2017-08-04 11:38

貧困手芸教室 傘で作る便利なハンドバッグ

 久しぶりに貧困手芸を楽しみました。

 母の片身の古い三つ折り傘を開いてい見たら、骨折していたので、傘の布を使って、小ぶりのハンドバッグを作りました。

2017y08m04d_110347575

 横が33㎝、縦が25㎝程ですから、ハンドバッグとしては小ぶりですが、やわらかい素材なので、容量そのまま何でもボンボン入れられるので、結構大量の物が入ります。

 傘の布が良いのは、大変軽くて薄いのに、非常に丈夫で、しかも防水で汚れにくい事です。

 それで非常に軽いバッグになります。 

 因みにバッグについているのは時計です。

2017y08m04d_113348365

 6月にフリマで買いました。 懐中時計で、時計を保護するためのサックが着いています。
 サックの猫は実は白猫だったのですが、よもちゃんの好みでチコ様の毛色に変えました。 

007

 バッグの両面に大きなポケットを付けたので、バッグの中で他の物と紛れて困る物が別途に入れられます。

 ポケットはバッグの中にあるより外にあった方が断然便利です。

009


 バッグ全体はポケットの中と外の二重になっています。
 
 因みにこの布は元々、表がチェック、裏が紺一色と言う少しお洒落な布でした。 しかしワタシは好みで裏表逆に使いました。

 でもポケットを開けるとチェックの模様が見えるのが、お洒落です。

004

 バッグについたエンブレムは、自衛隊の輸送艦しもきたを見学した時に買った自衛隊ホバークラフト隊のエンブレムです。

 俵屋宗達の風神が自衛隊ホバークラフト隊のシンボルマークなのです。
 素晴らしいセンス!! 
 自衛隊のエンブレムとしてはこれが最高だと思います。

 で、このバッグを作ったのは春先なのですが、大変使い勝手が良いので、もう一つ予備が欲しいと思いました。

 しかし骨折した傘なんかそうそうありません。

 そうしたら先日100円均一で、ナイロンの布を売っていました。

011

 紺色の方もそうですが、ファスナーや金具の殆どは、全部我が家にあった物をつかいました。 但しベルトのアジャスターだけはなくて、結局これもまた百円均一で買う事になったのです。

 こういう金具類は探すとなると、ぴったり合う物を見つけるのは結構大変です。 でも幸い丁度良い物が見つかったのです。

 但し材料さへ揃えば作るのはそれほど難しくはありません。 だから貧困手芸を楽しむコツは、バッグ等を捨てる時は、ファスナーや金具類は取り外して、保管しておく事です。

 ともあれこうした材料が揃って、夕べ一晩で完成しました。

2017y08m04d_110603479

 紺の方の予備ですから、サイズはほぼ同じです。

 紺の方もそうですが、ファスナーには以前フリマで買ったリボンを着けました。 ファスナーにリボンを着けておくと、ファスナーを引きやすいのです。

 他人がどう思うかは知りませんが、使い勝手は良いバッグなので、自分では大変気に入っています。

 何より物を造ると言うのは楽しいのです。
 
 他にも作りたい物は色々あるので、これからまたボチボチ作ります。
  1. 格差と貧困
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-12-01 15:32

ワタシが弱者の味方を嫌いなわけ

ワタシは難病患者で無職で貧乏ですから、立派な弱者です。 でも所謂弱者の味方は大嫌いです。

それは例えばこんな記事を読むと、弱者の味方の本質が見えてくるからです。

 就活で自己PRできない教育困難校の生徒たち
 面接でいっそ「トランプ」をした方がいい理由

167

 この記事の主旨は以下の通りです。 細かい部分を突っ込むときりがないのですが、他に読みようがありません。

 教育困難校の生徒って親からしてどうしようない馬鹿で出来損ないなのよ。
 だから子供も馬鹿で出来損にしかならないわ?
 でもアタシは優しくて善良だから、コイツラが馬鹿で出来損ないなのは社会のせいだと思うわ。
 だから皆もそう思うべきよ!!
 ホント、アタシ程善良で寛大で優しい人間はいないわよ!!

 もしも来年の新卒者を採用を考えている企業の人がこの記事を読んでそれを本気にしたら、「これじゃ底辺校の生徒なんか使い物にならないぜ。 こんなの抱え込んだら、他の従業員の迷惑にしかならない!!」としか思わないでしょう?

172

 何しろこの記事を丁寧に読んでみると、底辺校の生徒は挨拶も満足にできないし勤労意欲もないと、彼等を徹底的に貶めているです。

 「幼い頃から、家庭や学校での体験が少なく、自分は何が得意で何が苦手かわかっていないのだ。」とまで書いています。 

 そしてこの記事の著者は、底辺校の子がこうなる理由は全て家庭が貧困であり、このような家庭を産む社会が悪いからだと書くのです。
 
 イヤ教育困難校に行く子は勉強はできないし、素行不良の子だって多いけれど、その分結構逞しい強かな子だって多いからさ。
 大体貧乏人の子は逞しいって古代からの真理でしょう?

173

 それでもこの記事の著者は、ひたすら教育困難校の生徒を貶め、それを彼等が育った家庭の責任、そのような家庭を産んだ社会の責任とすることで、自分自身はこうした生徒の味方をしている心算なのです。

 これは実は生徒を貶めるだけでなく、その両親まで貶めているのですから、実に悪質な誹謗中傷なのです。

 しかし他人を幾ら貶めても、その原因を「社会」に持って行けば、誹謗中傷が社会正義に変わり、誹謗中傷している人間が弱者の味方になるのです。
 
 何だか凄い魔法ですね?

 だから自分を正義の味方として売り込みたい人間は、弱者を利用するのです。
 
 弱者がいかに無力であり無能であるかを延々と宣伝して、その原因を全て社会の責任に持っていく事で、自分が正義の味方であることをアピールするのです。

177

 だからワタシは弱者の味方が大嫌いです。 ワタシは難病患者で無職だし貧乏なので、立派に弱者なのですが、しかしそれだからこそこういう連中には心底腹が立ちます。

 この手の弱者の味方の言い分を聞いていると、弱者に対する侮蔑と、そういう弱者を憐れむ自分自身への自惚れと優越感で、吐き気がするのです。

 ネットでよくあるナマポ(生活保護受給者)へのバッシングも同じでしょう?

 あれは別に生活保護受給者をバッシングしているわけではないのです。
 生活保護受給者の見方を自称する連中と、それに便乗して乞食芝居を見せる連中をバッシングしているのです。

180

 そしてこうした自称弱者の味方達を見ていると、トランプがアメリカ大統領になった理由もうなづけます。

 これら自称弱者の味方と真逆を言ったのがトランプなのです。

 トランプ人気の秘密は『弱者を弱者扱いしない事』

 そりゃワタシだってトランプの言う事は調子が良すぎるとは思いますよ。 「投資をすれば人生が拓ける」と言っても、そもそも本当に貧乏な人は投資をする資金がありません。 
 
 何よりトランプ自身は大富豪の息子で、学生時代から親の会社の重役だったのです。 そんな人の成功体験が普通の人間の参考にはなりません。

181

 しかし自称弱者の味方に散々貶められて利用されてきた人達にすれば、トランプの言葉でどれほど力づけられて勇気を得られた事か?
 
 少なくとも彼は弱者と言われる人々が自分より遥かに劣るなどとは思っていないのです。

 実はワタシは今年の始め、この記事を読んだ時から、「この人ホントに大統領になるんじゃないか?」と思ていました。

 だってアメリカは民主主義の国です。 
 大統領と国民は対等なのです。

 だから国民が支持するのは、貧しい国民の無能を憐れむ人ではなく、国民の力を信じて自分と対等だと信じる人ではないですか?

187

 国家の指導者には慈悲や憐憫ではなく、国民への信頼と敬意を期待する。

 このような誇り高い国民性だからこそアメリカは民主主義を守り、そして世界一富強な国家になったのです。
  1. 格差と貧困
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2016-11-19 13:20

神様は冷酷で残忍 格差社会

 神様って冷酷で残忍ですね。

子の学力と親の経済力、相関関係があるって本当?

L25世代が結婚を考える時お互いの経済力は気になるもの。自分たちの生活の安定が叶うかもポイントですが、将来子どもが生まれた時に「良い教育を受けさせたい」と思うと、相手にある程度の年収を求めるか、自分が仕事を続けるか…悩んでしまうのは致し方ないことかもしれません。

現に、親の年収と子どもの学力に相関関係があるとする調査もあるようです。お茶の水女子大学「平成25年度全国学力・学習状況調査」の「世帯収入(税込年収)と学力の関係」によると、たとえば小6国語Bの学力テストの結果をみても、親の年収300万円から400万円の場合は45点であるのに対して、800万円から900万円は57.6点と大きく開きがある結果に。必ずしも直線的に比例はしないものの、「概ね世帯収入が高いほど子どもの学力が高い傾向が見られる」と報告されています。

こうした“格差”はなぜ生じてしまうのか、子どもの教育格差解消を目指す活動を展開する、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事の今井悠介氏に聞きました。

「子どもの学力が親の経済力に左右される理由は明確になっておらず、所得のみで切り分けられることでもないとは思います。しかし、所得が低いほど教育費の負担と子どもに様々な“体験”をさせることが難しく、それが何かしら子どもの学習に影響を与える可能性は否定できないでしょう」(今井氏、以下同)

とはいえ、日本には義務教育の制度があるため、裕福ではない家庭環境でも子どもの努力や資質次第で、高い学力を身につけることもできるのでは?

「もちろんそういう子もいます。しかし、先ほどのお茶の水女子大学の調査によると、親が『高学歴・高所得』で全く勉強していない児童と、『低学歴・低所得』で毎日3時間以上勉強している子を比較すると、学力テストの正答率は前者の方が上回っていました。この結果からみても、学校外で3 時間以上勉強しても、学力テストの成績を追い越すことが難しいほど、学校+αの体験が与える影響は大きいようです」

実際に、学習費における「学校外活動費」(学習塾、習い事などへの支出)はかなりの割合を占めています。

「平成26年度の文部科学省の『公立小学生の学習費内訳』を見ると、学習費総額に占める学校外活動費の割合は68.2%にのぼっています。経済的・社会的な環境のよい家庭の子どもは、学校で埋められない学習や様々な体験の機会を多く得ることができるため、理解力が高かったり、効率的な学習の仕方を習得したりしている可能性があり、勉強時間の長い低所得家庭の子どもと同等の成績がとれるのかもしれません。あるいは、社会的・経済的な環境のよい家庭ほど、親などの周りの大人が子どもの家庭学習を見られる状況にあるといったことも考えられるでしょう」

同じように義務教育を受けていても学力に差が出てしまう理由に、学校以外の体験が大きく影響する理由は、子どもの“個性”にあるといいます。

「公教育は、経済状況を問わず平等に教えることができる場です。これ自体は、良いことですし、とても重要な役割を担っているのですが、一方で、子どもたちの家庭背景が様々である以上、子どもの能力などによって、一人ひとりの学びに個人差が出てきてしまうのも確か。多様な個性や能力を持つ子どもに対して、ひとつの教育手法でアプローチすることで、当然そのやり方がフィットせずに自己肯定感が低くなり、落ちこぼれてしまう子も出てきてしまう。公教育の必要性は全く否定しませんが、多様性を活かす意味では、現状では難しいシステムだと思います。その多様性や個別的なサポートの部分を補っているのが、民間の教育事業者です。そのため、そこに費用を割ける家庭の子どもが、学力という面でも有利になると言えると思います」

この不平等さは解消されるべきだという今井氏。いまの日本の教育事情に照らし合わせると、残念ながら、少なからず親の経済力が子どもの学力に影響を与えると言えそうです。

(末吉陽子/やじろべえ)

222

 でもワタシはこれホントだと思います。 ワタシは80~90年代に学習塾の講師をしていて大勢の子供を見たけれど、その時の経験にピッタリ当て嵌まります。

 そしてその経験から言えば、現実はもっと残酷なのです。

 この記事では親の所得だけを問題にしていますが、実際に問題になるのは所得よりも親の知能でしょう。

 つまり現在の日本では知能の高い人が高所得を得られるのです。
 知能が高いので高学歴に成れるので高給を得られる職に就ける。
 或いは不幸にして教育が受けられなくても社会的に成功する。
 こうした人が高所得になるのです。

237

 で、その知能は遺伝するのです。

 知能が遺伝するなんて言うと差別的に取られますが、しかし親子は体格や容姿や性格まで似るのです。
 
 知能だけが遺伝しないわけはないでしょう?

 勿論個人レベルでは、どの程度似るかはわかりませんが、多数の親子を調べて統計を取れば、遺伝的な差異は出るのです。

 だから神様はトコトン冷酷で残忍だと思います。

 そしてそれが現代の社会格差の根源になっているから始末が悪いです。

267

 勿論、知能は遺伝だけでは決まりません。 育った環境も大きく影響します。

 この記事の研究では国語力の違いを調査していますが、当に国語力など育った環境が大きく影響するのです。
 
 つまり周りの大人が高度な会話をしていれば子供だってそれを聞いて、多くの語彙や高度な言い回しを覚える事ができるのです。 
 でも高度な会話に接する機会がなければ、高度な語彙や言い回しを自然に覚える事などできません。

 しかしこれは遺伝+家庭環境で知能が決まると言う事ですから、恵まれない家庭に生まれた子には尚更厳しい話です。

271

 日本は明治時代までは、身分社会でした。 300年身分の世襲が続いたので、所得と能力は関係ないままでした。

 それが明治時代から学歴や能力があれば高所得を得られる社会になりました。
 
 それでも戦前までは高等教育を受けられる階層は限られていました。
 小作農などに生まれたら幾ら優秀でも、大学進学など殆ど不可能でした。

 だから当時は今以上に厳し格差社会でしたし、人々もまたそれを当然として生きていたのです。

279

 実はワタシの父は昭和14年に旧制商業を卒業して、旧財閥系の企業に就職しました。
 
 この手の企業は一流大学卒がゴロゴロいて、完全な学歴社会なので、非大卒は随分冷遇されて学歴には恨み骨髄のようでした。
 
 因みにこの会社で一番国語力があった父の同僚の小学校卒の社員でしょう。 だってこの人、退職後芥川賞を取ったのです。

 つまり戦中派世代までは、それなりに知能が高くても大学に行けない人がまだどっさりいたのです。

285
 
 しかしこれが変わったのは高度成長時代からです。

 こうして学歴で泣かされた人達は、皆自分の子供には同じ思いをさせまいと、子供の教育には大変熱心でした。

 ワタシの父も兄には「勉強しろ!」と煩く言っていました。 父の同僚の非大卒組も同様だったようです。 

 幸いこの時代になると国民全体の所得が上がり、低所得層でも国公立の高校や大学に子供を進学させるのは普通にできるようになりました。

 それでこの時代には知能の高い、勉学意欲のある人達は、殆ど皆大学に行くようになったのです。
 
 そして今の小中学生は、この世代の孫なのです。

293
 
 平和が続き学歴社会が安定して2世代も続くと、所得格差=知能格差と言う社会になってしまいました。 しかもそれが遺伝して次の世代に引き継がれるようになったのです。

 こうなると現在低所得世帯の子供の勉強を幾らサポートしても、学力格差をなくすのは非常に難しくなります。

 だから今後、教育だけで所得格差を埋めていくのは殆ど不可能ではないかと思うのです。

 これは非常に残酷で厳しい現実ですが、しかし取りあえずこの現実を認識しない事には、格差を解消する方策は立ちません。
  1. 格差と貧困
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-08-30 18:43

貧困物語への違和感 貧困バッシングの原因

 マスコミは貧困物語が大好きです。
 今日も出ていました。

 手取り15万円、持ち家でも苦しい45歳の悲哀

 しかしこういうのを読むと、いつも凄い違和感を覚えます。

239

 大卒なのに45歳で手取り15万の非正規職。
 これは大変不運だし、こういう非正規職をなくすためにも、雇用環境の改善は必要です。

 バブル崩壊後延々と続いたデフレの中で、新卒時に就職ができなかった人や、一度失業したした人が、その後延々と非正規職を転々としながら中年を過ぎてしまう。
 
 こういう人達は今も相当数いるでしょう。
 この20年来の少子化も最大の理由は、正規職に就けない人達が、結婚できなかったことです。

240

 しかしそれはそれとして、何でこんな奇妙なことを書くのでしょうか?

庭木は隣家まではみ出さんばかりの勢いで生い茂っているその家に近づいてみると、耳元で蚊の羽音が聞こえ、目の前をハチが通り過ぎていく。住宅街に住みながら庭木の手入れを怠ると、治安や衛生面などで、ご近所とトラブルになりやすいとも聞く。この家で独り暮らしをするヒデユキさん(45歳、仮名)が肩身の狭そうな様子でこう打ち明ける。

業者を入れるなりして伐採しなくてはいけないと、わかってはいるんです。でも、経済的な余裕がありません

亡くなった両親が残してくれた自宅は築50年を超える。外壁にはひびが入り、風呂場のタイルもところどころ剥がれているが、修繕もままならない。

265

 庭の手入れに業者を呼ぶって、余程の大邸宅か庭の手入れをする体力のない老人ぐらいでしょう?

 普通の家なら庭木の剪定や草むしりなどは、自分でやるモノでしょう?

 近所の家々も皆そうじゃないですか?

303


それでも、家賃がかからない持ち家に住めるのは恵まれていると言われそうだが、そうとばかりは言えない事情もある。自宅のかいわいは、ヒデユキさんを含めて何代も前からこの街で暮らしている顔見知りがほとんどで、冠婚葬祭となれば、それなりの礼を尽くさなければならない。

ヒデユキさんはここ何年も、近所で知人が亡くなると、早々に自宅を訪ね「お葬式の日は用事があって出席できません」と伝え、香典だけを置いてくるという。そうやって喪服をクリーニングする費用を節約しているのだ。「情けないし、恥ずかしい話です。でも、本当は香典を出すのもきついんです」。

320

 喪服って一回着る度にクリーニングする必要はないでしょう?

 そもそも葬式に参列するのに、正式の喪服を着なければならないのは、近親者だけです。 

 近所で顔見知り程度なら、男性なら普通のスーツに地味なネクタイで十分では?

2016y08m30d_185903143

>社内の健康診断では、中性脂肪や血糖値の数値が標準値を超えつつある。産業医からは「野菜を食べてください。それから、朝に納豆を食べると身体にいいですよ」とアドバイスされたが、ヒデユキさんは「野菜を食べろって簡単にいいますが、野菜は高いんですよ。それに、家の冷蔵庫はずいぶん前に壊れてしまい、買い替えるおカネもないので、“朝納豆”は無理です」とため息をつく。

348

 手取り15万と言うのは、新卒者初任給並みの給料ですから、45歳と言う年齢の割には大変安いです。

 真面目に働いてきて、こうした待遇でしか働けない状況は非常に不運だし気の毒です。

 しかしそれは別として、庭の手入れは自分でやるべきだし、喪服のクリーニングを理由の葬式をサボると言うのは、オカシイでしょう。

 そしてこれだけの収入があれば、納豆が食べられない冷蔵庫が買えないはありません。

 この人は一体何ににお金を使っているのでしょうか?

 そしてなぜ庭の手入れをしないのでしょうか? 

 なぜ葬式をサボるのでしょうか?

2016y08m30d_190051535

 勿論庭仕事が嫌い、葬式は面倒と言うならそれは構いません。 野菜と納豆も好きじゃないのでしょう。 だったら食べなくていいじゃないですか?

 ワタシだって納豆も庭仕事も嫌いですから、それでこの人を責める気は全くありません。

 しかし自分が嫌いでやらないだけの話を、貧困にかこつけるのはオカシイでしょう?

448

 この人のように中年になっても非正規職で、その為に賃金が非常に低い人達が、相当数いる事は事実です。

 その原因の一つが、バブル以降の日本政府の間違った経済政策に会った事も明らかです。


 そして今後こうした人達がドンドン年を取って、更に就職が難しくなり、そのまま老後を迎えると言う問題が出てきます。

 これは日本にとって大変な問題です。

 だからこれはこれで真剣に対応しなければらないのです。 

 その為にこうした人達の存在を報道する事は意味があるでしょう。

508

 しかし何で「喪服のクリーニング代が出せない」とか「庭木の手入れに業者を呼ぶ金がない」なんてヘンな話を作らなくてはならないのですか?

 ヒョッとしてこの人の家って敷地が1000坪もあるような大邸宅なんですか?

 ヘンな話を作らなくても45歳で非正規職で手取り15万だけで十分じゃないですか? 

 普通の人なら皆「それは気の毒だ」と思うでしょう?

 それをヘンな話しを作るから、突っ込まれるのです。

 するとマスコミとパヨクは「貧困バッシング」と言うのです。

564

 先日で騒がれたNHKの貧困女子高生だってそうです。

 彼女の家は母子家庭で、母親の収入だけなら立派に相対的貧困の基準をクリアしているでしょう。

 だから彼女は健気にも、自分の小遣い銭はバイトで賄っているのです。

 しかしNHKや神奈川県の子ども家庭課などが、彼女を焚きつけて「パソコンが買えないので、キーボードだけで…」などと言うインチキ貧困ドラマに主演させてしまったので、「嘘吐き」と非難されるハメになったのです。

 彼女の日常をありのままにドラマにして放映していれば、家が貧しいのでバイトで頑張って欲しい物を買い、高校生活を楽しむ元気で逞しい女の子と言う話だったのです。

2016y08m30d_191724861

 今マスコミが煽っている「相対的貧困」は、可処分所得が国民所得の中央地の半分以下と言う物です。

 しかしこのラインだと質素に暮らせば十二分に暮らせるレベルの「貧困」なのです。

 そして生活保護の支給基準は、これよりも上です。

 だから「相対的貧困」をアピールするなら、その定義をきちんと示して、家族構成別のどの程度の所得の人がそれに該当するかを解説すれば済む話です。

 けれどもなぜかマスコミは絶対にこれをしません。

589

 あの貧困女子高生の番組でも、一切説明しませんでした。

 あの女子高生は神奈川県庁が主催するイベントに出た事から、NHK出演が決まったのです。

 そしてそのイベントは「相対的貧困」をアピールするための物でした。

 相対的貧困をアピールするために開いたイベントに出たのに、肝心の相対的貧困について全く説明がない。

 何とも奇妙な話です。

634

 代わりにNHKが放映したのは、相対的貧困ではなく絶対的貧困のような大貧困ドラマでした。

 こんなインチキをやれば非難されるのは当然です。 しかもNHKはこれをドラマではなく事実のように報道したのですから、主演女優が非難されてしまったのです。

649

 この記事の45歳の非正規氏もそうです。

 45歳で非正規で手取り15万は十分気の毒だからそれだけで十分でしょう?

 ところがマスコミこれを「給料が少なくて気の毒」ではなく、「貧困」にしたいので、庭の手入れができない、葬式に出ない、納豆を食べられないなどと言うオカシナ話を書くのです。

 手取り15万で持ち家があって、庭の手入れをしない、葬式に出ないなどと書けば、「この人オカシイ」と思われるだけなのに。

656

 このような中年低賃金層を救済するのに必要なのは、雇用条件を良くするための経済政策でしょう。

 また母子家庭の場合に問題なのは、父親の養育費未払いです。

 父親が本来払うべき養育費を払わない為に、母子が貧困、「だから国が助けろ!!」と言うのはオカシイのです。

 本来なら司法は父親の給料を差し押さえても養育費は払わせるべきなのです。 アメリカはそうしています。

668

 しかし大変奇妙な話ですが、マスコミの貧困物語では、なぜかこうした問題には一切触れません。

 ただもう「ビンボーだあ~~!! カワイソウだあ~~!!」と言い続けるのです。

 その為に普通に暮らしている人を、お涙頂戴のインチキ貧困ドラマの主役に仕立てるのです。

 一体何の為に?

702

 ワタシは思います。

 前記のように非正規雇用や養育費未払いの問題では、経済政策や司法の問題であって、福祉の問題ではありません。

 しかしそれでは貧困利権、福祉利権に群がる政党や政治団体、NPO が困ります。

 だから何とか「貧困層」を増やして、彼等の利権を拡張したいのです。

 その為に必死にインチキ貧困ドラマを作って貧困をアピールするのです。

 カワイソウな話にしないと、福祉の話に持っていけないからです。

673

 しかしこんなインチキ貧困ドラマは、余りに不自然なので普通の常識のある人たちからは、直ぐに見破られます。

 そしてそれがネットで証拠付きで解説されます。

 するとインチキ貧困ドラマによる利権獲得を期待していた連中が「貧困バッシングだあ~~!!」と言い出すのです。

 イヤ、貧困バッシングなんて誰もしてませんから。

 けれども彼等はそうすり替える事によって、自分達のインチキの責任を逃れようとするのです。

 ホントに卑劣な連中です。

  1. 格差と貧困
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2016-08-25 12:23

神奈川県は女子高生に乞食をさせた NHK貧困女子高生

 NHKの貧困女子高生問題に、マスコミとパヨクが火病しています。

 貧しい女子高生には細やかな贅沢も許さないのか!! 勇気ある女子高生を人格攻撃するな!! ネットが悪い!! 片山さつきが悪い!!

 しかしこれは意図的論点ずらしでしょう。

2016y08m25d_130117517

 まず悪いのはネットではありません。
 
 そもそもテレビを見た彼女の同級生や近所の人達、そしてバイト先の仲間はどう思うでしょうか?
 
 こういう人達はネットなんか見なくても彼女の生活状況も住所も知っているのです。
 
 そういう人達があれを見れば、呆れるしかないでしょう?

 カワイソウなうららさんは、夏休み明けに登校できるのでしょうか?

 彼女にとって一番辛いのは、こうした身近な人達に白眼視される事でしょう?
 これに比べたらネットで騒いでいる北海道や沖縄の人なんか、どうでも良いのです。

 だからネットなんかできる前から、NHKはこの手の報道被害は散々出していたのです。

2016y08m25d_130212484
 
 そもそもこの女子高生が貧困アピールをしたイベントは神奈川県が主催したモノでした。

 神奈川県がこのイベントに高校生を引っ張り出して、貧困物語をさせたのが、全ての元凶なのです。
 
イベントを主催した同県(神奈川県)子ども家庭課の小島厚課長は 「ショッキングだ。勇気を振り絞って話した生徒への個人攻撃だけはやめてほしい。 食べるものや着るものがあるとしても、修学旅行や部活の遠征に行けなかったり、進学をあきらめたりする『相対的貧困』の見えにくさを考えようというイベントだった。 まさに見えにくさゆえに誤解が広がってしまった」と話した。
 
 それでワタシは神奈川県子ども家庭課に電話をして、聞きました。

 高校生に貧困話をさせると言うアイディアを誰が出したのか?
 どのようにして出演させる高校生を選んだのか?
 
 しかし神奈川県子ども家庭課はこれには全く回答してくれませんでした。 

 イヤ、高校生に神奈川県にこんなイベントを主催させることはできないのです。
 神奈川県とそれに寄生する団体が主催して、高校生を引っ張り出した事は間違いないのですが、その責任は何とか逃れようとしているのです。

2016y08m25d_130307116 
 神奈川県は「相対的貧困」をアピールするために、高校生に悲惨な貧乏話をさせたのです。 そしてこの会に関わる予算を獲得しようとしたのでしょう。

 この相対的貧困と言うのは、個人の可処分所得が、所得が国民所得の中央地の半分以下の場合を言います。

 国民所得の中央地は年によって変わりますが、大体120~140万程度です。
 世帯で見る場合は、これに家族数の平方根を掛けます。 人数分でないのは、家族で暮らす場合は生活費が割安になるからです。

 そこで4人家族だと120×2=240万ぐらいだと貧困と言う事になります。
 これは年収300万程度の勤労者の手取りと同じです。

 そして生活保護の支給額はこれよりかなり高額です。

39a7d3e7.jpg 
 年収300万になる為には、月収は25万以上必要です。
 ところで20代の勤労者の年収は以下のようになります

2016y08m27d_231433855.jpg   

 見ればわかりますが、20代だと30%が300万未満なのです。

 だから20代で子供を2~3人作り、しかも子供が幼くて妻が働けないような場合は「相対的貧困」になります。

 そしてこういう家庭の子供は「子供の貧困」になります。

2016y08m25d_130426144

 おお、だったら神奈川県は「相対的貧困」をアピールするためにこの会議を開いたそうですが、これなら何も高校生を出演させる必要はなかったのです。

 30前で子供が2~3人いて、妻は専業主婦と言う人は幾らでもいるでしょう?

 そしてこれならNHKが問題の番組の冒頭で言ったように、「6人に1人が、子供の貧困」と言いのは当然でしょう?

 ここで言う子供とは17歳以下なのですが、17歳以下の子供を抱えている親の殆どは、20~50歳までです。
 当然子供の全体の4~5人に1人は、親が20代でしょう?

058

 またこれはyuyuさんが「子供の貧困?」で見事に解説してださっていますが、高齢化が進めば貧困率はあがります。

 単身世帯なら年収120万以下なら完全に貧困です。 しかし現在の日本では、単身で120万以上の年金を得ている高齢者はむしろ例外的です。

 但し日本の高齢者の多くは多額の資産を持っています。 しかし相対的貧困は可処分所得だけで定義されますから、資産はいくらあっても関係ありません。

 だから多額の資産があても、年金の少ない高齢者は全て貧困になるのです。

 このような理由から高齢化率の上昇に伴って、貧困率が上がる事になるのです。

 つまり相対的貧困ってこのような話なのです。

080

 だから相対的貧困と言うのは、神奈川県の子ども家庭課長小島厚氏が言うような「食べるものや着るものがあるとしても、修学旅行や部活の遠征に行けなかったり、進学をあきらめたりする」ような話ではありません。

 修学旅行の積立や部活の遠征など、食べる物や着る物を日頃少し節約すれば十分賄えるのです。

 そして進学だって本当に優秀で進学する意味のある場合は、奨学金等の手段はいくらでもあります。

 また貧困の再生産と言う意味から言えば、ある程度のランクの高い大学でない限り、進学する意味はありません。
 レベルの低い大学に進学するぐらいなら、高卒で働いた方がマシです。

 そして先に挙げた生活保護費の図を見て頂ければわかりますが、もしシングルマザーなどで生活保護費以下の収入しかない場合は、申請すればその差額分の生活保護費を支給されます。

 だから神奈川県がこうした家庭の子供達を助けたいなら、むしろ「相対的貧困」の問題をアピールするより、県が持っている救済手段を広報するべきなのです。

089

 但し相対的貧困である限り、他人に比べてれば貧しい事には違いありません。
 だからお金はきちんと計画的に使わないと、子供の修学旅行費など少しまとまったお金には困る事になります。

 また金持ちの馬鹿息子馬鹿娘のように、小遣い使い放題で遊びまくり、成績最低でFランク大進学とか、アニメ専門学校などのような、就職の役に立たないような学校に入学するなどと言う事はできません。

 親の財産や支援は当てにできない身の上なのですから、金持ちの馬鹿娘や馬鹿息子のような事は考えないで、出来る限り自立自助を心がけるしかありません。

 これがつまり相対的貧困なのです。

2016y08m25d_130813641

 そもそも相対と言うのは、他の人に比べてと言う事です。
 当然どんな社会でも収入は人によって違いますから、最高から最低まで順番を付けて行けば、必ず下位と言うのが存在するのです。

 それをなくそうとするなら、共産主義にでもするしかありません。

 しかし神奈川県は貧困詐欺団体や貧困にタカル政党の為に、この相対的貧困を大々的にアピールしようとしたのです。

 でもこのような相対的貧困の現実では、貧困ビジネスのCMには使えません。

 だから日頃こうした貧困ビジネスに関わる左翼団体などと関係している高校生を引っ張り出して「悲惨な貧困生活」の話をさせたのです。

 そして同情を引くために都合の悪い話、つまり「着る物や食べる物はある」事は勿論、高校生としてはチョッとクビをかしげる程の額を趣味や娯楽に浸かっている事については沈黙しておきました。
 
2016y08m25d_130842577

 イヤ勿論、彼女が自分のバイトで稼いだお金を何に使おうと彼女の自由なのです。

 タダね、そんなに稼げるなら少し節約すれば彼女の行きたいアニメ専門学校の入学金50万円は十分貯金できるのでは?

 それなのにそれをしないで「貧困だ~!! 助けて欲しい。」と言えば、普通の人はもう呆れ果てるのは当然でしょう?

 だから普通の大人なら、彼女の貧困の嘆きを聞けばそれをたしなめたでしょう。

 しかし神奈川県子ども家庭課とNHKは違いました。

 彼女を「勇気ある女子高生」と煽てて、貧困ビジネスのCMに出演させたのです。

2016y08m25d_130915853
 
 中国など途上国では子供に乞食をさせる、乞食をさせる為に子供を誘拐する組織まであるそうです。
 大人よりも子供の方が憐れみを得やすいので、乞食は子供の方が稼ぎが多いからです。

 だから神奈川県もNHKもこれに倣ったのです。

 20代で3人の子持ちの正社員が「我が家は相対的貧困です。 私の子供は子供の貧困です。 それで子供の幼稚園の入学費用や、七五三の晴れ着などは親に助けて貰わないと出せませんでした。」などと話したのでは、「そりゃそうだろう。」で終わりですから。

2016y08m25d_133226703

 「パソコンが買えない」と言う悲惨な貧困話は、この女子高生が自分で売り込んだのか、それともNHK等の入れ知恵かはわかりません。
 そしてこの高校生がどんな性格なのかはわかりません。

 しかし所詮高校生ですから、大層な肩書を持った大人達が皆で「勇気ある高校生」などと煽てたら、どんな話だってするでしょう。
 
 立派な肩書を持った大人達が、自分達の利権を拡大する為に、無知な高校生を利用したのです。
 
 そして「相対的貧困家庭」の娘であるこの女子高生には、こうした大人達から彼女を守ってくれる身内はいなかったのです。

 多少なりともしっかりした親なら、我が子をこんなイベントには絶対に出さなかったでしょう。 そういう意味では「相対的貧困」って悲惨です。



 ワタシはあのNHKのニュース動画を見た時から気になっていたのですが、あの動画では問題の貧困の基準も、またこの高校生がどのようなイベントであの貧困アピールをしたかも言いませんでした。

 つまりNHKは相対的貧困の意味も、主催者の神奈川県も、それにタカル貧困団体も全部隠して、この女子高生のインチキ貧困物語だけに焦点を当てたのです。

 その為に彼女一人がインチキ貧困物語をした責任を問われて非難されているのです。

 そしてこれが問題になったら、NHKも神奈川県も、このインチキ貧困物語捏造の責任を全て彼女に負わせる気満々です。

 そしてこの件でネットや片山さつきを非難している連中も同じです。
 
 彼等は自分達がこの女子高生を貧困CMに利用した事を棚に上げているのみか、更にこの女子高生を盾にしてネットや片山さつきを非難しているのです。

 ネットや片山さつきが非難しているのは、この女子高生ではなく、NHKとこうしたインチキイベントを主催した団体なのですが、それを女子高生への非難にすり替える事によって、自分達の責任を隠そうしているですから。

210

 卑劣にも程があります。

 今回の事で彼女が学校に行けなくなったら、神奈川県はどうするのでしょうか?

 神奈川県とNHKに最低限の責任感と人権意識があれば、彼女を守る為にも「この女子高生を煽ててインチキ貧乏話をさせたのは、自分達である。 彼女に嘘を吐く意思はなかった。」と言う声明を出すべきではありませんか?


  1. 格差と貧困
  2. TB(0)
  3. CM(27)