2017-01-14 14:15

ヒトラーはアジアに何をしたの? 欧米リベラリストの幼稚な自己中

 凄く不思議なんだけれど、何でアジア人はヒトラーを憎まなければならないのでしょうか?

アジアの若者は何故ヒトラーに憧れるのか 台湾やタイでも問題に
フォーブスジャパン 2017年1月13日

台湾の高校生のグループが先月、ナチスのコスプレでパレードを行ない問題になった。台湾には過去、ナチスの強制収容所をテーマにしたレストランもあった。人口2,300万人の台湾では毎年のように、欧州の歴史の暗部であるナチスを模倣する動きが現れる。しかし、彼らにユダヤ人を攻撃する意図はない。彼らはナチスが70年以上前にしたことを学校で教えられていない場合が多い。台湾人は1945年以前のドイツのシンボルを、単に魅力的で強さを体現する、憧れの対象とみなしているのだ。

その傾向は台湾だけでなく、東アジアを通じて見られる。

エンターテインメントニュースサイトのDangerousminds.netによると、ナチスの制服は若者のコスプレの選択肢の一つで、日本、韓国、タイ、香港、中国で見られる。日本では、”ヒトラーコスチューム”が人権団体のサイモン・ウィーゼンタール・センターから販売中止を求められるまで7年間販売され、中国ではアパレルショップIzzueの14店舗内でカギ十字の紋章が装飾に使われ、外国人からの苦情により取り下げられた。

2013年にはタイのバンコクに「ヒトラー」という名前のフライドチキンショップが登場した。同店はKFCのカーネル・サンダースの顔をヒトラーに入れ替えたロゴまで作っていた。しかし、彼らがナチスのシンボルを体や店に掲示する行動にユダヤ人を傷つける意図はなく、ファシズム思想とも関係がない。

アジアの学生たちの多くは、第二次世界大戦についてあまり学んでいない。アジアにはナチスが数百万人を虐殺したホロコーストの記憶を語り継ぐユダヤ人団体も少ない。260万人の人口を持つ台北に、ユダヤ人は1,000人しかいないというデータもある。

台北ユダヤ人センターの会長を務める米国人のロス・ファインゴールドは「アジアでも、ナチスの過ちを伝える公的な努力はされており、大学レベルでは歴史のコースも提供されている。しかし、若者には十分に届いていないようだ」と述べた。


113

 ヒトラーはアジアに何も悪い事をしていません。

 アジアに悪い事をしたのは、イギリス、フランス、オランダ、アメリカ、それにポルトガルなどです。

 これらの国々はアジア諸国を侵略支配して、数百年に渡りアジアの諸民族を奴隷化しました。
 またその過程で虐殺や文化破壊も行いました。

 アジアの人々からすれば、悪いのはイギリス、フランス、オランダ、アメリカ、ポルトガルなどであってドイツではありません。

 ドイツはこのような国々を、後ろから打ん殴り叩きのめしてくれたのです。
 実際第二次世界大戦中、ドイツがヨーロッパで大暴れして、こうした国々の国力を大きく削いでくれたことは、後にこれらの国々が独立するための大きな助けになりました。

112
 
 アジアに植民地を持っていたヨーロッパの国々の中で、唯一第二次大戦中にドイツの侵攻を受けなかったのはポルトガルです。

 このポルトガルだけは第二次大戦後もアジア、アフリカの植民地を維持し続けたのです。

 その為ポルトガル植民地だった東チモールやアフリカのアンゴラの独立戦争は数十年に渡る凄惨な物になりました。

 これを思えば、第二次大戦後数年で独立できたアジア諸国は、幸運そのモノです。

 ワタシが東チモールの独立派だったら思うでしょう。

 ああ、ヒトラーがポルトガルまで侵攻していてくれたらなあ・・・・。

115

 ユダヤ人の虐殺もユダヤ人にとっては大変気の毒だし、大変悪い事です。

 しかしヒトラーのユダヤ人虐殺程度の虐殺は第二次大戦後も何度も起きていますし、またそれ以前にもありました。

 共産主義者はヒトラーのユダヤ人虐殺より一桁多い人間を殺しています。

 オランダなど長期の植民地支配の過程で殺した人の数も、ヒトラーに引けは取らないでしょう?

 オーストラリアやアメリカで行われた原住民虐殺だって大変な規模です。

 勿論、ユダヤ人が自分達の仲間を殺したヒトラーを憎み非難するのは当然です。

 しかしそれを言うなら、インドネシア人はインドネシア人を殺したオランダを非難するのも当然でしょう?

 人間は普通、他人を殺した奴より、自分の身内を殺した奴の方が憎いし、また自分の身内を殺した犯人を懲らしめてくれた奴がいれば。たとえソイツがどんな凶悪犯でも恩人として感謝するのです。

 何でアジア人が自分達アジア人を殺した宗主国よりも、ユダヤ人を殺したヒトラーを優先的に恨む義務があるのですか?

121

 少し脱線するけど、ユダヤ人迫害はヨーロッパ全体で伝統的に行われていたことで、ヒトラーの発明でも専売特許でもありません。

 だからナチが東欧諸国を占領した時に、地元の人達がナチに便乗してユダヤ人の大虐殺をやりました。

 ポーランドなど第二次大戦終結後にポーランドに戻ってきたユダヤ人を虐殺すると言う事までやっています。

 またパレスチナ問題に絡んで、イスラム諸国の反ユダヤ主義も燃え上っています。

 ところが大変奇妙な事に、ユダヤ人団体はこうした問題は一切不問に付して、ひたすらナチのユダヤ人迫害だけを問題にしているのです。
 
 しかし反ユダヤ主義はナチだけの問題でない以上、ナチだけ叩けば反ユダヤ主義が解決するはずもないのです。
 
 それなのにナチに関してだけは、仮装行列の衣装でも、アイドル歌手のコスプレでも大騒ぎするのに、他のホロコーストや反ユダヤ主義一切問題にしないのはなぜでしょうか?

 日本や台湾の仮装行列やコスプレよりも、イスラム教徒による反ユダヤ主義の方が余程深刻で、危機的でしょうに。

122

 こうしたユダヤ人団体の対応を見ていると、要するにイスラム教徒による反ユダヤは怖いから何も言えない。

 日本のアイドルやその他アジアのコスプレは、他意がないので文句を言えば直ぐに謝罪する。

 だから安直に叩きやすい所を叩いて見せるだけ、と言う極めて姑息な対応だとしか思えません。

 なるほどユダヤ人が長い間迫害されたのは気の毒です。
 
 しかし今はイスラエルと言う結構な強国を作り、近隣諸国を圧迫している立場です。

 だから好い加減に被害者専業と言う立場は捨てて、反ユダヤ主義には強国としての品位ある対応を取るべきでしょう。

 そうしないといつまで経っても差別される側にいるしかないでしょう。

 本当の意味でユダヤ人がその知性と能力に相応しい敬意を受ける為には、強国イスラエル国民としての品位を雅量を身に着けるべきです。

131

 それにしても、そもそもナチズムが非難されるのは、ドイツ民族至上主義を掲げて、他のヨーロッパの民族を隷属支配、或いは抹殺しようとしたからです。

 だからヨーロッパ人がナチズムを非難し、ヒトラーを憎むのはわかります。

 しかしアジア人がそれ付き合う義務はないでしょう?
 
 だってヒトラーがナチズムを掲げていた頃、欧米では白人至上主義が当然視されていました。

 ウッドロー・ウィルソンは民族自決原則から、アジア・アフリカの民族は除外しました。

 ルーズベルトは「日本人の頭蓋骨は我々白人から2000年遅れている」と言いました。
 こんな事を言っている人間がナチスの人種科学を非難できるのでしょうか?

 しかしこれが当時の欧米のリベラリズムだったのです。

 白人が白人を隷属化し抹殺するのがナチズム。
 白人が有色人種を隷属化し抹殺するのが、当時の欧米リベラリズム。

 前者は絶対悪だが、後者は人道主義と言うのは、レイシズムの極致でしょう?

127

 ヒトラーが悪人と言うのは、欧米の立場の話です。
 欧米の植民地化に苦しめられたアジア・アフリカの人々からすればヒトラーは邪悪な欧米人を懲らしめる為に神様が送ってくれた英雄です。

 第一次湾岸戦争の時、イスラム諸国ではサダム・フセイン支持のデモが吹き荒れました。
 
 インドネシアでもデモ隊の人達が、「サダム・フセインもヒトラーもユダヤ人と戦った英雄だ!!」と言っていました。

 インドネシアの総人口の90%はイスラム教徒ですから、コーランの規定からも、また現在のパレスチナ問題からも当然反ユダヤなのです。

 そして歴史を学べば、インドネシアの植民地支配で苦しめたオランダを倒してくれたのはヒトラーです。

 そういうヒトラーをインドネシア人が英雄と思うのは当然ではありませんか?

119

>アジアの学生たちの多くは、第二次世界大戦についてあまり学んでいない。

 イヤ、学んでますってば!!
 だって自国の建国は第二次大戦のお蔭なんだから学ばない訳に行かないでしょう?

 そして学んでいるからヒトラーは英雄なのです。

 自国の独立運動家達が投獄されたり拷問を受けていた時に、その独立運動を弾圧している宗主国を倒してくれた国の総統を非難しろと言うのですか?

133

 先日世界の自虐史観で紹介したけれど、欧米のリベラリストは今もとにかくヒトラー極悪論を、ヒトラー悪魔説を振り回しています。

 そしてそれに疑義をはさむ言論は、ナチのSSがやったように暴力的に弾圧します。

 結局欧米のリベラリストと言うのは、トコトン人種差別主義者で、欧米中心主義なのです。

 ホントに彼等が人種差別に反対で、そして多様性なんてモノを重視するのであれば、自分達に厄災であったヒトラーもアジアには救済であったことぐらいは理解できるはずです。

 彼等がホントに人種差別を憎み、多様な価値観、少なくとも他国には他国の価値観がある事を認めるなら、アジア諸国の首脳がヒトラーやナチの戦犯の遺影に花を捧げて、自国の独立の一助になったことを感謝しても文句は言わないでしょう。

 しかし自分達にとって厄災だった人間は、世界中で厄災でなければならない。
 自分達の好都合は絶対正義で、不都合は絶対悪だ。

 こうした幼稚な自己中にはまり込んで一歩も出られないからこそ、安直に「多文化共生」「多様性の尊重」なんてことを言えるのでしょう。
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2016-12-25 19:39

本当の目的は? ヘイトスピーチ規制

 欧州委員会がツィッター、フェイスブック、マイクロソフト、そしてyou tubeを運営するマイクロソフト等4社に向けて、ヘイトスピーチへの迅速な対応を要求したそうです。

 津田大介「欧州のヘイトスピーチ議論の波は日本にも」

>背景には、欧州の、大量の移民や難民の流入に対する反感の高まりがある。たまった反感がソーシャルメディアへのヘイトスピーチ投稿という形で具現化しているのだ。欧州委員会が懸念しているのは、そうしたヘイトスピーチがネット上に蔓延(まんえん)することで、攻撃の対象となって社会から排斥され、疎外感を持った人たちが「イスラム国」(IS)が扇動する過激主義と結びつくことだ。パリ同時多発テロ事件やブリュッセル連続テロ事件を経験した欧州だからこそ、身に迫る危険を回避するため、ヘイトスピーチを野放しにできないという思いがあるのだろう。

001

 攻撃の対象となって社会から排斥され、疎外感を持った人たちが「イスラム国」(IS)が扇動する過激主義と結びつく

 これはイスラム圏からの移民や難民によるテロや犯罪が起きる度に、欧州委員会だけでなく、メルケル政権などが持ち出す論理です。

 でもこれオカシイと思いませんか?

 確かに欧米からISに参加する人間が多数いる事は事実です。
 しかしISはそもそもイラクで生まれたモノです。 そして参加者の圧倒的多数はイラク始め周辺イスラム諸国の出身者です。

 欧米からの参加者は全体ではごく少数でしょう。

 で、イラク始め周辺イスラム諸国でイスラム教徒の若者が、イスラム教徒である故に社会から排斥され、疎外感を持つのでしょうか?

010

 さらに言えばイスラム過激派のテロが猛威を振るっているのは、欧米ではありません。 中東や北アフリカを中心とするイスラム圏です。

 先日のドイツのクリスマス市でのテロのように数十人の死傷者の出るテロは、中東や北アフリカでは無数に起きています。
 しかしこうした地域は欧米人も日本人も関心が薄いので、余り問題にされないだけです。

 そしてイスラム圏でテロをやっているのはイスラム教徒です。

 そのようなテロリストの一部が、移民難民に交じって欧米に来てテロをやっているのです。 でもそれはイスラム過激派台頭のトバッチリと言うか、お裾分けであって、本体ではないのです。

 こうしたテロリスト達はそれぞれの祖国で「社会から排斥され、疎外感を持つ人々」のでしょうか?

013

 全然違います。
 テロリスト達はイスラム諸国でイスラム教徒と言うマジョリティーに属していたばかりか、多くが高学歴で富裕層の子弟なのです。

 イスラム諸国で富裕層に生まれて高学歴の若者が、イスラム教徒である故に「社会から排斥され、疎外感を持つ」のですか?

 あり得ないでしょう?

 イスラム過激派は明らかに、イスラム諸国の狂信化によって生まれ、その狂信者が難民や移民に交じって欧米に入り込んだと言うべきなのです。

016

 このようにテロやイスラム原理主義の台頭を、全て欧米でのイスラム教徒への差別や疎外感に結び付ける自称リベラリストの意見を見る度に思うのですが、彼等は多様性とか多文化共生とか言うのが大好きですが、しかし実は完全に完全な欧米中心主義者で、イスラム圏の事もイスラム教にも一切関心がないのです。

 イスラム圏でのテロのニュースは連日のように出ているのです。

 だからイスラム世界に最低限の関心があれば、イスラム過激派のテロは欧米よりもイスラム諸国で深刻な事ぐらいはわかるはずです。

 しかし自称リベラリスト達は、ベルリンやパリでのテロの死者には同情しても、トルコやパキスタンでのテロの犠牲者には何の関心もないから、こうした発想が出てくるのです。

017

 なぜ今イスラム社会がひたすら狂信化しているのかは、わかりません。
 しかし1979年のイランイスラム革命を皮切りに、明らかに狂信化へ進んでいます。

 トルコはケマル・アタチュルクのトルコ建国以来守り続けた世俗主義を捨ててイスラム化へ舵を切りました。

 インドネシアのように、これまでヒンズー教や土着宗教と自然に共存していたような国でも、キリスト教徒だったジャカルタ特別州知事を「イスラム教侮辱」で告訴するような事態になっています。

 そしてブルネイではクリスマスを祝うと懲役5年の刑が課せられる事になりました。 因みにブルネイでは昨年から、イスラム教の戒律を外国人にも強制するように法律を変えています。

 イスラムの狂信化や過激化を「貧困」に結び付ける議論は盛んですが、ブルネイのような世界有数の金満国家までが、このように狂信化しているのです。

 そしてイスラム諸国全体で、国内の非イスラム教徒に対する迫害が激化しています。

020

 イスラム狂信化の理由はわかりません。
 しかしこうしたイスラム諸国の状況を見れば、イスラム過激派の台頭に、欧米でのヘイトスピーチなんか何の関係も無いのは明らかです。

 けれどもこのように狂信化したイスラム圏から大量の移民や難民を受け入れたら、テロリストやまた異教徒への犯罪に罪悪感を持たない人間が多数入り込むのは当然でしょう?

 先日ドイツでの女子医学生強姦殺人事件の犯人が逮捕されました。 犯人は17歳のアフガニスタン人の難民だったのですが、更に呆れた事実が明らかになっています。

 容疑者はアフガン難民…ドイツを揺さぶる女子医大生殺人事件

 実はK(犯人)は2013年、すでにギリシャで難民登録をしていた。ところが、そこで女性を暴行し、崖から海に突き落とし、逮捕され、刑務所に入っていた。しかも、そのときも自分の年齢を17歳と称していたのだ。

 2013年にギリシャで17歳だった犯人は、ドイツでは事件当時16歳だったわけです。 

021

 これに対して、ドイツの政治家達は、以下のように発言しているそうです。

メルケル氏(CDU・キリスト教民主同盟):「この忌むべき殺人を引き起こしたのがアフガニスタン難民だとしたら、彼を厳しく裁かなければならない。しかし、それを、あるグループの拒絶につなげてはいけない」

ガブリエル副首相兼経済エネルギー大臣(SPD・社民党):「このような凶悪犯罪は、シリアやアフガニスタンから最初の難民がやってくる以前にもあった」

事件の起こったフランブルク市の市長サロモン氏(緑の党):「難民を十把一絡げにしてはいけない」

 ええ、ワタシだって難民全部が強姦魔だなんて思ってはいません。 

025

 しかし普通の日本人がドイツ旅行をするには、パスポートが必要です。 パスポートがあっても犯罪歴のある人などは、入国を拒否される場合があります。

 どんな国でも自国民の安全を守る為には、こうした入国審査をするのです。

 しかしメルケル政権は人道主義から、パスポートなどの身元証明の一切ない「難民」を無審査で大量に受け入れました。

 こんな事をすればこの犯人のような犯罪者やテロリストが大挙して入国するのは当然ではありませんか?

 メルケルの難民受け入れに関しては、これを懸念する人も沢山いました。

 しかしメルケル政権はこれを「テロリストは別のルートを持っている」などと強弁して退けたのです。

026

 また自称難民の年齢についても、完全に自己申告に任せて、明らかに30過ぎのオヤジとしか見えない男まで、未成年として入国させています。 

 こんな事をすれば、犯罪者やテロリストを大歓迎しているのと同じでしょう?

 そしてこれを欧州委員会も全面的に推進しているのです。 

 結果、欧州で自称難民によるテロや犯罪が頻発するようになったのです。

 つまり欧州での自称難民によるテロや犯罪の頻発の原因は、こうした自称難民を無審査大量受け入れを決定した政治の責任ではありませんか?

028

 このような責任のある政治家達が、自称難民の犯罪について「難民全部が悪いわけではない」と言うのは、一見人道主義の発言に見えます。
 
 しかし本当にそうでしょうか?

 例えば不潔な食品の輸入を強行した政治家が、その食品で食中毒が出た時に、「全ての輸入品が不潔なわけでない」「輸入品が危険などと言う偏見を持ってはイケナイ」などと言ったらどうでしょうか?

 メルケル等の発言はこれと同じではありませんか?

 これはもう格調高い人道主義なんかではなく、自分達の無謀な政策の責任を誤魔化す為の詭弁に過ぎないのです。

030

 反移民、反難民の発言、所謂ヘイトスピーチはつまり、こうした難民・移民を入れた政治家への批判そのモノなのです。

 こうした発言を容認すれば、当然批判の矛先が移民・難民の受け入れを主張した政治家、そしてEUに向かうのは自明ではありませんか?

 そして実際欧州では反EU、反リベラルの政党が勢力を伸ばしているのです。

 だからこそEU委員会や既存の欧州各国政権はヘイトスピーチを規制したいのではありませんか?

 彼等が恐れているのは、自国民がテロや犯罪の犠牲になる事ではなく、彼等の失政を明確化されて、政権を喪う事なのです。

034

 言論の自由、表現の自由は、ヨーロッパでは最も重要な人権であり価値だったのではありませんか?

 自分達の無謀な政策の責任を回避するために、これを犠牲にしようと言う欧州委員会は醜悪としか言えまえん。

 彼等のやっていることは、彼等が反人権と非難している独裁者と全く同じなのです。

035

 因みにヘイトスピーチがそれほど許せないモノであるなら、欧州委員会はイスラム教とコーランを禁止するべきです。

 多神教とは見つけ次第殺せ。
 キリスト教とユダヤ教徒は仲間にするな。
 不信心者は首を刺せ。
 同性愛者は焼かれ、断頭するべきだ。

 凄いヘイトスピーチでしょう?
 でもこれコーランに書かれているのです。

 そして何より恐ろしいのは現在イスラム原理主義者と言われる人達は、本気でこれを実行しようとしているのです。

 本当にヘイトスピーチがイケナイのなら、当然こんなヘイト本の発行は禁止し、このようなヘイト宗教も禁止するべきでしょう。
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2016-12-07 12:10

難民受け入れ教と言うカルト

 先月、ドイツのフライブルグで女子学生が強姦されて殺されました。
 犯人はアフガニスタンから「難民」でした。

 この事件の顛末はナスタチウムさんのブログに詳しく書かれています。

 被害者の女子学生は難民支援のボランティアをしていました。
 
 犯人と被害者の関係はわかっていませんが、難民支援のボランティアや職員の女性が、難民から強姦などの性犯罪の被害に遭うと言う事件は非常に多いのです。
 
 しかし難民支援団体は多くの場合、被害者の救済よりは事件の隠蔽に熱心だったようです。

282

 被害者の父親はEUの行政執行機関、欧州委員会法務局のメンバーで長官の右腕と言われる人で、アドバイザーに任命されています。

 で、この被害者の両親は娘の葬儀について参列者に対して「娘に花はいらない。代わりに難民支援の寄付金を送って下さるように」と通知したそうです。

 素晴らしい!!!
 難民救済の聖者です。

 なるほどこんな人が欧州法務委員会のアドバイザーなら、EUが加盟国に難民受けれをごり押しするのは当然でしょう。

 でもこれでわかりました。
 難民受け入れって、難民救済の為の活動ではなく、完全なカルトだったのです。

283

 ワタシは難民の救済は出来るだけするべきだと思っています。
 戦乱に追われて苦しむ人々は救済しなければならない思います。

 だから自国やその周辺の国々の難民キャンプで暮らす人達にはできる限り支援するべきだと思っています。

 しかし大変不思議なのは、EUでは難民救済がそのまま「難民受け入れ」に飛躍していることです。

 勿論、ドイツやスェーデンなど豊な福祉国家での生活は、シリアやスーダンなど紛争国の難民キャンプでの生活とは比べものにならない程快適でしょう。

 だからドイツとスェーデンが全ての難民を受け入れる事が出来るならそれが良いでしょう。

284

 しかし現実にはそんなことは絶対不可能です。 何しろUNHCR(国連難民機関)によれば現在世界には6000万人もの難民がいます。
 
 この6000万人を全部EUで受け入れる事ができるのですか?

 そんなことは絶対不可能でしょう。

 どんなに豊かな国でも、難民救済に割ける予算は限られいます。
 本当に難民を救済したければ、この限られた予算でできる限り大勢の難民を救済できる方法を選ぶべきです。

288

 日本政府は難民受け入れではなく、難民キャンプと難民キャンプを抱えている国々を支援する方法を取りました。

 難民キャンプで暮らす人達には偽装難民はいません。

 難民キャンプでの支援は、難民の出身国かキャンプの受け入れ国の生活水準に合わせれば良いので、支援に必要な金額は限られています。

 文化摩擦などの問題もありません。

 だから限られた経費で沢山の難民を救済できます。
 ワタシはこれが、現在唯一現実的な難民救済方だと思います。

 ところがなぜかこれは欧米でも国連でも評判が悪いようです。
 難民を日本に受け入れろと言うのです。

291

 しかし難民を先進国に受け入れたら、先進国の生活水準に合わせた支援が必要になりますから、支援に必要な金額が難民キャンプなどに比べて遥かに高額になります。

 しかも文化摩擦を避ける為の教育など余分な経費が掛かります。 

 こうなると同じ予算でも救える難民は、難民キャンプ支援に比べて遥かに少なくなります。

 何よりも最大の違和感がこうして莫大な費用をかけて救済されている人達がホントに難民かどうか怪しい事です。

 EUが受け入れている「難民」達は、実は皆不法渡航業者に莫大な手数料を払い、危険な渡航をした人達だけなのです。

 つまり十二分な資力と体力と、そして違法違法行為を恥じない人達だけを救済しているのです。

 困っている人を救うのにこんな選別法はオカシイでしょう?

295
 
 しかもこの人達の中に難民ではない唯の不法移民が大量にまじっている事は、ヨーロッパの人達も十分知っているのです。

 だってそれでなくても60年代末から中東や北アフリカから黄金郷ヨーロッパに不法移民をする人達が押し寄せていました。

 これが難民を偽装すれば、ヨーロッパに定住だけでなく、様々の福祉の恩恵まで受けられるのですから、こうした不法移民が増えないわけはないのです。

 こんな風に不法移民まで救済していたら、本当の難民の救済に使えるお金や労力は殆ど残らなくなります。

 こうした問題は当然ヨーロッパの人達だって十分知っているのです。

 しかしなぜかEUのエリート達はひたすら難民受け入れをごり押ししているのです。

 こうなるともう目的は難民救済ではなく、自称難民の受け入れだとしか思えません。

300

 実際、彼等は実に気持ちの悪い事をやっています。

 例えばどう見ても30過ぎのオヤジとしか思えない男を、17歳以下として受け入れたりしているのです。 17歳以下の同伴者のいない難民は未成年として保護すると言う規定があるので、年齢を詐称する自称難民が多いのです。
 
 なるほど未成年なら救済はわかりますが、しかしどう見ても30過ぎのオヤジを敢えて17歳以下と認定しなくてはならないのか?

 またテロリストの疑いのある人間も、その危険を無視して受け入れています。

 そして受け入れた自称難民達が性犯罪など悪質な犯罪を犯しても、報道を管制をして事実を国民に隠蔽すると言う、民主主義国家としてはあり得ない事をやっているのです。

 一体何の為にここまで難民受け入れに執着するのか?

 合理的な理由は全く見出せません。

307

 ナンミンウォッチさんが日本でもこうした難民受け入れを推進している団体を紹介してくださいました。

 しかしワタシはこれを見ていても全然わからないのです。

 だってこの団体は「とにかく難民を受け入れろ」と言うだけで、何の為に受け入れなければならないのかには全く説明がないのです。

 日本が少子高齢化で労働力が必要、難民を受け入れる事は将来への投資などととも言います。

 しかし労働力確保の為の移民なら不法入国をするような犯罪性の高い人は絶対困ります。 難民を労働者として受け入れるなら、難民キャンプで採用試験をして合格した人に就労ビザを出せば良いでしょう?

 何も無理に家族コミで不法入国者を支援する必要はないのです。

 だからもうどう考えても、難民受け入れは難民救済の為の活動ではありません。

314

 そして最初に紹介したEU法務委員会のメンバーを見ればわかります。
 
 これはもう完全なカルトなのです。

 難民救済には一切合理性がなく、難民受け入れだけが自己目的化しており、その為には自分の娘が強姦されて殺されても構わない。

 これがカルトでなくて何をカルトと言うのでしょうか?

 こんなカルトの狂信者が法務委員会のアドバイザーだったのですから、EUの難民政策が異常なのは当然です。

 これではカルト教団の信者でないEU加盟国の国民は背筋が冷たくなったでしょう。

 だってこんなカルト教団の信者でない限りは、難民を気の毒に思って救済する意思がある人でも、自分の娘や自分が強姦されて殺されるのはゴメンでしょうから。

320

 何で欧米でこの手のカルトが蔓延しているのかはわかりません。
 しかし欧米人は合理的なようで実はあんまり合理的でもない、論理的なようで論理的でもない、でも一見合理的そうだったり論理的そうだったりする話にはコロリと参るのです。

 そして一旦参るとそれをトコトンやってしまうのでこういう事になるのかも知れません。
 
 でも日本は絶対こんなカルト入れないようにしましょう。
 こんなカルトが入ると社会が崩壊してしまいますから。
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2016-09-19 00:00

フランスパヨクへの違和感 エマニュエル・トッド

 病院で見つけた文芸春秋の2016年3月号を読んでいたら、エマニュエル・トッドの「世界の敵はイスラム恐怖症だ」と言う論文が出ていました。

 この人は前々からひたすらイスラムへの批判を「人種差別」「排外主義」と批判する一方で、「ドイツ帝国世界を破壊する」などとドイツフォビアを煽るので、凄く胡散臭いとおもっていました。

 で、この文芸春秋の論文もこれらの前著の短縮版ではないかと思います。

 トッドはこの論文でシャリル・エブド襲撃事件に対するフランスでの抗議事件を取り上げて、これを「排外主義」「人種差別」と言い、「フランスは国内問題をイスラムをスケープゴートする事で乗り切ろうとしている」のだと言います。

 またフランス革命以降のフランス政治の基本理念である「ライテシ」つまり世俗主義は、「反イスラム」のコードネームになったと言うのです。  

 そしてこれらの反イスラムは「平等と博愛」と言うフランス革命の理念を破壊するものだと言います。

 しかしワタシはこれ全然同意出来ません。 と言うか、これって自称弱者の味方、綺麗事パヨクの典型だとしか思えません。
 
 つまり全ての人間を極めてステレオタイプに差別される弱者と、差別する強者に分けて、更に差別する強者=悪人、差別される弱者=絶対善人と決めて、そして差別される弱者への批判は絶対許さず、差別する強者にのみ弱者への配慮と理解を要求するのです。

 そしてこの世の全ての不幸は、差別する強者の無慈悲と無理解にあると断罪するのです。

 この分類は人によって、また国や地域によって違います。
 
 例えばアメリカなら、黒人=弱者=善人、で白人=強者=悪人です。
また日本では、在日コリアン=弱者=善人、で日本人=強者=悪人です。
そしてフェミニストによれば、女性=弱者=善人、で男性=強者=悪人です。

 トッドの場合は、これがイスラム教徒=弱者=善人で、非イスラムのヨーロッパ原住民=強者=悪人なのです。

 そこでトッドは悪人ヨーロッパ原住民に、ひたすらイスラムへの譲歩と支援と理解を要求し、それに反対する意見は「排外主義」「人種差別」「狂気」「反知性主義」と言うのです。

 イスラム教徒への批判を「人種差別」と言うのは、トッドに限らず自称弱者の味方の常套です。

  しかしこれどう考えてもオカシイと思いませんか?

 ユダヤ教のような民族宗教と違って、イスラム教の教理では全ての人類を対照とした宗教です。 実際現在世界中の殆どの国籍、民族のイスラム教がいます。

 例えば明治の初年に既にイスラム教に入信し、メッカへ巡礼に行った日本人がいました。 
 非イスラムの日本人が、この人を批判或いは非難したら、トッドは「人種差別」と言うのでしょうか?

  宗教に対する批判を、「宗教差別」と言うならまだ理解出来ますが、「人種差別」という発想は理解出来ません。
 
 これは宗教差別を人種差別に掏り替える事で、非難をより強めると共に、イスラム教のように本来個人の意志で入信し、個人の意思で棄教出来る物を、人種と言う個人の意思では、絶対変更不能な物であるかのように錯覚させようとしているとしか思えないのです。
 
 宗教やイデオローギーのように、個人の意志で変更可能なものなら、「オマイがどんな信仰をしても、それはオマイの勝手だけど、職場に宗教は持ち込むな!」言えます。

 しかし人種は個人の意思では変更不能ですから、黒人に「オマイ職場で黒い顔するな! アフロヘアーも止めろ!」なんて絶対言えません。
 
 そうやって宗教を人種にすり替える事によって、イスラム教徒側の宗教的要求の全てを認めさせようと言うのではないでしょうか?

 だからワタシはこのように人種差別と、宗教差別を意図的に混同させるような人間は、絶対信用出来ないんのです。

 そもそも人種差別を悪と言うのは、人種のように本人にはどうしようもない属性で人の能力や人格を規定するからでしょう?

 しかしその点から言えばトッド等自称弱者の味方こそ、実に短絡的に人を属性で判断し、断罪しているのではありませんか?

 そして根源的な違和感ですが、彼は民主主義や言論表現の自由をどう考えているのでしょうか?
 
 彼はシャリル・エブド襲撃事件への抗議を「排外主義」「人種差別」と言うのですが、それではあのように兇悪なテロに抗議してはイケナイというのでしょうか?

 成る程シャリル・エブドって物凄く悪趣味な雑誌で、ムハンマドを風刺しただけではなく、福島の原発事故や先日のイタリアの地震でも、瓦礫の下敷きになった犠牲者を「ラザニア」などと見るに耐えない程、悪質で冒涜的な漫画を掲載していました。
  
 これが被害者やその遺族をどれほどきずつけたことか?
 我々日本人やイタリア人にとってどれほど不快だったことか?

 しかし幾ら不快でも、日本人もイタリア人もそんな事で、シャリル・エブドを襲撃しようなどとは思いません。
 
 成る程、不幸な犠牲者を嘲る事は、道義的には絶対許されない事です。 しかし実際に物理的に被害が無い以上は、表現の自由は最大限尊重されるべきと言うのが民主主義社会のルールだからです。

 日本人もイタリア人も、そしてフランス人も、このルールをイスラム教徒にも適用して、彼等が我々の宗教や伝統を冒涜しても、一切抗議もせず、まして 暴力的対応など絶対にしなかったではありませんか?

 所がイスラム教徒達は実に安易に暴力で対応したのです。

 このテロに対してイスラム社会から反省の意思は、全くつたえられませんでした。

 彼等の中では、イスラム教だけが絶対であり、世界中何処にいようとも、その国の人々の宗教や伝統に敬意を払う意志はないのです。

 そればかりかその国の法律すら尊重する意志がないと思わざるを得ません。

 このような人々に抗議するのは、当然でしょう?

 もし日本政府がシャリル・エブドの福島原発事故の風刺画に抗議したら、ドット始めイスラム擁護のパヨクは、それを受け入れたでしょうか?

 政府の抗議の方が、テロでエブドの社員を大量殺害するよりは、遥かに穏健なのですが・・・・・。

 そもそもこのような悪質で残任なテロへの抗議さへも「人種差別」「排外主義」と言うなら、もうフランス人は言論を全てイスラム教徒によりコントロールされてしまうことになるでしょう。

  ドットはこの論文の中で「フランスには暗い過去がある」と言い、第二次対戦中当時のビシー政権が、ナチに協力して全体主義に加担した事を非難しています。

 民主主義を否定し、 人々の言論が弾圧されて特定の理念(宗教やイデオロギー)を強制しようと言うのはナチだってイスラムだって同様ではありませんか?

 当時のフランスがあっさりナチの支配下に入ったのは、フランスの軍事力がドイツのそれに比べて格段に劣勢で、戦っても全く勝ち目はなく、戦い続ければひたすら犠牲者を増やすだけだったからです。

 もしフランスが徹底抗戦していれば、成る程大変英雄的ではあったでしょうが、ポーランド並みに大量の民間人が犠牲になり、パリはワルシャワのように完全に破壊されていたでしょう。

 そのような状況でのフランス政府の対応を、非難するほどドットが民主主義を重んじるなら、テロにより言論を弾圧しようと言うイスラムをこそ非難するべきではありませんか?

 少なくとも自由を守るために国内のイスラム教徒と内戦になっても、ナチと戦争する程の被害は出さずにすむでしょうから。

 それをひたすらフランス側にイスラムへの迎合を即するのは、つまりはドットと言う人の倫理では、ナチの言論弾圧は悪い弾圧だが、イスラムによる弾圧は良い弾圧.ナチのユダヤ人迫害は許せないが、イスラム教徒による迫害は無問題という事になっているにでしょうか?(今ヨーロッパではイスラム移民に煽られてユダヤ人迫害が復活しています)

 ナチスドイツこそがこの世の悪の全て、その復活さへ阻止すれば人類は未来永劫平和である。

 これはトッドだけではなく世界中のパヨクの基本理念です。
 だからトッドは「ドイツ帝国が世界を破壊する」なんて本を書きました。

 勿論ドイツには様々問題はあります。

 しかしこのタイトルを見ると、ワタシはそれこそナチを思い出します。

 ナチは「ユダヤ人が世界を破壊する」と信じたので、ユダヤ人を抹殺しようとしたのです。

 でもトッドの考えている事は、ユダヤ人をドイツ人に入れ替えればナチと全く同じでしょう?

 だからワタシはこうした欧米パヨク、自称弱者の味方には全く同調する事ができません。
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(15)

2016-09-05 14:27

テレビ局の取材能力 NHK貧困女子高生

 ネットに出ているNHKの女子高生インチキ貧困ドラマへの批判は、テレビ界とパヨクにとって余程厄介なのでしょう。

 8月31日テレ朝のモーニングショーが噛みついていました。



 アナウンサーと二人のコメンテーターが、ネットでのNHKのインチキ貧困ドラマ批判を必死に非難しています。

 以下彼等の台詞の文字起こしです。

172

浜田敬子(AERA前編集長)
あと、こういった問題っていうのは当事者の方が声を上げる事が非常に大切で、普段私達が実名で取材って中々難しいんですけど
彼女はやっぱり皆の前で訴えるっていう事で、この問題の解決を願ってた訳ですね

こういう形でやっぱり非難に晒されて、本当にもう許せないというかですね
特にその生活保護とか貧困の問題っていうのは、しょっちゅうネット上で
炎上しやすいっていうんで
私達もAERAで格差とか貧困の問題扱った時に、本当にこんな事あるのかと
大袈裟に書いてるんじゃないかと、すぐ言われるんですね

何でこの問題に関して、もっと想像力を働かせて、
例えば千円のランチを食べたとして、もしかしたら年に1回本当にお誕生日に食べたのかもしれないし、良かったねという気持ちになれないのかって、そういう所だけをほじくり返して、なぜこう自分よりも貶めるような行為をするのかっていうのが、私達もすごい報道やってて、いつも直面する問題だったんですね

玉川徹
あの私見ました、NHKのニュースね
確かに家庭を映してる部分ってあって、それで大体50秒位だったと
思うんですけど
あの文脈の中で、あの50秒を見てこういう風な事を書けるっていうのは、悪意がなかったら僕は書けません
僕の印象では
あ、こんな問題があるのか、こういう風な恵まれない人がいるのかって受け取るのが一般的な感覚であって
あれを見て、片山さんもご覧になったと思うんですけれども
あれを見てこういう風な事が書けるのかっていうのは、もうそれが率直に驚き、だし
それから例えばこういう風な事書いてる
ネットの社会ってね、あの社会もう我々の社会の縮図だとは思うんですよ
だからネットの世界にも立派な人は沢山います
立派な事を仰ってる人もいるし、だけどやっぱりね
馬鹿者もいるし愚か者もいるんですよ
そういう人達もいるのも社会だからしょうがないって部分がある
そんな人はネットが無かったら誰もそんな人の話し聞きませんよ
だけど国会議員でしょ?片山さん
で、そのチケットやグッズ、ランチ節約すればって
さっき浜田さん仰ってるように、そういう風な事やってますでしょ(笑)
やってても買えないから問題だって言ってんでしょ

羽鳥
確かにここら辺しっかり確認した上でっていうのは必要ですよね
もしかしたらチケットだって3年間頑張って貯めて、1回行ったコンサートかもしれないし、ランチも1年で誕生日だけランチ千円使うんだっていうのが嬉しくって書いたのかもしれないし、そこは確認できない訳ですからね

玉川
そういう想像力働くじゃないですか
だから我々がこれと同じ事をね、このモーニングショーで、もしくはやりたいと思ったら、
相当の取材をして裏どりをして、そうじゃなかったって事、つまりNHKが間違った事をやってるって事を立証してからじゃなきゃ、こんな事オープンにできませんよ

羽鳥
立場が立場ですから、やはり中々責任のある書き込みっていうのは、必要だなと思います

178


 この番組のネット批判は、毎日新聞ハフィントンポストなど他のパヨク系メディアの批判と全く同じです。
 
 それにしてもこの三人の批判を聞いていると明らかですが、三人の内誰一人として、肝心のネットでのNHKのインチキ貧困ドラマを批判した書き込みや、サイトを自分の目で見ていません。

 ネットでNHKのインチキ貧困ドラマに批判が本格化したのは、主演した女子高生のツィッターが確認されたからです。

 それでネット上で、このインチキ貧困ドラマを批判するサイトや書き込みには、殆ど皆このツィートが貼られていました。

181

羽鳥
確かにここら辺しっかり確認した上でっていうのは必要ですよね
もしかしたらチケットだって3年間頑張って貯めて、1回行ったコンサートかもしれないしランチも1年で誕生日だけランチ千円使うんだっていうのが嬉しくって書いたのかもしれないし、そこは確認できない訳ですからね

 いいえ、彼女のツィートを見れば、簡単に確認できます。
 
もしかしたらチケットだって3年間頑張って貯めて、1回行ったコンサートかもしれないし
 
 コンサートの実に頻繁に他にも映画やその他のイベントに、参加しているのが確認できます。

ランチも1年で誕生日だけランチ千円使うんだっていうのが嬉しくって書いたのかもしれないし

 おお、この貧困女子高生には誕生日が、月に数回あるのでしょうか?
 千円ランチどころか、それを遥かに上回る高額ランチを何度も食べているのが確認できます。

202

 こちらのブログがこれについて実に克明に検証しています。

 テロ朝が、NHKの虚偽報道を批判する視聴者たちを批判!馬鹿丸出しの浜田敬子、玉川徹、羽鳥慎一

 これだけ丁寧に検証するのは、結構面倒でしょうが、しかしネット上の情報だけなら、一人で数時間頑張れば出来る事です。

 ところが大変驚いた事に、テレビでこの問題を取り上げた三人は、誰一人自分自身で問題のツィッターを確認していないのです。

2016y09m05d_143655439

 もしネットでのNHKインチキ貧困ドラマ批判が、間違っていると言うなら、それはネットに貼られたあのツィッターが貧困女子高生本人の物ではない場合だけでしょう。

 だから彼等がネットの批判を非難するのであれば、あのツィートが女子高生本人の物でないと言う証拠を探すべきなのですが、しかし彼等はそれはできないのか? 或いはそのような論理展開をするだけの能力は無いと言う事なのです。

 2016y09m05d_143743618


 
だから我々がこれと同じ事をね、このモーニングショーで、もしくはやりたいと思ったら、
相当の取材をして裏どりをして、そうじゃなかったって事、つまりNHKが間違った事をやってるって事を立証してからじゃなきゃ、こんな事オープンにできませんよ

 いやいや、貴方達はネットで少し検索したら、簡単出てくる問題のツィートさへ自分で取材していないでしょう?

 ネットがNHKのインチキ貧困ドラマを批判するのがケシカランと言いながら、実はそもそもそのネットの批判そのモノを読んでいないでしょう?

 そんなレベルで番組を作りながら、よくもまあ「我々が番組を作るなら相当の取材をして、裏どりをして」なんて言えますね?

 実に図々しい嘘吐き振りではありませんか?

270

 それとも彼等は問題のツィートを読みながら、

 もしかしたらチケットだって3年間頑張って貯めて、1回行ったコンサートかもしれないしランチも1年で誕生日だけランチ千円使うんだっていうのが嬉しくって書いたのかもしれないし

 などとしらぱっくれているのでしょうか?

 これならもうテレビ報道などは絶対信用してはイケナイと考えるしかありません。

 このNHKインチキ貧困ドラマは、テレビと言うメディアのレベルの低さを見事に立証しました。

 にも拘らず彼等には自分達のレベルの低さに対する自覚が一切ありません。

2016y09m05d_145418596

玉川徹
あの私見ました、NHKのニュースね
確かに家庭を映してる部分ってあって、それで大体50秒位だったと
思うんですけど
あの文脈の中で、あの50秒を見てこういう風な事を書けるっていうのは、悪意がなかったら僕は書けません
僕の印象では
あ、こんな問題があるのか、こういう風な恵まれない人がいるのかって受け取るのが一般的な感覚であって

 普通の社会常識があれば、あんなインチキ貧困ドラマを見たら直観的にオカシイと思うでしょう?

 そして50秒間あの家庭の映像を見て、あの貧困ドラマをオカシイと思わないのであれば、余程観察力に欠けるのです。

2016y09m05d_145340415

 しかしそういうレベルの人間がマスコミの世界では一般的だと言う事なのでしょう。
 
 そしてそういう連中だからこそ、お粗末極まるインチキ貧困ドラマを作れば、見た人間は全てその悲惨さに胸を打たれて泣かねばならぬと信じる事ができるのです。
 
 なるほどこれではテレビ離れが進むわけです。

  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(19)