fc2ブログ

2024-04-07 02:22

コーヒーと神様

 一昨日、西野神社に参拝した帰りに神社の近くのスーパーに寄ったら、入り口の辺りに安売りのコーヒーが並んでいました。
 小さなパックだし安売りだし、好きなキリマンジャロブレンドがあるし、買おうかな・・・・と、思って暫く眺めたけれど止めました。

2024y04m06d_210944440.jpg

 2~3か月前にコーヒーを切らしてから、ずうっと買っていませんでした。
 だから「このまま買わない方が良いのでは?」と、思ったのです。

IMG_7101.jpg

 ワタシは普段は紅茶党です。
 ワタシの朝食はハムを乗せたトースト一枚と紅茶二杯と決まっているのです。

IMG_7112.jpg

 でもコーヒーも嫌いじゃないです。
 特にケーキを食べる時は、紅茶よりコーヒーの方が断然美味しいです。
 あの甘さと苦さのコントラストがたまりません。

IMG_7116.jpg

 けれどもそうそうケーキを買うわけじゃないし、それにコーヒーを飲むと眠れなくなるんです。
 二日続けて飲むと、二日目からは眠れるのですが、一日目はダメなのです。

IMG_7118.jpg

 それに体調が崩れると、コーヒーの苦さだけが舌について、飲むのを止めます。
 そうやって飲まない日が続いた後に飲むと、また眠れなくなります。

IMG_7119.jpg

 昔、母から「アンタはコーヒーを飲んでる間は元気だね。」と言われた事があります。
 この頃、ワタシは持病になっている難病(特定疾患)を抱え込みました。

IMG_7129.jpg

 どうやらワタシは自分では全く意識する事なく、病状が良い間は毎日コーヒーを飲み、悪くなると飲まなくなっていたのです。
 それでコーヒーは体調を図るバロメーターになっていました。

IMG_7131.jpg

 しかしそのコーヒーを飲む日が段々減っていきました。
 これはつまりコーヒーを楽しめる体力のある日が、減っていると言うと言う事でしょうか?
 つまり寄る年波と言う事です。

IMG_7136_20240407013128374.jpg

 それでもケーキにはコーヒーがないと物足りないのです。
 この数か月コーヒーを切らしたままにしていたので、紅茶でケーキを食べる事が何度かあったけど、ヤッパリ物足りないのです。

IMG_7141_20240407013130a28.jpg

 だからやっぱりコーヒーは常備しておきたい・・・・・、でも買ってもあまり飲めないし、飲んだらまた眠れなくなる・・・・。
 そんな事を色々考えて、一昨日は結局買うのを止めたのです。

IMG_7160_2024040810211859f.jpg

 それが昨日(4月6日)散歩に出たら、いつも行くパン屋さんの前を通って、そしたらケーキを買ってしまいました。 なんかどうしてもケーキを食べたかったのです。

IMG_7147.jpg

 で、ケーキを自転車の前籠にいれて暫く走り回って、帰りにまた西野神社に参拝する事にしました。
 でも神社に行く途中で、また例のスーパーに寄りました。

IMG_7172.jpg

 ケーキを買ったからには、コーヒーが必要と思ったのです。
 ところが一昨日コーヒーが置いてあった棚には、お菓子が並んでいて、コーヒーはありませんでした。
 そうなると今度はどうしてもコーヒーが欲しくなりました。

IMG_7169.jpg

 コ、コーヒーはどこ?
 オロオロしなが店内を探すと、コーヒーはありました。
 でも一昨日みた小ぶりのパックはありません。 
 商品の入れ替えをしたのか、随分と大きなパックばかりでした、

IMG_7163.jpg

 こんな大きなパックを買ったら、いつ飲み終えるかわかりません。
 これは西野神社の神様が「お前はコーヒーを飲めばまた不眠になるし、体調だって今一だから絶対に飲むな」と仰っているのでは?と思いました。
 でも結局、10杯分をパックしたドリップコーヒーを見つけたので、それを買いました。

IMG_7181.jpg

 それから神社まで行って参拝しました。 
 お賽銭を上げる時に、なぜか100円玉が見つからず、500円上げる羽目になりました。

IMG_7143.jpg

 ケーキを買った時のお釣りに百円玉があったはずなのに・・・・・。
 思うにこれが神様の警告を無視してコーヒーを飲んだ祟りだと思いました。
 だから祟りを避ける為にはお賽銭は五百円だすべきなのです。 するとそれで神様も満足されたのか、五百円玉を賽銭箱に入れたら、財布の中の百円玉が見つかりました。
 これで厄払いは終わったはずです。

IMG_7147.jpg

 参拝を終えて家に帰って一休みしてから、コーヒーを入れてケーキを食べました。
 久しぶりのコーヒーとケーキの組み合わせは、気が遠くなるほど美味しかったです。

IMG_7172.jpg

 コーヒーもケーキも格別高級品でもないのに・・・・。
 何だか体がふわりと浮くほど美味しく感じました。

IMG_7178.jpg

 でも夜になって日付が変わっても眠れません。
 数カ月ぶりのコーヒーだから、眠れなくなるのは当然です。

IMG_7181.jpg

 けれどもこのところやたらに眠くて、一昨日は早々と床についてぐっすり眠り、明け方には兄と二人で仏壇がどうたら議論している夢を見ました。
 だから今夜もちゃんと眠れると思ったのですが、ヤッパリだめです。

IMG_7188.jpg

 一応札幌医大でもらった眠剤をのんだけれど、全然眠くなってきません。
 このところは毎日太陽の光を十二分に浴びて、適度な運動をして、お陰で毎夜11時には眠くなっていたのでコーヒー一杯分ぐらいのカフェインなら何とかなっるか・・・・ともったんですけどね。

IMG_7193.jpg

 しかし何ともならないのです。
 でも幸い明日、イヤ日付が変わっているので今日は日曜日なので、昼間にグダグダして手も無問題です。
 
IMG_7195.jpg

 神様はご立腹でしょう。
 せっかく入口の棚から全部コーヒーを全部撤去したのに、勝手にスーパー内を探し回って買うような馬鹿な事をするからさ、不眠でも肝機能障害でも好きにすればよいと思っていらっしゃるでしょうね。

IMG_7211.jpg

 今日はまた一段と温かく、途中で手袋と上着を取りました。
 春の訪れは冬より遥かに劇的です。
 
IMG_7213.jpg

 だってこの景色が連休の前後には花の爆発になるんですよ、
 この枯れ木がみんな桜の花を咲かせっるんですよ。

IMG_7219.jpg
 
 だから神様もこれから暫く大忙しで、ワタシのコーヒーになんぞに構っている時間はないでしょう。
 だったらこれ以上、コーヒーの件でワタシに祟ったりされないのでは?と期待しています。
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2024-04-06 11:26

冬が終わる

 今朝はストーブを点けませんでした。
 これまでは朝起きたらまずはストーブを点火したのです。

IMG_7013.jpg

 冬の間は朝一番にストーブを点けて、昼過ぎには一旦止める。 けれど夜になってまた点ける。
 それを寝る前に消して、翌朝起きた時に一番で点けるを繰り返していたのです。

IMG_7016.jpg

 けれど3月になってから、朝一番で点けても夜になってから点けない日が続いていました。
 それでもやっぱり昨日までは朝は結構冷えるので点けていました。

IMG_7018.jpg
 
 しかし今朝はついにストーブを点ける必要がなくなりました。
 先週から最低気温が0℃を割らなくなり、朝の室温も少しずつ上がっていました。

IMG_7017_20240406104933904.jpg

 やっぱり春なのです。
 道路の雪もすっかり消えて、街中を自転車で走る分には全く困らなくなりました。

IMG_7019.jpg

 それで毎日のように自転車で駆け回っているのですが、しかしあんまり写真は撮れませんでした。
 だって道路の雪は溶けたけれど、公園や遊歩道の雪はまだ沢山残っていて、自転車では全く公園にも遊歩道にも入れなくなりました。

IMG_7035.jpg

 3月末に一度だけ雨が降り、曇ったのですが、それ以外は毎日素晴らしい快晴が続き、文字通り雲一つない青空です。
 しかもお日様の光が日々力を増しています。

IMG_7042_20240406110400280.jpg

 でも公園や遊歩道に入れないし、その上街中泥んこなのです。
 道路の雪はなくなったけれど、それ以外の場所で残っている雪は、薄汚れて泥んこで、街全体が何とも薄汚れています。

IMG_7046.jpg

 雪国の街の早春は爽やかじゃないのです。
 薄汚れて汚いのです。

IMG_7052.jpg

 それでも日々、暖かくなり、雪が減っていくと、春の息吹は感じます。
 まだ木の芽も出ず、花が咲くのはいつのことやら・・・・。

IMG_7055.jpg

 と、思っていたら、クロッカスが咲いていました。
 雪が溶けて日当たりのよい場所では、もうクロッカスが咲いていたのです。

IMG_7061.jpg

 但しクロッカスは日没には花を閉じて眠ってしまいます。
 だから咲いている所を見ようと思ったら、昼間、日が高いうちに行かないとダメです。

IMG_7067.jpg

 河原にはフキノトウも出ていました。
 雪さへ溶けていれば、フキノトウは出るのです。

IMG_7084.jpg

 スノードロップも咲いていました。
 スノードロップもクロッカスと同じで夜は花を閉じて眠るのです。

IMG_7086.jpg

 こうやって雪は段々と溶けて花も咲いていくのです。
 だから泥んこ薄汚い早春も直ぐに終わり、間もなく絢爛豪華な花の爆発になります。
 そうなったらまた大量の写真を撮って、パソコンのメモリーを無駄食いする事になります。

IMG_7090.jpg

 日は随分長くなりました。
 今は6時過ぎでも明るいです。

IMG_7095.jpg

 こうやって冬は終わり、春が来るのです。
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2024-03-24 12:03

自転車に乗る

 昨日の朝、歩道が雪で埋まって進めなくなる夢を見ました。 こんな夢を見たのは、一昨日自転車に乗ったからです。

IMG_6877.jpg

 ワタシは去年の11月に新しい自転車を買いましたが、その後半月ほどで根雪になりました。
 それでせっかくの新車は、ガレージにしまい込むしかありませんでした。

IMG_6880.jpg

 3月になってお日様の光がドンドン強くなり、気温も上がり始めました。
 どこの町内でも大排雪を行い、道の雪も一気に減りました。

IMG_6883.jpg

 だから直ぐにも自転車に乗れそうに思えました。
 ところが雪融けが進んで、道路が乾いくるとまた雪が降りました。

IMG_6889.jpg

 それでも雪が止むと、雪融けが進むのですが、しかしもう少しで「自転車!!」と言う所で、また雪が降ります。

IMG_6890.jpg

 これを3月の初めから3回ぐらい繰り返しました。 
 賽の河原です。

IMG_6899.jpg
 
 こうなると道は最悪です。
 2月には締まっていた雪は、グチャグチャになり歩道のあちこちに深い水たまりができてしまいました。

IMG_6904.jpg

 景色も最低です。
 早春は爽やかじゃないです。
 グチャグチャ泥んこです。

IMG_6905.jpg

 だから公園なんかには絶対に入れないので、散歩に出る気にもなれませんでした。
 買い物に出かけても、写真を撮る気もしませんでした。

IMG_6912.jpg

 それでも一昨日遂に自転車に乗れました。 
 道路の雪が全部なくなったわけじゃないけれども、それでも大方は消えたので、とりあえず目的地の耳鼻科医院までは行けると思ったのです。

IMG_6913.jpg

 歩道を走って雪が残っているのは、日当たりの悪い場所、歩道に面した建物の住民が除雪をしない場所です。

IMG_6918.jpg

 車道は真冬でも完全に除雪されているので、雪はもう完全に消えています。
 でも歩道の除雪は歩道に面した建物の住民に任されているので、その住民が除雪をしなければそのままです。

IMG_6924.jpg

 だから歩道は雪が完全に消えたところと、まだ真冬並みに殆ど全部残っている所がまだらになっています。
 歩道を走る時は、雪の残っている所は、自転車を降りたり、車道を走ったりしました。
 一昨日はそんな具合だったので、昨日の朝に雪で進めなくなる夢なんか見たのです。

IMG_6928.jpg

 けれども久々に自転車に乗るとやっぱり爽快でした。
 それに便利です。

IMG_6940_20240324115604d44.jpg

 それで昨日もまた自転車で出かけました。
 昨日は久しぶりに琴似商店街まで行ってみました。

IMG_6943.jpg

 それでも久々の琴似商店街は楽しかったです。 
 徒歩で琴似まで行くのは結構ハードなので、真冬の間は行けなかったのです。

IMG_6949_202403241156062c1.jpg

 琴似の八百屋は近所の激安店より一段と安かったのですが、一昨日激安店で色々買ったので昨日は何も買えませんでした。
 一昨日野菜を買い込んだのは、自転車なら荷物の重さを気にしないで良いので、嬉しくなって買ってしまったからです。

IMG_6951.jpg

 昨日琴似まで行くなら、一昨日近所で買う必要はなかったのです。
 愚かしい話です。

IMG_6955.jpg

 でもやっぱり久しぶりに自転車で遠出をするのは楽しかったです。
 そして今朝は小型のブルドーザーが広い空地を走っている夢を見ました。

IMG_6960.jpg

 これも春の夢です。
 なぜなら空地は黒々とした泥地で、雪は残っていなかったのですから。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2024-03-07 13:16

またまた大雪

 昨日は2時過ぎからパン屋に行きました。
 家を出た時には、まだ晴れていました。

IMG_6757.jpg

 気温も0℃と高めです。
 町内大排雪は一昨日終わったので、道路は広く平らになり、自転車にのれるのでは?と思える程でした。 

IMG_6762.jpg

 遊歩道はまだ雪で埋まっていましたが、傍を通るとなぜか「ミャーミャー」と鳴く声がします。
 猫?

IMG_6768.jpg

 猫だったら、捕まえて連れて帰ろう!!
 きっとNNNがワタシに猫を派遣してくれたのだ!!

IMG_6770.jpg

 でも猫の姿は見当たらず、代わりに「ミャーミャー」の声は、複数から聞こえて、結局この声の主は猫ではなくカモメである事がわかりました。

IMG_6785.jpg

 カモメは別名ウミネコとも言うのですが、この声を聞けば全くその通りです。 
 カモメの声が聞こえるようになったからには、やはり春なのです。

IMG_6799.jpg

 春になると石狩湾のカモメが発寒川に沿って、この辺りまでやってくるのです。
 だからもっと上流の山の中でもカモメを見かけるようになります。

IMG_6805.jpg

 しかしパン屋に着くころには雪が降り始めました。
 その上、パン屋ではワタシの目の前で、他の客がワタシの目当てのパンを全部買い占めてしまいました。

IMG_6821.jpg

 何という不運!!!
 ワタシの他に二人しか客がいなかったのに、二人とも大きなレジ袋一杯パンを買い占めていたのです。

IMG_6827.jpg

 それでワタシは何とか帰るパンを少しと、買わなくてもよい、イヤ買うべきではないケーキを買って、悄然とパン屋を出ました。

IMG_6836.jpg

 雪は益々激しく降ってきます。
 それでもこれだけ不運が続いたのだから、厄払いに西野神社に参拝しようと頑張って歩きました。

IMG_6834.jpg

 スマホで確認すると、大雪注意報が出ていました。
 2月一杯散々降ったのに、まだ雪は終わりじゃなかったのです。

IMG_6844.jpg

 それにしても日が長くなりました。
 12月なら3時過ぎには、追い立てられるように日が傾き、4時には薄暗くなっていました。

IMG_6846.jpg

 それで散歩をしようと思えば、2時前にはでなければなりませんでした。
 しかし今は3時前に出ても、日没まで十分歩けるのです。

IMG_6849.jpg

 遊歩道はまだ完全に埋まっているので、西野神社まで住宅街の中を進んでいきます。

IMG_6852.jpg

 それでも人通りは殆どなく、犬を散歩させる人と、除雪する人を見かけるのみです。

IMG_6853.jpg

 神社にも他に参拝客はいませんでした。
 それでも雪の中の苦労して参拝したからでしょうか?
 御利益がありました。

IMG_6858.jpg

 参拝を終えて神社を出るとさすがに日が暮れてきました。

IMG_6875.jpg

 雪は夜に一旦止みましたが、今日も朝から降っています。
 大雪注意報は出たままです。
 
 



 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2024-03-02 21:19

春の兆し

 今朝は朝から雪でした。
 天気予報では昼前から晴れる事になっていましたが、しかし結局一日降り続きました。

IMG_6651.jpg

 霏々として降る。
 と、言う表現がぴったりでした。
 フワフワした花びらのような雪ではなく、細かい地味な雪が、一日中休みなく降り続けました。

IMG_6652.jpg

 夕べの深夜、大家さんが契約しているブルドーザーが来て、アパートの前の駐車場の除雪をしてくれました。 でも昨日は殆ど雪が降らなかったので、ブルドーザーはガリガリ地面を掻いて、コンクリートの舗装を殆ど剥き出しにしていきました。

IMG_6653.jpg

 ワタシはこれを見て、ブルドーザーの出動もこれでこの冬最後ではないかと思いました。
 しかし朝起きてみたら、夕べのブルドーザーの努力の成果は跡形もなく、駐車場は雪に埋もれていました。

IMG_6656.jpg

 そして雪は今日、一日降り続けたのです。
 だから夕方、カーテンを閉める前に、窓を見下ろすと、駐車場は更に深く雪で埋まっていました。
 この前の大雪の夕方と同じです。

IMG_6659.jpg

 あの大雪が終わってから、暫く晴れた日が続き、雪も大分溶けていました。
 散歩に出ると、大排雪のブルドーザーやダンプカーに出会いました。

IMG_6661_20240302210523e94.jpg

 冬の終わりには、どこでも町内会で大型除雪車やブルドーザーやダンプカーを雇い、町内に溜まった雪を片付けるのです。
 道路と歩道の間に高く積みあがった雪の土手も、全部崩してダンプカーに積んで、雪捨て場に持っていきます。

IMG_6663.jpg

 それで町内の雪が激減すると、一気に春が近づきます。
 うちの町内会は最初2月の16日にこの大排雪をやる予定でした。

IMG_6665.jpg

 でも大雪で2月27日に延期になりました。
 ところがこれがまた3月5日まで延期です。

IMG_6671_20240302210850fb6.jpg

 しかしこの大雪を見ると、延期で正解だったと思います。
 この様子では2月27日に大排雪をしていても、また雪に埋もれたでしょうから。

IMG_6675.jpg

 今年の二月は何だか滅茶苦茶な天気で、二月の半ばに三月下旬のような馬鹿陽気が続きました。 ところがその後が大雪です。

IMG_6676.jpg

 ワタシは雪景色は大好きで、雪が降ると態々散歩に出て、雪景色の写真を撮ったりするのですが、この大雪の後は、さすがにゲンナリして、青空が恋しくなりました。

IMG_6679.jpg

 すると大雪の後、久々の青空を見る事ができました。
 満点と言える青空ではありませんが、とにかく空が青いのだから我慢します。

IMG_6681.jpg

 それで今度は青空の散歩に出たのですが、途中から寒くて閉口しました。
 気温は−3℃で、そんなに低くないのですが、風が強くて、体感温度が凄く低いのです。

IMG_6685.jpg

 それで我慢できなくなって途中で引き返しました。
 家に帰ってから、顔や手先が熱く燃えるような感覚に襲われました。
 冷たい風を浴び続けて、縮んだ血管にいきなり血が流れたのでしょうか?

IMG_6696.jpg

 それでもこの日は春の兆しを感じたのです。
 雪は深く、風も冷たいけれど、空は明るく、何よりも日が一段と長くなりました。

IMG_6704.jpg

 柳の芽も膨らんでいました。
 
IMG_6713.jpg

 しかしこの春の兆しも、今日の大雪で埋まってしまいました。
 嘆いても仕方ありません。
 春は必ず来るのですから、もう少し待てばよいのです。
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(11)