2017-04-21 18:11

脅迫で差別を亡くそうと言う人達

 ワタシは差別反対を叫ぶ人達が大嫌いです。
 そもそも彼等は本当に差別を亡くそうと思っているのでしょうか?

 こういうのを見ていたら真逆じゃないかと思ってしまいます。

240

 「同性愛者」アウティングは違法行為か 一橋大生自殺訴訟、原告側が争点・双方の主張説明

  同級生に同性愛者であることをアウティング(公表・ばらし)されたことが原因で一橋大学法科大学院生だった長男=当時(25)=が自殺したとして、東海地方に住む両親が同級生と一橋大学を相手取り計300万円の損害賠償を求めている訴訟で、原告側が19日、記者会見を開き、これまでの訴訟で判明した事実や訴訟の進行状況、今後の訴訟方針などを明らかにした。

「隠しておくの無理」

 訴状や訴訟で明らかになったところによると、長男は平成27年4月、友人だった法科大学院の同級生に「好きだ。付き合いたい」などとインターネット無料通話アプリ「LINE」を通じてメッセージを送った。同級生は「付き合うことはできないが、これからも良い友達でいたい」などと返信した。

 その後も長男は同級生を食事や遊びに誘った。同年6月、同級生が、長男もメンバーである友人同士のLINEグループに「俺もうお前がゲイであることを隠しておくの無理だ。ごめん」とのメッセージを投稿したため、友人内に長男が同性愛者であることが発覚。その後、長男は大学側のハラスメント相談室や法科大学院の教授に相談していたが、同年8月、クラス全体のLINEグループに「〈同級生の実名〉が弁護士になるような法曹界なら、もう自分の理想はこの世界にない」「いままでよくしてくれてありがとう」などとするメッセージを投稿し、校舎から飛び降り死亡したとしている。

原告側によると、同級生側は「告白を断ったのに、長男からいろいろな連絡があり、精神的に追い詰められた。長男を避けるために友人グループからも距離を置かざるを得なかった。自分の苦しい状況を他の友人に理解してもらうためには、ああしたメッセージを送らざるをえず、正当な行為だった。また、長男から打ち明けられた内容を、他人に話してはいけないという法的義務もない」と主張。学校側は「自殺は同性愛を苦にしたもので、“人知の及ばないこと”だ。大学側の対応に問題はなかった」とし、ともに請求棄却を求めている。

「加害行為で違法」

 原告側は19日の会見で、「同性愛者であるとアウティングすることは長男への加害行為であり違法だ。大学側も『長男個人の問題』と解釈するだけで、適正な対応を取らず、自殺を招いた責任がある」と指摘。その上で、「同性愛者が苦しまざるを得ないのは、同性愛者個人の問題ではなく、同性愛者を差別する社会の問題だ」などと訴えた。

 最大の争点は、アウティングは違法行為なのか-という点。その他の争点として、同級生によるアウティングは正当だったかや、大学側の対応は適切だったかという点も問われている。

原告側は今後、アウティングの違法性を立証するため、「同性愛者であることをアウティングされると、日本は不利益を被る社会だ」とする趣旨の専門家の論文や関係者の証人尋問を証拠申請するとしている。

 一方、この訴訟をめぐり、原告側を支援する団体は5月5日午後3~6時、明治大駿河台キャンパス(東京都千代田区)リバティタワーで集会を開く。参加費無料。自身が同性愛者だと公表している鈴木賢・明治大教授が基調講演するほか、パネルディスカッションが行われる予定。問い合わせは、なんもり法律事務所(電)06・6882・2501。

172

 マジに被告になった同級生はとんだ災難でした。

 この話は昨年から結構ネットにでていますが、何処をどう見ても彼は別に自殺した学生を同性愛であることを理由に嘲ったわけでも差別したわけでもありません。

 これは同性愛には限りませんが、友人として付き合うのは構わないけれど、恋人にはしたくない人から、愛の告白をされると誰でも困惑します。

 相手がやたらに思いつめていると、本当に困ります。

222

 そう言う場合は誰でも、他の友人など親しい人に相談するのです。 

 ワタシも自分がそう言う告白をされたことはありませんが、友人からそういう相談を受けた事はあります。

 まして同性愛者でもない人が、同性からやたらに真剣な恋の告白なんか受けたらどうしたら良いかわからないでしょう。

 それで困って友人に相談したら、

  違法行為だ!!

 告訴だ~~!!

 と言うのです。

 こんなの脅迫です。

 これじゃもう同性愛者らしき人間には近づかないようにするしかありません。

 またウッカリ近づいて、愛の告白でもされたら、「オマイは不細工だからタイプじゃない。」とか、とにかく同性愛者への差別にならないような形で、バッサリと切り捨てるしかありません。

 それで相手がどんなにショックを受けても、傷ついても、同性愛者への差別にならないようにしないと、自分が大変な目に遭います。

182

 そもそも現在日本で、同性愛差別反対を叫んでいる連中の真意は何でしょうか?

 欧米で同性愛差別反対を叫ぶのはわかります。 欧米ではキリスト教の影響から、近年まで非常厳しい刑事罰がありました。

 イギリスの天才数学者で、ナチの暗号エニグマを解読し、ソ連の暗号を解読中だったアラン・チューリングを自殺に追い込んだ顛末など、よくもまあこんな事をやるもんだと呆れるしかない程です。

 国家の存亡に関わる暗号を解読中の天才でも、同性愛者なら自殺に追い込むぐらいですから、普通の同性愛者は生きた心地はしないでしょう。

 そういう国々で同性愛差別に反対する、しかもその運動が過激になると言うのは当然だと思います。

 しかし日本の歴史には同性愛者に刑事罰を課した事などありません。 むしろ「衆道は武士の嗜み」と言われたぐらいです。

 日本で「同性愛者が差別されている」と叫ぶ人達も、それではどのような差別があるのかを全く説明しません。

242

 行政や企業に偏見は根強く残っているし、『差別はいけない』という教育も十分なされていない。

 ??

 どんな偏見でしょう?

 札幌市の消防学校は「いい男」の人形で遭難救助訓練をしています。

 三島由紀夫は学生時代から同性愛者であることが丸わかりの小説を結構書いていましたが、1947年東大法学部を卒業後直ぐに大蔵省に就職しています。

 アラン・チューリングの自殺は1964年なのです。

 そして三島由紀夫は今も一部の極右にとっては英雄なのです。 

 つまり日本では、自称リベラリスト達が差別や偏見の卸元のように言う極右・国粋主義者でも同性愛者を差別しないのです。

268

 にも拘らず、なぜか日本のリベラリスト達は、この数年来同性愛者への差別反対を叫び出したのです。

 彼等がそれを叫び出したのは、欧米、特にアメリカで同性愛差別反対運動が起きて、それなりに成果を挙げてからです。

 つまり純然たる輸入品なのです。

 こうした活動を見ていると、日本の自称リベラリストの本質は、明治以来の舶来品崇拝・欧米崇拝だと思わざるを得ません。

 だから彼等は本気で差別を亡くす気はないのです。

 と言うよりも自分達が欧米に倣って同性愛差別反対を叫ぶ為には、日本に同性愛差別を無ければ困るのです。

284

 彼等が何の為に欧米を崇拝するか?

 それは自分達が欧米の理念の卸元になる事で、他の日本人の優位に立てるからです。

 オレ様は先進国の文化を知る文明人だ。 

 オマイラ、無知蒙昧な野蛮人とは違う。

 こう言って踏ん反り返りたいのは、途上国型のインテリの病気です。 残念ながら日本も明治時代にこの病気に感染してまだ完全には治癒していないのです。

 だから彼等は同性愛差別反対を喚いても、本当に同性愛差別を亡くす気など全くない。

 それどこか是非とも日本に同性愛差別が無くてならない。 日本が欧米より遅れていなければ、自分達がアメリカから輸入した同性愛差別反対の理念が売り物になりません。

 だから頑張って日本で同性愛者の差別を作るのです。

286

 差別って差別反対を喚けばなるなる物じゃないです。

 それどころかこうやって差別反対を喚かれると、それまで同性愛者の事なんか意識せずに付き合っていた人達だってヘンに意識せざるを得なくなります。

 そして今までのように気楽に付き合えなくなります。

 だってウッカリ何か言ったら「差別だ!!」と告訴されるかもしれないのですから。

 だからこう言う事をやり続けると、同性愛者に近づく人がなくなり、壁ができるようになります。

 でも反同性愛差別を騒ぐ事の目的が差別を作る事なのですから、彼等にすれば理に適っているのです。 

 反同性愛差別に限らず、今の日本で反差別の活動をしている人間は皆この同類でしょう。

270

 そもそも日本の自称リベラリストや自称人権団体が問題にしている差別は、法的には存在しない物です。

 つまり法の下の平等は保障されている人達について、「差別だ!!」と騒いでいるのです。

 これは公民権や公的機関ではなく、個人に対して他の人を平等に扱えと強要していると言う事です。

 なるほど現在の一般道徳では、人を人種や宗教そして性的嗜好などで差別してはイケナイ。

 同性愛者だとかイスラム教徒だとか朝鮮人だと言う理由で、他人を嫌ってはイケナイ。

 勿論こういう心掛けを守るのは立派な事ではあります。 でもこんな事はあくまで個人の精神的規範の範疇ではありませんか?

 こんな事他人に強要して良い事でしょうか?

142

 ましてこんな事性的嗜好と言う超プライベートな問題にまで強要して良いのですか? 

 これは究極的には「オレ、ホモは嫌いなんだよね。 だって男同士でやるって想像するだに気持ち悪い。」と言う人に対して「オマエ、それは差別だ!! ホモから誘われても拒否するな!! 拒否したら裁判で賠償させてやる!!」と言う所まで行くことになります。

 こんな強制と脅迫で人の心を変えようと言う発想が、マトモなのでしょうか?

 民主主義国家でこんな事を許されるのでしょうか?

 こんな脅迫と強制を繰り返す事でホントに差別がなくなるのでしょうか?

 それ以前に彼等の言う「差別」とは一体何なのでしょうか?

130

 しかし是非ともこの脅迫と強制をやりたいのが反差別を喚く人達なのです。

 だからワタシは差別反対を喚く人達が大嫌いなのです。 

  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2015-06-04 13:32

どちらの国の方ですか? 不適切な質問?

 産経新聞で文美月と言う韓国からの帰化人の話を連載しています。 

 日本に帰化している人なので、朝鮮総連や民潭の活動家などと違い、一応日本人社会のルール、国際社会のルールを解っている人か?と思って読んでいるのですが・・・・しかし読んでいるそうでもないですね。

 彼女は韓国人であるがゆえに大学卒業時に就職活動で苦労したことを縷々書いた上で次のように続けるのです。

275

「どちらの国の方ですか?」

 就活では、嫌な思いもしました。電話口で企業側の担当者に明らかに不適切な質問をされたからです。

 「失礼ですが、どちらの国の方ですか?」

おそらく、その担当者は経歴や志望動機などが書かれた「エントリーシート」をみて、電話で学生と会う約束を取っていたのでしょう。自ら私に電話をかけておきながら、その後で私の名前に気づいたのか、慌てて電話口の奥で何か話しているのが聞こえました。そして、あまりに軽い口調で、こう言ったのです。

 「申し訳ありません。ウチでは外国の方は採用していないので」

 私は何も言う気になれず、「分かりました」と言って受話器を置きました。

 公正な採用選考の観点から、国籍を採用選考の事由にしてはならないのですが、私はこういうこともあるだろうとは思っていました。想定の範囲内だったのですが、むしろ、闘志が沸き立ってきたのです。

 「(企業側に)外国籍だという属性でみられるのは、まだ私に何かが足りないってことなんだ。補って余るものが私にないということだ」


276

「失礼ですが、どちらの国の方ですか?」

 これって不適切な質問ですか?

 確かにエントリーシートをよく読まずに電話をしたのは、良くないです。 しかし明らかに日本人と思えない名前ですから、採用担当者が国籍を確認するのは当然ではありませんか?

 日本は外国人の特別な技能や資格のない外国人の就労は認めていません。
 正式な就労資格のない外国人を雇用すれば企業側も違法行為として罰せられます。

 まして不法在留者なんぞ採用したら大問題になります。
 だから外国人を採用する場合、まずその人間の国籍、就労資格、在留資格を確認するのは当然でしょう?

 それなのに「「失礼ですが、どちらの国の方ですか?」」と聞いたら不適切ってどういう事でしょうか?

277

公正な採用選考の観点から、国籍を採用選考の事由にしてはならない

 それは違います。

 前述のように外国人の就労には法的な制限があるのです。 しかしこれは日本だけではありません。 
 それどころか世界中に外国人の就労を無制限に認める国などどこにもないのです。
 
 国籍は採用選考にとって最重要な項目です。

 なにしろ合法か違法かの問題なのですから。

278

 元来どの国でも外国人の労働者は、労働者が不足した場合に、必要に応じて受け入れ、必要がなくなれば追い返すと言う事を原則にしています。

 外国人労働者がより必要な場合は、在留資格等を緩和して、入国就労がしやすいようにして、必要がなければ色々制限を付けて追い返すのです。

 こうした外国人労働者に対する就労制限、在留制限は、人種差別撤廃条約にも違反しません。 人種差別撤廃条約はあくまでも自国民を人種で差別する事を禁じているのであって、外国人の権利の制限は問題にしていません。

282

 だって外国人の就労や滞在を自国民同様、無制限に認めろなどと言われたら、人口の少ない国は簡単に人口侵略されてしまいます。

 また防衛産業など国益に関わる仕事に、敵対的な国の国民の採用を拒否できないのでは、国家の安全が保てません。

 「公正な採用選考」と外国人の雇用拒否は全然別問題です。

 そして日本の大学を卒業した外国人でも、日本で就職できなければ日本に在留する事はできません。 これも世界共通でアメリカなんぞアメリカの大学を卒業した韓国人でもアメリカ企業に採用されな場合は、情け容赦なく追い出しています。

294

 しかし文美月さんは両親から世襲で特別永住許可を受け継いだので、無職でも生活保護を受給しても犯罪者になっても日本に在留できる身分です。
 
 こんな特権は他の外国人にはありません。 
 この特権が与えられているのは、戦前から韓国人・北朝鮮人・台湾人で戦前から日本の居住してた人々だけです。 その人々がこの子孫だけがこの特権を世襲できるのです。

 けれど彼女はこんな特権を享楽していてもまだまだ不満で、日本の「就職差別」やまた公務員に成れない事などが許せないのです。 
 
 彼女の両親は彼女を通名で育てたので、彼女も日本人と同様の権利があって当然と思い込んでいるようです。 しかしそれは完全に彼女の思い込みです。
 
 どのように育とうとも韓国籍である限り韓国人です。 
 だから日本政府も企業も彼女を韓国人と扱うしかないのです。

297

 でも別に嘆く必要はありません。 文美月さんは韓国人だったのですから、韓国では韓国国民の権利は100%保障されるのです。
 公務員になりたいなら大企業に就職したいなら、韓国どうぞ。 それで就職できななら文美月さんの能力がないです。

 或いは韓国に在日韓国人への差別があるからです。 
 この場合は本当に差別問題ですから韓国政府に抗議するべきです。

 しかし日本で就職制限がある事に文句を言われる筋合いではありません。
 韓国が韓国人の国であるのと同様、日本は日本人の国なのです。

 どの国も自国民の権利を守る為にあるのです。 労働者の雇用に自国民を優先するのは当然です。

 そもそも韓国が日本から独立したのは、韓国人が自分達の権利を自分達の手で守る為だったのでしょう?

 だったら文美月さんも自分の権利は韓国政府に守って貰うべきでした。

310

 それにしてもこんな事は少し調べれば誰でも簡単にわかるじゃないですか? 文美月さんは大卒で総合職を目指したインテリでしょう? 外国人の法的立場ぐらい理解できて当然ではありませんか?
 
 ところが大変不思議なことですが、在日韓国人でこうした立場をきちんと理解している人の話は殆ど聞きません。

 殆どがこの文美月さんのように、韓国人でありながら日本人と完全に同様の権利がない事を「差別だ」と言い募るのです。

 産経新聞に寄稿するぐらいですから文美月さんのこれまでの記事には、あからさまな反日発言は見られませんでした。 しかしワタシは読んでいてやはり気持ちが悪かったです。

 どこがどうとは言えないけれど文脈全体から日本への憎悪と怨嗟が滲みだすように感じてしまうのです。
 
 しかし今回の所でハッキリわかりました。
 やはり彼女は国際社会一般の国籍に関するルールなんか理解する意思はなく、自分の思い通りにならない事で日本を憎悪しているのです。

321

 彼女は現在帰化しているので、日本人です。
 しかしホントにこんな人を帰化させて良かったのでしょうか?

 昨年から続いた寺社への油撒き事件の犯人も、やはり韓国からの帰化人でした。

 アメリカなど他国では、外国人が帰化するには、大変厳しい審査があり、最後に合衆国政府と星条旗への忠誠を求められます。
 でも現在の日本にはそういう審査も、また日本への忠誠義務も課せられないので、テレビで日本への悪意を公言するような外国人も帰化しています。

 でも一旦帰化すれば本当に100%日本人と同等の権利を持ち、どんなに日本に有害な活動をしても、国外追放する事も公民権を制限する事もできないのです。
 こうした外国人の帰化は考えなおすべきではないでしょうか?
  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-11-30 17:57

アイヌ差別について ワタシの見聞

 昨日、こきちさんからこんなコメントを頂きました。

今日「英国一家 日本を食べる」という食紀行本を立ち読みしました。北海道を訪ねたら応対したアイヌが
「北海道より東京の方がアイヌ人口が多いのは、北海道では顔立ちでアイヌとばれて、酷い差別を受けるのでどんどん外国人の多い東京に出てしまうのです。」と言ったなどと書いてありました。
どうせ嘘ですが。。顔立ちで一目でアイヌとわかる人は少ないと思いますし、北海道民が「お前アイヌだな!」と苛めるなど・・・金子議員がつるし上げを食らう土地だというのに。

北海道でアイヌへの差別をあからさまに口にするお年寄りなどは現在存在するのでしょうか。

その他には「日本人は北海道開拓以前に人が住んでいたことを認めません」「私たちはよい教育を受けられません」「アイヌだということを隠している人がほとんどです」
外国人にウリはこんなに差別されて可哀想ニダ!と。。食べ物のことを聞きにきたのに。


083

 ワタシは大阪で生まれて、父の転勤で名古屋へ行き、それから中学2年の春に札幌へ来て、そしてその後ずうっと北海道で暮らしています。

 しかしその間にアイヌ差別と実際に見たことは一度もありません。

 けれど一度だけアイヌ差別をした人の話を聞いたことがあります。

 それは90年代の半ば頃に、ワタシの友人から聞いた話です。
 彼女とは病気友達、つまり彼女もワタシと同様の難病患者で、入院中に病院で知り合い、それから彼女の病気が悪化して亡くなるまで仲良くしていたのです。

085

 その友人の姪御さんに恋人ができて、両親に結婚したいと言うと、なぜか強硬に反対されました。
 それで姪御さんは叔母であるワタシの友人に相談したのです。

 それで友人も相手の青年に会ったりしたのですが、どう見ても問題のない良い青年で、兄夫婦が反対する理由がわかりません。
 そこで直接二人に「なぜ反対するのか?」と聞いたそうです。

 すると二人は「日高だから・・・・・。 わかるっしょ?」と言うのです。

 「日高? 日高の何がいけないの?」 意味のわからない友人は、更に聞いたそうです。

 すると二人は、「日高だもの。 アイヌかも知れないし・・・・・・。」と答えたのだそうです。

 これには友人は腰が抜ける程驚きました。
 なぜなら兄夫婦は二人とも教師で、日教組の熱心な活動家でした。 そして日頃、兄弟同志の何気ない会話でも「差別はいけない」などと言っていたのです。
 
 それでそれまで彼女も他の兄弟たちも皆「あの二人は差別を許さない立派な人間だ。」と思っていたのです。
 ところが「日高出身だからアイヌかも知れない、だから娘の結婚は許さない」って・・・・・・。

 呆れた友人が日頃の言動との違いを問質すと、向こうは平然として「そんなことが違うのが当たり前だ。」答えたのだそうです。

092

 差別反対や人権を声高に叫ぶ人々を見ると、ワタシはいつもこの話を思い出します。
 
 しかし考えてみれば、差別をする人であるからこそ、その本心を隠すために差別反対を声高に叫ぶしかないのでしょう。
 またそもそも自分が実行する気のない事であれば、どんな美しい理想でも言うことができます。

 結婚詐欺なら相手の歓びそうなことを、何でも約束できます。 しかし本当に結婚するつもりなら、幾ら相手を愛していてもできない事はできないと言うしかないのです。

 だから実現可能性を無視して、ひたすら美しい事を言い続ける人間など、絶対に信用してはいけないのです。 例え兄弟でも・・・・・。

095

 ところでワタシは自分ではアイヌ差別を一度も見たことはありません。 これが唯一の見聞です。

 アイヌ人は目鼻立ちがくっきりしていて、男性ではヒゲが濃いなど外見上の特徴があります。 だから外見で見分ける事は可能です。
 
 そしてワタシの知人や近所にもそれらしい人は結構います。
 でもそれでそういう人が差別されていると言う例は知りません。

096
 
 ちなみにワタシは名古屋から札幌に来たとき、札幌の人達の容貌が名古屋と随分違うので驚きました。 実はアイヌだけでなく北海道の人全体が名古屋に比べると、目鼻立ちがくっきりして、すらりと背が高いのです。
 そしてこれは現代の基準では美男美女になります。 

 これは明らかにアイヌの血を引く人が多いからだと思います。

 一方ワタシがそれまでいた名古屋と大阪は日本三大ブスの産地でした。 つまり顔が丸く、目が小さく、鼻がぺちゃんこで、体がずんぐりむっくりしているのです。 平安時代ならともかく、現代ではこれだとブスと言われてしまいます。

 だからワタシの友人(前述の友人とは別人)の一人は、本州へ旅行する度に「名古屋の人ってあり得ない顔をしているわ。」「大阪へ行くと美人だってヨイショされるから気分が良い。」とか、もう滅茶苦茶言っていました。

 そりゃ彼女は美人です。 目鼻立ちのくっきりした長身のアイヌ風美人です。
 大阪や名古屋の原住民には、こういう顔立ちは見かけません。
 しかしいくらなんでも酷い言いようではありませんか?

105

 勿論ワタシは北海道生まれではないし、北海道に親族もいないので、古くからの差別の歴史は知りません。 
 明治の初年なら、差別はあったと思います。

 これは世界中で同じですが、狩猟採集の生活をしていた民族が、近代文化に適応するには容易ではないのです。 だから北海道開拓が始まり、アイヌ人がそれまでのような狩猟採集の生活ができなくなった頃は、大変苦労をしたと思います。

 そして当時の日本政府もそういうアイヌ人を助ける為に、北海道旧土人保護法を制定したりしました。

 「旧土人」なんて差別じゃないかと言う人がいますが、それは違います。 この法律ができた当時は、「土人」と言う言葉に差別的な意味はありませんでした。
 
 現代式に言えば、先住民とか原住民とか言うぐらいの意味です。
 そしてこれはアイヌの人々の権利を守る為の法律だったので、この法律の制定をアイヌの人々が一番喜んだのです。

 日本人がアイヌ人を虐殺したとか、迫害したと言う歴史はありません。

 このあたりの問題は的場 光昭氏の著書などに詳しいので、良かったら読んで下さい。
 
112

推薦図書 息をするように嘘をつく韓国
      
      「アイヌ先住民族」その真実―疑問だらけの国会決議と歴史の捏造
  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(34)

2014-03-15 13:07

朝日新聞の恐怖の寛容 浦和レッズ

★天声人語

「少し」というところが、いい。東京都品川区が「英語少し通じます商店街」というプロジェクトを始める。2020年の五輪では区内でも競技がある。 大勢の選手や観客を迎えたいと考え、企画した 。

▼なぜ少しか。英語を話せますと胸を張る日本人は限られる。でも「少しなら」と思っている人は結構いる。 そんな人が積極的に話すきっかけになれば、と担当の寺嶋清(てらしまきよし)課長。外国人にお店に出向いてもらい、注文や支払いなどのやりとりを学ぶ

▼半世紀前の世相を作家の丸谷才一さんが活写していた。五輪だからといって〈何も一億総通訳みたいな雰囲気をあおりたてる必要はなかろう〉 (石井正己〈まさみ〉編『1964年の東京オリンピック』)。2回目は少し肩の力を抜いて臨めるだろうか

▼柔らかな笑みが人を迎える作法とすれば、こちらはあまりに剣呑(けんのん)な表情だ。
「JAPANESE(ジャパニーズ) ONLY(オンリー)」という横断幕が先日、埼玉のサッカー競技場の観客席入り口に掲げられた。 日本人だけ、つまり「外国人お断り」である

▼心ない行為というほかない。以前にもあった。北海道内の温泉施設が外国人お断りの張り紙を出し、米国出身で日本国籍をとった男性らの入浴を拒んだ。 裁判所は「人種差別」だとして慰謝料を支払えと命じた

ヘイトスピーチといい、強面(こわもて)がはびこって穏やかさが失われている。人を拒み、締め出す。人を迎え、受け入れる。どちらの社会が住みやすいか。 寛容という作法を学びあいたい。まずは少し、でいいから。

朝日新聞デジタル 2014年3月13日(木)付


128

寛容という作法を学びあいたい

 朝日新聞の言う寛容とはどういう物なのでしょうか?

 普通寛容と言うのは、自分の気に入らない人や価値観も全て寛大に受け入れて認める事です。

 世の中には色々な人がいます。

 日本に外国人を受け入れたいと言う人もいれば、外国人の受け入れは拒否して日本人の為の日本を守りたい人もいます。

 朝鮮人が好きで仲良くしたい人もいれば、嫌いで出て行って欲しいと思う人もいます。

 寛容であることを重んずるなら、これらの意見を全て寛大に受け入れるべきです。

131

人を拒み、締め出す。人を迎え、受け入れる。どちらの社会が住みやすいか。

 どちらが住みやすいかは人によって違います。

 なるほど不法滞在外国人やその他日本社会の害になる外国人達にすれば、無条件で「人を迎え、受け入れる」社会は大変住みやすいでしょう。

 しかしそんな社会になったら日本人にとっては日本が大変住みにくくなってしまいます。

 しかも外国人は日本が住みにくくなったら本国へ帰れば良いのですが、日本人は幾ら日本が住みにくくなっても日本に住み続けるしかないのです。

 本来寛容と言う事の意味を知るなら、こういう日本人の立場を十分に考慮するべきです。

 しかしこの文脈を見る限り、朝日新聞はこのような考慮は一切していません。

134

 朝日新聞の寛容と言うのは実は自分の気に入らない意見を「不寛容」として完全に排除して、自分の意見を強制する事なのです。

 そしてこれは究極の不寛容です。

 正直言ってワタシは今回の浦和レッズの「japanies only」の横断幕で何でこれほど騒ぐのか理解できません。 
 
 なるほどこれが飲食店に掲げられた物なら外国人締め出しですが、しかしサッカーの試合でサポーターが掲げたら意味不明としか言えません。

137

 これが李忠成選手への差別だと言う意見もありましたが、これは益々不可解です。

 なぜなら李忠成選手は既に日本に帰化しています。 だから彼はJapaniesなのです。 だから幾つかの国際試合で日本代表チームに入っています。
 
 「Japanies only」は李選手を閉め出す差別だと言う人達は、日本国籍をとって日本代表になった選手でも、生まれが外国人だったらJapaniesと認めないのでしょうか?

 これこそ完全な人種差別です。

141

 自分達の人種差別を棚に上げて他人を人種差別と喚くこのような馬鹿騒ぎこそが、まさに不寛容その物ではありませんか?

 朝日新聞は戦前、自分達の売り出した忠君愛国妄想に少しでも反対する人達を「非国民!!」「売国奴!!」と罵り、社会を扇動する事で、日本を戦争へと導いた過去があります。

 朝日新聞は実はこの「不寛容」を商売道具にしてきたのです。

 その新聞が自分の招いた悲劇に反省をする代りに、進化を発展を続けた結果がこの「寛容の作法を学ぼう」と言うブラックジョークでしょうか?

144

 ワタシは自由を愛する人間として、そして寛容な人間として日本を、朝日新聞の望む「寛容な社会」には絶対にしたくありません。

 朝日新聞の望む寛容な社会とは、つまり究極の不寛容社会、恐怖社会だからです。

 

  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-02-09 14:45

ヘイト(憎悪)候補 宇都宮けんじ

■私の生まれ育った東京は、今や「レイシズムのメッカ」

「宇都宮健児さんが都知事にならなければ、私たちの明日はない」――。
こう訴えたのは、在日三世の辛淑玉氏。
ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク、通称「のりこえねっと」で、 宇都宮氏とともに共同代表を務めている。

渋谷で生まれ育ったという辛氏は「朝鮮人でも商業高校を出たら就職できると言われたから都立第一商業高校に入った」と、当時を振り返る。
「高校一年の時に、一生懸命勉強し、簿記も、そろばんもやった。 だけど、在日で就職している人は誰もいなかった。貧乏は苦しい。
900円の学費を払うのは大変で、夜は焼肉屋で働き、昼間は学校に行って、 朝は新聞配達をした。空き缶やビール瓶を集めれば、一個5円になったから、それをお金に変えて生きてきた」

このような生き方を、今の若者も強いられようとしている、と辛氏は言う。
「明日がない、仕事がない。こんな社会にしたのは、今の政権であり、これまでの政権であり、そして、それを見て見ぬふりし、対立を煽っていたのは、これまでの都知事だ」。

2000年4月、当時、都知事だった石原慎太郎氏は、 陸上自衛隊の「創隊記念式典」に出席し、次のような差別発言をした。
「東京では、不法入国した三国人、外国人が凶悪な犯罪を繰り返している。
大きな騒擾(そうじょう)事件すら想定される。警察の力には限りがあるので、 自衛隊も、治安の維持も目的として遂行してもらいたい」いわゆる、「三国人発言」である。

辛氏は、「『震災が起きたら、朝鮮人たちが事件を起こすから、自衛隊よ、出てきてくれ』ということだ。つまり、私たちが悪いことをするから殺してくれ、と言ったわけだ」と憤る。
「私はこの土地で生きている。日本国籍を持った人たちと、一緒に生きている。
さまざまな人たちがこの土地で生きている。
東京は、私をここまで育ててくれた、懐の深い街。だけど、どんどん壊れていく。
あなたと私が喧嘩するように、東京はずっとやってきた。そうではない。
あなたもわたしも、貧乏は嫌です。あなたも私もご飯を食べ、高校を出たら、 就職がしたい。一生懸命働いたら、普通に生活できるだけのお金がほしい」そして今、東京は「レイシズムのメッカ」になった。「良い朝鮮人も悪い朝鮮人も全員殺せ」
という言葉が毎週、街を覆っている。私は殺される対象になった――と、辛氏は続ける。

「だけど、ここが私の故郷。『出て行け』と言われても、ここが私の家であり、ここで私は生きていき、ここで私は飯を食べ、ここで私は恋をして、ここで私は、今、生きている。
私はレイシズムに対して、『のりこえネット』を立ち上げた。
『宇都宮さん、一緒にやってくれないか』と声をかけたら、二つ返事でオーケーしてくれた。
ウソばかりの政治の中で、あんたも私も一緒に生きていくと行動したのは、宇都宮さんだ。
私に一票はないけど、応援する。みんな、よろしく。一緒に生きていこう」

■宇都宮氏「人間はみんな平等。韓国、朝鮮、日本、中国もみんな同じ」

辛氏からマイクを受け継いだ宇都宮氏は、「『良い朝鮮人も悪い朝鮮人も全員殺せ』、『朝鮮人、首吊れ、毒飲め、飛び降りろ』、『ゴキブリ』。こういう日本人が出てきている、 大変恥ずかしいことだ」と、レイシズムを強く非難。

「人間は平等だ。韓国、日本、朝鮮、中国、みんな、同じ人間だ。
同じ人間が、なぜ仲良くできないのか。私は、在特会の煽動に煽られて排外主義的なデモをやっている若者と、もう少し一緒に話したい。
彼らをああいうふうに駆り立てるのは、一体、何なのか。大きな分かれ目にきている」

宇都宮氏は「国が分裂して喜ぶのは支配層だ」と指摘し「排外主義的な運動が起きるのは国の指導者に大きな問題がある」との見解を示す。
「従軍慰安婦問題、朝鮮学校の無償化に対する差別、指導者がレイシズムを煽っている。
だから、指導者を変えなければいけない。日本は人種差別撤廃に批准しているのだから、 指導者には責任がある。なぜ在日朝鮮人が日本で生活しているのか、 強制連行の正しい事実を教える責任が、政治家にはある」

歴史を隠蔽し、対立を煽るのは「戦争への道に直結する」と宇都宮氏は述べ、「ヒトラーはユダヤ人排撃運動をやり、とうとう国家権力を握ってしまった。
ユダヤ人の排撃は、ドイツ市民への排撃につながった。
共産主義者、社会主義者、最後はキリスト教徒まで排撃した。
ナチスに反対する、あらゆる人たちを排除していった、そして戦争が広がった」と紹介。
「同じ過ちを繰り返してはならない」とし、「安倍政権の暴走へストップ」を訴えた。

IWJ Independent Web Journal 2014年2月2日(日)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/123252

転用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1391505281
/

068

 赤旗の宇都宮候補応援記事です。

 在日韓国人辛淑玉が宇都宮を応援しているのです。
 
 ワタシはこの宇都宮と言う人間を全く知りませんでした。 しかし2チャンネルで都知事選に関するスレが立つたびに、「闇と闘う正義の弁護士」というコピペが貼られるようになってから、何とも胡散臭い人間だと思うようになりました。

 しかしこの辛淑玉の応援で、宇都宮とそして共産党の本質が見えました。

 宇都宮と共産党に共通するのは、彼等の周りの人間、つまり普通の善良な日本人に対する強烈な憎悪です。

071

 なぜそう思うのか? ですって?

 それはこの辛淑玉と言う人間を、喜んで持ち上げている事からわかります。

 辛淑玉と言う人は、随分昔からマスゴミに出ていているので、ワタシも完全なノンポリだった頃か知ってました。

 ワタシも以前は在日韓国人や朝鮮人を嫌ってはイケナイ、差別してはイケナイと思っていたのですが、それでもこの人の言う事を聞いていると、嫌悪がこみ上げてきました。 そして彼等の言う「差別」と言うのはどう考えてもオカシイのではないかと思えてきたのです。

 彼女の話を聞いていて、何で嫌悪がこみ上げるのか?
 それはこの講演要旨などを見ればわかります。
 
 辛淑玉 講演要旨
 http://jcj-daily.sakura.ne.jp/hokkaido/report02/1109shin/youshi.htm

 要旨と言いながら無暗に長い文章ですが、その全文に隈なく溢れるのが、周りの人間への憎悪です。 自分は常に差別されて不幸であった。 才能があり努力したのに、それが正当に評価される事はなかった。 それは自分が女であり、在日であったからだ。
 日本の差別のお蔭で在日は不幸である。 在日は強制連行されて日本に来た。 祖国に帰れない。 祖国は独裁国家になってしまった。 それは日本が悪い。

 突っ込みどころはこれまた隅々にあるのですが、しかし自分自身や朝鮮民族の責任を一切顧みる事はなく、ひたすら日本と日本人への憎悪を燃えたぎらせているのです。

079

 なぜ彼女がこんなに日本や日本人を憎悪するのか?

 こんなに日本や日本人が嫌いならば、さっさと祖国へ帰ればよいではないか?

 こんなふうに憎悪に生きる人生なんておぞましい限りではないか?

 しかし彼女は日本にしがみついて離れる気はないのです。

 でもこのように回りの人間を憎悪し恨み続けるのは、実は辛淑玉や在日朝鮮人だけでなく自己中心的な人間、そして依頼心の非常に強い人間全ての特徴なのです。

 ワタシも自己中であることにも依頼心が強い事にも自信があるので、結構この心理はわかります。

 この種の自己中人間は常に自分の事で頭が一杯、他人の都合や社会のルールなどは全く見えません。 だから自分を客観化する事も他人の考えを省察する事もできません。

 それどころか自分は非常に有能で高潔であるのに、大変不幸な境遇にいるのだから、他人は皆全力を挙げて自分を助けるべきであると考えています。

 しかしそんな他人がそんな馬鹿な願望に付き合ってくれるわけはありません。

 そして自分の願望が叶えられなければ、それはつまり周りの人間が不正な心情から自分の邪魔しているから、社会が悪いからと全部他人の責任にして、それを恨み続けるのです。

082

 普通の人はこんな人間の言う事を聞いていると、頭が痛くなってきます。

 しかしこれに共感する人もいるのです。 実際、「辛淑玉 宇都宮」で検索すると、彼女の演説に感動したと言うブログやツィッターも結構ヒットするのです。

 そもそも共産党員の多くが、また宇都宮候補本人もこの辛淑玉に共感しているからこそ、彼女に応援演説を依頼しているのでしょう。

 なぜ彼等は辛淑玉に共感するのか?

 それは彼等が日本人であっても、辛淑玉同様に回りの日本人を憎悪しており、日本と日本人の破滅を願わずにはいられないからです。

 彼等もまた辛淑玉同様、自己中で依頼心が強いので、国や社会が自分の願望を全て叶えてくれる事が当然と考えているのですが、現実にはそれが叶えられないので、国や社会を憎悪するのです。

 この依頼心と自己中から、国家を憎悪し国家の解体を要求しながら、一方で国家による社会福祉の充実を要求すると言う、真にふざけた主張ができるのです。

085

 こういう連中だから、政権を盗れば粛清でも何でも平気でやります。 
 
 ポルポトやスターリンや毛沢東や金一族は物凄い大量殺人を行いました。

 でも辛淑玉に共感する連中を見て居れば、そんな事全然驚く事じゃないです。 だって辛淑玉もその仲間達も、平和な日本で自由と他国に比べたら遥かに豊かな経済を満喫しているのです。

 ところが彼等はそれでも日本に感謝するどころか、恨みで一杯なのです。 共産党が煽った生活保護費削減反対デモに参加した連中なんか、ホントに呆れちゃいます。

 過労死する程働いた人が収めた税金で、楽々と暮らしながら感謝するどころか、そう言う人々に怒りだけを爆発させているのです。

 税金を納めて生活を支えてくれる人を恨むような連中です。 こんな連中が政権獲得の過程で一度でも弾圧を受ければ、日本人皆殺しぐらいはやらない方が不思議です。

087

 そしてその政権獲得の可能性は完全に消えました。

 ソ連の崩壊で共産主義への幻想は壊滅しました。

 これによって日本共産党の存在理由はもう、日本人への憎悪以外になくなりました。 

 日本共産党は現在ひたすら韓国にすり寄っています。 そして朴槿恵政権に同調して、慰安婦捏造や強制連行捏造に必死です。

 クネクネのパパが必死で韓国経済を安定させて、韓国人の生活を守ろうとしていた時代は、ひたすら韓国を非難して、代りに北朝鮮を地上の楽園と言っていたのにね。

 そう言えば辛淑玉の叔父さんとお祖父さんを駄して北朝鮮へ帰還させたるのに協力したのも日本共産党だってんじゃないの?

 辛淑玉さん、それは恨まないの?

091

 しかし辛淑玉さんはそんな事は恨みません。

 大事の前の小事。
 小異を捨てて大同に付く。
 
 きっと大きな恨みの為には小さな恨みは忘れるのでしょうね。
 それに叔父さんの事もお祖父さんの事も、どうでも良いのです。 あれは日本を恨むためのネタですから。

 今回の選挙でこの恨みと憎悪の集合体候補がどれだけの票を取れるかはわかりません。
 しかしどんなに惨敗しても、また遠からず別の選挙に出るんじゃないかと思います。

 だって彼等の日本と日本人への恨みと憎悪は海よりも深く、山よりも高いのです。
 そして玄宗皇帝の楊貴妃への濃いの恨みのように天地が尽きても絶える事はないのです。

 天 長 地 久 有 時 尽  此 恨 綿 綿 無 絶 期
 天長地久時有りて尽くるも   此の恨みは綿綿として絶ゆる期無からん 

  1. シェベツニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(6)