2018-06-18 13:11

米朝首脳会談について その2

 6月12日の米朝首脳会談への評価は出そろいました。
 圧倒的多数の人が「アメリカの敗北」と言っています。

 しかしチャンネル桜の討論では、西岡力さんは全く逆の評価をしていました。  そしてワタシもこれを支持します。

 どちらも大変長時間の動画なのですが、この中で西岡さんの話は非常に興味深いです。

 そして西岡さんの話と、今回の米朝首脳会談をトランプの敗北と言う人達の言い分を聞いていると、過去の北朝鮮非核化の為の話し合いがなぜ失敗したのかが良くわかります。

【Front Japan 桜・特別討論】米朝首脳会談とこれからの日本[桜H30/6/13]


【討論】米朝会談と東アジアの行方[桜H30/6/16]


 今回の米朝首脳会談が失敗だという人達は、「トランプはCVIDの為の具体的な条件を明記しないまま、米韓軍事演習の中止や更には在韓米軍の撤退まで話してしまった。 一方北朝鮮は曖昧な非核化の努力だけで望むものをすべて得た。 だからこれはトランプの敗北だ。」と言います。

 なるほどこれはこれまでの5回も行われた過去の北朝鮮の非核化交渉に比べれば全くお粗末です。

 過去の非核化交渉では、首脳会談はなかったけれど、実務家同士が延々と話し合い、北朝鮮の非核化の方法や期限を、実に事細かに決めたのです。

 で、どうなりましたか?
 全部、北朝鮮側が途中で裏切って終わりでした。

IMG_1721

 なるほどこうした詳細で具体的な取り決めと言うのは、あった方ないよりは良いのですが、しかし相手が最初から約束を守る意思がないのでは、意味はないのです。

 過去の北朝鮮非核化交渉がなぜ失敗したか?

 それは北朝鮮が非核化に応じたのは、経済制裁で困窮と、また軍事攻撃されるという恐怖に耐えかねたからです。

 そこで北朝鮮も話し合いに応じたのです。
 しかし北朝鮮とすれば最初から非核化する意思などありませんでした。
 彼等は話し合いで何が決まろうとも、軍事圧力が去り、経済制裁が緩和されたら直ぐに、核開発を再開する心算だったのです。

IMG_1740

 ところが過去の非核化交渉では、優秀な外交官達は、こうした北朝鮮の本心に関係なく、非核化の為の交渉が続き、その結果美しい非核化条約を締結することに熱中してきました。
 
 実際外交官と言うのは、それがお仕事だから仕方ありません。

 しかしそういう形式を幾ら整えても、相手がそんな約束を守る意思がなければ意味はないのです。
 そして北朝鮮には約束を守る意思など皆無なのです。

 それなのに彼等は交渉を順調に進める為か、非核化が確定しないうちに経済制裁を緩めてしまい、軍事圧力を下げました。 
 そしてさらに悪い事に、北朝鮮が約束違反をした場合への懲罰を何も考えていなかったのです。

2018y06m18d_133656034

 これでは北朝鮮を相手にどんなに立派な「具体的な取り決め」などしても意味はないのです。
 北朝鮮は約束を守らないのです。

 彼等は自分の欲しい物さへ得たらそれでよいのです。

 イヤ北朝鮮だけはありません。 
 そもそも朝鮮人は約束は守らないのです。 これは例えば韓国と日本の日韓慰安婦合意を見ても明らかです。

 朝鮮人との約束は相手が守らない前提にして、約束を守らなければご褒美は与えない、代わりに徹底的に懲罰するという条件を付けないと意味がないのです。

2018y06m18d_133712092

 一方今回の米朝首脳会談では、トランプは具体的な話は確かに何一つ決めていません。

 しかし北朝鮮が最も欲しい物は何一つ与えていないのです。

 再度書きますが北朝鮮が最も欲しいのは、経済制裁と軍事圧力の緩和です。 金正恩がシンガポールまで来たのも、これに耐えかねたからです。

 なるほど在韓米軍には撤退してほしいでしょうが、しかしトランプ大統領は、この期限について一切明言していません。 だからこれは実は北朝鮮にとっては目下意味のないリップサービスでしかないのです。

2018y06m18d_133738247

 そして米韓軍事演習の中止は、「非核化の話し合いが続いている間」の話です。

 ここで「だったら北朝鮮は、軍事演習を阻止するために延々と話し合いを引き延ばすだろう」と予想されます。

 そうです。
 でもこれ逆に言えば、北朝鮮は話し合いを続けるしかないのです。
 
 しかしアメリカ側は自分の意思で話し合いを打ち切る事ができます。

 オマイ、こんなゴタゴタ文句ばっかり言うんだったら、オレもやってらんないぜ!!

 アメリカ側が北朝鮮の対応が気に要らなくなれば、いつでも話し合いを止めて軍事演習を再開すればよいのです。 
 そしてこういう状況で軍事演習が再開されるのは、北朝鮮にとっては大変な恐怖でしょう。

2018y06m18d_133847516

 しかしこれで猛烈なトランプ批判になるのは、実はアメリカ始め先進国の職業外交官には、自分から話し合いを打ち切り、これまでプロセスを反故にしてしまうという発想がないからでしょう。 イヤ、外交官だけではなく、これに類する高学歴紳士淑女にはないのでしょう。

 だからトランプ大統領がこの首脳会談直前に、一旦中止と宣言した時は、北朝鮮だけでなくアメリカや日本のメディアや言論人も衝撃を受けたのです。

 北朝鮮はこうしたアメリカやその他の西側諸国の職業外交官の弱みを知って、これまでの交渉でも散々に彼等を翻弄して、自分の欲しい物を得てきたのです。

 実はこの動画の中で、西岡さんがポンペオ国務長官のことを心配しています。 それは彼が国務長官であるために、今後の米朝非核化交渉の中で、彼の部下である外交官達に取り込まれてしまい、そうなるとこのような外交官達の弱点を晒して、北朝鮮の思うツボになる可能性が出るのでしょう。

2018y06m18d_134059160

 それではトランプ大統領が金正恩と取り交わした書簡の中で、唯一触れた「朝鮮半島の非核化」はどうでしょうか?
 
 この会談を失敗だという人達は、「北朝鮮の非核化」ではなく「朝鮮半島の非核化」であることを問題にしています。

 たしかにこの書簡で言う「板門店宣言による朝鮮半島の非核化」とは北朝鮮だけでなく朝鮮半島全体、つまり在韓米軍基地の非核化も意味します。 さらに過去北朝鮮が言い続けてきた「朝鮮半島の非核化」とは朝鮮近海の米軍の空母や原潜の核まで排除することを意味するのです。

2018y06m18d_134117567

 しかし今回の首脳会談で取り交わした書簡では、「北朝鮮は朝鮮半島の非核化に努力する」と書かれているのです。

 けれどももし「朝鮮半島の非核化」を本当に板門店宣言や北朝鮮の言うような物にするなら、「北朝鮮は努力する」だけでは全く不可能です。
 「米朝が努力する」でなければ意味がないです。

 だってそもそも北朝鮮にはアメリカの原潜や空母がどこにいるかを知る事さへできなのです。 

 だからこれは「北朝鮮は自分のところの非核化をしろ」と言う事でしょう?
 
 オイ、金正恩、オマイ自分の核を始末しろ!! 
 オレは自分のはそのまま持っているけどな。

2018y06m18d_134153816

 しかもこの会談でアメリカが北朝鮮に与えたという安全保障は、「北朝鮮は非核化に努力する」ことが前提です。
 逆に言えば、北朝鮮が非核化の努力をしないなら、どうなるかわかりません。
 
 それでは北朝鮮が何をしたら「非核化の努力をしていない」と見做されるのでしょうか?

 それはアメリカ側の判断によります。 だって具体的な事は何も書かれていないのですから、アメリカ側が

 オマイ、やる気ないな!!

 と言えばそれで決まりです。

2018y06m18d_134138786

 何しろ安全の保障をしているのはアメリカです。 だからアメリカが北朝鮮の生殺与奪を決められるのです。 

 因みに日本のマスコミ報道では、この「安全保障」を「体制保障」と訳しているそうですが、しかし英語と朝鮮語の原本では、安全保障だそうです。

 ここで使われた単語には「体制保障」と言う意味はないそうです。
 ホントに日本のマスコミは信用できません。
 
 そして今回の会談では朝鮮戦争の終結宣言も出ていません。 だから戦争再開へのハードルは全く上がっていないのです。

2018y06m18d_134319188

 つまり今回の会談は、過去の北朝鮮非核化交渉とは真逆を行ったのです。

 具体的な話、詳細な話は一切決めないけれど、北朝鮮側、しかも金正恩本人の署名を得た書簡で、非核化の約束をさせてました。
 
 そして約束を守るまでご褒美は与えません。
 更に約束破ればそれを理由にぶっ殺す事ができるのです。

 ワタシは朝鮮人を相手に約束をするのは、これ以外の方法はないと思います。

2018y06m18d_133823169

 アメリカと言う国は非常に好戦的で暴力的で、力に任せて無茶苦茶をやります。

 しかしその無茶苦茶が中国人や朝鮮人と違うのは、アメリカ人なりの筋とか正義とかを通す事です。

 だから北朝鮮と戦争をするには、単に核兵器を排除するだけでは不十分(だって核兵器ならアメリカも、またインドやパキスタンも持っているんだし)なので、さらなる理由が必要なのです。

 しかし書簡で理由がないのです。これでその理由ができました。

 北朝鮮が約束を破った。
 金正恩はアメリカ合衆国とアメリカ大統領を裏切った!!

2018y06m18d_134343552

 勿論北朝鮮は今も約束を守る意思はありませんから、会談直後から「段階的非核化で合意した」など言い始めました。

 しかしポンペオ国務長官は北朝鮮の非核化にはCVIDと明言しています。

 そして河野外務大臣は日米韓外相会談の後に「非核化が段階的に進んでも、経済制裁はそのままだから」と言うのです。

 これだと北朝鮮が非核化に時間を掛ければ掛ける程、北朝鮮の困窮が進む事になりますから、北朝鮮は行動せざるを得ないでしょう。

2018y06m18d_134302882

 また非常に幸いなことに、アメリカでも日本と同様トランプの交渉は失敗だと騒いでいます。
 
 しかしアメリカは日本とは違います。
 日本ではトランプの交渉が失敗した、つまり話し合いでの解決は難しいから「日本が北朝鮮と話し合え」と言う全く論理性のない事を言っています。

 でもアメリカはそんなバカなことはいいません。
 それどころかこれで議会が結束して、トランプ大統領に更に強硬な措置を取るように即しているのです。
 
 だからこの会談の結果、全米を挙げて軍事対応への結束を固めのです。
 
 これで北朝鮮への軍事プレッシャーはますます強まりました。

2018y06m18d_134727966

 だからこうした状況をみれば、この交渉はやはりトランプ大統領の大勝利だと思っています。

 因みにトランプ大統領がノーベル平和賞を欲しがっている、或いはノーベル平和賞を与える事で、軍事行動を縛るという説が出ています。

 しかしもしノーベル平和賞をもらえるとしても、トランプ大統領は辞退するのではないでしょうか?

 だって大嫌いなオバマ大統領がありがたかがって貰った賞です。
 これを蹴飛ばせばマジにトランプ最強でしょう?
 
 アメリカ大統領ともあろう者が何で小国スウェーデンの賞を有難らなくてはならないのか?

 トランプ大統領の支持者も喝采するのではないでしょうか?

2018y06m18d_134552542

 しかしこれで北朝鮮の非核化が成功しても、世界がバラ色になるわけではありません。

 6月13日の動画の後半で西岡さんが話している韓国の状況は非常に深刻です。

 北朝鮮が非核化しても、韓国人は自分達の意思でドンドン北朝鮮への心情的傾斜を強めているというのです。
 
 北朝鮮が非核化し、しかもアメリカとの国交正常化も果たせば、韓国人にとって北朝鮮との統一への歯止めはなくなるのです。

 こうして韓国人の相違が北朝鮮化になれば、アメリカも力づくでの在韓米軍基地の維持は不可能だと考えるしかないのです。

2018y06m18d_134619720

 そして米軍が撤退すれば、結局朝鮮半島は直ぐに中国の手に落ちるでしょう。

 こうなると尖閣だけでなく対馬も侵略に晒される事になります。
 
 だから日本は直ぐにもそれに備えなければならないのです。
 
 国際問題ってそうですね。 一つの問題の解決がしかし次の問題を生むのです。 

 哀しいけれで、北朝鮮の非核化で日本は安全にはなりません。 でもやはり目の前の問題は片づけるしかないのです。
 そして片づけながら次の問題に備えるしかないのです。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2018-06-16 22:12

核廃絶の費用負担について

 安倍総理が北朝鮮の核廃絶の費用を日本が出すと言っています。

 北非核化で首相「日本が費用負担するのは当然」
 2018年06月16日 11時36分

倍首相は16日午前、読売テレビの番組に出演し、米朝首脳会談で合意された朝鮮半島の完全な非核化について、国際原子力機関(IAEA)による査察が必要だと指摘した上で、非核化費用の負担を検討する考えを明かにした。

 首相は「核の脅威がなくなることによって平和の恩恵を被る日本などが、費用を負担するのは当然」と語った。「拉致問題が解決されなければ経済援助は行わない」とも述べ、経済援助と非核化費用の負担は区別して考える意向も示した。その上で拉致問題の解決に向け、「最終的に私自身が北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長と日朝首脳会談を行わないといけない」との決意を改めて表明した。

 9月の自民党総裁選に関しては「まだまだ、やるべきことがたくさんある。私自身の手で解決したい」と強調し、連続3選に意欲を示した。出馬表明の時期は「セミの声が相当にぎやかになってきた頃」になるとした。


2018y06m16d_221901400


 北朝鮮の非核化の費用は、本来は北朝鮮自身が、そして次にはこれまで北朝鮮を支援してきた中国やロシアが出すべきです。


 しかしワタシは日本が出すという安倍総理を支持します。


 なぜなら何よりも北朝鮮の非核化は時間の勝負です。 費用の分担などでもめて時間を無駄にするわけには行きません。 

 もたもたしている間に、北朝鮮が核兵器を国外に移出したり、ましてその間に北朝鮮がさらなる核開発を進めるようなことをさせるわけには行きません。


 また費用を中国やロシアが出すことで、これらの国々が口を出すのも厄介です。


IMG_0080


 北朝鮮の非核化を徹底させるには、日本が費用負担を全部引き受ける事で、非核化の作業を全て日本とアメリカが仕切って、アメリカが軍を中心にした大量の人員を送り込んで一気に徹底的にやるのが、一番確実なのです。


 そしてこの費用は別に北朝鮮の懐に入るわけではありません。 査察作業をやるIAEAと米軍に払い込めば良いのです。


 金は全部俺が出す!!

 だから早くしろ!!

 徹底的にやれ!!

 中露は口を出すな!!


 と言う事でなのです。


 そしてこういう事になったからには、思ったより迅速に非核化作業が始まるのではないでしょうか?


IMG_0129


 同様の理由でトランプ大統領の言う「非核化後、北朝鮮の経済支援を日韓だけがやる」という話も、支持しています。


 なぜなら拉致被害者の奪還の為に日本が切れるカードは経済支援だけです。 もしアメリカが非核化の引換に支援するなんて言われらた、日本は拉致被害者を取り戻す事はできません。


 それどころか非核化交渉でもアメリカへの発言力がありません。 そうなると日本に向けた核ミサイルの廃棄などの要求もできません。

 

 現在の憲法下では日本には経済支援しかカードがないのです。 だからそのカードを最大限に活用する為には、日本が独占するのが良いのです。


IMG_0156


 だからこの経済支援について、韓国側がさもしい期待をして「日本が2兆円出すニダ」などと言っている事も、悪くありません。


 韓国の意図はともかく、これで北朝鮮は日本の経済支援への期待を募らせるでしょう。

 

 だから当面の間は、北朝鮮に経済支援と言う餌を見せるべきなのです。


 但しこの餌は拉致被害者全員と引き換えでないと渡せません。 またその前に完全に非核化させないとなりません。


IMG_0134


 それでは北朝鮮が本当に非核化をして拉致被害者を返還したらどれだけ経済支援をするのか?

 

 それはその時ゆっくりと考えたら良いのです。


 拉致被害者の引換に経済支援を行うのは、誘拐犯に身代金を与えるような話で、本来はするべきではありません。


 しかし誘拐犯を逮捕して被害者の身柄を保護するためには、身代金を支払うふりぐらいはしなければならないでしょう?


IMG_0166


 オマケ


 午前中に偶然見た動画です。


いわんかな#12-1【米朝首脳会談後の世界・前編】重村智計・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・志方俊之・福島香織・塩見和子・日下公人★



 6月7日収録の話なので、米朝会談の前に会談の結果を予想しているのですが、しかし重村教授の予想が驚くほど見事に当たっているので、聞いていると会談結果を受けての収録かと思える程です。


 実は米朝会談に対する評価は、青山繁晴さん始め多くの人が非常に否定的です。 


 しかし宮家邦彦始め、元外交官などの国際通もやはり非常に否定的です。 


 けれども朝鮮人には外交のルールなど全く通用しないのです。 だから朝鮮人の本性を知る人の予想が一番正しいのかもしれません。


  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2018-06-14 12:20

拉致問題とパヨクの人権感覚

 米朝会談の結果を受けて、河野洋平がこんな事を言っています。


  朝鮮半島に対して、朝鮮半島の植民地化について、われわれはあのとき間違えた、政策を間違えてあんなことをしたけれども、本当に申し訳なかったと、おわびをする。

 これは、韓国に対してはわれわれはそういうことをきちっとやったわけです。おわびをして、その処理をして、その結果として大変苦労をなさった方々に日本からもいろいろな配慮をして、経済援助もした。

 だけど、北とはまだ国交もないし、そういうことをできずにきているわけです。ですから、南にやっていたのと同じぐらいのことは北に対してもやらなければ、われわれの植民地支配に対する反省の姿勢を示すことにはならないわけです。

 北に対してもそういうことをしなきゃならん。そういう問題は残っているわけです。

 逆にいうと、まだ国交は正常化していないわけですし、国交が正常化していないということは植民地支配についての問題の解決、処理はできてない。

 そういう北と、日本とがどういう交渉がこれからできるか。そこへもってきて、拉致問題という大変難しい深刻な問題もある。拉致された人の家族のことを考えると年一年、お年をめしていくわけですから、時間との競争です。この問題は1日も早く片付けなければならない問題ですから、大変なことですね。

 ただし、考えてみれば、この問題は国交も正常化されていない、植民地問題の処理もできていない国に対して、ただ帰せ、帰せとだけ言ってもなかなかこれは問題は解決しない。ですからやっぱり、ちゃんと国と国の関係も正して、帰してもらうということをする手順を踏まざるを得ない。

 あるいはそれができないまでも、日朝は安倍さんのようにトランプに頼んできたよ、文在寅にも言っておいたよと。そういうんじゃなくて、自分で直接、北に対して、こういう状況だから帰してくれと、言わなきゃだめだ。どうも、日本人の生命・財産、命を他国の大統領に頼んでおいたよというのでは、やはり日本のリーダーとしての責任は果たせない。

IMG_0649

 河野洋平だけでなく、日本の自称平和主義者、自称リベラリスト、自称人権派は前々から同様の事を言っていました。 

 つまり日本は朝鮮を植民地化したのだから、拉致被害者を取り返す前に、この謝罪と賠償をしろと言うのです。 

 ワタシはネトウヨだから、国家も民族も大切だと思います。 そして国民は国家を愛し、国家を守る為に努力するべきだと思っています

 しかし河野洋平等のような全体主義、超国家主義には全く納得できません。

IMG_0666

 当然ですが北朝鮮に賠償をして国交正常化をすれば、北朝鮮は拉致被害者を永遠に帰さないでしょう。 

 なぜなら拉致被害者を帰国させたら、日本で拉致に協力した組織や個人が根こそぎ検挙される事になります。 これは北朝鮮が日本の親北朝鮮ロビーを喪う事になります。

 だから北朝鮮とすれば何として拉致被害者を帰国させたくないし、また日本にいる親北朝鮮派にとってはそれこそ死活問題なので必死で反対します。

 また国交正常化をすれば、北朝鮮に拉致被害者を返させるインセンティブはなくなるし、また日本が強制的に査察して拉致被害者を探すなどと言う事もできなくなります。

 だから永遠に拉致被害者は帰国できなくなるのです。

IMG_0655

 つまり拉致問題の解決の前に国交瀬正常化しろと言うのは、拉致被害者を見捨てろと言う事です。

 そしてこれは日本は植民地支配と言う悪をなしたのだから、その償いに拉致被害者を犠牲にしろと言う話です。

 要するに「国家の悪を償う為に個人に犠牲になれ」と言う話なのです。

 個人を国家の犠牲して当然。 

 これは国家主義、超国家主義、全体主義以外の何物でもありません。

IMG_0684

 だって横田めぐみさん始め、現在わかっている拉致被害者は皆戦後生まれです。 彼等には日韓併合には何の責任もないのです。

 それなのに彼等はある日突然、北朝鮮の工作員に拘束されて、北朝鮮に連行されて、その後の人生を奪われたのです。 そして今も拘束されたままなのです。

 このように人生を奪われた人々を救出する代わりに、「日本が過去に植民地支配をしたのだから、彼等のことは諦めろ」と言うのは、つまりは国家の罪を償わせる、それも全く責任の欠片もない個人に償わるなどと言う事をしてよいのでしょうか?

IMG_0702

 個人はこのように国家の犠牲になって当然。

 こんな事、許されますか?

 そりゃね、国家を守る為には国民が犠牲になる事はあります。

 そして国家とはそうした犠牲なしに守れない事は事実です。

 実際、自衛隊員や海上保安庁の人達はまさに、その犠牲を覚悟で働いているのです。

 そして徴兵や徴用と言う形で、こうした犠牲を担う事もあります。

IMG_0705

 しかしそれって全部、本人が志願して、或いは全てが平等の立場で犠牲になるリスクを担う事でやっているのです。

 中学校から登校途中に北朝鮮の工作員にさらわれたのから、お前が一生日本の為に犠牲になれと言うのとは違うのです。

 しかし平然とその犠牲を強いようと言うのが、日本の自称人権派、自称リベラリスト、自称平和主義者達、つまりネットいう所のパヨクなのです。

 けれどもこういう事を言う人達は、本来ならファシスト、全体主義者、反人権派と言うべきではありませんか?

IMG_0765

 しかも大変呆れた事に彼等はこれを「国益」と言ってはばからないのです。

 実は「国益」と言う言葉は、長らく日本の言論界ではタブーでした。

 なぜなら国益を肯定すれば、国家を肯定することになります。 そして国益と言う言葉には、まさに個人が国益の為に犠牲になるというイメージがあります。 だから絶対タブーだったのです。

 ところが2002年の小泉訪朝で拉致被害者が帰国して以降、この言葉を自称リベラリスト、自称人権派、自称平和主義者が平然と使うようになりました。

 つまり北朝鮮との国交正常化が「国益」だというのです。 つまり拉致被害者を見捨てて北朝鮮と国交正常化しろと言うのです。

IMG_0744

 ワタシは福島瑞穂がしたり顔でこの言葉を使っているの見た時は、ある種の感動すら覚えました。

 彼等とすれば右翼は人権なんか考えないから、「国益」と言う言葉を使って説得すれば、直ぐに北朝鮮との国交正常化に応じると思ったのでしょう。

 福島瑞穂の言う「国益」には、彼等の言いつのった人権のレベルがあまりと言えば余りに見事に凝縮されていたのです。

 しかし彼等の言う右翼の方が余程人権は重視していたようで、北朝鮮との国交正常化など実現しませんでした。 つまり日本は人権を大切にする国家だったという事です。

 そしてその代わりに彼等が「国益」と言う言葉を使いだした事で、国益と言う言葉のタブーが解けたのです。

IMG_0773

 それにしてもワタシ自身にとっても小泉訪朝と拉致被害者帰国は衝撃でした。

 実はワタシは小泉訪朝まで北朝鮮の日本人拉致の真偽には懐疑的でした。 小泉訪朝以前には拉致に関する報道がほとんどなく、新聞やテレビだけでは詳しい情報がほとんどなかったのも理由の一つです。

 しかしワタシはそれ以前に「この世に国益の為なら悪い事をする国はいくらでもあるけれど、ただ無益でバカなことをする国はない」と信じていたのです。 そして拉致と言うのはどう考えても北朝鮮の国益にならない、しかし万一バレたら国家の名誉を全て喪うのですから、どうしようもなく馬鹿な事でした。

 しかし2002年小泉訪朝でホントに北朝鮮が日本人を拉致していたのがわかり、ワタシの国家観も激変しました。

 この世にはホントにただひたすら馬鹿な悪い事をする国がある!! 

 個人で言えば頭のオカシイ変質者みたいな国がある!!

 と、いう事を痛感させられたのです。

IMG_0778

 けれどもさらに驚いた事に、この変質者のような国を必死に擁護しているのが、日本の自称人権派、自称平和主義者、自称リベラリストつまりパヨクなのです。

 少なくとも本当に人権や平和主義を信じており、そしてそれ故の反国家主義者であった人々であるなら、北朝鮮の拉致が明確になった時点で、北朝鮮と言う国家に対して強烈な嫌悪を持つようになって当然ではありませんか?

 しかし驚いた事に、日本の自称人権派、自称リベラリスト、自称平和主義者達は必死になって北朝鮮の擁護を続けたばかりか、国益と植民地支配の贖罪の為に拉致被害者を見捨てろと言い出したのです。

IMG_0789

 つまりこれは彼等にとって人権や平和など最初からどうでも良かったという事でしょう。

 或いはそもそも彼等は拉致については最初から知っていたのかもしれません。

 それどころか彼等自身が北朝鮮の日本人拉致に協力していたのかもしれません。

 実際そう考えると彼等の言動の辻褄がぴったり合うのです。

 日本の自称人権派、自称リベラリスト、自称平和主義者の人権感覚と言うのはこういう物だったのです。

IMG_0798

 オマケ

 札幌はこの数日凄く寒いです。 今日も朝から9~10℃のところをウロウロしています。 だから朝からストーブを焚いています。

 このところ天気も悪く、その上タイチョウ殿の機嫌も最悪で、寝込んでいたので、散歩にも行かず写真も撮っていないかったので、このエントリーでは5月11日の写真を使いました。

 でも気温から言うと5月の気温です。 イヤ例年なら5月でも寒すぎます。 だから外に出て桜が咲いていても全然違和感がないです。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2018-06-13 11:04

米朝会談について

 昨日の今日なのか、米朝会談についての詳しい分析はまだ出ていないようです。

 しかしワタシは基本的にはこれはトランプ大統領が、アメリカの要求を全部呑ませたのだと思います。

IMG_5469

米朝首脳の合意文書「完全な非核化に断固取り組む

シンガポール=土佐茂生

2018年6月12日17

時04分







 トランプ米大統領と北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日午後1時40分(日本時間同2時40分)すぎ、首脳会談の会場となったホテルで、包括的な合意文書に署名した。両首脳が署名した文書では、トランプ大統領北朝鮮に体制保証を約束する一方、金正恩氏は朝鮮半島の「完全な非核化」にむけて、断固として取り組むことを確認した。

 米朝相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を可能にすると強調した上で、両首脳は4点について一致した。

 ①米朝の両国民が平和と繁栄を望んでいることに従って、新しい米朝関係を構築する。

 ②朝鮮半島に永続的で安定的な平和体制を構築するためともに努力する。

 ③北朝鮮が朝鮮半島を完全に非核化するために取り組むとした、4月27日の板門店宣言を再確認する。

 ④米朝はすでに身元確認されたものを含め、戦争捕虜(POW)や行方不明兵の遺骨の回収に尽力する。

 両国は、今回の合意を実現させるため、ポンペオ米国務長官と北朝鮮高官による協議を早急に始めることでも一致した。

 トランプ氏は署名式で「(非核化の)プロセスはとても迅速に始まる」と語った。さらに「北朝鮮と朝鮮半島との関係は、過去とは非常に異なる状況になると思う。我々はとても特別な絆を築いた」と語った。

 これに対し、正恩氏は「歴史的な会談を行えた。過去から離れ、世界は歴史的な変化を見るだろう」と述べた。記者団から、金正恩氏をワシントンに招くのかと問われると、トランプ氏は「絶対に招くだろう」と語った。

 両首脳はこれに先立ち、政権幹部を交えた昼食会合を終えた後、ホテルの庭にともに現れ、記者団に「多くの進展があった。とても前向きだ。誰もが予想することができた以上の良い出来だ。今から署名する」と語っていた。(シンガポール=土佐茂生)

IMG_5470

 この①~④の合意文書について内容が抽象的で、曖昧と言う人達がいるようですが、これは実務者の合意文書ではないので、例えば非核化の期限をいつまでとするような具体的な話は最初から問題にはなっていません。

 しかし朝鮮半島の非核化に取り組むべきは北朝鮮だけに限定しています。

北朝鮮が朝鮮半島を完全に非核化するために取り組むとした、4月27日の板門店宣言を再確認する。

 そしてトランプ大統領は会談の直後の会見で「われわれは今から北朝鮮の非核化のプロセスを開始する。金委員長が帰国後直ちに着手すると考えている」「(非核化は)プロセスであり、非常に早く進んでいる」と発言しています。

IMG_5472

 勿論北朝鮮に約束を守る意思はないでしょう。
 しかしそれはトランプ大統領も十分承知で、だから経済制裁は継続すると言っています。

 また朝鮮戦争の終結もありませんでしから、軍事圧力もそのまま継続しているのです。

 今、トランプ大統領が譲歩したのは、米韓軍事演習の中止だけです。

 だからこれから北朝鮮に非核化のプロセスの実行を迫り、その実行を米軍が入って検証する事になるでしょう。

 こうした実際の作業については今後詰めていくのでしょう。

2018y06m13d_112428248

 非核化の期限が現時点で明記できないのは仕方ありません。

 非核化と言うのを何と定義するか?
 北朝鮮は現在、27~84個の核弾頭を持っていると言われます。
 だから核兵器をすべて除去する事と定義すると、技術的な問題からその廃棄には10~20年かかると言われます。

 それを北朝鮮国内でやれば、北朝鮮の非核化は大変長い時間がかかります。
 但し核弾頭をすべて米軍が抑えた時点で、使用は不能ですから、その意味では現実的に「非核化」されているのです。

 だから非核化に掛かる時間やその他具体的な話は、今後北朝鮮の核開発の情報が出てからになります。

IMG_5479

 重要なのは、この合意内容を読む限り、北朝鮮が例によってこの約束を反故にすれば、経済制裁の強化や軍事圧力の再開も可能だという事です。

 つまり非核化の言質は取ったけれどアメリカ側は、北朝鮮側の期待する譲歩は一切していないのです。

 金正恩がイヤにニコニコ顔で会談を終えたのが気になりますが、これはトランプ大統領が金正恩を「非常に有能な人物」「賢いネゴシエーター」などとおだて上げた事もあるのでしょう。

 またトランプ大統領からわれわれは再び会う。何度も会うことになるだろうと言われた事で、金正恩側もトランプ大統領を丸め込んだ心算なのかもしれません。

 しかし次に会った時には、何を言われるのでしょうか?

IMG_5484

 いずれにせよ北朝鮮が核廃棄に応じず、アメリカが軍事行動に出るとしても、この会談はしないわけには行きませんでした。
 だって戦争をするためには「平和の為に最大限の努力はしたのだ」と言う事が条件になります。
 
 今回の会談で、トランプ大統領はこの条件を確保したのです。

 だから会談は成功です。 
 これ以上のことは今後の北朝鮮の対応によって変わります。

 北朝鮮がすんなりと核廃棄に応じれば、それでよいけれど、米軍による核査察を拒否したりすれば、また経済制裁と軍事圧力を強化するだけです。

 トランプ大統領も北朝鮮がこれだけで素直に、核放棄に応じるとは期待していないのかも? だから「われわれは再び会う。 何度も会う事になるだろう。」と言ったのかも?

2018y06m13d_111836259

 拉致問題については、文書に盛り込まれませんでした。 この点について日本のマスコミはまた「蚊帳の外云々」と言っているようです。

 しかしトランプ大統領は会談内では提起したそうです。 それで十分ではありませんか?

 そもそもこの会談の前に、この会談で一発で拉致問題が解決することなど誰も期待してなかったでしょう?

IMG_5493

 この会談は北朝鮮の非核化の為の米朝の話し合いであって、日本は直接当事者ではありません。
 
 但しトランプ大統領は北朝鮮が非核化した場合の経済支援は、日韓が行うと何度も明言しています。
 これをATMとか言っている人達がいますが、しかし今回の米朝会談は過去の6者協議などと違って、日本は拉致問題を解決しない限り、経済援助を拒否する事ができます。

 だから核廃棄に応じても拉致被害者を返さない限り、日本の経済支援は得られません。 その為北朝鮮は核廃棄をすれば、その後は日本に拉致被害者の返還交渉をせざるを得なくなります。

IMG_5516

 お陰で有田ヨシフが今回の会談結果に発狂しています。

 トランプ氏が安倍氏の要望に答え北に拉致問題提起 なぜか有田芳生が激怒 @aritayoshifu

 日本には有田ヨシフと立憲民主党はじめ、拉致被害者が帰国しては絶対に困る人達が沢山いるのです。 警察は北朝鮮に協力した日本人のリストを持っているそうです。 そのリストには単に親北朝鮮の政治活動や言論活動した人間だけでなく、拉致の共犯になった日本人の名前も出ているでしょう。

 拉致に共犯者は例えば原敕晁さん拉致の共犯だった大阪朝鮮学校の校長や原敕晁さんが勤めていた中華料理店の店主など、共犯であることが明らかなのに、被害者が不在で被害届が出せないと言う理由から、逮捕も起訴もされずにいた人間がいます。

 そういう人間達は拉致被害者帰国と共に一斉に逮捕されるし、またそういう人間が所属した組織も処罰の対象になります。

 ワタシはそもそも北朝鮮が拉致被害者の返還に消極的な最大の理由は、拉致被害者を帰国させると、日本での北朝鮮の支援組織が壊滅するからだと思っています。

IMG_5497

 それでも今回の米朝会談は拉致問題の解決への一歩前進です。

 トランプ大統領はマカダミアナッツを買ってきてくれたのです。 

IMG_5512

オマケ 事実は小説より奇なる件について・・・・・。

 しかしあの会談、フィクションとして映画化でもしたらどうなるんだろう?

 ああいう容貌の人間にアジアの独裁者を演じさせて、ホテル代寄こすニダ!!、高級車寄こすニダ!!、飛行機がオンボロで会談会場まで行けないから中国から借りたとか、言わせたら?
 
 今のハリウッドでああいうキャラにアジアの独裁者を演じさせたら、人種差別だとして韓国系辺りが大さわぎするのでは?

IMG_5499

 それでなくともあんな容貌の人間にアジアの独裁者を演じさせたら映画としはリアリティがなくなり、コメディとしてしか成り立ちません。

 そういえば以前「007」で金正日の息子なる人物が登場したことがあったけれど、その役をした俳優は引き締まった体系でハンサムでした。

 だって金正恩タイプがが出たら、客がそれだけで爆笑しちゃうので「007」のアクション映画には困るのでしょう。

IMG_5511

 ところが大変、驚いた事には現実の世界では、コメディアンにも稀なほど滑稽な容姿をした男が、本当に北朝鮮の独裁者なのです。

 そして「ホテル代寄こすニダ!!」「高級車寄こすニダ!!」「自分の専用機に乗るの怖い!!」と言ったのです。

 そしてさらに驚いた事に、韓国人がこの独裁者に大感激しているのです。
 韓国在住の韓国人だけでなく、日本在住の韓国人、在日コリアン達も大感激しているのです。

IMG_5501
 
 こんなキャラの独裁者に感激できるって、どういう感覚なんでしょうね?
 ワタシは全く理解できません。

 しかしこれを見ると事実は小説より奇なり。

 と言うか現実は常に空想を超えるのだという事を実感します。



  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(17)

2018-06-08 11:47

セウォル号を思い出す

 ご隠居さんが紹介していましたが、(韓国はデマ社会だからね)韓国ではセウォル号沈没について、アンカー説と言うのが出ており、今回作られたセウォル号沈没の映画もこの説に基づいているのだそうです。

 さらにセウォル号沈没で有力なのが、潜水艦衝突説です。

 ご隠居さんが仰るように韓国がデマ社会であるのは事実ですが、しかしそれにしても何でこんな話が出るか理解できません。

IMG_4957

 まずアンカー説ですが、これは左側のアンカーが原因不明の理由で落ちて、海底に引っ掛かり、そのアンカーに引っ張られて船が傾斜沈没したとの説です。

 しかし元来アンカーと言う物は、海底に引っ掛けて船を係留するための物なのです。
 アンカーが海底の引っ掛かった状態で、船が推進するなど大きな力が掛かっても、傾斜もしないし沈みもしません。

 だからヒーブーツなどと言う事もできるのです。

 ヒーブーツと言うのは、嵐などが来た時、港内の船は衝突や座礁事故を避けるために、港外に避難してアンカーを打って嵐をやり過ごすのです。

 船はアンカーで止められた状態のまま、強風と高波に揉まれるので、船には大変な力ががかるし、猛烈に揺れ続けます。
 しかしそれで船が沈む事はないのです。
 
 アンカーが海底に引っ掛かった状態で、船が引っ張られると沈没するのでは、ヒーブーツなど絶対にできないのです。

IMG_4935

 ところが韓国では真面目にこれを信じる人が多数いて、映画まで作られるというのです。

 そしてセウォル号が引き上げらた結果、アンカーは船体に固定されていた事がわかりました。
 しかし映画はそれでもこのアンカー説を取っているのです。

 一体誰がどうやってこんな説を思いついて、またどうしたらこんな話が信じられるのか理解できません。

IMG_4962

 次に潜水艦沈没説ですが、これは更に荒唐無稽です。
 
 そもそもセウォル号が沈没した海域は水深20m程でしたから、潜水艦は潜航したまま航行するのは不可能なのです。

 そして引き上げられたセウォル号には、勿論衝突した痕跡はありませんでした。

IMG_4959

 セウォル号沈没の正確な原因調査はまだ出てません。
 しかし当初から出ていたのは、荷崩れによる傾斜沈没説です。
 
 セウォル号は事故当時、大変な過積載状態であり、しかもその荷物がきちんと固定されていなかったのです。

 それが沈没現場近くでの、大きな方向転換と共に一気に荷崩れを起こし、この荷崩れにより船のバランスが崩れて、傾斜沈没したという説です。

 船が大きく傾斜すると、水面に接する船底の形が左右で大きく変わります。 すると船の左右で水の抵抗が大きく違ってくるので、船は傾いた側を軸に、急旋回するような航跡を取ります。

 船乗りの表現による「船が暴れる」状態になるのです。

 セウォル号の航跡にも「暴れた」あとがあるのです。

 そしてこの荷崩れによる沈没は日本の同型フェリーでの例があります。 但し日本では救命体制が徹底したので、人命に被害はありませんでした。

 どう考えても潜水艦衝突説や、アンカー説よりは、この過積載沈没説の方が余程説得力があります。

 そしてこの過積載沈没説は、事故直後に日本の専門家が唱え、韓国のテレビでも報道されていました。

 しかし韓国では荒唐無稽な説がより信じられているのです。

IMG_5095

 因みに韓国では過積載防止や、荷崩れの対策は一切取られていませんでした。

 日本では荷崩れ沈没事故が起きた後、荷崩れ防止策が徹底されたのですが、しかし同型フェリーであるセウォル号も、また韓国政府も何もしなかったのです。

 またライフラクトなど救命用具のメンテナンスや、救難訓練も全くしていませんでした。

 それが日中、沿岸、凪、高水温と言う条件での事故で大量の死者を出すという結果になったのです。

IMG_4954

 マジにワタシはあの事故の現場の写真を見てショックを受けたのは、波が全くない、完全な凪で至って穏やかな天候だったことです。

 しかも完全に夜が明けた後で、事故現場付近では大量の漁船が操業していました。
 セウォル号が救難信号を発信する前に、転覆した船を見た漁船が駆けつけています。

 そして当時海水温は高く、若く健康な人間なら丸一日漂流しても死ぬような事はなかったのです。

 救助には最高の環境だったのです。

IMG_4973

 船が傾斜した直後に乗客にライフジャケットを着せてデッキに出して、海に飛び込ませていれば、殆どの人は救助されたでしょう。 ライフラクトなどは未整備でしたが、幸いライフジャケットだけは十分あったのですから。

 何で船長が乗客をデッキに出さなかったのでしょうか?

 船長が救難要請をしたとき、それを受けた海洋警察側は、乗客にライフジャケットを着せてデッキに出すように指示しているのです。

IMG_4974
 
 そして救助に来た韓国の海洋警察も、なぜその指示を出さなかったのでしょうか?

 海洋警察の救助船がセウォル号に横付けした時は、ブリッジに入ってブリッジから乗客にアナウンスをすることが可能だったのです。

 ところが海洋警察の人間がブリッジから出てきた船長と船員だけを連れて船を離れてしまいました。 

 船長が身分を偽ったのを信じたとしても、それならばこそブリッジから中に入り乗客の状況を確かめるべきでしょう?

 しかしこの時の船長と海洋警察の行動を見る限り、この民族は危機に際して自分が逃げるという以外の思考はあり得ないのだと思います。

IMG_5089

 この事件の後、当時の朴槿恵政権は海洋警察の解体を指示しました。 しかしこれは朴政権の崩壊で直ぐに白紙になりました。

 つまり韓国の海洋警察と救助体制は何も変わっていないと言う事でしょう?

 それでは事故防止にもっと密接した、例えば過積載防止や、荷崩れ防止、また救命器具のメンテナンスや救命訓練の徹底などの処置は取られたのでしょうか?

 これは全くわかりません。
 事故直後は騒いでいたように思いますが、実際に制度として徹底させるための措置を取ったという話は聞いた事がありません。

 だからこれも何もせずに、セウォル号事故当時と全く同じ状態で放置されているのではないでしょうか?

IMG_4976

 そうなるとアンカー説とか潜水艦衝突説などデマの横行も、単に韓国人が船舶に関して無知、科学的合理的思考ができない事だけが原因ではないのかもしれません。

 アンカー説や潜水艦衝突説が横行する限り、過積載防止や荷崩れ防止を徹底しようという世論は生まれませんから。

 そしてそういうデマが出ると素直に信じてくれる民族だから、デマを飛ばす方もやりやすいですね。

 この民族には物事を合理的、科学的に考える能力はないし、またそうした合理的・科学的思考の基本になるような知識が完全に欠落しているのです。

 一方無意味な猜疑心だけは強いので、公開情報よりも怪しい陰謀論を信じるのです。

IMG_4712
 
 この手の人達は統治する側から言えば、実は非常にやりやすいのでしょう。

 つまり善意によりより良い生活を与えようとする統治ではなく、虚偽と暴力によって完全に服従させると言う統治を目指す人間にとっては、実にやりやすという事です。

 マトモな話が出てくると、それに対抗して荒唐無稽なデマを流せば、マトモな話がそのデマに圧倒されて、国民が現実的な問題解決を放棄するからです。

 だから金政権は存続してきたのだし、また李氏朝鮮だって800年も続いたのです。

IMG_4978
 
 因みにこのセウォル号の船長と海洋警察の対応からこの民族の本質を見ると、6月12日に予定されている米朝会談の結果も結構期待できるのではないかと思います。

 結局彼等は自分が可愛いとなったら、後先考える事もできないのです。
 だからトランプ大統領があの迫力で迫れば、何も言えないのではないでしょうか?
 
 そして逃げるとなれば何もかも放り出して逃げるのではないでしょうか?
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(10)