FC2ブログ

2019-04-18 13:03

花の季節が始まる

 一昨日から異様に温かくなりました。

2019y04m18d_115053157

 しかも快晴です。

IMG_2998

 それで雪融けがいきなり進んだのか、川の水が恐ろしい程増水していました。

IMG_3004

 こんなに温かいのでもしや・・・・と思ったら、やはり辛夷の花が咲いていました。
 でもほんの少しです。
 殆どはまだ固い蕾でした。

2019y04m18d_115352457

 しかし日当たりの良い場所では、エゾエンゴサクが咲いていました。

IMG_3035

 とうとう花の季節が始まったのです。

2019y04m18d_115711348

 あちこちに小さな花が咲いています。

IMG_3118

 温かさに浮かれて、発寒川の川沿いを遡る事にしました。

2019y04m18d_115907627

 その前に西野神社を参拝していこうと思いました。

IMG_3066

 すると神社の手前で、キクザキイチゲとカタクリが咲いていました。

IMG_3072

 ここにはカタクリとキクザキイチゲの小さな群落があって、それが毎年少しずつ大きくなっていました。

IMG_3074

 まだ蕾の花が多いのですが、それでも去年より一段と増えた気がします。

IMG_3104

 カタクリとキクザキイチゲを見ると、完全に春になった事を実感しました。

2019y04m18d_120559005

 とうとう花の季節になったのです。

IMG_3122

 これから一カ月余、札幌は花で一杯になり、一年で一番美しく華やかな季節になります。

IMG_3124

 発寒川の川沿いの景色も一段と春めいてきました。

IMG_3129

 この前ここを進んだ時は、川の片側の道は完全に雪で埋まっていました。

IMG_3133

 でもそれが綺麗になくなっていました。

IMG_3145

 柳の芽は金色の毛皮を脱ごうとしていました。

IMG_3158

 だって日が傾き始めても、寒くなってきませんから。

IMG_3160

 クロッカスはあちこちに咲いて、それを夕日が照らしていました。

IMG_3166

 でもまだ日没までは大分時間があるのです。
 だからパン屋に行ってみます。

IMG_3169

 桜の蕾は大分膨らんでいました。

IMG_3199

 パンを買って川を下ると、柳ははっきりと青んでいました。

IMG_3192

 川岸にもキクザキイチゲが咲いていました。

2019y04m18d_121631705

 キクザキイチゲもエゾエンゴサクも日当たりの良い場所から咲いていくのです。

IMG_3219

 帰りにもう一度、辛夷の樹を見ました。 
 でも残念ながら花は増えていませんでした。

2019y04m18d_122138719

 ガッカリするんじゃないよ。
 直ぐに満開になるからさ。
 あんまり早く咲いたら、直ぐ散ってしまうだろう?

IMG_3241

 それはその通りなんですけどね。
 それにしても不思議です。
 まだ桜も咲いていないのに景色がなぜか華やいでいる気がします。 

IMG_3244

 しかし木立に近づくと、栢木が赤く芽吹いていました。
 景色の華やぎはこの為でした。

IMG_3248

 この分だともうすぐ桜だって咲くでしょう。
 今はこんなだけれど・・・・・。




  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2019-04-11 13:14

山がほほ笑む

 昨日は、午後遅くから晴れてきました。

2019y04m11d_122624882

 それで散歩に出ると、まだ福寿草が咲いていました。

IMG_2356

 空は綺麗に晴れていましたが、まだまだ寒いです。

IMG_2370

 それにしても山の色が微妙に変わってきました。

IMG_2392

 これまでただ黒々としていた木々の枝の色が微妙に変わっているのです。

IMG_2406

 2月の末から雪が溶けて、直ぐに春が来ると思ったら、ちっとも温かくなりません。

IMG_2411

 けれども木々は少しずつ芽吹きの準備をして、枝の先が生命の色に染まり始めているのです。

IMG_2413

 発寒川の源流に向かって登っていくと、河岸にはまだ大分雪が残っていました。

IMG_2419

 それでもやっぱり木々は芽吹き始めているのです。

IMG_2423

 自分の周りの景色がこれだから、本州の桜満開のニュースなど、全然現実味がないのだけれど、でも札幌だってちゃんと花の季節に向かっているのです。

IMG_2427

 それにしても日が長くなりました。

IMG_2447

 家を出たのが4時前です。

IMG_2454

 時計を見たら5時を回っています。

IMG_2455

 少し前なら薄暮の時間です。

2019y04m11d_123752162

 しかし辺りはまだ甘い光に満ちているのです。

IMG_2466

 甘い光に照らされて、昼間から空に居座っている雲が、柔らかい銀色に輝いています。

IMG_2467

 それで景色が何とも甘く優しくなります。

2019y04m11d_123945753

 そうだよ。
 春になったんだよ。

IMG_2471

 お日様は優しく甘い光を放ち、山は微笑み始めたんだよ。

2019y04m11d_124058591

 そしてすぐ花の季節が来るんだよ。

IMG_2476

 でもまだ柳の芽は金色の毛皮にくるまって震えていました。

IMG_2478

 それでもやっぱり山は微笑んでいるのです。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2019-04-09 13:02

春の妖精は寝ていた

 昨日は素晴らしい快晴でした。

IMG_2214

 それで久しぶりに宮の丘公園に行ってみました。

IMG_2215

 公園の広場へ行く道の雪はほぼ全部溶けていたので、自転車で広場まで上がる事ができました。

IMG_2227

 この公園の広場の向こうには、林が続き、その林の中を遊歩道が巡っています。

IMG_2237

 林の中の雪が溶けると、ニリンソウ、エンレイソウ、エゾエンゴサクなどの、春の妖精たちが目覚めます。

IMG_2241

 ワタシはこの春の妖精達が大好きなので、いつも雪融けと共に、この林に入るのです。

IMG_2253

 但しこの林はそのまま手稲山の山裾の原生林とつながっています。

IMG_2256

 だから殆ど毎年のようにヒグマの出没騒動が起きます。

IMG_2260

 それで夏中封鎖されていた年もあります。

IMG_2273

 だから少し怖いのだけれど、ヤッパリ妖精達の事が気になって、林の方へ行ってみました。

IMG_2280

 しかし全然ダメでした。

IMG_2284

 一部日当たりの良い所は別として、林の中はまだ完全に雪で覆われていました。

IMG_2287

 しかもその雪がグチャグチャで凄く歩きにくいのです。

IMG_2304

 道が悪い事は見越してゴム長を用意していったのですが、それでも一歩進むごとに、ずぶずぶ沈むのだから堪りません。

IMG_2308

 つまり妖精達はまだ就寝中だという事です。

IMG_2311

 それでも林の入り口の野生のつつじは、柔らかい若葉を広げて、花をつける準備を終えていました。

IMG_2316

 しかしこれ以上、前進できないし、妖精達の安眠を妨害しても悪いので、引き返す事にしました。

IMG_2326

 今年は雪が少なかったので、妖精達の目覚めも早いと思ったのですが、しかしこの分ではやはり例年どおり連休頃になりそうです。

IMG_2329

 木々の間から雄冬の山々が見えました。
 神々しいまでの純白です。

2019y04m09d_121410982

 雄冬の山に見とれていたら、ツグミ君に会いました。

IMG_2332

 それで春の妖精達の事を聞いてみたら、ツグミ君は言いました。

IMG_2342

 「アイツラ、皆ウヨだから、新帝即位を祝って、桜と一緒に咲く心算なんだ。」との事でした。
 それではワタシもまだしばらく春の妖精達に会う事はできません。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2019-04-04 12:59

芯から凍える

 昨日は山の上のパン屋さんまでパンを買いに行きました。
 そしてそのついでに野菜の直販所がある辺りまで散歩してみました。

IMG_1909

 久々の快晴で、明るい光が一杯でした。
 でも風が冷たいので、薄手とはいえダウンジャケットを着て、下半身はフリース裏のズボン、そして中綿入りの皮手袋という防寒装備にしました。

IMG_1911

 な、なにこれ?
 真冬のお出かけ?

 と、思う方もいらっしゃるでしょう?
 でも札幌はこの10日余り、凄く寒かったのです。

IMG_1919

 札幌は2月末から異様に早々と気温が上がり始め、三月の下旬にはジャケットもなしで自転車で遠出ができる程温かくなりました。

IMG_1926

 それで道路の雪も三月初旬にはすべてなくなって、自転車が使えるようになりました。
 これはワタシとしては大変便利で快適なのですが、しかし完全な異常気象みたいで、気味悪く思っていました。

IMG_1933

 すると10日程前から、また気温が下がり、何度も雪が降りました。
 積雪と言える程の積雪はなかったのですが、十二分に寒い思いをしました。

IMG_1937

 そうなると無茶苦茶腹が立ちます。
 何しろ一旦は完全に春の気温になったのに、それからまた冬に戻るのですから。

IMG_1943

 4月上旬まで雪が降り、水道管凍結警報が出るのは、札幌なら例年の話です。
 だからこの10日余が格別寒かったわけではないのです。
 むしろ札幌の例年通りの早春なのです。

IMG_1967

 だから三月上旬の温かさを「異常気象」と気味悪く思っていたのです。
 しかしそれでも一旦温かくなってから、寒い思いをすると腹が立つのです。

IMG_1969

 なんか一度貰ったお小遣いを、また取り上げられたような気分です。
 最初からもらわういわれのないお金でも、一度貰ってしまえば、それを取り上げられたら、ヤッパリ凄く腹が立つじゃないですか?

IMG_1974

 と言うわけで、昨日もすごく寒かったのです。
 家を出た時はそうでもなかったのですが、しかし山の上までたどり着いた事には芯から凍えました。

IMG_1980

 ダウンは薄手のじゃなくて、分厚い方を着てくるべきだった・・・・・。
 靴はスニーカーじゃなくて、ムートンブーツにするべきだった・・・・・。
 手袋は毛糸の物と皮を重ねるべきだった・・・・・。

IMG_1991

 そんなこと言っても、厳寒期用の分厚いダウンジャケットは先々週、全部まとめて押し入れの奥にしまい込んだのです。
 それに道路が完全に乾いているのに、ムートンブーツなんてあり得ないでしょう?

IMG_1996

 でもね。 
 スニーカーで自転車を漕いでいると、足の先が冷えてじんじんと痛みます。
 ああ、せめてムートンブーツをはいてくるべきだった・・・・・。

IMG_1997

 しかしこんなに寒くても、山の畑の雪は大方溶けていました。
 この分ではもうすぐ種まきもできるでしょう。

IMG_2014

 しかし何分にもこの寒さとこの景色ですから、靖国神社の桜が満開とかいう話は、全く実感がありません。
 鳴子百合さんは先日、近所の野菜を買い込み過ぎたとのコメントをくださいましたが、これもまたこちらでは遠い話です。

IMG_2020

 こちらの畑はまだこのありさまです。
 これからここに種をまくのです。

IMG_2027

 そして山々はまだ真っ白に輝いています。

IMG_2029

 しかしもうそんなことを言っている場合ではありません。

IMG_2033

 とにかく早く帰還しないとタイチョウ殿が何と仰るか?

2019y04m04d_120223747

 雲が切れて、お日様が顔を出すと、その光の中で、オオイヌノフグリが咲いていました。

2019y04m04d_120311053

 そして傍には仏の座も。

IMG_2069

 偉いね!!
 君達!!
 でも君達は、寒い目にあっても、風邪をひいて咳と痰が一日中止まらなくなるなんてことはないんだろう?

IMG_2068

 しかしワタシはそうはいかないのです。
 こうして体を冷やしてしまうと、後から咳が止まらなくって、ティッシュの山を築く羽目になります。

IMG_2071

 だから早々に帰りました。
 そして暫くストーブにしがみ付いていました。
 






  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2019-03-20 21:00

最後の雪景色

 一昨日(3月18日)は素晴らしい快晴だったので、自転車で山の方へ行ってみました。

IMG_1409

 この辺りは我が家より標高は200m程は高いのではないかと思うのですが、しかし道路の雪は綺麗に溶けていて自転車で楽々と行けました。

IMG_1415

 けれども畑はまだ一面、雪で覆われていました。

IMG_1430

 この辺りには野菜の無人販売所が幾つもあって、ワタシは夏には野菜はこの辺りで買っているのですが、この分では野菜が買えるのはずうっと先の話です。

IMG_1433

 しかし久しぶりに見る純白の雪景色です。

IMG_1435

 ウチの近所だともう公園の中でも、こんな純白の雪は見られません。

IMG_1439

 無人販売所の開店が待ち遠しくはありますが、しかし雪景色が名残惜しくもあります。

IMG_1446

 今年はホントに雪が少なく、それで雪融けも異様に早いです。

IMG_1461

 そもそも例年なら自転車を出せるのは4月の上旬で、そのころには道端からフキノトウが出て、日向にはフクジュソウが咲きます。

IMG_1463

 ところが今年は雪融けのペースが速すぎるのか、これだけ雪が溶けてもフキノトウもフクジュソウもみかけないのです。

IMG_1464

 ヤッパリ少しオカシイのです。

IMG_1467

 今年はハードブレグジッドとか中国経済の崩壊とか、それでなくても色々ありそうなので、気候の異常は何とも気持ちが悪いです。

IMG_1471

 そういう不安もあるせいか、まだ雪が残っているのを見るとほっとするのかもしれません。

IMG_1474

 この日は天気は良かったけれど、雲が全くないわけではなく、太陽が雲に隠れると光が一気に変わります。

IMG_1480

 ペースの早すぎる雪融けに木々も間に合わないようで、まだ枝が黒々としたままです。

IMG_1483

 雪融けが早まっても、山が笑い出すのは、例年道理になるのでしょうか?

IMG_1485

 ところで話は変わりますが、どうやらまたワタシのドジカメ君の寿命が尽きたようです。
 写真の左側が靄がかかったみたいになってるでしょう?

IMG_1486

 ワタシはこのブログを始めてから初めて写真と言う物を撮るようになりました。 
 そしてそれ以降、外出する時はいつもカメラを持って行き、毎月数千枚の写真を撮っています。

IMG_1491

 すると1~2年でカメラがヘタれて、画像にシミが出たり、一部の色が不鮮明になったりしてくるのです。
 今使っているカメラも2年目なので、どうやらヘタれちゃったようです。

IMG_1492

 だから左端に靄がかかるようになってしまったのでしょう。
 こうなるとまた買い替えなければなりません。

IMG_1493

 ワタシはいつもカメラは近所のカメラの量販店で、安売りになっているのを買っています。
 大体一万円前後です。
 
IMG_1495

 だからこれでまた一万円さようならです。

IMG_1498

 これまでデジカメの性能はドンドン向上していたのか、値段は殆ど変わらないのに、買い替える度に画素数は増え、ズームの倍率も大きくなってきました。
 だからそれはそれで楽しみではありました。

IMG_1502

 でもワタシはメカ音痴なので、買い替える度に操作法が変わるのが憂鬱でした。
 しかし文句を言っても仕方ないですよね?
 
IMG_1534

 間もなく一年で一番美しい季節が来るのですから、やはり画面にシミの出ないカメラを用意しなくちゃ。

2019y03m20d_193003000

 帰り道にフキノトウを見ました。
 何とか雪融けに間に合ったのです。

2019y03m20d_193127578

 こんにちわ。
 散歩楽しかった?

2019y03m20d_193930341

 ウン、楽しかったよ。

IMG_1554

 そうです。 楽しい散歩でした。
 でも今度山に行っても雪はないと思います。

 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(5)