FC2ブログ

2019-08-14 14:15

韓国人は反日ではない

 7月1日から日本の世論がドンドン在特会に追いついてきました。

 テレビでも「エッ? コイツがこんな事言うの?」と驚くような嫌韓発言が、ドンドン飛び出しています。
 
 皆もう韓国の挙国一致の反日言動に驚愕しているのでしょう。

 しかしネトウヨ歴10年のワタシとしては、韓国は反日ではないのだと思います。

 少なくとも韓国は日本だけを特別、目の敵にしているわけではないのです。
 
 イヤ、韓国ってスポーツの試合でも、日本と戦う場合は、いつも政治や歴史を持ち込んで、勝っても負けてもスポーツマンシップとは程遠い卑劣な行動をとるでしょう?
 あれ反日だからじゃないの?

 ええ、反日だからじゃないです。
 
 だって韓国は日本だけではなくどんな国と対戦する場合も、スポーツマンシップなんて欠片もない行動をとってるでしょう?
 対戦当事者の選手だけでなく、韓国人の観客全てが、自分の気に入らない結果になった場合は、感情をむき出しにして相手チームや選手に異常な敵意をむき出しにするでしょう?

 今回のロナウド告訴なんて典型でしょう?

 親善試合なのに、韓国チームは試合の前から「ロナウドを潰す」と公言していました。
 親善試合でこんな事を言うだけでも異常なのに、それでロナウドが出場しないと、今度は観客全体が彼個人を詐欺で告訴です。

 これ世界中に報道されて、世界中のサッカーファンが呆れているのです。
 
 ロナウドはポルトガル人なのですが、ポルトガルってこれまでの歴史で何か韓国に悪い事しましたか?

 ワタシが心底恐ろしいと思ったのは、2015年のワールドカップ予選です。
 この時、韓国とイランがソウルで対戦したのですが、韓国が負けると観客が一斉にコートに中身の入ったペットボトルや缶飲料を投げ込みました。 
 
 そして缶飲料の一つが、イランチームのスタッフの頭を直撃したのです。
 彼は失神して倒れて、救急車で運ばれました。

 ワタシはあれを見て「ほとんど人殺し」だと思いました。

 高々サッカーに負けたぐらいで、全観客が理性を失い、人殺しのような事を平気でやる!!

 しかし韓国人はこんな事態になっても、全然反省していないのです。

 イラン側はこの件について、FIFAに提訴したのですが、韓国側がFIFAの幹部を買収したのか、何とこの件は「イラン側が勝利の後、韓国選手を侮辱したから悪い」という判定になってしまいました。

 当然韓国人はこれでまた凱歌を挙げたのです。

 イヤ、この時イラン側選手達は勝利を喜ぶ以外の事は何もしていないのです。
 ところが韓国チームはイラン選手に暴行を加えています。

 イランは世界で最も長い歴史を誇る国の一つですが、しかしその長い長い歴史上、一度だって韓国に害をなした事はありません。
 それでも韓国人は自分達が負けたら、ここまでやるのです。

 そして勝てば相手を徹底的に侮辱します。
 最近は韓国のユースチームが、中国での親善試合に優勝した後、優勝杯を足蹴にするなどして侮辱して問題になっていましたね。
 
 あれも結局、全く反省していないのです。

 それどころか試合の前から相手を侮辱します。

 2010年のサッカーワールドカップで、韓国とウルグアイの対戦が決まった時の韓国東亜日報の見出しは「サッカー上手い韓国、サッカーだけが上手いウルグアイを鍛えてやろう」でした。

 東亜日報は韓国の保守系の代表紙の一つです。
 それがこんな記事を平然と書くのです。
 そして一般韓国人も全くこれを問題にしないのです。

 一体何の為にこれから一緒にスポーツをする相手を、こんな風に卑しめるのか?
 韓国はウルグアイに何の恨みがあるのか?

 確かにウルグアイと言う国は先進国ではありません。
 しかし伝統的にサッカーは強く、優秀な選手を沢山排出しています。

 韓国は2002年のワールドカップで4位にはなったものの、それ以外にめぼしい実績はないのです。
 しかも世界中のサッカーファンから、その4位は審判買収の結果だと思われているのです。

 しかし韓国にはそういう事は綺麗に無視して、対戦相手のウルグアイを侮辱して悦にいるのです。

 別にサッカーだけではありません。 
 韓国人はどんなスポーツで、どんな国と対戦しようとも、勝てば徹底的に相手を侮辱し、負ければ怒り狂って相手選手を個人攻撃するのです。

 それどころかウルグアイの例を見たらわかりますが、試合をする前から相手国に異常な敵意を持っているのです。

 そしてこれを見ればわかりますよね?
 つまり歴史問題なんて関係ないのです。

 そしてまた全てのスポーツでこのような事をするのを見てもわかるように、韓国人の他国への敵意や侮蔑は政治にも関係ないのです。
 
 韓国人は政治にも歴史にも関係なく、どんな国に対しても、どんな民族に対しても敵意と侮蔑で接するのです。
 それがたとえ純粋に友好親善の為のスポーツの試合であってもです。

 つまり韓国人が日本に対して嫌がらせや攻撃をするときに、いつも歴史問題を持ち出すのは、たまたま日韓併合と言う歴史があり、それが嫌がらせの口実に便利だからです。

 日本と揉める事が多いのも、日本が隣国で、安全保障や経済の面で、否応なし接触が多いから、揉め事も多くなるというだけです。

 実際、韓国人にとって日韓併合がそれ程悲惨で許しがたい事なら、日本を倒し韓国を独立させてくれたアメリカには、どんなに感謝しても足りないはずです。
 しかもアメリカは朝鮮戦争で韓国を守るために戦い、5万5千人もの戦死者を出しました。
 アメリカが助けてくれなかったら、今頃韓国人は北朝鮮の同胞同様に飢餓線上をさ迷っていたでしょう。

 ところが韓国人はアメリカに感謝などしていません。
 
 韓国人は反日であるのと同様に反米なのです。
 なにしろ「世話になったからこそ反米なのだ」と言う人達なのですから。

 だって韓国人の脳内では、韓国が独立できたのは、自分達が独立運動を戦ったから、アメリカが朝鮮戦争に介入したから祖国が統一できなかったと、変換されているのだからどうしようもありません。

 だからアメリカだって韓国からは散々煮え湯を飲まされています。

 7月22日経産省での説明会の内容について、韓国側は日本側と全く違う話をしました。
 今回経産省はこれを徹底的に詰める気です。

 でもこれまでもこの手の事は普通にありました。
 レーザー照射事件に対する防衛当局同士の会合でもそうでしたよね?

 しかし米韓の代表が話し合った時、韓国側がアメリカの発表と全く違った事を言うは、毎度の事です。

 アメリカだって当然、腹を立てているのでしょうが、しかし余りと言えば余りに毎度の事なので、その都度詰めていたら、次の話ができません。
 だから余程深刻な事態でなければ放置するしかないのです。

 つまり韓国、韓国人が日本にやってる事は、全然特別な事ではないのです。

 世界中、どんな国とどんな事で関わる時でも、韓国人は常に相手を侮蔑し、相手に敵対的に対応するのです。

 だから韓国人が「韓国は反日ではない」と言うのは、全くその通りで、実際彼等は日本に対して格別な悪意を持っているわけではないのです。
 
 日本人の感覚からすれば、韓国人の他国への対応は悪意と敵意その物なのですが、韓国人にとってはそれは全く普通の感覚だから自身は敵意とも悪意とも認識していないのです。

 そして日本にも同様の感覚で接しているだけだから、自分達が日本に悪意や敵意を持っているとは認識できないのです。

 これは例えば歯槽膿漏で酷い口臭を放つ人を考えたらわかります。 
 たまたま傍の席に座る人は、それで非常に不快な思いをする事になります。
 でも本人としては隣席の人が嫌いだから悪臭で嫌がらせをしているわけではないのです。 

 そして本人は自分の口臭に気付いていないので、自分は何もしないのに、臨席の人から嫌がられたと思って、臨席の人が自分への敵意を持っていると認識するのです。 

 それにしても何で韓国人はこれほど他国を憎むのでしょうか?

 韓国の新聞の日本語版、民団や総連のHP、そして在日コリアンや韓国人の言論人を見ていて思うのですが、彼等は恐ろしく自己評価が高いのです。

 ウルグアイへの侮辱でもわかりますが、一度ワールドカップで4位を取ると、それで相手国の伝統や基礎的な能力を無視して、韓国の方が遥かに優秀と言う気になっているんですよね。

 韓国人は世界中のどんな国やどんな民族に対しても根拠のない優越感を持っているのです。
 そこで現実の韓国や韓国人の国際的地位が、その優越感と一致しないのは、世界が悪意を持って不正油断で韓国と韓国人を貶めているからと考えているのです。

 だから常に他の国や他の民族に敵意を抱くようになるのです。

 これって実はパヨクの心理と同じなんですけどね。
 パヨクも根拠のない自惚れに生きる人達です。
 だから常に自分の社会的地位や所得が、自分の期待するレベルにならないのは、社会が不公正だからと考えている人達なのです。 
 その為彼等は日本を憎み、日本人を憎むのです。

 つまりパヨクと韓国人って、ホントに同類・同質なんですよね。 
 だから限りなく気が合うのでしょう。

 それにしてもこういう連中が隣人だとホントに厄介ですね。

 こういう人間には幾ら善意を尽くしても関係は改善しません。
 
 何しろ常に自分が絶対正しく、相手は間違っている、自分は高貴・高潔で善良だが、相手は下賤で卑劣だとしか考える事のない人間です。
 
 そういう人間に対して譲歩すれば「自分が正しいから、相手が引き下がるしかなかったのだ」と思うだけだし、親切にすれば「高貴・纐纈な自分に賤しい人間が奉仕するのは当然」と考えるだけです。
 そして親切にされたり譲歩されたりすればするほど、増長し、相手に対する敵意や侮蔑が強まるだkでしょう。

 ところが日本がこういう相手に譲歩を続ければ、親切を尽くせば、お互いに理解しあえて、友情を育めると考えて、そのように対応してきたのです。
 
 戦後の日韓関係がひたすら悪化し続けたのは当然ではありませんか? 


  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2019-08-12 13:44

リスカブスのメディア工作

 日本政府による韓国への輸出管理厳格化について、海外では完全に日本が悪者として報道されているようです。

 韓国輸出規制、国際世論は「日本が悪者」。安全保障を言い訳にしていると批判殺到=高島康司

 どうやらNYT始め、海外の主要メディアは韓国側の主張をそのまま垂れ流しているようです。

 これはワタシの憶測ですが、海外の主要メディアがこのような報道をするのは、韓国政府がもう何十年も前から、海外メディア対策をする体制を作っているからでしょう。

 日韓で問題が起きた時、海外の主要メディアが、韓国側の主張をそのまま社の意見、記者の意見として報道するのは、これが初めてではありません。

 慰安婦強制連行捏造記事など、もう30年来全世界で垂れ流されているのです。

 これはつまり30年前から、韓国による海外メディア工作体制が確立していたと考えるべきなのです。

 韓国政府はNYT始め、海外主要メディアの記者や編集者を抱え込んで、日韓で問題が起きた時は、間髪を入れずに海外主要メディアに韓国の意向に沿った記事を掲載させる体制を取っているのです。
 
 例えばユネスコで軍艦島の世界遺産登録が決定した時、即日で海外主要紙に「軍艦島はアウシュビッツ」と言うトンデモ記事が掲載されました。

 「軍艦島アウシュビッツ」論なんて、この時初めて出てきた話です。
 そもそもこれ以前に軍艦島の存在を知っていた韓国人がどれほどいたでしょうか?

 ところが世界遺産登録で軍艦島の名前が出ると、途端に海外主要紙が「軍艦島はアウシュビッツ」と言うトンデモ論を掲載しました。
 
 これはつまり韓国政府が軍艦島の世界遺産登録にあわせて、こういう記事を掲載するように事前に海外主要紙と話しをつけていたとしか考えられません。
 その場合、記事の原稿は韓国政府が作って渡していたのでしょう。

 そう考えなければ、こんな捏造記事が一斉に海外主要紙が、掲載されるわけもないのです。
 
 だって唯単に海外の主要紙にそれぞれ韓国に好意的で、反日的な記者がいるとしても、彼等がそれぞれ自分の意思で、日本を非難する記事を書いているなら、その記事が全て同じ内容の捏造記事になる事はありえませんから。

 つまり韓国側のメディア工作は、極めて徹底していて、唯単に自分の意向に沿う記事を書かせるだけでなく、自分の描いた記事を掲載させることもできるレベルだという事です。

 このように韓国がメディア工作に長けている理由は、二つあると思います。

 その一つは、元来韓国人は「手首斬るブス」だからです。 
 つまり何かあると被害者面をして大騒ぎするという国民性だからです。 
 
 産経新聞の黒田記者は韓国人の交渉術を、「強い言葉で威嚇」「論点ずらし」「周りにアピール」と言いました。

 この海外メディア対策と言うのは、このうちの「周りのアピール」その物です。
 そしてアピールする中で論点をずらし、自分の被害者振りを強烈な言葉で表し、相手を非難するのです。

 国家によるメディア対策は本来インテリジェンスの問題です。
 しかし韓国人は自分達同志の諍いでも、日常的に「周りにアピール」をしてきたので、国家のいてりジェンス、情報工作と言うより、日常感覚でこれをやるのでしょう。

 日本と揉めるなら、日本の悪口は世界中に発信しなければならないニダ。 
 
 これはもう韓国政府だけでなく、韓国人全ての行動原理なのです。
 だから韓国政府に限らず海外に移民した韓国人も、移民先で朝鮮売春婦像を建てたり、旭日旗に似た物に嫌がらせをしたりして騒いでいます。

 こういう国民性ですから、日本人からすると想像を絶するような徹底したメディア対策も可能なのです。

 日本人の場合、もめごとはそれ自体恥ずかしいので、できるだけ内密に片づけたいのです。
 自分の問題で騒ぎを起こして他人を巻き込むという発想はありません。
 
 これでは海外メディア対策はできないのです。

 しかし韓国の対日メディア工作が成功する理由は、これだけではありません。
 日本のメディアがそもそも韓国側の意見を垂れ流しているのです。

 実際、今回の対韓輸出管理の問題でも、NHK始め主要メディアが経産省からの抗議にも拘わらず執拗にこれを「輸出管理」と報道し続けました。
 
 朝日新聞に至っては、もう虚構新聞かと思える紙面を作りました。

hP89LQF.jpg

 それどころか従軍慰安婦強制連行を捏造したのは、朝日新聞です。
 そして朝日新聞は今も英語版では慰安婦強制連行の捏造を続けているのです。

 海外の有名メディアでも実はちゃんと日本語ができて、日本の事を取材できる記者は殆どおらず、日本のメディアの英語版を参考に記事を書く事が多いのです。
 だから日本のメディアの英語版で、韓国側の主張の沿った報道がされると、それがそのまま海外メディアの記事になるのです。

 海外のメディアからすれば、日本と韓国の報道内容が一致しているのですから、これを疑う理由はないのです。

 このように日本のメディアが、常に韓国よりの報道をするのは、韓国の情報工作が日本側にも徹底しているという事でしょう。

 因みにメディア工作と言うと、何か007みたいなスパイが入り込んで、秘密裡に活動するようなイメージがあります。

 しかし韓国が日本や欧米諸国でメディア工作をする場合は、別に秘密裡に行う必要はないのです。

 なぜなら韓国も一応、西側自由主義陣営の国ですから、そういう国の外交官や要人が、メディア関係者と親しく交際しても全く問題になりません。
 またメディア関係者が韓国との友好を公言しても、全く問題にならないのです。

 だから実に大っぴらにメディア工作ができるのです。
 
 実際電通の会長が韓国から日韓友好に尽くしたとして勲章まで貰っています。

 またテレビ局の株式には、外国人の取得制限があるのですが、しかしこれは「ほふり」制度の為に既に有名無実になっています。

 これでは日本のメディアが韓国よりになるのは当然でしょう?

 実はこのように「友好国」であるが故に、堂々とメディア工作を行い、相手国の運命を変えた例が現実に存在します。

 それはアメリカのルーズベルト三選です。
 イギリスは第二次大戦にアメリカを参戦させるために、何としてルーズベルトを三選させなければなりませんでした。

 そこでチャーチルはアメリカのメディアに徹底的な工作を行ったのです。

 このイギリスの工作は成功し、ルーズベルトはアメリカ史上初めて大統領として三選されて、アメリカは第二次大戦に引き込まれたのです。

 しかしこのチャーチルのアメリカメディア工作も、所謂スパイが活動するような物ではありません。
 元々アメリカの上流階級には、イギリス上流階級と姻戚関係等で、非常に親英的な人が多いのです。

 イギリスはそうした人脈を生かして、メディア関係者を一本釣りに釣りあげて行き、ルーズベルトを応援する記事や、反ルーズベルト派を誹謗中傷記事を書かせ、遂にルーズベルト三選に持ち込んだのです。

 つまり友好国であってもこういう事をやるのです。
 イヤ、友好国だからこれができるのです。

 それを考えたら、韓国のメディア工作だって、全然不思議ではありません。

 けれども韓国の日本でのメディア工作がここまで成功するのは、日本側にも理由があります。

 その理由とは、日本のメディアが元々非常に反日だという事です。
 そして反日と言う事で、韓国と日本メディアは完全に同類同質の仲間なのです。

 だから韓国がそれ程反日でなかった70年代ぐらいまでは、朝日新聞やNHKも韓国を汚職と独裁の暗黒国家として報道していました。

 そのころ日本のメディアが称賛していたのは北朝鮮でした。
 彼等の反日の仲間は韓国ではなく北朝鮮だったのです。

 ところが89年にソ連が崩壊しました。
 そしてその少し前ぐらいから、北朝鮮の飢餓や困窮が知られるようになったのです。
 
 これで反日メディアも北朝鮮と組むのは具合が悪くなったのでしょう。
 そのころから彼等は反日の相棒を、北朝鮮から韓国に代えるようになったのです。

 いずれにせよ朝日新聞やNHKなど「反日、命!!」のメディアとすれば、朝鮮半島と言うのは反日の聖地、大切な仲間なのです。 

 だから慰安婦強制連行捏造など、日本側から反日情報工作をやるのです。

 朝日新聞やNHKからすれば、反日報道は韓国から頼まれなくてもやりたくてたまらないのです。
 それを頼まれたらやらずにいられないでしょう。

 そしてこうした工作されている側の心情は、欧米の主要メディアにも共通しているものがあります。

 欧米のリベラルメディアは概ね反米・反自国そして反日なのです。
 つまり彼等は自由と民主主義で繁栄している国が嫌いなのです。
 一方連中も中国とかソ連とか貧困と独裁に苦しむ国が大好きなのです。
 
 だからより貧しく独裁的な国の方に肩入れしたくてたまらないのです。

 つまり韓国と日本が揉めれば、彼等も心情的に韓国側に立ちたくて堪らないのです。
 
 韓国の情報工作はこういう状況を利用して行われているのです。
 だから非常に成功するのです。

 今回の日本政府の対韓輸出管理強化策に対しての海外報道は、このような韓国のメディア工作成功の結果でしょう。
 
 但し今回の場合は、それが韓国経済の首を絞める結果になっています。

 つまり「日本は悪い。 徴用工問題の報復で韓国経済を破壊しようとしている。」と世界に報道されているため、世界中の投資家や韓国企業の顧客が、韓国から逃げ出しているからです。

 しかしこういうメディア工作はやはり怖いのです。
 
 チャーチルの工作で、ルーズベルトが三選し、そしてアメリカは第二次大戦に引き込まれました。
 それで多数のアメリカ人が戦死し、更にはその後「共産圏」と言う物が生まれ、そして東西冷戦になっていったのです。
 
 だから日本も韓国のメディア工作、そして韓国だけでなくそれ以上に厄介な中国のメディア工作に対応する事を考えて行くべきでしょう。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2019-08-11 14:15

人にヒトモドキの思考法は理解できない ホワイト国除外

 先日、日本政府が韓国へのレジストの輸出を一部許可したことについて、韓国人は全く見当違いの勝利宣言をしているようです。

 【韓国テレビ局】判断の誤りを認めて日本の姿勢が軟化、内外の批判や韓国の不買運動などにあわてて輸出許可

 今回の輸出許可については、世耕経産相が明言しているように、正規の手続きを踏んで申請された物について、審査した結果輸出許可が降りたのであって、韓国の馬鹿騒ぎには一切関係ありません。

 唯一関係しているのは、韓国側がこの日本の輸出管理の手続きの変更を、輸出制限、輸出禁止と誤解して馬鹿騒ぎを続けているので、誤解を解くために普通は公表しない輸出許可を、公表した事だけです。

 つまり

 ホレ、こんな風にちゃんと決められた通り輸出申請をして、問題がなければ輸出許可が降りるからね。

 と実地で示したわけです。

 ところが、韓国側はそれでもこれを輸出管理の方法の変更と理解する事ができず、正規の手続きを踏んでの審査に問題がなかったから許可が降りた事を、韓国の国を挙げての馬鹿騒ぎの勝利と信じ込んでいるのです。

2019y08m09d_131052089

 しかし韓国国民一般がこのように信じ込むのもわからなくはありません。

 実は韓国の保守派はこの件について、文在寅政権を糾弾し続けていました。
 
 ところが中央日報や朝鮮日報など、反文在寅の側に立つ韓国紙も、日本がフッ化水素等三品目の輸出管理を厳格化し、さらにホワイト国から韓国を除外するという措置を、完全に自称徴用工問題への報復とする記事を書いているのです。
 
【中央日報】 銃声のない韓日経済全面戦争が始まった だがどのように日本に対応して彼らの攻勢を克服するのかは明確でない

 これなんか典型なんですけど、なんかもうやたらに長い記事なので元記事を貼る気にもなれないのですが、要は「文在寅が徴用工問題で日本を怒らせたら、日本が報復の為に輸出禁止するようになったニダ!! 文在寅が悪いニダ!!」なのです。

 それが無暗な長文になるのは、自称徴用工問題を煽ってきたのは、韓国の保守派も同罪なので、「日本も悪いニダ。」と言う事を延々と書き、「でもその悪い日本と正面から戦えば不利ニダ。」と書きながら、しかし「ウリは親日派じゃないニダ。 愛国者ニダ。」と思わせる為に色々余計な理屈をこねるからです。

 しかし日本の輸出管理の厳格化が、安全保障上の措置である事については、一言も書いていないのです。

2019y08m11d_142424443

 日本の輸出管理手続きの変更の理由を、韓国が「徴用工問題への報復ニダ」と邪推するのは、韓国の自由です。

 しかし日本はWTOの会合など国際的な場で、この輸出管理厳格化の理由が、純然たる安全保障上の問題である事何度も明言しています。
 
 だから例え韓国側が自称徴用工問題に関して、日本に土下座して謝罪しても、フッ化水素等三品目の輸出管理厳格化やホワイト国除外は、中止にはなりません。

 だってそんなことをしたら「日本は自称徴用工問題の報復として、輸出禁止をした」事を、証明した事になってしまいます。
 だから日本としては韓国が自称徴用工問題で、どんなに譲歩しても、韓国をホワイト国から外し、フッ化水素等三品目の輸出管理は厳格に続けるのです。

IMG_2024

 ところが反文在寅側の、韓国保守系紙もそして韓国野党議員も、全くこの論理は理解できず、とにかく「日本は徴用工問題の報復したニダ!! 報復を招いた文在寅が悪いニダ!!」と喚き続けるのです。

 そりゃ文在寅は悪いよ。
 でもこの件について文在寅が悪いのは、自称徴用工の事じゃなくて、日本から輸出された戦略物資の行方についての日本からの問い合わせをシカトし続けたり、非核物質の戦略物資の輸出管理に関する法律の制定をしなかったりした事だよ。

 日本から輸出された戦略物資が、沢山行方不明になっていて、韓国政府に聞いてもシカト。
 その上、文在寅は露骨に北朝鮮にすり寄っているんだから、色々後ろ暗い事をやっていると疑われて当然だろう?

 オマイラ、反文在寅、反北朝鮮なら、この事を問題にしろよ!!

 ところが韓国の文在寅支持派は勿論、反文在寅の保守派も全くこのような発想はないのです。

2019y08m11d_142117686

 さらに言えば世耕大臣が口を酸っぱくして「これは輸出規制ではない。 輸出手続きが変わるだけで、正規の手続きを踏めば輸出可能なのだ。」と説明しています。
 そして経産省はHPの表紙に態々「大韓民国向け輸出管理の見直し」と言うリンク先まで貼っており、リンク先に飛ぶと、英語と日本語で懇切丁寧にこの話を解説しているのです。

 ここまでやってなお、この問題を「輸出規制ニダ!!」「徴用工への報復ニダ!!」「日本がフッ化水素の輸出止めたニダ!!」「韓国の半導体産業が潰れるニダ!!」「世界サプライチェーンが壊れるニダ!!」「自由貿易のルール違反ニダ!!」と騒ぎ続けるって一体何なんでしょうね?
 
 ワタシは低学歴の無職で、輸出管理とかワッセナーアレンジメントなんて言葉は、この騒ぎで初めて知ったのですが、それでもこの騒動のお陰でこの話を概ね理解できました。

 そ、それなのに、何で韓国の高学歴記者や高学歴官僚は理解できないのでしょうか?

2019y08m11d_143219308

 しかも理解してみれば、実はそんなに深刻な話でもないのです。
 だって台湾だって非ホワイト国だけれど、普通にフッ化水素等を輸入できて、半導体産業で頑張っているでしょう?

 中間財や製造装置の生産をしているのは日本だけじゃないのです。
 アメリカだってヨーロッパだって、半導体製造装置や自動車部品を生産をしていて、韓国企業もそれを沢山輸入しているのです。
 しかし日本以外に韓国をホワイト国にしていた国はないのです。
 でも韓国はそれで困ってなかったんでしょう?

 実際、韓国人にも僅少ですが、例外的にこれを理解している人間はいるようです。

 半導体・ディスプレイ、ホワイトリスト除外影響微々…特別一般包括許可可能

 ところが一般の韓国人はこれを言われて安心したり喜んだりする代わりに、火病しているようです。

2019y08m11d_142652693

 尤も、一般韓国人が火病するのもわからなくはありません。
 
 だってこういう現実的な報道は、韓国では保守派も親北朝鮮派も関係なく、殆どのメディアが「徴用工の報復ニダ」と大騒ぎしているのです。
 そしてそれで韓国全土が狂乱状態になっているのです。

 そういう中で奇跡的にこんな記事にたどり着いても、にわかに信じる事はできないでしょう?
 
 そしてこの一カ月余、国を挙げて「徴用工への報復ニダ!! 日本が輸出禁止したニダ!!」と騒ぎ続けてきたのですから、輸出許可が降りたら、それは「ウリ達の抗議に、日本政府がビビったからニダ。」としか理解できないのです。

IMG_2367

 それにしても何で反文在寅の保守派までが、これを「徴用工への報復ニダ!! 徴用工でやり過ぎた文在寅が悪いニダ!!」で頑張るのでしょうか?
 ワタシにはホントに理解できません。

 前記のようにこの問題で文在寅が悪いのは事実ですが、しかし自称徴用工問題を煽ってきたのは、文在寅政権も韓国保守派も同罪です。

 一方、輸出管理の問題は韓国政府の貿易管理担当者や輸入業者以外は、そもそも知る由もない話です。

 だからこの件についての日本とのトラブルは、全て文在寅政権の責任なのです。
 
 つまりホワイト国除外等の根拠を、日本の言う安全保障問題と理解すれば、保守派は一方的に文在寅政権だけを非難できるのです。

 そしてその対策も戦略物資の管理に必要な法案を作成する、必要な部署や人員を揃えるという現行の行政だけの話です。
 だからそれができなければ「文在寅、無能!!」で済むのです。

 歴史問題と言う厄介な話に触れる必要はないのです。
 
 再度書きますが、自称徴用工問題では保守派もこれを散々煽り続けた前科があります。
 だから保守派だってこれで日本に譲歩しろと言うのは苦しいのです。
 それに比べたら歴史問題に関係ない安全保障上の問題を持ち出す方が、保守派にとっては有利なはずです。

 ところが彼等はどうしても、これを自称徴用工問題の報復としか理解できないのです。

IMG_2029

 結果は散々です。
 
 韓国が挙国一致でこれを「徴用工の報復ニダ!!」「輸出規制ニダ!!」「グローバルサプライチェーンが壊れるニダ!!」と騒ぎ続けた結果、8月2日からウォンと韓国株は暴落し始めました。

 鈴置隆文さんが9日のプライムニュースで述べた所では、売っているのは韓国人株主とのことです。

 そりゃそうですよね。
 だって韓国人なら「徴用工問題を引っ込めるニダ」とは絶対言えない事はわかっているし、そうなるとホワイト国除外等がこの報復である以上、日本がこれを引っ込める事はあり得ないと考えるしかありません。

 だったら「サムスンが倒産するニダ!!」と言う事になって、株の投げ売りが続出するでしょう。
 
 そして半導体産業が破綻すれば韓国経済が破綻するのは自明ですから、皆手持ちのウォンを売って外貨に換えようとするのです。

 これってもう悪質な「風説の流布」なのですが、しかしそれを韓国は挙国一致で行って自国の株と通貨を暴落させているのです。 

 勝手に自分を被害者にして、勝手に自分の手首を自分で斬っているのです。
 当に「リストカットするブス」ではありませんか?

2019y08m11d_145015986

 こうなるともう、彼等の思考ラインは日本人とは全く違うとしか思えません。

 結局これが人とヒトモドキの違いなのでしょうか?

 思うに韓国人の脳内には、法の下の平等と言う発想はないのかもしれません。
 法の下の平等って、つまり全ての人が地位や権力に関係なく、同じ法やルールを守るという意味です。

 でも韓国人にとっては法やルールと言うのは、そもそも意味がなく、強い者が弱い者を服従させるという感覚しかないのでしょう。
 
 だから自分に不都合な話が出ると、それは全て相手が強者として、弱者である自分を迫害しているという話になるんですよね?
 
 これだと日頃、大人しくして親切な人から、一言でも自分の意に沿わない事を言われたら、「力関係が逆転したニカ??!!」と大パニックになるのも当然かもしれません。

 こういう人と付き合うのって、面倒ですよね。
 どうしても付き合わなければならないなら、人と思うのはやめて、ヒトモドキと割り切るしかないでしょう。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2019-08-02 10:45

オフホワイトデーおめでとう!!

 「除外すると」君が言ったから 8月2日はサラバ記念日

 オフホワイトデーおめでとう!!
 8月2日はオフホワイトデーになりました。

 韓国をホワイト国から除外決定
 
 政府は2日の閣議で、輸出管理の優遇対象国、いわゆるホワイト国から韓国を除外する政令の改正を正式に決定しました。
 半導体の原材料など3つの品目に続く輸出管理の強化で、韓国は今月下旬にも優遇措置の対象国から除外されます。
 これにより輸出管理が厳しくなる対象が幅広い品目に拡大され、軍事転用のおそれがあると判断された場合には、輸出の契約ごとに個別の許可が必要になる可能性があります。 

IMG_2484

 バレンタインデーのプレゼントはチョコレート。

 ホワイトデーのプレゼントはクッキー。

 オフホワイトデーのプレゼントはドロップスです。

 韓国の皆様、在日コリアンの皆様、そしてパヨクの皆様に、ネトウヨから愛をこめて、ドロップスを贈ります。 

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(34)

2019-07-31 10:43

アメリカが介入? 韓国のホワイト国除外

 今朝、鳴子百合さんのコメントで、アメリカが韓国のホワイト国除外に介入するというニュースを知りました。

 驚いて情報を探すと、共同、読売、毎日等がロイターの発表として、これを報道しています。 
 このロイターの記事のURLを2チャンで見つけました。

 U.S. urges Japan, S Korea to look at 'standstill agreement' for trade feud

 ワタシは英語ダメ子なので、グーグル翻訳に頼って読んだので、自信がないのですが、この記事によればアメリカとしては、8月24日のGSOMIAの延長期限ぐらいまでは、韓国のホワイト国除外を待つように日本に要請するようです。

 但しこの記事には、以下のような奇妙な一文もあります。

Japan could decide as early as Friday to drop South Korea from a "white list" of countries that enjoy minimum trade restrictions, said the official, who spoke on condition of anonymity.

 金曜日には、最低限の貿易制限しか享受していない国の「ホワイトリスト」から韓国を削除することを決定する可能性があると、日本は匿名性を条件に語ったと語った。

 8月2日に韓国をホワイト国から外す事は、世耕経済産業大臣が明言しているわけですから、「匿名を条件に」語る必要はないはずです。

 またアメリカ政府の誰がこの話をしているのかもわかりません。
 そして今のところアメリカ政府からの公式発表もありません。

 明日、タイのバンコックで日米韓の外相会談があります。

 一方韓国のホワイト国排除は8月2日つまり、今週末です。
 日本政府が韓国への輸出管理厳格化を発表したのは、7月4日です。 
 
 この間約一カ月もの間のアメリカの態度からすると、ここでいきなり介入してホワイト国除外の延期を求めるというのは、余りに不自然です。

 実際、昨日7月30日、ロス商務長官が「(ホワイト国除外」は日韓二国間で取り扱う問題」と言ったばかりです。

 もしホントにアメリカがそれを要請しているのであれば、これをネタにして韓国にGSOMIA延長を呑ませる、更に在韓米軍の駐留経費の韓国負担大幅増額を呑ませる為でしょう。

 しかしこの記事は明日のバンコックでの日米韓外相会談を前にしての「飛ばし」である可能性も高いです。

 いずれにせよ前記のようにワタシは英語ダメ子なので、今一自信がありません。
 英語の得意な方に、解説していただけるとありがたいのですが?
 コメントいただけないでしょうか?


追加

 トラウマさんからのコメントで、やはりこの話がガセだったとわかりました。

 米の日韓仲介提案、菅長官「そのような事実ない」

菅官房長官は31日の記者会見で、米国による日韓両国への仲介の提案について「そのような事実はない」と否定した。菅氏は「米国との間で、日本の考え方を累次、伝達している。今後も日本の立場に対して正しい理解を得られるように努めていく」と語った。
 外務省幹部は31日、米国の仲介案について「何も聞いていない。日米韓外相会談で何らかの提案があるかもしれない」と述べた。同省は、日米韓外相会談を8月1日にバンコクで開催する方向で調整している。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(21)