2017-10-23 13:29

晴れた日 三度目

 10月21日は10月三度目の快晴でした。

019

 この日も午前中から用事で外出したのですが、驚く程暖か日でした。

079

 実は先週からすっかり寒くなったので、薄手のジャケット類は皆しまい込み、中綿入りの物を出したのです。

103

 ところがこの日は中綿入りのジャケットなんてとても来ていられない暖かさでした。

114

 それで薄手のジャケットをまた引っ張り出して、それを着て出かけました。

115

 この暖かさの為でしょう。 手稲山の山頂の雪が消えていました。

122

 こんなに異様に暖かいのは、台風のせいでしょうか?

139

 紅葉はまた一段と進みました。

151

 何処へ行っても極彩色です。

187

 特に白樺の葉は金色に輝き眩しい程です。

197

 アズキナシの実が赤くなり、黄色くなった葉はあらかた落ちました。

206

 これが11月になると、赤い実だけになります。

214

 すると冬枯れの山の中で、アズキナシの所だけがほんのりと赤くなるのです。

242

 楓の紅葉も進みました。

244

 楓の林全体が金色になっています。

264

 そして楓の向こうに透けていた桜の紅葉は薄くなりました。

274

 こんな豪華な色彩は今の季節だけです。

296

 春だってこんなに華やかではないのです。

2017y10m23d_122307373

 そして午後になると、色彩が一層鮮やかになってきました。

334

 二時を過ぎると、陽光の色が夕日の色近づいてくるのです。

338

 それで赤や黄色が一層鮮やかに見えるのだと思います。

372

 お蔭で景色が現実離れするほどの豪華絢爛に見えます。

388

 冬を待つ間の束の間の輝きです。

445

 実際、この快晴はこの日で終わりでした。

448

 翌日の22日は、いかにも台風前らしい暗い暗い曇り空でした。

446

 そして今日は朝から雨です。

449

 そして気温もドンと下がりました。

470

 現在外の気温は3度です。

484

 妹は電話で、裳岩山が雪で真白くなっていると言っていました。

500

 そして天気予報にも雪達磨のマークがついています。

506

 この豪華絢爛な色彩を見られるのも後暫くです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2017-10-21 23:16

晴れた日 二度目

 19日は10月になって二度目の快晴日でした。

023

 実はこの日は天気予報では一日曇りのはずだったのですが、しかし実に綺麗に晴れたのです。

045

 雨と曇りで外出ができない間いにも紅葉はドンドン進んでいました。

114

 そして落葉も結構進んでいます。

147

 この日、家を出たのは2時過ぎです。

149

 貴重な快晴日なので、ホントはもっと早く出かけるべきなのです、どうも生活のリズムが壊れてしまって戻りません。

153

 それでどうしても行動が遅くなるのです。

156

 生活のリズムが壊れたのは、去年の11月からです。

191

 去年の9月に自転車で転んで足を骨折で入院して、11月に退院しました。

195

 足を装具で固めて松葉杖をついての退院でした。

215

 でもよもちゃんが心配だったので一日でも早く退院したかったのです。

222

 だから退院してから結構大変でした。

230

 近くの生協に行くのも一苦労でした。

2017y10m21d_221805810

 店に入る為には、前の駐車場を通り抜けるなければならないのですが、その駐車場が途方もなく広く思えました。

245

 それでも頑張って店に入ると、何と生協はワタシの入院中に改装していて、売り場の配置がかなり変わっていました。

254

 そこで欲しい品を探すのに、売り場を探して歩かなくてはならなくなりました。

266

 だから買い物に出る度に泣きそうでした。

2017y10m21d_222126728

 そんなだから生活のリズムも無茶苦茶になりました。

278

 それでも根雪になる前には、装具も松葉杖もいらなくなり、除雪もできるようになったのです。

285

 あれからほぼ一年経ちます。

293

 あれから一年何とか無事に過ごす事ができました。

309

 自転車で転んだ事が恐怖になって、用心をするようになったのか、あれから一度も自転車で転んでいません。

329

 しかし生活のリズムはどうも戻っていません。

330

 一時は馬鹿に体調が良くなり、裁縫に励んだりしたのですが、それはまたダメになりました。

335

 体調がいつも今一なのは、病持ちなのだから仕方ありません。

337

 それにあれからほぼ一年、怪我も他の余分な病気もしないで済んだのだから文句を言ってはイケナイとは思います。

338

 でもヤッパリもう少しちゃんとリズム良く生活できて、したい事をもっとできるようになりたいです。

345

 でもそれはもう無理なのでしょうか?

346

 出かけるのが遅くなったので、暫くウロウロしていると直ぐに日が暮れてきます。

354

 4時を過ぎると夕暮れてくるのです。

352

 そしてこれからは更に短くなるのです。

417

 だから何とかもう少しテキパキと動いて、早く外出できるリズムを取り戻したいのです。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2017-10-19 22:30

晴れた日

 10月になってから札幌は暗い曇天と雨の日が続いています。

009

 これは10月14日の写真ですが、この日が10月最初の快晴日でした。

020

 それでこの日は珍しく午前中から外出して、写真を沢山撮りました。

028

 しかし余りに明るく何だか違和感を感じてしまいました。

031

 そして翌日からまた雨と曇天になったのです。

051

 例年なら秋の曇天と雨は11月がらなのですが、今年は一月早いです。

064

 それにしても雨と曇天に慣れ過ぎて、秋晴れの景色に違和感って情けないです。

070

 それでもこの日はほぼ一日、外を歩き回りました。

075

 どこもかしこも紅葉が鮮やかです。

083

 ここは春に桜が一杯だった所ですが、今は紅葉で桜の季節を超える艶やかさです。

113

 それでも紅葉の艶やかさは何処か哀しいものがあります。

132

 随分昔だけれど「霜葉は二月の花に似て紅なり」と言う本を読んだ事があります。

135

 清朝末期から国民党政府の中国を舞台にした小説でした。

148

 もう内容は殆ど覚えていないのですが、しかし秋になると題名だけは必ず思い出すのです。

159

 霜葉は二月の花、つまり春の花に似て艶やかだけれど、しかし実を結ぶ事もなく散っていく。

166

 そういう哀しさ、虚無感を描いた小説だったのを覚えています。

2017y10m19d_211704043

 因みにワタシはこれを岩波文庫で読んだのですが、さっき検索したら岩波でも絶版になっていました。

2017y10m19d_211737501

 この日は午後からは久しぶりに宮の丘公園に行きました。

2017y10m19d_211921456

 一昨年の今頃、ここの林の中でクマゲラを見ました。

264

 それでクマゲラは無理でも、エゾリスか紅葉を見たいと思ったのです。

272

 しかし公園の広場をウロウロしてる間にまた、雲が出てきました。

293

 それで林に入った時には、光線の具合がすっかり悪くなってしまいました。

302

 ワタシは安物のコンパクトデジカメしか持っていないので、少し太陽が陰ると、写真の色がすっかり濁ってしまうのです。

375

 でも林の中で可愛い犬に会いました。

376

 そして「ハイ、チーズ!!」と言ったら、ちゃんとポーズを取ってくれました。

2017y10m19d_213042457

 それから公園の出口近くで、エゾリスを見ました。

420

 余りにすばやくて写真は撮れませんでした。

456

 でも久々にエゾリスをみられて嬉しかったです。

468

 そしてこの翌日にはまた天候が崩れて雨と曇りが続きました。

494

 そして今日になって漸く晴れました。

498

 それで今日も散歩に出て写真を撮ったのですが、それはまた次にアップします。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-10-15 20:51

13日の金曜日

 10月13日の金曜日は暗く冷たい日でした。

005

 天気予報では晴れだったのですが、空には大きな雲が一杯で、お日様はその雲の陰から出てきません。

022

 そしてもうすっかり寒くなりました。

029

 フリースの上から薄手のパーカーを着ていたのですが、しかし途中で寒くて我慢できなくなりました。

042

 それで家に引き返して、中綿入りの長いコートを着て出直しました。

111

 お蔭で紅葉はドンドン進みます。

119

 先に紅葉した木は散り始めています。

2017y10m15d_194751031

 手稲山や藻岩山の高い所は完全に茶色になっています。

138

 先週までは緑だったのですが、アッと言う間に茶色くなりました。

154

 桜の葉は凄いまでに鮮やかな紅色になりました。

2017y10m15d_140633191

 栃の葉は黄色くなりました。

2017y10m15d_140802049

 時々日が射すと金色に光ります。

197

 しかし日は直ぐに陰ります。

2017y10m15d_140959596

 太陽が出ていれば少しは暖かいとは思うのですが、哀しいかな太陽は雲隠れしたままです。

203

 それにしても寒くなるテンポが速すぎると思います。

223

 それに紅葉が始まってから、まだ一度も明るい秋晴れの日がありません。

260

 雲の裂け目から日が射すと、三角山の山頂も紅葉していました。

2017y10m15d_200321667

 しかし日が射すのは遠くの山だけです。

267

 目の前は何処も暗いのです。

291

 そして直ぐに日没が迫ってきました。

313

 雲の隙間からまた光が射してきました。

318

 コッソリとさよならを言うような哀しい光です。

2017y10m15d_201029734

 その光で一瞬、周りが黄金に輝きました。

364

 でもほんの一瞬でした。

366

 太陽はこの後直ぐに手稲山の向こうに隠れてしまったのです。

372

 暗く冷たく寒い日でした。
 でも13日の金曜日なのですから、格別悪い事が起きなかっただけ良いとするべきでしょう。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-10-12 23:09

雨と曇りと紅葉

 札幌はこのところずうっと雨と曇天です。

026

 9日に少し晴れたのですが、その後ずうっと雨と曇りが続いているのです。

029

 その中で紅葉が進んでいます。

2017y10m12d_220139802

 我が家の直ぐ近くの公園もナナカマドやカエデの紅葉が燃えるようです。

035

 ここには辛夷や八重桜が沢山植えてあるので、春は大変に華やかです。

039

 しかし色彩だけなら全ての木々が、赤や黄色に燃える今の方が華やかでしょう。

044

 しかし情けない事に、空模様が今一です。

2017y10m12d_220339533

 シャッキリと晴れてくれません。

080

 空にもわ~~っと靄がかかり、太陽の光が冴えないのです。

113

 それだって9日はともかく晴れていたのですが、その後はホントに暗い日々になりました。

116

 そして朝夕はすっかり寒くなりました。

131

 10日に雨が降っていない事を確かめて買い物に出ると、近くの山々の山肌の色がすっかり変わっていました。

2017y10m12d_220954949

 9日までは殆ど緑で、近づけばチラホラと紅葉した木が見える状態でした。

139

 それが何と茶色や黄色な赤など、山肌全部が黄葉の色になっていたのです。

2017y10m12d_212609216

 だから是非とも山の方へ散歩に行きたいです。

157

 しかし直ぐにまたビショビショと雨が降ってきます。

158

 秋の雨は暗く冷たく、家にいると気が滅入ります。

2017y10m12d_221342694

 それが3日も続いたのです。

168

 しかし情けない事に、天気予報を見ると明日も晴れると言う保障はありません。

176

 西区役所の前のタモの木は、9日には見事に黄葉していました。

191

 でもだから何とか明るい光の中であのタモの木を撮りたいのです。

2017y10m12d_221620539

 しかしこの調子では天気が持ち直す頃には、あの黄金の葉は全て散ってしまうかもしれません。

2017y10m12d_221655924

 桜だってそうです。

235

 今、桜の木は燃えるような紅色に染まっています。

267

 しかしこれだってヤッパリ、花と同様短命なのです。

2017y10m12d_222420668

 いつになったら無情の雨がやみ、秋晴れになるのでしょうか?

2017y10m12d_222708327

 ワタシは去年の秋は骨折で入院していたので、紅葉は病院の窓からしか見られませんでした。

2017y10m12d_222801498

 病院の狭い庭と、病院の廻りの道路の並木の紅葉しか見られなかったのです。

040

 だから今年は去年の分もしっかりと紅葉を見たいのです。

044

 神様はワタシの願いを聞いてくれるでしょうか?

054

 因みに今日は殆ど一日中雨でした。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)