2017-10-19 23:53

ヒトモドキと同盟するとは

 実はワタシは中学生時代から外国の話に凄く興味があって、京都大学今西研究室の文化人類学のフィールドワークの話とか、アフリカとか中東の小説家の小説とか読むのが好きでした。
 
 で、そういうのを読むと世界には随分色々な民族がいて、物の考え方も違うのだなあ・・・・と、思うのですが、しかしワタシが世界で一番理解できない民族が朝鮮民族なのです。

 こんな記事を読むと、現在の東アジア情勢と言う問題以前に、コイツらホントにヒトモドキだと思ってしまいます。

2017y10m19d_235912842

 鈴置高史さんの韓国分析にはいつも驚くのですが、今回はまた特別です。

「懲りない韓国」に下す米国の鉄槌は「通貨」
 
 鈴置さんによると韓国政府は実に金泳三政権(1993~1998年)時代から、韓国軍が米軍から得た軍事機密情報を中国に流していたと言うのです。

033

 左派でもないはずの金泳三政権がなぜ、米軍の機密情報を中国に流すのか?

 それは「米国一辺倒だった政治に幅を広げる」ため。
 中国に米軍の機密情報を流す事で、中国との関係を良くしようと言うのです。

 しかし間もなくアメリカ側もこれに気づき激怒します。
 
 そこで韓国への御仕置として行ったのが、IMF危機。
 つまりアメリカの格付け会社ムーディーズに韓国の格付けを下げさせて、韓国売りを浴びせてIMF管理に追い込んだと言うのです。

2017y10m20d_000037675

 ところが韓国は懲りない!!

 その後の金大中、盧武鉉、そして保守派を名乗る朴槿恵政権も同様に、アメリカの軍事機密情報を中国に流し続けたと言うのです。

 朴槿恵政権は元国家保安室長だった金章洙(キム・ジャンス)を駐中大使に任命しました。

 国家保安室長は韓国の安全保障の最高責任者で、韓国軍が在韓米軍から得られる情報を全て知る事が出来る立場でした。

 その国家保安室長を駐中大使に任命したのは、この金章洙(キム・ジャンス)大使を通じて、中国に韓国が得た米軍の情報を流す事で、中国の受けを良くしようとしたのです。

 そしてこの人事を韓国のマスコミは褒めちぎったのです。

321

 つまり小国が生き延びる為に国家のトップが恥を忍んでこのような裏切りを行ったと言うのではないのです。

 韓国世論が全面的にこの手の裏切りを礼賛するのです。

 そしてこんな事を公然と礼賛したら、アメリカ側がどう思うか?と言う気遣いもないのです。

046

 当然アメリカはこの人事に懸念を示し、軍人達は韓国に激怒します。
 
 ところが呆れた事に韓国側には、これがアメリカへの裏切りだと言う自覚が全くないと言うのです。

 韓国の所業がアメリカに知れて、アメリカがそれに激怒していると言う感覚さへあるかどうか怪しいのです。

2017y10m19d_235607013

 なるほど国際情勢は厳しいし、韓国のような地理的位置にある国が生き延びるのは容易ではないでしょう。

 だから中国とアメリカの両方と上手くやりたいと言うのはわかります。

 しかし同盟国の軍事機密を気楽にその仮想敵国に流すような事をすれば、同盟国は激怒するし、一方情報を貰った方からだって信用はされないでしょう。

 アメリカを簡単に裏切った韓国が、中国には絶対忠実だなんて思えるわけはないからです。

 むしろこのような立場にあるからこそ、同盟国の信頼は死活的に重要で、例え同盟を解消するにしても、相応の誠意は尽くしておかないと、後々困る事になるのではないでしょうか?

2017y10m19d_235529941

 実際、今韓国はまたIMF危機の再来に怯えるようになりました。
 
  でも韓国側にはこれが今までの自分達の裏切りの報いと言う発想は全くないようです。

 彼等にはそもそも誠意とか約束を守るとか言う概念が無いので、不実を尽くしたために相手を怒らせたと言う事が、どうしてもできないのかもしれません。

 生まれつき嗅覚のない人なら、自分がどんな悪臭を出していても、なぜ人が自分を嫌うのかわからないのと同じなのかも?

060

 ワタシは朝鮮人以外にこういう民族を知らないのです。
 
 こういうを見ると当に韓国人を指してヒトモドキとはよく言負ったモノだと思います。

 これでは米韓同盟が切れるのは時間の問題でしょう。

 そもそも同盟国の政府が自ら仮想的に軍事機密を流すのでは、恐ろしくてこんな国と一緒に戦う事なんかできません。 

 韓国を守る為に戦ってもいつ後ろから撃たれるかわからないのですから。
 それに韓国は朝鮮戦争で広報支援していた日本を襲って竹島を侵略した実績まであるのですから。

061

 そしてこういう所業は別に米韓同盟などと言う深刻な物ばかりではありません。
 例えば先日の平昌五輪のHP問題でも同じです。

 子供の悪戯ならともかく、賤しくも一国の五輪主催者の公式HPで気に入らない国を地図から消すなんて、恥ずかし限りだと思うのですが、韓国と言う国はこれをやるのです。

 そして日本政府から抗議されると、取りあえずその時は修正したのですが、数日後にまた消していました。
 
 ワタシは実は10月5日のエントリーでこれを予想していたのですが、しかしホントにその通りになったので、自分でも驚いています。

 でも韓国ってそういう国なのですね。

064
 
 因みにこれも上記の鈴置記事に書かれていますが、中国との通貨スワップについて韓国銀行総裁は、延長に合意したと発表しているのですが、詳細は明らかにされず韓国銀行の発表文も公表されていません。

 そして中国側の発表はなく、質問をされても「韓国に聞け」と答えるのみというのです。

 ??

 それじゃホントにスワップは延期されたの?

 まさか一国の中央銀行総裁が虚偽のスワップ締結を発表するとは思えないのですが、しかし韓国ですから。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2017-10-15 11:48

核より格が大事 韓国

 ご隠居さんも紹介していらっしゃいましたが、11月のトランプ大統領のアジア歴訪について、韓国に何泊するか? これが韓国で重大な関心事になっているようです。

 滞在日数で韓日格差!? トランプ米大統領アジア歴訪日程に憂慮の声

 韓国にとってトランプ大統領が韓国に何泊するか?日本より多いか少ないか?
 
 韓国人の認識では、トランプ大統領が宿泊する日数がそのまま韓国の国家としての格式になります。
 
 だからもしトランプ大統領の韓国宿泊日数が、日本より少なければ韓国は日本より格下として扱われた事になるので、大変なのです。

041

 なるほどこれが事大主義と言うやつですね。

 韓国はいつもこういう外交の形式的な儀礼に凄く拘ります。 前回の文在寅大統領のアメリカ訪問でも、トランプ大統領がいかに文在寅をもてなすかで、韓国中が一喜一憂しました。

 アメリカ側もこういう韓国世論に気を使って、かなりのもてなしをしたようです。

055
 
 しかしここで違和感があるのです。

 そもそも文在寅は反米親北で国民の支持を得ている大統領です。
 それが何でこんなにアメリカの扱いを気にするのか?

 文在寅は北朝鮮への経済支援を決定したり、日本へ執拗な歴史船を仕掛けたり、本来トランプが望む日米韓が結束して北朝鮮に圧力を掛けると言い政策を邪魔するような事ばかりしているのです。

 だからもしトランプ大統領が文在寅に会えば、当然そのこと詰問するでしょう。

 文在寅がここで断固、アメリカに喧嘩を売る覚悟があるならともかく、ここを曖昧に済ませたいなら、むしろ韓国に着て貰わない方が良い、あるいは来たにせよできるだけ早く退散してくれた方が良いのでは?

 そもそも今回のトランプ大統領のアジア歴訪は、単なるあいさつ回りではなく、アメリカが北朝鮮を攻撃するかどうかを見極める為の歴訪なのです。

 だから韓国がこれに対して明確な態度を持てず、むしろアメリカと敵対的であるなら、今トランプ大統領と長く話し合う事は避けた方が無難でしょう。

069

 しかし韓国側は、こうしたトランプ大統領の意図に関係なく、また文在寅大統領の対米対北朝鮮政策にも関係なく、韓国での滞在日数が日本と同じになるかどうかが大問題なのです。

 しかも日本は安倍総理が率先して対北朝鮮包囲網を作り、それにアメリカが便乗していると言う状況です。

 つまり韓国の事大主義とは、大国にどう扱われるかが何より大事。 大国でありさえすれば、その国とどういう関係であるかは関係ないのです。

013

 国際社会は厳しいので、小国が大国の顔色をうかがうのは当然の話です。 そして国際間の序列も大変重要で、だからその序列に関して問題が起きないように、国賓を招いての式典などではその序列を間違えないように専門の職員が調整します。

 しかしこの期に及んで、対北朝鮮対応よりも、格が大事。
 核よりも格が大事。

 結局韓国人は大国が自国をどう扱うかでしか、自国の価値を決められないのです。

 こんな国は他にはないでしょう?

074

 しかしこの事大主義でいる限り、常に韓国は結局常に大国の顔色を伺い、大国に従うしかありません。 
 
 つまり自発的に属国化するのです。
 なにしろ相手国による格付けでしか自分の価値を見いだせないのでは、格付けしてくれる国に隷属するしかないのです。

 しかも大変厄介な事に、近代以前と違い、現在は韓国を取り巻く大国は中国一国だけではありません。

 韓国としてはその全てから、日本より格上に扱われたいのです。 

 なぜなら韓国は常に大国の格付けにより自国の価値を決めているので、自国の価値は主体的に決められません。 そしてそうなると相手国の価値を自分で決める事もできないのです。

 だから「オレタチは民主主義国家でアメリカの同盟国だから、中国がオレタチを嫌うのは当然のこと。 あんな独裁国家が勝手に踏ん反り返っていれば良い。」と腹を括る事ができないのです。

107

 そうなるともう「大国として踏ん反り返っている国の全てから、高い格式で扱って欲しい、日本よりは高い格式で扱って貰わないと死んでしまう!!」と言う事になります。  

 これでは全方位、土下座隷属外交になってしまい、結果全ての国から信用されなくなります。

 しかし韓国としては同盟国の信頼を得るよりも、それどころか北朝鮮の核ミサイルをどうするかよりも、外交儀礼で日本より格上に扱われる事が重要なのだから仕方ありません。

137
 
 ワタシは以前歴史の勉強をしたとき、日韓併合前後の李氏朝鮮の外交が全く奇奇怪怪でわけがわからなかったのですが、今は凄く簡単に理解できます。

 当時も今と同じ事をしていたのです。

 李氏朝鮮はそれまでひたすら清に依存して、自身の価値を決めていたのに、近代になって突然清の他にロシア・日本・アメリカなど複数の大国が現れたので、完全に攪乱してしまったのです。

 そこでその都度、より高い格による扱いを求めて彷徨するかなかったのです。

153

 韓国チームの出るスポーツ試合を見ればわかりますが、あの国の人は物凄く競争心が強く、負けん気が強いのですね。

 しかし人に負けたくない、勝負に勝ちたいと言う事だけが、人生の目標になってしまうと、自分が主体的に行動できなくなります。

 絶対に勝とうと思えば、相手の出方を常に観察して、それに対応して行かなくてはならないからです。 つまり常に相手に自分の行動を制約される事になります。

 絶対にゴーイングマイウェーの人生は歩めないのです。

 常に相手を意識して勝つために必死に努力し続けなければならない人生。
 しかもそんな努力をしても、勝てるとは限らない・・・・・。

 これは苦しいです。
 
 でもこれが今の韓国の状況であり、多くの韓国人の状況でもあるのでしょう。
 ストレスが溜まって火病するわけです。

142

 そういう状況に耐えかねて「主体性」を全面に打ち出しているのが、北朝鮮です。 
 
 でも結局北朝鮮の主体思想と言うのは、北朝鮮が頂点に立たねばならないと言う話しですから、競争や格付けであることは同じなのです。

 他国と普通の競争し、大国を意識すると、北朝鮮の格付けは韓国以下になるので、他国と関係を断って、大国ともできる限り関係しないと言う状況を作っているのです。

 結果は極貧です。

 ホントに不幸な民族ですね。

2017y10m15d_133156375

 ワタシは子供の時から競争は苦手なので、ホントに韓国人に生まれなくて良かったと思っています。

 神様、有難う。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2017-10-05 20:46

民潭新聞の記事復活 韓流

 2014年8月15日の民潭新聞の記事を覚えていらっしゃいますか?

 <光復節特集>命をつないだドブロク(濁酒)造り…<寄稿>李杏理

 この記事は同日民潭のHPに掲載されてました。

 そしてネットで大変な話題になり、2チャンネルには大量のスレッドが立ったし、保守速報さんや厳選韓国情報さんなど、多くのブログでも取り上げられました。

 しかし民潭はこれを不味いと思ったのでしょうね。 記事を削除してしまいました。

 ところが今日たまたま検索したら、なんとまた民潭のHPに出ていました。

 念のため記事に付随していた写真共々、全文コピペします。 

 実はこの全文コピペは当時2チャンネル始め、保守速報や厳選韓国情報などにも、出ていました。

 そこでワタシは民潭の元記事は削除されているので、コピペを探したのです。

 すると驚いた事に、保守速報や厳選韓国情報の記事は全部消えていました。 2チャンのスレッドも全部消えていました。

 記事を取りあげたブログが少し残っていて、そこにこの記事のアドレスが記載されていたのですが、しかしそのアドレスだとnot foundになります。

 なぜ?
 どうやってこれらを全部消したのか? 

 それはわかりません。

 しかし何と代わりに民潭の元記事が復活していたのです。 但しアドレスは変わったようです。

 つまり民潭は日本人の反響に驚いて一旦は記事を削除し、更にどういう手段を使ってか、この記事を紹介したサイトの記事も全部削除させたのですが、しかしほとぼりが冷めた頃に再度掲載したのです。
 
 いかにも韓国人らしいやり口です。
 当にこれが韓流なのですね。

 この分なら先日日本側からの抗議で修正した平昌オリンピックのHPの日本のない世界地図も遠からず復活させるのではないでしょうか?

 それからお願いがあります。
 どなたでも構いませんが、この民潭のサイトを保存していただけないでしょうか?

 また消されるかも知れないで、何とか証拠を確保しておきたいのです。


<光復節特集>命をつないだドブロク(濁酒)造り…<寄稿>李杏理

忘れまい 1世の生活闘争


6SAdDNOlFMF1fqa1507202760_1507202774.jpg ドブロクを没収する税務署員たち

<寄稿>李杏理(一橋大学大学院言語社会研究科博士課程)


■□8・15後のどん底

職失い路頭に迷う…どんな仕事にも体当たり

◇◇◇◇
仕事はなんでもやりましたよ。焼酎を作って売ったりね。(略)それを一升びんに入れて売りに行く。自転車につけて、駅前の屋台に卸すの。自転車に大きいカゴをつけて、びんをひもでしばって、オヤジが運ぶの。見つかって、税務署がきてとられたりもした。(略)
 生きていくのが精一杯だった。子どものために必死になって働くばかりだからね。(金文善)
◇◇◇◇

 これは、同胞たちが地を這うように生きた証をたどる文である。

 69年前の今日、8・15をむかえた同胞は、日本の地でも「ウリヌン ヘバンテッター!(私たちは解放された)」と村々で叫び合った。土地を奪われ、徴用や徴兵に従うしかなかった苦しみからようやく解かれたのだ。

◆屑拾いなどで食いつないだ

 しかし、それはまた、日本での働き場を失うことをも意味した。解放前、同胞の多くは募集や徴用に応じて、鉱工業や土建業で働いていた。だが解放後には、7割近い同胞が日雇い労働者や失業者となり、生きる方途を失ってしまうのである。そこで、くず拾いや物品の買出し・売り出し、濁酒(=マッコルリ)づくりをして食いつなぐことになる。

 生きていくのが精一杯だった。金文善さんは、苦労をたたんだ笑い皺とこじんまりとあたたかい手のひらをのせて語ってくれた。彼女の歩んできたでこぼこ道と、そのなかで生き抜いてきた営為をすくいとりたい。それが、私が濁酒について研究するきっかけとなった。こうした1世の話に心揺さぶられたのも、私の母が、子どものために必死になって働く姿を見てきたからでもある。

 金文善さんは、濁酒をつくるだけで生活できていた時期もあったという。しかし、税務署の取締りが厳しくなると生活が立ち行かなくなり、屋台や肉体労働もして、後には生活保護をもらうようになったという。

◇◇◇◇
 戦争終わって食べるものがないっていうんで、私はうちでドブロクやりましたよ。ドブロクは年中持ってかれちゃうからね。(略)それで今度は飲み屋だ。会社なんて使ってくれないですよ。特例ちゅうて永住権は変わったけど、絶対会社は入れないですよ。(略)市の仕事もできないです。女はやれるとこないでしょ。それで飲み屋やりました。
(朴順伊‥かわさきのハルモニ・ハラボジと結ぶ2000人ネットワーク生活史聞き書き実行委員会『在日コリアン女性‥20人の軌跡』明石書店、2009年)
◇◇◇◇

■□異なる酒造文化

重宝された「家醸酒」、取締り強化にとまどい

 同胞たちからは濁酒の記憶がよく現れ、断片的には語り継がれている。また、敗戦直後は日本各地で連日のように濁酒をめぐる事件があり、新聞記事になっている。

 報道では、おそろしい「密造」事件として語られ、同胞が犯罪集団であるかのようなイメージをつくっている。そこでは先に述べたような、朝鮮人が失業状態に置かれており、生活の困窮をしのぐためになされた面が抜け落ちているのだ。

◆新聞報道など犯罪集団扱い

◇◇◇◇
「終戦になると職場は解雇になり、残った所は人員過剰でどこでも使ってくれませんですから未だ無職であります」(金斗賛・男性)。「終戦後日本人事業家が我々を使ってくれない為働く所がありません。その為に多数の家族と共に失業となっております」(金福金・女性)。
◇◇◇◇

 秋田県鹿角郡尾去沢町で1948年に酒税法違反で検挙された方への聞き取りである。敗戦にともなう解雇が同胞の生活に打撃を与え、濁酒づくりに向かわせた。

 日本にいた同胞の8割は帰国を希望していた。だが、すでに土地と生活基盤を失い、政治も落ち着く気配がないために、帰りたくとも帰れなかった。よって、なんとか日本で生きる道を探ったのだ。

 かねてより同胞は自らの手で酒をつくってきた。家(カ)醸(ヤン)酒(ジュ)という言葉があるとおり、自家で酒をつくり、客のもてなしにおいても、食事のお供としても重宝されていた。

 「ヌルッ」と呼ばれる小麦の麹と米の酒飯をあわせて仕込むのが醸造の基本型であり、これだけで濁酒が出来る。主発酵がおわり、上に浮かび上がっている澄んだ部分が清酒である。そこから醸造を繰り返して精度の高い酒(法酒や薬酒)をつくり、蒸留させて焼酎をつくる。ときにはお好みで木の実や果物、花や樹皮などを加えて、医食ものや味、香りを引き立たせる多彩な酒をつくった。

 なかでも、一度仕込むだけの濁酒は、アルコール度数が低い割に腹もちが良く、農民たちが野良仕事の合間に飲むことから「農酒」とも称されている。庶民の手に最も慣れ親しんできた酒が濁酒であったのだ。

 このような同胞の文化に根をはった自主的な酒づくりを、日本は「酒税法違反」として取り締まった。

 敗戦後の混乱にわく日本社会において、いかに経済を統制し、税金を集めるかが優先事項であった。そんななかで、酒税は財源をもたらす「打ち出の小槌」として活用された。

◆「不逞の報復」危険視し摘発

 そこへ米・食糧不足があいまって、庶民による酒造への取締りが強化されたのだ。

 とくに、1947年におきた神奈川県川崎市における濁酒取締りと税務署員の死亡後に、同胞への摘発がすすめられていく。

 税務署員や武装した警官が、証拠や令状なしに同胞家屋を一軒残らず検索し、違反でない物品までも押収した。

 この日、仕事を終えた税務署員が、帰り道で数名に囲まれて「税務署員か」と問いつめられた。「そうだ」と答えると暴行を受け、それが致命傷となって3日後に死亡した。

 大蔵省当局はこの事件を、「不逞の報復」として危険視した(「酒類密造摘発に関する態勢確定の件」)。その後、強制送還をも視野に入れて、在日同胞を対象とした「密造」の取締りが開始された。

 さらに翌年には、同胞の集住地を単位とした監視や摘発が重視されるようになる(「酒類密造の取締及び酒税収入の確保に関する件」)。このような過程を経て、同胞の酒造は、経済違反であるのみならず、社会問題・治安問題とされた。


■□吹き荒れた弾圧の嵐

次々検挙 生きる糧破壊され…世代超え一丸で阻止

◆女性や子供も身体を張って

 同胞は、生活をかけて摘発を阻止しようとした。日本全国、各地の集住地域で取締りがなされるなか、同胞は捜索を妨害したり、濁酒のかめを割ったりして抵抗した。

◇◇◇◇
 近所の女達と共に片手にマサカリをひっ提げて裸足で飛び出して行った。警官は農家から借りた大八車一杯にカメや樽を乗せて村道をゴロゴロ引っぱってゆく。彼女達はマサカリを振りあげて走りながら片っ端からカメや樽を叩きこわしてゆく。ほとばしる濁酒の飛洙は警官達の帽子や顔に飛びかかる。(判沢弘「在日朝鮮人‥李圭善の生活と思想」『思想の科学』1949年5月)
◇◇◇◇


 こうして女性や子どもが検挙隊に抵抗した記録はいたるところで見られる。横須賀(神奈川県)では同胞女性約30人が警察署に押しかけ、「警察に生活権をおびやかされた」と、署長に会わせなければ野宿でもするとすわりこんだ。大阪では子どもたちがトラックの前に寝転んで検挙隊の進行を阻止し、女性のヘアー・ピンさえも武器にしてタイヤをパンクさせたのだ。唐辛子を警官の目に投げつけもした。

 つまり一部の活動家や男性だけではなく、性別や年齢や学歴をも超えた同胞が主体となって広範になされたのが「濁酒闘争」である。

 酒税法違反の容疑で次々と同胞が検挙されるなか、活動家が仲介して抗議活動や物品の取り返しをした。日本に居続けるよりしかたない同胞たちの生活と権利をどのように守るか、切迫した状況であった。

 1946年大阪では、在日本朝鮮人連盟と建国促進青年同盟がともに「朝鮮人弾圧反対委員会」を立ち上げていた。その後東京で生活擁護委員会がつくられ、全国的に生活権を守る闘いが広がっていた。各地の民族団体は、生活協同組合を設立して同胞たちが生きるために必要な物資を供給したが、それも配給権をめぐって困難にぶち当たっていたのだ。

 「ヤミ」をめぐっては1946年、椎熊三郎議員は、朝鮮人・台湾人が「あたかも戦勝国民のごとき態度をなし、(略)その特殊な立場によって警察力の及ばざる点のあるを利用し、闇取引をなし日本の闇取引の根源は正に今日この不逞なる朝鮮人などが中心となっている」と発言した。しかし実際には、露店商で検挙されるのは同胞より日本人の方が多かった。

 そして1949年には、吉田茂からマッカーサー宛てに、日本にいる朝鮮人全員の強制送還さえ提案されていた(袖井林二郎編訳『吉田茂=マッカーサー往復書簡集1945‐1951』法政大学出版局、2000年)。

 そこでは同胞の経済違反の多さが送還の理由としてあげられている。この案は採用されなかったものの、当時の日本政府の認識を物語っている。

 違反をせねば生きていけなかった当時、同胞たちは生活保障もないままバッシングにあい、生きる途が切り縮められていった。このときは日本人もまたヤミをしなければ生きていけない状況であった。にもかかわらず、もっぱら同胞のみが法を犯しているかのようなイメージ操作がなされていたのだ。

 以上のように、当時の同胞にとって濁酒づくりは、生きるために残された数少ない食いぶちであった。

◇営為の歴史を掘り起こそう

 各地の同胞集住地で取締りにあったとき、多くの同胞が必死に抵抗した。それは、たんに犯罪や違反の事件群なのではなく、民衆たちが自らの生活と権利をかけて闘った「濁酒闘争」というべき軌跡である。

◇◇◇◇
 昔の記憶が思い出されました。私の母も生活のため焼酎を造っていました。夜、酒造りのためにかまどの前に座り、火の番をしたこと、登校前にお酒を田舎の百姓さんの家までバスに揺られて届けたことなど、いろいろ思い出しました。あらゆることをしながら、私に民族教育を受けさせてくれた母に改めて感謝しました。
(山口県・63歳・女性)
◇◇◇◇

 これは、以前私が書いた記事を読んだ方からの感想である。

 多くの在日同胞の方々が、原風景のように濁酒および8・15直後の生活を記憶されているのではないかと思う。生活の途がほとんど残されていないなかで、なんとか生をつないだのが濁酒であった。そのささやかな生活の糧が破壊されそうになったとき、同胞たちは切なる声を上げた。

 かつて故郷の土地を追われ、日本に流れ着いた人びとが、身よりもない社会の片隅に追いやられて直面した苦悩とたたかい、8・15以後にあっては、もはや底辺にじっとうずくまる者としてではなく、自らの生を担う存在としてすくっと立ち現れたのである。

 これからも1世が生き抜いてきた営為と歴史を掘り起こし、解きほぐされていない偏見や痛ましい過去を克服していきたい。それは、3世以降の私たち自身がどのような背景をもって生まれ、どのような人生を切り開いていくべきかを探究することにもなるだろう。

(2014.8.15 民団新聞)




  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-09-28 13:31

武装難民について

 1977年9月4日、未明、与那国島にベトナム難民86人が上陸しました。

 当日、与那国島では年に一度の全島運動会の日だったので、島民は皆それを楽しみにしていたのですが、この難民の上陸騒ぎで、役場の人々は運動会そっちのけでこの対応に忙殺されました。

 島の中学の英語の先生二人が通訳に駆り出されて、主婦達が炊き出しをしました。

 やがて沖縄本島から入管関係者や警察官が来て、数日で一通りの入国手続きを済ませたのですが、その後の処置が決まるまでは与那国島で面倒を見て欲しいと言い置いて帰ってしまいました。

 それで与那国島では数か月間、彼等を公民館に収容して、面倒を見る嵌めになりました。

159

 近藤紘一著の「サイゴンから来た妻と娘」の終わりの方、この与那国島へのベトナム難民襲来の顛末が書かれています。 
 
 産経新聞の記者で、ベントナム戦争中長くサイゴン支局で働いていた近藤紘一は、サイゴンで知り合ったベトナム女性と結婚してベトナム戦争終結直前に、妻と妻の連れ子を連れて帰国しました。

 そしてその結婚と日本での生活の顛末を描いた「サイゴンから来た妻と娘」はベストセラーとなりました。 

2017y09m28d_133846675

 近藤夫妻が帰国後もベトナムとインドシナでは動乱が続き、旧南ベトナムからは共産党の支配嫌う人々が、大量に難民となって流出しました。

 その多くは小舟でベトナムを出航して、タイやマレーシアなど近隣諸国を目指すか、或いは沖で大型船に救助される事を宛てにしてたのです。

 こうした難民はボートピープルと呼ばれました。 
 ボートピープルを救助した大型船の一部は日本にも寄港しました。 そして彼等を日本に置いて行きました。

171

 しかしこうしたボートピープルは、何処の国も受け入れたがらないので、彼等を救助した船は後の始末に苦労したようです。

 近藤紘一は新聞記者として、与那国島に上陸したボートピープルを取材に行ったのですが、その時妻を通訳として同行しました。
 
 近藤が取材したところ、彼等は一旦フィリピン船に救助されたのですが、その船が台湾に入港する直前に、「与那国島へ上陸するように」と言われて救助艇に乗せられて、その船を追われたそうです。

 幸いこうした経緯で与那国島に上陸した人達ですから、純然たる難民でした。 
 武器ももっていなかったようです。

182

 しかしもし武器を持った人間がいて、島民とトラブルが起きていたらどんな事になったかは想像するのも恐ろしいです。

 与那国島には昨年から自衛隊が駐屯する事になりましが、それまでは警察官が二人いるだけで、武装はその警察官がもつピストルだけです。

 現在の人口は1500人弱です。

 飛行機でも那覇から1時間半、石垣空港からでも30分かかります。

172

 一方現在ゲリラや欧米なら警察官でも所持している小型の自動小銃の殺傷力は大変な物です。

 例えば2011年に起きたノルウェーのテロ事件では、警官を装った犯人がノルウェー警官が使用するのと同類の自動小銃で、69人を殺害しています。

 テロが起きたのはノルウェーの首都オスロから少し離れた湖の中の島でした。 当時ノルウェーの与党の青年部の若者達700人がここでキャンプをしていました。

 犯人はこのキャンプを襲ったのです。

 小さな島なので若者達は逃げる所がなく、警官が到着するまで一時間半程の間、犯人は数百発の弾丸を撃ちまくりました。

191

 この事件でわかるのは、健康な若者が数百人いても、素手では自動小銃を持った一人をどうする事も出来ないと言う事です。

 だったら高齢者が大半の離島に、こうした武器を持った人間が数人上陸したらどうなるのでしょうか?

 麻生さんが武装難民の話をした事で、左翼が騒いでいます。
 
 しかし紛争地から来た難民が武装しているのは普通の話です。

 インドシナ紛争でもアフガニスタンでも、ゲリラが難民キャンプを拠点に活動を続けました。
 その為難民を抱え込んだ地域が否応なしに紛争に巻き込まれると言う状況になりました。

201

 しかし朝鮮有事にはそれだけは済まないでしょう。

 朝鮮戦争末期に韓国は竹島を強襲して占領しました。 そして日本人の漁民4000人余を殺傷・拿捕して拘束しました。

 韓国政府はこの日本人を人質にして、日本政府に様々な要求を呑ませました。 しかも竹島は今も不法占拠されたままです。

 その前に李承晩政権は、アメリカに李承晩政権による九州の領有を要求しているのです。

 朝鮮戦争時、日本は国連軍の後方支援をしていたにも関わらずです。

 だったら今度の朝鮮有事に同じ事がないと言えるのでしょうか?

 ワタシは難民を装った韓国軍が、日本の離島を強襲して、島民を虐殺してそのまま占領するような事だって十二分にあり得ると思います。

203

 さらに厄介なのが中国です。

 中国だって同様の事を考えるでしょう。

 昨年末、北朝鮮が核実験やミサイル発射を活発化して以降、中国公船の尖閣領海侵入の頻度は激増しました。

 前回の全人代で、習近平は「中国は尖閣諸島を実効支配している」と言いました。

 中国は北朝鮮危機以降、南シナ海への侵略も強化していますが、中国にすれば日米が北朝鮮対応に忙殺されている時こそ、侵略のチャンスだと考えているのです。

208

 だったらこれで本当に朝鮮半島で軍事危機が起きれば、何をやらかしても不思議ではありません。

 人民解放軍が朝鮮難民を装って、自衛隊の居ない離島を襲って島民を虐殺する。
 それにパニックを起こした離島の人達が本土に避難する。
 そして無人島化した島々を中国人が買占め、中国人を移住させる。

 と言う事だってあり得るのです。

 麻生さんは武装難民を「射殺か?」と言った事で非難されているのですが、マジに射殺だって十二分に考えておかないと、日本国民の生命も領土も守れません。

212

 日本は嘗て朝鮮戦争時に多数の難民を受け入れました。

 その中には李承晩政権の虐殺を逃れてきた人々も多数いました。

 朝鮮戦争の頃の日本はまだ貧しく、こうした難民を抱え込むのは大変でしたが、それでも強制送還すれば韓国政府に殺されるのが解って返す事はしませんでした。

 それではこの難民達はこのような日本政府に感謝したのでしょうか?

 違います。

216

 そもそも彼等は自分達が難民として受け入れられたと言う事実さへも否定しているのです。

 代わりに「自分達は強制連行された」と言う虚偽を振り回して日本人に謝罪を迫ったのです。

 そして彼等が中心となって朝鮮総連を作りひたすら反日活動を続け来たのです。
 彼らを受け入れたために、多数の日本人が拉致され、ミサイルや核の技術が北朝鮮に渡ったのです。

 本物の難民でさへ受け入れだって、日本に厄災にしかなりませんでした。

213

 朝鮮有事には当然多数の難民、そして難民を装った不法移民、更に前記のように難民を装った軍隊が押し寄せる事を想定するしかありません。

 だから麻生さんの「武装難民」への言及は絶対に必要です。

 本来なら今回の解散総選挙でも、論点になるべき話ではありませんか?
 
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2017-09-17 14:01

文在寅は何をしたいのか?

 文在寅韓国大統領は北朝鮮に9億円進呈する心算です。
 
 韓国、北朝鮮に人道支援検討=国際機関通じ9億円

 これはベヒモスさんも記事にしていましたが、しかし韓国大統領は一体これで何を期待しているのでしょうか?

 鈴置高史氏によると文在寅大統領のやっている事はもっと深刻で、彼は北朝鮮の核兵器に対応するために韓国に戦術核を配備しようと言うアメリカの提案も拒否しました。
 
 ミサイル乱射の中、「親北」に突き進む韓国 文在寅は「核再配備」という踏み絵を蹴り飛ばした

 文在寅大統領は北朝鮮の核放棄の為にアメリカが主導して行っている政策に、せっせと穴を開けているのです。

2017y09m16d_233925873

 この文在寅と言う男が、元々盧武鉉政権で大統領秘書官をしており、盧武鉉同様大変熱烈な親北朝鮮派であった事は、鈴置高史氏もまた他の韓国ウォッチャーも前々から指摘してました。

 そしてこの韓国の親北朝鮮派は「金日成の北朝鮮こそが日本と戦って民族独立を主導した正当な政権であり、歴史の清算さへもできない韓国は間違った国」と言う論理で、北朝鮮の主導による南北統一を目指していると言われています。

 そして韓国には韓国に日教組と言われる全国教職員労働組合始めこの理論に共感して親北朝鮮の立場を堅持する組織や個人が多数いるのです。

 だからこそ明らかに親北朝鮮派であった盧武鉉や文在寅が大統領になれるのです。

 そして親北朝鮮派政権は、実際に米韓同盟と棄損と、日韓関係の悪化に務めてきました。

 これは防衛を米韓同盟に頼り、経済を日本に頼る韓国にとっては命取りになりかねない話しなのですが、しかしこの親北朝鮮政権は多くの韓国人から絶大な支持を得ている事も事実なのです。

016

 それにしても「金日成の北朝鮮こそが日本と戦って民族独立を主導した正当な政権であり、歴史の清算さへもできない韓国は間違った国」などと言う荒唐無稽な話がなぜ韓国人の支持を得るのでしょうか?
 
 北朝鮮主導による朝鮮統一など彼等は本当に期待しているのでしょうか?

 日本人から見れば、イヤ他のどんな国の人間から見ても、この韓国人の北朝鮮への憧れは不可解です。

013
 
 しかしワタシは韓国人を見ていればこれは当然ではないかと思うのです。

 韓国は軍事的に経済的にも脆弱な国家ですから、アメリカや日本の支援なしには、現在のような状態での安全保障もまた生活レベルを維持する事はできません。

 しかしこうして安全保障や経済で他国の支援を受けると言う事は、当然支援している国からは目下に見られる事になります。
 韓国人が他のアジア諸国のようにそれを普通に受け入れて、支援してくれる国に感謝できるなら無問題です。

 けれども韓国人には絶対にそれができません。
 彼等は他国や多民族に対して根拠のない優越感を持っているので、その優越感が満たされないとそれだけで相手を憎悪する人達なのです。

 ところが日米には優越感どころか、常に支援を懇願せざるを得なかったのですから、屈辱感が募るばかりなのです。

021

 こうした屈辱感に苦しむ人々にすれば、北朝鮮は実に痛快な国です。

 しかもそれが韓国人と同じ民族なのです。
 
 北朝鮮が現在のようにミサイルを飛ばし、核実験を繰り返して、それに日米が翻弄されている状況と言うのは、韓国人にとっては嬉しくて嬉しくて嬉しくて堪らないでしょう。

 会社が損害を受ければ自分の給料だって減るかも知れない・・・・。

 そうわかっていても、大嫌いな上司が、困り果ててオロオロしている姿を見たら、ヤッパリ気分が良いでしょう?

 そしてこのような場合に、できればこのイヤな上司を困らせてくれる人間に加勢したいと言う誘惑に駆られます。

023

 ワタシは韓国の親北朝鮮派と言うのは、全くこのような心理だけで行動しているのだと思います。 
 そしてそれ以上の事は、そもそも何も考えていないのです。

 真面目に考えれば日米との関係が破綻すれば、韓国はまず経済的に立ち行かなくなり、現在の生活レベルを維持できなくなります。

 現在韓国人が自身で「ヘル韓」と言っている生活だって北朝鮮に比べれば天国です。

 しかしそれだって日米関係が破綻すれば維持不能です。

 そして今の韓国人には、北朝鮮並みの生活をする覚悟など全くありません。 それは韓国人だって解っているのです。

 だから文在寅だって正面きっては、トランプに何も言えないのです。
 正面切ってトランプから叱られると黙って言う事を聞くのです。

026

 何よりも彼等自身も本心では北朝鮮は好きではないのです。
 だからどんなに北朝鮮を擁護する発言をしようとも、絶対に北朝鮮に行こうとはしません。

 それどころか盧武鉉の息子達はアメリカへ移民してアメリカ国籍を取っています。
 文在寅の外相も熱烈な親北派と言うのが売りですが、しかし娘はアメリカを国籍です。

 あれ程熱烈に反米・親北朝鮮を唱えながら愛する我が子はアメリカ人。

 結局彼等が信じているのはアメリカであって北朝鮮ではないのです。
 それどころか彼等は祖国韓国以上にアメリカを信頼しているのです。

099

 実際、今回文在寅のやろうとしている事は、アメリカへの嫌がらせ以上には何の意味もありません。

 9億円貰ったら北朝鮮がそれに感謝して韓国への対応を変えるでしょうか?

 アメリカの戦術核の配備を拒否したら、北朝鮮は韓国を信頼して、韓国への恐喝を止めるでしょうか?

 北朝鮮はこれまで何度も韓国に砲弾を撃ち込む等の威嚇を繰り返してきました。

 これに韓国はこれに対する報復を自制し続けたのですが、しかし北朝鮮はこういう威嚇をやめないどころかエスカレートさせるばかりです。 
 そしてそれが核ミサイル保持と言うレベルまで来てしまったのです。

 この経緯は韓国人なら誰でも知っているでしょう? 

027

 しかしそれでも韓国人は反米を喚くのです。

 つまり彼等のやっている事は、言ってみればDQN社員か先生にいたずら繰り返す悪ガキのやり口です。

 会社を辞める気はない、会社が倒産するとかそういう心配は一切していない、でも上司が横柄なのが気に入らない。
 そもそも上司の言う事を聞かなければならない事が面白くない。
 そこで上司の目を盗んで、上司の机にゴキブリを入れる、上司の湯飲みに唾を吐く、そして相手構わず上司の悪口を言い触らす。

 いますよね。
 こういう人。

 今回、文在寅のやったことだってこのレベルでしょう。

 しかしトランプと言うワンマン上司が、いつまでこんな悪戯を許してくれるのでしょうか?

061

 因みに日本のパヨクも、このDQN社員の同類です。
 彼等は他の日本人に根拠のない優越感を持ち、その優越感が満たされない事で、日本と日本人を憎んでいます。

 しかしだからと言って外国へ移住するような根性はありません。

 そこで日本に居座りながら、日本の悪口を言い、日本の政権を誹謗中傷する事に熱中するのです。
 
 彼等の目的は政権の誹謗中傷だけですから、政策を批判するだけで、自分達が対案を持っているわけではありません。

 とにかく文句が言いたいだけなのです。

2017y09m16d_192637399

 今回の北朝鮮ミサイル騒動でも見事にそれが証明されましたよね?

 日本のパヨクは皆声を揃えて「圧力だけではダメだ。 対話しろ。」と喚きました。

 しかしそれではどのようにして対話するのか?
 北朝鮮にどのような条件を提示するのか?

 こうした具体的な話は何も言えないのです。 つまり彼等は具体案などないのです。
 
 唯安倍政権がアメリカと共に圧力を掛ける政策を取っているので、それに反対するために「対話するニダ!!」と喚いているのです。

 彼等が北朝鮮や中国共産党をやたらに庇うのだって、北朝鮮や中国が反安倍に加勢してくれるからと言うだけです。

 首相はこういう連中を相手にする必要はありません。
 時間の無駄です。

091

 君達、そんなに北朝鮮が好きなら、北朝鮮に移民したら?

 北朝鮮はずうっと労働力不足だから、君達を歓迎してくれるよ。


  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(8)