FC2ブログ

2020-06-16 00:06

安倍昭惠叩きを見ると野党とマスゴミの女性差別

 ワタシは安倍昭惠という女は大嫌いです。
 馬鹿で軽率で、初老になっても女子学生気分で、愚かしい社会活動に耽るって、夫の足を引っ張り続けているのですから。

 しかし安倍昭惠の行状がいくら愚かしくても、それを国会で問題にするというのは、一体どういう事でしょうか?

 安倍首相、昭恵夫人の奔放行動の非を認めず余計に信頼失墜
 新型コロナに関しての安倍首相の発言は「虚言」「詭弁」「責任逃れ」ばかりだった。
 ただし、この総理は身内には甘い。本誌・週刊ポストは国民が自粛で花見や旅行を控えていた3月下旬、昭恵夫人が“花見”を楽しんでいたことを報じた。首相は国会でこう開き直った。
「自粛が要請されていた公園での花見ではなく、レストランの敷地内の桜で写真撮影した」(3月27日)
 さらに宴会の自粛要請が出ている中で適切かと追及されると、「レストランに行ってはいけないのか」と色をなした。
 まだある。やはり昭恵夫人が3月15日に大分県の宇佐神宮に旅行していたことが報じられると、「妻が大分県を訪問し、神社を参拝することについては事前に本人より聞いていたが、その際、3密とならないようにしっかり気をつけてもらいたいと申し上げている」(4月17日国会答弁)。
 事前に知っていたなら、なぜ「オレは全国に休校要請までしている。こんな時期に旅行は控えてくれ」と夫人を止めなかったのか。
 国民から見ると、“天衣無縫”で知られるファーストレディの“自粛破り”の行動以上に、安倍首相の言い逃れと開き直りに失望させられた。
 コミュニケーション・トレーニングやPRセミナーを運営するグローコム代表の岡本純子氏が語る。
「安倍首相は政府の非については比較的素直に認める傾向があるが、自分自身や身内の非については頑なに認めようとしない。昭恵夫人の行動も謝ればすむ話なのに、非を認めないから余計に信頼を失ってしまう」
※週刊ポスト2020年6月26日号

 実に呆れるのだけれども、コロナウィルスのパンデミックに対する問題で、日本の野党が最も熱心に追及し続けたのが、安倍昭惠氏の行状です。
 
 感染地からの渡航者をどうするのか? 
 感染者が増えた場合の病床は足りるのか?
 経済への悪影響をどう食い止めるのか?

 などと言った喫緊で重要な課題については、野党は全く無関心でした。
 野党はこうした事に関しては質問さへしていません。

 代わりに安倍昭惠氏が芸能人と花見をしたとか、旅行に行ったとか、そういう問題の方が彼等には重要だったのです。
 欧米先進国で次々と感染爆発が起きて、万人単位で人が死んでいき、世界のメディアが東京の感染者数から「二週間後は武漢になる、NYになる」と書き立てました。

 しかし野党にはそんなことよりも安倍昭惠氏が芸能人を花見をしたとか、旅行に行った事の方が重要だったのです。

 ワタシは実は安倍総理と同じ年ですが、しかしこれまで国会が首相の妻の行動を問題にしたという例を知りません。
 イヤ、幾ら平和で呑気な時代でも、首相の妻の行状なんて、文字通り完全な首相のプライバシーに属するような話は、国会ですることではないのです。

 するとテレビも新聞もノリノリでこれを取り上げ、挙句に「自分の女房も管理できな奴に首相が務まるのか?」などと気勢を上げました。

 するとこれまた大変不思議な事ですが、野党の女性議員達はこれに対して全く反論も非難もしませんでした。

 ??
 あのう・・・・、福島瑞穂さんとか辻本清美さんとかって、「妻は夫の付属品」と思っていらしたんですか?

 ワタシはネトウヨで、福島瑞穂さんのような馬鹿フェミの振り回す「女性の人権」には辟易しているのですが、しかしそれでもやはり戦後生まれの女ですから「妻は夫の付属品」とは思っていません。

 夫がどのような地位や職業であれ、妻は妻で別人格ですから、夫が妻を管理してよいわけはありません。
 ワタシは福島瑞穂のような馬鹿フェミとは違って、結婚したからには夫婦は互いに助け合い協力しあうべきだとは思います。
 
 しかしだからと言って、夫が自分の仕事や社会的地位にとって不都合だという理由で、妻の行動を制限する権利はないでしょう?
 
 そもそも夫婦がどこまで相手の為に協力するかは、それぞれの夫婦が話し合って決める事で、他人がとやかく言う話でもありません。

 ところが野党議員やマスコミは安倍総理が家父長意識をむき出しにして妻たる安倍昭惠氏を家に閉じ込めておかなかったと言って非難したのです。

 彼等が安倍昭惠氏を非難する理由は、安倍総理が感染防止のための自粛を呼び掛けているのに、妻は花見や旅行をしているのはケシカラン!!

 そりゃ感染防止のために皆が自粛している時に、花見や旅行をするのは褒めた事じゃないですよ。
 安倍昭惠に多少なりとも知恵か夫への愛情があれば、こんなバカな事は市内とは思いますよ。」」

 でも安倍昭惠のやったことは軽率で愚かしいだけで、違法はないのです。
 それなのに夫が自分の立場状不都合という理由で、妻の行動をやめさせる権利があるのですか?

 真のフェミニストならこういう時こそ、この男尊女卑剥き出しの連中を叱り、「妻と夫は別人格!!」「安倍晋三には安倍昭惠の行動を規制する権利はない!!」というべきではありませんか?

 要するにコイツラ、本心は徹底的な女性差別主義者なのです。
 日頃「女性の人権が~!!」とか言いながら、それじゃ安倍昭惠が女性として自分の権利を行使すると、たちまち彼女の夫に「何でオマエは女房を管理しないのだ!!」と怒鳴り込んでくるのですから。

 それも友人知人や親戚などの仲間内で、陰口レベルでいうのならまだしも、国会でやるからすごいです。

 マジに思います。
 こんな連中には女性の人権とかプライバシーとかいう文明人の概念は絶対に理解できないだと。
  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2019-06-25 13:05

「安倍のイラン外交」の成功とは?

 日本のタンカーが攻撃された事で、反安倍派の皆さんは大喜びです。
 彼等によれば「安倍のイラン外交は失敗」なのだそうです。

 でもホントにそうなのですか?

 反安倍派の「安倍のイラン外交失敗論」を読んでいて呆れるのですが、どうやら彼等にとってイラン外交が成功するというのは、つまり安倍総理がイランを訪問したら、即日、イランとアメリカが和解して、イランの核開発やテロ支援も、またアメリカの中東での軍事プレゼンスもなくなると言う事らしいのです。

 しかしこんな事は、イエス・キリストとムハンマドが、同時に出現して「オマイラ、戦争止めろや!」とでも言わない限り不可能です。

IMG_1202

 そもそもイランは安倍総理訪問直前に、アメリカに対して笑っちゃう程図々し要求をしていました。
 
 米国が核合意に戻ること
 イランが被った損害を米国が補償すること
 国際的な対イラン経済制裁を解除すること

 幾ら安倍さんが仲介しても、こんな事をアメリカが呑むはずもない事は、イランだって百も承知でしょう?
 
 だからもしホントにイランがこんな要求の実現を安倍総理に期待するなら、イランは最初から安倍総理を招待しなかったでしょうし、またハメニイ師が安倍総理と会談する事もないでしょう。

 なぜなら安倍総理を招待した挙句に、アメリカとの対立を激化させれば、安倍総理の顔を潰す事になります。
 
 でもそんなことをしてもイランには、一文の得にもなりません。
 
 安倍総理がトランプ大統領の側に立っており、イランには不服であっても、日本はイランにとって唯一西側でイランと友好関係を維持している国なのです。
 だから今後とも大切にしていかなければならない国なのです。

 そういう国の首相を敢えてて蔑ろにして、敵側に追いやってしまったら、今後西側諸国でイランと話しができる国がなくなってしまいます。 
 そんなことになるぐらいなら、最初から安倍総理を招待しない方がマシです。

 だからイランが安倍総理を招待したのは、本当にアメリカとの仲介を期待したからです。
 それどころか安倍総理だけが対米開戦回避の頼みの綱と思っているでしょう。

 それだからこそトランプ大統領訪日直前に態々外相を日本に送り、安倍総理のイラン訪問を要請したのです。

IMG_1598

 それではなぜイランは安倍総理訪日前に、あんな図々しい要求をしたり、タンカーを攻撃したのでしょうか?

 これはハメニイ師の立場を考えれば、わかります。

 イスラム革命以降、イランのイスラム指導者達は、ひたすら反米を国是に国を引っ張り続けたのです。
 その為に経済制裁を食らって、国民経済は疲弊し続けました。

 それなのにここで今更「アメリカと戦争になったら負けちゃうから勘弁してください。 オレ達サダム・フセインみたいになりたくないです。」なんて言えるわけはないのです。

 戦争は絶対に回避したいのですが、しかし一方で国内の支持者や世界中のシーア派原理主義者達のには「
オレタチはアメリカが怖くてヘタレたのではない。」と言うポーズは取り続けなくてはなりません。

 それがつまりあのやたらに図々しい要求や、タンカー攻撃でしょう?

2019y06m25d_135016462

 因みにあのタンカー攻撃は、ひたすら「日本のタンカー攻撃」と報道されていますが、しかしあのタンカーはそもそも日本船籍でもなければ、日本の海運会社の所有でもありません。
 日本の国旗を掲げていたわけでもなく、日本人の船員もいませんでした。
 日本の海運会社から頼まれた荷物を運んでいるだけなのです。

 だから攻撃した側からすれば、日本のタンカーを攻撃したという意識はなかったでしょう?

 あのタンカーを攻撃したのは、アメリカの言う通りイランのイスラム革命防衛隊でしょう。

 連中はこれまでも何度かタンカーを攻撃したのですが、攻撃されたタンカーの国籍は様々です。
 つまり連中はこれまでホルムズ海峡を行き来するタンカーを、アトランダムに攻撃して「オレ達はイザとなったらホルムズ海峡を封鎖する事だってできるんだ。 オレ達はアメリカなんか怖くないんだ。」と言いたかっただけでしょう。

 それなの攻撃したタンカーの一隻が、よりも寄って日本の荷物を積んでたなんて・・・・。
 イラン側は今頭を抱えているんじゃないですか?

 だから日本も敢えて、直ぐに「イランがやった!! 許さん!」とは言わないのでしょう。
 そしてイラン側には「あの件は犯人不詳と言う事にしてやるから、いつまでもカッコつけてないで、早くアメリカとの話し合い始めろよ。」と言っているのでしょう。

 イランとすればここは考えどころです。
 もしこれで安倍総理に見捨てられたら、アメリカとの仲介をしてくれる国はありません。
 そうなると戦争を回避したいなら、自分で直接アメリカに頭を下げるしかないのですから。

IMG_1602

 安倍総理ができる事は、そうやってできるだけ早く、イランとアメリカを和解のテーブルに着かせる事なのです。
 
 但しイランもアメリカも、望んでいるのは目前の戦争の回避だけで、恒久的な和解ではありません。
 だってそもそもよって立つ価値観が全然違い、しかもそれぞれの価値観が相手の存在を否定しているのですから、恒久的な和解など絶対に不可能なのです。

 でもそれでもとにかく話し合いが始まれば、その間だけは武力行使は避けられるし、そしてその話会いが延々と続けば武力行使の話もそのうちうやむやになる事だって期待できます。

 つまり安倍総理のイラン外交の成功と言うのは、目前の戦争が回避されて、イランとアメリカが話し合いのテーブルに着くという事です。
 それ以上は一切期待していないでしょう。

 また話し合いを始める前に暫くは、イラン・アメリカ双方がお互い「オレは強いんだ!! お前なんかぶっ殺してやる!」と言い合います。
 そしてこのタンカー攻撃みたいな、小競り合いは起こすでしょう。
 
 だから安倍総理はそれを承知の上で、小競り合いがエスカレートしすぎないように窘めながら、間合いを図って水を入れようとしているのです。

 その状況を見て「安倍のイラン外交の失敗」と言う人達は、実はそもそも「喧嘩の仲裁」と言う事の意味を全く理解していないのではないでしょうか?

IMG_1633

 国際紛争でなくて、個人同士の喧嘩の仲裁を考えてもわかりますよね。

 子供の兄弟喧嘩を親が仲裁するような場は、子供達を叱り飛ばして、一発で喧嘩を止めさせることも可能です。

 しかし大人同士の喧嘩の仲裁では、こんな事はできません。
 例えば友達同士が喧嘩をしていたら、どうしますか?

 友達同士の喧嘩を仲裁する時にできるのは、双方の話を親身に聞いてやり、双方が過剰に持っている不信感や敵対意識を取り除き、双方が冷静を取り戻して話し合えるようにしてやる事だけでしょう?

 でもこれって結構時間がかかりますよね?

 安倍総理がやろうとしているイラン外交は、当にこれなのですから、勿論これから相当の時間がかかります。

IMG_1204

 それでもイランとアメリカが戦争を始めたら、それこそホントにホルムズ海峡は封鎖されて、日本だけでなく世界中がエネルギー危機に陥ります。
 勿論当事国であるアメリカにとっても、イランにとっても大変な悲劇です。

 だから世界中の人達が、安倍総理のイラン外交に期待しているのです。
 そしてイランとアメリカ双方が、本当に戦争は回避したくて、安倍総理の仲介を頼んだのですから、成功確率は十二分に高いと思います。

 尤も反安倍派の人達は、イランとアメリカの戦争がどんなに悲惨な結果になろうとも、ホルムズ海峡封鎖で世界中がエネルギー危機に陥ろうとも「安倍のイラン外交」が失敗する事を望んでいるようですが。
 
  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2016-12-20 15:11

安倍総理の真珠湾訪問について

 安倍総理の真珠湾訪問についてはネット上で保守系の人達からの反対意見が出ています。

 「謝罪と思われる」
 「真珠湾攻撃と原爆投下が等価と認める事になる」

 大体以上の二つが反対意見です。

 しかしワタシは今回の訪問は賛成です。

033

 理由は単純です。

 中国と朝日新聞が反対しているから。

 中国は「安倍は真珠湾に行くなら、南京に来て謝罪しろ!!」と言い、勿論属国韓国もこれに同調しています。

 そして朝日新聞は「アジアに謝罪しろ」と言うのです。

 で、この中国と朝日新聞の対応から、安倍総理真珠湾訪問の真意がわかるのです。

035

 今回の訪問は謝罪ではありません。 菅官房長官も明言しました。
 
 真珠湾攻撃での日米の戦死者への慰霊です。

 大東亜戦争の始まりが真珠湾攻撃でした。 そして終わりが原爆投下です。

 そこで広島と真珠湾で、日米双方の最高指導者が共に犠牲者の慰霊をすることで、この戦争については双方が完全に遺恨を乗り越えて、共に死者を悼み冥福祈る関係になった事を世界に示すのです。

 日本とアメリカは20世紀最大の戦争をして、双方膨大な犠牲者を出したけれど、にも拘らずその後緊密な同盟関係を維持してきました。

 そしてこれからも更に緊密な関係を維持して行こうと言う決意を示すのです。

037

 これは中国にとっては大変困ります。

 日本はそもそも中華人民共和国とは戦争もしていないのですが、しかし70年代頃から中国は「抗日戦争」と言うプロパガンダを始めました。

 そしてソ連が崩壊して共産主義が立ち行かなくなり、「共産主義市場経済」なんぞいう奇怪な制度を取り入れるに及んで、まやかしの抗日戦争だけが中国共産党政権の正当性の唯一の根拠になったのです。

 また中国はこれにより「我は連合国だったアル。 アメリカの味方アル! 日本は枢軸国で敵アル!」と言うこれまたトンデモなプロパガンダを始めました。

 カイロ会談に毛沢東が出ていたと言うインチキ映画まで作っているのです。


 
 わかりやすい国ですね。

 中国とすれば自国は連合国、日本は枢軸国と言うプロパガンダにより日米の間に入り込もうとしているのです。

043

 そのような中国の立場からすれば、日米が大東亜戦争の遺恨を乗り越えて共に犠牲者の慰霊するなんてことは絶対にやって欲しくないのです。

 オバマ大統領が安倍総理と一緒に、日米双方の真珠湾の戦死者を悼むような事をしたら、日本軍が「悪」でなくなってしまいます。
 
 アメリカには何としても戦勝国として、日本を責め続けて欲しい、そして中国は同じ戦勝国として扱って欲しいのです。

 そしてそれを梃に尖閣諸島、更には沖縄侵略をアメリカに認めさせたいのです。

 だから中国と朝日新聞は今回の安倍総理の真珠湾慰霊に反対し、代わりに南京に来て謝罪しろと言うのです。

053

 だったら安倍総理には是非とも真珠湾を訪問し、日本の首相として日米両軍の戦死者に最高の敬意を表して測深からの慰霊をして貰うしかありません。

 勿論南京なんかには絶対行ってはイケマセン。

 日本とアメリカが共通して持つ価値観は民主主義や法治主義だけではありません。

 それは条約や盟約と、歴史に対する考え方です。

 日本でもアメリカでも歴史は学問、教養、娯楽であって、政治ではありません。 歴史の解釈は国家が決めるモノではなく、国民一人一人が自分自身の教養と思想信条宗教から自由に解釈するのです。

 そして戦争のような国家間のトラブルは、条約で解決します。 どんなに悲惨な戦争でも、一旦和平条約を結べは、その戦争についての善悪成否を政治問題化するような事はしないのです。

 このような価値観を共有するから、オバマ大統領と安倍総理が共に広島、そして真珠湾で死者の慰霊をすることが可能なのです。

050

 しかしこれは中国政府にとっては大変な脅威でしょう。
 
 こんな事をされたら日米同盟が強化されて尖閣諸島侵略が難しくなるばかりか、中国共産党の正当性を揺るがします。

 中国では条約も法も意味はありません。 だから歴史こそが政権の正統性の唯一の証明なのです。

 過去の悪は絶対に悪であることによって、今の政府が統治する権利を持つのです。

 だから過去の戦争の善悪正否を問わず日米双方の首脳が共に使者の慰霊なんてことをされては絶対に困るのです。

 それどころか政権の正統性を歴史に依拠すると言う中国的価値観そのモノが全否定されてしまいます。 

 そこで中国とその属国韓国、また中国政府の御用新聞である朝日新聞は必死に反対するのです。

 安倍総理は真珠湾に行くな!!
 南京へ来て謝罪しろ!!
 そうして中国共産党様の正当性を中国人民に示してくれろ!!

 と、言うわけでワタシは安倍総理の真珠湾訪問には大賛成です。 

064

 オマケ

 戦争に善悪正否を問わないと言う事になると、問題になるのが東京裁判、極東軍事裁判です。

 これは確かに本来の戦後処理として無法です。

 しかし連合国側の各国政府としてはこうでもしないと立場は無かったでしょう。

 だって大変な犠牲の末に勝利をしたのに、結果領土を広げ利益を得たのはソ連だけでした。 他の国は領土を広げるどころか、植民地を全部喪って丸裸になると言う無残さです。

 しかも良く考えれば、こんな戦争をしないで済む方法はあったのです。

 そこでせめて枢軸国を「極悪」にすることで、自国民への申し訳にするしかなかったのです。

067

 但し東京裁判と極東軍事裁判で戦犯になった人達の名誉は、サンフランシスコ講和条約直後に回復されています。

 戦犯として収監中の人達の釈放には、連合国側の合意が必要だったのですが、全ての国が合意してくれました。

 そして1954年日本が国連つまり連合国加盟を果たしました。
 この時NY国連本部で加盟受諾演説をしたのは、元A級戦犯重光葵です。

 この時A級戦犯の演説を問題にした国はありません。
 日本の国連=連合国加盟は全会一致で可決されたました。

 だから普通に考えれば極東軍事裁判の話はこれでオシマイなのです。

 極東軍事裁判なんてやったことは褒めた事ではないけれど、彼等にも立場があるし、それにやった数年後にチャラにしてくれたんだからこれ以上責める必要もないでしょう? 

2016y12m20d_153136866

 ところがこれを蒸し返したのは連合国側ではなく、中国の意を受けた朝日新聞です。

 つまり東条英機等A級戦犯の靖国神社合祀を問題化する「靖国参拝問題」です。
 
 しかしそもそも生きたA級戦犯が、連合国の本部で演説には、全ての国が拍手したのです。
 それなのに刑死したA級戦犯の祭祀を問題にすると言うのはあり得ないでしょう?

 そもそも死者の祭祀を政治問題にすると言う発想は、近代国家の物ではありません。

 刑死者の祭祀を問題にするなんて、近世以前の宗教裁判ぐらいです。 でもそれを煽ったのが戦後生まれ或いは戦後に成人した自称進歩的知識人だからお笑いです。

 これは丁度中国共産党が抗日戦争に正当性を求め始めた頃でした。

 この手の戦後レジームって、実は連合国やGHQがつくったのではなくて、戦後生まれもしくは戦後に成人した連中が勝手に作ったモノなのです。

  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2016-12-17 14:07

安倍・プーチン会談について

 安倍・プーチン会談の結果は期待外れと言う報道が主流です。
 安倍完敗と言う報道もあります。

 しかしワタシはそんなに単純な話ではないと思っています。 

 まず完敗説などが出たのは、今回の会談の前に「二島返還は当然、でもそれではダメ」なんて、やたらに希望的な報道が沢山出ていたかでしょう。

 でもワタシはこれは最初から無理だと思っていました。
 だって領土を手放すって、どんな政権にとっても命とりになるほど重大な問題なのです。

 そしてロシア人は北方領土は自分達が血で贖って得た領土と信じていますから、血を流す事なく手放す事など考えもいません。

051

 けれどもこれを交渉で取り返しても、もっと厄介なことがあります。

 北方領土を返還されたとして、一体どれほどの日本人がそこへ行って暮らすのですか?

 旧島民は故郷の返還を切望しているそうですが、それではその人達は返還されたら直ぐに北方領土に移住するのですか?

 ワタシは殆どの人は自分の所有地の確保はしても、北方領土への引っ越しはしないと思います。 だって引っ越して生活できませんから。
 
 今現在の北海道や本州での生活を捨てて、一から故郷での生活を切り開こうと言う人なんか殆どいないでしょう。

052

 そうなると北方領土に住むのはロシア人ばかりだと言う事になります。 だって軍事的手段でもない限り、今北方領土に住んでいるロシア人を追い出す事なんかできませんから。

 で日露政府が話し合いで北方領土を日本に引き渡しても、暫くしてから北方領土在住のロシア人達が、ロシア復帰を求める住民投票でもしたらオシマイでしょう?

 でもこれロシア政府が裏で糸を引かなくても自然に起きるんじゃないですか?

 ロシア人にすれば日本のマイノリティになるよりは、今まで通りロシア領のロシア人として暮らす方が良いに決まってますから。
 
 そして日本政府がこれを強権的に抑え込めば国際問題になり非常に厄介です。

 しかも住民投票による「ロシア復帰」が確定したら、これは住民の総意で民主的に決まったモノとして、ロシアの領土権が確定して、日本の領土権は完全になくなるのです。

 これは最悪です。

 逆に言えば北方領土にある程度経済的な基盤を作り、日本人が相当数住むようにならない限り、返還は意味がないのです。

 でも北方領土が経済的に発展したら、今度はロシアは益々手放したくなくなるでしょうから、領土返還への抵抗は更に大きくなります。

 だから北方領土返還交渉と言うのは実は非常に難しいのです。

063
 
 ワタシは日本にできる唯一の方法は、ロシアは普通では絶対に返還に応じない事を前提にして、しかし千載一遇のチャンスがあった時にはいつでも取れるように準備をすることです。

 実はその千載一遇のチャンスは嘗てありました。 ソ連崩壊の直後です。

 この時ソ連は混乱状態になり、バルト三国始めソ連領だった地域が次々と独立しました。 そしてソ連政府は北方領土なんかには手が回らなくなって、北方領土のロシア人達は窮乏しました。

 この時に日本が北方領土を強襲していれば、ソ連軍の抵抗など殆どなしに取り返す事ができたでしょう。

 でも日本はそのチャンスを逃してしまいました。

 そしてロシアはこの後、この危機に気づき、北方領土の防衛を強化しています。

064

 だから日本としては再度このようなチャンスが来た時に、逃さないようにするしかありません。

 ソ連崩壊は誰にも予想できませんでした。 だからチャンスを狙うなら常に準備する必要があるのです。

 でもそのチャンスだって案外早く来るかもしれません。

 例えばプーチンだって永遠に生きるわけではありません。 今ロシアはプーチンの強権政治で安定を保っているけど、これが永遠に続く事はないのです。

 だからソ連崩壊時のようなチャンスだって、またいつ来るかわかりません。
 その時に北方領土奪還ができるように準備しておけばよいのではありませんか?

 つまり領土権が曖昧な状態で、日本が北方領土の経済開発をして、北方領土に日本人が相当数移住して、日本の経済圏にしておけば、プーチン体制が崩壊した時に、軍事的手段でなく住民の意思による日本帰属と言う形の奪還だって可能です。

 でもその為には、一定の経済関係を持つと共に、北方領土在住ロシア人と国際社会に向けて、ここが本来日本領であり、日本の責任で統治する意思がある事を常に示しておく必要があります。

076

 尤も今現在、日本にとって最重要なのは実は北方領土の奪還ではありません。 
 
 対中防衛の為に、ロシアを中国側に行かせない。
 ロシアとある程度良好な関係を維持する事です。

 その為には領土問題には目を瞑り、ある程度の見せ金をちらつかせてロシアと友好を図る事も必要なのです。

 簡単に言うと結果がどうであれ、日本はロシアとは敵対しない、そこそこ友好関係になると言う事を示す必要があるのです。

2016y12m17d_143514330
 
 安倍さんは自分の世代で領土問題を解決したいと言っています。 
 ワタシは実は安倍さんと同年なのですが、そうなると平均寿命まで生きるとして後20年ぐらいはあります。

 その間にプーチン政権が崩壊すれば、領土問題は解決できるでしょう。
 でもプーチンの年齢と政権基盤の出鱈目さ、そしてそんな政権しか持てないロシアの経済構造の脆弱さを考えれば、これはそれなりに現実的な話です。

 今回の安倍・プーチン会談は、このような流れの中での話ではないでしょうか?

121

 オマケ 北方領土を奪還する方法

 領土権を曖昧にしたまま、日本から経済支援を行い、日本企業が北方領土に進出する。 ←いまここ
  ↓
 日本企業の進出に伴い日本人の移住を進める。
  ↓
 日本人移住と日本企業の進出により北方領土を完全に日本経済圏に取り込む。
  ↓
 プーチン政権の崩壊等ロシア政府が機能不全になった時に、北方領土在住の住民で住民投票を行い、日本復帰を決める。
  ↓
 直ぐに自衛隊が北方領土に上陸して、防衛体制を確保する。

136

北方領土を喪う最悪のシナリオ

 ロシアが多額の経済援助と引き換えに北方領土返還を約束する。
 「でも北方領土在住のロシア人の居住権はこのまま認めてね。 だって彼等はもう祖父母の代からここに暮らしているんだから」
  ↓
 ハイわかりました。
 北方領土が戻った万歳!!
 日本がこれを受け入れて、ロシアに経済支援を行う。
 しかし北方領土に移住する日本人は皆無。
  ↓
 ロシアが経済支援を全部受け取った頃に、北方領土在住のロシア人達が北方領土のロシア復帰を求めて住民投票を実施。
  ↓
 住民投票でロシア復帰可決。
  ↓
 住民の総意で民主的に北方領土のロシア復帰が決まる。
  ↓
 第二次大戦のドサクサで獲ったんじゃないよ。
 民主的に決まったのだからもう完全に北方領土はロシアの物だからね。

  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2015-01-26 15:28

2014年12月貿易収支黒字化

 たまたま2チャンを見ていたら、こんなカキコを見つけました。

23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載は禁止:2015/01/26(月) 14:47:40.87 ID:3A2tmDPE
12月の貿易収支 総 額 (原 値) (単位:百万円,%)
     平成26年12月  平成25年12月   伸 率
輸 出    6,896,467      6,109,178     12.9
輸 入    7,557,180      7,416,345      1.9
差 引    △660,713    △1,307,167     -49.5
円安で輸出の伸張が始まってるが、メディアはスルー
http://www.customs.go.jp/toukei/shinbun/trade-st/2014/201412c.xml#pg1

日本の貿易収支の推移
2015y01m26d_145543242.jpg

 マスゴミでは「円安になっても輸出は増えない。 貿易収支は黒字化しない。」と言われ続けました。 しかしここにきて、遂に貿易収支が黒字化したのです。

 元来円安になっても直ぐに輸出は増えないのです。 元々輸出価格は数か月単位の契約で決めていますから、契約期間が過ぎないと価格は変わりません。
 また円安が今後共続く見通しがなければ、輸出企業側も輸出価格を下げるわけには行きません。

 だから今月円が10円下がったから、今月その分輸出が増えると言うわけではないのです。

 プラザ合意でアメリカは円高ドル安政策を確定しましたが、アメリカの輸出が増えたのは合意の2年後からです。
 逆に円高になっても輸出が減るまでには、暫くかかりました。

 USドル/円の為替レートの推移(年次)
2015y01m26d_150248888.jpg

 円は2006年からコンスタントに下がり始めたけれど、2010年まで貿易収支は黒字を保ち続けました。 でも2011年から一期に赤字転落です。
 
 勿論今回の貿易収支の黒字化が今後共続くかどうかはわかりません。 輸出は為替レートだけでなく、輸出先の国々の経済状況の影響も大きいですから。

 ともあれパナソニック始め輸出企業の工場の国内回帰も始まりました。 

 金融緩和による円安誘導は、日本経済に良い影響を及ぼしているのではないでしょうか?


 
 
  1. 安倍バッシング
  2. TB(0)
  3. CM(6)