FC2ブログ

2018-10-14 20:14

暗い空の下で 続き

 このところずっと暗い曇天が続いているのですが、よもちゃんはそんなことにはめげません。
 毎日、元気にパトロールを続けるのです。


2018y10m14d_190852315

 それじゃペチュニアさん、キンギョソウさん、夕方と夜にまた来ますからね。
 安心してくださいね。
 ワタシは毎日3~4回はパトロールするのです。 だからその度にここも回ります。

2018y10m14d_191029068

 ああ、ホントにお花って健気ね。

2018y10m14d_191048907

 もう、雪虫も飛んで、冬が戸口で足踏みしているのに、頑張って咲ける限りは咲き続けるなんて。

2018y10m14d_191130425

 お花を見ると、幸せになれるのは、お花の姿かたちが綺麗だからだけじゃないのね。
 ああいう健気な心根が伝わってくるからね。

2018y10m14d_191156084

 でもあんなに綺麗で健気なお花さん達に期待されるなんて、猫冥利に尽きるわね。

2018y10m14d_191228525

 ああやって期待されたら、こっちだって命懸けであのお花さん達を守ろうって思えるのよ。 
 そして猫に生まれて良かったと思うのよね。

2018y10m14d_191300834

 そうよ、町内の治安はワタシが守るのよ。
 この町内には一匹のネズミだって入れないわ。

2018y10m14d_191340142

 これから寒くなってくると、ネズミ達も住処を求めて何とか人の家に入ろうとするのよ。 そして住宅街をうろつくようになるのよ。

2018y10m14d_191434244

 だから警戒監視は強化しなくちゃ。

2018y10m14d_191507883

 ワタシがこうして毎日、パトロールをすることが、ネズミには大きな抑止力になるのよ。

2018y10m14d_191532084

 猫がいるからネズミが来ない。
 番犬がいるから泥棒が入らない。
 ガードマンがいるから強盗に襲われない。

IMG_2056

 そして自衛隊と米軍がいるから、中国もロシアも北朝鮮も侵略してこないのよ。

IMG_2057

 ところがこれがパヨク理論だと逆になるのね。

2018y10m14d_191739340

 連中は基地があるから攻撃されると言うのよ。 
 そして軍隊があるから戦争になるというのよ。

IMG_2058

 だったら、ガードマンがいれば、強盗に襲わる。
 番犬がいるから、泥棒が入る。
 猫がいるから、ネズミが湧く事になるわ。

IMG_2062

 だったら今頃、ウチはネズミだらけよ。

IMG_2061

 そりゃ軍隊がなければ戦争にはならないわ。 そりゃアジア・アフリカ諸国が欧米列強に植民地化された時の事を考えればわかるわ。
 あの頃、欧米の植民地になった国々の殆どは、戦争らしい戦争なんかせずに占領されたのよ。

IMG_2063

 だって18~19世紀のアジア・アフリカ諸国には、マトモな軍隊がなかったばかりか、国家と言える物あったかどうかも怪しい所が沢山あったのだから。
 これじゃ幾ら侵略されても抵抗もしようがないわよ。

2018y10m14d_192018644

 国家が他の国家の侵略に抵抗して戦うから戦争になるのよ。
 でも抵抗できずになし崩しに侵略されたら戦争にはならないわ。

IMG_2065

 あらら、この木も大分葉が落ちたわね。
 もう秋も半ばだもんね。

2018y10m14d_192126165

 しかし侵略されても、抵抗せずに植民地支配されるのが、良い事なのか?
 
2018y10m14d_192207744

 良い場合もあった。

2018y10m14d_192229573

 例えば朝鮮。

2018y10m14d_192257161

 日韓併合がなければ朝鮮には未だに鉄道一本なかったかも?

2018y10m14d_192326330

 おお、それならパヨクの言い分にも正しい所はあるんだわ。
 どんな民族の支配かは関係ないのよ。
 そんなの無意味な人種差別よ。 どんな民族であろうとも良い統治をするのが、良い支配者なのだから。

2018y10m14d_192400620

 ?? 

2018y10m14d_192452993

 大丈夫、危険はないわ。

2018y10m14d_192507174

 さあ、あと少しね。

IMG_2077

 家に帰ったら、少しネットでもして、それからお昼寝しましょう。
 だってまた夕方にはパトロールに出なきゃならないんだから。


 10月も半ばになって日は短くなり、気温も下がってきました。 
 でもよもちゃんは頑張ってパトロールを続けるのです。 
 それがよもちゃんの使命なのですから。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2018-10-08 21:14

夏の名残

 これは10月2日の写真です。

IMG_2118

 10月2日も素晴らしい快晴だったので、また山の方へ野菜を買いに行ったのです。

2018y10m08d_191107642

 それで写真も一杯撮ったのですが、アップしそびれていました。

IMG_2171

 この日は暖かくて、まだ槿の花も咲いていました。

IMG_2183

 こうしてみるとまだ夏の名残がそここに見られました。

2018y10m08d_191355996

 農家の直販所では、何とまたズッキーニが買えました。

2018y10m08d_191638036

 全長35㎝、直径5cm余はある長大な奴で、今年最大のズッキーニでした。

2018y10m08d_191739102

 しかし農家の人は今度こそ最後だと言いました。

2018y10m08d_191833298

 しかし5日からまた天候が崩れました。

IMG_2225

 そして気温が一段と冷えました。

IMG_2255

 最低気温が10℃割れしたので、羽根布団を使うようになりました。

IMG_2260

 そうやって2日ほど家に籠っていたのです。

2018y10m08d_192549467

 それでも昨日の夕方遅く買い物に出ると、藻岩山の色が変わっていました。

IMG_2286

 緑だった山が黄色くなっていたのです。

IMG_2300

 この二日の間に一気に黄葉が進んだのです。

2018y10m08d_193018592

 それで夏の名残は全て消えました。

IMG_2304

 そして今日は雪虫が飛んでいました。

IMG_2313

 季節は刻々と変わっていきます。

IMG_2316

 だからこれも秋の最後の薔薇になります。

IMG_2319

 ズッキーニを抱えて帰ると、もう日が傾いてきました。

2018y10m08d_193500345

 この頃は5時過ぎには暗くなります。

IMG_2351

 今年はあんなに天候が悪かったのに姫リンゴが大豊作です。

IMG_2376

 どの木も枝が曲がる程の実をつけています。

2018y10m08d_193800897

 食べられない実でもこうして豊作だと嬉しいではありませんか?

IMG_2398

 一方栃の実は完全に終わってしまいました。

IMG_2401

 お日様は金色に輝きながら、藻岩山の方へ沈んでいきます。

2018y10m08d_200125069

 橋の欄干には赤トンボが何匹もいて、その光を浴びていました。

IMG_2443

 もう少し買い物をしようと進んでいくと、桜並木の紅葉が目につきました。

IMG_2456

 しかし昨日はこれがもう殆ど全部真っ赤になっていたのです。

IMG_2461

 だからもう緑の木々を見られるのは後僅かです。

IMG_2473

 夏の名残が見られる写真は今年はこれが最後になりました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2018-10-06 12:31

日暮れの道

 一昨日は素晴らしい快晴で、よもちゃんに留守番を頼んで散歩に出ました。

IMG_2761

 それで農試公園を抜けて、新川を下りました。

IMG_2768

 途中、エゾリス様に会ったり、赤トンボの飛翔写真を撮ったりしましたが、しかしやがて日が暮れてきました。

IMG_2770

 本当は河口の方まで行きたかったのですが、そんなことをしていると、帰りには真っ暗になってしまいます。

IMG_2771

 一昨日、家を出たのは2時過ぎでした。

IMG_2778

 でも今の季節は6時には暗くなるのです。

IMG_2780

 だからここで引き返しました。

IMG_2788

 河口や前田森林公園まで行くには、最低でもあと2時間は早くでなければなりません。

IMG_2792

 河原の遊歩道は完全に堤防の影になって、すっかり暗くなりました。

IMG_2797

 そこで堤防の上に上がると、辺りは夕日で金色に輝いています。

IMG_2799
 
 お日様は手稲山の向こうへ沈んでいきます。

IMG_2803

 もうこうなったら真っすぐ帰るしかありません。

IMG_2808

 新川は人工河川で真っすぐ石狩湾まで下る川なので、この川に沿って帰ると、文字通り真っすぐ帰る事になるのです。

IMG_2810

 送電線の下をくぐるって振り返ると、お日様はさらに沈んでいました。

IMG_2815

 空には雲一つなく、空気が澄み切っていたので、夕焼けにはなりません。

IMG_2820

 空の下の方がほの赤くなるだけです。

IMG_2824

 快晴の日ならではの夕暮れです。

IMG_2825

 高速道路の橋の向こうは農試公園です。

IMG_2828

 ここをくぐると、もう家に帰り着いたも同じです。

IMG_2831

 建物の窓に明かり点いていきます。

IMG_2833

 あと一息で我が家です。

IMG_2840

 けれど我が家が近づいた所で、少し安心したので、スーパーによって買い物をしていくことにしました。

IMG_2841

 夕ご飯を作るのが面倒だし、この時間ならお惣菜やお弁当類が半額になるからです。

IMG_2845

 しかし半額になったお寿司を抱えて帰ると、よもちゃんは大剥れに剥れていました。



  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2018-10-06 00:14

エゾリス様と赤トンボ

  昨日は素晴らしい快晴でした。

IMG_2521

 それでよもちゃんにお留守番を頼んで農試公園の方に行ってみました。

IMG_2558

 実は一昨昨日、妹がイクラの醤油漬けをくれたので、農試公園の川にも鮭が遡上しているのと思ったのです。

IMG_2562

 ところが鮭はまだ来ていませんでした。

IMG_2618

 もうそろそろ来る頃だとは思うのですが・・・・・。

IMG_2626

 それでも素晴らしい天気なので、川を下ってみる事にしました。

IMG_2639

 農試公園の中を流れる川は琴似発寒川ですが、これが農試公園を出て少し下ると、琴似川と合流して新川になります。

IMG_2646

 この新川と言うのは明治時代に作った人工河川で、合流地点から河口までまっすぐ一直線です。

IMG_2654

 それでも河畔には遊歩道が作られて、自然も楽しめます。

IMG_2655

 農試公園を出てしばらく行くと消防学校があり、その対岸にも小さな公園があります。

IMG_2657

 この公園は小さいので、自転車だと直ぐに抜けてしまいます。

2018y10m05d_231402808

 しかし公園の出口まで来たら、目の前を何かが駆け抜けました。
 そしてそれは道の脇の樹に駆け上ったのです。

2018y10m05d_231451573

 リ、リス!!

2018y10m05d_231520652

 こ、こんなところエゾリスがいるなんて!!
 だってこの公園は狭いし、我が家の近所の公園と違って、この公園の周りは住宅街で、山も林もないのです。

2018y10m05d_231558689

 でも通りがかりの人に聞くと、この公園でも結構リスを見かけるし、キツネだって出るそうです。

2018y10m05d_231845584

 こんなところで一体どうやって暮らしているのでしょうか?
 
2018y10m05d_235502771

 うちの近所にでるエゾリス様は西野神社のお使いですが、このエゾリス様もどこかの神社のお使いでしょうか?

IMG_2710

 エゾリスと別れて公園を出ると、辺りは真っ平です。

IMG_2712

 視界を遮る物がなく、手稲山の山容が一目で見られます。

IMG_2718

 河畔の遊歩道から見ると新川の水量は随分と減っていました。

IMG_2727

 このところ快晴の日が続いているからでしょう。

IMG_2733

 もう日が大分低くなって、遊歩道は防波堤の影に覆われています。

IMG_2737

 それでもまだ日暮れまでにはまだ間がありますから、ドンドンと川を下っていきます。

2018y10m05d_232334584

 この前、ここを通った時には、まだハマナスの花が咲いていました。

IMG_2740

 でも昨日はもう花は咲いていませんでした。

IMG_2748

 川面には赤とんぼが沢山飛んでいました。

IMG_2758

 もう随分寒くなってきて、夕べはストーブを焚いたのに、まだトンボは頑張っているのです。

IMG_2759

 トンボの群れの中を進んでいきました。 
 そして群れに向かって何度かシャッターを切ったら・・・・・。

2018y10m05d_232847089

 やった~~!!
 トンボの飛翔写真が撮れました。

IMG_2764

 これはエゾリス様のお陰でしょうか?

IMG_2765

 トンボの写真を撮ってしばらくすると、いよいよ日が暮れ始めました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2018-09-21 19:11

ドンドン秋

 昨日も快晴だったので、山の上の農家の野菜の直販所に行ってきました。

IMG_1572

 それにしても本当に美しい青空でした。

2018y09m21d_172845908

 空が澄んでいるだけでなく、空気も澄んでいたのでしょう。

2018y09m21d_173021093

 光もまた特別な透明感を持っていました。

IMG_1619

 しかし数日前に来た時に比べると、秋は格段に深まっていました。

IMG_1636

 タモの木の葉は見るたびに黄色くなります。

2018y09m21d_173538868

 久しぶりにクジャクチョウを見かけました。

2018y09m21d_173849302

 もう9月も下旬だというのに、まるで羽化したばかりのような美しい羽をしていました。

IMG_1686

 姫リンゴは赤くなりました。

2018y09m21d_174257206

 食べられるわけではないけれど、赤い可憐な実がなると嬉しいです。

2018y09m21d_174635184

 山葡萄も実っていました。

IMG_1733

 葡萄酒になるのですが、他人の敷地だし、凄く高い所になっているので取るわけにはいきません。

IMG_1740

 農家の直販所の野菜は相変わらず少ないままでした。

IMG_1746

 そりゃ今頃、天候が持ち直したからと言って、夏野菜が育つわけでもないのです。

IMG_1759

 それでも小松菜とシシトウとバナナピーマンを買いました。

IMG_1765

 この前買ったズッキーニがまだ残ってたので、この日はこれでスパゲッティーにしました。

IMG_1777

 因みにズッキーニはありませんでした。

IMG_1813

 この前買ったのが最後の一本だったのです。

2018y09m21d_175625793

 例年なら10月半ばまで立派なズッキーニが買えたのに・・・・・。

IMG_1835

 来年はちゃんと野菜ができますように・・・・・。

IMG_1841

 帰りにはもう日が暮れてきました。

IMG_1851

 ついこの間までは、まだまだ真昼だった時間なのに。

IMG_1848

 低くなった太陽の光が、姫リンゴの木を通して射し込みます。

IMG_1863

 このリンゴはパチンコ玉程の大きさで、赤いのと黄色いのがあります。

IMG_1893

 地面には栃の実も沢山落ちていました。

IMG_1854

 完全に秋なのです。

IMG_1926

 これからまたドンドン日が短くなります。

IMG_1938

 そして黄葉も進みます。

IMG_1939

 黄葉が夕日に輝く秋の夕暮れは、本当に美しいです。

IMG_1946

 でもやっぱり哀しい気がします。

IMG_1949

 美しい事は同じでも春とは違うのです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)