2017-02-13 16:10

下民は俺達エリートの言う事を聞け 反ポピュリズム

 ある自称エリートのオバサンによるとイギリスのEU離脱やトランプのアメリカ大統領当選は、民主主義の崩壊なのだそうです。

 TVドキュメンタリー番組が魅せた「民主主義のカタチ」

だが、英国のEU離脱、米国のトランプ現象と民主主義の牙城のような国で雪崩打つように崩れてゆく現実を目の前にして、工藤氏が訴えてきたことの意味が腑に落ちたのだという。

 しかしワタシはエリートではなく低学歴なので、どうしてこれが民主主義の崩壊になるかは全然わかりません。

226

 例えばEUは加盟国の国家主権が大幅に制限される組織です。
 そしてこうして奪われた主権はEU官僚なる連中の物になってしまいました。

 民主主義は主権在民ですが、この「民」に「在」する「主権」とは国家主権ですから、これを大幅に奪われる事は、反民主主義です。 
 だからそれをEU離脱でそれを取り戻すのは、民主主義の回復でしょう?

 そしてアメリカの大統領選挙は完全に合法的に行われた物です。
 完全に合法的に民主的に行われた選挙で、トランプ候補が勝利したら何で「民主主義の崩壊」になるのでしょうか?

225

 しかしこのオバサンだけでなく、自称エリート達によるとイギリスのEU離脱やトランプの大統領選勝利は、民主主義ではなく、ポピュリズムなのだそうです。
 
 そうです。
 ワタシがやたらにポピュリズムと言う言葉を聞くようになったのは、昨年のイギリスのEU離脱騒動が始まった頃からです。
 
 このイギリスのEU離脱に関する欧米の報道を見ていると、実にまあ呆れる程露骨に、離脱派を侮蔑し罵倒していました。

 レイシスト、低学歴、低所得、そしてEU離脱派の政治家を「ポピュリスト」と罵倒し続けていたのです。

 それはもうインテリによる一般大衆へのリンチ、インテリンチと言っても良いレベルでした。
 
英国EU離脱は「インテリンチ(Intelynch)」が原因

 そして同様のインテリンチは、米大統領選でも行われたのです。

 
232

 こうしたインテリンチを見ていてワタシが呆れたのは、このインテリ達の傲慢さと特権意識、そして知性の乏しさでした。

 だってそうでしょう? 
 
 例えばイギリスのEU離脱です。
 イギリスのEU離脱がイギリスの国益になるかどうかはわかりません。
 
 しかしイギリスのインテリ・エリート達が、本当にEU離脱は国益にならないと考えているのならば、なぜならないのかを一般国民にわかりやすく説明するべきだったのです。

 またどんなに国益に叶った事でも、全て国民が等しく利益を得られるわけではありません。 例え国家には大きな利益でも、その為に不利益を蒙る人達も出てくる場合があります。

 民主主義国家なら当然ですが、こうした人々の不利益は国家が償うべきです。

241

 ワタシは昔学習塾講師をしていた経験から、この問題で特に同情したのは、移民の子供が6割にも達して授業が成り立たない学校に通わなくてはならない子供達でした。

 毎日英語の授業を聞かされるなんてワタシだってイヤだ!!
 絶対に切れてやる!! 
 授業中に教室で大騒ぎしてやる!!

 これじゃ学級崩壊して、イギリス人の子供だけでなく移民の子供もマトモに教育を受けられないのです。
 
 これは子供の将来には死活問題です。

 本当にインテリ・エリートならこれが子供達にとってどれほど深刻な問題か理解できるはずです。
 
 だからEUに残留する場合は、こうした学校をどうするか?
 溢れる移民達の中で、イギリス人の子供と移民の子供をどう教育してくかを、ちゃんと考えて子供の親達にちゃんとその対策案を示すべきでしょう?

 しかしそういう話は全くなかったのです。 それどころかイギリス人の親達が、子供を移民の多い学校に入れたくないと言うのを非難する、そもそも英語のわからない移民の子供がどのぐらいいるかを調査する事が「人種差別」と言いたいようでした。

 このようにEU残留を訴える自称エリート達がやったことは、EU残留に伴う現実の問題は完全に無視して、代わりにひたすらEU離脱派を罵倒する事だけでした。

246

 つまりイギリスの自称エリート達は以下のような人々だったのです。
 
 自分達の意見をちゃんと説明できない。
 自分達の推奨する制度から来る問題に対する対策案を示せない。
 それどころかそもそも自分達の推奨する制度から来る問題がある事を認める事を拒否する。 
 そして自分達の意見に反対する人間を、唯ひたすら罵倒する。

 これが知性と教養のある人間と言えるでしょうか?
 これじゃ場末のヤクザか、演説の下手なヒトラーです。

 ワタシはこれで欧米のエリート達に心底幻滅し、彼等への敬意を完全に喪いました。

249

 ところが更に呆れた事に、欧米のインテリ・エリート達はこのEU離脱での敗北に何一つ学びませんでした。

 そこでアメリカ大統領選が始まると、全く同じ事を今度はトランプ候補にやったのです。
 
 つまりトランプ候補の掲げる政策の問題は何か?
 トランプ口語が指摘したグローバル化による問題に他候補はどう対応するのか?
 
 などと言う政策についての議論は全部吹き飛ばして、ひたすらトランプ候補の人格攻撃を行い、更にトランプ候補を支持する人達を「レイシスト」「低学歴」「低所得」と罵倒する事に熱中したのです。

 こんな低レベルの人格攻撃と、自分と意見の異なる人々へのヘイトスピーチしかできない人間達の何処に知性があるのでしょうか?

 しかしこの愚劣な人格攻撃と罵倒しかできない自称エリート達は、国民大衆は自分達の意見に従うべきだと信じて疑わないのです。

253

 下民は俺達エリートの言う事を聞け!!
 それが民主主義だ!!

 そう信じて疑わないので、自分達の気に入らない政党政治家には「ポピュリスト」のレッテルを貼り、自分達の気に入らない選挙結果が出ると「民主主義の崩壊」と喚くのです。

 なるほどね。
 ワタシも優れたエリートが社会をリードする事自体は、全然悪いと思いません。


 しかし前記のように、自分の意見もちゃんと説明できない、他人の人格攻撃や罵倒しかできない、そんな人間は幾ら学歴が高くてもエリートとは言えないでしょう?

 そもそもそんな愚劣な人間がエリート面をして踏ん反り返る事ができる社会が、本当に民主主義社会と言えるかどうかを疑うべきなのです。

254

 それでもこのような愚劣な人間達が自分達をエリートと信じて踏ん反り返ってきたのは、結局彼等がマスメディアと教育界を席巻して、彼等による言論統制を実現していたからでしょう。

 この10年来、欧米では「ポリティカルコレクトネス」や「反差別」が魔法の呪文になってしまいました。

 これを唱えるとどんな相手でも黙らせる事ができるようになったのです。

 言論の自由と言うのは民主主義国家では、民主主義を守り維持する為に最も重要な権利のはずでした。

 しかしこれが70年代から始まった人種差別反対運動以降、段々変質して「人種差別反対」が絶対化してしまい、人種差別的と思われる言論をドンドン弾圧するようになっていったのです。

 更にその人種差別の概念を拡大して、例えばイスラム教に対する批判まで人種差別になってしまいました。 イスラム教は宗教で人種じゃないはずなのに。

 その言論弾圧の先頭に立ったのが、実はこの自称エリート達なのです。 

257

 彼等にすれば「自分達はこの世から差別をなくすと言う正義に為に活動しているのだから、それに反対する言論は抹殺されて当然。」と言う事でしょう。

 でもこれって完全にファシズムですよね?

 こんな発想が自由の国アメリカで生まれ、そして実行されていた事こそが恐ろしいのですが、しかし自分達の正義に耽溺している人間達には、それを客観視する事はできないのです。

 それどころか自分達の強大化させることこそが民主主義であると言う、曲芸のような妄想に陥っているのです。

 最初に紹介した記事のオバサンは、言論NPOなんてモノが国民と政治家の間に入るのが民主主義と言う珍説を掲げています。
 そしてこのオバサンは自分で言論NPOを主催しているのです。

 つまり彼等の心中にあるのは、際限もない権勢欲と自惚れなのです。
 彼等の民主主義とは自分達の自惚れと権勢欲を満喫できる制度なのです。

  そういう連中がイギリスのEU離脱やトランプ当選を見ると「下民共が俺達エリート様の言う事を聞かなくなった。 これは民主主義じゃない。 だからポピュリズムだ。」と言う事になるのです。

 つまり自分達エリートの気に入らない意見が、国民から支持されたらそれは「ポピュリズム」なのです。

265

 でもアメリカもイギリスも伝統ある民主主義国家です。

 だから国民は気付いたのです。

 「こんな愚かしい連中をのさばらせ続けたら、自由も民主主義も喪う!!」
 
 その結果がイギリスのEU離脱とアメリカ大統領選のトランプ当選です。

 そしてこの結果に、自称エリート達は憤激し、今も憤激し続けているのです。
 しかし哀しい事に、憤激するだけでなぜ自分達が国民から見捨てられたかを理解する能力はないのです。

 アメリカやイギリスが健全な民主主義国家である限り、こんな愚かしい自称エリートが権威と権力を取り戻す事はないでしょう。

 
  1. ポピュリスト
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2017-01-31 13:01

トランプ節 

 この前、ネットでトランプ大統領の就任演説の関西弁訳と言うのを、拾いました。

 トランプ大統領就任演説 関西弁 全訳

 いや~~!!
 感動したわ!!

026

 ウチは英語ダメ子やさかい、英語の原文は全然わからヘン。
 そんでNHKとかの日本語訳を見ても、なんかピンとけえへん。

 そもそも、前々からこの人が何でこんなに嫌われるか?
 逆にこの人が何でこんなに人気があるんか?

 この人のべつにそんな無茶苦茶言うてはるわけやないんよ。
 そやけどそれはつまり、そんなすごい事も言うてへんのよ。

 あのメキシコ国境との壁かて、イスラム諸国からの移民や難民の入国制限かて、実はオバマはんもヒラリー・クリントンはんも賛成してはったんよ。

 そやのに何でこの人が言うとあんな騒ぎなるんやろ?
 なんかようわからヘンかったけど、この関西弁演説の訳を読んでたら妙に納得したわ。

052

 この人の言葉関西弁と同じで、完全な口語やねん。

 口語言うのは、目の前の相手と話する時の言葉やねん。
 
 目の前の相手やから、お互いに何を言い合うかようわかっとんねん。
 
 そやけどその話に入っとらんかった他人からすると、ようわからんへん事も一杯あるわな。

 そやからトランプはんの演説は翻訳に苦労するんやて。

 小学生英語だけど訳せない…トランプ節に泣かされる世界の翻訳者たち その理由とは?

054

 そらそうやろ。
 河内のオッサンが皆で盛り上がってるの、英語に訳せ言われたら英文学の大先生でも往生するがな。

 あんなもん、河内のオッサンを知らん人が聞いたら、下品で暴力的でびっくりするがな。
 河内のオッサンは別に暴力なんか降るわヘンけど、「どたまかちわったる!!」「ワレのあたまは河内太鼓や、なんぼ叩いてもだんない。」とか、キツイ冗談言いよんねん。

 それをマトモに取って、「人の頭を太鼓のように叩くなんて人権侵害です。」なんぞと怒ってどないすんねん。

2017y01m31d_230800868
 
 それ以上に、インテリの人にとっての言葉は口語やないねん。

 あの人らの言葉は本や新聞に書くもんやねん。
 そやから本や新聞で読んで綺麗に整った言葉がええ言葉ややねん。

 そやのにトランプはんはそういう言葉使う気あらへん。

 文字通り「言葉が通じん。」言う奴や。

 インテリの人らにしてみたら、自分等と通じん言葉で押し通す奴が、えらい人気で喝采されたらそら腹が立つやろ。

 オマケにそういうインテリの人ら、トランプはんの眼中にないねん。

065

 ついでに言うと、トランプはんをマスコミがエライ憎む理由はもう一つあるねん。

 この人、実は大統領選挙中、一回もテレビCMしてはれへんねん。

 全部ネットで済ませてしもうた。

 ヒラリー・クリトンはんは、ごっつい金集めて、それを無茶苦茶テレビCMにつぎ込んでんねん。

 CNNとかテレビ局側から見たらどっちを応援するか自明やろ?

 こんなんで大統領選挙に勝たれたら、今後大統領選挙だけでのうて、他の広告かて出す人おらんようになるで。

 そやから何としてもトランプは潰したいねん。

063

 それにしてもこんなトランプはんと一番話が通じる日本人って誰やろ?

 ウチは藤井聡先生やと思うけど。
 
 藤井先生は関西弁で英語の達者やし、プロレスも大好きや。
 
 安倍総理がトランプはんに合う時は、藤井先生もつれてったらどうやろ?
 
  1. ポピュリスト
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-11-20 15:29

ポピュリズムって何?

 ポピュリズムは、理性的に判断する知的な市民よりも、情緒や感情によって態度を決める大衆を重視します。“エリート(あるいはエスタブリッシュメント)”を “大衆”と対立する集団と位置付け、大衆の権利こそ尊重されるべきと主張します。

 ええ、そうですね。
 これがポピュリズムの定義です。

 それでこの定義で言うと、現在世界最悪のポピュリズム政権はドイツのメルケル政権でしょう。

002

 だってメルケル政権のやったことは滅茶苦茶です。

 昨年、無責任なマスコミが幼児の溺死体写真を使って「難民カワイソウ!!」と愚かな大衆のセンチメンタリズムを煽りました。

 するとメルケルはこの大衆の愚かなセンチメンタリズムに乗って「難民の受け入れに上限はない!」なんてすごい事を言っちゃったのです。
 そして言っただけでなくそれを実行してしまいました。

 でもこんな事を言えばどうなるか?
 
 UNHCRは世界には6000万人の難民がいると言うのです。 更に70年代から、中東や北アフリカ果てはカリブ諸国からまで、無数の人間がいかなる手段を取ろうともヨーロッパに入国しようとしてきたのです。

 こんな状況でそんな気前の良い事を言えば、自称難民が鉄砲水のようにヨーロッパに押し寄せ大混乱になるのは自明ではありませんか?
 
 しかもそれでヨーロッパに入国できるのは、不法渡航業者に大金を支払う財力と、難路を乗り越える体力のある人間だけです。

 だから去年からヨーロッパには屈強な益荒男の難民が大量に押し寄せたのです。 でその連中が今は益荒男の体力を持て余して性犯罪をやりまくっています。
 
 でもそんな事のできない本当の難民は、結局難民キャンプで呻吟し続けるだけなのです。

008

 けれども安易なセンチメンタリズムに乗ったメルケルの政策は熱狂的に支持されました。
 当にポピュリズム満開でした。
 
 そしてそして今頃になって漸くドイツ人もメルケルも事の深刻さに気づき、「時計を巻き戻したい」などと言い出しました。

 時計は巻き戻せますよ、でも時間は戻りません。 メルケルは物理学博士のエリートですからわかりますよね。
 
 これまでにドイツに入り込んだ「難民」達は、これからドイツ社会に大変な負担になるでしょう。 
 しかもこの難民流入は当面止める方策はないのです。

2016y11m20d_155938756

 もしメルケルが本当にエリートとしてドイツとドイツ国民に対する責任、そしてEUの盟主としての責任を重視したなら、大衆のセンチメンタリズムなんか無視して、ダブリン条約を盾に難民の受け入れは拒否するべきだったのです。

 それでセンチメンタルで馬鹿な大衆やマスコミから「鬼」「悪魔」と罵られようとも。

 そして難民救済を人道と言うなら、難民キャンプで苦しむ本物の難民の為に、難民キャンプ環境改善などの政策を取れば良かったのです。

 しかしながら奇妙なことですが、現在欧米の自称リベラリストやそれに追随する日本人は、メルケルをポピュリストとは言いません。

 彼等がポピュリスト、ポピュリズムと非難するのは、フランスの国民戦線とかドイツの「ドイツの為の選択肢」、或いはイギリスでEU離脱を推進したりした政党政治家です。

 因みにアメリカのトランプ次期大統領もこの仲間に入れて貰ったようです。

026

 でもこれらの政党政治家の何処がポピュリズムなのでしょうか?

 国民戦線なんか先代は反ユダヤ主義を煽ったりしてたけれど、現在の党首マリーヌ・ルペンはそんなことも言っていません。

 彼女は不法移民の方がフランス人より優先的に福祉を得られるような状況を変えて、フランス人の為のフランスにすると言っているだけです。
 
 不法移民は阻止するし、犯罪外国人は強制送還できるようにしたいとは言っていますが、合法的な移民を排斥するような事は言っていません。

 これはトランプだって同じです。

2016y11m20d_160130833

 ところで彼等をポピュリストと言って非難する人達によると、ポピュリズムは民主主義に反するのだそうです。

 ワタシはこれは非常に不思議です。
 
 だって民主主義国家の原則は国民国家です。

 国家は国民の生命と財産を守る為にある。
 全て国民は平等の立場で、その国家の運営する権利を持つ。
 国家は国民の代表によって作られた法により統治される。

 トランプやマリーヌ・ルペン等の政策の主旨は、この民主主義の王道を行くとし思えません。

 国家は国民の物なのだから、国民が国家に自分達の生活を第一にするように要求するのは当然です。
 
 しかも法治主義なら不法移民のような違法行為は放置して良いわけはないのです。

038

 一部の自称知識人等の唱える「人権」を盾に、不法移民が放置されるばかりか、自国民より優遇されているような状況の方が余程反民主主義的ではありませんか?

 なるほど不法移民として働く人々の多くは貧しく気の毒です。 しかし「カワイソウだから法律なんかどうでも良いじゃないの?」なんて安易なセンチメンタリズムで違法行為を放置する方が余程大衆迎合的=ポピュリズムではありませんか?

 幾らカワイソウでも、民主主義国家ならまず自国民の生活を守るべきです。

 何よりも現在では、途上国の膨大な人々が、欧米の高所得と高福祉を宛てにして、手段を選ばず入国しようと押し寄せている状況なのです。

 そんな中で安易に「人権があるので、来た人は誰でも在留を認めます。」なんてことをやり続けたらどうなるのか?

 それを考えずに安易に人権を振り回すのは無責任でしょう?

 このような安易な難民カワイソウを振り回す一部の自称エリートは自分達のセンチメンタリズム人権論が民主主義で、それを批判するのがポピュリズムと言っているのです。

 しかしこれに合理性はあるのでしょうか?

049

 「極右ポピュリストが社会を分断する」なんて言い方も凄く奇妙です。

 極右ポピュリストと言われた政党政治家は皆、国家国民の団結を訴えているのです。 だから「極右」でしょう?

 彼等が問題にしているのは、あくまで「不法移民」であって自国民ではないのです。 自国民でない人間への批判が「国家分断」って何ですか?

 むしろ過去歴史を蒸し返して「差別した」「差別された」などと、同じ国民同志の対立を煽るような言論の方が余程国家を分断しているのです。 (沖縄独立派など見れば典型でしょう? 連中はありもしない沖縄差別を作る事で、沖縄を分断したいのです)

 まして女性蔑視なんてあり得ないでしょう?
 何しろマリーヌ・ルペンもドイツの為の選択肢の党首も女性です。
 
 彼女等の支持者達は、性別に関係なく彼女達の政策を支持しているのです。

 「女性ならフェミニズムを支持しろ」などと言う自称リベラリストの方が余程女性蔑視でしょう?

052
 
 逆に凄く不思議なのは、自称リベラリスト達はそんなに女性蔑視や人種差別や反ユダヤ主義を非難するなら、何でイスラム教とイスラム教徒を批判しないのでしょうか?

 イスラム教徒はホロコースト記念館の前で「ユダヤ人をガス室に」なんてデモをやっているのです。

 しかも彼等の出身国の多くは、イスラエルとは敵対関係にあるのです。 これらの国々だって昔は沢山のユダヤ人がいましたが、今はもうこうしたイスラム諸国ではユダヤ人は暮らせなくなっています。

 ユダヤ人以外の非イスラム教徒への迫害も盛んです。

 これを考えたら、イスラム教徒による反ユダヤ主義の方が、ドイツのネオナチの反ユダヤ主義より遥かに深刻で実害があるのです。

 (サイモンウィンターゼル協会は、日本のアイドルグループがハロウィンにナチの軍服もどきの仮装をした事で文句を言ったのですが、これには抗議したのでしょうか?)



 因みにドイツ人がこれをやったら即投獄のはずなんですけどね。 なぜかイスラム教徒がやる分には無問題らしいのです。

 同様に同性愛者に対する差別も、キリスト教徒がやると莫大な賠償金を課せられたりするけれど、イスラム教徒がやる分には無問題なのです。

 イスラム教もキリスト教もユダヤ教も、全て聖典で明確に同性愛を禁止しているので、敬虔な信者は同性愛を忌避すると言うのは全く同じなのにです。

 そしてコーラン5節51章には「キリスト教徒やユダヤ教徒を仲間としてはならない」とあるのです。
 これって国家分断を煽っている事にならないのでしょうか?
 宗教差別その物の規定でしょう?

 こうしたイスラム教徒に対する批判は一切しないけれど、しかし同じ事をキリスト教徒、元々自国民がやると「極右ポピュリスト!!」「反ユダヤ!!」「人種差別!!」「同性愛差別!!」「女性蔑視!!」と非難する人々の真意は何でしょうか?

065

 こんな奇妙なダブルスタンダードで不法移民擁護やグローバリズムをごり押しする人間達が、民主主義者だと言えるのでしょうか?

 こんな連中の唱える「人権」を信用して良いのでしょうか?

 ワタシはコイツラこそ反民主主義だとしか思えません。
 
 だって彼等は何の根拠もなく自分達の「人権」を振り回し、それによって一般国民の言論を弾圧して、権力を維持したいだけでしょう?

071
 
 支配層が国内の最底辺にいる外国人を使って自国民を圧迫するって、当に中東の諸国の独裁者が紀元前からやり続けてきた事です。

 しかしそれに対して遂に一般国民がノー!!を突きつけたのです。

 そこで支配層は、その一般国民の支持を得た政党政治家を「ポピュリスト」と罵倒する事で権力を維持したいだけではありませんか?

 ポピュリズムとは何か? 
 民主主義とは何か?

 本来の定義を思い出して考えてみれば、自国民の保護と法治主義を守ろうと言う政治家・政党を「ポピュリズム」などと言うのはオカシイではありませんか?

082

 写真は9月5日、入院する前日に撮ったものです。

 あれからほぼ三か月、季節はすっかり変わりました。 今はもうひたすら暗い11月の下旬です。

 どうせ外出できないなら天気が悪くても関係ないけれど、やっぱり陰気なのはイヤですね。
  1. ポピュリスト
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2016-10-04 13:43

弱者の味方??左翼とリベラリスト

なぜ馬鹿が総理に、その謎に迫る

 現在の日本国首相、安倍晋三と言えば、憲政史上最もバカな総理大臣に他なりません。 「サメの脳味噌」と揶揄された森喜朗ですら早大出身なのに、安倍晋三ときたら、成蹊大学と言う微妙なお坊ちゃん大学の出身です。 救いようがありません・・・・・。
 
 先日、こんなシールが東京都内の電車に貼られました。
 シールの画像は、リンク先で見て下さい。 

 シールは車内広告の上に違法に貼られた物ですが、しかしこれが自称リベラリスト達の本心です。

 安倍総理の政策や政治信条が、自称リベラリスト達とは反するのはわかります。 だから彼等が安倍総理に反感を持つのは当然だし、何とかして安倍政権を潰したいのも、理解できます。

 しかし呆れるのは、安倍総理バカと言う理由を、総理の政策でも思想信条でもなく、出身大学が成蹊大学だからと言うのです。

 勿論成蹊大学は鳩山由紀夫の母校東大や、森喜朗の母校早大に比べれば、随分と偏差値は低いようです。
 しかし自称リベラリストと言うのは、元来そうした属性による差別を憎み、弱者の味方を標榜してきたのではありませんか?

 出身大学の偏差値が低い人間は「バカ」と言ってようなら、大企業や官庁が東大等高偏差値大学出身者を優遇し、学歴により給与その他の待遇に大きな差をつけても全然問題はないはずです。

Fランク大卒、まして高卒が正社員になれなくても仕方ありません。
だって偏差値の高い大学に行けない人間は「バカ」なんですから。

 実は左翼、或いは自称リベラリスト達が、出身校を理由に、安倍総理を「バカ」呼ばわりするのは、これが始めてではありません。

 第一次安倍政権成立の時から、この手の学歴差別発言をしていました。
 
 更に第一次安倍政権が倒れた時は、総理の持病である難病を揶揄する発言を繰り返していました。

 しかしこうしたあからさまな学歴差別、一流大学卒以外の人間に対する蔑視と言うのは、元来の自称リベラリストの信条から言ってどうなのでしょうか?

 自称リベラリスト或いは左翼達は、人間をこうした属性で差別するなと喚き続けてきたのではありませんか?
 
 そして弱者の味方を標榜してきたのでは、ありませんか?

 しかしこのようにあからさまに学歴差別を肯定するなら、彼等の言う平等や、反格差ってなんなのでしょうか?
 
 まして難病について「ポンポン痛い」などと揶揄する人間が、障碍者や難病患者の味方とは到底思えないのです。

 実際電車でこのシールを読んだ人々も、心から白けたと思いますよ。

 当然ですが、満員電車で通勤する人々の殆どは、早稲田も慶應もでていません。 勿論東大卒なんて殆どいないでしょう。 だってこうした超一流大学の卒業生なんてごく少数なのです。 だからエリートなのです。

 殆どの日本国民は東大ころか成蹊大学だって入れないのです。

 そういう人達に対して「成蹊大学卒だから安倍総理はバカ」と宣伝する人間のセンスってなんでしょうか?

 結局このシールを貼った連中には、そう言う事を省察する能力もないのです。 おそらく彼等は東大始め超一流大学卒で、そしてこなような大学を出たからには、自分達は全て下民共から尊敬されてしかるべきエリートであると信じてうたがわないのでしょう。

 そ、それなのに!!
 なんで安倍みなたいな低偏差値大学出身者が、総理になるんだ??!
 
 下民共、よく聞け!!!
 安倍はバカだ!!
 その証拠に奴は成蹊大学卒なんだ!!

 これが彼等の本心であり、心の叫びなのです。 

 これが自称弱者の味方、自称リベラリストの本心なのです。

 結局彼等が左翼、反体制を気どるのは、つまりは現在の社会が彼等を彼等が期待する程尊敬してくれず、彼等の大好きな権力を与えてくれないからです。

 俺様を尊敬しない社会など、ぶっ壊してやる!!
 
 弱者を持ち出すのだって、結局その為でしょう。 
 
 しかしその弱者達が自分達の思い通り いならないと、猛烈に憎みます。
 そしてそれは世界中左翼、リベラリストに共通です。

  今欧米では右派政党や政治家の支持が増えています。 アメリカのトランプ、フランスの国民戦線、ドイツのドイツの為の選択肢などです。

 こうした右派政党の支持者を、自称リベラリスト達はどの国でも「失業者と低所得者が指示している」と言い続けています。

 彼等はそう言う事で、これらの右派政党や政治家を貶めるだけでなく、支持者も貶めているのです。

 しかし本来リベラリストや左翼は、低所得者や失業者など、社会的弱者の味方を名乗ってきたのではありませんか?
 
 それがこのようにあからさまに失業者や低所得者を罵るのでは、自分達が弱者の味方だと言ってきたのは嘘だったと白状しているようなものでしょう?

 しかも救い難い事に、彼等はそれに全然気付いていないのです。

 これでは世界中でリベラリストや左翼への支持が、なくなるのは当然ではありませんか?

 
  1. ポピュリスト
  2. TB(0)
  3. CM(24)

2016-04-30 15:02

軍オタさんへの敬意を込めて 普天間とオスプレイ

 おおさか維新の会が普天間基地の移設先として鹿児島県馬毛島を提案していたそうです。

 普天間一時移転 馬毛案、所有者が政府に条件提示

 正直言ってとても驚きました。

 以前橋下徹が普天間基地を大阪へ引き取ると言った時も呆れたのですが、あれからもおおさか維新は何一つ国防について学んでいなかったのです。

306

 彼等はそもそも在沖米軍基地がなぜ沖縄にいるかを全然理解する意思がないのでしょう。

 基地に限らずどんな施設でも、学校でも病院でも保育所でも、スーパーマーケットや工場でも、そうした施設が機能するために必要な立地条件があります。 

 幾ら土地が安くても、自然が美しくても、親が子供の送り迎えをできない場所に保育所を造る意味はないのです。

 基地だって同じです。 
 
 米軍が沖縄に基地を置くのは、米軍が沖縄を占領していたからではありません。 沖縄が東シナ海の制海権を確保し、日本、台湾、韓国の防衛に極めて重要な位置にあるから、戦後も沖縄の占領を続けて、基地も作ったのです。

2015y05m26d_184544326.jpg


 ところでアメリカ海兵隊は、大統領が独断で出動命令を出す事が可能です。 そして出動命令が出たら20分で飛行機やヘリに乗って出動できるのです。

 しかし海兵隊員がその機能を発揮するためには常に訓練をしなければなりません。 その為海兵隊の基地は、訓練場と飛行場が隣接していることが必要です。

 普天間も辺野古もその条件を満たします。
 
 けれども馬毛島では訓練場は作れません。 
 ここに海兵隊の飛行場を持ってきても意味はないのです。 言ってみれば消防士が詰める消防署から遥か離れた所に、消防車の駐車場を造るような話です。

307

 消防車のように迅速に駆けつける。

 この海兵隊の機能は、オスプレイの導入で更に強化されました。

 2011年東日本大震災の時、沖縄海兵隊がCH46で東北の被災地にたどり着くには、何度も給油の為に着陸しながら三日かかりでした。
 
 しかし2013年のフィリピンの台風への支援では、3時間で被災地まで行って救援活動を開始しています。

 また2015年のカトマンズの大地震への救援にも、沖縄から直接ネパールまで駆けつけています。

314

 これだもの中国と親中パヨクが必死にオスプレイに反対するわけです。

 例えば中国軍が大型ヘリで尖閣諸島に向かっていると言う情報が入った場合、直ぐに海兵隊がオスプレイで尖閣向かえば、中国軍より先に尖閣に上陸する事も可能です。

 オスプレイは40分で沖縄から尖閣諸島まで行けます。
 しかしCH46なら2時間半かかるのです。

 中国軍がCH46と同等のヘリしかない場合、中国本土から尖閣に着くよりも、オスプレイで沖縄から尖閣に着く方が2時間近く早くなるのです。

 中国軍が尖閣まで来たときに、先にアメリカ海兵隊が上陸していたら?
 地上に星条旗が翻り、海兵隊員達が「ハロー!」と手を振ってたら?

 中国側にアメリカと戦争をする覚悟がない限り、着陸を諦めるしかありません。 

318

 しかし先に中国軍が尖閣諸島に上陸したらどうでしょうか?

 中国軍を撤退させるには、今度はこちらから戦争を仕掛ける事になります。

 一度相手国の軍隊が上陸したら、それがいかに弱小であっても、それを撤退させると言うのは戦争なのです。

 戦争をしたくなければ不法占拠を放置するしかない。

 これは竹島で証明済みではありませんか?

 だからオスプレイと在沖米軍って死活的に重要なのです。

322

 ワタシは別に軍オタじゃないし、こうした知識だってネットで学んだだけです。
 でもそれだからこそ政治家とか政党がこのレベルの知識もなしに、大真面目に普天間の移設先を議論するってあんまりでしょう?

 戦争は誰だって嫌です。
 でも嫌だからこそ、それを防ぐ為には最低限の知識は必要なのです。

 それは地震や台風や病気と同じです。
 地震や台風や病気も、誰だって嫌なのですが、その被害を防ぐには、それについて正面から学ぶしかないのです。

325
 
 ところ戦後の日本で知識人を自称する人達の多くが、「戦争は恐ろしい、だから軍隊は悪い、だから軍隊や戦争については、学ぶ事を拒否するべきだ。」と言う姿勢を貫いてきました。


 歴史の変革に戦争が重要な役割を果たしました。
 そして戦争の勝敗には軍事技術が大きく関わりました。

 民主主義が発達したのも、実は軍事技術とそれによる戦術の変化に大きく関わっているのです。

 しかし日本では多くの歴史家を自称する多くの人々は、そうした世界史の常識もスルーしてきたのでこういうトンチンカン戦史家が生まれるのです。

326

 これはもう知性の退廃なのです。

 現実の世界を動かす重要事項を「嫌だから」「悪い事だから」と言って、ひたすら忌避する。

 こんなこんな対応しかできない人間達に、「知性」を期待できるのでしょうか?

 少なくとも知識人を称するなら、まして政治家は最低限の軍事を学ぶ事は、絶対必要なのではありませんか?

 ワタシは歴史学や社会学や政治学などを学ぶ人達は、軍事学は絶対に必修にするべきだし、できたら一度は軍隊に入って自分で兵士としての訓練を受けるべきだと思います。

328

 因みに今日はホントは妹と東千歳演習場に第七師団の記念行事を見学行く予定でした。
 しかし余りと言えば余りに天気が悪くなりそうなので、夕べ中止を決めました。

 寝る前にベッドの中でipadを見ていたら、上念司さんが28日にこの記念行事の予行演習を見学して「凄かった~~~!!!」と言っていました。


 
 そ、それじゃヤッパり中止しなきゃよかった・・・・・。
 
 でも神様は親切なのか、今日は朝から恐ろしく寒くて、さっきは雪も降っていました。
 だから中止した事はあまり後悔しない事にします。

329

 ところで第七師団の記念行事は例年6月以降なのです。 それをゴールデンウィークにしたのは、或いは本州から来る軍オタさん達の為なのかもしれません。

 だって日本唯一の機甲師団。
 
 動画で上念さんは富士火力総合演習よりも、迫力があると言っています。
 しかも抽選なんかなく誰でも見学できるのです。

 これなら本州から見に来る価値がありますよね?

 きっと軍オタさん達は東千歳で凍えながらも、大満足されたことと思います。
 
 ワタシは軍オタさん達を限りなく尊敬する事にしています。

 上記のように知性が退廃している日本では、当面ワタシ達一般国民が軍事についての基本知識を知るには、軍オタさん達に頼るしかないのですから。

 どうか軍オタの皆様、お風邪など召しませんように。

  1. ポピュリスト
  2. TB(0)
  3. CM(16)