FC2ブログ

2019-08-15 14:36

久しぶりの散歩

 昨日は久しぶりに散歩しました。

IMG_2721

 6月20日の深夜に右腕を脱臼して以来初めての散歩です。

IMG_2736

 腕の脱臼だけで、足は何ともなかったのです。
 
2019y08m15d_131724930

 でも最初の脱臼してから最初の3週間は、腕を吊って、その上から巨大なゴムバンドみたいなもので固定していました。
 すると何だか凄く歩きにくいのです。

IMG_2750

 体のバランスが微妙に崩れるのか、少し歩くと凄く疲れるし、その上履き慣れた靴を履いていても酷い靴擦れになりました。
 家から近所の病院まで10分足らず歩く間に、靴擦れで痛くて堪らなくなったのです。

IMG_2753

 腕の固定は3週間で終わったのですが、やはりなかなか普通に歩けるようになりませんでした。
 勿論自転車は使えません。

2019y08m15d_131905594

 脱臼した時に、腕の骨の先を剥離骨折したのですが、この骨がまだ完全に着いていないのです。
 だから自転車に乗っていて不用意に力を入れると、また剥離しちゃうからです。

IMG_2776

 剥離骨折した骨が完全に着くまでは自転車は使えないのです。
 だから大変不便です。

IMG_2778

 それでもワタシは元来健脚だし、冬は雪の中を長時間散歩している人間なので、自転車が使えなくても関係ないと思っていました。 
 腕にトラブルが起きると、上手く歩けなくとは想像もしていませんでした。

2019y08m15d_132145377

 でも人間の体ってそんなに単純じゃないんですね。
 それでも腕の固定が終わってから少しずつ歩くのも楽になって行きました。

IMG_2784

 ところがそうやって少しずつ歩くのに慣れてきたら、今度は猛暑です。

IMG_2813

 33℃ぐらいで猛暑と言ったら本州の皆様には申し訳ないとは思います。
 しかし北海道150年の気象観測史上最高の気温だったのです。
 そして札幌ではこれまた観測史上初の熱帯夜になりました。

IMG_2832

 ワタシは元来暑さには滅法弱いので、これであっさりダウンしました。

2019y08m15d_132701803

 買い物の為、外出しても、スーパーとか冷房の効いた所へ入ったら、出たくない!!
 それでも頑張って出ると、銭湯の浴室に入ったみたい!!

IMG_2844

 そんなわけで何とか普通に歩けるようになっても、散歩どころじゃなかったのです。

IMG_2866

 それでも8月に入って気温は少しずつですが、確実に下がり続けたようです。

IMG_2871

 そして昨日は、買い物を終わってスーパーを出ると、爽やかな風が吹いていました。

IMG_2879

 その風に誘われて、そのまま散歩する事にしたのです。

IMG_2881

 空が素晴らしく綺麗に澄んでいました。
 蒸気を含んだ蒸し暑い空とは完全に別物でした。

IMG_2890

 久々に見るいつもの散歩コースには、秋の気配が忍び寄っていました。

IMG_2906

 例年、札幌の夏は雨が降ったら終わりです。

IMG_2936

 真夏日が続いた後に、まとまった雨が降ったら、その後気温がドンドン下がっていくのです。

IMG_2954

 今回も8日と9日に雨が降っています。
 それでもう真夏日とは完全にお別れになったのです。

IMG_2963

 そして天気予報では明日もまた雨なのです。 
 この雨が終われば気温はまた一段と下がるでしょう。

2019y08m15d_134748578

 久しぶりの散歩だったので、ごくごく近場だけで済ませたのに、帰りには日が傾いてきました。

IMG_2972

 日も随分短くなったのです。

IMG_2976

 お盆明けに診察を受けた時には、自転車が解禁になると良いのですが・・・・・。

IMG_2983

 山の上の農家の直販所で夏野菜が売っているウチに自転車が解禁になってほしいです。

IMG_2999

 それから山の上のパン屋さんのパンも食べたいのです。







  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2019-08-04 13:48

護衛艦「ゆうだち」見学

 昨日は妹に誘われて苫小牧港に護衛艦「ゆうだち」の見学に行きました。

IMG_2495

 「ゆうだち」はむらさめ型護衛艦ですが、これは英語ではMurasame-class destroyerとなっていますから、護衛艦の中ではかなり最大級なのでしょう。

IMG_2497

 実際、この前見学した「すずつき」と比べても、一目見て遥かに大きいのがわかります。

IMG_2508

 艦上に上がると、戦車が見えました。
 これは恵庭駐屯地から来た90式戦車で、帰りに見学できました。

IMG_2521

 さて「ゆうだち」の見学ですが、今回は艦橋が見学できました。

IMG_2523

 しかし護衛艦の艦内と言うのは、結構怖いです。
 通路は凄く狭く、階段は梯子のように急で、ドアのところには高さ10センチ弱の仕切りがあって、躓いて倒れたら酷い目に遭います。

IMG_2528

 それでも甲板から3階目ぐらいで艦橋にたどり着きました。

IMG_2531

 見学者皆大喜びですが、薄暗いので綺麗な写真はとれません。

IMG_2541

 艦橋から船首を見るとこんな感じです。
 艦橋の高さが想像できるでしょう?

IMG_2546

 艦橋を一回りして外に出ると、武装やレーダー類が間近に見えます。

IMG_2548

 ところで札幌の暑さは峠を越えたようです。

IMG_2550

 暑さのピークは7月31日と翌8月1日だったようで、2日からは気温が下がり始めました。

IMG_2555

 そしてこの日(3日)は快晴に爽やかな風が吹き、日向は太陽の日差しがキツイけれど、日陰には涼やかな風が吹くという、正しい北海道の夏になりました。

IMG_2560

 お陰で「ゆうだち」見学も気持ちよく楽しめました。

IMG_2570

 それにしても7月31日と8月2日は北海道では150年間の観測史上初の暑さだったそうで、ワタシもあの暑さなら見学はパスしてダウンしていたかも?

IMG_2576

 しかしこの「ゆうだち」は海賊対策でジブチやソマリア沖で活動していたのですから、30℃超えで暑いなんて言ってはいけないんでしょうね。

IMG_2577

 ワタシも一応は見学の前後に、見学した護衛艦についてウィキぐらいは見る事にしているのですが、すると見学した艦の多くが海外での活動をしている事がわかります。

IMG_2583

 こ、怖い!!
 自衛艦内の階段は皆これです。

IMG_2584

 話を戻しますが、海上自衛隊の海外任務は否応なしに増えているのです。

IMG_2593

 海賊の出現なんて典型だけれど、20世紀の前半で作られた世界秩序が、崩壊し始めているのです。

IMG_2596

 20世紀の世界秩序とは欧米式の国民国家と、それが定める国際ルールによる秩序なのです。
 しかしソマリアのようにそんな秩序では国家を運営する事が出来ない国が、国として存在しています。
 更に中国のようにそもそもそういう秩序を破壊して自分の秩序を作ろうとする国が出現しました。

IMG_2602

 一報、現在の世界経済は世界中の国々が大規模な経済交流を持つ事で成り立っています。
 経済は密接に関係しているのに、その経済交流の安全を保障する秩序は崩壊しつつあるというのが現在の世界なのです。
 そうなると日本としても秩序を守るために活動するしかないのです。

2019y08m04d_131702054

 海賊船に乗り込むスワット部隊の装備を見せてくれました。
 カッコイイけど、暑くて気の毒です。
 でも「暑くて大変でしょう? 熱中症に気を付けてください」と言ったら、涼しい顔で「大丈夫です」と仰いました。
 アデン湾でもこのスタイルで活動されたのですから、苫小牧港でヘタレるわけもないのでしょうが・・・・。
 防弾チョッキの試着もできましたので、着てみました。 
 防弾チョッキは7キロだそうで、着るだけなら子供でも着られるのですが、しかしこれを着て長時間炎天で活動と言うのは辛いでしょうね。

IMG_2612

 甲板の隅に下に降りる階段が・・・・。
 しかし狭いです。 太った人はどうするんだろう?

IMG_2626

 それにしてもカッコイイ船です。
 ワタシは軍オタではないので、イージス艦なんかより、こういう軍艦らしい軍艦が好きなのですが、しかし現代戦ではどうなのでしょうか?

IMG_2627

 でも考えてみれば、海賊対策とかホルムズ海峡でのタンカーの警護となると、活躍するのはイージス艦ではなくこのような船でしょう?

IMG_2631

 パックスアメリカーナが崩壊しつつあるのですから、自衛隊もホントに何から何まで大変になっているのです。

IMG_2636

 平和って平和を唱えれば来るわけじゃないから仕方ないですよね?

IMG_2637

 戦争が嫌と言えば戦争が避けられるわけじゃないのです。
 病気が嫌と言えば病気にならずに済むわけじゃないし、貧乏が嫌だと言えば貧乏をしなくて済むわけじゃないのと同じです。

IMG_2660

 日本人は早くこの現実に目覚めないとまずいと思うんですけどね。

2019y08m04d_132904795
 
 見学が終わって「ゆうだち」を離れる頃になって、風が吹いてきました。
 お陰でヘタれていた旭日旗が美しくはためき始めました。
 ヤッパリ世界一美しい軍旗です。 
 見ていると勇気と希望が湧いてくる旗です。

 「ゆうだち」を見学し終わった後、ワタシ達は近くの食堂で食事をしました。 
 ここはホッキカレーで有名なのですが、これが異常人気で大行列ができていました。 その行列でワタシ達の後ろと前は台湾人の観光客でした。
 それでもワタシ達は頑張って1時間余り並んで、そのお店で食事をして帰りました。
 ワタシは蟹丼と言うのを食べたけど美味しかったです。

 

 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-07-23 18:40

「かが」と「すずつき」 その2

 21日は妹の友達に便乗させてもらって、小樽へ護衛艦「かが」と「すずつき」を見に行きました。

IMG_2181

 まず「すずつき」の見学を済ませて下船すると、「すずつき」のクルーによる、ラッパの演奏とファッションショーをやっていました。
 ファッションショーは海上自衛官の夏の制服の他、消防服などを見せてくれました。
 でも前の人の頭が邪魔で良い写真が撮れませんでした。

IMG_2202

 この後「かが」に向かいます。

IMG_2205

 「かが」の船腹に巨大な穴が・・・・・。
 F35とか大きな物は、ここから入れるようです。

IMG_2207

 快晴の日曜日とあって、見学者は後から後から押し寄せます。

IMG_2209

 船腹に沿って長々歩いた後、ようやく入り口にたどり着きました。

IMG_2213

 入ってみると中は途方もなく広いです。

IMG_2214

 この中に哨戒ヘリが14機格納できるのだそうです。

IMG_2215

 これはさっきの大穴を中から見た所です。

IMG_2217

 全体の広さとあいまって、なんか船の中と言うより巨大な倉庫みたいです。
 小樽港の周りには、大きな倉庫が沢山あるのですが、しかしこんな巨大な倉庫はありません。

IMG_2225

 倉庫の中をうろついていると、船首側のエレベーターが下りてきました。

IMG_2224

 トランプ大統領が5月に訪日した時に乗ったエレベーターです。

IMG_2228

 巨大なのに動きは大変早くスムーズです。

IMG_2229

 モタモタしているとシャッターを切るのが間に合わない速度で降りてきます。

IMG_2230

 下から上まで普通の建物の3階分はあるんじゃないかと思います。

IMG_2232

 エレベーターが降りると、ワタシ達も乗り込みました。

IMG_2235

 エレベーターは実にスムーズに上がっていきます。

IMG_2236

 因みにこのサイズはF35を乗せるのにピッタリなのです。

IMG_2237

 だから「かが」と「ひゅうが」ができた時から、ネットの軍オタさん達はF35を乗せて空母化できると言っていました。
 そして実際にF35を搭載する事になったのです。

IMG_2241

 エレベーターが上がりきると、回りの甲板と全く段差がなくなります。

IMG_2244

 ワタシは以前に「いせ」のエレベーターにも乗った事があります。

IMG_2248

 「いせ」のエレベーターはオスプレイが乗せられるので、2014年のリムパックではオスプレイを載せていました。

IMG_2249

 「いせ」のエレベーターも「かが」のエレベーターも、ヘリだけを乗せるなら大きすぎでしょう?

IMG_2250

 こういうのは軍オタさんなら色々見えてくる物があるんでしょうね。

IMG_2259

 因みにエレベーターは船首と船尾の二か所にあります。

IMG_2262

 それにしても「かが」の甲板は、滅茶苦茶広いです。

IMG_2264

 甲板上の構造物って、これしかありません。

IMG_2266

 もう唯の飛行場!!

IMG_2267

 「かが」は全長248m、最大幅38mです。
 一方、帝国海軍の空母加賀は全長238m、飛行看板の幅は30mでした。

IMG_2275

 つまり「かが」はゼロ戦なら楽々と離着陸できるんですね。

IMG_2270

 うわ~~!! 「すずつき」が小さい!!

IMG_2297

 しかしこれでも現代では「軽空母」と言うか、本格的な空母とは言えないのです。
 現代の空母ってホントに化け物なんですね。

IMG_2289

 広い広い甲板を一回りしてまた船首に戻ると、エレベーターが降りてきます。

IMG_2309

 そしてまた上がってきました。

IMG_2310

 ホントにすごい!!

IMG_2311

 こんな巨大な物が静かにスルスルと上がってくる!!

IMG_2312

 つまり空母ってこういう物が全て正確にスムーズに動くように作る技術がないと、作れないのですね。

IMG_2313
 
 そしてまた1センチの段差もなく、見事に上がり終えました。
 護衛艦の見学は足元が悪くて大変なのですが、「かが」なら車椅子の人でも全く問題ないかも?

IMG_2331

 これで「かが」の見学は終わりです。

IMG_2339

 降りてから見上げるとヤッパリ巨大です。

IMG_2353

 「すずつき」は凄くカッコよかったし。

 この日は快晴で本当に気持ちの良い日でした。
 帰宅後、選挙に行ったけれど、選挙結果については複雑な気持ちです。

 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2019-07-22 12:27

「かが」と「すずつき」

 昨日は妹の友達に便乗させてもらって、小樽に護衛艦「かが」と「すずつき」を見学に行きました。

IMG_2062

 久しぶりの快晴で、写真を撮るにはピッタリの日和です。

IMG_2068

 まずは「すずつき」から見学します。

IMG_2077

 ウィキによると「すずつき」は2014年から就役した5000トン級護衛艦で、佐世保の第4護衛艦隊所属です。
 2016年にはソマリアの海賊対策の為にアデン湾派遣されました。 

IMG_2078

 「すずつき」の後ろには、「かが」の巨体が見えます。

IMG_2081

 今回は艦橋や艦内の見学はできず、デッキの上をぐるりと一周するだけです。

IMG_2089

 見学する前に、受け付けて身分証明書の提示を求められました。
 飲み物など液体の持ち込みも禁止です。

IMG_2091

 防衛機密の問題もありますが、京都アニメの放火事件のような物を考えると、こうした措置も仕方がないのでしょう。

IMG_2095

 「すずつき」は戦う船ですから、艦内には色々な武器があります。

IMG_2107

 この手の武器は軍オタが見れば興味津々で、見学の見どころなのでしょうが、ワタシは軍オタではないので、「ふうん・・・・・。」ぐらいしか言えないのが残念です。

IMG_2113

 それでも乗員の自衛官の方は、ワタシの頓珍漢な質問に懇切丁寧に答えてくださいます。

IMG_2112

 今回、訓練の為に北海道まで来たそうですが、その為か防衛大学の学生さんが多いです。

IMG_2117

 防衛大学の学生さんの中には女性も多いです。

IMG_2123

 現代戦では筋力は必要ないので、女性でも十分戦えるのですが、狭い艦内で男女が長期間暮らすというのは、色々大変だろうと思います。

IMG_2128

 「すずつき」の後ろ側はヘリコプターの格納庫になっています。

IMG_2127

 今はどんな護衛艦でも必ずヘリコプターを積んでいます。

IMG_2129

 「すずつき」もSK-60を二機積んでいます。

IMG_2145

 今まで見た護衛艦のヘリって、殆ど皆このタイプでした。
 このSK-60と言うのは哨戒ヘリです。
 つまり今の海戦では哨戒ヘリで潜水艦を見張りながらでないと、戦えないという事でしょうか?
 それにしても護衛艦がそれぞれ哨戒ヘリを積んでいて、しかも「かが」のようなヘリ空母もいるのですから、現代海戦でのヘリコプターの役割って大変大きいのですね。

IMG_2139

 これはヘリコプターの管制室です。
 窓の漫画は一般公開中だけ貼っているそうです。

IMG_2143

 船尾には旭日旗が翻っていました。
 船主には国籍旗、つまり日の丸、船尾には軍艦旗を掲げるというのが、軍艦の航行規則です。

IMG_2151

 因みに何で軍艦旗と国籍旗の区別があるのかと言う事ですが、これはおそらく昔は外見で軍艦と一般船舶を区別する事ができなかったからだと思います。
 実際、ナポレオン戦争時など商船も武装していました。
 また軍艦ではないのに敵国の商船を襲う私掠船と言うのもありました。 これはもう武装が軍艦と同じなのです。
 だから鹵獲した私掠船をそのまま軍艦として使う場合もありました。
 これでは軍艦旗でも決めない限り、軍艦と民間船を区別できないのです。

IMG_2152

 後甲板の見学を終わって、また前へ進みます。

IMG_2155

 今までイージス艦や輸送艦など色々な護衛艦を見たけれど、この「すずつき」が一番軍艦らしい姿です。

IMG_2159

 つまり戦艦大和とかに代表される、沢山の武器を満載した軍艦のイメージに一番近いのです。
 だから凄くカッコイイです。

IMG_2160

 イージス艦とかってそれに比べると、武装が全然目立たず、今一強そうに見えないんですよね。

IMG_2162

 しかしお客さんが一杯ですね。
 快晴の日曜日だから当然だよね?

IMG_2163

 お客さんは後から後から乗り込んできます。

IMG_2070

 これで「すずつき」の甲板を一回りしました。
 これで下船したら、次は後ろに見える「かが」を見に行きます。

IMG_2173

 下船して見上げると旭日旗が美しく翻っていました。
 ヤッパリ、旭日旗は世界一美しい軍旗です。
 旭日旗のグッズが世界中で売れ、米軍も旭日旗を取り込んだマークを使いたがるのも当然でしょう?

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2019-06-15 14:09

お祭りと神様のお使い

 昨日は久しぶりに北海道神宮へ行きました。

IMG_1414

 実は昨日から北海道神宮祭が始まり、昨日はその宵宮だったのです。

IMG_1415

 しかしまだ昼間なので、人出も少ないし、屋台も少なかったです。

IMG_1431

 それでも参拝者は普段に比べればはるかに多く、お神楽や野点も始まっていました。

IMG_1454

 昨日は宵宮、今日は例祭、明日は神輿渡御と言う予定です。

IMG_1480

 でも天候はこれから崩れて、明日は雨になりそうなのです。

IMG_1484

 北海道神宮祭って、昔から天気が悪く、神輿渡御の日は特に悪天候になると決まっているのです。
 これまで散々、カンカン照りが続いたのに・・・・・。
 でも神様とすれば、お祭りだからこそ雨を降らせて、日照りで困っている農家や家庭菜園を救済するお心算かも?

IMG_1493

 さて境内を離れて、隣接する神域の遊歩道に入ってみました。

2019y06m15d_132409941

 すると大木の幹を駆け上っていく小さな影が・・・・・・。

IMG_1508

 わ~~い!!
 エゾリス様だ!!!

2019y06m15d_132618628

 3匹のエゾリス様が目の前を縦横に駆け回って遊んでいました。
 この遊歩道はエゾリス様やシマリス様が、良く出る場所なので、行ってみたのですが、でも昨日はお祭りで、やたらに賑やかなので、エゾリス様やシマリス様に会える事は、あまり期待していませんでした。

2019y06m15d_132706402

 ところがこうやって目の前に3匹も出てきて下さったのだから大感激です。
 
IMG_1532

 今の季節は木々の葉が厚く茂り、林を抜ける遊歩道は暗いので、ワタシの安物のデジカメでは、あまり良い写真が撮れません。
 それでお会いできただけで大満足です。

2019y06m15d_132810850

 ところがエゾリス様に大感激して、ふと足元を見ると、何と今度はシマリス様もお出ましです。

2019y06m15d_132839603

 手を伸ばせば届きそうなところで、楽しそうにお食事中です。

2019y06m15d_132930908

 実は今年は春先から全然、シマリス様やエゾリス様を見かけませんでした。
 ワタシはウチの近所に出るエゾリス様は、西野神社のお使い、北海道神宮の境内や脇の遊歩道で見かけるエゾリス様やシマリス様は、北海道神宮のお使いと思っているので、敬語を使う事にしています。
 
 ところが今年は春先からこのお使いに全くお会いできなったので、とても寂しかったのです。
 でもこれで大安心です。

 ちゃんと神様のお使いにお会いできたからには、今年もこれから良い事があるでしょう。

IMG_1550

 良い写真は撮れませんでしたが、そんなことは構いません。
 そもそも安物のデジカメで、エゾリス様やシマリス様を撮れるというのが、凄いのです。

IMG_1559

 尤も春先には、この遊歩道から数十メートル入った所で、羆が昼寝をしていましたから、シマリス様やエゾリス様が出てくるのは当然ともいえるのですが・・・・・。

2019y06m15d_133150148

 ともあれこうして大満足して、すっかり幸せな気持ちになって帰路に就きました。

2019y06m15d_133323720

 帰り道の住宅街の家々の庭では、薔薇が咲き始めています。
 今度はロイズローズガーデンに薔薇を見に行かなくちゃ。
 神様、幸せな日々を有難うございます。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)