fc2ブログ

2024-01-20 12:51

I教授とO准教授 差別の差別

 昨日飯山博士のチャンネルを見ていたらまた東京大学のI教授に言及していました。 
 このところ飯山博士のチャンネルは、このI教授事・池内恵教授とのバトルに終始しています。 で、昨日の話は、池内教授のX投稿の内容が、東京大学職員としての、また準公務員としての職務規定に反していると言う話でした。 
 で、東京大学は過去にツィッター投稿の内容の問題で、O准教授を懲戒解雇していると言う話が出てきました。

IMG_5566.jpg

 ???
 このO准教授って、大澤昇平特任准教授ですね。
 この人、2019年11月20日にツィッターでこんな事を書いたのを問題にされて、2020年1月15日に東京大学を懲戒解雇されています。

  弊社Daisyでは中国人は採用しません
  そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします
  資本主義の文脈において、パフォーマンスの低い労働者は差別されてしかるべきです

 因みに解雇理由には以下の書き込みにより

  中国独裁共産党東洋文化研究所などに入り込み、東大を支配しています
  東大は左翼の肩を持つつもりです。共産主義の反日大学にすべきでない
 
 情報学環アジア情報社会コースが「反日勢力に支配されているかのような印象を与え、社会的評価を低下させた事や、東大の元教員を根拠なく誹謗中傷したこと、情報学環に所属する現教員の「人格権を侵害する投稿も挙げられています。

IMG_5569_20240120125426d9a.jpg

 しかしねえ・・・・。
 
  弊社Daisyでは中国人は採用しません
  そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします
  資本主義の文脈において、パフォーマンスの低い労働者は差別されてしかるべきです

 これ何か問題ですか?
 この大澤氏は情報処理や人工知能などが専門で、実は高専卒なのですが、天才的な人だったのでその後筑波大学を経て、東大の博士課程に進み博士号を取得して、東大の特任准教授になりました。 またこの当時は株式会社DaisyのCEOでした。 
 つまり情報処理や人口知能の先端研究に関わる研究をしている人です。 また株式会社Daisyもこうした技術に関わる企業です。

 こうした先端的な科学技術につては前々から中国への情報流出が問題になっていました。 日本や欧米民主主義国家が開発した科学技術が、中国に盗まれて、いつの間にか中国企業に利用されている、更にそれが軍事転用されていると言う事は、中国の改革開放以降一貫して起きていました。

 中国政府は日本や欧米の大学に入り込んだ中国人留学生や、日本企業や欧米企業で働く中国人社員から組織的に技術開発に関わる研究資料やデータを盗ませていました。

IMG_5570.jpg

 これはこうした中国人、留学生や社員個人の資質の問題ではありません。
 中国政府は国防動員法と言う法律を作り、在外中国人個人にも中国政府の命令に従い、中国政府の為の情報収集に協力する義務を負わせているのです。
 だから中国人留学生や中国人社員が「自分の所属する研究所の資料を盗むのなんかイヤだ。 自分の良心が許さない。」と思っても、中国政府の命令に逆らう事は許されないのです。
 逆らえば本人が帰国後処罰されるばかりか、中国に残った家族を巻き添えにする事になります。

 情報処理や人工知能などの重要技術の先端研究に関わる会社が、このような立場の人を雇う事はできません。 
 そんな事をすれば、会社側が重要技術を盗まれるばかりか、中国人社員は祖国から「盗み」を命じられて、逆らえば本人だけでなく、家族までが懲罰を受ける羽目になります。
 会社側も中国人社員も不幸になるのです。

 だから「弊社Daisyでは中国人は採用しません」「そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします」と言うのは、こうした不幸を未然に防ぐ一番合理的で確実は処置です。
 中国人が中国政府が欲しがるような先端技術に関わる会社に入社できなければ、中国政府だって彼に「技術を盗め」とは言えないのですから。

 そして現在、アメリカやイギリスなど民主主義国家の多くが、情報流出防止の為に、国家として組織的に中国人の留学生や社員を科学技術に関わる分野から閉め出しています。
 日本も一刻も早く、国家として同様の対応をするべきでしょう?
 東大も多くの先端的な科学技術研究を行っているますし、日本の安全保障や国家の福祉にも責任のある立場ですから、こうした対中技術流出防衛策は、むしろ自ら率先して行うべきではありませんか? 
 
 そも意味では大澤氏の発言はむしろ称賛されるべきなのです。

IMG_5582.jpg

 また「資本主義の文脈において、パフォーマンスの低い労働者は差別されてしかるべきです」なんて、余りと言えば余りに当たり前の事です。
 「パフォーマンスの低い労働者」つまり仕事のできない社員は、昇給や昇進できないし、会社が傾けばリストラされます。 
 そもそも学歴や職歴から「パフォーマンスの低い労働者」にしかなれないと看做された人は、採用すらされません。

 東大だってやっているでしょう?
 東大は国立大学で、自分で稼ぐ必要はなのに、それでも「パフォーマンスの低い学生」は研究職には採用されないし「パフォーマンスの低い研究職」は准教授や教授になれません。
 違うんですか?
 それとも東大の教授や准教授って、研究者として学者としてのパフォーマンスに関係なくなれるんですか?

IMG_5583.jpg

 ところが東大側は、大澤氏のこれらの発言を大問題だとして懲戒解雇してしまいました。
 そして大澤氏の問題を検索すると、結局大澤氏解雇の理由は「差別」です。
 
 労働者を能力に応じて処遇するとか、組織的に技術窃盗を行う国家の国民の採用を避けるとか、本来は極めて当然で常識的な話が「差別」と言う言葉に結び付くと、絶対悪になり大問題になるのです。
 つまり日本最高の頭脳を誇るはずの東京大学が「差別」と言う言葉で思考停止に陥り、合理性を無視した行動にでるのです。
 
 一方中国側はこのような東京大学の性質を利用して、今後とも日本の先端技術の研究に中国人を入り込ませ、日本から技術を盗み続けようとしているのです。
 それを東京大学側はこの状況に何の反省もなく、中国のスパイ活動を支援しているわけですから、大澤氏の「中国独裁共産党東洋文化研究所などに入り込み、東大を支配しています」と言うツィートは結局真実じゃないですか?

IMG_5585.jpg

 で、ここまでがO准教授の話なんですが、飯山陽博士はI教授こと池内恵教授のツィートを問題にしているのです。
 実はワタシは池内恵教授の本を何冊か読んでいるし、講演にも行った事があるし、ついでに言うと池内恵教授の父君である池内紀の本も好きでした。
 だから池内教授には全然悪いイメージはなかったんですが、この人なんか壊れちゃんでしょうか?
 この人、昨年10月7日のハマスのテロ以降、飯山博士を猛烈に誹謗中傷しいます。

 そしてその誹謗中傷の相手がドンドン増えて、飯山陽博士本人だけでなく、飯山博士に賛同したり、評価したりする人達、また飯山博士が評価や賛同している人達など、飯山博士周辺を無差別爆撃しているような状況になっています。

 ジャーナリスト長谷川幸弘氏が自身のチャンネルに飯山博士を招待し対談をした翌日には、飯山陽は色ボケ老人をたぶらかしている」とツィートしました。
 これは長谷川幸弘氏を「色ボケ老人」と誹謗中傷する物で、それだけでも問題です。
 ところが池内教授はそれだけで収まらず、更に飯山博士の賛同者を全て「色ボケ老人」扱いする発言を繰り返し、更にそれを発展させて高齢者全てを誹謗中傷する発言を繰り返しているのです。

 因みに池内教授がこんなに色々誹謗中傷できるのは、池内教授のツィートの絶対数が一日平均150回、多い日は400回を超えたと言うベラボウな数だからです。 これだと寝ている時間以外は、5〜10分置きにツィートしている事になります。
 これじゃイスラエル軍のガザ空襲を非難するどころじゃないでしょう?
 池内教授は飯山陽博士一人を攻撃する為に、大量の砲撃と空襲で周辺の住民を皆殺し状態ですから。

IMG_5589.jpg

 で、ワタシはこれを大澤准教授懲戒解雇の件と比べると、凄く違和感があるのです。
 大澤准教授が懲戒解雇される事になったのは「差別」です。 中国人を雇用しないと言った事が中国人差別だと言われた、労働者を能力で評価する事に「差別」と言う言葉を使った事が問題にされたのです。

 それでは池内教授のツィートは「差別」にならないのでしょうか?
 飯山陽博士への攻撃も明らかに誹謗中傷ですが、飯山博士に賛同する人全部を「色ボケ老人」と言い、挙句に高齢者全部を非難するって、完全に女性差別と高齢者差別ではありませんか?

 ところが東大は今の所、池内教授のツィートを問題にする気配はありません。
 大澤准教授の場合は2019年11月20日の3つのツィートで、2020年1月15日には懲戒解雇が決定しました。
 池内教授の飯山博士への誹謗中傷は2023年10月7日から始まり、その後延々、誹謗中傷の相手を幾何級数的に増やしながら現在まで続いています。

 東大は中国人への差別発言には速攻で厳しく対応するけれど、女性や高齢者への差別発言は容認するんですか?
 これだと東大は中国人差別は許さないけれど、女性や高齢者への差別は黙認すると言う事でしょうか?

IMG_5584.jpg

 これはワタシが前々から思っていた事ですが東大など「差別」を大問題だと言って騒ぐ勢力は、しかし実は彼等は差別の差別をするんですよね。
 つまり特定の集団・特定の属性以外の人々への差別は大騒ぎをするんですが、しかし一方でそれ以外の集団や属性以外の人々への差別は全く問題にしないのです。
 しかしそうなると「差別」反対と言う事にはなりません。
 
 特定の集団・特定の属性への差別は大問題にして、猛烈に非難し、懲戒解雇のような極めて厳重な処罰を求めながら、それ以外の集団や属性の人々への差別は問題にしないと言うのは、差別反対どころかむしろ差別その物ではありませんか?
 彼等は「差別反対」と言いながら、実はそれを口実に特定の集団・特定の属性の人々への批判を封殺しているのですから、これは差別反対どころこのような特定の集団・特定の属性の人々の特権階級化です。

 これは結局差別の差別です。 
 このような対応は、民主主義の精神にもまた日本国憲法の理念にも合致しません。

 東大の大先生達はこのような状況を理解できているのでしょうか?
 
  1. シャベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2023-09-29 12:14

クルド人→トルコ人 国家と民族

 7月に川口市立医療センターの前で乱闘を行って逮捕されたクルド人が全員不起訴になりました。

 クルド人の病院騒動発端の事件、7人全員を不起訴 埼玉・川口
9月25日 産経新聞

 この事件は逮捕された7人の他、100人余のクルド人が川口市立医療センターの前に集まって乱闘を続けた為、川口市立医療センターはこの乱闘中5時間救急患者を受け入れる事ができませんでした。
 川口市立医療センターは川口市他、隣接する二つの市の救急患者を引き受ける救急病院だったので、この乱闘は3つの市の住民の命を危険に晒した極めて悪質なモノでした。

IMG_1719.jpg
 
 これほど悪質な犯罪者達を検察が起訴できなかったのは、日本はクルド語の通訳を見つける事ができず、起訴や裁判に必要な調書や証言を取る事ができいからでしょう。
 因みにクルド語の通訳をできる人って、恐らく世界でも殆どいないのです。

 ところで最初に紹介したのは産経新聞の記事ですが、しかし他のマスコミでは殆どの場合、クルド人の犯罪は「トルコ人」「トルコ国籍」と報道しています。
 これを「マスコミはカワイソウな難民のクルド人を庇う為だ」と言っている人達がいます。 つまり在日コリアンの犯罪者を通名報道しているのと同じ感覚ですね。
 ワタシもこれは理由の一つだと思います。

2023y09m25d_111103844.jpg
 
 しかしワタシはもう一つ大きな理由があると思います。
 それはトルコ国籍はパスポートで簡単に確認できるのですが、しかしそのトルコ人の民族を確認するのは非常に難しいからです。
 
 トルコにはトルコ民族やクルド人以外にも膨大な少数民族がいます。 アナトリア半島には元々多数の民族が混在していました。
 更にオスマン帝国が崩壊して、トルコ共和国が成立する過程で、東欧やギリシャなど嘗てのオスマン帝国領で「トルコ人」を自認していた人々が、多数トルコ共和国に移住しました。
 同時に現トルコ共和国の領土内にいたギリシャ人やアルメニア人などから、それぞれの民族の国家に移住した人もいました。 しかしそのままトルコ共和国内に住み続けた人も多いのです。

IMG_1720.jpg

 そもそもオスマントルコ帝国自体が、中央アジアの遊牧民が東進して、ビザンチン帝国を滅ぼして成立した国家です。
 この遊牧民が本来のトルコ人で、民族的には現在のトルキスタンなどと同じ民族です。
 因みにトルキスタンって「トルコ人の国」を意味するのです。
 
 トルキスタンなど中央アジアの遊牧民の国々は、17~19世紀の間にロシア帝国に征服されてロシア帝国領になり、その後ソ連領になり、ソ連崩壊後、トルキスタン、カザフスタンなどの独立国になっています。
 しかしこうした歴史から、現トルコ共和国とこれらの国々は、国民レベルでは随分と親密です。

 だから帝政ロシア時代もその後のソ連時代も、ロシアやソ連の迫害を受けた中央アジア諸国のイスラム教徒達の多くがトルコに亡命してます。
 勿論出稼ぎ等経済目的でトルコに行く人も多いのです。

IMG_1718.jpg

 さらに言えばトルコ共和国成立前後に、トルコの民族主義者達の中では、これら中央アジア諸国を含めてトルコ民族の国を作るべきと言う汎トルコ主義が盛んになり、現在のトルコ共和国領だけで独立しようと言う小トルコ主義者とは深刻な争いになりました。

 結果は小トルコ主義が勝ったので、現在のトルコ共和国があるわけですが、彼等は「トルコ語」を元々の民族の源流である中央アジアにトルコ語に求めたのです。
 と言うのもオスマントルコ帝国での公用語オスマンル語は、元々のトルコ語にアラビア語やペルシャ語の語彙を多数取り込んでおり、きちんと理解するにはアラビア語とペルシャ語の知識が必要と言う言葉だったからです。

IMG_1721.jpg

 イスラム世界では宗教用語はアラビア語です。 これはコーランがアラビア語で翻訳も禁止だから当然です。 
 それ以外の学問芸術のトップがペルシャなので、宗教以外の学問芸術用語はペルシャ語と言う事になっています。
 だからオスマントルコ帝国の公用語も、アラビア語とペルシャ語の語彙を大量に取り込んだのです。 因みに文字はアラビア文字を使っていました。

 しかしこんな言葉が通用したのは宮廷と政府高官ぐらいです。
 だからトルコ共和国建国後は、アラビア語表記を辞めて、アルファベットを使用し、更にトルコ語を純化して、ペルシャ語やアラビア語を語彙を排除したのです。

IMG_1725.jpg

 でもこれはこれで大変です。
 だってそもそも外国語の語彙を取り込むのは、殆どの場合、自国語にはその語彙に相当する言葉がない場合なのです。

 またトルコ語を純化すると言っても、トルコ民族が中央アジアを離れたのは何百年も前の話です。 トルコ民族は中央アジアを離れてから、何世紀もかけて現トルコ共和国にたどり着いたのです。 その間にいくつもの国を征服支配し、その制服支配した国が崩壊したりしているのです。
 言語だってその間にどれほど変わった事か?

 そういう長大で複雑な歴史の過程を無視して、近代になっていきなりトルコを純化し多言語なんて、一般トルコ人にとっても全くの新造語です。
 それに前記のようにトルコ共和国領内には、オスマントルコ帝国成立以前からギリシャ人他多数の民族が居住していたのです。 
 これらの人々にとっては「純化トルコ語」なんて、わかるわけないです。

IMG_1746.jpg

 しかし国家全体で統一した公用語もない状態では、統一国家は作れません。
 トルコ共和国建国の父ケマル・アタチュルクは、フランスをモデルにしてフランス式の国民国家を作りたかったようですが、言語一つとってもフランスとは条件が大違いなのです。

 それでもトルコ共和国建国の時代は、帝国主義の時代でもあり、イギリスの3C政策、ドイツの3B政策とか最初からトルコを侵略支配する事を当然とした政策プランを建てていたぐらいです。
 だからトルコの独立を守る為には、これら帝国主義国家に負けない強固な国民国家を作るしかなかったのです。

 その為、建国以降、トルコ共和国では国内の全ての民族に対して徹底したトルコ化政策を進めました。
 トルコ政府の建前では、トルコ国内の民族は全てトルコ民族で、クルド人など他の民族は存在しない事になっていました。

IMG_1729.jpg

 これがそのまま20世紀末まで続いたクルド弾圧政策に繋がったのです。
 しかしこういう建前だから、公教育でトルコ語以外の言語を使う事もありません。
 トルコ国内の民族の言語や文化の研究もされていません。
 そして身分証明書やパスポートに民族を表記する事もありません。

 そうなるとトルコ国籍を持った人を捕まえても、その人の属する民族が何かなんて簡単にはわかりません。
 日本の場合、トルコ国籍で日本に大量に来て、しかも暴力事件を盛大に起こしているのはクルド人だと言われるから、トルコ国籍の犯罪者がいれば皆「クルド人だろう!」と思います。

IMG_1728.jpg

 しかし前記のようにトルコにはクルド人以外にも多数の民族がいるし、クルド語以外にも殆ど研究されていない言語を使う民族も多数あるのです。
 因みにクルド語もそうですが、これらの民族の多くは文字がありません。 また抽象概念や学問用語、政治用語を表す語彙はないでしょう。

 元々山の中で原始的な遊牧や農業だけで生計を立てて、話相手も家族と同じ集落に住む数十人からその近隣集落も含めて数百人と言う生活なら、語彙も僅かで済むのです。
 勿論文字も必要ありません。

 だからこんな少数言語を学んだり研究したりするのは言語学者など特殊な人々だけです。

IMG_1737.jpg
 
 因みにクルド人に関するエントリーでは何度も書いていますが「クルド語」と言う単一の言語はありません。
 クルド人を自称する人達が使う言語はトルコ国内だけで6種類あり、インドヨーロッパ語族に属すると言う以外の共通点はありません。 だからクルド人同志でも山一つ越えると全く言葉通じないのです。

 共通の言葉がないのに一つの民族と言えるのか?
 でもクルド以外の人達が、「山奥に住む野蛮人」を纏めてクルド人と呼ぶから、「山奥に住む人達」も「自分はクルド人」と認識しているのです。
 しかしこれはクルド人だけではありません。 例えばアメリカインディアンだって、部族毎に言語や習慣も違うけれど、アメリカに入植した白人から見れば皆同じインディアンったから、単一の民族みたいに思う人もいるのです。

 トルコとクルド人の話を深堀すると、日本と状況が余りに違い、国家とは何か?民族とは何か?を根源から考え直す嵌めになります。

IMG_1751.jpg

 しかしそれはそれとして、こうなるとホントに警察も検察もお手上げですね。
 犯罪者を現行犯逮捕しても、その国籍がわかっても、言葉が通じない。 通訳の探しようもないと言う事になります。

 こうなると治安を維持するには、この手の外国人現行犯は、即時射殺するか、射殺がひど過ぎる場合はその場でボコボコに鉄拳制裁するしかありませんね。
 言葉が通じないのだから裁判なんてやりようがないのですから。 
 それができないもうこの種の外国人の入国は絶対拒否するしかありません。

 欧州の治安悪化が酷いのですが、ワタシはこれは欧州諸国が、民主主義や人権の建前と治安維持対策の折り合いをつけないままに、こうした外国人をドンドン受け入れた結果だと思います。
  1. シャベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(21)

2023-08-01 11:24

体毛の悩みは人権問題? アイヌ生活相談事業

 今朝こんな記事を拾いました。

 多くは “体毛の 濃さへの悩み” アイヌ生活相談事業は 必要か
 7月28日 示現舎

 アイヌのための「生活相談充実事業」というものがある。これは2016年から厚生労働省の予算で行われている、アイヌの人々を対象とする相談事業である。例えば2021年度の予算は578万5000円で、公益財団法人人権教育啓発推進センターに委託されている。

その相談内容の多くは、生活苦や毛深さといった、アイヌに特化した行政の相談事業として必要なものなのか、疑問符が付くものである。相談件数の実績は2021年度で610件であり、1件あたりの費用は1万円近い。しかも、その件数についても同じ人が繰り返し相談しており、相談員が知人に相談を依頼しているという疑惑まで持ち上がってきた。 

2023y07m28d_101952283.jpg

 長文ですから全部は貼りませんが、マジに人権相談で生活苦や体毛の悩みをされても困るでしょう?
 ホントに生活ができないのなら、人権相談ではなく生活保護の申請するしかないので、居住地の役所に行ってもらうしかありません。
 そして体毛についての相談は、脱毛サロンにでも行くしかありません。
 
 因みに体毛の悩みは、女性ばかりではなく、男性も結構多いようで、男性用の脱毛サロンもあるようです。 
 でもこれで以前アイヌ差別についてエントリーした時に頂いたコメントの事を思い出しました。

2023y07m28d_102534659.jpg

 エントリーは2014年末、そのコメントを頂いたのは2015年なので随分前の話なのですが、そのコメントが面白くて今も覚えています。
  

 全文読んでいただけると良いのですが、そこそこ長いのでとりあえずその部分をコピペします。
 青字がコメントで、赤字がそのコメントに対するワタシの返信です。
 因みにコメントの中で「土地」の話が出てきますが、これはエントリー本文で旧土人保護法の事を書き、その旧土人保護法ではアイヌ人に農地を与える事が定められていたのです。

IMG_0623.jpg

私はアイヌ系です。東京出身ですが。私はその変なアイヌ協会に所属してる訳でもなく、その協会からも一切お金はもらっていません。予め言っておきます。
旧土人法を喜んでいたと言うのは違う気がします。作物が実らない痩せた土地をもらって誰が喜ぶんですか?あなたはそんな土地をもらって嬉しいですか?

アイヌ差別は今も普通にあります。私は混血ですけど、でも外見にかなり濃くその特徴が出ているので、いろいろ外見のこと言われましたよ。今でも自分の顔が好きに慣れず、写真を見ると吐き気がします。でも、大和民族の人みんながみんなでなく、例えば、私の天然の巻き毛が羨ましいと言ってきた人や脚が羨ましいと言ってきた人もいます。なので、私は差別する人は差別するし、しない人はしないと今は受け止めています。


 どんな土地であれ、タダで貰えたのなら嬉しいでしょう?

 それに旧土人保護法ができた時には、アイヌの人々が喜んだと言う記録があります。
 本来保護法なのだから喜ぶのが当然でしょう?

 平安時代ならともかく、現代ならアイヌの人は美人の要件を殆ど満たしているので、ワタシのような目が細い人間からすれば羨ましいのですけどね。
 
 砂沢陣さんはアイヌの女性は毛深いのが悩みと仰っていましたが、それじゃ鼻ぺちゃ糸目の名古屋女性はどうするんでしょうか?
 毛深いのは服を着ればわからないけど、糸目はアラブ女性みたいにベールをかぶってもわかります。

 ブスと言って差別されるのが辛いか、アイヌと言って差別されるのが辛いか? 
 どちらかを選ばなければならないとしたら、どちらを選びますか?


まず、ご回答ありがとうございます。
「どんな土地でももらえたら嬉しいでしょう」とおっしゃっていますが、現代のように痩せた土地でも作物を育てる技術があるのならわかります。でも、当時はそういった技術はなかった上に食べていくために作物を育てなければならなかったんですよ。それがどれほど大変だか、わかりますでしょうか。

容姿について、結局私の方もあなたの方も無い物ねだりかもしれませんね。
でも、アイヌ系の人は名前が日本人名なのに外見が日本人とはちょっと違う、それだけで大人はわかりませんが、子供たちは差別してきますよ。毛深いというのもずいぶん言われましたし、あと掘りが深いと言うだけで、例えば「モアイ」って言われたり。
確かにアイヌ系の、それもその血が濃く現れている人は現代の美人の基準を満たしているかもしれません。でも、外見上の特徴から差別されることには変わらないですよ。人間というのは大概異質の存在を差別するものなのです。
あと実は、毛深いと夏は汗だく、冬はコートを着て汗だくなんですよ。それに毎日剃らないと本当に女性でも毛深くなってしまいますし。

>ブスと言って差別されるのが辛いか、アイヌと言って差別されるのが辛いか

これはどちらかを選ぶという問題ではなく、どちらも辛いと思いますよ。アイヌ系と言ってもみんながみんな美人に生まれるわけでもありませんし。大和民族の人と同じように美人な人もいれば不細工な人もいます。
あと付け加えですが、それは日本政府側の記録ですよね?そうだとしたら、日本政府側が成果を上げる為に記録を膨張したとはあなたは考えませんでしょうか?

 あらら、そんなに価値のない土地なら、何で悪い和人がアイヌを騙して、土地を奪うなんてことが起きたのでしょうか?
 当時はまだアイヌの人たちが、不動産売買などに不慣れだったのを良い事に、アイヌ人を騙してせっかく得た土地を二束三文で買いたたく悪い和人がいました。
 
 それで政府もその後アイヌの土地売買には、様々な制約を付けて、何とかこれを防ごうとしています。
 価値のない土地なら奪う人間はいないでしょう。 また奪われても困らないでしょう?

 ワタシは目が細かったので「こけし」と呼ばれていました。
 他の連中だって別にそんなパッチリとした目をしているわけでもないのに・・・・。
 子供は残酷ですから。

 ちなみにワタシはその上当時はまだ珍しかったアトピー性皮膚炎になって、手足の皮膚が爛れたので益々嫌われて苛められました。
 アトピー性皮膚炎の皮膚なんて誰が見たって気持ちが悪いのですから、嫌われても仕方ないですよね?

 心理学の研究によれば、人間には自分の似た人と近づきたくなる性質があるのだそうです。 それを考えたら異質な人は嫌われるのは当然なのでしょう。 
 しかしそうした人間の心理の本質を変えろと言われてもそれは無理です。 でも理性的な人はそれに振り回される事はないのですから、そう思って非理性的な人とは距離を置かれるしかないでしょう。

 夏はどうにもならないでしょうが、冬は薄着をなされば?
 汗だくになってコートを着る必要はないでしょう?
 だから容姿の事で周りの人間を恨んでも仕方がないのです。 
 自分だって男性を見たら美男と醜男を差別していますし、女性だって美人には憧れます。 だから他人がワタシをブス差別しても文句を言える筋合いではないと思っています。

 だから貴方の差別されたことを恨む前に、「糸目、鼻ペチャ」に生まれなかった事を神様に感謝されては?

IMG_0643.jpg

 コメントのやり取りはこの後もまだ続くのですが、しかし余り長くなるので省略します。
 つまりこの方は首都圏で育ち、アイヌの特徴であるくっきりとした目鼻立ちの為に、子供の頃「モアイ」と言う綽名をつけられた事がトラウマになり、また毛深い事に悩んでいらっしゃるようでした。
 
 確かに体毛が濃いのは悩むでしょうね。
 YouTubeにも時々脱毛美容のCMが入ります。 
 古代ローマ時代でも元老院階級の男性達は、すね毛を奴隷に抜かせていました。 それでマルグリッド・ユルスナールの「ハドリアヌス帝の回想」にも、ハドリアヌス帝が奴隷にすね毛を抜かせる場面が出てきます。
 想像するだに痛そうなのですが、しかしハドリアヌス帝と雖も、時代の流行と言うかドレスコードは守るしかなかったのです。

 こういう歴史を見ると、毛深いのを嫌う感覚は人類共通に昔からあり、それが服装等の問題で時々顕在化するのでしょう。
 それなのに毛深い事が民族的特徴で、しかもそれが「被差別民族」だったら、益々悩みは深くなるのでしょう。

IMG_0663.jpg

 しかし何と言ったら良いのか?
 体毛の悩みはアイヌ人だけが抱えているわけではありません。 一般日本人にも体毛の悩みを抱えている人は多く、だから全国に脱毛美容の専門店があるのです。
 それをアイヌの問題、人権問題とするって無茶苦茶じゃないですか?

 そもそもこのアイヌ生活相談センターの相談員は、体毛の悩みにどのような回答をしたのでしょうか?
 厚労省の予算を考えると一回一万円弱の国費を使っての回答です。 脱毛美容の料金も一回一万円前後のようですから、それと同等の価値のある回答をしたのでしょうか?
 
 でも結局「差別」の中身ってこんなものじゃないかと思うのです。
 しかしこの差別を騒げば、厚労省や自治体から公費を引き出せるのです。
 体毛や生活苦しかネタのない差別より、こっちの方がよほど問題じゃないですか?
 
  1. シャベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2023-07-15 11:55

クルドの不思議な難民

 クルド人の自称難民問題について、共同通信がこんな記事を掲載していました。
 非常に長い記事なのですが、しかし素人目にみても突っ込みどころ満載です。
 また飯山陽さんもこれに突っ込んいます。  

 7月9日 ヤフーニュース

 非常に長い記事なので抜粋・要約しますが、この記事の前半ではクルド人が、トルコで厳しい弾圧を受けているの事を書いています。

2023y07m10d_091640958.jpg

 クルド人が弾圧されていたことは事実です。
 日本でこの弾圧が知られるようになったのは、ユズマル・ギュネイ監督の映画「路」が日本で公開された頃からでしょう。
 
 この映画が公開されたころ、トルコのクルド人男性の3割は、逮捕投獄された経験があり、その為、前科はクルド人の間では就職その他では得に問題にもならない状態でした。
 映画「路」も、主人公が刑期を終えて故郷に帰る所から始まります。 

 世界で初めてトルコ国内の少数民族の言語、特にクルド語の研究をした小島剛一氏の「トルコもう一つの貌」にも、トルコの言語・民族世界と共に、それに対するトルコ政府の厳しい弾圧が描かれています。

2023y07m10d_091221526.jpg

 しかしトルコ政府はこのようなクルド人弾圧政策を変更したようです。
 この件については飯山陽さんが、英国の情報機関の報告書を元に正確な解説をしています。
 


 ヨーロッパ諸国は長らくトルコ政府のクルド人迫害政策を非難してきました。
 またヨーロッパ諸国はクルド難民も多数受け入れており、こうした難民達が移民先でトルコのクルド迫害政策に抗議する運動を行っていました。

 しかし現在このような迫害はなくなり、クルド人の政党が野党第二党になっています。
 クルド語の使用や教育の禁止はなくなりました。
 むしろ裁判等でトルコ語が話せない場合は、クルド語の通訳がついている状態です。

 従って現在トルコのクルド人は、クルド人である事を理由に迫害されて、生活できないと言う状況ではありません。

2023y07m10d_091731118.jpg

 勿論完全に差別がなくなったわけではありません。
 飯山さんの紹介してくれたイギリスの報告書でも、今もトルコではクルド人に対する差別はあるようです。 
 でも異民族への差別なんかどんな国でもあります。 しかしそれが難民化の理由にはならないでしょう。
 差別があるから難民化するなら、在日コリアンなんか全部帰国しているはずでしょう?

 因みにこの共同通信の自称難民氏が日本に来たのは、2010年代後半です。
 だからトルコ政府のクルド弾圧政策は完全に終わってからの事です。
 また記事を見ると自称難民氏も現在30歳ですから、トルコ政府のクルド弾圧政策と言うのは、彼の幼年期までの話です。
 幼年期までは弾圧政策があったから、成人してから難民になったのですか?

2023y07m10d_091252965.jpg

 一方共同通信記事の自称難民氏は、こういうのです。

トルコでは少数民族として認められず、深刻な差別や迫害を受けている。たとえば、政府はクルド人を監視するため、ジャンダルマ(憲兵)が居住地域を定期的に訪れる。役所でも、書類の発行をわざと1カ月も遅らせるなどの嫌がらせにあう。まともな仕事をもらえず、あったとしても安い賃金の肉体労働だけだ。「ここでは子どもを育てられない」。日本に行くことを決意した。

 ??
 日本人でも、「まともな仕事」つまり低賃金の単純肉体労働でない仕事を得るには、相応の技能もしくは学歴が必要です。 そして身元のしっかりしている事が大前提です。
 
 共同通信の「自称難民」の方の学歴や職業上の技能のレベルはわかりませんが、どんな仕事であっても、不法滞在で就労ビザもない外国人が雇用する事はできません。 
 これは日本だけでなく世界中同じです。
 そして日本の国籍は生地主義ではないので、日本で生まれた子供も不法滞在です。

IMG_0419.jpg

 一方川口市のクルド人問題を見る限り、自称難民のクルド人達の大多数がトルコの義務教育さへ終了しておらず、子供の教育にも全く無関心なのです。
 クルド人の子供の多くが義務教育の途中からドロップアウトしていると言うのです。

 元々クルド人には子供に学校教育が必要と言う発想自体がないのかもしれません。
 こんなことを書くと「差別だ!!」と言う人がいますが、しかし現実に学校教育に全く無関心な民族は世界中に多数あります。
 そもそもクルド語もそうですが、母語の成文法も確立していない民族も多いのです。
 民族の言語の文字表記もないのに、何で学校教育や学問に価値を見出す事ができるのでしょうか?

 勿論、文字がないから劣った民族とは言えません。
 しかし文字がなく、だから学問もなく、だから学校教育にも関心がない、だから低学歴。
 先進国でそういう人達が「まともな仕事」に就ける国はありません。
 最低限でも高校教育を受けないと、単純肉体労働以外の仕事に就くのは難しいのです。 
 そういう事を理解せずに、先進国に来てしまったら、数世代先まで大変な苦労する事になります。

2023y07m10d_091814749.jpg
 
 そしてこの記事の最後にまた不可解な一文が出てくるのです。

最大の不安は6歳の娘のことだ。物心がつく前に来日し、トルコでの記憶はない。現在は川口市内の幼稚園に通い、友達の多くも日本人だ。トルコ語は両親との日常会話で使う程度で、簡単な単語しか理解できない。

 ??
 この自称難民氏は記事の前半では、トルコ政府のクルド弾圧政策でクルド語を使えない事を問題にしていますた。
 ところが家庭内ではトルコ語で会話ですか?

2023y07m10d_091410909.jpg

 前記のように現在トルコ政府は、クルド語の使用を禁じていません。
 また裁判などで必要な場合はクルドの通訳がつきます。
 それどころか過去にトルコ政府がクルド弾圧政策をやっていた頃でも、家庭内でのクルド語の使用までは禁じていません。
 だって家庭内の会話まで監視する事は不可能ですし。

 それなのにこの自称難民氏はトルコ政府の警察権が一切及ばない日本にいてなお家庭内ではトルコ語使用ですか?
 だったらトルコにいても全然迫害される心配なんかなかったのです。
 と、言うかこの人ホントにクルド人ですか?

IMG_0455.jpg

 実はトルコ内にはクルド人以外の少数民族も多数いて、外国人からは勿論、トルコ国内でさへ余り知られていない少数民族もあるのです。 因みに映画「路」でトルコ政府のクルド弾圧政策を非難したユズマル・ギュネイ監督も、母はクルド人だけれど父はザザ人です。 

 またクルド語もトルコ内だけでわかっているだけでも6種類あって、一応皆インド・ヨーロッパ語族には属するのですが、英語とフランス語ぐらいは違うようです。
 だからクルド人同志でも山一つ越えたら言葉が通じないのです。
 それでクルド人の民族運動家同志でも、出身地が違う場合はトルコ語で会話するしかない状況です。

 これだとクルド人同志の結婚でも家庭でクルド語を使えない場合も多いでしょうね。
 しかしこの状況で、トルコ政府のクルド語の弾圧政策を問題にして「自分は難民だ」と言われてもね。

2023y07m13d_110955153.jpg
 
 どの道、日本では裁判でもクルド語の通訳なんかつきませんし、クルド語の教育も受けられません。
 だったら最初からクルド語の問題でトルコ政府を非難するより、トルコで暮らすべきでした。
 そしてどうしても日本に来て「まともな仕事」を得たいなら、就労ビザが取れるような技能や学歴を身に着けてから来るべきだったのです。

 それにしても入管難民法に反対する為とは言え、こんな素人でも突っ込みどころ満載の記事を書くって共同通信も酷いですね。
 これじゃお金を払って新聞記事を読む人が減るわけです。

 最後に内藤陽介さんの動画も紹介しておきます。
 


  1. シャベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2023-05-25 13:29

神はアッラーしかいない 多様性って何?

 先日、神戸でガンビア国籍の無職男性が神社の賽銭箱や手水舎を壊して逮捕されました。

 【独自】賽銭箱を蹴り破壊する外国籍の男『神様はアッラーしかいない』と参拝者に発言

 この男は「神はアッラーしかいない。 ここには神はいないから、ここで祈るな。」と言ったそうです。
 また警察に対して「不当逮捕だ。」と言っていました。

IMG_7812.jpg
 
 彼が神社で賽銭箱や手水舎を壊す所は、防犯カメラにはっきりと写っています。 だから彼は犯行を否定する事はできません。
 それで彼が自分の逮捕を「不当逮捕」と言ったのは、日本の法律ではなく、イスラム教の教理やイスラム教から見れば「不当逮捕だ」と言う事でしょう。

 イスラム教の教理やイスラム法によれば、神はアッラーしかなく、神のいない神社で祈る事は許されないのです。 だからそういう邪教の神殿は破壊するべきなのです。
 今回は小さな神社の賽銭箱や手水舎だけなので、被害は小さいのですが、しかしイスラム教の教理からすれば、湊川神社や伊勢神宮を全壊させても、それは罪ではなく非常に称賛するべき行為です。

IMG_7814.jpg

 また世界各地で起きているイスラム原理主義者のテロも、イスラム教の教理からすれば罪ではなく、やはり非常に称賛するべき行為です。
 例えばフランスで高校の教師サミュエル・パティさんが、殺害されて斬首されました。
 パティさんは授業で表現の自由を教える時に、フランスの風刺誌シャルル・エブド襲撃事件件を取り合あげた事で「神を冒涜したとした」としてイスラム原理主義者に殺害されたのです。

 シャルル・エブドは日ごろ悪趣味な風刺画を掲載する雑誌で、福島第一原発事故についても見るに堪えない悪趣味な風刺画を掲載していました。
 イスラム教も同様に風刺したのですが、しかしそれでイスラム原理主義のテロリストに襲われてこの雑誌社の社員や警官など12人が殺害されました。 
 サミュエル・パティさんはこの事件を授業で取り上げた事で、シャルル・エブドの社員達と同様に殺されたのです。

IMG_7829.jpg

 日本人の感覚からすれば滅茶苦茶です。
 勿論フランス人の感覚からも絶対許せない話ですから、フランス政府はパティさんを国葬にしました
 イスラム原理主義テロの犠牲者を国葬にすることで、フランス政府はこのような犯罪は絶対に許さないと言う姿勢を鮮明にしたのです。

IMG_7862.jpg

 でもこのような殺人も、神社破壊もイスラム教の教理からすれば、これら犯罪者達は神から与えられた義務を果たしただけなのです。
 アッラーが唯一絶対の神であり、イスラム教の教理がその神の真理なのだから、イスラム教徒にはその真理に逆らう者達を糺し、神の真理に従わせる義務があるのです。


 神社の賽銭箱を壊したのは、神から与えられた義務を果たす行為なので、それを行った人を逮捕するのは不当逮捕なのです。

IMG_7835.jpg

 だ、だって神戸の神社もフランスの高校の先生も、あの悪趣味な雑誌社も、全然イスラム教には関係ないでしょう?
 それなのに何でイスラム教徒が、怒るの?
 「触らぬ神は祟りなし」じゃないの?

 でもイスラム教の教理では「触らぬ神は祟りなし」なんて発想自体が、神を冒涜しているのです。
 イスラム教ではこの賽銭箱を壊した犯人の言う通り「神はアッラーしかいない。」のです。 だからアッラー以外の「モノ」を神として祀っていはイケナイのです。
 そういう宗教は邪教なので破壊しなければならないのです。

IMG_7852.jpg

 またアッラーが唯一絶対の神なので、アッラーの教えだけが真実です。
 だからアッラーの教えには全ての人類が従わなくてはならないのです。
 つまりイスラム教徒でなくてもイスラム教の戒律は守らなければならないのです。
 そしてイスラム教徒には異教徒にそれを守らせる義務があるのです。


IMG_7859.jpg

 更にイスラム教にはイスラム法と言うのがあります。 イスラム教はムハンマド自身が国家を作ってイスラム教による統治をし、さらにそれがその後継者として拡大しサラセン帝国として中東からスペインまで支配した歴史があります。
 その為、その時代にこの統治の為の法が作られました。
 国家を法で統治するのは、現代の民主主義国家と同じですが、しかしイスラム法は預言者ムハンマドが作った法なので、人間が変える事はできません。

 その為奴隷制度など、サラセン帝国時代の制度がそのまま法的に肯定されています。
 ユダヤ教徒やキリスト教徒など非イスラム教徒にだけ課税する人頭税や、その他の宗教差別規定もそのままです。
 それでもユダヤ教徒とキリスト教徒は「聖典の民」として、一定の人格権を認められていますが、多神教徒は完全な邪教とされており、人格権を一切認められていません。

IMG_7897.jpg

 しかしイスラム教ではこのイスラム法こそがイスラム教徒が守るべき法であり、それ以外の法など法として認めてもいません。
 これだともう多様性どころじゃないです。

 だからイスラム教徒の移民を多数抱え込んだ、欧米ではテロが頻発しているし、文化摩擦も凄く起きています。
 そもそも法さへ守る意思がないのです。 
 「多様性が~~!!」と言っている人達は、こういう人達の存在をどう考えているのでしょうか?

IMG_7898.jpg

 数学的に言えば、多様性を認めない集合も、多様性と言う集合の中の一部です。 しかし他の集合に属する人達の価値観を一切認めない、自分の価値観に合わない人達は暴力を使って攻撃する。しかもそれが彼等の中では神から与えられた義務の履行である。
 現実の社会でこういう集団を取り込んで、彼等の言うところの「多様性を認める社会」「寛容な社会」を作れるのでしょうか?

 実際、イスラム移民を大量に受け入れた欧米では、イスラム原理主義者によるテロが頻発しているし、文化摩擦や犯罪が問題になっています。
 イスラム移民側には移民先の価値観や法を守る意思が一切ない、それどころか彼等の価値観ではそんなモノを尊重してはイケナイのだから、揉めて当然なのです。

IMG_8031.jpg

 「多様性が~~!!」と喚いているのは、こういう連中を受け入れてしまった欧米諸国の側で、受け入れてしまった以上「寛容」とか「多様性」とかを持ち出して、必死に融和を図るしかないのです。
 しかし融和って相手に融和する意思があって初めてできるモノです。
 相手には融和する意思が一切なく、こちらが敗北して、相手に服従するまで満足しない場合に融和などできるのでしょうか?
 

  1. シャベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(15)