2016-12-20 15:11

安倍総理の真珠湾訪問について

 安倍総理の真珠湾訪問についてはネット上で保守系の人達からの反対意見が出ています。

 「謝罪と思われる」
 「真珠湾攻撃と原爆投下が等価と認める事になる」

 大体以上の二つが反対意見です。

 しかしワタシは今回の訪問は賛成です。

033

 理由は単純です。

 中国と朝日新聞が反対しているから。

 中国は「安倍は真珠湾に行くなら、南京に来て謝罪しろ!!」と言い、勿論属国韓国もこれに同調しています。

 そして朝日新聞は「アジアに謝罪しろ」と言うのです。

 で、この中国と朝日新聞の対応から、安倍総理真珠湾訪問の真意がわかるのです。

035

 今回の訪問は謝罪ではありません。 菅官房長官も明言しました。
 
 真珠湾攻撃での日米の戦死者への慰霊です。

 大東亜戦争の始まりが真珠湾攻撃でした。 そして終わりが原爆投下です。

 そこで広島と真珠湾で、日米双方の最高指導者が共に犠牲者の慰霊をすることで、この戦争については双方が完全に遺恨を乗り越えて、共に死者を悼み冥福祈る関係になった事を世界に示すのです。

 日本とアメリカは20世紀最大の戦争をして、双方膨大な犠牲者を出したけれど、にも拘らずその後緊密な同盟関係を維持してきました。

 そしてこれからも更に緊密な関係を維持して行こうと言う決意を示すのです。

037

 これは中国にとっては大変困ります。

 日本はそもそも中華人民共和国とは戦争もしていないのですが、しかし70年代頃から中国は「抗日戦争」と言うプロパガンダを始めました。

 そしてソ連が崩壊して共産主義が立ち行かなくなり、「共産主義市場経済」なんぞいう奇怪な制度を取り入れるに及んで、まやかしの抗日戦争だけが中国共産党政権の正当性の唯一の根拠になったのです。

 また中国はこれにより「我は連合国だったアル。 アメリカの味方アル! 日本は枢軸国で敵アル!」と言うこれまたトンデモなプロパガンダを始めました。

 カイロ会談に毛沢東が出ていたと言うインチキ映画まで作っているのです。


 
 わかりやすい国ですね。

 中国とすれば自国は連合国、日本は枢軸国と言うプロパガンダにより日米の間に入り込もうとしているのです。

043

 そのような中国の立場からすれば、日米が大東亜戦争の遺恨を乗り越えて共に犠牲者の慰霊するなんてことは絶対にやって欲しくないのです。

 オバマ大統領が安倍総理と一緒に、日米双方の真珠湾の戦死者を悼むような事をしたら、日本軍が「悪」でなくなってしまいます。
 
 アメリカには何としても戦勝国として、日本を責め続けて欲しい、そして中国は同じ戦勝国として扱って欲しいのです。

 そしてそれを梃に尖閣諸島、更には沖縄侵略をアメリカに認めさせたいのです。

 だから中国と朝日新聞は今回の安倍総理の真珠湾慰霊に反対し、代わりに南京に来て謝罪しろと言うのです。

053

 だったら安倍総理には是非とも真珠湾を訪問し、日本の首相として日米両軍の戦死者に最高の敬意を表して測深からの慰霊をして貰うしかありません。

 勿論南京なんかには絶対行ってはイケマセン。

 日本とアメリカが共通して持つ価値観は民主主義や法治主義だけではありません。

 それは条約や盟約と、歴史に対する考え方です。

 日本でもアメリカでも歴史は学問、教養、娯楽であって、政治ではありません。 歴史の解釈は国家が決めるモノではなく、国民一人一人が自分自身の教養と思想信条宗教から自由に解釈するのです。

 そして戦争のような国家間のトラブルは、条約で解決します。 どんなに悲惨な戦争でも、一旦和平条約を結べは、その戦争についての善悪成否を政治問題化するような事はしないのです。

 このような価値観を共有するから、オバマ大統領と安倍総理が共に広島、そして真珠湾で死者の慰霊をすることが可能なのです。

050

 しかしこれは中国政府にとっては大変な脅威でしょう。
 
 こんな事をされたら日米同盟が強化されて尖閣諸島侵略が難しくなるばかりか、中国共産党の正当性を揺るがします。

 中国では条約も法も意味はありません。 だから歴史こそが政権の正統性の唯一の証明なのです。

 過去の悪は絶対に悪であることによって、今の政府が統治する権利を持つのです。

 だから過去の戦争の善悪正否を問わず日米双方の首脳が共に使者の慰霊なんてことをされては絶対に困るのです。

 それどころか政権の正統性を歴史に依拠すると言う中国的価値観そのモノが全否定されてしまいます。 

 そこで中国とその属国韓国、また中国政府の御用新聞である朝日新聞は必死に反対するのです。

 安倍総理は真珠湾に行くな!!
 南京へ来て謝罪しろ!!
 そうして中国共産党様の正当性を中国人民に示してくれろ!!

 と、言うわけでワタシは安倍総理の真珠湾訪問には大賛成です。 

064

 オマケ

 戦争に善悪正否を問わないと言う事になると、問題になるのが東京裁判、極東軍事裁判です。

 これは確かに本来の戦後処理として無法です。

 しかし連合国側の各国政府としてはこうでもしないと立場は無かったでしょう。

 だって大変な犠牲の末に勝利をしたのに、結果領土を広げ利益を得たのはソ連だけでした。 他の国は領土を広げるどころか、植民地を全部喪って丸裸になると言う無残さです。

 しかも良く考えれば、こんな戦争をしないで済む方法はあったのです。

 そこでせめて枢軸国を「極悪」にすることで、自国民への申し訳にするしかなかったのです。

067

 但し東京裁判と極東軍事裁判で戦犯になった人達の名誉は、サンフランシスコ講和条約直後に回復されています。

 戦犯として収監中の人達の釈放には、連合国側の合意が必要だったのですが、全ての国が合意してくれました。

 そして1954年日本が国連つまり連合国加盟を果たしました。
 この時NY国連本部で加盟受諾演説をしたのは、元A級戦犯重光葵です。

 この時A級戦犯の演説を問題にした国はありません。
 日本の国連=連合国加盟は全会一致で可決されたました。

 だから普通に考えれば極東軍事裁判の話はこれでオシマイなのです。

 極東軍事裁判なんてやったことは褒めた事ではないけれど、彼等にも立場があるし、それにやった数年後にチャラにしてくれたんだからこれ以上責める必要もないでしょう? 

2016y12m20d_153136866

 ところがこれを蒸し返したのは連合国側ではなく、中国の意を受けた朝日新聞です。

 つまり東条英機等A級戦犯の靖国神社合祀を問題化する「靖国参拝問題」です。
 
 しかしそもそも生きたA級戦犯が、連合国の本部で演説には、全ての国が拍手したのです。
 それなのに刑死したA級戦犯の祭祀を問題にすると言うのはあり得ないでしょう?

 そもそも死者の祭祀を政治問題にすると言う発想は、近代国家の物ではありません。

 刑死者の祭祀を問題にするなんて、近世以前の宗教裁判ぐらいです。 でもそれを煽ったのが戦後生まれ或いは戦後に成人した自称進歩的知識人だからお笑いです。

 これは丁度中国共産党が抗日戦争に正当性を求め始めた頃でした。

 この手の戦後レジームって、実は連合国やGHQがつくったのではなくて、戦後生まれもしくは戦後に成人した連中が勝手に作ったモノなのです。

  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2016-12-17 14:07

安倍・プーチン会談について

 安倍・プーチン会談の結果は期待外れと言う報道が主流です。
 安倍完敗と言う報道もあります。

 しかしワタシはそんなに単純な話ではないと思っています。 

 まず完敗説などが出たのは、今回の会談の前に「二島返還は当然、でもそれではダメ」なんて、やたらに希望的な報道が沢山出ていたかでしょう。

 でもワタシはこれは最初から無理だと思っていました。
 だって領土を手放すって、どんな政権にとっても命とりになるほど重大な問題なのです。

 そしてロシア人は北方領土は自分達が血で贖って得た領土と信じていますから、血を流す事なく手放す事など考えもいません。

051

 けれどもこれを交渉で取り返しても、もっと厄介なことがあります。

 北方領土を返還されたとして、一体どれほどの日本人がそこへ行って暮らすのですか?

 旧島民は故郷の返還を切望しているそうですが、それではその人達は返還されたら直ぐに北方領土に移住するのですか?

 ワタシは殆どの人は自分の所有地の確保はしても、北方領土への引っ越しはしないと思います。 だって引っ越して生活できませんから。
 
 今現在の北海道や本州での生活を捨てて、一から故郷での生活を切り開こうと言う人なんか殆どいないでしょう。

052

 そうなると北方領土に住むのはロシア人ばかりだと言う事になります。 だって軍事的手段でもない限り、今北方領土に住んでいるロシア人を追い出す事なんかできませんから。

 で日露政府が話し合いで北方領土を日本に引き渡しても、暫くしてから北方領土在住のロシア人達が、ロシア復帰を求める住民投票でもしたらオシマイでしょう?

 でもこれロシア政府が裏で糸を引かなくても自然に起きるんじゃないですか?

 ロシア人にすれば日本のマイノリティになるよりは、今まで通りロシア領のロシア人として暮らす方が良いに決まってますから。
 
 そして日本政府がこれを強権的に抑え込めば国際問題になり非常に厄介です。

 しかも住民投票による「ロシア復帰」が確定したら、これは住民の総意で民主的に決まったモノとして、ロシアの領土権が確定して、日本の領土権は完全になくなるのです。

 これは最悪です。

 逆に言えば北方領土にある程度経済的な基盤を作り、日本人が相当数住むようにならない限り、返還は意味がないのです。

 でも北方領土が経済的に発展したら、今度はロシアは益々手放したくなくなるでしょうから、領土返還への抵抗は更に大きくなります。

 だから北方領土返還交渉と言うのは実は非常に難しいのです。

063
 
 ワタシは日本にできる唯一の方法は、ロシアは普通では絶対に返還に応じない事を前提にして、しかし千載一遇のチャンスがあった時にはいつでも取れるように準備をすることです。

 実はその千載一遇のチャンスは嘗てありました。 ソ連崩壊の直後です。

 この時ソ連は混乱状態になり、バルト三国始めソ連領だった地域が次々と独立しました。 そしてソ連政府は北方領土なんかには手が回らなくなって、北方領土のロシア人達は窮乏しました。

 この時に日本が北方領土を強襲していれば、ソ連軍の抵抗など殆どなしに取り返す事ができたでしょう。

 でも日本はそのチャンスを逃してしまいました。

 そしてロシアはこの後、この危機に気づき、北方領土の防衛を強化しています。

064

 だから日本としては再度このようなチャンスが来た時に、逃さないようにするしかありません。

 ソ連崩壊は誰にも予想できませんでした。 だからチャンスを狙うなら常に準備する必要があるのです。

 でもそのチャンスだって案外早く来るかもしれません。

 例えばプーチンだって永遠に生きるわけではありません。 今ロシアはプーチンの強権政治で安定を保っているけど、これが永遠に続く事はないのです。

 だからソ連崩壊時のようなチャンスだって、またいつ来るかわかりません。
 その時に北方領土奪還ができるように準備しておけばよいのではありませんか?

 つまり領土権が曖昧な状態で、日本が北方領土の経済開発をして、北方領土に日本人が相当数移住して、日本の経済圏にしておけば、プーチン体制が崩壊した時に、軍事的手段でなく住民の意思による日本帰属と言う形の奪還だって可能です。

 でもその為には、一定の経済関係を持つと共に、北方領土在住ロシア人と国際社会に向けて、ここが本来日本領であり、日本の責任で統治する意思がある事を常に示しておく必要があります。

076

 尤も今現在、日本にとって最重要なのは実は北方領土の奪還ではありません。 
 
 対中防衛の為に、ロシアを中国側に行かせない。
 ロシアとある程度良好な関係を維持する事です。

 その為には領土問題には目を瞑り、ある程度の見せ金をちらつかせてロシアと友好を図る事も必要なのです。

 簡単に言うと結果がどうであれ、日本はロシアとは敵対しない、そこそこ友好関係になると言う事を示す必要があるのです。

2016y12m17d_143514330
 
 安倍さんは自分の世代で領土問題を解決したいと言っています。 
 ワタシは実は安倍さんと同年なのですが、そうなると平均寿命まで生きるとして後20年ぐらいはあります。

 その間にプーチン政権が崩壊すれば、領土問題は解決できるでしょう。
 でもプーチンの年齢と政権基盤の出鱈目さ、そしてそんな政権しか持てないロシアの経済構造の脆弱さを考えれば、これはそれなりに現実的な話です。

 今回の安倍・プーチン会談は、このような流れの中での話ではないでしょうか?

121

 オマケ 北方領土を奪還する方法

 領土権を曖昧にしたまま、日本から経済支援を行い、日本企業が北方領土に進出する。 ←いまここ
  ↓
 日本企業の進出に伴い日本人の移住を進める。
  ↓
 日本人移住と日本企業の進出により北方領土を完全に日本経済圏に取り込む。
  ↓
 プーチン政権の崩壊等ロシア政府が機能不全になった時に、北方領土在住の住民で住民投票を行い、日本復帰を決める。
  ↓
 直ぐに自衛隊が北方領土に上陸して、防衛体制を確保する。

136

北方領土を喪う最悪のシナリオ

 ロシアが多額の経済援助と引き換えに北方領土返還を約束する。
 「でも北方領土在住のロシア人の居住権はこのまま認めてね。 だって彼等はもう祖父母の代からここに暮らしているんだから」
  ↓
 ハイわかりました。
 北方領土が戻った万歳!!
 日本がこれを受け入れて、ロシアに経済支援を行う。
 しかし北方領土に移住する日本人は皆無。
  ↓
 ロシアが経済支援を全部受け取った頃に、北方領土在住のロシア人達が北方領土のロシア復帰を求めて住民投票を実施。
  ↓
 住民投票でロシア復帰可決。
  ↓
 住民の総意で民主的に北方領土のロシア復帰が決まる。
  ↓
 第二次大戦のドサクサで獲ったんじゃないよ。
 民主的に決まったのだからもう完全に北方領土はロシアの物だからね。

  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2015-01-26 15:28

2014年12月貿易収支黒字化

 たまたま2チャンを見ていたら、こんなカキコを見つけました。

23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載は禁止:2015/01/26(月) 14:47:40.87 ID:3A2tmDPE
12月の貿易収支 総 額 (原 値) (単位:百万円,%)
     平成26年12月  平成25年12月   伸 率
輸 出    6,896,467      6,109,178     12.9
輸 入    7,557,180      7,416,345      1.9
差 引    △660,713    △1,307,167     -49.5
円安で輸出の伸張が始まってるが、メディアはスルー
http://www.customs.go.jp/toukei/shinbun/trade-st/2014/201412c.xml#pg1

日本の貿易収支の推移
2015y01m26d_145543242.jpg

 マスゴミでは「円安になっても輸出は増えない。 貿易収支は黒字化しない。」と言われ続けました。 しかしここにきて、遂に貿易収支が黒字化したのです。

 元来円安になっても直ぐに輸出は増えないのです。 元々輸出価格は数か月単位の契約で決めていますから、契約期間が過ぎないと価格は変わりません。
 また円安が今後共続く見通しがなければ、輸出企業側も輸出価格を下げるわけには行きません。

 だから今月円が10円下がったから、今月その分輸出が増えると言うわけではないのです。

 プラザ合意でアメリカは円高ドル安政策を確定しましたが、アメリカの輸出が増えたのは合意の2年後からです。
 逆に円高になっても輸出が減るまでには、暫くかかりました。

 USドル/円の為替レートの推移(年次)
2015y01m26d_150248888.jpg

 円は2006年からコンスタントに下がり始めたけれど、2010年まで貿易収支は黒字を保ち続けました。 でも2011年から一期に赤字転落です。
 
 勿論今回の貿易収支の黒字化が今後共続くかどうかはわかりません。 輸出は為替レートだけでなく、輸出先の国々の経済状況の影響も大きいですから。

 ともあれパナソニック始め輸出企業の工場の国内回帰も始まりました。 

 金融緩和による円安誘導は、日本経済に良い影響を及ぼしているのではないでしょうか?


 
 
  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-11-25 12:39

エボラとデング熱でGDP減 増税推進派

 7~9月期のGDPが対前年比は1.8%のマイナスと言うショッキングな結果でした。
 んで、何でこんなことになったかと言うと・・・・・。
 ・地政学的リスクの拡大、エボラ出血熱・デング熱の感染拡大なんて想定外の事態がおきたからだそうです。
 断じて4月の消費税増税のせいではないのだそうです。

 アッ、笑っちゃダメ!!
 これはエライ人が内閣府の「今後の経済財政動向等についての点検会合」に提出した資料で書いているんだから!!

297

 ちゃんと詳しく書いています。

2014年4月の消費税率5%⇒8%への引上げによる影響
消費増税及び円安等による実質賃金の減少(想定内)
・増税前の駆け込み需要の反動(想定内)

・地政学的リスクの拡大、エボラ出血熱・デング熱の感染拡大(想定外)
・夏場の天候不順、西日本の大水害、台風、火山噴火等(想定外)
・春先以降の株価低迷等による将来期待の剥落(想定以上)

⇒個人は2013年に株式を8.8兆円売り越し。1-3月期までは資産効果継続
4月以降は2013年分も含めた資産効果等による反動減が出た可能性
・17年ぶりの消費増税及び物価高による消費マインドの低下(想定以上)

 んでこのエライ人は「世代間格差是正のためにも、予定通り再増税を実施・現役世代を元気にする政策を」と言うわけで、増税を推進しろと仰っているのです。

300

 ワタシは札幌市民なので、デング熱の騒動なんか、全然遠い世界の話だったのだけれど、東京や大阪じゃそんなに大変だったのかしら?
 この報告書を書いたエライ人は東京に住んでるみたいだけど、東京都内の公園の近くを歩くときは、防護服を着ていたのでしょうか?
 なるほどこれじゃ暑い頃は外出も大変だろうし、お洒落もできないから、消費だって増えないわけです。

 ワタシはこの「エボラとデング熱でGDP減少」の報告書の話は、チャンネル桜の討論会の動画で知りました。 
 それで「(エボラ デング熱 点検会合)で検索したら出て来るよ。」と言うので、驚いて動画を止めて検索したら、ホントに出てきたので仰天しました。

 ちなみにこの点検会合に招かれた有識者からは、「野菜不足で供給不足」とか他にも様々な珍説が沢山出たそうです。

 そしてこうした珍説を述べた人々が揃って「予定通り増税するべき!!」と言っているのです。

301

 でも彼等は嘘や冗談を言っているのではないのです。 
 本気なのです。

 そして余程の非常手段でも使わない限り、何が何でも増税する気なのです。
 だってエボラ出血熱やデング熱どころか、東日本大震災の最中でも増税を断行した実績があるじゃないですか?

 普通に考えると「減税や財政出動で、国民を甘やかすのはポピュリズム」で「辛くても苦しくても、愚民にどんなに不人気でも増税をして将来に備える」と言うのは、反ポピュリズムと思います。

 しかしホントにそうでしょうか?

313

 「辛くとも苦しくとも、今は痛みに耐えて、将来の為に頑張る」と言うのは、実は全て国民に凄くわかりやすい話です

 だって全て国民は、パートのオバちゃんから大企業の経営者や大規模自治体の首長まで、誰一人として自分で通貨を発行した事はありません。 お金とは天然物の魚介類のように、自分で作る事はできず、欲しければ努力して手に捕まえるしかない物です。
 そして借金をすれば、自分が節約したり何かで稼いだりして返すしかありません。

 だから皆、「借金はしてはいけない。 借金をしたらなるだけ早く返さなければいけない。 その為には少しぐらい辛い思いをしても、節約するべきだ。」と信じているのです。 皆倹約節約を心がけて地道に堅実に暮らしているのです。
 実際そうやって真面目に暮らさない人はホントに破産してしまうのです。
 
 だから「国の借金が沢山あるんだから、どんなに辛くとも増税するべきだ。」と言えば、それだけで皆コロリと参るのです。
 だってそれが日常の生活感覚にピッタリ来るのですから。

320
 
 逆に財政出動で景気回復とか金融緩和とかは、一般国民には全然馴染みがありません。
 まして「金融緩和でインフレを起こして、それによって雇用を増やす」なんて話は、これまで日本では殆ど知られていませんでした。
 
 「金融緩和→インフレ→雇用促進」は雇用促進策なので、欧米では実は労働組合などをバックにするリベラル政党の好む政策と言われます。
 しかし我が国では、なんと高学歴を誇る連合の労働貴族様もご存知なかったのです!!

 こんな有様ですから、これを一般国民に理解してもらうには、地道に説明を続けるしかありません。 

 そういう面倒に比べたら「将来の供えて増税」と言う方が余程楽なのです。 とにかくこう言っておけば、例え増税の結果がどんな大不況になろうとも「将来の為に敢えて苦しい道を選んだ高潔な人間」と言う倫理的な地位は確保できます。

 実際新井白石から濱口雄幸まで、緊縮財政派は庶民には大人気なのです。 
 そして経済を理解していない・・・・・と言うより金銭を卑しむ高潔な偉人賢人は、常に彼等を支持します。

 だから増税派は安心していついかなる場合でも増税を叫び、増税の結果が大不況でも「エボラとデング熱」など、ヨタを飛ばしておけばよいのです。

324

 また学問的な理由づけも簡単です。

 消費税増税のような場合は、増税で増えた税収は確実に計算できます。 しかしそれで法人税や所得税が減っても、これは「エボラとデング熱が原因」と言っておけば良いのです。
 だって・・・・・エボラとデング熱が原因ではないと言う証明は不可能です。
 幾ら常識的にオカシイと思っても・・・・・。

 また減税で景気が良くなって、法人税や所得税の税収が増えても、この税収増の原因を減税政策であると証明する事も不可能です。
 
 だから池田信夫なんか「増税で税収が減ると言う連中は数字をを示さない」と言うのです。

325

 そしてこの最強の理論、「将来の為に今の痛みに耐える」と言う倫理道徳と、「増税や減税による景気への効果の完全数理的計算不能」のコラボの元に、現実は吹き飛ぶのです。

 消費税増税で予想される税収増って、5兆円ぐらいです。 これは消費税を増税しても、全く消費が減らないし、不況にもならないと過程してです。

 日本の国債残高は1000兆円です。
 5兆円の増収分を全部国債返済に充てて、何年かかりますか?

 1000兆円÷5兆円=200

 200年!!かかるのですよ!! 200年!!

327
 
 1000万円借金のある人が「私はこれから節約して毎年5万円ずつ返済しますから、私の返済努力を認めてください。」と言ったら「ふざけるな!! 馬鹿野郎!!」と言われて、張り倒されるだけじゃないですか?

 ところが「国の借金」になると、「増税毎年5兆円税収が増えると、国債の信任が保てるが、その増税ができないと国債が暴落してハイパーインフレだぁ~~~!!」と言う話を、エライ人が大真面目にするのです。

 つまりは皆美しい倫理に満ちた言葉の前には、数理的発想など吹き飛ぶのでしょう。
 ワタシはこういうの逆ポピュリズムとでも言うべきじゃないかと思います。

 みんなが喜ぶ甘く美味しい話をして民衆を釣るのもポピュリズムですが、しかし逆に誰もが賞賛する辛くても苦しくても清く正しく美しい話、一見ポピュリズムに反する話で民衆を釣るのも、結局ポピュリズムだと思うのです。

337

 実際先日のチャンネル桜の討論会で、この点検会合の出席者だった小野先生は「出席者達の多くが倫理的理由による増税論」を唱えていたと仰っていました。

1/3【経済討論】消費税増税延期!どうなる日本経済[桜H26/11/22]


2/3【経済討論】消費税増税延期!どうなる日本経済[桜H26/11/22]


3/3【経済討論】消費税増税延期!どうなる日本経済[桜H26/11/22]


 大変長い討論会ですが、この中で高橋洋一が、安倍総理が2年半後の増税を確約したことについて説明しています。
 今までの内閣の解散までの平均年数は2.9年なので、2年半後の増税確約なんか意味がない、つまりまた簡単にチャラにできると言うのです。
 高橋らしい現実論なので、大変面白いです。
 
340

 推薦図書 息をするように嘘をつく韓国
  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-04-12 11:49

舎弟 ヤクザさん

 夕べネットをしていて面白い記事を拾いました。 「韓国人との「兄弟の契り」の予想外」と言う記事ですが、読んでいて何で韓国人がやたらに日本と韓国を兄弟扱いして、日本を「弟」と言いたがるかが良くわかりました。

 ところでこれを読んでいて、ワタシは一つの思い出が甦りました。


 それはワタシが道東の街北見の超三流大学の学生だった時代の話ですから、今からもう40年ぐらい前の事です。

 ある年ワタシは夏休に実家に帰る為に、北見駅から札幌行きの夜行列車に乗りました。

 列車は7割ぐらいの乗車率で、ワタシが座れたのは、隣がワタシと同年配の女性、向かいには暴力団風のチョッと怖いサングラスの中年男性がいる席でした。

 汽車が北見を出て暫くすると、ワタシ達は何となくおしゃべりを始めました。 

 それでわかったのですが、ワタシと同年配の若い女性は、北大の学生で網走まで旅行した帰りでした。

 そして暴力団風の中年男性は、本物の暴力団員でした。 しかし彼は大変明るく饒舌で、しかもその話が大変面白かったので、ワタシと北大生の女性は札幌に着くまで10時間近く、殆ど彼の話を聞き続ける事になったのです。

 
 話によると彼は美幌の出身で関東の暴力団の中堅幹部でした。 

 ところが大事な舎弟が重い心臓病にかかって入院が必要しなければらなくなりました。 でも関東の病院はどこも満床で入院できませんでした。 それでも彼は何とかつてを探って、札幌の国立病院のベッドを見つけ出しました。

 しかし関東から札幌への移動が大変でした。
 病気の為飛行機は使えません。 しかも当時は北海道旅行が大流行だったため、汽車も寝台車は勿論指定席も全部満席でした。
 それで彼等義兄弟は自由席にのるしかありませんでした。 しかしそこも満席で座る事もできません。

 舎弟は病気の為、手足がむくんでバンバンに膨れがっていると言うのに・・・・。

 それで彼は車掌に泣きついて、何とか舎弟を車掌室に寝かせて貰ったそうです。 そして自分は東京から札幌まで立ちっぱなしだったそうです。 

 そうやってようたく札幌の病院にたどり着き、舎弟を入院させました。

 そして何日も病院に泊まり込んで舎弟に付き沿い看護しました。

 医者は病院食以外は絶対食べさせるなと言ったけれど、舎弟がどうしても寿司を食いたいと言うので、医者に内緒で寿司を食わせた。 でも幾らなんで刺激物は不味いだろうと思って、山葵だけは取り除いた。

 舎弟がタバコを吸いたいと言うので、これも少しだけは医者に内緒で吸わせた。 酒も欲しがったが、これは絶対医者にバレるだろうから諦めさせた。

 こんな看護を続けて、それでも舎弟の容体が良くなってきたので、彼は3日ほど故郷美幌へ行ったのでした。 
 
 そしてこれからまた札幌へ戻り、舎弟の看護を続けると言いました。

 彼はこんな話をごく普通に淡々と続けました。 彼はこれらの舎弟の為の大変な献身を、全く自慢するでもなく、またそれを苦労と思っているわけでもないようでした。
 こうして舎弟の面倒を見るのは、全く当然のことであると思っているようでした。

 ワタシはしかし内心非常に感動し、また驚きました。
 ヤクザの兄貴分弟分と言う関係が、本当にこんなに深い情愛で結ばれているとは・・・・・。 あれは演歌や映画だけの話ではないのか?
 
 それともこれは特別なのか?

 医者に内緒で病院の規則をドンドン破っちゃうのが、ヤクザさんなのでしょうが、しかし全くの他人にここまで親身に看護すると言う事は普通の世界ではないでしょう。

 暴力団に入るような人達は、不幸な家庭で育った人が殆どですから、このような人間関係のある世界に一度入れば、出たくないのは当然かも知れません。 或はそう言う物を求めて暴力団に入ってしまうのでしょう。


 しかしこのヤクザさんの話は、日本人のイメージにある理想の義兄弟、兄貴分と舎弟の関係その物です。
 だから韓国の義兄弟の話を読んで直ぐに何十年も前の思いでが甦ったのです。

 でもこれだと義兄弟の兄貴分になるのって、物凄い負担が重いです。 舎弟ができたと簡単に喜べるような話ではありません。

 彼はこの他にも暴力団員の生活のイロイロ話してくれました。 それも本当に面白い話でした。

 あの夜行列車の夜は本当に楽しかったです。 
 あれから40年、彼はどうしているのでしょうか?
 彼と舎弟の兄弟愛はあれからもずうっと続いたのでしょうか?

  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(6)