2018-06-18 13:11

米朝首脳会談について その2

 6月12日の米朝首脳会談への評価は出そろいました。
 圧倒的多数の人が「アメリカの敗北」と言っています。

 しかしチャンネル桜の討論では、西岡力さんは全く逆の評価をしていました。  そしてワタシもこれを支持します。

 どちらも大変長時間の動画なのですが、この中で西岡さんの話は非常に興味深いです。

 そして西岡さんの話と、今回の米朝首脳会談をトランプの敗北と言う人達の言い分を聞いていると、過去の北朝鮮非核化の為の話し合いがなぜ失敗したのかが良くわかります。

【Front Japan 桜・特別討論】米朝首脳会談とこれからの日本[桜H30/6/13]


【討論】米朝会談と東アジアの行方[桜H30/6/16]


 今回の米朝首脳会談が失敗だという人達は、「トランプはCVIDの為の具体的な条件を明記しないまま、米韓軍事演習の中止や更には在韓米軍の撤退まで話してしまった。 一方北朝鮮は曖昧な非核化の努力だけで望むものをすべて得た。 だからこれはトランプの敗北だ。」と言います。

 なるほどこれはこれまでの5回も行われた過去の北朝鮮の非核化交渉に比べれば全くお粗末です。

 過去の非核化交渉では、首脳会談はなかったけれど、実務家同士が延々と話し合い、北朝鮮の非核化の方法や期限を、実に事細かに決めたのです。

 で、どうなりましたか?
 全部、北朝鮮側が途中で裏切って終わりでした。

IMG_1721

 なるほどこうした詳細で具体的な取り決めと言うのは、あった方ないよりは良いのですが、しかし相手が最初から約束を守る意思がないのでは、意味はないのです。

 過去の北朝鮮非核化交渉がなぜ失敗したか?

 それは北朝鮮が非核化に応じたのは、経済制裁で困窮と、また軍事攻撃されるという恐怖に耐えかねたからです。

 そこで北朝鮮も話し合いに応じたのです。
 しかし北朝鮮とすれば最初から非核化する意思などありませんでした。
 彼等は話し合いで何が決まろうとも、軍事圧力が去り、経済制裁が緩和されたら直ぐに、核開発を再開する心算だったのです。

IMG_1740

 ところが過去の非核化交渉では、優秀な外交官達は、こうした北朝鮮の本心に関係なく、非核化の為の交渉が続き、その結果美しい非核化条約を締結することに熱中してきました。
 
 実際外交官と言うのは、それがお仕事だから仕方ありません。

 しかしそういう形式を幾ら整えても、相手がそんな約束を守る意思がなければ意味はないのです。
 そして北朝鮮には約束を守る意思など皆無なのです。

 それなのに彼等は交渉を順調に進める為か、非核化が確定しないうちに経済制裁を緩めてしまい、軍事圧力を下げました。 
 そしてさらに悪い事に、北朝鮮が約束違反をした場合への懲罰を何も考えていなかったのです。

2018y06m18d_133656034

 これでは北朝鮮を相手にどんなに立派な「具体的な取り決め」などしても意味はないのです。
 北朝鮮は約束を守らないのです。

 彼等は自分の欲しい物さへ得たらそれでよいのです。

 イヤ北朝鮮だけはありません。 
 そもそも朝鮮人は約束は守らないのです。 これは例えば韓国と日本の日韓慰安婦合意を見ても明らかです。

 朝鮮人との約束は相手が守らない前提にして、約束を守らなければご褒美は与えない、代わりに徹底的に懲罰するという条件を付けないと意味がないのです。

2018y06m18d_133712092

 一方今回の米朝首脳会談では、トランプは具体的な話は確かに何一つ決めていません。

 しかし北朝鮮が最も欲しい物は何一つ与えていないのです。

 再度書きますが北朝鮮が最も欲しいのは、経済制裁と軍事圧力の緩和です。 金正恩がシンガポールまで来たのも、これに耐えかねたからです。

 なるほど在韓米軍には撤退してほしいでしょうが、しかしトランプ大統領は、この期限について一切明言していません。 だからこれは実は北朝鮮にとっては目下意味のないリップサービスでしかないのです。

2018y06m18d_133738247

 そして米韓軍事演習の中止は、「非核化の話し合いが続いている間」の話です。

 ここで「だったら北朝鮮は、軍事演習を阻止するために延々と話し合いを引き延ばすだろう」と予想されます。

 そうです。
 でもこれ逆に言えば、北朝鮮は話し合いを続けるしかないのです。
 
 しかしアメリカ側は自分の意思で話し合いを打ち切る事ができます。

 オマイ、こんなゴタゴタ文句ばっかり言うんだったら、オレもやってらんないぜ!!

 アメリカ側が北朝鮮の対応が気に要らなくなれば、いつでも話し合いを止めて軍事演習を再開すればよいのです。 
 そしてこういう状況で軍事演習が再開されるのは、北朝鮮にとっては大変な恐怖でしょう。

2018y06m18d_133847516

 しかしこれで猛烈なトランプ批判になるのは、実はアメリカ始め先進国の職業外交官には、自分から話し合いを打ち切り、これまでプロセスを反故にしてしまうという発想がないからでしょう。 イヤ、外交官だけではなく、これに類する高学歴紳士淑女にはないのでしょう。

 だからトランプ大統領がこの首脳会談直前に、一旦中止と宣言した時は、北朝鮮だけでなくアメリカや日本のメディアや言論人も衝撃を受けたのです。

 北朝鮮はこうしたアメリカやその他の西側諸国の職業外交官の弱みを知って、これまでの交渉でも散々に彼等を翻弄して、自分の欲しい物を得てきたのです。

 実はこの動画の中で、西岡さんがポンペオ国務長官のことを心配しています。 それは彼が国務長官であるために、今後の米朝非核化交渉の中で、彼の部下である外交官達に取り込まれてしまい、そうなるとこのような外交官達の弱点を晒して、北朝鮮の思うツボになる可能性が出るのでしょう。

2018y06m18d_134059160

 それではトランプ大統領が金正恩と取り交わした書簡の中で、唯一触れた「朝鮮半島の非核化」はどうでしょうか?
 
 この会談を失敗だという人達は、「北朝鮮の非核化」ではなく「朝鮮半島の非核化」であることを問題にしています。

 たしかにこの書簡で言う「板門店宣言による朝鮮半島の非核化」とは北朝鮮だけでなく朝鮮半島全体、つまり在韓米軍基地の非核化も意味します。 さらに過去北朝鮮が言い続けてきた「朝鮮半島の非核化」とは朝鮮近海の米軍の空母や原潜の核まで排除することを意味するのです。

2018y06m18d_134117567

 しかし今回の首脳会談で取り交わした書簡では、「北朝鮮は朝鮮半島の非核化に努力する」と書かれているのです。

 けれどももし「朝鮮半島の非核化」を本当に板門店宣言や北朝鮮の言うような物にするなら、「北朝鮮は努力する」だけでは全く不可能です。
 「米朝が努力する」でなければ意味がないです。

 だってそもそも北朝鮮にはアメリカの原潜や空母がどこにいるかを知る事さへできなのです。 

 だからこれは「北朝鮮は自分のところの非核化をしろ」と言う事でしょう?
 
 オイ、金正恩、オマイ自分の核を始末しろ!! 
 オレは自分のはそのまま持っているけどな。

2018y06m18d_134153816

 しかもこの会談でアメリカが北朝鮮に与えたという安全保障は、「北朝鮮は非核化に努力する」ことが前提です。
 逆に言えば、北朝鮮が非核化の努力をしないなら、どうなるかわかりません。
 
 それでは北朝鮮が何をしたら「非核化の努力をしていない」と見做されるのでしょうか?

 それはアメリカ側の判断によります。 だって具体的な事は何も書かれていないのですから、アメリカ側が

 オマイ、やる気ないな!!

 と言えばそれで決まりです。

2018y06m18d_134138786

 何しろ安全の保障をしているのはアメリカです。 だからアメリカが北朝鮮の生殺与奪を決められるのです。 

 因みに日本のマスコミ報道では、この「安全保障」を「体制保障」と訳しているそうですが、しかし英語と朝鮮語の原本では、安全保障だそうです。

 ここで使われた単語には「体制保障」と言う意味はないそうです。
 ホントに日本のマスコミは信用できません。
 
 そして今回の会談では朝鮮戦争の終結宣言も出ていません。 だから戦争再開へのハードルは全く上がっていないのです。

2018y06m18d_134319188

 つまり今回の会談は、過去の北朝鮮非核化交渉とは真逆を行ったのです。

 具体的な話、詳細な話は一切決めないけれど、北朝鮮側、しかも金正恩本人の署名を得た書簡で、非核化の約束をさせてました。
 
 そして約束を守るまでご褒美は与えません。
 更に約束破ればそれを理由にぶっ殺す事ができるのです。

 ワタシは朝鮮人を相手に約束をするのは、これ以外の方法はないと思います。

2018y06m18d_133823169

 アメリカと言う国は非常に好戦的で暴力的で、力に任せて無茶苦茶をやります。

 しかしその無茶苦茶が中国人や朝鮮人と違うのは、アメリカ人なりの筋とか正義とかを通す事です。

 だから北朝鮮と戦争をするには、単に核兵器を排除するだけでは不十分(だって核兵器ならアメリカも、またインドやパキスタンも持っているんだし)なので、さらなる理由が必要なのです。

 しかし書簡で理由がないのです。これでその理由ができました。

 北朝鮮が約束を破った。
 金正恩はアメリカ合衆国とアメリカ大統領を裏切った!!

2018y06m18d_134343552

 勿論北朝鮮は今も約束を守る意思はありませんから、会談直後から「段階的非核化で合意した」など言い始めました。

 しかしポンペオ国務長官は北朝鮮の非核化にはCVIDと明言しています。

 そして河野外務大臣は日米韓外相会談の後に「非核化が段階的に進んでも、経済制裁はそのままだから」と言うのです。

 これだと北朝鮮が非核化に時間を掛ければ掛ける程、北朝鮮の困窮が進む事になりますから、北朝鮮は行動せざるを得ないでしょう。

2018y06m18d_134302882

 また非常に幸いなことに、アメリカでも日本と同様トランプの交渉は失敗だと騒いでいます。
 
 しかしアメリカは日本とは違います。
 日本ではトランプの交渉が失敗した、つまり話し合いでの解決は難しいから「日本が北朝鮮と話し合え」と言う全く論理性のない事を言っています。

 でもアメリカはそんなバカなことはいいません。
 それどころかこれで議会が結束して、トランプ大統領に更に強硬な措置を取るように即しているのです。
 
 だからこの会談の結果、全米を挙げて軍事対応への結束を固めのです。
 
 これで北朝鮮への軍事プレッシャーはますます強まりました。

2018y06m18d_134727966

 だからこうした状況をみれば、この交渉はやはりトランプ大統領の大勝利だと思っています。

 因みにトランプ大統領がノーベル平和賞を欲しがっている、或いはノーベル平和賞を与える事で、軍事行動を縛るという説が出ています。

 しかしもしノーベル平和賞をもらえるとしても、トランプ大統領は辞退するのではないでしょうか?

 だって大嫌いなオバマ大統領がありがたかがって貰った賞です。
 これを蹴飛ばせばマジにトランプ最強でしょう?
 
 アメリカ大統領ともあろう者が何で小国スウェーデンの賞を有難らなくてはならないのか?

 トランプ大統領の支持者も喝采するのではないでしょうか?

2018y06m18d_134552542

 しかしこれで北朝鮮の非核化が成功しても、世界がバラ色になるわけではありません。

 6月13日の動画の後半で西岡さんが話している韓国の状況は非常に深刻です。

 北朝鮮が非核化しても、韓国人は自分達の意思でドンドン北朝鮮への心情的傾斜を強めているというのです。
 
 北朝鮮が非核化し、しかもアメリカとの国交正常化も果たせば、韓国人にとって北朝鮮との統一への歯止めはなくなるのです。

 こうして韓国人の相違が北朝鮮化になれば、アメリカも力づくでの在韓米軍基地の維持は不可能だと考えるしかないのです。

2018y06m18d_134619720

 そして米軍が撤退すれば、結局朝鮮半島は直ぐに中国の手に落ちるでしょう。

 こうなると尖閣だけでなく対馬も侵略に晒される事になります。
 
 だから日本は直ぐにもそれに備えなければならないのです。
 
 国際問題ってそうですね。 一つの問題の解決がしかし次の問題を生むのです。 

 哀しいけれで、北朝鮮の非核化で日本は安全にはなりません。 でもやはり目の前の問題は片づけるしかないのです。
 そして片づけながら次の問題に備えるしかないのです。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2018-06-16 22:12

核廃絶の費用負担について

 安倍総理が北朝鮮の核廃絶の費用を日本が出すと言っています。

 北非核化で首相「日本が費用負担するのは当然」
 2018年06月16日 11時36分

倍首相は16日午前、読売テレビの番組に出演し、米朝首脳会談で合意された朝鮮半島の完全な非核化について、国際原子力機関(IAEA)による査察が必要だと指摘した上で、非核化費用の負担を検討する考えを明かにした。

 首相は「核の脅威がなくなることによって平和の恩恵を被る日本などが、費用を負担するのは当然」と語った。「拉致問題が解決されなければ経済援助は行わない」とも述べ、経済援助と非核化費用の負担は区別して考える意向も示した。その上で拉致問題の解決に向け、「最終的に私自身が北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長と日朝首脳会談を行わないといけない」との決意を改めて表明した。

 9月の自民党総裁選に関しては「まだまだ、やるべきことがたくさんある。私自身の手で解決したい」と強調し、連続3選に意欲を示した。出馬表明の時期は「セミの声が相当にぎやかになってきた頃」になるとした。


2018y06m16d_221901400


 北朝鮮の非核化の費用は、本来は北朝鮮自身が、そして次にはこれまで北朝鮮を支援してきた中国やロシアが出すべきです。


 しかしワタシは日本が出すという安倍総理を支持します。


 なぜなら何よりも北朝鮮の非核化は時間の勝負です。 費用の分担などでもめて時間を無駄にするわけには行きません。 

 もたもたしている間に、北朝鮮が核兵器を国外に移出したり、ましてその間に北朝鮮がさらなる核開発を進めるようなことをさせるわけには行きません。


 また費用を中国やロシアが出すことで、これらの国々が口を出すのも厄介です。


IMG_0080


 北朝鮮の非核化を徹底させるには、日本が費用負担を全部引き受ける事で、非核化の作業を全て日本とアメリカが仕切って、アメリカが軍を中心にした大量の人員を送り込んで一気に徹底的にやるのが、一番確実なのです。


 そしてこの費用は別に北朝鮮の懐に入るわけではありません。 査察作業をやるIAEAと米軍に払い込めば良いのです。


 金は全部俺が出す!!

 だから早くしろ!!

 徹底的にやれ!!

 中露は口を出すな!!


 と言う事でなのです。


 そしてこういう事になったからには、思ったより迅速に非核化作業が始まるのではないでしょうか?


IMG_0129


 同様の理由でトランプ大統領の言う「非核化後、北朝鮮の経済支援を日韓だけがやる」という話も、支持しています。


 なぜなら拉致被害者の奪還の為に日本が切れるカードは経済支援だけです。 もしアメリカが非核化の引換に支援するなんて言われらた、日本は拉致被害者を取り戻す事はできません。


 それどころか非核化交渉でもアメリカへの発言力がありません。 そうなると日本に向けた核ミサイルの廃棄などの要求もできません。

 

 現在の憲法下では日本には経済支援しかカードがないのです。 だからそのカードを最大限に活用する為には、日本が独占するのが良いのです。


IMG_0156


 だからこの経済支援について、韓国側がさもしい期待をして「日本が2兆円出すニダ」などと言っている事も、悪くありません。


 韓国の意図はともかく、これで北朝鮮は日本の経済支援への期待を募らせるでしょう。

 

 だから当面の間は、北朝鮮に経済支援と言う餌を見せるべきなのです。


 但しこの餌は拉致被害者全員と引き換えでないと渡せません。 またその前に完全に非核化させないとなりません。


IMG_0134


 それでは北朝鮮が本当に非核化をして拉致被害者を返還したらどれだけ経済支援をするのか?

 

 それはその時ゆっくりと考えたら良いのです。


 拉致被害者の引換に経済支援を行うのは、誘拐犯に身代金を与えるような話で、本来はするべきではありません。


 しかし誘拐犯を逮捕して被害者の身柄を保護するためには、身代金を支払うふりぐらいはしなければならないでしょう?


IMG_0166


 オマケ


 午前中に偶然見た動画です。


いわんかな#12-1【米朝首脳会談後の世界・前編】重村智計・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・志方俊之・福島香織・塩見和子・日下公人★



 6月7日収録の話なので、米朝会談の前に会談の結果を予想しているのですが、しかし重村教授の予想が驚くほど見事に当たっているので、聞いていると会談結果を受けての収録かと思える程です。


 実は米朝会談に対する評価は、青山繁晴さん始め多くの人が非常に否定的です。 


 しかし宮家邦彦始め、元外交官などの国際通もやはり非常に否定的です。 


 けれども朝鮮人には外交のルールなど全く通用しないのです。 だから朝鮮人の本性を知る人の予想が一番正しいのかもしれません。


  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2018-06-16 13:15

人権派弁護士 丸子実業高校生自殺事件

 一昨日「モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの戦い」を読みました。 
 これは以前、同じ著者の書いた「でっちあげ 福岡殺人教師事件の真相」についてエントリーをした時、コメントで教えていただいた本です。

 それで図書館に貸し出し請求をして、散々待たされて忘れていたのですが、ようやく届いたの読んだのです。

 これも前著と同様、学校でのトラブルに関する事件を扱ったドキュメンタリーですが、しかし事件の状況は全く違います。

IMG_6203

 2005年長野県立丸子実業高校の一年生の少年が高山裕太君が自殺しました。 すると母親は直ぐにこれは彼が所属していたバレー部でのいじめが原因と言い出しました。

 そし多くのマスコミがこの母親への取材を元に、学校側を非難する報道を始めました。
 
 ところが学校側はこの「いじめ」の存在を認めませんでした。
 
 母親の怒りは募り、息子の自殺について学校側、校長、担任、そしていじめたとされる2年生の少年の両親等に賠償請求を求める訴訟を起こしたのです。
 この告訴で弁護を務めたのが、人権派弁護士として有名だった高見澤昭治弁護士でした。

IMG_5837

 しかし事件は更に異様な方向に進みます。
 裁判が進む中でこの高見澤弁護士は、丸子実業校長を殺人罪で告訴したのです。

 いじめ自殺が事実なら酷いけれど、しかしなんでそれで校長が殺人罪?

 自殺した高山裕太君は、その5か月前から登校拒否をしていました。 そして母親はそれをバレー部内でのいじめが原因だとして、何度も学校側に抗議していました。
 そして彼がいじめにストレスで自殺もあり得る程の重度の鬱病になっているという精神科医の診断書を3度も提出しています。

2018y06m16d_132851165

 一方学校側も彼の登校拒否を心配して、彼と話しをていたのですが、しかし学校側はいじめの存在と彼の鬱病には疑念を持っていました。

 そして校長や担任は高山君に「学校へ行こう」「このままだと出席日数が足りなくなって二年に進級できなくなるよ」と話していました。

 しかし鬱病の患者にこうしたプレッシャーを掛けてはいけない。 そしてこのプレッシャーこそが彼を自殺に追いやった。
 だからこうしたプレッシャーを掛けた校長による殺人である。

 と言うのが高見澤弁護士の理論でした。

 そしてそれを強力に援護したのが「週刊金曜日」と、鎌田慧です。 彼は「週刊金曜日」に学校側を猛烈に非難する記事を繰り返し掲載しました。

 実は鎌田慧と高見澤弁護士は友人で、鎌田は高見澤を援護する世論を煽ろうとしたのです。

IMG_5856

 一方賠償請求訴訟は、そのまま続いていたのですが、しかし幾ら母親と高見澤弁護士が「いじめによる自殺」を叫んでも、いじめの証拠は全く出てきませんでした。

 代わりにこの裁判を通して、母親の異常な言動が明らかになってきました。

 当時丸子実業のバレー部は担当教師の熱心な指導で、全国有数の強豪校でした。 しかし暴力的な指導も強権的な指導もなく、部員達はのびのびとバレーを楽しんでいたのです。

 一方自殺した高山裕太君は、格別優秀な選手ではないけれど、真面目な優しい性格で、仲間の一年生からもまた上級生達からも愛されていました。
 学業成績も一学期は随分と優秀で、教師達から見れば、母子家庭で遠距離通学をしながら、部活も勉強も一生懸命やる申し分のない生徒でした。

 ところがある時高山裕太君が、ちょっとした家出をした事から、教師達母親の異常さに気づき始めました。

 息子が家出をすれば親が心配するのは当然ですが、しかし母親はそれで怒り狂いその怒りを教師達にぶつけるのです。

 それでも最初に家出騒動は、母親が騒ぎだしてから数時間後に高山君を発見して、無事終わりました。

IMG_5863

 しかしまた高山君は家出をしました。
 そして高山君は5日後に東京で保護されたのですが、その間教師達や高山君の友人達は高山君の母親から大変な目に遭わされました。

 彼女は息子が家出したのは、学校側の責任であると言い、ひたすら謝罪を求めました。
 
 そして一方的に命令して、息子を探させたのです。 しかもその間にも繰り返し教師達を罵倒し続けました。

 高山君が家出してから、彼等だって殆ど寝ずに探し続けているいたのですが、そういう事に感謝の言葉は全くないのです。

 それでも高山君が無事東京で保護された時は一同胸をなでおろしたのです。
 教師達も友人達も心から彼を愛していたのです。

IMG_5866

 しかしその後間もなく彼は学校に行かなくなりました。 
 
 するとすぐにまた母親は学校に対して猛烈な抗議と非難を開始しました。

 息子が登校拒否をしてるのは、バレー部内でいじめがあるからだと言うのです。
 そして校長、担任、バレー部長に対して執拗に謝罪を要求しました。

 それかりか高山君のバレー部の友人達や先輩の家にも、やはり猛烈な非難と抗議の電話やFAXを繰り返したのです。

 彼女の非難と抗議は実にすざましく、この非難と抗議を受けた人達の中から、ストレスから病気になる人が続出しました。 担任に至っては糖尿病を悪化させて一か月入院しました。

IMG_5884

 またこのころから高山君の友人達に、高山君の携帯電話から高山君を名乗るメールが届きました。
 友人達は最初は久しぶりの高山君からの連絡を喜んだのですが、しかしすぐにこのメールに違和感を持つようなりました。

 高山君の携帯からのメールは、しきりに自分がいじめられて非常に傷ついている事への同意を求めるのですが、しかし彼等には高山君がそんないじめを受けていたという記憶はないのです。

 これは高山君自身からメールではない。
 明らかに高山君の母親が高山君を装って送ってくるのではないのか?

 彼等はそう思うようになったのです。

 母親は高山君を装って、高山君の友達にメールを送り、それで息子がバレー部でいじめられているという証拠をつかみたい、或いはいじめられている事にしたいようでした。

 そこで友人達はもうこの高山君の携帯からのメールには、返事をしなくなります。

 事実彼女は後に高山君が自殺した直後、詰めかけた報道陣にこのメールのやり取りを印字した分厚い書類を示して息子がいじめられた事を示すやり取りだと言ったのです。

IMG_5892

 裁判が本格化してから被告等もこの高山君の母親について、色々と調べました。

 そこで分かったのですが、この母親は文字通りのモンスターでした。

 彼女は最初の結婚で高山君と弟を生み、その後離婚して別な男性と結婚したのですが、その男性とも直ぐ離婚しています。

 彼はこの離婚裁判で、妻の暴言、暴力、虚言にいかに苦しんだかを訴え、完全に勝訴していました。 そして裁判官は妻が夫に600万円の慰謝料を支払うように命じたのですが、しかし彼女はこの支払いを拒否したままでした。

IMG_5896 
 それ以外にも彼女に関わった人間は皆酷い目に遭っているのです。
 また彼女が自殺した裕太君を子供の時から虐待やネグレクトしていた疑いも出てきました。

 彼女は一見、優しく善良に見えるのですが、だから二度目の夫も結婚する気になったわけですが、しかし一旦自分の思い通りにならない事が起きると、たちまち狂乱して、暴言、暴力を繰り返し止まらなくなるのです。

 そして自分が被害者であるとして、相手に謝罪と賠償を求めるのです。 その為ならどんな嘘でも平気で吐くし、またその嘘を他人に信じさせる為なら、どんな労力も厭わず、様々な演出や工作を行うのです。

 だから彼女に関わって酷い目に遭い、健康を害した人は過去にも何人もいたのです。

2018y06m16d_134401096

 しかし高見澤弁護士も、またその友人の鎌田慧もこうした現実は、そもそも最初から全く調べていなかったようです。

 彼は報道で高山君の自殺を知った時から、母親に感情移入していたのでしょう。

 そして完全に彼女のペースに乗せられたのでしょう。

 その意味では彼も彼女に嵌められた犠牲者の一人と言っていいのかもしれません。

IMG_5954

 そして彼は母親の話だけを聞き、また自分達の脳内での強豪運動部のイメージからストーリーを作りました。

 それは強豪バレー部だからしごきや暴力的指導が行われ、そのストレスで部員たちが仲間のいじめに走り、校長以下教師達は学校経営の為に、組織的にバレー部の闇を隠蔽しているという物でした。

 そこで鎌田慧がそのストーリーをそのまま「週刊金曜日」に掲載し、そして今度はそれが高見澤弁護士や鎌田自身にとっての真実となったのです。

IMG_5962

 その結果、学校側やバレー部員たちがいじめの存在を否定すれば、それは高見澤弁護士にとって、学校側とバレー部員による組織的で悪質ないじめの隠蔽となりました。

 またバレー部員の両親達が、高山君の母親の異常行動に苦しめられたという証言をすれば、これは学校や部員ばかりではなく、関係者全てが犠牲者をボイコットするという許しがたい行為と考えたのです。

 こんな事は絶対に許してはならない!!

 この思いが彼をして校長を殺人罪で告訴するという行動に追い込んだのでしょう。

IMG_5965

 なるほど私立の高校や大学では、スポーツでの名声も学校経営には重要でしょう。 だからこうした推理だってできなくはありません。

 しかし丸子実業高校は長野県立であり、スポーツでの名声は学校の経営にも、また教師やバレー部長の待遇にも何の意味もないのです。

 高見澤弁護士や鎌田慧の脳内では、この単純明快な事実さへ消えていたのです。

IMG_5985

 それにしてもお粗末ではありませんか?

 幾ら高山君の母親に同情としたとしても、人を殺人罪で告訴するというのがどういうことか?弁護士ならわかっているでしょう?

 人権は母親だけでなく、校長に担任にもあるのです。 殺人罪での告訴と言うのはその人権を大きく脅かすのですから、「人権派」を名乗るなら、それを真剣に考えるべきでした。

 ところが彼は人権派弁護士であるからこそ、母親の人権以外の人権には全く目が行かず、校長やその他の被告達の人権を完璧に蹂躙することをやってしまったのです。

IMG_5988

 そして裁判の結果は完璧な原告敗訴でした。
 裁判官は高山君の母親の訴えをすべて否定したのです。
 
 一方この件で告訴された被告達(学校側、バレー部員等)は揃って、原告(高山裕太君の母親)を名誉棄損で告訴しました。

 高山裕太君自殺以降、彼等は鎌田慧のようなジャーナリストの扇動に乗った人々の為に、「人殺し」と罵られて散々に苦しみ続けました。

 バレー部には全く関係のない丸子実業の生徒達も、丸子実業の生徒と言うだけでバイト先や就職の面接で「あの人殺しの高校?」など言われて、仕事を喪うようなことまであったのです。

 だからただ損害賠償請求を退けだけで済ませるわけには行かなかったのです。

 そしてここでも高山君の母親と高見澤弁護士は完全に敗訴しました。

IMG_5989

 しかしこれまで散々苦しめれた被告達は、これで許しませんでした。 被告達は揃って、高見澤弁護士の所属する東京弁護士会に懲戒請求をしたのです。

 この懲戒請求の審査の過程でわかるのですが、高見澤弁護士はここまでやっておきながら、被告等が出してきた証拠等を殆どマトモに見ていなかったのです。 文字通り高山君の母親の話と自分のストーリーだけで頭が一杯だったのです。

 因みに高見澤弁護士は元来東京在住なので東京弁護士会に所属していたのです。

 その彼がワザワザこの長野県での事件で原告の弁護士になったのは、「いじめを隠蔽する学校と戦う母親」を助けたいという正義感からです。

IMG_5959

 前記の通り、この母親は一見優しく善良そうに見える人間なので、彼女の嘘に騙された人は、高見澤弁護士だけではありません。 彼女と結婚した男性達(実はこの裁判の後もまた彼女は再婚しているのですが)も全員酷い目に遭っています。

 その意味では高見澤弁護士も被害者なのです。

 しかし恋愛ならともかく、弁護士の仕事を考えれば、自分がかかわる訴訟での相手側の証言や証拠をちゃんと調べる事もなく、ひたすら自分のストーリーだけで走り続けるというのは大問題でしょう?

2018y06m16d_153426204
 
 そして東京弁護士会はこの懲戒請求を認め、彼を懲戒したのです。

 高見澤昭治弁護士(東京)の懲戒請求の要旨

 人権派弁護士の大集団ともいえる東京弁護士会でも、この典型的な人権派弁護士を懲戒せざるを得なかったのは、これが全く政治性のない事件で、高見澤弁護士の殺人罪告訴の犠牲者が、一介の校長先生だったからでしょう。

 しかしこの事件での高見澤弁護士の行動を見ば、モリカケや財務省福田次官のセクハラに対する自称人権派弁護士達の対応も、また北朝鮮を必死に擁護するのも少しはわかる気がします。

IMG_5998

 哀しいけれど法学の知識は彼等の現実認識能力の向上には全く役に立たなかったのです。

 そして彼等は現実よりも、脳内に描く正義のストーリーで動いているのです。
 
 そのストーリーは実に短絡的なステレオタイプの勧善懲悪の物語です。 彼等はそこで正義の味方を演じたいのです。

 考えてみれば信じがたく幼稚な話ですが、しかしそれが彼等の能力の限界なのです。 これでは現実に即して自分の考えを変えるなどといことはできないのです。 
 
 ひたすら自分の脳内の正義の為に走り続ける。
 
 しかしこれは考えてみれば、あの高山裕太君の母親と全く同類ではありませんか?
 人権派弁護士高見澤昭治が、あの母親に共感し暴走するのは、当然ではありませんか?


  1. 古本
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2018-06-15 12:17

北朝鮮問題から見るパヨクの国家・平和・人権

 北朝鮮と拉致の問題を見ると、パヨクの国家・平和・人権感覚が良くわかります。

 昨日はブロゴスでこんな記事を拾いました。 この記事の著者猪野弁護士は、自称人権派+自称リベラル+自称平和主義者=パヨクの典型で、毎度毎度ブロゴスでパヨク記事を書いているのですが、今回もパヨク的思考の典型を示してくださいました。

IMG_6094

同声明は第一歩 非核化の具体性がないからダメではない 米艦軍事演習の中止を歓迎する
  • 猪野 亨


  • 米朝共同声明
  • 多くのマスコミがこの米朝共同声明に対し、具体的な道筋が示されていないという論調であり、ある意味では非難が込められています。
  • 米朝あいまいすぎる合意 結局、北朝鮮の主張ほぼ丸のみ」(朝日新聞2018年6月13日)

    これまでも何度も「非核」という北朝鮮の言動に翻弄されてきたということも背景にあるのかもしれません。

    しかし、この米朝会談の直前まで相互に威嚇ばかりを繰り返してきただけでなく、米国トランプ氏はみさかいのない行動に出るのではないかという不安が常につきまとう人でしたので、今回の米朝会談の実現は、平和を望む人たちにとっては何とも言えず、胸をなで下ろしたのではないでしょうか。

    この米朝会談の実現は、ひとえに韓国の文在寅大統領の尽力のたまものです。米朝それぞれの指導者がどんなに挑発的な行動を繰り返そうとも会談の実現のために文氏がいろいろと演出に苦労してきたことが実現に結びついたのです。

    これに引き替え、日本の安倍政権ときたら米国に追従どころか煽るだけの立ち回りしかしてこなかったのですから、本当に恥ずかしい存在です。

    制裁強化だとか、二言目には拉致問題がというのですが、それはそれです。まずは朝鮮半島、極東の平和の実現こそが大事なときであり、相互の信頼関係を築かなければ何事も進展しません。

    拉致問題も同じで、今のままで「強行」姿勢をとり続けて何が解決しますか。明らかに日本国内向けのポーズにしかなっていないわけです。

    日本政府の対応でさらにずれているのが、米国トランプ氏が米艦軍事演習の中止の表明に対して、「懸念」を表明したことです。
    安堵した矢先の米韓合同演習中止 日本の安全保障どうなる?」(朝日新聞2018年6月13日)

    「米韓演習、在韓米軍を含め東アジアの安全保障に重要な役割を持っている。北朝鮮は非核化の約束はしたが、具体的な動きが見えない中で、我々が警戒監視を変えるような態勢は考えていない」。

    小野寺五典防衛相は13日、記者団にそう語り、トランプ氏の意向表明に懸念を示した。

    普通の感覚があれば、この時期だからこそ北朝鮮に向けられた軍事演習など中止して当然です。

    突如としてトランプ氏が発言したそうですが、思いつきとはいえ英断です。「懸念」を示す方がどうかしています。一方で軍事演習を実行しながらその対象国に核兵器を廃絶せよなんて言ってみても説得力はないではありませんか。

    日本政府は、米朝関係が円満になっていくよりも、対立してもらっていた方がいいという動機が透けて見えます。

    煽るだけ煽った…

    [画像をブログで見る]

    考えてみれば北朝鮮が求めているのは国家指導体制の保障です。そのために体制保障を担保するものが核兵器だったわけです。経済支援も欲しているでしょうが、それは北朝鮮が国として、海外の投資に対して安全を保障することによってのみ実現するものです。

    もともと米国トランプ氏がこの極東地域において軍事力を行使したいという気持ちは中東ほどではないのでしょう。

    イスラエルの米国大使館をエルサレムに移転させるのも利権と集票のためというように大きな利害がありますが、そのためにはイランとの核合意ですら反故にするという暴挙までやってのけています。世界からひんしゅくを買おうとも全く意に介さない強者です。

    逆に北朝鮮に関してはそうした意味での利害などありません。米国本土の安全さえ確保できれば、後はどうでもいいという程度の問題です。

    米韓合同軍事演習中止や在韓米軍の削減などは米国にとっては経費削減の意味しかありません。

    そうしたトランプ氏の姿勢であるにも関わらず、米国頼みの強硬姿勢をとり続けた安倍政権は本当に滑稽です。

    もちろん今回の米朝会談が実現したことをもって将来に渡って平和が実現するという保障はありませんが、しかし、実現しないより実現した方がいいに決まっていますし、これ自体がまた再度の第一歩にもなるものです。

    IMG_6110

     米朝会談についての評価は、賛否様々ですから、ここで猪野弁護士の意見には書きません。 また延々と安倍総理の悪口を書いていますが、これもこの人の毎度のことなので敢えて反論はしません。

     しかし面白いのはここです。

    考えてみれば北朝鮮が求めているのは国家指導体制の保障です。そのために体制保障を担保するものが核兵器だったわけです。

     自称でも人権派でリベラリストでしかも平和主義の猪野弁護士は、なんと北朝鮮が自国の国家指導体制を保障するために核兵器を保持することを、認めているのです。

     そして安倍総理や小野寺防衛相に対しても、つまりは北朝鮮の核兵器は国家指導体制の保持の為であるのだから、それを強硬政策で放棄させようとしている事です。

     つまり猪野弁護士にとっては、国家指導体制を保持するためなら国民を大量に餓死させて核兵器を保持するのは無問題と言う事なのです。 

     そして戦争の危険を煽るのは、こうした独裁者に核保有を認めない方だという事になります。

     なるほど・・・・、それはそれで一つの意見です。

    2018y06m15d_123403898

     しかしここで大変不思議に思うのです。

     なぜならこの人はこれまで、米軍基地やアメリカの軍事行動、安倍政権の憲法改正など、おおよそパヨクと言われる人が話題取り上げる全ての事柄について、日本、アメリカ、安倍政権を非難してきました。

     また朝鮮学校や慰安婦問題については、「人権が~~!!」と言って日本政府を非難してきました。

     しかし国家指導体制を保持するために、自国民を大量の餓死させて核兵器を作る事を無問題と言うなら、安倍政権だってアメリカ政府だって、戦前の大日本帝国だって、またヒトラー政権だって非難するべきではないでしょう?

    2018y06m15d_123644499

     だってヒトラー政権が軍備を増強して戦争に走ったのは、ナチスの指導体制を守る為です。

     それにヒトラー政権は当時の世界で最も民主的なワイマール憲法によって、合法的に選出された政権で、ソ連の傀儡として政権を取りそれを世襲している金王朝などより、遥かに民主的に正当性のある政権なのです。

     またヒトラーやユダヤ系や障碍者などの自国民を大量に殺しましたが、これは金正恩が現在もやっている事です。 そしてヒトラーは少なくとも自分の政権を守る軍備の為に、ドイツ国民を飢餓に追い込むようなことまではしていないのです。

     猪野弁護士が金正恩政権を擁護する以上、ヒトラー政権を非難できないはずです。

    IMG_6105

     ましてアメリカや日本を非難する理由はないでしょう?

     だって猪野弁護士が非難してきたアメリカの戦後の戦争は、皆アメリカの国家指導体制を守る為です。 しかもそのアメリカの国家指導体制とは民主主義なのです。

     アメリカがその民主主義を強制してできたのが、猪野弁護士達パヨクの大好きな日本国憲法ではありませんか?

     そういう国がその素晴らしい国家指導体制を守る為に基地を作り、戦争をすることに何の問題があるのでしょうか?

    IMG_6208

     当然ですが、安倍政権の憲法改正を非難するのもおかしいのです。

     だって安倍総理が憲法改正を進めるのは、日本の国家指導体制が、中国など近隣の独裁国家により軍事的に脅かされているからです。

     北朝鮮がアメリカの軍事力に脅威を抱き、国家指導体制保持の為に国民を餓死させて核兵器を持つ事が無問題なら、日本が中国の軍事力に脅威を抱き憲法を改正することに何の問題があるのでしょうか?

     それどころか日本の核保有だって認めるべきでしょう?

     しかも日本は憲法を改正しても、国民が餓死するわけでもないのです。 そして中国やロシアを除く世界の国々、特に中国・韓国・北朝鮮を除くアジア諸国は、日本の憲法改正と軍事力増強を切望しているとさえいえる状況なのです。

     つまりこの猪野弁護士の言い分は、日本の憲法改正やアメリカの世界的な軍事的プレゼンスを正当化するものではありませんか?

    2018y06m15d_124012222

     勿論、戦前の大日本帝国の行動だって全く非難する理由はなくなります。

     猪野弁護士によると戦前の日本の戦争は全て侵略戦争だったそうです。 しかし猪野弁護士によれば国家指導体制を保持するためには国民を餓死させて核兵器を持つ事だって無問題なのです。

     その理論から言えば大日本帝国だって、国家指導体制を守る為にやっただけと言うしかありません。 何しろ当時は帝国主義全開の時代でした。

     欧米諸国にとって有色人種の国と言うのは、自分達の植民地として支配搾取してよい国だったのです。 そういう立場に置かれた国が、自国の独立を守り「国家指導体制を保持」するためには、彼等に負けない国力をつけるしかないのです。

     まして日韓併合など、完全に対露防衛上の必要性から行った事です。

     しかも日本統治中には、北朝鮮の政権で行ったような大量粛清も大量も餓死も起きていないのです。 日本統治前の李朝では大量餓死は再々発生していましたが。

     それでは一体、猪野弁護士等パヨクは何でアメリカや日本やそしてヒトラーを非難するのでしょうか?

    IMG_6166

     本来、人権やリベラリズムを看板にするなら、むしろトランプ大統領や安倍総理を以上に、北朝鮮の独裁体制を非難するべきでしょう?

     実際、欧米の人権派、リベラリストと言われる人々は、北朝鮮の人権状況や中国によるチベットやウィグルでの人権侵害も非難しています。

     またシリアのアサド政権など、中東やアフリカの独裁政権による人権侵害にも敏感で、こうした政権に対する米軍の軍事行動も支持しいます。

     同様、リベラル政権と言われたフランスのオランド政権は、西アフリカで起きたボコハラムの争乱について、アメリカの介入を要求し、断られるとフランス軍を出しています。

     つまり普通人権派、リベラリスを名乗る人達は、人権侵害をする政権が「国家指導体制を保持」する事など絶対に許さないのです。

     そして今回の米朝会談の結果についても、アメリカ議会は民主党も共和党も、独裁者への対応が甘すぎると言って、トランプ大統領非難しているのです。

    IMG_6137

     ところが大変不思議な事に、日本の自称人権派、自称リベラリストは、民主主義国家が国家指導体制を守る為に、基地を作ったり、憲法を改正したりすることは、キチガイのように非難するのに、世界でも最悪クラスの独裁政権が国家指導体制を保持するために、国民を餓死させることは全く非難しないのです。

     それどころか朝鮮学校など、こうした独裁体制を礼賛する教育をする学校に公費をつぎ込まない事を非難するのです。

    2018y06m15d_124246181

     ワタシはネトウヨですから、国家は大切だと思っています。 またどんな国家でもそれぞれ自国の国家指導体制を選ぶ事はできると思います。 そして他国はできる限りそれを尊重するべきだと思います。

     しかしそもそも政権を取った正当性も怪しい独裁政権が、その国家指導体制を維持するためだけに、国民を大量に餓死させても核兵器を作り、挙句に隣国を繰り返し「火の海にする」と脅しまくる、他国の民間人を大量に拉致する、生物化学兵器や核兵器を他の独裁国家やテロリストに売りつける・・・・・、など言う事をやり続けるとなると・・・・・。

     いかに他国のこととは言え、こうした国家指導体制を放置してよいのだろうか? 

     少なくとも人権・リベラリズム・平和を尊重する人間であれば、こんな政権は放置してはいけないと考えるべきではないでしょうか?

    2018y06m15d_124437211

     ところが大変不思議な事に、日本は人権・リベラリズム・平和を看板にして騒ぐ人達が、こうした国の国家指導体制の保持を全面的に支持しているのです。

     そして国家指導体制を守る為なら国民を餓死させて核兵器を作るのも構わないというのです。

     国家指導体制を守る為なら、国民はいくら犠牲にしても良い。 国際法も守らなくてもよい。

     こういう立場を支持する人を、普通は国家主義者、或いはファシストと言います。

     しかもムッソリーニやヒトラーだって北朝鮮の三代金政権程は悪質ではなく、ヒトラーやムッソリーニの支持者だてって金政権程悪質な政権は支持しなかったでしょう。

    IMG_6244

     けれどもこの猪野弁護士と同様の意見は、日本の自称人権派、自称リベラリスト、自称平和主義者の間では特別な物ではなく、むしろこれこそが彼等の共通認識その物なのです。

     一体日本の自称人権派、自称リベラリスト、自称平和主義者って何なのでしょうね?

     本人達は自分達が世界のリベラリズムや人権や平和主義から外れている事に気づいているのでしょうか?

     それとも確信犯でやっているのでしょうか?

     是非彼等の脳内を覗いてみたいです。

    1. 戦後民主主義
    2. TB(0)
    3. CM(14)

    2018-06-14 21:34

    相変わらず

     先日、よもちゃんのことを心配してくださるコメントを頂きました。
     ご心配かけてすみません。
     でもご安心ください、よもちゃんは元気です。

     つまりよく寝て、よく食べて、よく遊んでいるのです。


    IMG_6027

     Zzzz・・・・・。

    IMG_6029

     ???
     今何時?
     まだ、夕方じゃないのね。 だったら、少しパトロールでもしようかしら?

    IMG_6032

     やれやれ、今日も天気が悪いわね。 それに6月も半ばだというのに、この肌寒さ。 一体どうなっているんだろう?

    IMG_6038

     それでも同居人が何とか起きられるようになったんだから文句を言っちゃダメよね?
     同居人ったら3日も寝込むから、ワタシはロクにパトロールにも行けなかったのよ。 あいつはそれでなくても取り柄のない人間なのに、その上病持ちと来てるんだから。

    IMG_6036

     よもさん、こんにちわ!!
     パトロールご苦労様です。

    IMG_6039

     こんにちわ、ジャーマンアイリスさん。 こんな天候なのに、綺麗に咲きましたね。

    IMG_6068

     有難う御座います。
     だって今咲かなかったら、咲けないですから。

    2018y06m14d_200210700

     こんにちわ、よもさん。 私達も咲きましたよ。

    IMG_6040

     あら、キングサリさん、こんにちわ。 相変わらずお綺麗。
     でもキングサリさんも寒くて大変でしょう?

    2018y06m14d_201732942

     チョッと、よもさん、気を付けた方が良いわよ。
     あのキングサリって毒があるんだから。

    IMG_6069

     ホントよ、よもさん。 嘘だと思ったら、「キングサリ 毒」で検索したらよいわよ。 あれは毒草なのよ。

    IMG_6042

     それはどうも。 でもワタシはキングサリさんを食べませんし、同居人には食べないように言っておきます。

    2018y06m14d_200435491

     全く、お花さん達との付き合いって気を遣うわ。
     皆自分が一番綺麗だと思っているから大変なのよね。
     それにお花さんには綺麗より他に何もないんだし。

    2018y06m14d_200504072

     あ~あ、ああいう綺麗な人達の相手をしていると気疲れするわ。

    2018y06m14d_200529423

     そこへ行くとうちの同居人みたいに、徹底的に取り柄のない奴の相手は気楽と言えば気楽よね?
     だから文句を言っても仕方ないのかも?

    2018y06m14d_200552194

     とにかくこうして同居人と暮らすのはワタシの前世からの定めなのよ。
     それにこの世に生きる者は全て何らかの苦労を抱えているのよ。

    2018y06m14d_200609292

     現にあのお花さん達だって、あんなに綺麗に咲いてるけど、何しろこの寒さだから随分辛い思いをしているはずだわ。
     だからそのストレスで、他のお花の悪口の一つも言いたくなるのは仕方がないわ。

    2018y06m14d_200627180

     そういう悪口を聞いて、お花さん達のガス抜きをするのも、パトロールの仕事の一つなのよね。

    2018y06m14d_200647580

     そういう愚痴を上手く聞いてやり過ごせないと、きっと管理職は務まらないし、出世もできないのよ。

    2018y06m14d_200742863

     そこへ行くとトランプ大統領なんかすごいわ。 金髪美人の奥さん何人も取り換えながら、現妻と元妻を揉めさせないし、子供達も仲良くさせているんだから。
     歴史的にはユリウス・カエサルとか神聖ローマ帝国皇帝フリードリッヒ二世とかが、同じように沢山の愛人をさばいていたのよね。
     
    2018y06m14d_200921007

     こんにちは、よもさん。 
     
    IMG_6063

     こんにちわ。 皆さん、お元気ですか? 
     毎日、寒くて雨ばかりだけれど、大丈夫ですか?

    IMG_6252

     大丈夫です。 みんな頑張っています。
     こんな寒さなんかには負けません。

    IMG_6059

     お花さん達、ホントに立派だわ。

    2018y06m14d_201647436

     結局パトロールに出てワタシが励まされたのね。
     だったらワタシも、家に帰って同居人に活を入れてやりましょう。


     よもちゃんは元気にパトロールから帰ってきました。
     
     しかし今日もホントに暗く冷たい日でした。 お陰で朝からずうっとストーブを焚いていました。
     
     それで今もストーブを焚いています。
     そしてよもちゃんは勿論、ストーブの前の一番暖かい場所で寝ているのです。

    IMG_6257

     Zzzz・・・・・。

     
     相変わらずのよもちゃんです。

    1. 猫の生活
    2. TB(0)
    3. CM(8)