FC2ブログ

2019-10-12 19:40

雪虫とピーマン

 10月になってから覿面に天候が崩れ出し、雨や曇りの日が増えました。 

IMG_5374

 それで天気が良い日は、外出しなければ損!!とばかりに出かけるのですが、それでも何だか風が強く不安定だったりします。

IMG_5417
 
 そしてそうやって天気の回復した日を狙って外出する度に、秋が深まっていくのがわかります。

IMG_5426

 一昨日、野菜を買いに行った時は、紅葉が真っ赤になっており、雪虫がいっぱい出ていました。

IMG_5434

 雪虫はゴマ粒ほどの大きさで、白い綿毛に包まれて、一匹二匹飛んでいると、実に儚げな風情があるのですが、一杯湧くと煙幕のように道を塞ぎ、目や口に入るので閉口します。

IMG_5454

 それにしてもこんなに雪虫が湧くからには、もうすぐ雪になるのです。

IMG_5438

 野菜の直販所だって後一か月余りで休業で、次に開くのは来年の5月半ば過ぎです。
 
IMG_5462

 そう思うと今のうちに買わねばと言う心理が働いて、また無暗に買い込んでしまいました。

IMG_5467

 小松菜の大束と、水菜とほうれん草と、ラディッシュと、赤ピーマンとバナナピーマンと福耳と言うピリ辛ピーマンと、シシトウを買いました。

IMG_5477

 もうズッキーニは売っていませんでした。 

IMG_5481

 それにしてもこんなにピーマンの類ばかり買い込んで、こんなにピーマンばかり食べていたら頭がピーマンになりそうです。

IMG_5488

 それでもこうやって新鮮な野菜を好き放題食べられるのは、今のうちなのだから何が何でも野菜を買い込んでは食べるのです。

IMG_5494

 日はすっかり短くなりました。

IMG_5506

 3時過ぎには日暮れの気配になり、4時には日が傾いてきます。

IMG_5509

 そして5時にはもう真っ暗になります。

IMG_5513

 この日は二時過ぎに出たのだけれど、途中でパン屋さんにより、そして野菜を買い終わるともう日暮れてきました。

IMG_5515

 日が傾くと手稲山の影がドンドン伸びて、辺りを覆い始めます。

IMG_5526

 そうなる直前の一瞬の間、山の尾根の上で、黄葉したタモの木が金色に輝いているのが見えました。

IMG_5527

 これがこの木の一年に一度の晴れ姿なのでしょう。

IMG_5534

 けれどすぐに日は手稲山の向こうに沈み、タモの木の照らす光は消えてしまいました。

IMG_5536

 山を下る時、また雪虫の煙幕に閉口しました。

IMG_5540

 なんかすごく寂しくなって、人恋しくなったので、買う物もないのに、街中のスーパーを回って帰りました。
 秋になり日が短くなると、用事もないのに、スーパーなど人の集まる場所へ行きたくなります。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2019-09-26 14:14

風邪をひきなおす

 19日の未明、凄く寒くて目が覚めました。
 夕方、夕食を作っている時、立って料理をしているのが、なんだか妙に辛い気がしました。

2019y09m26d_120832976

 それで早めに寝る事にしたのですが、寝る前に二階の押し入れにしまってあった羽布団を持ってきて、毛布に追加しました。
 お陰でその夜は暖かく眠れたのですが、しかし翌朝からアタマがクラクラして、咳が止まらなくなりました。

IMG_4347

 それから23日まで寝込んでしまいました。
 咳が酷くて、20日からこれまでに、320枚入りのティッシュペーパーを7箱使い切りました。

IMG_4359

 ワタシが寝込んでいる時はいつもそうですが、よもちゃんは心配して、ずうっと傍にいてくれました。
 時々、お外に行くのですが、すぐに帰ってくれるのです。

IMG_4367

 そして23日のお彼岸には、妹が来てくれて、両親へのお供えと一緒に、ワタシへの差し入れも持ってきてくれました。
 ワタシはもうお供えどころか、自分の食糧も、そしてティッシュペーパーのストックも尽そうになっていたので、凄く助かりました。

IMG_4368

 これで元気が出たのか、昨日あたりから漸く生活が元に戻りました。
 ホントに散々でした。

IMG_4380

 それにしても9月になってから風邪で寝込むのは二回目です。
 これはやはりダイエットで体力がヘタれているからでしょうか?
 ワタシとしては、空腹感で苦しむような事もなく、そこそこ体重も減っているので、まったく問題はないと思っていたのですが?

IMG_4392

 ワタシとしては風邪の原因は、急速な気温の低下だと思っています。
 だって過去の気温を調べてみると、9月の上旬までは完全な真夏でした。

IMG_4408

 9月9日は最高気温32℃、最低気温23℃で、ワタシは短パンに半袖パジャマで、布団もかぶらずに寝ていたのです。
 それが夕べは9.8℃です。

IMG_4410

 10日余りの間に、こんな気温が下がっては体がついていきません。
 体以前に、気持ちもついていかなくて、寝具その他の防寒対策が遅れてしまうのです。

IMG_4432

 それでもこの風邪に懲りて、ストーブのセット始め、冬支度にかかりました。
 本州の残暑の話は、全く現実味のない架空世界のように聞こえます。

IMG_4435

 昨日は久しぶりに散歩に出ました。
 素晴らしい快晴でした。

IMG_4451

 しかし結構肌寒く、フリースの上にジャケットでも、帰りには寒くて、我慢できませんでした。
 中綿入りのジャケットを着て行けばよかったのですが、しかしいくら何でも9月に中綿入りのジャケットは早すぎるだろう・・・・と、思ったのが間違いでした。

IMG_4462

 毎年一年で一番寒い思いをするのは、9~11月なのですが、それはつまりこうやって季節の変化に気持ちがついていかないからです。
 だから十分な防寒具を持っているのに、凍えて風邪をひく羽目になるのです。

IMG_4474

 快晴の秋空は本当に美しかったけれど、家を出のが3時前になっていたので、出かけてすぐに日暮れてきました。

IMG_4484

 それでもまた野菜を買いに山の上まで行こうとおもいました。
 寝込んでいる間に、買い置きの野菜をあらかた食べつくしたので、その分を買い足そうと思ったのです。

IMG_4493

 ワタシが寝込んでいる間にタモの木の黄葉は一段と進んでいました。
 タモの木は毎年、他の木々に先駆けて鮮やかな黄色に黄葉します。

IMG_4507

 タモの木の黄葉は、レンギョウやキングサリの花に劣らず鮮やかで美しいし、しかもタモの木はレンギョウやキングサリにはあり得ないのような大木になるので、その豪華さはくらべものにもなりません。

IMG_4511

 でもやっぱり黄葉は、どこか哀しいです。

IMG_4525

 野菜の直販所がある辺りまでくると、もうすっかり日暮れてきました。

IMG_4541

 手稲山の影が辺りを覆い始めました。

IMG_4540

 影はワタシの自転車と競争するようにみるみる広がっていきます。

2019y09m26d_123247775

 夕暮れの光は、金色を帯びて素晴らしく美しいけれど、ほんの一瞬の輝きです。

IMG_4561

 そして気温はドンドン下がってきます。

IMG_4582

 家を出るときには厚着だと思っていたのに、寒くてたまらなくなってきました。
 こうなったらもう一目散に帰るしかありません。

IMG_4583

 ここでモタモタしていると、せっかくよくなった風邪をまたまたひきなおす羽目になります。

IMG_4586

 ともかくこうやって退散したので、今日は寝込まずに済みました。

IMG_4592

 しかし咳はまだ止まりません。

IMG_4593
 
 今も、ティッシュペーパーの山を作りながら、ブログの更新をやっています。

IMG_4596

 このまま咳が止まらないと、喘息になって来年の初夏まで続く事になってしまいます。

IMG_4600

 だから神様、どうかもう勘弁してください。
 これからは出かける時は、ちゃんと厚着をしていきますから。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2019-09-19 15:18

青い空と白い雲

 一昨日、また山の上まで野菜を買いに行きました。
 この前、買った野菜はほとんど全部食べてしまったのです。

IMG_3946

 途中の駐車場の脇に大きな栗の木があり、沢山の実がなっていました。
 大きくて立派な実でした。

IMG_3950

 でも拾ってはイケナイのでしょうね?
 だってこの栗の木は駐車場の持主の物でしょう?

IMG_3958

 落ちていた実はほんの数個でしたから、きっと駐車場の人がこまめに拾っているのでしょう。
 だってイガも大きいけれど、イガの中からこぼれた実も、すごく大きくて立派だったのですから。

2019y09m19d_123040470

 この日は綺麗な青空でしたが、雲も目立ちました。

IMG_3997

 それで時々太陽が雲に隠れて、辺りが暗くなります。

2019y09m19d_123619195

 気温はまだ20度を少し超えていますが、もう半袖では過ごせません。
 
IMG_4042

 実は一昨日、短パンを作りました。
 夏の間に作ろうと思いながら、タイチョウ殿の許可がでなくて、漸く一昨日作ったのです。

IMG_4079

 でもこれは来年まで仕舞っておくしかありません。
 実は他に短パンをもう一枚と、夏用の半袖シャツを二枚作りたいのですが、これも急いで作っても来年まで着られないので、焦る必要がなくなりました。

IMG_4110

 この頃、寝る前にi-padで洋裁やバッグ類の手作りの動画を見ています。
 ああいう動画では何でも実に手際よく作っていくので、ワタシも作りたくなるのですが、しかし実際に作り始めると失敗を繰り返して、無暗に時間がかかります。

2019y09m19d_124415585

 農家の直販所がある辺りまで来ると、すぐにこの注意書きが目につきます。
 でも新しい注意書きがないところを見ると、7月28日以降、羆は出ていないようです。

IMG_4146

 だって今は山も実りの季節です。
 山の中でも、栗や胡桃や葡萄が実っているはずです。

IMG_4141

 山葡萄を採って葡萄酒を作る人もいるけれど、そんなに美味しいわけでもないから、山の中に成っている分は羆の為に残してやってほしいと思います。

IMG_4153

 今回は野菜のほかに枝豆を買いました。
 実はワタシは今、ダイエット中なので枝豆はやめようかと思ったのですが、でも枝豆を食べらるのは今のうちだけだし・・・・・。

IMG_4156

 それに枝豆が収穫できる間に、ここまで来ることができるのは、あと何回だろうか・・・・・。
 だったらいいじゃん!!

IMG_4164

 と、思って買ったら、夜のうちにゆでて全部食べてしまいました。
 しかも翌日また枝豆を買ってしまったのです。

IMG_4177

 というのは昨日、歯医者に行った帰りに少し近所を回ったら、理寛寺さんのお店で理寛寺農園の枝豆を売っていたのです。
 古くからのネトウヨなら理寛寺農園って覚えていますよね?
 北海道新聞が「血の滴…サクランボがたわわに実った光景を見ると『戦争』へとイメージがつながる」と書いた農園です。

IMG_4184

 あの理寛寺一族の親戚が近所で商店をしているのですが、夏の間は理寛寺農園の野菜類を置いているのです。
 ここも採れたて野菜だから美味しいのです。
 それが昨日は枝豆を置いていたので、買ってしまったのです。

IMG_4191

 そして夕べのうちに茹でて全部食べてしまいました。
 枝豆ってたんぱく質が豊富で、結構カロリーが高そうだけれど、こんな事していてよいのだろうか?

IMG_4206

 ナスやピーマンやササゲやズッキーニはどう考えてもローカロリーで、毎日たらふく食べても無問題、近所の農家はダイエットの味方と思っていたけれど、枝豆の出現で、それが怪しくなりました。

IMG_4214

 因みにもう一つのダイエットの大敵トウキビは、右腕の剥離骨折が治らないうちに、ほとんど全部の収穫が終わってしまいました。 
 でも枝豆の季節だってそう長く続くわけではないのですから、大丈夫ですよね?
 
IMG_4224

 ワタシはこうやって買い込んだ野菜を、全部リュックにしまい込み、リュックのファスナーが絶対開けられないようにしました。
 それからそのリュックを別のバッグに入れて、そのバッグのファスナーも開けられないようにしました。

IMG_4221

 なんでそんなことをするのか?ですって?
 だって札幌で危険なのは羆だけじゃないのです。
 実は先週、自転車の前籠にリュックをいれたまま、スーパーの駐輪場において、スーパーで買い物をしていたら、その間にリュックがカラスに襲われたのです。

IMG_4233

 なんとカラスはリュックのファスナーを開けて、中にあったパック詰めの赤飯を二つ引っ張り出して食べたのです。
 レンジでチンして食べるご飯があるでしょう? 
 あの赤飯版です。

IMG_4242

 ワタシはリュックの口のファスナーはちゃんと閉めていたし、何よりその日は野菜類の他には、このパック詰め赤飯しかもっていなかったので安心していたのですが、カラスはレンジでチンしないで赤飯を食べてしまったのです。

IMG_4245

 もうゾッとしましたよ。
 それで翌日から、絶対にカラスがファスナーを開けられないように、リュックのファスナーを金具で止める事にしたのです。
 そしてそれでも心配なので、大きなバッグを用意して、リュックをその中に入れて、バッグのファスナーもカラスに開けられないようにしたのです。

IMG_4257

 山の畑には羆が出る。
 街中のスーパーにはカラスが出る。
 札幌は治安のよい街だけれど、この黒衣の強盗団の跳梁跋扈はどうしようないのです。

IMG_4272

 黒衣の強盗団は怖いけれど、それでも青い空と白い雲は美しいです。

IMG_4277

 雲の白さで空の青さが際立ちます。

IMG_4280

 やっぱり秋の日は美しいです。

2019y09m19d_131037324

 因みに屋外ではこのように黒衣強盗団が暴れまわっていますが、我が家の自宅警備は万全です。
 実は今月の始め、よもちゃんがまた灰色窃盗団の一匹を仕留めました。
 朝起きたら窃盗団の遺体が居間に転がっていたのです。
 よもちゃんはこうやって我が家に窃盗団が入り込むの阻止してくれるので、ワタシは安心して暮らせるのです。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2019-09-14 15:38

秋が来た

 今日の未明、よもちゃんがお外に出たいと泣くので目が覚めました。
 よもちゃんはお外に出ても直ぐに帰りましたが、そのあと眠れなくなりました。

IMG_3691

 寒いのです。
 それで二階の押し入れから、毛布を一枚持ってきましたが、それでも寒いです。
 それでまたもう一枚毛布を持ってきてやっと眠る事ができました。

IMG_3734

 でもこれじゃ殆ど冬と同じです。
 今からこれじゃ、冬になったらどうしよう・・・・・。

IMG_3746

 それでも何とかなるでしょう。
 この数年、毎年秋の初めに、無暗に寒気のする時があるのです。
 体が気温の変化についていかないのです。

IMG_3766

 だって先週末から今週の始めまでは、台風の余波?の暖気が北海道に流れ込んだのか、30度を超える日が3日ほど続きました。
 勿論夜だってほぼ熱帯夜だったのです。 
 だから月曜日には毛布どころか、布団もろくにかけずに寝ました。

IMG_3779

 それなのに夕べは15~16度です。
 数日で気温が10度も下がれば、体もパニックを起こします。
 もう若くないんだから・・・・・。

IMG_3783

 これはよもちゃんも同様で、毛布を追加したら、よもちゃんも直ぐにベッドに入ってきました。
 よもちゃんだってもう17歳、猫の平均年齢15歳を2つも超えたのです。

IMG_3795

 こうして今年の夏も完全に終わりました。
 月曜日の夜には役に立った網戸だって、もう片付けるしかないでしょう。

IMG_3797

 昨日散歩に出ると、西野神社は秋まつりの支度中でした。
 秋の影は少し前から、目につくようになっていました。

IMG_3799

 ナナカマドの実は大分前から赤くなっていました。
 公園で「うちに来るリスの為に」とせっせと、鬼胡桃を拾っているおばさんも見かけました。
 おばさんは「胡桃を持って行ってしまう人がいる。 リスがたくさんいるのに酷い!! だからわたしが先に拾ってリスの為に胡桃を確保するのだ。」と言っていました。

IMG_3800

 公園の胡桃を拾う人は結構います。
 でもこれを怒ってもね・・・・・。
 札幌市の公園の胡桃の実の所有権って、一体誰の物でしょうか?

IMG_3813

 西野神社に参拝してからは、どんどん日暮れが迫ってきました。
 家を出たのが遅かったので、少しうろうろしていると直ぐに日暮れてくるのです。

IMG_3822

 もう日は短くなっているのだから、散歩に出るなら早めにするべきなのですが、モタモタする癖がついて、散歩に出るのはいつも3時過ぎになってしまいます。

IMG_3838

 それに先週末から体調を崩してグダグダしていたので、生活のリズムもグチャグチャになっています。
 それでもこうして回復しただけ良しとするべきなのでしょう。

IMG_3854

 今年はそれでもタイチョウ殿は、結構親切にしてくださり、前々から作ろうと思っていたパジャマ等を結構作る事ができたのですから。

IMG_3865

 そうやってタイチョウ殿にゴマをすっていれば、タイチョウ殿だってまた気をよくして、禁足や休めの命令を控えてくださるでしょうし。

IMG_3873

 帰り道に差し掛かったころには、いよいよ日が暮れてきました。
 そして寒くなってきました。

2019y09m14d_141057894

 長袖の上着と長ズボンなのに、寒くてたまらなくなり、ウィンドブレーカーを羽織りましたが、それでも寒いです。
 月曜までは半袖、短パンだったのに・・・・・。

IMG_3889

 秋が猛スピードでやってきて夏を叩き出したのです。

IMG_3892

 家に帰ってからはフリースを羽織っていました。
 その姿でネットで千葉の停電のニュースを見ていると、被災者には申し訳ありませんが、なんともシュールでした。

IMG_3894

 停電でエアコンが使えず熱中症で死ぬ人が多数出ているという話は、アタマではわかってもホントに遠い国のような気がしました。

IMG_3896

 そういえば一昨年の北海道のブラックアウトによる停電は、9月6日~7日で、ほぼ千葉の停電と同じ時期だったのですが、熱中症には全く無縁の時期だったので、あれだけの停電があっても、その怖さが実感できないで終わったのでしょうね。

2019y09m14d_141630601

 だからあれを深刻に受け止めて、停電対策と言う話にはならなかったのでしょう。
 あの停電でも死者は2~3人いたし、死にそうになった人はもっと沢山いたのですが・・・・・・。

IMG_3908

 まだ家まで大分あるのにドンドン日が暮れてきました。

IMG_3910

 白萩の花が綺麗だったけれど、寒くてゆっくり愛でる気分ではありませんでした。

IMG_3915

 姫リンゴはすっかり色づいていました。 
 そういえばもう八百屋にもリンゴが並ぶようになりました。

IMG_3921

 家には一昨日、山の上の直販所で買った巨大ズッキーニやナスやシシトウやササゲや福耳と言うピリ辛ピーマンなどがあります。
 それをどうやって料理しようかと思いながら自転車をこぎました。

IMG_3924

 向日葵はもう種だけになっていました。
 本当に秋が来たのです。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2019-08-29 15:21

自転車解禁、万歳!!

 月曜日に病院に行くと、右肩の剥離骨折が完治したと言われました。

IMG_3091

 先生によるとレントゲンでは完全に骨が着いているとのことでした。 
 そして「万歳をしてみて」と言われました。

IMG_3100

 ワタシは両手を真っすぐ挙げて万歳をしました。
 すると先生から「骨折が治ってもそのまま拘縮してしまう人も多いのに、貴方は拘縮もなく綺麗に治って良かったですね。」と言われました。

IMG_3103

 「あのう、自転車に乗っても良いでしょうか?」
 「いいですよ。」
 先生は至って簡単に自転車を許可してくれました。

IMG_3110

 万歳~~!!
 ワタシはもう一度万歳をしてから先生にお礼を言って病院を出ました。 

IMG_3113
 
 6月20日の深夜転んで脱臼し、その時右肩の骨を剥離骨折してから2カ月の我慢で、漸く生活が元に戻りました。

2019y08m29d_132042560
 
 翌日の午後遅くなってから、晴れ間が見えたので、久々山の上の農家まで野菜を買いに行きました。

IMG_3119

 こんにちは。 お散歩ですか?
 
 小別沢の農家へ野菜を買いに行くんです。
 小別沢の農家の直販店だと、安くて新鮮な野菜が沢山あるんですよ。

IMG_3155

 そう、ウチの奥さんもあそこは贔屓にしているよ。
 でも最近また羆が出たの知ってる?
 犬を連れないで行んだったら、十分気を付けてね。

 ありがとうございます。 
 気を付けます。

IMG_3152

 ええ、クロシバ君の言う通りです。
 最近またあの辺りに羆が出たのです。

IMG_3160

 南区に出た羆は、パトカーのサイレンにも臆さず住宅街を歩きまわって全国ニュースになっていました。
 でも小別沢に羆が出たのは、南区の羆が殺された後なので、あれとは別な羆です。

IMG_3142

 札幌市の南西部には手稲山・藻岩山・円山・三角山など大小の山々が切れ目なく続き、山脈をなしています。
 そしてこれらの山々は所謂「里山」ではなく、完全な原生林です。

IMG_3161

 だから住宅街の裏や公園がそのまま原生林に繋がっているのです。
 そして近年狩猟をする人が減る一方なので、羆は増加する一方で、しかも人を恐れなくなりました。
 その為、住宅街から3~4キロのところで子育てをする雌羆もいるというのです。

2019y08m29d_132457269

 だから山の近くの住宅街であれば、いつ羆が出ても全然不思議ではないのです。
 ワタシが大好きな農家の直販店のある小別沢は、まだ宅地化しておらず山を背景に畑が広がっているのですから、羆が出ない方が不思議です。

IMG_3169

 羆は開拓時代からいたのですから、農家の人達も対応には慣れていると思いますが、いい気持ちはしないでしょうね。

IMG_3176 

 小別沢についた頃には、日は傾き始めましたが、それでもまだ直販店は営業していました。
 24時間営業かも?
 だって無人だから店員の人権費は必要ないし・・・・。

IMG_3177

 バナナピーマン、ワサビ菜等を大量に買い込んで300円!!
 これ以上買っても冷蔵庫に入りません。
 羆を恐れず来た甲斐がありました。

IMG_3183

 因みにこの辺りの農家は専ら野菜やトウキビを作っています。
 また農園の一部を細かく仕切って家庭菜園として貸し出しています。
 今回出た羆は、この貸し菜園のトウキビとプラムを食たのです。

IMG_3179

 今の時期、菜園にはトウキビや枝豆やカボチャやトマトが実り、プラムは熟し、林檎や梨も色づき始めます。
 一方、山は青葉が茂るばかりで、羆の食べ物が一番少ない時期なのです。

2019y08m29d_133158458

 ワタシが羆だったら夜中に直販所を襲って、商品の野菜を全部強奪するかも? 
 だって羆君は、百円玉もってないし。

IMG_3188

 無人直販所は消費税がかからなくて嬉しいのですが、おつりをくれないので、百円玉が必要なのです。

IMG_3193

 羆君の遭遇して百円玉を強奪されても困るので、もう帰る事にしました。

IMG_3194

 久しぶりに広い所を自転車で走るのは、ホントに良い気持ちでした。

IMG_3197
 
 もうこれで帰るけれど、これからはまた野菜が欲しくなったら、いつでもここに来ることができます。

2019y08m29d_135512468

 こうして自由に動きまわれるって素晴らしいですね。
 でもこれからは二度と怪我をしないように気をつけなくちゃ!!

IMG_3201

 自転車解禁、万歳!!! 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(20)