FC2ブログ

2020-07-10 22:50

日本には拉致被害者が帰国したら絶対困る人達が沢山います

 北朝鮮による拉致の被害者が帰国したら、一番困るのは誰だと思いますか?

 ワタシは日本にいる親北朝鮮勢力だと思います。
 特に直接、北朝鮮の日本人拉致に協力してきたり、またその協力者を支援しきたりした勢力です。

 金正恩や金一族、北朝鮮の高官は勿論、北朝鮮の拉致実行犯やその関係者は全然困りません。
 
 だって日本人なら誰だって考えますよね?
 
 そりゃ拉致実行犯は処罰したいけれど、でも何よりも拉致被害者の帰国が大切だ。 
 だから拉致被害者さへ帰国できるなら、拉致実行犯の処罰なんかあきらめてもよい。

 って。
 
 だから拉致被害者さへ全部帰ったと確認できるなら、北朝鮮側の人間は一人も処罰できなくても、良いという事になるでしょう?

 だったら北朝鮮としても拉致被害者を返してもそんなに困らないはずです。

 横田めぐみさんや田淵八重子さんが、北朝鮮の工作活動の秘密を知っていると言っても、そんなのもう大昔の話でしょう?
 今更ばれても実際の情報戦での価値はもうないでしょう?

 だったらそんなモノを後生大事に抱え込んでいるより、拉致被害者なんかさっさと返して、経済援助でも貰った方がマシでは?

 だったらワタシが金正恩なら拉致被害者は全部そろえて返すから、経済制裁をやめて経済支援をしろと言います。
 そして拉致実行犯の処罰は北朝鮮でやると言っておきます。

 しかしこれを言われると実は日本は非常に困るのです。
 特に安倍さんは辛いでしょう?

 だって拉致被害者を返してほしいのはやまやまです。
 でも北朝鮮が核開発をやめない限り、日本としては拉致被害者を返してもらっただけは、経済制裁をやめるわけにはいかにないのです。
 
 そんな事をしたら日米同盟が破綻するし、そして中国が侵略姿勢を強める中、日米同盟を棄損するようなことは絶対にできないのです。

 だから拉致被害者の返還は北朝鮮が日本を揺さぶるには最高の交渉材料なのです。
 さらに言えばアメリカの北朝鮮攻撃を想定した場合、北朝鮮は拉致被害者を人質にできるのです。

 しかし逆に言えば日本にとっては幸いな事に、北朝鮮は自分から「横田めぐみさんたち拉致被害者は全部死んだ」と言ってくれるのです。
 これだとイザ、アメリカが北朝鮮を攻撃する事になっても、日本政府は安心してアメリカを支援して北朝鮮を攻撃できます。

 だったら何で北朝鮮は何で必死に拉致被害者は全部死んだ事にして頑張るのでしょうか?

 ワタシはだから拉致被害者の帰国に反対しているのは、実は金正恩など北朝鮮首脳の意思ではなく、日本にいる親北朝鮮勢力だと思うのです。

 だって北朝鮮側の実行犯は拉致被害者が帰国しても、北朝鮮にいれば何の心配もありません。

 しかし日本にいる拉致実行犯やその協力者や、またこういう連中と関係していた団体や組織は無事では済まないでしょう?

 今現在でも警察はこういう連中のことをかなり調べて、犯人の目星をつけているのです。 実際、原 敕晁さんの拉致実行犯も協力者だった在日コリアンなど全員わかっているのです。
 
 しかし原さんが帰国できないため、結局誰一人逮捕も起訴もされていないのです。

 けれども原さんが帰国されたら速攻逮捕起訴になるでしょう。
 
 拉致被害者がそろって帰国すれば、こうした日本における拉致実行犯やその協力者は一網打尽になります。
 そしてそうなると彼等の関係した団体や組織も壊滅するし、政治家は政治生命を喪います。

 だから彼等は拉致被害者は絶対に帰国させたくないのです。
 
 逆に言えば北朝鮮の方がむしろ拉致をネタに、彼等を脅迫して更なる奉仕を要求しているのかもしれません。
 
北 外貨が足りないから拉致被害者返して、日本からもらうニダ。

 首領様、それだけはやめほしいニダ!!
 そんな事をされたらウリは日本でパチンコ屋やっていられないニダ!!
 
北 だったらもっと上納金貢ニダ!!

 こういう事になっているのでは?
 そして同様な立場に陥っている日本人の政治家や政治団体も沢山あるのでは?

 で、コイツラが必死になって拉致被害者の帰国を妨害しているのでしょう?

 実は有田ヨシフに関してこんなリンクをみたのです。
 面白いのでぜひリンク先を見てください。
  

 なんで有田ヨシフやその仲間たちが、拉致被害者の周りに群がるのかも、妙に腑に落ちるのです。 
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2020-04-02 14:02

支援をするから反日なのだ 日韓通貨スワップ

 韓国がまた日韓通貨スワップのおねだりを始めました。
 しかしワタシは絶対に応じるべきじゃないと思います。

 日韓通貨スワップに応じると、韓国の反日が一段とエスカレートするからです。
 
 「日韓通貨スワップに応じても、韓国は反日を続ける」のではありません。 
 「日韓通貨スワップに応じたから、韓国は反日をエスカレートさせる」のです。

 な、何で?
 日韓通貨スワップって、韓国経済に必要なんでしょう?
 日韓通貨スワップがないと、韓国はまたデフォルトするとか、IMFの厄介になるという事になるんでしょう?
 日韓通貨スワップを締結して、それを助けたら、何で韓国が反日をエスカレートさせるの?

 だって「助ける」「助けられる」って究極の優劣関係でしょう?
 勿論「助ける」方が「優」で、「助けられる」方が「劣」なのです。

 人間の間には様々な優劣関係があるのですが、これが例えば経済的に、或いは武力により決まる優劣関係であれば、劣位に立たされた方は「あいつは金はあるけど人間的には問題だ」とかなんとか屁理屈をつけて自身の「道徳的優位」「精神的勝利」を唱える事ができます。

 実際、中国も韓国も「阿Q正伝」の阿Q式に、近代以降、西欧諸国や日本など近代化に成功した国々に対してひたすらこの「道徳的優位」と「精神的勝利」を唱え続けてきたのです。
 これにより古代からの中華思想で固まった自尊心を守ってきたのです。

 しかし「人を助ける」と言うのは、元来どのような宗教や哲学でも道徳でも文句なく優れた行為です。
 だから「助けてくれた相手」に対しては阿Qと雖も道徳的優位を喪い、精神的勝利もできないのです。

 だったら普通に助けてくれた相手に感謝して、相手の優位を認めればよいのですが、しかし韓国としてはそれは絶対にしたくないのです。

 なぜなら韓国人には全く理解できない根拠から、韓国人は自分達は日本人より優位であるはずと信じているからです。

 そこで彼等は日韓通貨スワップを締結して、目の前の経済危機が去ると直ぐに、スワップによって陥った劣位を回復するための行動に出るのです。

 つまり日本が慰安婦強制連行や、自称徴用工問題などを捏造して「日本は過去にこんなに悪い事をしたのに未だに反省していない不道徳な国である」と吹聴して回るのです。
 
 つまり日本の過去の悪事で、現在の善行を相殺して、韓国の道徳的優位を確保しようとするのです。

 これが戦後、日本の支援に対する韓国の対応の基本です。

 だから日本が韓国を支援すればするほど、韓国は過去の「植民地支配」をほじくり出して、受けた援助を相殺しようと頑張り続けるのです。

 これは中国も同じでしょう?

 ワタシは子供の頃から、困っている人は助けなければならない、人を助けるのは良い事で、助けてくれた人には感謝しなければならないと教えられてきました。 
 そして困っている人を助けたら、助けられた人は無条件に助けてくれた人に感謝すると信じていました。

 それは全部嘘ではないと思います。
 実際、個人レベルなら多くの人は恩は忘れないし、助け助けられる事でよい関係を築く事ができるのです。

 でも国家レベルになるとそう簡単ではないでしょう?
 
 人を助けるって良い気分ですよね?
 逆に人に助けを求める、人に頼み事をするって、イヤじゃないですか?

 これはつまり、人を助ければ優位に立て、人に助けられる事は劣位になり屈辱だからではありませんか?
 
 こういう感情は非常に短絡的で、愚劣なのですが、人間の本能そのものでしょう?
 
 しかし国家と言うのは、実はこうした愚劣で本能的なエゴそのもので行動する物ではないでしょうか?
 
 それを思うと韓国や中国の執拗な反日の根源は、実は日本が戦後これらの国々を支援してきたからだとしか思えないのです。

 これらの国々は今も唐代の感覚で、日本を見ています。
 だから野蛮で劣等な日本から援助される、つまり自分達が日本より劣位になる事を受け入れる事ができません。

 それで戦後、日本から技術支援・経済支援・通貨スワップ等で助けられた事によって確定した劣位を、何としても回復しなければならないと考えているのです。
 それがつまり南京大虐殺等の様々な捏造による反日プロパガンダでしょう?

 こういう事を考えたら、日韓関係をこれ以上悪化させない為にも、日韓通貨スワップは絶対に締結するべきではありません。

 そういえば鈴置高史さんは、韓国の反米について「助けられたからこそ反米」なのだと言います。
 反米の理由が「アメリカに助けられた事」なのですから、反日の理由だって同じでしょう?
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(44)

2020-02-10 17:53

日本製鉄の失敗とレオナルド・ダ・ヴィンチの童話

 レオナルド・ダ・ヴィンチの童話集に、「塔と胡桃」と言う話がありました。


 昔あるところに大きな古い塔がありました。

 ある日の事です。
 カラスが一羽、胡桃を咥えて飛んでいたのですが、塔の上でその胡桃を落としてしまいました。

 胡桃は塔に言いました。

 「助けてください。 私はカラスの嘴から逃れてきたのです。 もしまたカラスに見つかったら食われてしまいます。」

 塔は胡桃を可哀そうに思い、壁の割れ目に隠してやりました。

 お陰でカラスは胡桃を見つける事ができず、あきらめて飛んでいきました。

 こうして胡桃は助かったのです。

 しかし暫くすると胡桃は壁の割れ目の中で、芽を出し根を張って育ち始めました。

 そして遂には大木となって、塔を壊してしまいました。

IMG_1281.jpg

 レオナルド・ダ・ヴィンチは本当に万能の天才で、絵画や自然科学だけでなく、文才にも長けており、こうした「童話」も書いているのです。

 そしてこれが「レオナルド・ダ・ヴィンチの童話」として出版されているのですが、しかしこれ「童話」としてどうなんでしょうか?

 ワタシはこれ初めて読んだ時に、余りと言えば余りに無残な結末に慄然としました。

 これって「童話」と言うより、「児童用君主論」「子供の為のマキャベリズム」とでもいう話ではありませんか?

 しかしレオナルド・ダ・ヴィンチが生まれ生きた時代を考えれば当然かもしれません。

 だってレオナルド・ダ・ヴィンチはマキャベリと全く同時代人であり、また同じくフィレンツェ人です。 
 
 だから彼はフィレンツェで沢山の作品を作りました。

 しかしそれよりもむしろミラノの僭主ロドヴィコ・イル・モロー、チェーザレ・ボルジア・フランス国王フランソワ二世などの君主に仕えていた期間の方が長いです。

 ところでマキャベリの方はこの3人の君主とは、フィレンツェ共和国の外交官として厳しい交渉を行いました。

 彼はその経験を元に「君主論」などの著書を書いたのです。
 
 特にチェーザレ・ボルジアは「君主論」で、君主のモデルとして描かれました。

IMG_1285.jpg

 マキャベリはフィレンツェ共和国の国益を背負っての交渉でするから、それはそれで大変だったでしょう。
 しかし一方でそのお陰でフィレンツェ共和国の使者としの扱いは期待できました。

 けれどもレオナルド・ダ・ヴィンチは純然たる民間人でした。
 そして当時のフィレンツェ共和国には、国外の自国民を保護するような気概も国力もなく、それどころか自国の防衛さへおぼつかない状態だったのです。(だからマキャベリが苦労する!!)

 そういう状況でいかに「マエストロ」の名声を恣にしているにせよ、マキャベリズムの元祖・マキャベリその人を翻弄するような君主達に仕えて、その宮廷で暮らすというのは、丸裸で魑魅魍魎の世界に生きるような話です。

 しかしレオナルド・ダ・ヴィンチはそういう諸施術にも優れた男だったので(或いはマキャベリ以上に強かだったので)栄光に包まれて天寿を全うする事ができたのです。

 そういう男が描いた「童話」が、愛する事、人を信じる事のすばらしさなんて事を、無条件に絶賛するようなモノになるわけもないのです。

 マキャベリと同じ世界に生きて、同じ人間達と対峙して、生き延びた人が書いている本なのですから、「子供の為のマキャベリズム」「児童用君主論」になるのは当然ではありませんか?

IMG_1291.jpg

 それにしても何でこんな話を思い出したかというと、この記事を見たからです。

日本製鉄、呉製鉄所を閉鎖 自分が"育てた"中国企業に淘汰され……

 なんだかねえ・・・・、マジに「塔と胡桃」そのままでしょう?
 マキャベリだったらいうでしょう? 
 「隣国を助ける国は亡びる」と・・・・・・。

 これはもう中国企業を支援したのが間違いなのです。
 それ以外で日本製鉄には落ち度はないのです。

 だってこれ勝てるわけないのです。

 製鉄のような重化学工業では、環境対策や安全管理に大変なコストと労力が必要です。
 
 しかし中国はそんな物には一切コストも労力もかけないのです。

 そして国営企業ですから、イザとなれば国費をつぎ込んでダンピングでもなんでもやって、ライバル企業を追い込む事だってできます。

 それでも中国側が近代技術を持たないなら無問題ですよ。
 でも日本はわざわざその中国に近代技術を支援してしまったのです。

 これでは日本側が敗北するのは当然でしょう?

IMG_1294.jpg

 マキャベリもレオナルド・ダ・ヴィンチも、自分自身が人を助けて痛い目に遭ったり、或いは自分の隣人が人を助けた挙句、その助けられた人間によって破滅させれらたのを見たりしたのでしょうね。

 ワタシは昔この「レオナルド・ダ・ヴィンチの童話」を読んだ時は「子供にこんなものを読ませて良いの?」と思ったのですが、これからは読ませるべきかもしれません。

 少なくとも大人で、しかも外国人を相手に仕事をする人は是非読むべきだと思います。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2020-02-08 13:38

夫婦別姓は紀元前からの特亜の習慣

 レンホーが夫婦別姓を推進して、武田鉄也氏を批判しているようです。

 【夫婦別姓】武田鉄矢さん「女の覚悟の問題」→ 蓮舫議員「『選択』できる『夫婦別姓』とは何かを学ぶべき」

 中国人レンホーが夫婦別姓を推進するのは当然でしょう。

 だって中国や朝鮮など儒教圏では、紀元前から夫婦別姓です。

 儒教では「姓」は血統を表す物であって、家族を表す物ではありません。
 儒教では先祖崇拝が非常に重要で、先祖があるから自分があるという発想です。
 その先祖の血統を表すのが「姓」なのです。

 だから全ての人に古代から「姓」があったのです。

 日本の名字とは違うのです。
 日本の名字は必ずしも血縁だけに寄らない「家族」「一族」を表す物でした。
 だから江戸時代までは武士や名字帯刀を許された人にしか名字はありませんでした。
 一方、農家などには今の名字に近い「屋号」がありました。
 それで明治政府がフランス民法に倣って夫婦同姓を持ち込んでも何の抵抗も混乱もなかったのです。

 だって
 
 夫婦は一心同体。
 元は他人でも結婚して夫婦になれば、同じ家族、同じ一族にならなくてどうする?!

 これが日本人全ての感覚でしょう?

 でも特亜って違うんです。
 以前に「夫婦別姓雑感」で詳しく書きましたが、「姓」は血統を表す物ですから、結婚しても変えるわけにはいかないのです。
 だって結婚しても先祖は変わらないでしょう?

 実は随分前ですが「在日と言う感動」と言いう気持ちの悪い本を読んだ事があります。

 この著者は在日コリアンで、在日コリアンにとって日本程居心地の良い国はない、今更帰国もできない、だから在日コリアンが日本に帰化しやすくするために、アイヌ民族の保護法に倣って在日コリアンの民族保護法を作れというのです。

 日本に帰化した在日コリアンが、日本で民族として存続できるように、朝鮮民族文化の保護法を作れと言うのです。
 そして在日コリアンが帰化した場合は夫婦別姓など、朝鮮人の民族的習慣を維持できるようにしろと言う話が出ていたのです。

 もう読んでいて気分悪くなりましたよ。

 中国人レンホーの夫婦別姓推進だって同様の話じゃないですか?

 なにしろ先祖と血統が何より大事な人たちです。

 だから中国人なら結婚して「姓」を変えろと言われるのは、先祖と血統を変えろと言われるのと同じですから、そりゃ不愉快でしょう。
 
 だったら結婚相手が「それじゃオレが君の姓を名乗るから」と言っても、「コイツの先祖はアタシの先祖とは違う。 それが自分の先祖の子孫を名乗るなんてありえない!!」と思い、やっぱり不愉快なになるのでしょう。

 逆にいえば、夫婦別姓を推進している連中の後ろには、レンホーのように国籍を誤魔化して日本に入り込みたい特亜人が蠢いているではないですか?
 
 だからワタシは夫婦別姓には絶対反対です。

 オマケ  夫婦別姓雑感 2

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(35)

2020-01-29 13:29

人命より中国様への忖度? 武漢新型コロナウィルス

 昨日、コメントで教えていただいたのですが、日本人が武漢新型コロナウィルスに感染し発症しました。
 
朝日新聞社 2020/01/28 20:37 
 中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、武漢市への渡航歴のない奈良県の60代男性の感染が確認されたことを受け、奈良県が28日夜、会見した。県は、男性がバスの運転手で武漢市からの観光客を乗せていたことを踏まえ、バス車内で感染した可能性が高いとしている。
 会見によると、男性が武漢市からのツアー客を乗せたのは2回。今月8~11日(乗客31人)と、12~16日(乗客29人)。バスガイドも同乗していたという。男性は8日からのツアーではマスクは着用していなかったが、12日からのツアーでは着用していたという。
 こうした状況を踏まえ、「長い時間バスに乗っており、バスが県内に立ち寄った時間は短い」と説明。「長時間同じ空間にいたため、感染したと考えられる。奈良県内で感染したとは考えにくい」と述べた。一方で、バスの経路などについては「差し控えたい」と述べた。
 また男性と2メートル以内で接触した家族や医療関係者らを「濃厚接触者」として確認を進めており、経過観察中だとしている。
 厚生労働省によると、男性は14日に寒気やせき、関節の痛みが出て、17日に奈良県内の医療機関を受診。22日に症状が悪化し、25日に再受診して肺炎の症状が確認され、奈良県内の医療機関に入院した。県によると、男性は症状はあるものの、容体は安定しているという。 

 そしてドイツでも同様の感染が確認されました

 ドイツの新型ウイルス感染者、国内で「人から人へ感染」 欧州初か
2020年1月28日 21:20 発信地:ミュンヘン/ドイツ [ ドイツ ヨーロッパ ] AFP
 1月28日 AFP】(更新)ドイツ当局は28日、中国で猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染が確認されたドイツ人男性(33)について、同じ会社に勤務し、中国からドイツを訪問していた同僚から感染していたと発表した。欧州内における初の「人から人への感染」とみられている。
 バイエルン(Bavarian)州保健当局のトップが記者会見で明らかにしたところによると、感染した男性は中国へは渡航していなかったが、中国人女性で上海在住の同僚が先週ドイツを訪れていた。
 男性は21日、同州ストックドルフ(Stockdorf)に本社を置く自動車部品メーカー、ベバスト(Webasto)の事務所で、この同僚が講師を務めた研修会に参加。27日夜に、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した。
 この中国人女性は、「今月23日、帰国便の中で体調不良を感じ始めた」とされる。帰国してすぐ医師の診察を受け、新型ウイルスへの感染が確認された。バイエルン州保健当局の話では、女性は両親の住む武漢地区を最近訪れていたという。
 べバストは、中国からの、あるいは中国への出張を「今後少なくとも2週間」取りやめると発表した。
 独保健当局は、この感染者2人と接触のあった同僚や家族など約40人の検査を行っている

 日本人の感染者は奈良県の観光バスの運転手で、8日~11日、12日~16日の2回、武漢からの観光客を乗せたバスを運転しました。

 ドイツ人の感染者は、21日、勤務先で中国人が講師を務める研修を受けました。

 観光バスの運転手は、長期間同じ客と狭いバス内の空間に閉じ込められるますが、しかし運転席は客席からは一定の距離があるし、客と体を接触したり会話したるする事は殆どありません。

 一方乗客たちはこの時点では、少なくとも外見上は全員元気だったと思われます
 武漢からのツアー客ですから、もし客の中に明らかに体調を崩して咳などをしている人がいれば、他の客が嫌がって、乗車を拒むでしょう。

 ドイツ人の感染者の場合も同様です。
 研修の時間と内容はわかりませんが、たった一日の研修ですから、講師と同じ部屋にいたという以上の接触はなかったでしょう。
 
 一方講師の方はこの研修の二日後から体調不良を訴えて、病院に行き感染が確認されましたが、この研修中は元気だったのです。

 これは恐ろしい話です。

 この二つの事例を見たら、この新型コロナウィルスは、感染すると自覚症状のない状態、潜伏期間中でも他人に感染するのです。

 それも同じ空間内に一定時間いれば感染するのです。
 
 朝日新聞は「手洗いで防げる」と言っているのですが、しかしドイツ人も日本人も清潔では定評のある国民性ですから、手洗いや入浴は武漢新型コロナウィルスに関係なく、日常的に何度も行っていたでしょう。

 それでも感染してしまうのです。
 
 これでは中国内での感染が爆発的広がったのも当然でしょう。
 
 家族の一人が職場で感染し、発症する前に家族全員が感染し、その家族全員が職場や学校で周りの人間を感染させるという事例が無数に出てくるわけですから。

 そしてこのままだと日本でも感染が拡大するでしょう。

 だって今現在日本にいる中国人観光客の中にも、相当の感染者がいるでしょう。
 そしてそういう感染者との接触を防止するような対策は、全くとられていません。

 例えばディズニーランドなんて恐ろしいです。
 感染したくない人は絶対に行くべきじゃないです。

 だってディズニーランドでは乗り物に乗るのに長時間行列をして待つ事になるのですが、列の前後に感染者がいればそれで感染します。

 そして乗り物に乗る時には、マスク着用を禁止されたスタッフが、笑顔で話しかけてくれるのです。
 
 伝染病を媒介するネズミはドブネズミやクマネズミだけではないという事ですね。

hqdefault.jpg

 しかしこのように潜伏期間中に、感染者の近くにいただけで感染するのであれば、水際で感染を阻止するためには、中国から渡航を禁止するか、渡航者は全て2~3週間隔離して、発症しない事を確認しない限り自由に外出させないという措置を取るしかありません。

 本来であれば、昨年末武漢新型肺炎の流行が確認された段階で、上記の措置を取るべきでした。

 世界で唯一これをやったのがフィリピンと北朝鮮です。
 フィリピンも観光立国なのですが、しかしそれでも早期にこの措置を取ったドテルテ大統領の決断力は賞賛に値します。

 日本もこれを見習うべきでした。

 しかし日本では武井俊輔のような売国ウィルス感染議員が多くて、政府がやってくれない感染防止措置を個人でやろうとした人の人権を侵害している有様でした。

 そして厚生労働は、まだこんな事をいっているのです。

◆国民の皆様へのメッセージ
○新型コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内では人から人への感染は認められるものの、我が国では人から人への持続的感染は認められていません。国民の皆様におかれては、過剰に心配することなく、季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
 
○武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に医療機関へ連絡したうえで、受診していただきますよう、御協力をお願いします。また、医療機関の受診にあっては、滞在歴があることを事前に申し出てください。

 一体これは何でしょうね?
 
 人=人感染は既に起きているのに・・・・・。

 日本人の生命よりも、中国への忖度を優先しているのでしょうか?

 因みにWHOも中国への忖度を優先しているようです。
 この期に及んでもなお中国は、感染阻止より面子重視です。

 
 挙句の果てにこんな事で他国を非難しているのです。


 BBZpYFi.jpg 

 マジにこんな国とは、元首を国賓待遇で招待するどころか、国交そのものを考え直すべきではありませんか?

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(6)