もほぼ完成したのです。 しかし築地市場が動かない為に、築地部分の工事が遅れていました。

 ところがこれが小池のお蔭で未来永劫貫通しない事になりました。

218

 こうなると東京オリンピック時に選手の競技場への移動の目途が立ちません。 これを防いで円滑に選手を移動させるためには、オリンピック期間中の一般車両の大幅な通行制限など、都民生活に大変な影響が出て来るでしょう。

 それでもオリンピックを成功させるためには、そろそろその計画を立てて行かないとなりません。

 しかしそうなると事情を知らないで安易に小池を支持した都民の多くがブチ切れるでしょう。

 小池が撒いた種、つまり「築地は残す」が芽を出す前に小池は何としても都政から逃げないと、小池の政治生命は終わります。

223

 そして公明党も大変です。

 早く小池から離れないと、小池と一緒に撒いた種を刈り取る嵌めになります。 

 しかし幾らんでも小池がここまで出鱈目な人気取りだけに徹していたとは・・・・・・。
 
 あんなに自信たっぷりな事を言ったからには何か方策があると思ったのに・・・・。 
 これでは鳩山由紀夫の「トラストミー」以上の出鱈目さです。

 マジにワタシも驚いているのです。

 このような状況なら益々民進党が有利なのですが、しかし前原は後先考えずに小池に土下座したのです。

 当に9条精神の神髄です。

2017y09m27d_203003063

 ワタシがここで思い出したのは、前々回の東京都知事選です。 2014年、桝添要一が当選した時です。

 あの時、民主党は最初は自民党と一緒に桝添を支持していました。
 
 ところが小泉元総理が、反原発の為に馬鹿殿を担ぎ出すと、民主党が直ぐにこれに飛びついたのです。

 反原発は民主党の支持母体連合には致命的ななので、連合としては絶対に支持できない話なのですが、しかしそんなこと知ったこっちゃありません。

 小泉人気に便乗すれば勝てるかもしれない♪

 これが民主党の全てでした。

 同様に反原発パヨクの一部もそれまで支援していた宇都宮を放り出して馬鹿殿支持に回りました。

226

 一方小泉さんと言えば、馬鹿殿を担ぎ出し、選挙の応援演説をする以外は一切何もしませんでした。
 
 息子の進次郎にも、この世で最も桝添要一を嫌っている自民党議員片山さつきにも声をかけて仲間に誘う事さへしていません。
 これ一つ見てもあれが小泉さんにとって純然たる市民活動wだった事は明らかです。

 そして小泉さんも馬鹿殿自身も提供しなかった選挙資金や組織を提供して頑張ったのが民主党だったのです。

 結果は馬鹿殿惨敗です。 
 そしてそれが民主党の退潮を明確したのです。

233

 でも今回も同じです。
 つまり人気以外に何もない人間に自ら臣従して、金と組織を提供しようと言うのです。

 ワタシはあの2014年の東京都知事選での小泉さんは、ハーメルンの笛吹男だと思いました。 

 しかし今回は笛吹女の登場です。
 
 女性の活躍は現代世界の主要テーマですから、笛吹だって男ばかりではいけませんからね。

 笛吹女がドブネズミを全部連れて、笛吹女共々築地大橋から隅田川に飛び込む事を期待しています。 
  1. 憲法9条
  2. TB(0)
  3. CM(20)

2017-04-29 20:54

強姦と戦争を防ぐ方法

 どんな女性でも絶対に強姦されない方法があります。
 
 至って単純な方法です。

 性交渉を要求されても拒否も抵抗もしなければよいのです。
 
 強姦とは相手が拒否する性交渉を強制する事です。

009

 双方が同意した上の性交渉なら強姦ではありません。

 だから強姦事件では被害者が抵抗した証拠の有無が非常に重要になります。

 つまり被害者が抵抗したと認められなければ、強姦罪は成立しないのです。

 だからイヤな相手との性交渉でも、女性が拒否しなければ、強姦と言う物は起きません。

 つまりどんな相手でもどんな場合でも、女性が性交渉を拒否しないようにすれば強姦は完全に防げるのです。

2017y04m29d_211312385

 そ、そんな馬鹿な!!

 それじゃ強姦はなくなっても、女性の人権が完全に亡くなってしまう!!

 こんなんでは強姦を防ぐ意味はないだろう?

028

 そうです。

 でも日本の平和主義者、特に9条教徒の皆様の言う戦争を防ぐ方法ってこれと全く同じなのです。

 侵略を受けた国が、領土や主権を守ろうと、抵抗すれば戦争になります。

 他国から武力による威嚇で、理不尽な要求を受けた国が、これに抵抗すれば戦争になります。

 しかしこうした抵抗を止めれば、戦争は回避できるのです。

2017y04m29d_211508186

 近代以降アジア・アフリカ諸国が次々とヨーロッパ列強の植民地になっていきましたが、植民地化の過程で戦争になって例は少ないのです。

 これは侵略された側のアジア・アフリカ諸国には、そもそも領土の概念も、国家の概念もない国も多く、この場合は国家や領土を守る為に戦うと言う発想もありませんから、戦争にはなりませんでした。

 また国家を作っていても、軍隊と言えるような軍隊がなく、ヨーロッパの近代的な軍隊にはとても勝てそうもないので、抵抗せずに支配を受け入れた例も多数あります。
 当然ですがこの場合にも戦争にはなりませんでした。

2017y04m29d_211540509

 つまり国家が無ければ戦争にならない。
 軍隊が無ければ戦争にならない。

 9条教徒の皆様が仰る事は歴史的事実なのです。

2017y04m29d_212834539

 例えばアフリカで行われた黒人奴隷狩りなんてもっと明確です。

 大勢の人々が白昼堂々、獣のように狩られて、奴隷にされたのです。

 しかし当時奴隷狩りの対象になったアフリカの地域には、国家と言える物もなければ、こうした奴隷狩りに抵抗できるような組織もなかったので、人々は殆ど無抵抗に狩られて、奴隷として新大陸に送られたのです。

 でもその為戦争にはなっていません。

2017y04m29d_213157789

 因みに日韓併合時の朝鮮もそうですね。

 当時の朝鮮にも日韓併合に反対する人達はいましたが、彼等の意見は朝鮮の主流と言うには程遠い状況だったので、日本と朝鮮は一切戦争をしていません。

 日韓併合は全く平和裏に行われたのです。

 だから抵抗をしなければ戦争にならないと言うのは、完全な真実なのです。

2017y04m29d_212908548

 つまり女性が抵抗しなければ、強姦事件は起きないのと同様、侵略された国が抵抗しなければ、戦争は起きないのです。

 但しこれはいずれも無抵抗なまま暴力に身を委ねると言う事です。

 だからそれで戦争する以上に悲惨な事態になった例も遥かに多いのです。

 その為植民地から独立した国々は、皆真っ先に軍隊を作って、二度と植民地化されない事を目指しました。

 少なくとも戦争を回避して植民地化を選んだ、或いは選ぶしかなかった国々は、今後は戦争ができる国になる事を選んだのです。

2017y04m29d_213313902

 しかしそれでも戦争が絶対悪だから、軍隊も持たず戦争は一切するなと言っているのが日本の平和主義者・9条教徒の皆様です。
 
 逆に言えばベトナム戦争が長期化して膨大な犠牲者を出したのは、北ベトナムと解放戦線が米軍への抵抗を延々と続けたからです。
 
 日中戦争で膨大な犠牲者が出たのは、中国側が日本軍に抵抗したからです。

 だから9条教の教理に従えば、悪いのはベトナムと解放戦線、中国であって、アメリカや日本ではありません。

2017y04m29d_214659602

 また当然ですが、第二次大戦で犠牲者が増えたのも、ドイツや日本に抵抗した国々の責任です。
 
 だから日本やドイツではなくて、「侵略」された国々を非難するべきなのです。

 しかし大変不思議な事に、所謂平和主義者の皆様、9条教徒の皆様はなぜか日本軍だけを非難なさいます。
 
 大変不思議です。

2017y04m29d_214914022

 今回の北朝鮮危機だって、北朝鮮が大人しく核兵器とミサイルを放棄すれば戦争など起きないのです。

 そもそも核兵器やミサイルなどの大量破壊兵器には、平和主義者の皆様は絶対反対なさっていたでしょう?

 それなのに何で北朝鮮に核・ミサイル放棄を呼びかけないのでしょうか?

2017y04m29d_214557642

 何より9条教徒の皆様は何より国家や民族を否定しているのではありませんか?
 
 それで日本の国家主義や民族主義を非難しているでしょう?

 だったら北朝鮮も朝鮮民族も全部なくして地球臣民になって貰えば良いじゃないですか?
 
 なぜそうするように言わないのですか?

2017y04m29d_220137715

 つまりは9条教徒の皆様、自称平和主義者の皆様は自分自身の言ってきた事を、真面目に論理的に考えた事もなければ、ましてそれを実際の社会のあてはめて実践しようと言う意思など欠片も無かったと言う事でしょう?
 
 そりゃそうです。
 
 だって皆様の考えていらした平和など、純然たる奴隷の平和。
 女が男に逆らなければ強姦事件も起きないし、喧嘩にもならないと言うのと全く同じ話しなのです。

 こんなのもう最初からマトモに相手にするような話ではないのです。

2017y04m29d_220324845

 それでもそれを終戦後70年余り信奉し続けた人達がいるのです。

 欧米ではこのような人々を「馬鹿でなければ悪党だ」と言います。
  1. 憲法9条
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2016-08-08 21:09

ワタシだって戦争はイヤです 吉永小百合

 ワタシは吉永小百合の反戦平和トークは大嫌いです。
 
 だってこの人の反戦平和トークって、要するに「第二次大戦は悲惨だった。 だから戦争は嫌だ。」
 
 「嫌だ。」「嫌だ。」と言い続けましょう。
 
 それだけですからね。

075

吉永小百合「戦後が続いてほしい」平和への思い語る

>自分の年って、言いたくないですよね。だけど、45年に生まれたということで、私の年が『戦後何年』という年になっているというのは、とっても大切なことだと思っているんですね。ですから、私が幾つまで元気でいられるか分かりませんけれど、80になった時には戦後80年、90になったら戦後90年、100になったら…分かんないんですけれど、戦後100年と戦後(という言葉)が続いてほしい。そのためには、私たちが、やっぱり『戦争は、嫌だ!!』ということを、しっかり言わないといけない。思っている方たちは声に出して…と願っています。

2016y08m08d_212004147

 戦争って「嫌だ」と言ったらしないで済むんですか?

 吉永小百合が言う戦争と言うのはつまり太平洋戦争の事です。

 そして「太平洋戦争は日本がアジア諸国を侵略しようとしたから始まった。」と仮定して「よって日本が戦争を仕掛けなければ戦争はしないで済んだ。」と言う話を延々と繰り返しているのです。

 太平洋戦争勃発の原因をどう考えるかは、個人の自由です。
 だから百歩譲って、吉永小百合の言うように、「日本がアジア諸国を侵略しようとした。」と仮定しましょう。

 だったら連合国の側から見たらどうでしょうか?
 吉永等から言わせればアジア諸国も他の連合国も平和を望んでいたのですが、日本に侵略戦争を仕掛けられた事になります。

 つまり侵略戦争を仕掛ける国があれば、自国が幾ら戦争を「嫌だ! 嫌だ!」と拒否しても、戦争になるのです。

 戦争を「嫌だ!」と言えば戦争にならないなら、戦争になったと言う事は、連合国側も戦争を「嫌だ!」と思っていなかった事になります。

2016y08m08d_212030857

 ついでに言えば、彼等が戦争を防ぐ方法としてあげるのは以下の二つです。

 ① 何でも外交で解決するべき。

 ② 武力を強化したりするから相手を刺激し戦争になるから、武装しない。

 で、①であれば、太平洋戦争が起きたのは、連合国がちゃんと外交をしなかったからと言う事になります。

 つまりちゃんと外交をしなかった連語国が悪いのです。 
 だから日本が反省する必要はないでしょう?

 或いは②であるなら、国民党軍や人民解放軍を持っていた中国、そして更に強大な軍隊を持っていた英米などが日本を刺激したから戦争になったことになります。

104

 あらら、日本は全然わるくないじゃんw
 吉永小百合とお仲間の9条教徒は、終戦記念日には日本との戦争回避をしなかった連合国に戦争の反省を要求するべきなのです。

 ところが不思議なことに、彼等はひたすら日本にだけ戦争の反省を強います。

 戦争は一国では絶対にできないので、本当に戦争を回避したいなら、相手国も同様に戦争回避の努力しなければ意味がないはずです。

 でも吉永小百合が日本以外の国に戦争回避の努力を呼びかけているのを見た事がありません。 

 これはつまり彼等は別に戦争回避の為の現実的な努力をする意思はないと言う事です。

 また自分達が日頃言っている事が、世界に通用しないと思っているか、或いはそもそも自分自身信じてもいないと言う事でしょう?

110

 信じてはいないけれど、何となくセンチメンタルな綺麗事を言っているだけなのです。

 本当に戦争が嫌で、断固平和を守りたい人なら、こんな無意味な馬鹿トークを何十年も続けるような事はしないでしょう。

 本当に戦争がイヤで戦争を避けたいなら、真面目に戦争が起きる理由や、現実の国際情勢を見て、どうやったら戦争を避けられるか具体的な方法を探すでしょう。

114

 ワタシも戦争は嫌です。
 絶対に嫌です。

 特にネトウヨになって自衛隊の記念行事を見に行くようになって、更に戦争が嫌になりました。

 だって自衛隊の記念行事に行くと、自衛官の人達がいろいろ親切にしてくれます。 米兵も参加していて、それがまた親切でフレンドリーです。

 その上自衛官の家族が大勢来ています。
 小さな子供を手を連れた若い母親や、久々孫に会うのを楽しみ来る老人などが沢山くるのです。

 こういうの見ていると「ああ、自衛官の人達は、皆家族にとって大切な息子や孫、かけがえのない父親や夫なんだ。」と言う事を痛感します。

 だからこの人達には絶対死んだり怪我をしたりして欲しくないです。

120

 でも、それじゃ只それが「死んでほしくない。」「怪我をしないでほしい。」と思えば、それだけでそれが叶うのですか?

 哀しいけれどそうはいかないでしょう?
 現実に今中国は尖閣諸島の周りに大量に漁船と公船を送り込んできました。

 中国が平和を願う国ならこんな事しますか?

 中国は日本だけでなく、フィリピンやベトナムにも同様の侵略行為を仕掛けています。

 フィリピンやベトナムが中国の脅威になっているんですか?
 フィリピンやベトナムの軍隊が中国を刺激しているんですか?
 フィリピンやベトナムが嘗て中国を侵略して、その侵略行為の反省をしてないから、こういう事件が起きているんですか?

 吉永小百合式の反戦平和論って、結局こうした現実からは完全に目を背けて、ひたすら日本だけが戦争を「嫌だ」と言えば戦争を回避できると言う妄想なのです。

123

 今中国が侵略の牙を剥いている状態で、こんな妄想をするのは、戦争を回避するどころか、戦争を誘発しているのではありませんか?

 侵略戦争を仕掛ける場合は皆そうですが、「楽勝で勝てる!」と思うからやるのです。
 勝って領土や資源をゲットできればリッチになれると思うかやるのです。

 そういう相手に対して「戦争は嫌。」と言い続けるのは、「ワタシは簡単にやられちゃう弱国です。」と言うような話です。

 これじゃ向こうは安心して攻めてくるでしょう?
 こんな恐ろし事は絶対に止めて欲しいのです。

124

 実は今日エドワード・ルトワックの「中国4.0」を読みました。

 ルトワックは中国が尖閣諸島を取りに来たら、日本はアメリカに頼る前に、まず自分で尖閣諸島を防衛する意思を示すべきだ。 何でもアメリカに相談してから、などと言う態度では返って日米関係を損なうと言います。

 何でもアメリカなんて態度だと、アメリカからすれば「こんな依頼心の強い奴は面倒見きれない。」と言う事になるからです。

 また中国が執拗に挑発しても、日本はそれに乗らず「受動的な封じ込め政策に徹するべきだ」と言います。

 ワタシはこれは全くその通りだと思います。

2016y08m08d_212450103
 
 現在当に中国が尖閣諸島に大量の漁船と公船を送り込み、一触即発の状態です。

 こういう時だからこそ、日本は冷静にしかし毅然として、中国の脅しや挑発には乗らず、しかし万一中国が尖閣に上陸するような場合は、断固として排除すると言う姿勢を示すべきなのです。

 こうした現実的で戦略的な思考をして初めて戦争は防げるのではないですか?

  1. 憲法9条
  2. TB(0)
  3. CM(14)