FC2ブログ

2020-07-10 22:50

日本には拉致被害者が帰国したら絶対困る人達が沢山います

 北朝鮮による拉致の被害者が帰国したら、一番困るのは誰だと思いますか?

 ワタシは日本にいる親北朝鮮勢力だと思います。
 特に直接、北朝鮮の日本人拉致に協力してきたり、またその協力者を支援しきたりした勢力です。

 金正恩や金一族、北朝鮮の高官は勿論、北朝鮮の拉致実行犯やその関係者は全然困りません。
 
 だって日本人なら誰だって考えますよね?
 
 そりゃ拉致実行犯は処罰したいけれど、でも何よりも拉致被害者の帰国が大切だ。 
 だから拉致被害者さへ帰国できるなら、拉致実行犯の処罰なんかあきらめてもよい。

 って。
 
 だから拉致被害者さへ全部帰ったと確認できるなら、北朝鮮側の人間は一人も処罰できなくても、良いという事になるでしょう?

 だったら北朝鮮としても拉致被害者を返してもそんなに困らないはずです。

 横田めぐみさんや田淵八重子さんが、北朝鮮の工作活動の秘密を知っていると言っても、そんなのもう大昔の話でしょう?
 今更ばれても実際の情報戦での価値はもうないでしょう?

 だったらそんなモノを後生大事に抱え込んでいるより、拉致被害者なんかさっさと返して、経済援助でも貰った方がマシでは?

 だったらワタシが金正恩なら拉致被害者は全部そろえて返すから、経済制裁をやめて経済支援をしろと言います。
 そして拉致実行犯の処罰は北朝鮮でやると言っておきます。

 しかしこれを言われると実は日本は非常に困るのです。
 特に安倍さんは辛いでしょう?

 だって拉致被害者を返してほしいのはやまやまです。
 でも北朝鮮が核開発をやめない限り、日本としては拉致被害者を返してもらっただけは、経済制裁をやめるわけにはいかにないのです。
 
 そんな事をしたら日米同盟が破綻するし、そして中国が侵略姿勢を強める中、日米同盟を棄損するようなことは絶対にできないのです。

 だから拉致被害者の返還は北朝鮮が日本を揺さぶるには最高の交渉材料なのです。
 さらに言えばアメリカの北朝鮮攻撃を想定した場合、北朝鮮は拉致被害者を人質にできるのです。

 しかし逆に言えば日本にとっては幸いな事に、北朝鮮は自分から「横田めぐみさんたち拉致被害者は全部死んだ」と言ってくれるのです。
 これだとイザ、アメリカが北朝鮮を攻撃する事になっても、日本政府は安心してアメリカを支援して北朝鮮を攻撃できます。

 だったら何で北朝鮮は何で必死に拉致被害者は全部死んだ事にして頑張るのでしょうか?

 ワタシはだから拉致被害者の帰国に反対しているのは、実は金正恩など北朝鮮首脳の意思ではなく、日本にいる親北朝鮮勢力だと思うのです。

 だって北朝鮮側の実行犯は拉致被害者が帰国しても、北朝鮮にいれば何の心配もありません。

 しかし日本にいる拉致実行犯やその協力者や、またこういう連中と関係していた団体や組織は無事では済まないでしょう?

 今現在でも警察はこういう連中のことをかなり調べて、犯人の目星をつけているのです。 実際、原 敕晁さんの拉致実行犯も協力者だった在日コリアンなど全員わかっているのです。
 
 しかし原さんが帰国できないため、結局誰一人逮捕も起訴もされていないのです。

 けれども原さんが帰国されたら速攻逮捕起訴になるでしょう。
 
 拉致被害者がそろって帰国すれば、こうした日本における拉致実行犯やその協力者は一網打尽になります。
 そしてそうなると彼等の関係した団体や組織も壊滅するし、政治家は政治生命を喪います。

 だから彼等は拉致被害者は絶対に帰国させたくないのです。
 
 逆に言えば北朝鮮の方がむしろ拉致をネタに、彼等を脅迫して更なる奉仕を要求しているのかもしれません。
 
北 外貨が足りないから拉致被害者返して、日本からもらうニダ。

 首領様、それだけはやめほしいニダ!!
 そんな事をされたらウリは日本でパチンコ屋やっていられないニダ!!
 
北 だったらもっと上納金貢ニダ!!

 こういう事になっているのでは?
 そして同様な立場に陥っている日本人の政治家や政治団体も沢山あるのでは?

 で、コイツラが必死になって拉致被害者の帰国を妨害しているのでしょう?

 実は有田ヨシフに関してこんなリンクをみたのです。
 面白いのでぜひリンク先を見てください。
  

 なんで有田ヨシフやその仲間たちが、拉致被害者の周りに群がるのかも、妙に腑に落ちるのです。 
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2020-07-10 13:25

薔薇に酔う その3

 7月6日はロイズローズガーデンに行ってきました。

50095892191_05054142bb_z.jpg

 家を出たのが1時過ぎ、ローズガーデンについたのが2時過ぎです。

50095905781_afd2fd400e_z.jpg

 それから延々と薔薇の間を彷徨いました。

50095898926_654f4baaa5_z.jpg

 一昨年行った時は、園内で薔薇のソフトクリームというのを売っていたので、それを食べて休憩したのですが、今年はコロナのせいなのか何なのかソフトクリームは売っていませんでした。

50096131137_aa006344ac_z.jpg

 それで休憩もなしに、ひたすら薔薇を見て、写真を撮り続けました。

50095905781_afd2fd400e_z.jpg

 ここはそんなに広いわけではないのですが、しかし園内が迷路のようになっており、そこにくまなく薔薇を中心に無数の花々が植えてあるので、もうこれでもかという程の花が咲いているのです。

50095330183_713e038f40_z.jpg

 そうこうするうちに日は傾き、風が涼しくなってきました。

50095341658_9577f9b909_z.jpg

 この日は快晴で、それまで延々と続いてた雨と曇天が嘘のようでしたが、その分結構暑かったのです。
 多分今年一番の暑さだったでは?と思います。

50095922186_2d234af03d_z.jpg

 しかしその暑さも4時過ぎるとすっかり引いて、世にも心地よい気温になりました。

50095930416_59f470d6ce_z.jpg

 周り中薔薇で一杯ですから、風は薔薇の香りに満ちています。

50095925636_5bf4fe3fc5_z.jpg

 太陽の光は金色を帯びて傾きながら薔薇を照らします。

50095349728_38e9cb7ebf_z.jpg

 すると薔薇は一段と優美に微笑みます。

50095943306_0a40f3f21b_z.jpg

 実はワタシは真昼の光より、夕暮れの光の方が好きです。
 午後遅くの傾いた光の方が、上手く写真が撮れる気がするのです。

50096163817_915c97b9b4_z.jpg

 太陽の光が傾いて、影が長く伸びていく・・・・。
 そういう光が好きなのです。

50095938611_2710f44ed1_z.jpg

 そして4時過ぎになって、漸くそういう光が園内を満たすようになりました。

50096190637_fa8cdd1df2_z.jpg

 だからますますテンションが上がります。

50095372748_20352a3de2_z.jpg

 それで園の外まで薔薇を追っていきました。

50095953656_477d849d7a_z.jpg

 この薔薇園は工場の庭なので、園の周りは高い鉄製のフェンスで囲まれているのですが、しかしそのフェンスにも薔薇が絡んでいるのです。

50096211382_35e729a474_z.jpg

 本当に薔薇の洪水なのです。

50096213422_6eeb81b6f9_z.jpg

 しかし閉園時間が迫ってきました。

50096215752_efd8b2bed1_z.jpg

 それで閉園までには十二分に薔薇を堪能することができました

50095989196_7f0fc2f391_z.jpg

 本当に素晴らしい一日でした。

50095413783_922202135f_z.jpg

 因みにこの日、ローズガーデンに行っておいたのは大正解でした。

50096227532_32ae3532b9_z.jpg

 だって翌日からまた天候が崩れだしたのです。

50096235732_dd3ce94bc5_z.jpg

 今日は早朝は晴れていたけれど、なんか段々曇ってきてしまいました。

50096240697_32376d4372_z.jpg

 だからこの日の薔薇の洪水と青空はすべて夢だったような気がします。
 薔薇に泥酔してしまったので、あの薔薇の洪水は現実の物だったと思えなくなってしまったのです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2020-07-08 16:54

薔薇に酔う その2

 一昨日、ロイズローズガーデンに行ってきました。

50089592702_75dc88319d_z.jpg

 この薔薇園のことを知ったのは、4年程前、散歩中のことです。
 散歩中に見事な薔薇の咲いているお宅があって、その薔薇に見とれていたら、そのお宅の方からこの薔薇園のことを教えてもらったのです。

50088777608_36c1fc3620_z.jpg

 それでその年と翌年は、行ったのですが、一昨年はなぜかいきそびれてしまい、去年は6月に腕の脱臼をやってしまって行けませんでした。

50089595687_f77e9c773d_z.jpg

 だから今年こそは行きたいと思っていたのですが、しかし6月半ばから延々と悪天候が続いたので、もう行けないんじゃないか?と、半ばあきらめていたのです。

50089597942_c8cc9546f5_z.jpg

 しかし6日は奇跡のような快晴になりました。
 それで午後から、出かけたのです。

50089360561_a96b9f9693_z.jpg

 2年ぶりに見る薔薇は本当に見事でした。
 
50089362141_f56bdeac17_z.jpg

 そもそも6月半ばから雨と曇りばかりで、ろくに外出もできず、だからこうして花を見る事も殆どなかったので、この花の洪水には大感激しました。

50089612637_2153b31992_z.jpg

 それで殆ど痴呆状態でやたらに写真を撮ってしまいました。

50089378916_644ffe62e2_z.jpg

 撮ってどうなるというモノでもないし、全然いい写真は撮れないのだけれど、やっぱり撮ってしまうのです。

50089615597_2b3d326b2a_z.jpg

 それでこの日、700枚ぐらい撮ってしまいました。

50089382526_1bb1bb7b0e_z.jpg

 だから今回、アップするときにちゃんと吟味できなくて、なんか下手な写真ばかり数上げるという状態になってしまいました。

50089405296_b128331fbe_z.jpg

 でも仕方ないです。
 そういえばこの頃、天気が悪くて散歩をして写真を撮るという事も、殆どやってなかったのか、なんかすっかり要領も悪くなってしまって・・・・・。

50089406451_989d3354a1_z.jpg

 とにかくワタシは園内を埋め尽くす薔薇の洪水の中を、薔薇に酔って闇雲に歩きまわり、写真を撮りまくっていたのです。

50089415611_174ddf5a19_z.jpg

 とはいえ実はこの薔薇園はそんなに広くありません。
 けれども園内、くまなく花で埋め尽くされており、花の迷路のようになっているので、歩き回ると随分と広いような気がするのです。

50089666912_e9cd80b848_z.jpg

 それでも普通に見るだけなら1時間で十分ではないかと思います。
 でもワタシは写真を撮りながらぐるぐる同じところを回り続けたので、3時間近くもここで過ごす事になりました。

50089430301_c764f394c4_z.jpg

 そうやってぐるぐる回っている間に、少し日が傾いてきました。

50088861258_6485004723_z.jpg

 この日は今年一番の暑さだったのですが、しかし日が傾くと一気に涼しくなりました。

50088862538_b757f6aa88_z.jpg

 風が爽やかになり、その風が薔薇の香りに満ちています。

50089505036_2eca0e3387_z.jpg

 薔薇の花を照らす光が、金色の陰影を帯びてきます。

50088946603_74cb137640_z.jpg

 ワタシはこうやって薔薇に酔いながら、またまた薔薇のトンネルに入り込んでしまいました。

50089516981_913f608635_z.jpg

 それでまた同じような写真を撮ってしまうのだけれど、酔っぱらっているのだからどうしようもありません。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2020-07-08 13:54

薔薇に酔う

 一昨日、7月6日はロイズローズガーデンに行きました。

50089271817_6f7594245d_z.jpg

 札幌は6月の半ばから天気の悪い日が延々と続いたので、今年はもうローズガーデンには行けないのか?と思っていたのですが、しかし6日は奇跡のような快晴でした。

50088466588_781b813d9e_z.jpg

 ロイズローズガーデンは実は、ロイズというお菓子メーカーの工場の庭なのですが、そこが見事な薔薇園になっているのです。

50089282107_2a49b4a4e0_z.jpg

 今年は天気が悪かったうえ、コロナ騒動もあって、どうなっているのかと心配したのですが、薔薇は見事に咲いていたし、普通に入場できました。

50089283812_b251142c6c_z.jpg

 ここは入場無料だし、車を使えばそう不便でもないのですが、しかし公共交通機関はJR以外ないせいか、あまり知られていません。
 
50088472273_4ea7c5a16f_z.jpg

 それで快晴で薔薇が満開でも、客は殆どおらず、のびのびと見学できました。
 園内のベンチにはどれも、ソーシャルディスタンスを守れと言う注意書きが、貼ってありましたが、でもソーシャルディスタンスの心配を全くする必要のない人数でした。

50088475548_d6d93fa0b8_z.jpg

 厳密にいうと、薔薇は少し盛りを過ぎていました。
 それでもう散り始めていた薔薇も結構ありました。

50088478538_dc7b1d9e63_z.jpg

 しかし薔薇の品種はすごく多いので、今が満開という薔薇も沢山あるし、沢山蕾をつけてこれから咲こうという薔薇も沢山あるのです。

50088480788_c0dc2c91d7_z.jpg

 札幌で薔薇が咲き始めたのは6月半ばからです。
 薔薇は元来、花期が長い上、こうして沢山の種類があると、この後まだ半月は咲き続けるでしょう。

50089297402_41915b8d45_z.jpg

 だからこの日も園内にあふれるほどの薔薇が咲いていました。

50089306427_ff4d65d682_z.jpg

 ワタシの大好きな薔薇のトンネルも見事に咲いていました。

50089348427_54a3aa16d7_z.jpg

 全長20mぐらいでしょうか? 
 幅はせいぜい1m。
 人一人が通るのがやっとです。

50088514623_ae1d3c3aa3_z.jpg

 ここに入ると、頭上も両脇もすべて薔薇に囲まれます。

50088501133_5685c6c737_z.jpg

 この日は多分、今年一番の暑さだったと思いますが、しかしトンネルの中は日陰涼しかったです。

50089317877_5ecb4a2374_z.jpg

 こうしてトンネルを通って、これでもかというほどに薔薇に囲まれると、薔薇に酔ってしまいます。

50088518118_4a3fe37354_z.jpg

 周り中が薔薇なので、薔薇の香りが辺りに充満しています。

50088527408_9d661137b4_z.jpg

 例年ならここでは薔薇のソフトクリームを売っています。
 でも今年はどうやらコロナのせいで、ソフトクリームの販売はやめちゃったようです。

50088530698_d199ea7fca_z.jpg

 薔薇のソフトクリームがあると、目も鼻も口も薔薇で一杯にできたのですが、しかし目と鼻だけでも、十分です。

50089119436_eb2dd28af1_z.jpg

 この上もなく豪華で贅沢な時間を過ごせました。

50088742438_04a184821f_z.jpg

 美しいモノを見るって、本当に幸せですね。

50089364167_6403b8bc5c_z.jpg

 ワタシは何度もトンネルの中を行き来しました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2020-07-04 14:49

青空

 一昨日のエントリーであんまり哀れっぽく雨を嘆いたせいでしょうか?
 昨日は久々の快晴でした。
 だからワタシはよもちゃんにお留守番を頼んで、パンと野菜を買いに行きました。


 よもさん、ワタシはパンと野菜を買いに行くから、お留守番しててね。

50073603858_17a39dc465_z.jpg

 ???

50073578533_fb1421caa3_z.jpg

 よもちゃんは寝ぼけ眼でお留守番を引き受けてくれました。
 外に出ると久しぶりの青空でした。

50073580188_5c2022f507_z.jpg

 しかし何というか、妙に空気は湿っぽくて蒸し暑く、雲もないのにあまり明るくなくて、なんだかしゃっきりしない、あまり爽やかでもない天気です。

50074399077_a535461b86_z.jpg

 でもとにかく雨の心配なしに外出できるのは、何日ぶりでしょうか?
 だからそう贅沢も言えないのです。

50074152531_ff408289d0_z.jpg

 久しぶりに発寒川沿いの公園を抜けると、夏の花々がカレンダー通りに咲いています。
 あんなに肌寒く陰気な日が続いたのに、花々は健気にも暦通りに咲くのです。

50073584748_fdef009165_z.jpg

 だって夏が遅れるからと言って、冬が来るのが遅くなる保障はないのですから、頑張って今のうちに咲くしかなのでしょう。
 だから道すがらの家々の庭には夏の花が一杯なのです。

50074154626_4924f6bb92_z.jpg

 そして緑も滴るばかりです。
 春の淡く柔らかい緑ではなく、深く暗い夏の緑です。

50074405712_1a01151ebb_z.jpg

 お陰で山の上の農家の直販所にも、野菜が豊富に出ていました。
 ワタシは小松菜と水菜とラディッシュを買ったけれど、どれも量が多くて・・・・・。

50074160426_b75594d2bd_z.jpg

 小松菜や水菜が一束100円というのは、スーパーと同じだけれど、スーパーの束の3倍はありそうな量を、ビニール袋にギュウギュウ詰めにしているのです。
 ラディッシュは玉のところだけ、ビッシリと袋詰めで、これで100円です。

50074159431_1ece660837_z.jpg

 だから全部たったの300円ですが、しかし一人暮らしなのですから、幾ら安くてもそう色々買うわけにもいかないのです。

50073593268_7601d52f7d_z.jpg

 パンも沢山買い込みました。
 食パンを一本、3斤分、耳をつけて4枚切りにしてもらい、それに前日安売りパンを二つ買いました。

50074412522_f1c19c6168_z.jpg

 パンは前日の物は味が落ちるという事で、安売りになるのです。
 しかし本当はそんなに味が落ちるわけもないし、トーストすれば十二分に美味しいので、ワタシは自分の好きなパンが安売りになっていると必ず買います。 
 そして近日中に食べる分以外は冷凍しておきます。

50074164421_1154068004_z.jpg

 だからいつもパン屋さんに行くと結構大量に買い込むのです。
 この前行った時も、今回以上に大量に買い込んでいたのですが、しかしその後延々と雨模様の日が続いたので、遂に全部食べつくしてしまったのです。

50074414587_75677c5cdb_z.jpg

 こんな事は初めてです。
 今まではいつもパンが減ってきたら、散歩がてら補充に行くので、パンが切れる事なんてなかったのです。

50073598068_5b6fe8005e_z.jpg

 ワタシがそうやって雨に降りこめられている間に、薔薇は盛りを過ぎたようです。
 これだと薔薇が咲いている間にロイズローズガーデンに行くチャンスはあるのでしょうか?

50074417512_632ee249d8_z.jpg

 実は昨日までは今日ローズガーデンに行く予定でした。 
 だって天気予報では、今日も快晴だったのです。

50074418132_2554d424d9_z.jpg

 しかし今日は早朝は晴れていたのですが、その後ドンドン曇ってきました。
 それで外出は中止しました。
 タイチョウ殿もまた不機嫌になっているし・・・・・。

50074170171_91a54709a8_z.jpg

 そして天気予報では明日からまた雨なのです。
 だから昨日の湿っぽい青空も、実は貴重な青空だったという事になります。

50073601418_82882354a3_z.jpg

 気温も当分、低いままのようです。 
 それでも盛夏の花、タチアオイも咲き始めていました。
 写真に気温は映らないので、写真だけ見れば立派な真夏なんだけれど・・・・・。

50073601973_e9cfb444f5_z.jpg
 
 他の買い物を色々済ませて、帰宅するとよもちゃんは、まだお昼寝中でした。
 よもちゃんはこの頃は、昼間は専らお昼寝して、夜になるとはしゃぎだすのです。
 困ったものです。
 
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(24)