FC2ブログ

2019-09-05 12:42

朝日新聞を読んでないのかも? 鮫島浩朝日新聞記者

 以下のツィートは保守速報さんのところで拾ったのですが、並べてみると面白いです。

鮫島浩@SamejimaH 8:03 – 2019年9月2日
週刊ポスト「韓国は要らない」特集で謝罪。「誤解を広めかねず配慮に欠けた。お詫びして他の意見と合わせ真摯に受け止める」と不誠実極まりない。今すぐ小学館社長は記者会見し、週刊ポスト回収、謝罪広告掲載、編集長更迭、過去を含むヘイト記事の検証を表明すべきだ。
https://twitter.com/SamejimaH/status/1168539856206589953

鮫島浩@SamejimaH 19:30 – 2019年9月2日
週刊ポスト「韓国なんて要らない」は単なる誤報ではない。ヘイト煽動だ。曖昧な謝罪で許してはいけない。責任を明確にするため、小学館には週刊紙を回収し謝罪広告を掲載し莫大な損失を出してもらうことが不可欠。
さもなくば彼らはまた同じことを繰り返す。

https://twitter.com/SamejimaH/status/1168712783992512513

20190328-00010011-abema-002-view.jpg


うえはた のりひろ神戸市会議員 (東灘区選出)
@NorihiroUehata

【拡散希望】週刊ポストが『韓国なんて要らない特集』でヘイトだと叩かれていますが、確認したら、朝日新聞と毎日新聞、神戸新聞に週刊ポストの当該広告が大きく載ってます。ヘイト週刊誌(左翼曰く)から広告料を貰っていたのは朝日・毎日・神戸新聞。ヘイトで儲けていたわけですが、誰も批判しないの? pic.twitter.com/zTnY1OLaXl

EDgJiF3UUAIjiw2.jpg

EDgJjLKUcAAENpt.jpg

 鮫島浩記者の論理なら、週刊ポストの広告を掲載した朝日新聞は、「ヘイト煽動だ。曖昧な謝罪で許してはいけない。責任を明確にするため、朝日新聞は広告を掲載した新聞紙を回収し謝罪広告を掲載し莫大な損失を出してもらうことが不可欠。」と言う事になるのでは?

 ところでこの鮫島記者のツィートは、9月2日19時30分に投稿されています。
 一方、朝日新聞は9月2日の夕刊にこの広告を掲載しています。

 19時30分なら夕刊はすでに刷り上がって、コンビニ等の店頭に並んでいます。

 そもそも朝日新聞は、毎週週刊ポストの広告を掲載しているのです。
 だから当然、この「韓国はいらない」特集号の広告が掲載されているかどうかは、自分でチェックするべきなのです。
 
 そして朝日新聞が広告を掲載していれば、週刊ポストの責任に言及する前に、自社の責任に言及するべきでしょう?

 それとも鮫島記者は朝日新聞を読んでいないのでしょうか?
 朝日新聞の記者であれば、社内で無料で読めるでしょう?
 自分自身を顧みれば、読む価値はない事は明らかですから、読みたくないとは思いますけど。  
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2019-09-04 13:25

誰が戦争を招くのか? 丸山穂高議員

 N国党・丸山議員のツィッターへの非難が止まりません。
 丸山議員を非難している人達は、丸山議員が韓国との戦争を煽っているというのです。


 丸山 穂高@maruyamahodaka
韓国が竹島にて軍事訓練の報道。延期していたのをこのタイミングでやるのは完全舐めてるなぁ。
日本政府はまた遺憾砲もええけども、日本固有の領土である竹島が遺憾遺憾で返ってくるのか。
不法占拠者へのあらゆるオプションを排除すべきではないと思う。
写真は本日の総火演、島嶼部における統合作戦等。

https://this.kiji.is/540403384588567649?c=39550187727945729
午後3:53 · 2019年8月31日

 https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1167691927984017409?s=20

IMG_3207

 しかしこれなんか問題ですか?
 
不法占拠者へのあらゆるオプションを排除すべきではないと思う。

 って、主権国家では当然の話です。

 どんな国でも自国の領土奪還については、常に戦争も含めた全てのオプションを排除していません。
 そしてそれは同じ西側陣営の同盟国間でもです。

 実際フォークランド紛争は、イギリスがアルゼンチンに占拠されたフォークランドを奪還する為に戦った戦争ですが、この時はまだソ連崩壊前で、イギリスもアルゼンチンもアメリカの同盟国でした。

 日本も憲法9条で国権の発動による戦争は禁止していますが、自衛権は認めています。
 不法占拠された領土の奪還は、自衛権の行使です。

IMG_3216

 そもそも「戦争は血を流す外交。 外交は血を流さない戦争。」なのですから、外交と戦争はコインの裏と表、戦争は外交の手段に過ぎないのです。
 しかも非常に重要な手段です。

 実際、世界を見渡せば、どの国も隣国とは常に緊張関係にあり、軍事オプションを使いながら外交を行っているのです。

 そして日本の隣国を見れば、中国もロシアも北朝鮮も、更に韓国もまた常に日本に対して武力による威嚇を行いながら外交を行っているのです。

 このように外交と戦争は完全なセットであるのに、日本だけが軍事オプションを使わない外交で、こうした国々と対応できるのでしょうか?

 日本人にはそんな天才的な外交をできる人がいたのでしょうか?

 それどころか日本人が本格的に外交を始めたのは、幕末からの高々200年弱です。
 一方、大陸諸国は皆、数百年、数千年の間、常に自国の存亡を賭けた外交を強いられてきたのです。

 そういう歴史を生き抜いた国々が、軍隊を必要と認めているのに、200年弱の経験しかない日本には軍隊なしの外交ができるって、自惚れもいい加減するべきでしょう? 

 実際、丸山議員を非難している人達の誰一人として、戦争をしないで竹島を取り戻す方法も、また北方領土を奪還する方法も示していません。

 それどころか精々数百人と思われる北朝鮮に拉致された拉致被害者を奪還する方法も提案していません。 
 数百人の人間さへ取り戻す宛がないのに、どうやって領土を取り戻せるというのでしょうか?

IMG_3241

 彼等はそもそも戦争について何一つ真面目に考えていないのではないでしょうか?

 例えば西村ひろゆき氏は、丸山議員を揶揄してこんなツィートをしています。

 
ひろゆき, Hiroyuki Nishimura

@hiroyuki_ni

韓国の竹島の実効支配が数十年続いちゃうと、国際司法でも韓国の領土として認められてしまう可能性がある
ので、丸山穂高議員みたいな人が竹島に行って、住んだりすると、日本国として認められやすいです。
口先だけでなく、竹島に自ら行ってほしいです。渡航費なら出します。
https://www.
asahi.com/articles/ASM80
7WJNM80UTFK006.html 


 でも西村氏は自分の言っている事がわかっているのでしょうか?

韓国の竹島の実効支配が数十年続いちゃうと、国際司法でも韓国の領土として認められてしまう可能性がある

 これは全くその通りです。
 だから丸山議員も早期の竹島奪還の為に、全てのオプションを排除するべきではないと言っているのです。

 そこで本当に丸山議員が西村氏の提案を入れて、竹島に行って暮らそうとしたらどうなるのでしょうか?

IMG_3269

 韓国は現在竹島に守備隊を駐屯させています。
 しかもこの三年は毎年、韓国軍が本格的な竹島守備訓練まで行っているのです。

 そして韓国は日本人を竹島に入れません。
 また竹島問題に関心のある日本の国会議員の入国は拒否しています。

 実際、2011年8月1日、佐藤正久・新藤義孝・稲田朋美の三人の議員が、竹島問題に関して鬱陵島を視察するために韓国に行った所、韓国側から入国を拒否されました。
 しかもこの時の韓国側は、外交儀礼を完全に無視した非常にヒステリックで無礼な対応をしました。
 
 鬱陵島視察計画の自民3議員、韓国空港で入国拒否
 2011年8月1日 afp

 西村氏もこの事件を覚えていますよね?

 これを思い出せばわかりますが、丸山議員は普通の手段では、竹島に行って住むどころか、韓国に入国する事もできません。

 もし丸山議員が竹島に行って住もうとするなら、民間軍事会社の傭兵を雇い、彼等と共に夜陰に紛れて竹島に上陸して、韓国守備隊を制圧するぐらいしか方法はないでしょう?

 だから丸山議員も渡航費として3億円を請求したのです。(ワタシは3億円でも全然足りないと思うけど)

IMG_3277

 当然ですが、丸山議員が本当にこれを実行すれば、日韓戦争になります。

 佐藤正久議員等、三人の議員の入国を拒否したのは、李明博政権です。
 李明博は大統領任期の終わりには、自身で竹島に上陸したり、天皇陛下に「謝罪しろ」と言ったりはしました。
 けれどもこの政権は一応保守派で、経済的理由からも本当に日韓関係を破綻させる意思はありませんでした。
 
 しかし現在の文在寅政権は違います。
 文在寅政権はアメリカの制止を振り切ってGSOMIAを中止するような政権です。
 竹島防衛訓練を始めたのも文在寅政権です。

 文在寅政権は日韓関係は勿論、米韓関係の破綻さへ恐れないのです。
 
 このような政権が、日本の国会議員が竹島に強硬上陸をしたら、どのような対応をするか?
 誰でも簡単に想像はつくでしょう?

 丸山議員のツィートは「領土奪還にはあらゆる選択肢を排除しない」と言う外交の常識を述べたものにすぎません。

 しかし「丸山議員一人で竹島に住め」と言う西村氏のツィートは、確実に戦争を誘発するテロを実行せよと言っているのです。

IMG_3206

 勿論、西村氏や彼の同調者には本当に丸山議員に竹島上陸を強行しろと言う心算は全くなく、逆に丸山議員が竹島に行くこともできない事をわかって、丸山議員の発言を揶揄しただけでしょう?

 でもその気楽な揶揄の意味するところの深刻さを、彼等は全く考えていないのです。

 つまり彼等は実は戦争と言う物を全然真面目に考えていないという事ではありませんか?

 戦後の日本の平和主義と言うのは、「戦争は一部の極右や軍国主義者が起こす。 だからそういう連中さへ黙らせておけば戦争は起きない」と言う非常に安直な物なのです。
 
 だから彼等は現実の歴史にも現在の国際情勢にも全く関心がなく、何も学ぶ努力もしないのですが、しかし国際社会の現実や外交の常識を踏まえて「戦争」と言う現実を語る人がいると、沈黙させようとするのです。

 しかしこれは非常に恐ろしい事です。

 戦争は一国だけでやる物じゃないのです。
 どんな国も自分だけの意思で戦争をする事はできないし、また止める事もできないのです。

 丸山議員は「韓国が竹島にて軍事訓練の報道。延期していたのをこのタイミングでやるのは完全舐めてるなぁ。」と言っています。
 
 丸山議員を非難している人達は、外国に「舐められる」ことの怖さがわかっているのでしょうか?
 
 侵略戦争なんて当に「舐められる」から起きるのです。
 つまり「この国の軍隊は弱いし、加勢してくれる同盟国もないし、国民は腰抜けだから、戦争を仕掛けたらアッサリ降伏するだろう。」と思われるから、侵略戦争が始まるのです。

 ポーランドがヒトラーに舐められたから第二次世界大戦が勃発したのです。
 清朝が日清戦争であっさり敗戦したら、それまで中国を「眠れる獅子」と考えていた欧米列強が中国を舐めるようになって、一斉に中国を侵略し始めたのです。

 「舐められる」と戦争になるのです。

IMG_3087
 
 日本がそういう現実を無視して、念仏のように「戦争反対」を唱えている間に、世界は平和になったのでしょうか?
 日本は安全になったのですか?
 
 中国は膨大な核ミサイルを日本に向け、尖閣諸島の侵略を始めたのではありませんか?
 北朝鮮は日本人を拉致し、核ミサイルの開発を続けたのではありませんか?

 中国は覇権主義を露骨にして、日本だけでなく周辺諸国を露骨に圧迫するようになりました。
 そういう中国にビビった韓国は、ドンドン従中離米に傾いていきました。

 こういう現実の中で、領土奪還に武力の行使を唱える議員が、その発言により非難されて議員辞職に追い込まれたらどうなるのか?

 中国や北朝鮮ばかりか韓国までが、「日本人は腰抜けだから、日本の領土を侵略しても構わない」と思うようになります。
 
 中国はこれを見てホントに尖閣諸島を取りに来るでしょう。

 そうなれば本当に戦争です。

IMG_3290

 戦争を招くのは丸山議員のように「戦争」の現実を語る人ではありません。 

 西村氏のように安直な平和主義を信仰して、国際社会の現実を無視しし続ける人達です。
 まして彼等がその信仰から、現実を見る人々を社会から排除するとなると、本当に危険でしょう?

 ワタシは丸山議員を断固支持します。

 丸山議員がこれを言えるようになったのは、彼が北方領土の件で維新の会を除名されて以降、国会議員の中の黒い羊になってしまったからでしょう。

 でも一頭の黒い羊が群れを救う事もあるのです。
 
 現実を現実と言えない群れは破滅するしかないのです。

IMG_3327

 訂正

 丸山議員の問題のツィートですが、8月31日のツィートをchengguangに教えていただきました。

 政府もまたまた遺憾砲と。竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね?戦争で取り返すしかないんじゃないですか?朝鮮半島有事時を含め、「我が国固有の領土」において自衛隊が出動し、不法占拠者を追い出すことを含めたあらゆる選択肢を排除すべきではないのでは
 
 丸山議員は「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」と明言しています。

 しかしこれどこが問題でしょうか?
 自国領土を奪還するのに、戦争と言う手段を使うのは、主権国家として当然の事なのですから。

 実はワタシはこのエントリーを書くに為に、このツィートの全文を一生懸命探したのです。

 ところがネットで検索しても、丸山議員を非難する記事ばかり大量にヒットするのですが、これらの記事の中で丸山議員のツィート全文を紹介している物は皆無でした。

 それでこのツィートを見つける事ができなかったのです。

 一方的に丸山議員を非難しながら、この短いツィートさへ全文は示さず、ただ自分達に好都合な部分だけを切り取るというのは、日本の朝日新聞を始めとする自称平和主義者のお約束です。

 彼等は戦前はこのやり方で中国戦線の拡大に反対する人々の言論を封殺して、日本を第二次大戦の参戦へと導いたのです。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(19)

2019-09-01 14:16

韓国に「大人の対応」を取るな!!

 韓国で日本女性が暴行を受けた事について、青木理がこんな事を言っていました。

 青木理
「韓国が治安が悪いことは一切ない。本来ならニュースにならないニュース。「チョッパリ」は今の時期でなくても使う差別用語」

 女性コメンテーター
「しかもかなり酔っ払っている時ですよね」

IMG_2974

 おお、韓国って恐ろしい国ですね。

 チョッパリと言うのは豚の蹄から来た言葉で、日本人が足袋を履いた姿と重ねて、日本人への差別語として使われます。
 「豚足」ぐらいの感じでしょうか?

 青木理によれば、韓国人は日常的に日本人を「豚足」と呼んでいるわけです。
 
 そして日本人女性が路上で暴行されて、それを通行人が誰一人止めないし、助けないというのも「本来ならニュースにならない」と言います。

 つまりこの種の事件は韓国では日常茶飯事と言うわけですね。
 確かに韓国では、強姦始め犯罪は非常に多く、人口辺りの発生率は皆日本より一桁上です。

 しかしこの女性は相当な重傷を負っているし、しかも事件が起きたのは街中の路上で、通行人は結構いたようです。
 そういう所でこのように女性が襲われても、「ニュースにならない」と言うのですから、ホントに恐ろしい国と言わざるを得ません。

 そして青木に答える女性コメンテーターの発言にも驚きます。

「しかもかなり酔っ払っている時ですよね」

 酔っ払っていたら女性に暴行しても良いのでしょうか?
 だったら昨年大騒ぎになった財務省の事務次官福田のセクハラ騒動って何だったのでしょうか?

 あのテレビ朝日の女性記者が「セクハラ」された時も、福田次官は酔っ払っていました。
 しかも福田次官は性的で下品な話をしただけで、暴行など一切していないのです。
 
 因みこの青木とこのコメンテーターの会話は、同じテレビ朝日の番組なのです。

 それとも青木とこのコメンテーターによれば、日本では男性が酔って女性に下品な話をするのは、免職に値する大問題だけれけれど、韓国では男性が酔えば、路上で女性に暴行を働いくのは、何ら問題がないという事でしょうか?

 つまり韓国人男性はそれほど粗暴で暴力的であり、韓国は女性の人権は一切認められない国と言う事になります。

 この番組での一連の青木理の発言について「韓国擁護」と言う人が多数いるようですが、しかしワタシはこれは擁護どころではないと思います。

 青木が韓国をかばう為にこの事件を、問題化させないように必死である事はわかります。
 しかしその為に「韓国とは日本女性への暴行は事件にならない程治安が悪い国で、韓国人は日本人への差別と偏見に満ちて暴力的な国民である」と言っているのです。

 これってヘイトスピーチではありませんか?

IMG_2982

 しかしヘイトスピーチをしているのは、青木だけではありません。

 高野連は韓国で開かれる大会に参加する選手達に、元々用意されていた日の丸をつけたシャツの着用を止めさせると言いました。

 これは高木美保がテレビで擁護したように「この時期、日の丸をつけて行動したら何があるかわからないので、選手達を危険から守る為の判断」と理解できなくもありません。

 しかしこれってつまり、今の韓国では日本人とわかれば何をされるかわからないという事でしょう?
  
 なるほど将来のある若者達を、危険から守るのは大人の義務です。

 しかしねえ・・・・・。
 この若者達の写真を見たら、皆素晴らしく体格がよく屈強そうなのです。

 若さと、体力が漲っている!!

 野球の日本代表ですから当然ですよね。

 こ、こんな屈強な若者達でも、韓国に行って日本人とわかれば危険な目に遭うというのですか?

 だったら女性は勿論、格闘技の達人でもない限り一般の男性だって絶対に韓国に行ってはいけません。
 それどころか日本国内でも韓国人を見たら、一目散に逃げるべきでしょう?

 ところで高野連の幹部って、殆どが朝日新聞と毎日新聞の社長始め幹部役員です。
 日本では高校野球=甲子園大会で、その甲子園大会の主催者が朝日新聞で、後援が毎日新聞なのですから、高野連の幹部が全部朝日新聞と毎日新聞とその息のかかった人間と言う事になるのは当然なのですね。

 で、その高野連が「韓国では日本人とわかれば屈強な若者でも襲われる危険な国」として、その危険を避けようとしたわけです。

IMG_2993
 
 ワタシは在特会の会員ですが、前々から韓国と韓国人、そして在日コリアンへの差別と偏見、そして嫌韓を煽動してきたのは、朝日新聞や毎日新聞、そしてこの系統の自称リベラルメディアと、青木理などこれらのメディアご用達の自称「言論人」だと考えていました。

 哀しいかな我が在特会ができるのは小規模なデモと街宣、そしてネット上の意見を述べる事ぐらいです。
 だから発信力でリベラルメディアやその御用達「言論人」にかなうわけもないのです。

 しかも在特会の場合、余りに単純素朴に「韓国は嫌い!!」と言ってしまうので、日韓問題、在日問題に興味のない人達には、全然説得力がありません。 
 
 元来日本の文化では、他人や他国の悪口は言ってはイケナイいのです。
 他人や他国の悪口ばかり言う人は、それだけで嫌われて、信用されないのです。
 だから在特会式のストレートな韓国批判は、逆に在特会への批判になってしまうのです。

 その点、朝日新聞等が高野連を通しての、また青木理などのヘイトスピーチは巧妙です。
 一見、寛大そのもの姿勢で韓国を擁護しているように見えながら、実は韓国はトンデモナク反日で危険な国だというのですから。
 
 だから有田ヨシフ議員など、韓国や在日コリアンへの差別反対をビジネスにしている連中だって、全く非難しないのです。

 しかも彼等はこの巧妙極まるヘイトスピーチを、発行部数が数百万の新聞と、全国放送のテレビで発信するのですから、嫌韓世論の形成への貢献と言う点では、在特会など彼等の足元にも及ばないのです。

IMG_2997

 そもそも日韓関係を悪化させてきたのは、この種の自称リベラリス・パヨク、そして日韓議員連盟の日本側議員など「日韓友好」に尽くしてきた人達でしょう。

 例えば彼等は日韓の間で揉め事があると、彼等は必ず「日本は大人の対応を‥‥」と言うのです。
 
 大人の対応?
 
 それじゃ日本が大人で、韓国が子供と言う事ですか?

 ワタシは韓国は嫌いだけれど、主権国家である以上、日本と対等な国だと思っています。
 対等な国なのだから、日本が大人で韓国が子供だなんてありえないです。

 それなのに日韓で揉め事がある度に「日本は大人の対応を」なんていうのは、韓国と言う国を見下し、馬鹿にしきっているという事ではありませんか?

 一人前の大人が、事あるごとに子供扱いされたら、幾らそれで自分の要求が通っても、相手に反感を持つのは当然でしょう?
 
 本物の子供でも、自分を完全に見下して子供扱いばかりする大人は信用しません。
 泣き喚けばお菓子や玩具をくれても、本心では自分の事を子供だからと馬鹿にしきっているような大人にはなつきません。

 それなのに主権国家にこういう対応を取り続けたら、幾ら経済支援や技術支援を続けても関係が改善するわけもないのです。

 それでも韓国側が、日本の支援を受けざるを得ない状況であるなら、その屈辱はいかばかりでしょうか?
 この屈辱こそが、韓国の日本に対するあの計り知れない憎悪の源ではありませんか?

 だから本当に日韓関係を改善させたいなら、筋の通らない事は断固拒否するべきだり、不当にはハッキリと抗議するべきなのです。

 韓国に「大人の態度」を取ってはイケナイのです。
 相手は子供じゃないのですから。
 
 まずは韓国を日本と対等な主権国家として扱って、言うべき事は言い、筋の通らない要求は拒否し、支援をしたらきちんと礼を言わせるべきです。
 それで初めて本当の話し合いができ、理解しあえるようになるのではありませんか?
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(27)

2019-08-23 14:01

チキン屋が増えるわけ GSOMIA

 夕べ手首斬るブスについてエントリーした後、こんな記事を見つけました。

 韓国 GSOMIA破棄を発表 日本に今後も強硬姿勢か

 見出しだけなら昨日ワタシが引用したNHKの記事と同様で、韓国は完全にGSOMIA破棄を決定しと思えます。

 しかし中身を読むと微妙に違います。

2019y08m23d_131833677.jpg

 韓国大統領府はGSOMIA更新期限の24日を前に記者会見を開き、「GSOMIAを終了する」と発表しました。日本が貿易管理上の優遇対象国から韓国を除外したことを理由に挙げました。これによって北朝鮮のミサイルなどに関する軍事情報を共有できなくなり、日米韓の連携にも深刻な影響が出そうです。韓国では日本の輸出規制に対する反発が続いていて、韓国政府高官は21日に「韓国を信頼できないという国と敏感な軍事情報をやり取りすることが適切なのかという面では最後の瞬間まで悩み、慎重な決定を下すつもりだ」と述べていました。
 
 つもり??

 んじゃ、まだ破棄は決定してないってことでしょう?

(Q.貿易管理上の優遇対象国から韓国を外したということが理由だということは、つまりホワイト国から除外したことを一番の理由にしているということか?)
 まさにその通りで今回、日本のホワイト国除外措置に対する、いわゆる対抗措置として報復措置として行ったことがGSOMIAの破棄だということです。そして、韓国政府関係者によりますと、日本が輸出規制措置を撤回したならばGSOMIAの再開を検討しても良いというような発言まで出てきています。いわば日本側の経済的な対応に安保的な対応を報復措置として出したというのが今回の発表になります。

> 韓国政府関係者によりますと、日本が輸出規制措置を撤回したならばGSOMIAの再開を検討しても良いというような発言まで出てきています。

 あらら、この期に及んでまだチキンレースをやっているのです。
 今日もまだ続けています。

 韓国 GSOMIA破棄 きょうにも日本側に通告
 
 きっと明日の午後12時までチキンレースを続けますよ。 

 では明日の12時以降は?

 明日の12時を過ぎてしまうと、GSOMIAは自動延長されちゃうのです。
 
 GSOMIAは毎年8月24日までに、日韓両国のどちらかが相手国に、破棄を通告しない限り自動延長されるのです。
 だから韓国国内で幾ら「破棄するニダ!!」と喚いても、明日の午後12時までに日本側に正式な通告がなければ、来年まで自動延長です。

 でも日本側に通告していない事を、マスコミが騒がなければ、韓国人は皆「文在寅は勇敢にもアメリカの反対を押し切ってGSOMIAを破棄したニダ!! 日本に勝ったニダ!!」とはしゃぎ続けるでしょう。

 勿論、日本とアメリカはこのことを黙っていてくれると信じ切っているのです。
 
 実は韓国には似たような話があります。
 
 韓国中央銀行側は中国との通貨スワップを延長したと言っているのですが、中国側は何も言っていません。
 中国の中央銀行側のHPにもそのような事は書かれていません。

 幾ら中国でも通貨スワップを秘密事項にはしないので、中韓通貨スワップはなくなった考えるしかありません。

 しかし韓国ではこれは問題にならず、中韓通貨スワップは延長されている事になっているのです。

 通貨スワップのような経済上の問題でさへこれで済むのですから、軍事に関わるGISOMIAの延長ぐらい幾らでも隠蔽できますよね?

 但しこうして韓国人が皆GSOMIA破棄を信じるてしまうと、韓国経済には大打撃になるでしょう。
 
 GSOMIA破棄を破棄すれば、日韓関係はもとより、米韓関係も悪化します。
 こうなると韓国経済にもその悪影響が及ぶのは必須でしょう?

 ワタシが韓国人投資家なら、とりあえず手持ちの韓国株やウォンは売って、ドルや外国株式に変えます。
 勿論韓国に投資している外国人も同様な行動に出るでしょう。

 韓国経済はそれでなくても悪化しており、頼みの輸出も減少の一途をたどっています。
 そして11月には1000億ドルの対外債務の返済期限が来るのです。

 今の状態で債務返済が不可能になっても、つまりデフォルトしても、もうIMFからも見捨てられる可能性が高いのです。 だってIMFの融資には、出資国の拒否権があるのです。 そして日本とアメリカはIMFの出資国の一位と二位を占めているのですから。

 こうなるとそのままベネゼイラになってしまいます。
 自分でチキンレースを仕掛けて、結果を胡麻化しても、結局崖から転落する羽目になるのです。

 それににしても韓国人って、ホントにチキン好きですね。
 
 韓国人は皆チキンが大好きなのですから、これでまたチキン屋が増えても大丈夫ですよね?

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2019-08-22 13:23

「NHKから国民を守る党」を支持します

 「NHKから国民を守る党」を必死に非難している連中がいます。

 舛添要一はナチだと言うし、江川紹子は「メディアはN国の取り上げ方をよく考えて」と言うし、古谷経衡は使い古された主張を連呼するだけだと言います。

 またNHKへの不満だけしか政策がないというのはケシカラン!!と言う非難も多いです。

 しかしワタシはN国党を支持します。
 前回の参議院選挙は結局自民党に投票しましたが、それでも実はN国党にしようかどうか悩みました。

 なぜならワタシはN国党の唯一の政策である「NHKのスクランブル化」を全面的に賛成しているし、最終的にはNHKの解体、そして災害報道など重要報道は安全保障の為にも政府が行うべきだと考えているからです。

 しかし残念な事にこれを政策として掲げてくれる政党は他にありません。 だったらこの政策の実現を切望する人はN国党に投票するしかありません。

IMG_2792

 他の政党・政治家がNHKのスクランブル化やその他の改革に極めて消極的であるばかりか、むしろNHKの言いなりになってNHKの肥大化に努めている理由はわかります。

 これは近代民主主義国家のアキレス腱ですが、政治家はマスメディアを敵に回せないのです。
 この数年でも、何人も政治家が新聞やテレビによるネガティブキャンペーンで政治生命を絶たれています。

 大臣の発言から前後関係を抜きに一部の文言だけを抜き出して「暴言!」と騒ぎ立てて、辞任させるなんて事は何度もありました。

 現在はネットがあるのでその気になれば一般国民も、自身でその「暴言」の前後関係を見て本当に暴言だったのかどうかを確認する事が可能になりました。
 それでもやはりマスメディアの捏造した「暴言」に煽動される人間は多いのです。

 勿論、マスメディアの煽動は選挙にも大きな力を持ちます。
 
 古代ギリシャの時代から民主主義の敵は、国民の感情を煽って政治を混乱させるデマゴジアでした。
 そして新聞が生まれ以降は、マスメディアがそのデマゴジアになったのです。

 このデマゴジアは非常に凶悪です。 
 20世紀の二つの大戦も、結局はマスメディアによる煽動に依っておきました。

 哀しいけれど普通の政治家がこのデマゴジアに逆らう事は難しいのです。
 NHKはこうしたデマゴジアの中でも、日本最大最強、そして最悪なのです。

 これではどんな政治家も正攻法でNHK改革など言いだせるわけもないのです。

IMG_2834

 ところがN国党はこれを逆手に取って、「NHKをぶっ壊す!!」だけを政策にしました。
 そしてそれ以外は多数派に従う、憲法改正についても「自民党がNHKのスクランブル化に賛成してくれるなら賛成する」と言い切りました。

 ここまでスッキリ「NHKのスクランブル化」だけに徹底すると、他の政策の問題でN国党を批判する事はできなくなります。

 こうしたN国党の姿勢を「ワンイッシュー」と非難する人達がいるわけです。
 しかしそれでは外交防衛から敬座福祉環境など全ての政策に、同等の関心を持ち、それらの政策の実現の為に同等に努力しているのでしょうか?

 そんなことはないのです。
 政党としては色々な政策を並べても、反原発とか基地反対だけに執着している奴は多数います。
 また特定の団体と結びついて、その団体の利権擁護だけに奔走している奴も多いです。

 更に財務省の手下になって増税の為だけに活動している奴も、これまた非常に多いのです。

 因みに安倍総理は憲法改正と拉致問題の解決こそが、最重要と考えているのでしょう。
 しかし安倍総理の党内基盤は弱く、総理の意思だけでは自民党を動かせないのです。 だから増税派と妥協しないと憲法改正に持っていけないのです。

 逆に言えば自民党増税派は憲法改正や拉致問題の解決を、消費税増税とバーターしているのです。

 だったらNHKのスクランブル化だけを政策として、その実現だけを目的として活動する政党のどこが問題なのでしょうか?
 
 反原発や反基地に執着しているのは、一部のキチガイだけです。
 一部の利権団体の擁護は、その団体以外の全て国民の損失になります。
 しかしNHKのスクランブル化とNHK改革は、全て国民の利益になります。 

 因みに安達誠二先生によると、一家辺りの消費増税の負担は年間1万5千円程度で、NHKの視聴料負担を止めたら十二分におつりがくるのだそうです。 
 
 憲法改正のバーターとして、消費税増税を持ち出す自民党増税派と、NHKのスクランブル化を持ち出すN国党のどちらが不純で不正なのでしょうか?
 
 元来自民党が憲法改正を目指して創立された事を思えば、前者の方が余程不純で不正でしょう?

 それをなぜN国党だけを問題にするのでしょうか?

2019y08m22d_142139376

 逆に聞けれど社民党や共産党やれいわ新選組などの泡沫政党が、実現不可能な政策をゾロゾロ主張する事に意味があるのでしょうか?
 
 泡沫政党では最初からできる事は限られているのに、防衛政策や財政政策の根幹にかかわるような政策を主張をゾロゾロ掲げた所で実現不可能なのは自明です。
 
 それどころか民主党など美味しそうな話ばかり無数に並べたマニュフェストで政権を取りましたが、結局これらのうち実現した物は何一つありません。

 こんなの完全な詐欺です。

 実現しない政策を無数に並べるのと、頑張れば実現するかもしれない政策を一つだけ掲げるのと、どちらがマトモでどちらが誠実なのでしょうか?

IMG_2842
 
 確かにN国党の党首立花氏は、参議院議員当選後もユーチューバーのノリで、一般の政治家でありえないレベルの「暴言」を吐きまくっています。
 
 マツコ・デラックスへの抗議などその典型でしょう。

 江川等、所謂知識人の常識では国会議員はタレントを批判してはならないのです。
  
 ワタシもマツコ・デラックス個人への抗議は、問題だと思います。
 なぜならこれはマツコ・デラックスの問題ではなく、マツコ・デラックスに例の発言をさせたテレビ局側の問題だからです。

 だってこれ放送法違反ですよ。
 放送法ではテレビ番組は元来公正中立を求められているのです、それをバラエティー番組だからと、お抱えのタレントを使って特定政党とその支持者に対する攻撃をさせていいのですか?

 勿論これは立花氏も承知の上でしょう?

 そして彼の場合、確信犯でテレビ局ではなく、マツコ・デラックスと言う有名タレントを標的にする事で、炎上による売名を狙っているのです。
 彼は11月には衆議院解散があると読んでいるので、その間にできる限りN国党の認知度を上げたのです。

 NHKと言う巨大デマゴジアと戦う為には、この種の非正規戦をやるしかないでしょう。
 何しろNHKは公共放送でありながら、この手の偏向報道を繰り返しているのですから。

IMG_2856

 江川紹子はこうした立花氏のパフォーマンスを「暴力的だ」「不寛容だ」と大問題にしているのです。

 しかし江川紹子がそれ程暴力や不寛容を問題にするなら、野田政権時に野田の演説に抗議のプラカードを挙げた人が逮捕拘束された問題や、在特会が正規の届け出を出して許可されたデモや集会を、在日コリアン等が暴力で妨害したことを何で問題にしてこなかったのでしょうか?

 結局江川は自分の気に入らない人間の「暴力」や「不寛容」だから、非難しているだけなのです。

 自分の気に入る人間なら、どのような暴力を振るおうとも、どれほど不寛容であろうとも全く問題にいないばかりか、自身がその暴力や不寛容を煽動しているのです。

 江川の気に入る人間はそのままNHKを筆頭とするマスメディアの気に入る人間です。

IMG_2859
 
 彼女は舛添や古谷や、そしてマツコ・デラックス等と同様、マスメディアお抱えてのタレントとして商売してきました。
 
 御主人様に逆らな!!!

 忠犬達はキャンキャン吠えているのです。
 
 尤も弱い犬程よく吠えるから盛大に吠えているだけです。
 それに連中は吠えるだけの能の犬なのです。

 吠えるだけで他に何もできません。

 何よりも、ワンコ達が驚愕しているのは、御主人様の煽動に乗らない民衆が現れた事でしょう?

 舛添はN国党の選挙の仕方がナチと同じで、民衆を扇動して選挙に勝ったというのですが、前記のように近代以降民衆を扇動してきた最大のデマゴジアは、マスメディアなのです。

 しかしネットの普及で、舛添の御主人様の神通力は衰亡の一途をたどっているのです。
 そして御主人様の意向を無視して、自分達の意思を通す下民共が出現しているのです。

 マジにネットがなければ舛添が東京都知事をリコールされる事もなかったでしょう。

 けれどもワンコ達はこれまで自分達が御主人様に飼われて吠えていた事さへも自覚できなかったのです。
 だから現在の事態に狂乱絶叫するしかないのです。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(12)