2017-03-21 22:20

早春の宮の丘公園

 昨日は久しぶりに宮の丘公園に行きました。

001

 去年の9月に自転車で転んで骨折してから、ここへ来るのは初めてです。

007

 この公園は結構高い丘の上にあるので、骨折の後は何となく避けていました。

014

 公園に続く坂道の雪は大分融けていました。

028

 しかし上の方まで来るとこの有様です。

040

 3月の下旬になり、靖国神社の桜も開花したのに「早春の・・・・なんて表題を付けて、何考えてるんだ?」と思う方もいらっしゃったでしょう。

045

 でもこれで「春爛漫」と言うわけにはいかないのです。

047

 この公園にも結構桜の木が植えてありますが、それが咲くのはおそらく五月の連休明けでしょう。

052

 その頃には札幌の街を見下ろしながら花見ができます。

070

 しかし当分は雪の融けるのを待つしかありません。

071

 それでも札幌だって春のニュースがありました。

072

 冬眠明けの羆が出たのです。 
ついに冬眠から…住宅街近くにヒグマ“2頭“目撃 足跡だらけ 札幌市

102

 この公園もそのまま手稲山の原生林に繋がっているので、奥の方には年中「羆出没注意」の看板が出ています。

110

 羆出没で閉鎖されたことが何度もあるし・・・・。

128

 そんなことを考えると段々怖くなってくるではありませんか。

137

 しかし早春の光は美しく、春は待ち遠しいのです。

147

 猫柳の芽は膨らんで、芽吹きのスタンバイをしているのです。

156

 木の幹から伝わった熱で、木の根元から雪が融けていくのです。

158

 地平線の向こうには石狩湾があり、その向こうに雄冬山々が霞んでいます。

172

 日はすっかり長くなりました。

173

 これからは夜より昼が長くなります。

193

 もうすぐ花の写真を貼れるようになります。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-03-19 17:33

春の光

 昨日は素晴らしい快晴でした。

023

 それでまた散歩に出ました。

040

 雨が降らなければ歩く分には不都合はないのですが、しかし陰気な曇りの日は散歩に出たいとは思えません。

053

 今年は年明けから陰気な曇りの日が多くてゲンナリだったけれども、3月になってから一気に明るくなりました。

065

 明るければ寒いのなんか幾らでも我慢できます。

079

 しかし家を出て30分程すると太陽が雲に隠れました。

094

 雲の影になっていない遠くの山は明るく輝いているのに、周りは暗いのです。

104

 それでもめげずに頑張って歩き続けました。
 目指すは西野神社です。

2017y03m19d_000557499

 神社の御手洗にはお祓い用の祓い串が置かれていました。 冬の間、水道管の凍結防止の為、西野神社の御手洗は元栓を止めてしまうのです。

 北海道神宮のように参拝者が沢山来るところは流しっぱなしにできるので、凍結の心配なんかないのでしょうが、西野神社ではそうはいかないのです。

 そこで水道の元栓は止め、代わりに参拝者はこの祓い串を振るって自身を清めてから参拝と言う事になります。

 どうも我が地区の水道管凍結注意情報が大袈裟だと思っていたのですが、考えてみれば西野神社の辺りは我が家の辺りよりも標高は数百メートル高く、その分寒ので我が家の近所では大丈夫でも、西野神社の辺りは凍結の心配があるのです。

117

 でも水道管凍結の心配もせいぜい後半月だと思います。

149

 なんだかんだと言っても、この一週間日中は零度を超える日が続いたのだし、夜中だって精々-5℃ぐらいまでしか下がらないかったのですから。

154

 だから雪だって順調に融けて川も広がりました。

2017y03m19d_001804221

 太陽が雲に隠れようとも春は近づいているのです。

182

 そして空を見ると太陽を隠した雲は犬でした。

184

 太陽は何んとか見張りの犬をなだめて、もう一度空を照らそうとしていました。

191

 おお、上手く行った!!
 太陽が桜並木を照らします。

210

 五月の連休にはここが桜に覆われるのです。



  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2017-03-12 21:09

快晴の日の散歩

 今日は素晴らしい快晴でした。

005

 三月になってから天気の良い日が多いです。

028

 しかし今日のように綺麗に晴れた日は初めてです。

042

 それで午後から散歩に出ました。

055

 琴似の方まで行ったのですが、ロードヒィーティングのない区役所前の歩道は泥んこです。
 でも他は大体綺麗になっていました。

086

 暖かいと思っても、気温は4℃でした。
 イヤ、この季節としては暖かいのです。

083

 花はまだ花屋さんだけなのですが、それでも0℃を割らない日が多くなってきたのですから、春なのです。

089

 日も長くなりました。

106

 5時近くなっても十分明るいのです。

111

 でも家で留守番をしているよもちゃんが心配になってきました。

2017y03m12d_204025340

 それで農試公園の方を回って帰る事にしました。
 
127

 人が歩かない所はまだ真っ白です。

140

 この雪が融けるのは4月になってからです。

144

 そして5月の連休の頃に桜が咲きます。

150

 冬は終わったけれど、花の季節はまだ大分先なのです。

159

 5時過ぎるとさすがに日暮れてきました。

165

 それにしても今日は完璧に一日晴れていたわけです。

183

 太陽はもう手稲山の向こうに隠れました。

197

 発寒川の氷は大分融けて、川面が広くなりました。

199

 そして川の向こうに、凄い程に大きな満月が登りました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-03-08 22:05

季節が変わる

 先月末に札幌医大に行きました。

001

 久々に18丁目まで出たわけですが、この前とはすっかり様子が変わっていました。

003

 季節が変わったのです。

006

 曇った陰気な日だったけど、全然寒く無くて。

013

 医大のはす向かいの交差点に、旅行者らしい一団がいました。

015

 この辺りはホテルも観光施設もないのに、一体何をしているのでしょうか?

017

 しかし最近はどう考えても観光客など着そうにない郊外でも、観光客らしい外国人を見かけるようになりました。
 どうなっているんでしょうか?

018

 通りの雪は汚れ締りのない景色です。 
 
024

 これから4月半ばまで、雪融けの汚れた景色が続きます。

2017y03m08d_213255900

 ツグミがナナカマドの樹の上でガッカリ顔でした。
 
 どうしたの?

2017y03m08d_213540619

 どうしたもこうしたも、ナナカマドの実がなくなっちゃんだよ。

2017y03m08d_213507642

 二月の頭にはこんなに一杯あったのにさ。

 だってそれ、みんなアナタ達が食べたんでしょう?

2017y03m08d_213620440

 それはわってるけどさ・・・・・。

 カワイソウに。
 でもこれも冬の終わりの印です。

045

 それから3月になって晴れる日が増えて行きました。

055

 雪遊びができるのも後わずかです。

077

 買い物の帰りに近所の書店を見たら、自省録が置いてありました。 ワタシと同じ事を考えた人間が他にも結構いるのでしょう。

 岩波書店はマティス国防長官に感謝するべきです。

2017y03m08d_214058886

 よもちゃんのお散歩が長くなってきました。

2017y03m08d_214132637

 つららの向こうには春が待っているのでしょう。
 でも落雪には気を付けて。

2017y03m08d_214300017

 それから白足袋を汚さないように。

 もうすぐ春です。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-02-18 22:13

吹雪

 昨日久しぶりに買い物の出ました。

055

 食糧がすっかりなくなったのです。

057

 しかし外に出る吹雪いていました。

058

 歩道の脇には高い雪の土手ができて、その土手の向こうを雪を積んだトラックが走って行きます。

061

 実は先週一杯、一種異様に暖かい日が続きました。

2017y02m18d_214718012

 昨日も日中は0℃そこそこで幹線道路の雪はすっかり融けて泥んこになっていました。

2017y02m18d_214754362

 そしてこういう気持ちの悪い馬鹿陽気が続いた揚句に吹雪です。

085

 こういう馬鹿陽気と吹雪も毎年の事だから仕方ありません。

091

 しかしもう冬は終わりが見えてきました。
 ナナカマドの実も小鳥達に食べ尽くされました。

2017y02m18d_214938340

 吹雪になり、ナナカマドの実が食べ尽くされたら大体冬は終わりなのです。

095

 大体今年の冬は最初から飛ばし過ぎました。

2017y02m18d_215052879

 12月の半ばからいきなり大雪になったりしたのですから。

2017y02m18d_215118057

 冬は最低でも3ヶ月は続く長距離レースなのですから、最初から飛ばすと早々と息切れがするのです。

100

 気温が高いせいか、顔に当たる雪が融けて気持ち悪かったです。

104

 足元もグチャグチャです。

106

 まるで3月下旬のようです。

107

 しかし幾らなんでもこれで冬が終わるわけではないのです。

109

 だから夜になってから一気に気温が下がってきました。

115

 そしてほぼ一週間ぶりに水道の水落しをして寝ました。

121

 そして今日の日中は-5℃で普通の冬に戻りました。
 本当の春はまだしばらくお預けです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)