FC2ブログ

2019-03-17 15:18

ニュルンベルグ裁判史観の呪い 西洋の自死

 ワタシはネトウヨなので、WGIPとか自虐史観とかを一応は知っています。

 チャンネル桜なんかによると、日本が大東亜戦争に敗戦した後、日本を統治したGHQは日本国民に対して大東亜戦争について「日本は悪、連合国は正義」と言うプロパガンダを行いました。

 戦前・戦時戦争推進のプロパガンダを続けていた言論人、団体、或いは朝日新聞やNHKなどの大手メディアは、敗戦直後からこの連合国側のWGIPのプロパガンダに協力する事で、戦犯として訴追を免れ、生き延びるようになりました。

 それで戦後の日本人は、東京裁判を正義の裁きする東京裁判史観に呪縛されるようになったというのです。

 ところがワタシが夕べ読み終えた「西洋の自死」によると、この東京裁判史観による自虐は、日本人だけの問題ではないようです。
 
 但し「西洋の自死」はヨーロッパの移民問題を扱った本なので、ヨーロッパ人の話が主題ですから、正確には東京裁判史観ではなくニュルンベルグ裁判史観と言うべきでしょう。

 つまり「ナチスドイツは絶対に悪、とにかく悪、ナチスドイツに関して他の歴史上の事象と、比較してもならないし、学問として客観的に検証する事も許さない」と言う史観です。

IMG_1094

 そして「西洋の自死」で著者ダグラス・マレーが描くとところを見ると、西欧エリートの多数がこの史観を信奉して、それが自国を否定する自虐史観につながり、その自虐史観が「自死」としか言えないような移民受け入れ政策を招く精神的原動力になっているのです。

 しかもこれは敗戦国ドイツだけではなく、連合国側も同様なのです。

 どういう事かと言うと、スェーデンやオランダなど、戦時中何とか中立を守った国、ドイツに占領された国などのエリート達が「自分達の国は、戦時中ユダヤ人を守らなかった悪い国だ。」として、その贖罪の為に無制限に「難民を受け入れよう!!」と言う話になっていくのです。
 
 またニュルンベルグ裁判や東京裁判で「侵略」を悪と断罪しました。
 しかしこれは当然ですが、日本やドイツの侵略が悪いなら、当然連合国側が過去に行った植民地の獲得と、その支配だって悪いと言う事になりますよね?

 で、近年連合国側だった国々の中でも自国の過去の植民地支配を断罪し「我が国は悪い国」と叫ぶエリート達が増えているのです。
 
 そしてこの自虐史観もまた「我々は植民地支配と言う罪を犯したのだから、その贖罪の為に植民地からの移民を受け入れるべきだ」と言う話になっていき、そして実際旧植民地から大量の移民が入り続けているのです。

IMG_1080

 なるほどね。
 過去の罪を反省し、その贖罪をしようと言うのは立派な心掛けです。
 しかしなんかおかしくないですか?

 まず現実問題としてオランダやスェーデンのような弱小国が強大なドイツと戦ってユダヤ人を守る何てことはできるはずもなかったのです。 そんなことをしたら自分達も一緒に虐殺されてしまいます。
 現実にできるはずもない事をやらなかった事で、自分達の父祖を責めるって、本当に良心的な人間のやる事ですか?
 
 さらに言うとこれらの国々の人権思想や個人主義によれば、先祖の罪を子孫が相続したり、国家の罪を個人が償う必要はないはずです。

 ところが彼等は大真面目にこれをやるのです。

 例えば2015年、ヨーロッパにシリア難民の大群が押し寄せた時、デンマークのデンマークの政治家アニカ・ホール・ニールセンは、第二次大戦中、ドイツの占領されていたデンマークで、レジスタンス活動家が8000人のユダヤ人を国外に逃がしたという故事に倣って、スウェーデン行きを希望する難民を自分のヨットでスウェーデンまで送りました。

 自分達は第二次大戦中に、ユダヤ難民を十分に助けなかった、だからその贖罪として、何が何でも「難民」を受け入れなければならない。

 これは現在、ヨーロッパの難民受け入れ派の最重要理念の一つなのです。

IMG_1083

 しかしこれオカシクないですか?

 確かに第二次大戦中連合国の多くが、実はユダヤ人難民に非常に冷淡でした。
 そもそも反ユダヤ主義はナチの専売特許でもなければ、ヒトラーの発明でもなく、中世中期からのヨーロッパの伝統なのです。
 だからそれは反省するべきでしょう?

 しかしユダヤ人への贖罪の意思があるなら、まずは自国に在住するユダヤ人に配慮するべきでしょう?
 それなのにユダヤ人の安全を脅かすような人達を大量に受け入れていいんですか?
 
 戦後のイスラエルの建国、そしてその後何度も繰り返された中東戦争で、イスラム教徒の圧倒的多数が強烈な反ユダヤ主義であるのは、ヨーロッパのインテリなら皆知っているはずです。

 そういう人達が大量に入り込んでは、国内のユダヤ人は安心して暮らせなくなるではありませんか?

 実際、イスラム諸国から移民が増えて、イスラム教徒が増えてから、ヨーロッパ諸国ではユダヤ人墓地の破壊やユダヤ博物館への襲撃など、反ユダヤ主義による犯罪が激増しました。

 それでシナゴーク(ユダヤ教の寺院)には武装警察官の警備が欠かせなくなりました。 しかし武装警察官が警備をしていても、多くのユダヤ人達はシナゴークへ行くのをためらうようになりました。
 
 そりゃそうでしょうね。
 だってシナゴークに行けば、ユダヤ人だとわかってしまいます。
 帰りに襲われたらどうしようもないでしょう?
 それどころか家までつけてこられたら、家族全員が危険にさらされます。

 しかしそういう現実があるにもかかわらず、「ユダヤ人難民を救済しなかった罪の贖罪の為の反ユダヤ主義イスラム難民の受け入れ」は全然止まる気配はないのです。

 IMG_1103

 その一方で移民受け入れ派の人達は、移民の大量受け入れに疑問を呈する個人や団体を「ナチ!!」と呼び、彼等を「反ユダヤ主義である」と強弁しています。
 
 反ユダヤ主義はニュルンベルグ史観では絶対悪なので、このレッテルを貼られると欧米では社会的生命を喪います。
 だから彼等は自分達の気に入らない人間や団体に対して、何としても反ユダヤ主義者のレッテルを貼ろうとするのです。

 それで彼等はトランプ大統領も反ユダヤ主義者だというのです。
 自分の愛娘をユダヤ人に嫁がせて、ユダヤ教の改宗する事を認めているような人を反ユダヤ主義者と言うのはいくら何でも無理筋だと思います。
 しかしそれでも彼等がそれを諦めないのは、悪人としてのナチスのブランド価値が強烈だからでしょう。



 ところがこれまた実に奇妙なのは、それ程反ユダヤ主義を悪魔化しながら、イスラム移民の反ユダヤ主義は完全に野放しなのです。

 だからイスラム教のウラマー(教導師)が、モスクでユダヤ人攻撃を呼び掛ける、それに煽動された若者達がドイツユダヤ博物館の前で、「ハイル・ヒトラー」と喚くなんて事が日常的になっているのです。

 それどころかイスラム移民なら反ユダヤ主義をむき出しにしても、国会議員になれるのです。
  
 例えばアメリカでは前回の連邦議会議員選挙民主党から立候補して当選した議員オマル議員は、反ユダヤ主義、その上反米をむき出しの言動が問題になっているそうです。

 しかし彼女がこうした言動を始めたのは、議員になってからではなく、その前からずうっとやっていた事でしょう?
 でもアメリカ民主党はそれは全く問題にせず、彼女を民主党の候補者にしたのです。

 同じアメリカ民主党の支持者達が、トランプ大統領を反ユダヤ主義者として攻撃しているのですから、もうダブルスタンダードなんてモノじゃないのです。

 因みに北欧にはハマスの団員である国会議員など普通にいるのですから、アメリカはまだマシな方です。

 そしてこの手のイスラム移民とそれ以外の人々に対するダブルスタンダードは、反ユダヤ主義だけには限りませんしね。
 
 今現在、西欧のポリティカルコレクトネスで絶対悪になっている女性やLGBTへの差別も、イスラム移民の場合は一切問題にしてはイケナイ事になっているようです。

 つまり白人男性なら「女性は数学が苦手」と言っても解雇されるのですが、イスラム移民の場合は「不貞を働いた女は石打にして殺すべき」と言っても無問題と言う凄さなのです。

IMG_1106

 ヨーロッパ全体とアメリカでこれですから、ニュルンベルグ裁判の被告ドイツのやる事となるともっと強烈です。

 ドイツは敗戦後、ニュルンベルグ裁判を全面的に受け入れました。
 西ドイツはナチスを絶対悪として、学問の自由、表現の自由など、民主主義国家の基本理念を曲げてまでナチスの研究やナチスに関わる肯定的な評価を禁止する法律を作り、違反した国民を投獄してきました。

 東ドイツはもっと徹底していて終戦の日に、ソ連代表に「Wir danken euch!」(我々は君達に感謝する)と叫んでいたのです。
 何を感謝するかと言うと、自分達ドイツ人はナチに支配された被害者だったのを、ソ連が解放してくれた事を感謝するというのです。
 なんかもうブラックジョークなんですが、しかしドイツ人ですからジョークではなく、これを大真面目にやっていたのです。
 
 勿論メルケルだって毎年「Wir danken euch!」と叫んで育ったのです。

 なんかもう凄くインチキ臭いのですが、とにかくドイツは「ナチは悪い!」「ナチを産んだドイツの罪は重い」と言う事にしていたのです。
 
 そう言う負い目があるかでしょう。
 2015年にメルケルがシリア難民の大量受け入れを決断した時、ドイツ人の殆どが「これでドイツは人道主義において最高の国家になった。」と喜んだのです。

 しかし前記のようにユダヤ人虐殺の贖罪に、反ユダヤ主義で燃え上がるイスラム移民を大量に受け入れられたら、ドイツ国内のユダヤ人は堪ったものじゃないです。
 けれどもドイツ人はそんな事は全然かまいませんでした。

 そればかりかドイツに押し寄せる「難民」が増えすぎて、ドイツ人から不満の声が上がり、実際ドイツの国家予算を圧迫するようになると、今度はその「難民」の一部をポーランドなど東欧諸国に押し付けようとしました。

 当然だけれど東欧諸国は、そんな事は拒否しました。
 するとドイツはEUを通して猛烈な圧力をかけたのです。

 オイオイ、ドイツの人道主義はどこへ行ったんだい?
 ナチスドイツの罪に対する贖罪はやめたのかい?

IMG_1129

 ナチスドイツの罪はユダヤ人へのホロコーストだけではありません。 
 ナチスドイツはスラブ殲滅作戦の実行しており、東欧ではスラブ人の虐殺も行っています。

 例えばポーランドは第二次大戦で人口の2割を喪いました。
 第二次大戦までポーランドの総人口の10%はユダヤ人が占めていました。 そのユダヤ人が全部虐殺されたり、国外に脱出せざるを得なくなったのです。
 
 尤もこのユダヤ人虐殺には実はポーランド人も関わっていて、何とドイツ敗戦後にもポーランド人によるユダヤ人虐殺が起きています。



 因みにトランプ大統領の長女イヴァンカさんの夫クシュナーさん一家がポーランドを脱出したのは、この戦後のポーランド人によるユダヤ人虐殺を逃れる為でした。

 勿論ポーランドの悲劇の責任はナチスだけにあるわけもなく、ヒトラーと密約を結んでポーランドに進攻したソ連の罪だって大きいのです。

 とはいえワルシャワを包囲して、砲弾と爆撃であの美しい中世都市を完全に瓦礫の山にしてしまい、殆どのワルシャワ市民をその瓦礫の下敷きにした罪までが、免れられるわけもないのです。
 
 ドイツが人道大国を目指し、ナチスドイツの罪の贖罪を望むなら、ポーランドなど第二次大戦の被害国である東欧諸国の意思は尊重するべきでしょう?

 そもそも東欧諸国はナチスドイツの被害国であるばかりか、それ以前のポーランド三分割など西欧諸国の侵略に対しても被害国であり、その意味ではアジア・アフリカ諸国と同じ立場なのです。
 そして歴史を学べば、第一大戦後のオスマントルコ帝国崩壊まで、イスラム教徒による侵略に晒されていたのです。

 宗教が重要な価値を持っていた時代、異教徒に支配されるのはそれだけで恐ろしい事でした。
 そしてオスマン帝国の支配と言うのは、実際に相当な恐怖支配だったのです。

 だから東欧諸国には子供が言う事を聞かないと「トルコ人が来るよ」と言って脅す習慣があるのです。
 そういう国々がイスラム教徒の受け入れに抵抗するのは当然でしょう?

 こうした国々に対して、西欧諸国のアジア・アフリカへの植民地支配の贖罪や、ナチスドイツの贖罪を手伝ってイスラム移民を受け入れろと言うのは、無茶苦茶ではありませんか?
 
 メルケル始め西欧のエリート達は当然、こうした東欧の歴史は十分知っているはずではありませんか?
 ところが「人道大国」を目指すドイツはそんなことはお構いなしに、東欧諸国にイスラム難民を押し付けようとしているのです。

IMG_1132

 こういう状況を見るとニュルンベルグ史観が、西欧人の倫理感覚を完全に狂わせているのではないかと思えてならないのです。
 
 何でニュルンベルグ裁判が西欧人の倫理感覚を狂わせるか?
 それは戦争と言う歴史の問題を、安直な善悪論にしてしまい、本来科学的になされるべき歴史の検証を封殺してしまったからでしょう?
 
 そしてナチスドイツを単純に悪魔化したことで、現実社会への認識が、中世の異端審問官と同じレベルになってしまったのです。
 
 悪魔が実在する事になれば、その悪魔と戦う異端審問官は自動的に神の側になるのです。
 だから異端審問官には人間の常識による合理性など全く要求されなくなるのです。

 ニュルンベルグ裁判はナチスドイツとヒトラーを悪魔にする事で、歴史認識を宗教にしてしまい、理性と近代合理主義で歴史を理解する事を、そしてさらには歴史だけではなく、現実の社会問題の理解にさへ理性と近代合理主義を持ち込む事を放棄させてしまったのです。

 理性への信頼とそれに基づく近代合理主義こそが、西欧文明の最も優れた点であり、我々日本人が明治維新で西欧に学ぼうした事の根幹だったのに!!

 勿論、現在の西欧社会が「自死」と言われる程、大量のイスラム移民の受け入れを続ける理由はニュルンベルグ史観の影響だけではないでしょう。
 実際これまで書いてきた通り、真面目にニュルンベルグ史観に基づいて考えても、現在の西欧の大量のイスラム移民受け入れには、全く合理性がないのですから。

 にも拘らず、ニュルンベルグ裁判史観は被告ドイツのみならず、エリートを自称する西欧人全てを巻き込んで「ヨーロッパにはホロコーストと人種差別の文化しかない」とまで言わしめているのです。
 そしてヨーロッパ人全ての存在価値を否定させる精神的原動力になっているのです。

 一体西欧人はどうしちゃったんでしょうか?

IMG_1163

 ワタシは「西欧の自死」を読んでこのエントリーを書いています。
 この本は前記のように、現代ヨーロッパ諸国の移民の大量受け入れの問題を書いた本です。 
 そしてこの本に書かれている事は、実は殆どがもうすでにネットでも紹介されていて、ワタシもすでに知っている事でした。
 
 しかし通して読むとやはり不可解です。

 なぜなら現在の西欧諸国の移民政策は、労働力不足への対応や、難民の救済といった、経済的、人道的な理由だけでは説明不能なレベルだからです。

 幾ら西欧に移民したい人間が多いからと言って、幾ら難民が多いからと言って、現在の西欧諸国が無限の雇用や無限の福祉予算を持っているわけではないのです。
 だから短期間に余りに大量の移民を受け入れたら、国家が破綻するのです。

 そうなれば難民の救済どころか、自分達が難民になってしまいます。
 
 けれども現在の西欧の移民政策は、国家として当然慮るべきこうした問題を、何としても存在しない事にして、とにかく移民を受けいる事に邁進しているのです。

 だから著者のダグラス・マレーはこれを「西欧の自死」と言っているのです。
 実際、ワタシもこの本を読んでいる間中、強烈な自殺願望に憑りつかれた人の話を聞いているような不気味さを感じました。

 一体彼等は何でこんな自殺願望に憑りつかれたのでしょうか?


 西欧の自死

 この動画は著者ダグラス・マレーによる「西欧の自殺」についての解説です。 
 日本語訳とそれに付随した解説は、以前短足おじさんが上手くまとめてエントリーしてくださいました。

 ヨーロッパの移民問題を考える

 しかしワタシもこの本については、他にもいろいろ書きたい事がありますから、これから何度かエントリーしていきたいと思います。
 
  1. 移民
  2. TB(0)
  3. CM(17)

2019-03-14 14:30

法的処置大好き!! イソ子応援中二病親子

 イソ子の為に署名を集めた事になっている中学生とその母親が、「法的処置」と言い出しました。

 東京新聞の望月衣塑子記者を支援する署名をネットで集めた中2、誹謗中傷に「子どもが何か意見しちゃいけないんだと感じた」

 これは是非頑張ってください。
 ワタシも応援します。

 「法的措置」となれば、当然裁判になりますから、我々ネトウヨがこの自称中学生について持っていた疑問が、全部法廷で解明されます。

 何で中学生が平日の日中に、i-padからツィートを繰り返せるのか?

 何で中学生が大人でも殆ど知らない官邸記者クラブの組織名を知っているのか?

 何で中学生が福島第一原発事故時に、こんな事を覚えているのか?

 キャプチャ-20 


 因みにこの「中学生」は現在14歳と言う事ですから、2011年の福島第一原発事故時には、6歳で幼稚園年長組です。
 幼稚園児同志で「○○ちゃんは富裕層だから、海外に逃げたのね。」と話しあっていたのでしょうか?
 
 凄い幼稚園!!

 でも裁判になれば、そんな凄い幼稚園が何処にあるのかも明らかになりますね。

 すご~~~く楽しみです。

 しかしこの親子は一体何を「誹謗中傷」と言い、誰を告訴しようというのでしょうか?

 例えば一人前の大人のツィートに対して「書いている事が、余りに幼稚だから中学生ではないか?」と言うのは失礼だし、相手の名誉を傷つけるというのはわかります。

 けれども中学生に対して、「とても中学生とは思えない程大人びているから、大人ではないか?」と疑うって、全然失礼じゃないでしょう?

 それどころか普通の中学生なら大喜びするような話です。

 そしてワタシがもしこの中学生の立場なら、大人たちが自分について持つ数々の疑問に丁寧に答えていきます。

 「自分は天才児なので、授業中にi-padで書き込みをしていても、先生は文句を言わない」とか「自分の幼稚園は天才児専門の幼稚園だったので、園児は皆政治経済に関心を持っていた」とか説明していけばよいのですよね?

 そうすれば最初から実在を疑われるような事にはならないでしょう?

 そもそも幼稚園時代に原発事故に関心を持つ程の天才児なら、ネットは匿名であるため、発信者の身分を疑われる事は普通にある事は十分理解しているのではありませんか? 

 そして新聞など大手メディアは常日頃からネットにはフェイクニュースが多いから、安易に信じるなと言い続けているのです。

 実際、小学生に成りすまして民主党を応援した大人も実在したし、安倍総理始め有名人のなりすましも再々見つかっています。

 だから「中学生」を名乗る人間を中学生と信じなければならない理由など、そもそそもどこにもないのです。
 むしろ「中学生」と名乗るだけで中学生と信じてはいけないのがネットの世界なのです。

 そういう世界で「中学生」である事を疑われた事を問題にするのが間違いなのです。

 この中学生が本当に、自分の意思でネットでの署名活動を始める程のネットに詳しいなら、最初から疑われる事を前提で、対応していれば「法的措置」など必要なかったはずでしょう?

 しかし残念だけれど、この記事を読む限り、この中学生は天才児とは思えません。
 だって記者のインタビューに答えているのは、殆ど全部母親で、母親が娘の意思なんか完全に無視して一方的に話しており、娘は母親の意思に従うだけにしか見えないのです。

 記者を面前にしたインタビューでこれです。
 そしてこの母親は完全な中二病患者でしょう?

 これでは他人からすれば中二病の母親と中二の娘の人格の区別はつかず、母親が娘を操っているというか、人格が分離不能と思えるのは仕方がありません。

 これでホントに誰にどのような「法的措置」をする気でしょうか?
 想像すると笑っちゃうんですよね。

 しかし告訴したいなら、頑張って告訴してください。

 ネトウヨ一同、凄く楽しみにしているのですから。

 それにしてもパヨクってホントに「法的処置」大好きですね。
 
 彼等はこういう言論空間だけの問題で、話し合いだけ済む事でも、話し合いは拒否して直ぐに「法的措置」に持ち込むのです。
 
 「法的措置」ってつまり物事を自分解決するのではなく、国家権力に頼って解決するという事ですよ。
 
 つまり彼等は国家権力大好きなのです。

 だから自分が国家権力を得られないのが悔しくてたまらず、国民から信頼されて国家権力を委ねられた政権が憎くて堪らないんですよね。 
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(20)

2019-03-13 13:58

だから馬鹿フェミ レディファースト

 ワタシは女性ですから、男女平等は当然だと思っているし、女性の人権は断固守るべきだと思っています。

 しかしそういう事を看板にして、我こそは女性の代表みたいに騒いでいる連中、自称フェミニストは大嫌いなんですよ。

 何で嫌いか?

 だって馬鹿フェミの主張はこの二つに尽きるからです。

① 女性は弱いから男性に守られて当然。
   でも女性は男性と同じ能力があるから、仕事で差別するな!!
   軍人でも政治家でもビジネスでも、男性と同じ地位と権限と報酬を寄こせ!

② 西欧のマナーは人類のマナー。
   西欧の価値観このが正義。
   だから日本人も西欧のレディファーストを学べ。
   西欧文化を身に着けた自分は文明人。 そうでない日本人は野蛮人。

 実は昨日、2チャンで完全にこれを喚いている馬鹿フェミの記事を拾ったのです。

2019y03m13d_123816019


 元記事は大変な長文なので、全部は貼りません。
 2チャンに貼ってあった部分だけを貼っておきます。

 省略した部分を要約すると以下の通りです。

 自分は女性なので、NY在住中は何度も男性から席を譲ってもらった。 重い荷物を抱えていると助けてくれる男性もいた。 
 ところが東京ではそれが一度もないケシカラン!!
 中国やベトナムなどアメリカ以外の国でも、弱者に席を譲るのは当然だし、困った人がいれば手助けする。
 ところが東京ではそれをしない、人間性が欠如している!! 
 そしてその旨をツィートしたら、「それでも日本は良い国だと」論理をすり替えての、猛反発を食らった。

 そして以下が2チャンに貼ってあった部分です。

IMG_0984


■ 「レディーファーストは理解しがたい」
今回の反論の中には、純粋に「レディーファースト」というコンセプトが理解できていない(あるいはそれを受け入れられない)と思われる人々からのコメントが複数あった。
いずれも男性のようだった。
「男性は疲れてても女性に席を譲れというのがあなたの男女平等ですか? 女性は席を譲られるべきか弱い存在なのでしょうか?
男女問わず立つのがしんどい人に席を譲るべきというのは理解できますが、なぜそこにジェンダー論を持ち込むのでしょうか?」
「レディファーストは理解しがたいです。子連れの場合は譲りますけど。レディファーストの意味は?」
「きっと日本で男女平等が浸透したからではないでしょうか?怪我人や老人、妊婦等の例外はありますが、近年多くの女性の方々が男女に平等な権利をと言われており、それでレディーファーストの考えが消えたのだと思います。より良い男女平等社会に向かってるのだと思います」
日本は世界経済フォーラムの男女平等ランキングで、2018年は149カ国中110位、G7最下位を更新し続けている。
客観的に見て、今、日本は世界の中で最も男女不平等が激しい国の一つと言って差し支えないと思う。
そもそも「レディーファーストの考えは消えた」のではなく、日本には最初から存在していないと思う。
■ 「男女平等ならなぜ女を守る必要が?」
日本の男性たちは何故「レディーファースト」ができないのか?
その答えはおそらくシンプルだ。「知らないから」だ。
通常、日本で育つ男の子たちは「紳士たるもの、女性を守り、敬意をもって大切に扱わなくてはならない」という騎士道精神や、「女性をエスコートする際のマナー」の基本を、家でも学校でも教えられない(同様に女の子も、エスコートのされ方を教えられない)。
いろんな国の友人たちを見ていて、こういうマナーの教育は、やはり子ども時代からの親や周囲の大人によるトレーニングと、習慣の刷り込みが大きいと感じる。
今回きたコメントの中にこんなものもあった。
「子供の頃、米国にいましたが、公共のエレベーターなどに先に乗り込もうとすると知らないおじさんから『私の妻が先だよ』と注意されたりする事しばしば。
子供の頃からの教育、しつけの問題だと思います。ちなみに数年後帰国してそのノリで女の子の荷物持ってあげたりしてたらいじめられましたw」
日本で育つ男の子の大多数は、こんな風に大人の男性からピシャリと言われた経験もなく、身近な大人の男性が女性をカッコよくエスコートする姿を生で見ることもないまま育っている。
だから、「男女平等なんだろう?だったら、男が女を守る必要なんてないだろう」「なんで男だからって女に席を譲らなくてはならないのか」という発想になるのではないか。
私は普段から、大きなスーツケースを持って日本でも海外でも移動している。
日本以外の国では、こちらが頼まなくても、ほぼ必ず誰か男性が手助けしてくれる。
日本国内でもこれまで駅の階段などで悪戦苦闘している時に助けてくれた人は、日本人以外の男性の方が断然多い。
あるとき東京でスーツケースを持って電車に乗る時、重いので持ち上げるのに一瞬間が空いてしまったら、後ろにいた日本人男性に「モタモタしてんじゃねーよ」と小さい声でつぶかれて心底びっくりした。
そんなこと言うんだ?「手伝いましょうか?」じゃなくて?
2020年のオリンピックまでに、日本でも誰かが重い荷物を持って大変そうにしていたら、(男女問わず)頼まれなくても自分から声をかけ、自発的に動ける人がもっと増えて欲しい。
そうでないと恥ずかしい。

2019y03m13d_124007514

 で、ワタシもこれを読んで、全然この記事の著者には共感できなかったのです。
 ワタシも女性だし、しかももう若くないし(先日年金受給を申請してきた)し、その上若い時から難病を抱えています。

 でもワタシは人から席を譲ってもらおうなんて思った事はないのです。
 また自分の荷物を他人に持ってもらおうと思った事もありません。

 そもそもこの記事を読んでいて凄い違和感なのですが、この記事の著者は仕事で荷物を抱えて移動するの時に、それを男性が助けてくれない事を嘆いているのです。

 でも仕事で使う荷物を運ぶのも、仕事で移動するのも、仕事の一部ですよね?
 実際仕事で移動中に事故に遭うと労災扱いになりますし。

 その仕事の一部を「女性には大変なのだから、男性が手伝ってくれて当然」と言うのは、仕事の能力が男性に比べて劣るという事でしょう?
 
 だったら雇用者側から「女性は通勤電車で立っているのも辛いほど虚弱なのだから、雇用を控えたい」と言われても文句が言えないではありませんか?

2019y03m13d_124106966

 しかし現実には女性にも仕事で思い荷物を運ぶ人は幾らでもいるし、まして男性並みに通勤通学ができるのです。
 だから職業に男女差別をしてはいけないと言えるのです。

 それにしても昔は「担ぎ屋」なんて商売がありました。
 都市で仕入れた商品を背中に担いで汽車に乗り、沿線の駅で降りて商店もないような辺鄙な農村を回ってその商品を売り歩く行商人です。
 「担ぎ屋」の名称通り文字通り山のような荷物を担いで歩くのですが、実はこの人達の殆どが女性でした。
 彼女達はこれで農村の消費生活を支えていたのです。

 そして今は宅急便の配達員にも女性が多数います。
 
 更に米海兵隊など戦闘部隊にまで女性がいるのです。
 この人たちは当然男性隊員と全く同じ装備品を担いで、行軍も戦闘も行うのです。
 だから男性隊員と同様に昇進もできるのです。

 こういう女性達が「女性は重い物を持つの辛いから男性が手伝ってくれて当然」なんて考えているでしょうか?
 現実にこういう女性達がいるからこそ、就業や昇進で男女を差別してはならないのです。

2019y03m13d_124138323

 ところがこの記事の著者は臆面もなく、自分の荷物を他人が持ってくれない事に苦情を言い立てるのです。
 これはもうこの女に最初からプロ意識がなく、仕事その物も意味不明でいい加減な物だからとしか思えないのです。

 しかし彼女はこれを「レディーファースト」と言う西欧の奇習の下に正当化しようと頑張るのです。

 そりゃレディーファーストと言う習慣が西欧にある事ぐらいはワタシだって知っています。 
 また映画などでは美男俳優が演じる場合は、大変カッコ良く素敵だと思います。

 しかしそれはあくまで西欧文化、西欧のローカルなマナーであって、日本人が真似する義務はありません。 日本人は日本のマナーを大切にすればよいのです。
 日本人が「レディファーストでないのがケシカラン!!」って、アメリカ人に「箸の使えないのはミットモナイ!」と言うぐらい馬鹿馬鹿しい話でしょう?
 
 ところが「女性の人権が~~!!」を振り回す馬鹿フェミって、実は凄い西欧崇拝者で、西欧文明こそが正義、西欧マナーを守らない人間は未開人だと信じているのです。
 尤も連中が馬鹿フェミなのも、そもそも現在の馬鹿フェミ理論が、西欧の受け売りだからでしょう。

 だから男女の能力に差がない事を前提に男女平等を求めながら、「女性は男性に守られて当然」と言うレディーファーストの理論が完全に矛盾する事を理解できないのです。
 つまり最初から物事を論理で考えているわけではないのです。
 マジにこういう連中がいるから「女は子宮は考える」なんて言われちゃうんですよね。

 だからこの手の馬鹿フェミは、西欧文化絶対主義なのに、「多文化共存」とか「多様性尊重」なんて西欧絶対主義と真逆の事も平気で言うのです。

IMG_0996

 だからワタシは馬鹿フェミって大嫌いなのです。

 コイツラを見ていると、馬鹿フェミを無視する日本人ってつくづく賢明な民族だと思います。

 勿論、困っている人には手を差し伸べるべきだし、人には親切にするべきです。 
 でもこの手の図々しい馬鹿フェミはガン無視するべきでしょう。

  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(21)

2019-03-12 13:16

また、ぶら下がりインタビュー 米朝会談 その2

 これまでのよもさんへのぶら下がりインタビューの結果から考えると、北朝鮮の問題は北朝鮮を非核化するのも厄介ですが、しかし非核化さへすればそれで万々歳とはならないようです。
 それどころかその後の方が、更に厄介になりそうなのです。
 そこでこの点について更に質問してみました。


 よもさん、これまでのお話を総合すれば、結局北朝鮮を非核化しても、その後がまた大変厄介と言う事ですよね?
 そしてパールピアスさんや鳴子百合さんは、北朝鮮が崩壊したり、更に中国までが崩壊したら、難民が大量に日本に襲来する事を心配していらっしゃいます。
 この点はどうなのでしょうか?

IMG_1349

 ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
 中国や北朝鮮の難民が日本に押し寄せたら、ワタシ達猫はもう恐ろしくて外を歩けなくなります。
 だってアイツラ、犬や猫を平気で食べる民族ですから。

 そうです。
 そうです。
 そうなったら同居人もよもさんを絶対にお外に出さないでしょう?
 しかしホントにそういう事態が起きるのでしょうか?

IMG_1357

 アメリカ政府も日本政府もそういう事態が起きないように、対応しているのだと思います。
 今現在は北朝鮮の非核化が政治課題になっています。 だから公式にはアメリカも日本も、北朝鮮の非核化を目的に行動しているし、また世論もそうあるべきだと言っているのです。
 でもね、これまでお話ししてきたように、北朝鮮の問題は非核化以上に、非核化以降が大変なのです。
 そして現状がワーストでなく、しかしワーストに向かう可能性が非常に高いなら、政治家の務めはまずは現状維持に努める事でしょう?
 トランプ大統領は「北朝鮮の非核化を急がない」と仰いました。
 これはつまり無理に非核化させて北朝鮮が崩壊する事で起きるリスクと、朝鮮に現在保有中の核兵器を保持させておく事のリスクを天稟にかけると、前者の方が深刻なので、とりあえず現状維持を選択したという意味でもあるのです。
 北朝鮮の核技術が未熟で、現実の兵器としての機能が低いなら、経済制裁を続けてこれ以上の開発を阻止し続ければ、それでよいのではないか?
 そういう意味でしょう?

 現状維持ですか・・・・・。

IMG_1358

 そうです。 
 哀しいけれど、国際社会では一つの問題の解決は、次の問題の原因になるのです。
 目の前の問題を必死になって解決すると、それが原因で新しい問題が生まれてしまうのです。
 第二次大戦中、連合国は枢軸国を倒すために、ソ連を支援しました。 
 その結果、終戦を待たずに米ソ冷戦がはじまりました。 米ソ冷戦が冷戦で終わったのは、双方が原子爆弾を持っていたお陰です。
 原爆がなければ、朝鮮戦争やベトナム戦争のような代理戦争でお茶を濁すようなレベルでは済まず、米ソ全面戦争になっていたでしょう。
 しかしアメリカは米ソ冷戦に勝つために、中国を支援し、中国にミサイル技術まで提供したのです。
 そして米ソ冷戦が終わると、その中国がソ連に代わって世界侵略の意図を露わにするようなったのです。
 
 そうですね。
 それにソ連崩壊も良い事ばかりではありませんでした。
 ソ連崩壊時にはソ連軍が抱えていた大量の核兵器や、ソ連全土にあった原発がどうなるかを本当に危ぶみました。
 それじゃ米中冷戦で、中国が崩壊したら、中国の原発や核兵器はどうなるのでしょうか?

IMG_1360

 それが本当に心配なのです。
 ロシア人はそれでも愛国心も強く、また根は真面目な人達なので、ソ連崩壊の混乱で給与の支給が亡くなった状態でも、教師や医師は勤務を続けました。 だから軍人達だって核兵器を売り飛ばすような事もしなかったし、原発だって何とか管理できたのでしょう。
 それでもソ連末期にはチェルノブイリ原発事故が起き、ウクライナ独立の混乱に乗じて、ウクライナのミサイルが北朝鮮に渡りました。
 しかし中国軍は現在既に装甲車を、地元の犯罪組織に売り飛ばすような事をしている軍隊なのです。 これで中央政府が崩壊したらどうなる事か?
 そして難民流出による混乱は言うまでもありません。
 それでなくとも現在既に、目端の利く中国人は続々と海外に逃げ出しているのです。 勿論その一部はすでに日本に入り込んでいます。
 
 それでは米中冷戦はするべきではなかったのでしょうか?

IMG_1361
 
 いいえ、しないわけにはいきません。
 だって中国政府自身が日本をはじめ周辺諸国の領土を侵略すると公言して、その為の行動を薦めているのですから。 
 そういう国を好き放題させておくわけにはいかないし、そういう国がこれ以上の経済力を持つ事は阻止するしかないのです。
 けれどもそういう国でも倒れたら倒れたでヤッパリ困るのです。

 それじゃ一体どうすればよいのでしょうか?

IMG_1364

 生かさず殺さずです。
 アメリカとすれば中国が繁栄するのも困るけれど、頓死しても困るのです。 だから軍事と経済で圧力をかけて続けて、中国を抑え込み続けようというのではないでしょうか?
 そもそも中国経済が崩壊するだけでも、世界経済が大恐慌になります。 
 ウォール街はそんなことは望みません。
 だから中国は生かさず殺さず、抑え込んだまま生き血をすすり続けられるように持って行こうしているのでしょう。
 幸い中国の人口動態を見れば、後20年もすれば超高齢化して、経済発展どころではなくなることが目に見えています。
 だからとにかくそれまで頑張って中国を押さえつけておこうというのでしょう。
 そして北朝鮮もそのついでに押さえこんでおけばよいと思っているのでしょう。

 なるほどアメリカも結構怖いですね。

IMG_1366

 ええ、ホントに強かな国です。
 だから日本はそのアメリカと組むべきなのです。
 それでは結論がでましたから、ワタシはこれで失礼します。


 これでよもさんへのインタビューを終了いたします。
 よもさんはこれからお昼寝しなくてはならないのですから。


IMG_1376

 それでは皆様、おやすみなさい。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2019-03-11 12:55

また、ぶら下がりインタビュー 米朝会談

 前回の米朝会談についてのよもさんへのぶら下がりインタビューは、お陰を持ちまして皆様にご好評の内に終わる事ができました。
 
 ぶら下がりインタビュー 米朝会談
 ぶら下がりインタビュー 米朝会談 その2
 ぶら下がりインタビュー 米朝会談 その3
  
 ところが先日(3月8日)コメント欄にまた質問をいただきました。
 この質問は今後の北朝鮮問題を考える上で、極めて重要な問題にかかわりますから、よもさんに再度インタビューをしてみました。


IMG_1328

 おお、また一段と雪融けが進んだわね。
 道路がすっかり乾いて、なんかもう4月半ば過ぎみたい。
 今年はホントに春が早いわね。

 よもさん!! よもさん!!

 IMG_1330

 ??
 なんかうざい声?

 よもさん、申し訳ありませんが、前回の米朝会談への解説で、また質問が入りました。 何とか質問への解答を願えないでしょうか?

IMG_1331

 質問?
 質問って誰からですか?
 まさかイソ子じゃないでしょうね?

 違います!! 違います!!
 そもそもイソ子は質問なんかしませんから。
 あれは、官房長官記者会見と言う場を利用して、ヒステリーショーを演じているだけですから。 
 でもよもさんへの質問はホントに質問なんです。

IMG_1332

 わかりました。
 それでどなたからの質問ですか?

 kzakさんからです。

IMG_1333

 それはそれは、あの方にはウチの同居人が散々に厄介なりました。
 それ以上に常日頃、コメント欄を通じて色々な事を教えてくださる方ではありませんか?
 それでkzakさんのご質問はどのような物でしょうか?
 喜んでお答えします。

 それではkazkさんのご質問を貼ります。 
 少し長文ですが、しかし重要な質問だと思いますので、よろしくお願いします。

よもさんに質問です。

仰られることの大要は正しいだろうと思うのですが個々の時点でいくつか問題はないでしょうか。

まずトランプ大統領が対北で制裁を続け、対シナで貿易戦争を行い、どちらかで目的を達成すれば問題は解決だとおっしゃいます。


ここで対シナで勝ち、シナのは北への影響力がなくなったとしましょう。ぞのときにアメリカは半島の処分をできるでしょうか。空爆はともかく地上軍を入れて戦争にはまさか出ないだろうと思います。だってこの土地は地政学的には支那側にあるものであり現実に今の韓国政府がそうであるように結局最後は面白い結果にはならないからです。

戦争やってシナに返上という結果が見えてますし、現実にアメリカは半島へのコミットをやめようとしてますよね。

結局これではなんの利益にもならないでしょう。


次に、今の状態ではある意味、北側に選択の自由があるということです。どんなバカでも核実験とICBM発射は破滅だろうと悟ってるでしょう。その選択はないでしょうが、連中がもし南進したらどうでしょうか。

ナチスのオーストリア併合のような結果が起こる気がしてなりません。
このときどうするんでしょうか。

本当は早くシナと話をつけて、シナがへたれたらさっさと南進させ国連軍名目で駐留させ常任理事国名義の信託統治領にでもするしかないんじゃないかと思います。

IMG_1336

 あ~あ、ホントに厄介な問題ですね。
 真面目に考えるとため息が出ます。
 kzakさんがここで仰っているのは、つまり北朝鮮の非核化後、また米朝冷戦でのアメリカ勝利後の問題なのです。
 一昨年、北朝鮮が核ミサイルで騒ぎ始めてから、マスゴミだけでなく保守系言論人も皆揃って北朝鮮の核とミサイルを廃棄する話に熱中していたのですが、しかし本当の問題は実は北朝鮮が核ミサイルを廃棄した後がどうなるか?なのです。
 これについては実は西岡力さんや鈴置高史さんも、非常に悲観的な見通しをしていらっしゃいます。
 つまりお二人とも、北朝鮮が核廃棄すれば、在韓米軍は撤退し、その後は韓国は北朝鮮に呑まれて、更にその後は中国に呑まれると考えていらっしゃるのです。

 そういえば鈴置高史さんは韓国が中国に併合されるという話を、近未来小説「朝鮮半島201Z年」で書いていらっしゃいますね。
 そしてあの小説の中での韓国の中国併合は、当にオーストリアのドイツ併合のように全く平和裏の併合なのです。

IMG_1337

 そうです。 あの小説は2010年に発売された物ですから、米中冷戦がはじまる事は想定されていません。 また現実に今年中に韓国が中国に併合されるとも思いません。
 しかし鈴置さんがあの小説を書く原因となった在韓米軍撤退の可能性や、韓国の際限もない中国傾斜、そして北朝鮮の核兵器への執着とそれを促してきた窮乏化は、より深刻化しているのです。
 逆に言えばアメリカもこうした北朝鮮と韓国の状況を見越した上で、とりあえず先に中国を潰す為に、米中冷戦を仕掛けたのでしょう。
 とにかく先に中国を潰しておかないと、北朝鮮を非核化しても、金政権を潰しても、結局そのあと北朝鮮は勿論、韓国までもが中国の物になってしまうからです。
 
 なるほど、でもkazkさんはアメリカが米中冷戦に勝っても、やっぱり地政学上の問題から、結局北朝鮮は中国に呑まれると仰っています。
 よもさんはこれをどうお考えですか?

IMG_1338

 残念ながらkazkさんご指摘の通りでしょう。
 米中冷戦にアメリカが勝利して中国経済が崩壊し、中国共産党が消滅しても、中国と北朝鮮が地続きであり、中国が膨大な人口を抱えており、また中国経済が崩壊したと言っても、北朝鮮よりは遥かに経済的で優位と言う状況は変わらないでしょう。
 そうなると中国中央政府の意志に関係なく、イヤ中央政府のコントロールが亡くなったが故にこそ、中国人が北朝鮮に入り込んで、北朝鮮を呑み込んでしまうという可能性は高いでしょう。 
 現在そういう事が起きていないのは、中国共産党政府と金正恩政権の双方が強権的これを阻止しているからです。
 しかし米中冷戦の勝利と北朝鮮の非核化の両方が成功すれば、この強権もなくなるのです。
 そうなるとドミノ式に北朝鮮の次には韓国が呑まれます。

 それじゃ北朝鮮を非核化しても、良い事が何もないじゃないですか?
 これだと清朝末期、中国も李氏朝鮮もグダグダだった頃に戻るだけでしょう? 
 そして朝鮮はまた中国に事大すると言う事ですから。

IMG_1339

 そうです。
 だからkazkさんも「結局これではなんの利益にもならないでしょう。」と仰っているのです。

 そ、そんなあ・・・・・。

IMG_1340

 ところで清朝末期、朝鮮半島問題はどのように解決されましたか?

 日韓併合です。

IMG_1341

 そうです。
 日韓併合によってとりあえず朝鮮は落ち着きました。 しかし日本は朝鮮を抱え込んだおかげでその後敗戦で朝鮮を手放すまで、膨大な負担を強いられました。
 その上、多くの朝鮮人が日本に入り込み、今も様々な厄介事の原因になっています。
 これを繰り返したいですか?

 絶対に嫌です!!
 死んでも嫌です!!

IMG_1343

 アメリカだって同じ事を考えているのですよ。
 日本の敗戦で、アメリカは日本の代わりに朝鮮半島の半分を抱え込んだのです。
 お陰で朝鮮戦争で大量の戦死者を出し、その上合法移民だけでも200万以上の韓国人がアメリカに入り込んでいます。 オマケに不法移民はもっと多いのです。
 それでもアメリカは頑張って韓国を助け続けたのに、韓国人はマッカーサーの像を焼いたり、駐韓アメリカ大使を襲って重症を負わせたり、観艦式に招待されたアメリカ空母を追い払ったりしているのです。
 だって連中は「世話になったからこそ、韓国人は反米になるのだ。全力で戦った日本に対し、米国人は敬意を払う。少なくとも下に見はしない。だから日本と米国は対等の関係にある。だが米国人は『いつも助けてやっている韓国』をまともな国として扱わない。この悔しさは日本人には分かるまい。」なんて言うのです。 
 これじゃアメリカがウンザリするのは当然でしょう?
 だからアメリカだって一日も早く朝鮮半島なんか放り出して逃げたいのです。

 だってカイロ会議で日本の朝鮮統治を「朝鮮人の奴隷化」なんて非難して、朝鮮を独立させたのはアメリカでしょう?
 そもそも日韓併合はアメリカも承認したはずなのに、それを後から「奴隷化」なんて言い出したんですよ。 
 こんな勝手な話がありますか?
 
2019y03m11d_120724245

 そりゃそうです。
 だからアメリカには元来日本に変わって南北朝鮮を面倒見る義務があるはずです。
 本来なら北朝鮮を安定化させるためなら、アメリカは北朝鮮を軍事攻撃して金政権を潰した後は、アメリカ軍が北朝鮮を占領統治するべきなのです。
 でも韓国だけもこりごりなのに、この上北朝鮮を抱え込みたいと思うでしょうか?
 アメリカにすれば日本は35年朝鮮人を統治したけど、オレタチは韓国を70年面倒見て、その上朝鮮戦争までやったんだからもう勘弁してくれと思っているのです。
 だからアメリカとしては、北朝鮮を軍事攻撃するとしても空爆だけで済ませて、地上軍は送らないでしょう?
 でもこれだと金政権は潰せても、その後は南北揃って中国の属国化と言う結末しかありえないのです。

 なんかもう絶望的ですね。

IMG_1347

 ええ、ホントに絶望的です。
 だからこれを防ぐ唯一の手段としてkazkさんは「本当は早くシナと話をつけて、シナがへたれたらさっさと南進させ国連軍名目で駐留させ常任理事国名義の信託統治領にでもするしかないんじゃないかと思います。」と仰っているのです。
 因みにウチの同居人は、北朝鮮から大量破壊兵器は取り上げた上で、「20世紀の悪夢共産主義社会」として、国ごとユニセフの世界遺産に指定して、ユニセフとして金政権と北朝鮮の体制を保障してやるべきだと言っています。
 共産主義と言うのはまさに20世紀の人類が嵌った悪夢その物なのですから。

 そりゃ、その意味では貴重な文化遺産かもしれませんが、しかしそんなこと可能でしょうか?

IMG_1348

 ええ、難しいでしょう。
 そして残念だけれど国連常任理事国による信託統治と言うも難しいでしょう?
 日本は嘗てパラオ諸島を当時の国際連盟の信託委任統治しました。 パラオ諸島の人々は、心根の美しい人達だったし、人口も絶対的に少なかったので、日本の負担も軽く、統治が終わった後は、双方に美しい思い出だけが残りました。
 しかし朝鮮の統治を委任されて引き受ける国がありますか?
 少なくとも人道的に統治せよと言われたら「絶対に無理」として逃げるしかないのでは?

 逆に統治を引き受けるのは中国ぐらい・・・・・。

IMG_1350

 そうです。
 だからホントに厄介なのです。


 なるほどkazkさんのご質問が指摘する問題は、重要で克深刻な物でした。
 しかし朝鮮半島ってホントに厄介ですね。 
 そして国際問題の解決ってホントに難しいのですね。

 これについて今少しインタビューを続けたいと思いますので、ご意見、ご質問のある方はどうぞコメント欄にお願いします。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(8)